アイスランド
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…るアイスランド共和国[編集]2008年10月10日に金融危機で全領土を競売に賭けて1000万ポンド(約17億円)で売りに出すようである(ただし、ビョークについては別売)。同じ氷の領土を持つロシアから40億ユーロ(約5400億円)の緊急融資を受ける。競売は99ペンス(約170円)から開始、10日の午前時点で現在の値段となった。26人ほど落札に参加しており「火山・地震保険は付いてくるか」、「支払いは代金引換でいいか」、「こんなでかい氷が何年食べられるか」などの意見が寄せられた。
テロに走ったアイスランドユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ラキ火山」の項目を執筆しています。

アイスランドは、かつて1780年代に自国産業であるアイスの世界市場制覇を狙って、大規模なテロを敢行している。具体的には、農作物にのみ有効な毒ガスを北半球に散布して農業に壊滅的な打撃を与えると言うものであった。このときのテロにはなぜからき☆すたが関与していたとされている。

その結果、日本江戸時代半ばの1782年(天明2年)から1788年(天明8年)までの間、未曾有の大凶作を来たして90万人以上の餓死者を出すに至った(天明の大飢饉)。このとき、代わりにアイスを輸入すれば餓死者も大幅に減ったはずであったが、当時日本は鎖国を行っていてヨーロッパはオランダ以外からの輸出入は不可能だったため、ここまで人的被害を広めてしまったのである。

一方、フランスでもこのテロの結果、小麦がとれなくなり、多くの民衆が飢えるに至った。マリー・アントワネットはその際に「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言って国民の反感を煽り、その結果、1789年から1794年(革命暦2年)までの間に処刑された(フランス革命)。もちろん、この際に「パンがなければアイスを食べればいいじゃない」と発言していればアイスランドは彼女たちを支援して革命を阻止させるつもりだったのだが、彼女はアイスが嫌いだったのか「お菓子を食え」と言ってしまったため支援を得られる事無くギロチン送りになってしまった。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エイヤフィヤットラヨークトル氷河」の項目を執筆しています。

時は流れて2010年、アイスランドは再び大規模なテロを敢行した。もちろん、これは財政難の打破のためにアイス輸出拡大を狙ってのものであることは言うまでもない。なお、2010年のテロではエイヤフィヤットラ・ヨーグルトと呼ばれる製酪会社が関与している疑いがもたれており、ヨーグルト味のアイスの売込みを狙ったものと思われている。
関連記事

UnNews:アイスランドで大規模テロ、英国などで空港閉鎖相次ぐ

エギル・スカラグリームソン


 ・話・編・歴 世界の国々ヨーロッパ

西ヨーロッパ :アイルランド|アンドラ|イギリスオランダフランスベルギールクセンブルク
東ヨーロッパ :アルバニア|ウクライナクロアチアセルビアブルガリアベラルーシ|ボスニア・ヘルツェゴビナ|マケドニア|モルドバ|モンテネグロ|ルーマニアロシア(東部分を除く)
中央ヨーロッパ :オーストリアスイススロバキアスロベニアチェコドイツハンガリー|ポーランド|リヒテンシュタイン
南ヨーロッパ :イタリア|キプロス|ギリシャ|サンマリノスペインバチカンポルトガル|マルタ|モナコ
北ヨーロッパ :アイスランド|スウェーデン|デンマーク|ノルウェーフィンランド
バルト三国 :エストニア|ラトビア|リトアニア
事実上独立した地域 :南オセチア|アブハジア|コソボ
その他の地域 : アジア日本から独立) | アメリカ | アフリカ | ヨーロッパ | オセアニア | その他地球上 | 電脳世界 | 地球以外 | 過去・未来

この項目「アイスランド」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)

c54

更新日時:2018年5月5日(土)11:55
取得日時:2020/09/12 03:14


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:20 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef