アヤメ
[Uncyclopedia|▼Menu]

アヤメ(菖蒲)(英・Iris sanguinea)とは、日本と海外で扱いが極端に変わる植物である。花言葉は「信じる者の幸福」「良い便り」「消息」「希望」 など「いずれがアヤメかカキツバタ」(慣用句)どれも素晴らしく優劣は付け難いという意味であるが、見分けがつきがたいという意味にも用いられる。
目次

1 概要

2 由来

3 アヤメ湯

4 関連項目

概要

アヤメとは山野に咲く紫色の花であり、同じく紫色の花である紫陽花と同じく梅雨を彩ることで有名である。海外では雨期の神として偶像的に崇拝されている。日本では梅雨の花としてしか扱っていないのは海外に比べると雨量に、つまり水に恵まれているからだと思われる。こういったところからも日本と海外における水の価値観が大いに違っているのがわかるだろう。
由来

海外での名の由来はギリシャ神話における雨上がりの空にかかる虹の神であるイリスにさかのぼるとされる。雨によって育つこの花は神の寵愛によって咲いた一輪の花として神の名を与えられて丁重に育てられた。日本でもその故事にちなんで花を強調するためにハナアヤメと冠頭に花をつける向きもある。

ちなみに日本名であるアヤメは勝負によって人を殺めるという意味からつけられている。海外では雨をもたらす虹の神、日本では決着のための殺しの花と大いに評価をたがえる結果となっている。
アヤメ湯

日本には恐れ多くもアヤメの花を摘み風呂に入れるアヤメ湯という習慣があり、冬至のゆず湯と並び立つ季節の薬湯として人々に愛されている。ただ神の化身をそんなにいつでもバカスカつみ取るわけにもいかず、基本的にはアヤメ湯は年一度と決められている。一般的にはアヤメ湯の日は武家の慣習の名残か人生いつでも勝負の日である男の子の成長を願う日であるこどもの日に定められている。

このアヤメ湯と柏餅の習慣はかつて冬至のゆず湯とカボチャ並みに浸透していたのだが、端午の節句を巻き込んだゴールデンウィークの影響により埋没し、代表的な薬湯は現在ゆず湯ということになっている。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アヤメ」の項目を執筆しています。

アジサイ

菖蒲

梅雨

剛力彩芽

スパイラル ?推理の絆?


更新日時:2017年3月25日(土)14:13
取得日時:2018/06/18 08:36


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3703 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE