と言われている
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]
独自研究:この記事や節の内容は「独自研究」にとどまっていると言われています。これを解消するために Uncyclopedia:独自研究は載せない を確認の上で、ある情報の根拠だけではなく、解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください、と管理者関係筋に言われています。 ユーモア欠落症患者[1]のために、ウィキペディアの専門家気取り[1]たちが「言葉を濁さないと言われている」を執筆していると言われています[2]

と言われている(といわれている、reportedly)は、各分野の解説者やWikipedia等の編纂者が頻用する編集技術。「とされている」「と思われる」「と見られる(天気屋の決め台詞)」「という説もある」と変形している場合もある[1]
目次

1 概要(と言われている惨状)

2 概歴(と言われている謎)

3 用例(と言われている使い方)

4 脚注(と言われている参考文献)

5 関連事項(と言われているただの脱線)

概要(と言われている惨状)

各解説や概要の執筆/編纂に於いて、資料が存在しない或いは執筆者の脳内妄想に基づいた解説を付記する時、文言の最後にこの一文を追加して、世論あるいは一般的な共有認識と読み手が感じられる様にする事[1]と言われている。

通常は見逃されている事が多いが、Wikipedia等で編集合戦が起こり、逆ギレした編纂者が相手の記述にこれを発見するとたちまち要出典を付記する様になると言われている。したがって編纂において自分の意見を通したければ、その文言の正確さよりも、相手の顔を立てて怒らせない様にするという配慮の方が遥かに重要となる[1]と言われている。他にも統計的に有意なデータが出たという意味なのか、不可知論としてのゼロではないという意味のただの詭弁なのかわからない「可能性がある」もウィキペディアンや自称知識人の常套句であると言われている。

だが、最近ではそれさえも封じようと、{{誰}} というタグを貼り付けて、「それを言ってる奴は何処のどいつだ、今すぐ連れて来いやゴルァ」とさらに責め立てる者もいると言われている。[誰?]
概歴(と言われている謎)
発端(と言われている事件)

紀元前1340年頃の古代エジプト第18王朝の興亡を記したルクソール神殿のヒエログリフに対して、ツタンカーメンの王位(と妻のアンケセナーメン)を簒奪してフェラチ(ryファラオになったアイ1世が改竄を命じ、ツタンカーメンの前王及びその父親(または母親[3])でもあるアクエンアテンの存在を歴史から葬り去ったと言われている[1]。両者の名誉回復は古代エジプト王朝が滅びるまで為されなかった[4]が、伝聞の形では残された[2]。1922年に歴史学者の 4067 インディ・ジョーンズ1世がツタンカーメンの王墓を発見するまでは、ツタンカーメンの存在自体を断定的に論ずる事はタブーとされていたため、紀元前から存在した[1]古代エジプトの研究者達は、ツタンカーメンの解説/論文には必ず「と言われている」を付記しなければならないという暗黙の了解事項が存在したと言われている[1]。歴史上「と言われている」はここから誕生したとされており、以後、この技術が様々な分野に波及し、発展を遂げたと言われている[1]
拡大(と言われている現象)

近世までは一般庶民が何も分かっちゃいない馬鹿ども純朴で謙虚であった為、この技術は一部の屁理屈で競争相手をへこます事しか考えていないクズども専門家の間でのみ流布したと言われている[1]。1960年代に入り、メディアが発展拡大した事で一般庶民に多種多様な情報がもたらされて価値観に変化が生じ、その結果、一般庶民は全ての事象に異なる視点が存在する事に気づいてしまったと言われている[1]。1970年代に入り、気に食わない相手の断定的な主張を攻撃する武器としてこの技術が一般的認識された時点で、さらなる拡大が起こったと言われている[1]。そのため、価値観の多様性を促進したと同時に、任意の人間及び集団にとって同意し難い決着が実現する事を妨害するためだけに使用するという問題も出現したと言われている[1]
現状(と言われている事実)

1999年5月、日本の衆議院で科学的根拠が無い[5]限り断定的な主張を行う事を禁止する法案が超党派の一部勢力から提出された[1]が、与党も他野党も一切相手にしなかったと言われている[1]。逆に同月に可決された某法案は、なんら科学的根拠を提示しない[1]まま、この技術を用いて着々と強化されようとしていると言われている[1]
用例(と言われている使い方)


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:21 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE