アルピコ交通
[Uncyclopedia|▼Menu]

修正依頼この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。

トロピカル連合公認この事業者はトロピカル連合構成事業者じゃゴルァ!!
車内では俺様が神、貴様はただの土砂じゃゴルァ!!

アルピコ交通(旧称アルピス食品工業)は、アルプスの牧場と日本全国をつなぐネットワーク、食品業ついでに運輸業を行っている企業である。
目次

1 略歴

1.1 筑摩鉄道

1.2 松本電気鉄道

1.3 健康食品への参入

1.4 海外展開


2 事業概要

2.1 鉄道業

2.1.1 保有する路線


2.2 バス事業

2.3 バス路線


3 特急バス

4 ローカルバス

4.1 松本営業所管轄エリア

4.2 塩尻営業所管轄エリア

4.3 大町営業所管轄エリア

4.4 白馬営業所管轄エリア

4.5 イベント

4.5.1 バスフレイム(火炎バス)



5 その他のマツデン事業

5.1 不動産業

5.2 流通業

5.2.1 マツキヨ

5.2.2 アップルランド



6 脚注

7 関連項目

8 外部リンク

略歴
筑摩鉄道

元々のアルピコグループは、アルプスに広がる広大な牧場から牛乳を運ぶ貨物鉄道として開業した。すぐに観光客を当て込んで旅客電車も運行開始したのだが、投資は最低限に抑えられた。隣を走る中央本線[1]で使われた日本最古の木造電車をそのまま走らせ始めたのである。
松本電気鉄道 さくまあきら前社長。

日本各地のど田舎では、ローカル資本の鉄道業や運輸業が例えば越●交通とか地方の政財界を乗っ取っている。日本全国で地域を乗っ取って商店街をシャッタータウンに、駅前をDQNの巣にし、様々な怪しげなクスリをはびこらせるためには、これらの地方企業の乗っ取り経営改善が必要であった。もともと、これらのローカル独占企業は、非効率な子会社や農林物件を多数抱え持つ、同族企業で経営者一族が私腹を肥やしすぎている、政治家や各種団体などに献金をしているなどの理由から、あまり経営状態が良好ではなかった。

このため松本電気鉄道の名称はそのままに、社長自ら蒸気機関車を運転して各地の会社を買収して回り、経営規模を急成長させていった。
健康食品への参入

各地方の企業買収により大量のチンチン電車を一緒に入手したことから、鉄道沿線の風俗街への展開が行われた。現在みられる松本電鉄の駅ではアダルトグッズを大量に販売しており、その他の下半身に関するさまざまな薬も売られている。

なかでも白く濁った乳酸菌飲料は同社の大ヒット商品となった。アルプスに由来したアルピスという名称で知られ、戦前には、コレラ菌を殺す、魔法使いになる、遊郭で100人斬りする、など、実に恐るべき誇大宣伝の数々が行われた。アルプスの牧場でとれた白い液体をピストルに詰め乱射するコマーシャルフィルムも残されており、全国の映画館で上映前によく上映された。

あまりに怪しげな事業を展開し続けてきたことによる、「邪魔なやつらは跳ね飛ばせ特にばばあやじじいは高得点」などのダーティーイメージを払拭するため、バブル時代にCIを行い、所属する全列車、全バス、全駅が真っ黄色に塗られた。

しかし経営状態は必ずしもよくないようで、近年、真冬に赤マスを踏みまくったあげく貧乏神の破壊に失敗している。2007年度には借金の踏み倒しを銀行に申し入れており、路線バスの大量廃止や鉄橋代のつけ回しも行われる予定である。
海外展開

これまでアルピス食品は信濃国でのみ事業を展開していたが、運輸部門の規模拡大により、新宿のうんざりする(イタリア語)バスターミナルにも乗り入れを開始した。国外でもアルピスは売られているのだが、ここで深刻な問題が生じる。

Alcohol(酒)+Piss(おしっこ)=ALPISS

その問題から1990年ごろアルピコと改名された。
事業概要 赤字路線バスの切捨ての様子・これにより多くの地域から路線が失われた
鉄道業

不動産業をするのに「鉄道」とついているとかっこいい、という理由で、鉄道を適当に保有している。

ハイランドレールと名乗り、主に中部山岳地帯で農業鉄道を運行する。最近は、ケイオーカンパニーから購入した汚物車を走らせ、うんち列車により地域の鉄道輸送を独占している。

なお、保有する車両や駅名などについての実在する鉄道に関する詳細すぎるコピペはおもしろくないので各路線の項目を参照するか、おもしろくない百科事典もしくは鉄道教教典をそれぞれ参照してほしい。
保有する路線 マツデン路線図。 松本駅前通りを走行する松電のチンチン電車 大きな友達を意識したイメージキャラクタ

上高地線 - 松本駅から新高山まで2500キロにおよぶ国際山岳路線である。詳細は上高地線を参照。

上田線(上田電鉄では松本線)及び松本電気鉄道浅間線 - 松本電鉄と上田電鉄の電車が相互乗り入れする松電保有の鉄道路線の一つ。浅間線はあくまで浅間温泉までの系統。そこから先は上田線となり上田まで二時間くらいかけて行く。

バス事業

ハイランドシャトル、ハイランドエクスプレスという名称で、路線バスを各地で運用する。しかしその全てを挙げて、路線名やバス停の名前を漏れなく列挙するとつまらない記事になる人権擁護法になぜかひっかかる。

ピカチュー同様に、車内で様々な雑貨や食べ物を販売している。この「走る100円ショップ」は100円バス、もしくはタウンズスニーカーと呼ばれ、松本城を模した5階建てバスを走らせていた。しかし、ぴー薬などの商品を、ぎっしりと乗降の妨げになるほど詰め込んだため、防火上の問題が以前から指摘されていた。2001年5月8日には、風車小屋に突っ込み炎上する大惨事を起こした。この事故後、タウンズスニーカーは「走る炎ショップ」と揶揄された。2008年7月16日から、210円商品を大幅に増強するなど、商品の実質的な値上げがなされ、現在は走行中の販売そのものを廃し露店車となっている。
バス路線ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「PCI Express」の項目を執筆しています。

現在は、特急バスのExpressと、ローカルバスのShuttleが主流となっている。Expressは通常二台が同時運行され、JR 3abe バス関東をも凌ぐ超高速バスとしてコアなゲーマーたちの間で大人気である。ゲームで大量浪費される電力など環境問題については誰も気にしない。Shuttleは後部に巨大な空調装置を装備しており、温暖な非特定アジアやブラジルの出身者が多い長野県において、アジアのエアコンバスも真っ青な、強力な冷暖房のサービスを行っている。最近は小型化したバスが非常に多く、Shuttleのマイクロバスである、 ⇒XPCの車内は、夏期は10度、冬期は35度となっている。もちろん爆音を轟かせたり、すぐオーバーヒートして青で停止したりといった、はしたないバスなど、存在していようはずもない。
特急バス

高速化のため安定性が犠牲にされており、中央高速でアスファルトにタイヤを切りつける様子が、よくyoutubeなどにアップロードされている。エンジンの発熱も凄まじく、車内温度が50度近くになることもある。そのため最近のバスでは、窓よりも通風口のほうが多く、巨大な電動ファンが常時回っている。

ことにFPSゲームなどのゲーマーに大人気のバスである。休前日になると秋葉原方面に向かうバスは、甲高いわけのわからない会話と、酪酸や酢酸の臭いであふれかえることになる。しかし巨大換気装置のため、中毒者は皆無である。都営バスでは、お盆および年末のお台場での運送に、このバスを使用しようと試みたことがあった。だが、バスが東京都の環境基準を満たしていないことがわかり破談となった。

スキー場に行く一部路線は、高速道路を通らないため、大人の事情により「高速バス」と名乗ることはない。バスの周りで暖をとるスキー客をよく見かけるが、スキー場の雪を溶かしてしまうとして苦情がしばしば寄せられている。

長野地区の川バスでは、優雅な川下りが楽しめる。このサービスは、もともと三重交通などが始めたが、ダムの多い長野?松本間の国道19号で開始した
ため問題が多く、現在は三重交通は運航を行っていない。

ローカルバスユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「VESA ローカルバス」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マハーポーシャ」の項目を執筆しています。

前述のごとく、Shuttleと呼ばれるバスが運行され、長野県内どこでも見ることができる。旧型のバスは、たいていが茶色いバスを青や黒のバスにむりやりつなげた連接バスとして運行されており、90年代前半くらいまで主流であった。このころは、乗車券販売のため職員がバスや社長のかぶりものをかぶってチラシを街頭で配り、「松本駅から北深志までわずか2分!」「超激安! 超激安!」などと呼び歩いていた。車内はお香が焚かれ、謎の行進曲が大音響で響きわたり、特急バスと同様にアジアンな雰囲気を強く感じることができた。

注意:ここには膨大となった10年ほど前まで長野県を完全支配していた松電黄金時代の栄光があります。

 すべて表示するには近傍の[表示]をクリックしてください。

松本営業所管轄エリア
駅まで来るバス


北コース

タイムスリップするバスの一つ。
松本駅を出発して駅前通りを通ると和菓子店の目の前を通る。そして千歳橋辺りで江戸時代の深志(松本の旧名)にタイムスリップし、松本城の周りを気が済むまで廻ったら城内へ侵入するので城の町人やお侍さんなどには爆発的人気である。なお、優先席はお殿様専用になる事もあるので拒むとぴーされる。城をあとにして新町から昭和になり、信州大学辺りで現代になる。帰りは馬小屋横を通り、途中、過去へ遡るが気にしない。東町を過ぎたころには、美術館や芸術館が見えてくる。そして最後は、松本駅まで戻るというマニアックな路線である。深夜便は、ホモや酔っぱらいやホームレスが松本城内から大量に乗ってくるため、治安が悪いといわれる。[要出典]また、途中下車した外人が大名行列を妨害して帰ってこなかった事件も発生してるとかしてないとか。


東コース

北コース同様にタイムスリップをする路線。松本駅を出発して駅前通りを避けバスによる割込みを行い、北東にある近代的な繁華街を通った奥で江戸か大正なんかの時代へ行く事ができる。だが、最近出来た小さな神社を過ぎると現代に戻る。この後は精子工場の横を通り、県高校を過ぎると森林へ突入する。ここでトトロなどに会え・・・ません! 森を抜けるとかつての電車道に出てそこを直進して松本駅に戻る。


南コース

商業施設が多く建ち並ぶ、南松本地区の東端に向かう路線であった。しかし、現在は並柳地区の手前で引き返し、南松本駅までは行かない。これは、2007年度に、付近にあった井川城がまたしても大炎上して更地となり、あたり一面焼け野原となり、周辺の住民がほとんどいなくなったことによる処置である。なお、井川城は、任天堂がすでに買収したとの報道もあり、米国のシアトルに移転する見通しである[要出典]。


西コース

去年2007年8月1日から運行開始した、走る100円ショップである。前述の通り、わずか16ヶ月で100円商品はほとんどなくなり、主要商品は210円に値上げされた。


バスターミナルまで来る路線


死んだよかった循環線と、よこたわって死んでる循環線

かつては浅間温泉へ向かう二つの路線であった。温泉街の大爆発に伴い、温泉から少し離れた所で折り返す、この二つの路線が敷かれた。名前が「死んだ」「死んでる」なのは、駅付近の埋橋地区と並んで、このあたりで死ぬ人があとを絶たないためであり、検死のために交番がわざわざ1個余計に設置されている。以前は死体を製造する職業の方々が多くいたが、大半はトラック諸島に行く途中で海に沈み、残りもテニアン島でみごとに全滅した。最近はわざわざヘリポートまで増設して死体や死にそうな人を送り込むようになっており、今後さらにジジイババアの死亡率を下げてしまい松本市の高齢化を推進していく予定である。


里山辺温泉線

田舎に泊まろうのロケ地だがいまひとつ納得がいかない芸能人が多くて廃泉しようかと考えているらしい。


入山辺線

山へ食い込むようにと願いを込めて作られた路線なのだが山に嫌われているらしく強い追い風が吹く。


紫外線

太陽が物凄く近い赤道直下の赤道ギニアまで行くのでパスポートを忘れないように


浅間線

ヴォルデモート卿の仕業で一時間に一本程度となってしまった。


新浅間線

こちらも魔法使いの仕業


神林・水代線

案内放送がここでよく噛んじゃうんだ。


アルプス一万弱線

♪アルプス一万弱ぅ?仔ヤギの上でとあるペンの踊りださぁ…踊らんかい!


朝日線 ? ネコバス。かつての空港線の後継であり、空を飛ぶ程度の能力を持つが、諏訪近辺で弾幕に叩き落とされたり御柱に囲まれて立ち往生したりしてダイヤが乱れることが多い。

三才山線 - さんさいやません、と読む。付近では大黒天を祀る宗教行事が頻繁に開かれており、大黒ミサと呼ばれる。このためミサ山線と俗称で呼ぶ者も少なくない。この祭りについては、過去の遺物・悪魔崇拝者の集まりとして批判的な市民も多く、なぜかルーマニア国旗を持ったデモ隊にバスが運行妨害される例がしばしばある。

中山0円線 - 夜間にのみ運行され、 7ffa ヤミ専従労働組合幹部の運行実績を作るお化けの前でイキがる酔っぱらいを死ぬほど怖がらせるために存在している。逝き先は中山霊園である。最近は殺人犯を乗せて、ソフトな対応で悪事を白状させるために使用することもある。名前の通り、少なくとも乗車時には運賃を支払う必要はない。終点は古屋敷で由来は古さん宅前。ここから南へ延長されて松本寿松遊園地方面へ向かう。

寿台循環マンジュシュリー線 - パソコン屋の前で刺された殉教者の人を記念して、寿台付近に出入りする路線は全てホーリーネームが付与されている。バスも高級なサ□ンカーであったが国道経由での混雑により全て村井駅へ回された。

極道塩尻線

塩尻市内のカジノバーへ向かう重要路線。もちろん極道。


オッカー・カーター線

アメリカホワイトハウスへ行く人権路線。SPには注意。


並柳線

南コースと同じ場所を走るのであまり意味は無い。


梓川線

水上バスで川登。


デューダ線

広告・職探しの宣伝を行うが、それを嫌うウィキペディアとは違い、宣伝の自由がある路線。外も中も広告だらけであり、アナウンスも広告だらけ、例えば「次は○○、半導体事業及び人間製造の○○は○○が最寄でございます。」などというので運賃も割安。


北市内線

こいつは駅前から発車


バスターミナルでなく明科駅前を起点とする孤立したバス路線の一つ


会田線

愛などいらん! 大事なのは自分を守る事だ! かつては二又路線と呼ばれていたがメチャクチャな時刻により住民達がストを起こし、これに対抗しようと松電は、二系統あった部分を一本化してしまった。Oh~!!残念!!

「速く会田線を廃止にしてください」
? 会田線 について、菅谷市長
塩尻営業所管轄エリア

ザルツブルグでは自動車の市内乗り入れが全面禁止されており、そのためチンチン電車が唯一の交通手段である。これは、フルスモークに金色ホイールに車椅子マークのついた893ベンツに対しても例外なく適用される。そのため同地区の893車は真っ黄色のマツキヨカラーに塗られていることが多い。はたから見たらタクシーそのものである。しかしタクシーすら禁止されているザルツブルグで、黄色い車に向かって手を挙げるのは…自殺行為そのものなのでやってはならない。なお、マツキヨのバスは、架線のないところでは、ビューゲルを降ろしてバッテリーで走行する。大抵は普通のバスと同じ外観である。
大町営業所管轄エリア実は、2009年12月の改正で松電の陣地だったのが川中島バスに奪われてしまった。大町市民バスや学校のスクールバスを運転していた。だが2011.4.1にこの川バスを吸収したのだから結果的に無駄な工作であった。まるで鼠の嫁入り計画のように。
白馬営業所管轄エリアここも大町同様川中島バスに奪われてしまった。一応大町・白馬エリアは北信ではなく中信地区のはずだが。白馬村内の地味な路線バスや小谷村営バスを運転していた。この営業所も結果的に無駄な工作で再び自らの傘下に納められた事務所である事にはかわりないのだ。
イベント
バスフレイム(火炎バス)

2016(平成28年)4月14日、アルピコ交通は浅間温泉恒例の、 ⇒たいまつ祭りに参加した

バスは横田経由信大循環として運行される。しめ縄を巻いたアルピコバスは松本BTを18:50に出発、駅前通り、秀峰学校交差点を左折、清水、渋滞名所な桜橋、横田と行く、そこから浅間温泉近くまで走り抜く.

そして19時06分頃、浅間温泉入り口を過ぎ、県道浅間河添線浅間橋付近で、車体に載せた極太のわら束に着火。たいまつ祭り参加者が持ち込んだ、他の多数の わら束と共に市内を行進し、半焼しながら松本駅方面へ運行、信大、大名と経るうち火達磨になる。沿道で酒を振る舞い、わら束の煤を通行人や観光客にふりまき、運転手も神酒をラッパ飲みする微笑ましい光景がみられた。

松本駅に着くと殆どの乗客も沿道につめかけた見物客も、顔が煤で真っ黒となっており、文化の盗用だとして黒人人権保護団体から苦情が寄せられた。

このバスに乗車した乗客は 『まだ肌寒い季節に心身温まる』と述べ、おおむね好評であった。

翌年からアルピコバスの参加は恒例行事となった。2019年のたいまつ祭りでは、顔を真っ黒にする風習から、その第一人者がスピード感あふれる真っ赤なバスで参加、また多数の芸能人も参加するようになった。しかし参加した芸能人の大半が直後に大麻取締法違反で逮捕され、以後、たいまつ祭りは、たいま祭りという異名をとることとなった。
その他のマツデン事業

ここでは電車・バス以外の事業についてを記す。
不動産業

かつては、鉄道という名前の信用性を背景に、怪しげな建て売りや強度偽装リゾートホテルを売りさばいており、全国で事業を展開していた。

「松本ハウス」は、ブラックユーモアあふれる住宅開発を行う建て売り会社であり、地域住民の迷惑を顧みず、黒白くじら幕の外観や、サンタクロースを一撃で仕留める100m煙突のある家、セコムのいらない絶壁の家、巨人ファン向けである巨大な塀に囲われた家など、様々な独創的な住宅を生み出している。
流通業
マツキヨ 年間売り上げ推移
サンぴーとぴーップの抱き合わせ販売禁止後に売り上げが激減している

マツモトドラッグは、絶対に笑ってはいけない匿名販売匿名購入を実店舗で実現した革新的なドラッグストア。

顔を白い仮面で隠した店員が多く、後述の浅間たいまつ祭り参加で顔に大火傷を負った店員と噂されていた。その後は、着ぐるみ店員、顔にスケッチブックを貼り付けて表情を描きながら応対する店員、懐中電灯二本を鉢巻に結びつけ刀を振り回す店員、斧を担いだマル金マークの裸エプロンの店員、和装で能面をかぶり琴を鳴らす店員、冠をかぶり御簾の後ろから応対するやんごとない店員など、多種多様な店員が来場者の目を楽しませている。

全国各地の駅で、顔の改変・ねつ造にかかわる様々な薬品を、格安な値段で大量に販売している。男性用整髪料や毛染め剤など、男性の顔を改造する薬品も販売されており、「超立ち持続力ネジリ濡れ技」などと書かれたヘアワックス製品が薬事法を無視して並べられている。入浴剤トイレ洗剤など、大量破壊兵器の原料を多数販売しているが悪用厳禁。航空機も多数販売されており、アマチュア航空相撲の競技でよく使用される。

移動販売車も登場し、真っ黄色に塗られたバスが長野県内を日用品を売りながら走る。しかし、馬マスクをつけてバスを運転した店員が誤って凍った諏訪湖にバスごと転落、湖面からバスの足回りだけが突き出す事故が発生し数名が負傷。以後マツキヨと呼ばれるようになった。

スーパーマーケット業界にも参入したが、現在は分社化され、下記アップルランドに名称変更された。
アップルランドこの項目を表示するには、QuickTime22.1以降が必要です。
あんたのそのオンボロPCには対応していません、ぜひ最新のMacにスティッチ
してください。
アップルランドは、著作権など大人の事情により開店できない日本などを除く156の国と地域で最新のサービスを提供しております。
先進的な素晴らしいアップルランドのサービスをどうぞご利用ください。
脚注^ 正確にはあそこは篠ノ井線であるが、一部の害悪鉄を除く、国民の99%は松本までが中央本線だと思い込んでいるので問題ない

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マツモトデンキ」の項目を執筆しています。この記事「アルピコ交通」は何故か「松本電鉄」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

マツモトキヨシ銀座5th店

外部リンク

アルピコ交通ホームページ

松本電鉄バス大革命

松電の廃線バス

sinnasama


 ・話・編・歴 甲信越地方の鉄道

JR東日本 上越新幹線 - 北陸新幹線長野新幹線) | 飯山線 - 越後線 - 大糸線 - 篠ノ井線 - 上越線 - 信越本線 - 中央本線 - 白新線 - 弥彦線 - 米坂線
JR東海 中央新幹線 |  CD  飯田線 -  CF  中央本線
JR西日本 北陸新幹線 | 大糸線 - 北陸本線
私鉄(三セク) しなの鉄道 - えちごトキめき鉄道 - 北越急行ほくほく線
私鉄(中小) アルピコ交通(AK●上高地線) - 上田交通(BE●別所線) - N●長野電鉄 - FJ●富士急行線
北海道 | 東北 | 関東 | 甲信越 | 北陸 | 東海 | 近畿 | 中国・四国 | 九州

更新日時:2019年11月26日(火)23:15
取得日時:2019/12/09 22:20


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:33 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef