としまえん
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…ト重視の店が増えていった。そんな中で昔ながらの年増にこだわり、伝統的な日本の性風俗の灯火を守るために開業したのがこの年増園である。
歴史

原型となる建物は、明治の頃から娼婦たちが客待ちに集っていた室町時代の城趾が、関東大震災の為崩壊し取り壊された跡地に建造された。まだこ 4045 の頃は関東大震災の傷跡も生々しく、更に関東大震災の補償に乗じた不正な手形決済も相次いで[3]社会不安が蔓延していた。かよわい男衆が年増の包容力を求めるのも、御時世としては当然だったと言えるだろう。

第二次世界大戦終了後、公娼制度廃止により表向きは遊里として営業出来なくなり「赤線(赤電)内の公園」として水と緑に溢れた景色を売りにするようになる。勿論これは見せ掛けで、他の赤線内の施設と同じく実際には性風俗を旨とする遊里のままだった。これは当時の性風俗では常識であり、カフェーや料亭に看板だけ差し替えて営業すれば「赤線内で商売をする限り」合法だった。その後売春防止法施行、いわゆる赤線廃止を経て昼は公園からプールや図書館など様々な施設を持つアミューズメントパークとして、夜は婀娜な年増たちと触れあう「大人の遊園地」として広く愛好されていった。しかし世間の嗜好の変化や相次ぐ経済不況もあって、2020年8月に全面閉園となっている。
夜の年増園の特徴

年増園の大きな売りはやはり年増の姐さん方であり、彼女らによる奉仕を求めて男性客がやって来るのである。また昼の姿から違和感無く移行出来るように、昼間でも下着(表向きは水着)で園内を探索するイベントがあったり、時間を問わず入れる温泉があるなど遊里としては異例となるテーマパーク的な要素が多い。その一方で成人式という名目で童貞客を集めて筆下ろしするなどディープなものも。

時代に応じて様々な新しい流行りを取り入れるのも特色で、例えば1992年には前年発売された宮沢りえのヘアヌード写真集「Santa Fe」にあやかって、「豊島園にサンタフェの扉がやって来た」と題しヘアヌードショーを行ったし3D映画ブームの際には、3Dの主観AV映像に併せてリアルに奉仕を受ける「年増園4Dシアター」を開設している。
脚注^ 武家や公家においては、特に第二次性徴を迎えて妊娠可能になったばかりの年頃が珍重された。かの武田信玄は10歳の嫁を貰い、みごと孕ませたが結局妊娠中毒症で懐胎死させている[要出典]。
^ 逆に夜鷹は規制を掻い潜ってシェアを伸ばし、岡場所が規制されても夜の街を根城として客を取り続けていた。
^ 新型コロナウイルスや相次ぐ天災の補償にかかるハードルが非常に高いのは、この恐慌を再現しない為である。

関連項目

風俗

年増

ソープランド

年増岡女子学園 - JK限定の年増園

夜王 - 絶倫かつ強烈なピストンと人々をピストルで焦らすことでおなじみのあの方の俗称である。ちなみに、年増園にいる女性たちはみな、この方にアレを奪われたという。


この項目「としまえん」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2021年3月16日(火)21:06
取得日時:2021/04/08 23:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8109 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef