ひよこ陛下
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]

ひよこ十二年(平成十九年)五月二十日 ひよこ大王国政府

ひよこ大王國閣僚評議會附屬國家保安委員會認可本項ノ文章ト内容ハ、完全二正シキ事實トシテひよこ大王國閣僚評議會附屬國家保安委員會第十課長ニヨリ認定サレテヲリ、全テノひよこ國民ト、
ひよこ黨員二見セルコトガ認可サレテヰマス。コノ資料ヲ疑フコトハ思想犯罪デアリ、疑ヒタル場合ハ國家反逆罪ノ對象トサレマス。
一見、ただのひよこだが、権威のある陛下であるため、彼に逆らうなどもってのほかである。 警告この記事は分量が多いので、これ以上の加筆は望ましくありません。むしろ整理しての削減が望まれます。それでも加筆したい方は、既存の記事内容よりも面白い内容かどうか、よく考えて加筆して下さい。

ひよこ陛下( - へいか 西暦:2006年5月25日 - )とは、まだアンサイクロペディアウィキペディアへの対抗意識を露にしていた中二病の頃、かの愚かしいウィキペディアン共に対抗するため、統率のとれないアンサイクロペディアンを統率及び団結させるため、為政者によって祭り上げられた偶像アンサイクロペディアの象徴・総攬者として君臨されたひよこ現鳥神である。

絶対的カリスマと英邁さを持つ理想の君主にして、その実体がかわいらしいひよこであるというギャップが厨房、知識人問わず爆発的な人気を獲得し、アンサイクロペディアンによって神格化が進み、いつしか神と同等の存在として扱われるようになった。
目次

1 御姓名

2 プロフィール

3 経歴

4 立体商標事変

5 ひよこ陛下に関する掟

6 ひよこ陛下の歌

7 主な功績

8 ひよこ陛下のお言葉

9 皇族

10 関連項目

11 外部リンク

御姓名 部下のMr.Dogとひよこ大王国のこれからの展望を語られる陛下(記録映画「偉大なる陛下 - ひよこ一匹、国家を背負う - 」より)

正式には、ひよこ卿猊下君妃殿下閣下大統領様首相将軍大王摂政関白太政大臣主上大先生殿名誉教授主幹隊長親分伯爵庵多賀大将総統理事長事務次官局長台下次長課長悦恥助津智湾達致痴漢総監横綱令嬢社長天皇知事総督聖上陛下(ひよこきょうげいかきみひでんかかっかだいとうりょうさましゅしょうしょうぐんだいおうせっしょうかんぱくだじょうだいじんしゅじょうだいせんせいどのめいよきょうじゅしゅかんたいちょうおやぶんはくしゃくあんたがたいしょうそうとうりじちょうじむじかんきょくちょうだいかじちょうかちょうえっちすけっちわんたっちちかんそうかんよこづなれいじょうしゃちょうてんのうちじそうとくせいじょうへいか)と仰せられるが、そのあまりにも高貴な御姓名に途中で舌をかんだりろれつが回らなくなったりして死亡する無礼者が続出したため、その偉大なる寛大さをもって「ひよこ陛下」とお呼びすることをお許しになられ、現在では一般に通用している。ひよこ陛下の本名は、ヒヨコを参照。
プロフィール 趣味の遺伝子工学を嗜まれる陛下とひよこ親王 (記録映画「偉大なる陛下 - ひよこ一匹、国家を背負う - 」より)

ひよこ陛下は、ひよこ神である。ゆえにその存在感は大きく、アンサイクロペディア上で欠かせぬ存在である。陛下であり、かわいいがゆえに(いや、そうでなくとも)すごく偉い、そして素晴らしい卓越した能力を持つものの、公に発表していないためその実力は不明である。渋い低音ヴォイスが特徴で一人称は「朕」である。座右の銘は「ひよこの、ひよこによる、ひよこのための政治」である。

彼(彼女かもしれないが、英語に倣ってここでは彼とする)が公の場に現れるのは、秀逸な記事を付け加えられることに登場するのみである(それを描いた場合は一番上の名誉あるテンプレートが貼られる)。その一方、スタブ記事に現れることもある。つまり、秀逸でも書きかけでもない普通の記事には全くといっていいほど現れない。

日常ではNEETばかりのことに頭を抱え、どうすれば減らせるのかと常日頃に悩んだ挙句に、このサイトを開設されたといっても過言ではない。そのために彼を慕う人物は数多い。日清食品チキンラーメンの話をすると大変お怒りになる。

BUMP OF CHICKENがお好きである。直訳すると「ひよこの、そしてその母親の逆襲」であるからだろう。

縁日で売られているカラーひよこたちを見て、大変なショックを受け、店主を緊急逮捕したのち、ひよこ達全員を救いだし臣下にされたのは有名な話である。
経歴 陛下は旅行の際には最も信頼できる飼育員の手に奉る。 愛ぬこにまたがり戦場へと赴くひよこ陛下
(記録映画「偉大なる陛下 - ひよこ一匹、天下統一 - 」より)

とあるニワトリが旅の途中で立ち寄った馬小屋にて生を受ける。誕生とともに数千万羽の鶴が祝福に飛来し、光と虹が周囲に満ち溢れ、20里離れた隣町までもまぶしく照らしたとのことである。「卵ではなくひよこの姿で誕生された」とも「パズル状にひび割れたジャガイモからお産まれになった」ともいわれ伝説となっている。この伝説のひよここそが、ひよこ陛下その人である。この時の名前は不明、ゆえに黄金のひよこちゃんと呼ばれるようになり、陛下となることが公になる前は黄金のひよこ一世の愛称を持つ。生みの親は出産して1週間後に食用として殺されてしまった。彼は幼い頃から飛ぶことを試みようと企て、これを見事に成功。このことから奇跡の生き物と評される。その後黄金のひよこ一世は、人間どもをはるかに凌駕する知能と、テレパシーという超能力を持つことまでも成功した。

彼は大きくなってニワトリになるのは嫌だと主張して、彼は一生涯ひよこになる能力を身に付けた。その能力の詳細は一切不明である。

こういった功績から彼はマスコミにも注目されるようになった。しかし彼はこれを「動物タレントか!!」と思ったようで拒絶、公の場に現れることはほとんど見られなかったものの、この気高い性格から人間からも支持されるようになった。

しかし彼の活躍が薄れることを嫌ってか人間が彼を頂点に立てようと試みたものの、彼はこれを拒否した。それでも多くの人間がこれを署名したことから彼は頂点に立とうと決意、そして立憲君主制の大ひよこ王国を建国した。そして彼はひよこ陛下と称することとなった。最初は苦労の連続だった。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:24 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:Oak-2