アニメ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…幼児への特殊効果[編集]平日夕方から夜7時台にかけて、あるいは土日の朝方放送されるアニメは幼児に対して特殊な効果を発揮する。これらのアニメは非常に高価で高性能なデバイスのCMを含むが、実はCMに販売促進効果はない。CMはアニメ本編に子供たちに高価なデバイスを欲しがらせる洗脳プログラムが含まれていることを親たちに勘付かせないためのカモフラージュである。特殊効果とは幼児にアニメに登場するデバイス(多くは非常に高価だ)を身に着けなければ生きていけないと感じさせるものである。幼児がテレビをじっと見つめる性質を利用したもので、特殊な視覚情報によって神経を麻痺させ、現実と虚構の境目をあいまいにさせることが出来る。ポケモンはこの効果を高めすぎた結果、子供たちが虚構の世界に陥ったままこちら側に戻ってこられなくなる事件を起こした。ただしこの事件は後に某超大国の光学兵器のせいにされた。
アニメオタクと幼児と小学生の関係

アニメと幼児と小学生は次の関係で成り立っている。

幼児と小学生:とりあえずアニメを見てる。

アニメオタク:アニメに洗脳されている。

アニメオタクによるジャンル分けユーモア症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「幼児向けアニメ」の項目を執筆しています。

wikipediaでは「幼児向けアニメ」など「?向けアニメ」に関して

荒らしや編集合戦などのため、方針に基づき編集保護される

記事の内容に関する文献や情報源無しの記述が多い

「独自研究」に基づいた記述が含まれている

世界的観点からの説明がされていない

中立的な観点に基づく疑問が提出されている

といったユーモアあふれた記述が書かれている。
インターネット接続会社に支払われる接続料の増加

アニメーションはインターネットのWebサイトに広告やよい評価を掲載し販売の促進を図る。そして、視聴者はインターネットを徘徊してばら撒かれた情報を集めようとする。その際に使用されるのがGoogleをはじめとする検索エンジンである。コンテンツを配信する業者は検索エンジンの検索における上位の概念になろうと常に企業努力を欠かさない。今までになかったキーワード(「かみちゅ」、「らきすた」など)をタイトルとして検索するとき必ずトップとするようにしたり、CLANNADというミュージシャングループが攻撃された時に使用された似たタイトルをつけたりする方法などを使用することによっていままで成功を収めている。はてなキーワードで「クラナドは人生」を検索することによって類似のキャンペーン用語を発見することができる。CLANNADとはアイルランド語で「入り江にすむ一族」を意味しておりそこのグループはその名前に非常に誇りを持っていたという。しかし、日本の情報戦争の犠牲者となりネット上ではその民族のアイデンテティーを表現する言葉ではなくなり、日本の全年齢向けゲームを意味する語となり、そのグループは検索の上位から姿を消した。また「CLANNADは人生」というネットスラングは人生という多数の概念を内包する語とほぼ等記号で結ばれることにより、Googleが人工知能によりサイトを分別する際に上位の概念に食い込むことに成功した。このような作戦によりネットではアニメーションの消費者の欲求を刺激する情報があふれ、それを観ようとする者たちがブロードバンドに対して投資をするようになったのである。
アニメの軍事利用

現在日本を始め、米国中国韓国フィリピン等でアニメの軍事利用が研究されている。アニメは時期、時間、ターゲットを見計らって作成され同じ要素を持つものを複数並べたり、その時ターゲットとなる年齢層の人間が何をやっているかやネットの検索結果などを利用しマーケティングの理論をふんだん詰め込んだ放送や販売がなされている。ユーゴスラビア紛争時に行われた情報操作や印象操作よりも高度に組み立てられており、かつ場慣れしているため非常に厄介である。アニメーションによって与えられる刺激は通常人間がコミュニケーションに用いるプロトコルを模倣しているが正常な反応を表現せず、より、快感を得られる表現を用いるためそれを見つづけると人間関係の形成や認識の共有に齟齬をきたす。 人の目をくらませる効果があるため兵器に描かれる。ウルド、スクルド、ベルダンディーという北欧出身の運命の三女神が操縦者をヴァルハラどころかヒースの荒野へといざなう。
歴史

旧来から漫画や風刺画がプロパガンダに使われたり、アニメ映画で扇動が行われていた。現在のアニメによる扇動技術の飛躍的進歩のきっかけは、1980年代のフィリピンにおけるエドゥサ革命の時点であるとされる。1986年2月、フィリピンのマルコス政権によって打ち切られた、日本の洗脳思想を大量に含んだアニメ、超電磁マシーン ボルテスVの放映が、フィリピン軍の上層部の指示により暗殺されたベニグノ・アキノをマルコス政権の犠牲者として宣伝する、エドゥサ革命における工作の一部として採用された。当初はアニメを見た子供たちがそのアニメに登場するロボット兵器の玩具を買うように仕向けるだけの可愛らしい技術であった。それより相当以前からいわゆるサブリミナル効果という技術は存在していたが、アニメはそれとは全く異なる革新的方法によって子供たちに玩具を買わせることに成功した。サブリミナルでは、通常分からないわずかな時間の映像や、小さな音を組み込むことで視聴者をコントロールするが、アニメはアニメ本体に視聴者をコントロールする力があった点で優れていた。サブリミナルの手法として同音意義の言葉を用いるというものが日本語の 7ffa ものでは用いられている。例:つめたいあさのひも (CLANNAD OP 「メグメル」より)語義1:冷たい朝の日も語義2:冷たい麻の紐

やわらかい情報(Flexible Information)を読み取るときに生じる効果であるとされており、平安時代以前から用いられていたことが判明している。現在、このような多義文を自動作成するソフトウェアの開発はまだなされていないが、翻訳エンジンを改造して作成を試みるものがいる。1990年代に入り新手法が開発された。対象者に心理的により近い距離に近づくために対象者と同じような名前を画面に表示したり、キャラクター名につけたりするものであった。例:"灰羽"を対象とした場合。 キャラクター原案          灰村キヨタカ          羽音たらく

この手法をを通称「戒名」と呼んでいる。例として用いた「灰羽」は広辞苑の五版の六画の漢字から縦につながっている「灰」と「羽」をあわせて新造人種を表す新造語を作成したものであり、同様の名称を用いた同人誌やアニメーション、「オールドホームの灰羽たち」や「灰羽連盟」とは関係ない。横浜市立大学に在籍し中核派の一員であった奥浩平の遺稿集である『青春の墓標』においてこれと同様な符丁が用いられていたのではと見る向きもある。("青"、"春"が縦につながっている辞書が存在したのではないか?)

1990年代、CGの登場によりアニメの洗脳技術は格段に進歩した。このころからアニメは対象者に対して反社会的行動さえ行わせることが出来るまでになり、各国軍事機関で研究がなされるようになった。現在、そのあまりに驚異的な洗脳力のため、最先端の軍事技術に精通した専門家の間ではABC兵器のABCとはAtomic Biological Chemicalのことではなく、Anime BL Cosplayのこととして通っている。1999年からボルテスVの再放送が始まり、リバイバルブームになった。
日本のアニメ

長年の日本政府による国家をあげた研究の成果によってアニメはオタク達だけでなく、まだアニメに思考回路を破壊されていない人々さえも一瞬で、また本人に気づかれることなくその記憶を改変し、精神状態を自由に操ることさえ可能なものになった。最新の実験結果によれば、実験対象者は「自分はアニメに興味がない」と言いながら、人類補完計画とは何かについて詳細に説明することが出来たという。現在日本のアニメ洗脳は全世界に及んでいるとされ、日本に貴重な外貨をもたらしているが、有事の際にはボタンひとつで彼らをコントロールして、統治機構を破壊することが出来るといわれている。特に男性の性行動を変える効果を持つものは効果が大きいので連合赤軍における武器をあらわす隠語である「彼女」を頻繁にメディア関係者は隠語として用いていた。また、専守防衛を標榜する日本では、まだ他国にはないアニメ洗脳に対する防衛技術が開発されている。これは案外単純な発想に基づくもので洗脳には洗脳で対抗するというものである。現在、日本国内で、首都防衛の観点から特に東京圏を中心に防衛プログラムを組み込んだアニメが大量に放送されている。
主な年齢層

本来アニメというのは主に幼児から中学生までをターゲットとしているが、近年子供のアニメ離れがマジで問題になってきている。なら誰が見ているか、それは大きいお友達である。
キャラクターの主な年齢層と性別

女性の比率が高く、年齢層は全体的に若い。

統計データ
アニメ同士での編成

アニメなど、複数存在する作品をひとまとめ順番に放送する形式がよく出てくる。
連合艦隊

日曜朝に放送されるアニメーション8作品(地域によっては10作品)を纏めた総称。中に特撮が2本混じってるがたまにアニメーションが展開されることがあるため同等の物と言っても問題ない。
Балтийский флот艦隊

今年から本格的に放映されるBS
アニメを纏めた総称。

アニメの絵 おお!これぞGIFアニメ!!

アニメの絵は右のような絵である。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アニメ」の項目を執筆しています。アンコモンズに、アニメに関するガラクタがあります。

作画オタ

映画

漫画

小説

ライトノベル

ファンタジー

深夜アニメ

アニメ過疎地

目玉の怪物(目玉が異常に発達したキャラ)

電脳コイル

アニメキャラ役者説

ガンダム

サザエさん

フランダースの犬

アルプスの少女ハイジ

九州放送

なぜかUHFアニメも放送している。

テレビ東京

有害創作物規制法

最終兵器彼女

原作レイプ

オリジナルキャラクター


このアニメ「アニメ」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)



更新日時:2019年6月27日(木)22:57
取得日時:2019/10/06 16:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:28 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef