アマガエル
[Uncyclopedia|▼Menu]
注意この記事は、ケロン語で書かれています。

ケロケロロッ(ケロロロッ)ヶロッ、ヶケヶゲケロロッ。 警告このままではばぶばぶのn番煎じ(nは0でない任意定数)です。日本語で記事を仕上げて下さい
目次

1 翻訳

2 概要

3 鳴き声

4 関連項目

翻訳

アマガエル(雨蛙、Hylidae、Raincall)とは、生体気象アラームである。
概要 子どもたちを見守るのだ。

野山で元気に遊んでいる子どもたちにそろそろが降ることを報せ、「ケロケロっ(帰ろ帰ろ)、ケロケロっ(家路家路)」という独特のかわいい泣き声で早めの帰宅を促すのがその役目である。しかし雨が降っても帰らず、まだ遊んでいる子に対しては「ゲロゲロっ、ゲロゲロっ」と少し威嚇気味に鳴くのであるが、いかんせん元がかわいらしいいため、精一杯に怖がらせてはみたところで、やはり子どもは馬鹿にして帰らないのであった。

そこで加勢として登場するのがウシガエルである。雨に湿る緑の暗がりから、どことなく「モォー……ン(門限)、モォー……ン(悶絶)」という薄気味悪い声で子どもたちの恐怖を掻き立て、やんちゃ小僧たちを家路に急がせるのである。「雨の中、門限に遅れて締め出されたら、お前たちは行くところもなく悶絶することになるぞ」というメッセージを、あの独特の陰鬱な鳴き声に含ませているのである。これを「河童の鳴き声」と認識する子がいるほど子供心に恐ろしさを与えるのである。これで帰らない子はよほどの事情があるのか、あるいは帰るに帰れない状態に置かれている筈である。
鳴き声

独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です。自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

そんなアマガエルであるが、何も雨を知らせるだけに鳴く訳ではなく、自分たちの事情で鳴く事もあるので、アマガエルが鳴いたからと言って必ずしも雨が降る訳ではなく「鳴き声を聞いて急いで帰宅したものの、相変わらずのお天気だった」というのはよくあることであり、それを繰り返す内にアマガエル不信に陥り、本当に雨が降っても頑として帰らない子もいるらしいが、それは自己責任である。そんなに心配なら、あらかじめ天気予報を見ておくべきである。そんな訳で、アマガエルのかわいらしくバリエーションあふれる鳴き声のいくつかを、以下に紹介する。
ケロケロ……
これがおなじみ「雨が降るよ」コールであり、当人たちとしては「わーい。雨が降るよ、嬉しいな♪」という喜びであり、べっ、別に、人間に知らせるためなんかじゃないんだからねっ!と言う説もある。
クワックワッ……
発情期に多い鳴き声。ちなみに鳴くのはアマガエルの雄のみである。意味はアーン♥♥とかうふふとか、子どもは意味なんか知らなくていいのである
ゲッゲッゲ……
アマガエルには天敵が多い(タヌキタガメほか)。こちらは文字通り警戒音であり、本気で相手を威嚇しているつもりだが、いかんせん元が元なので、そのまま美味しく食べられるか、一目散に逃げるしかないのであった。

また、これらの声の組み合わせによって彼らは独自の言語「ケロン語」を生み出したのであるが、それはまた別の話である。一説には、同語族の宇宙人とも会話(交信)が出来るとも言われている。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アマガエル」の項目を執筆しています。

カエル



帰宅部


更新日時:2018年2月9日(金)15:26
取得日時:2018/08/18 15:19


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6193 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE