ちゃぶ台返し
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディア専門家気取りたちも「ちゃぶ台返し」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ちゃぶ台返し(ちゃぶだいがえし)とは、大日本帝国拳法の奥義の一つ。ちゃぶ台と呼ばれる卓を挟んで敵と向かい合い、隙を突いてちゃぶ台ひっくり返すという大技。主に父親が使うことが多い。
概要

戦前は日本の多くの家庭において、父親が習得していた技であったが、現在使用できる者は少なくなってきている。その反面、近年では女性の使い手も現れている。

技の特性上、上手にひっくり返さないと卓上のものが相手に当たらず、効果は薄い。相手の呼吸を読み取りひっくり返すテクニックは、各家庭で代々伝承される。その威力は、ちゃぶ台の種類や卓上のものに大きく左右される。熱々の味噌汁などが載っていると効果は大きい。おでんなどの鍋物だとなお良し。技の途中でなどが妨害に入り不発に終わることが多々あり、成功させるには瞬発力や的確な状況判断能力が必要とされる。

大昔、西洋の王様が巨大な円卓をひっくり返し、同時に12人の相手にワインなどを? 266b ?ちまけた話は伝説となって今も語り継がれるちゃぶ台返しの始祖である。

熟練の使い手になると、ひっくり返した後の掃除も自分でこなす。



主な使い手

星一徹

一度しか人前でちゃぶ台返しを披露していないにもかかわらず、ちゃぶ台返しの第一人者となってしまった程の使い手。

寺内貫太郎
家族に手をあげ、何か気に入らないことがあるとすぐちゃぶ台をひっくりかえすような、頑固で短気で喧嘩っぱやいが、どことなく憎めずむしろ共感してしまう。

アーサー王
伝説上の使い手。この頃はまだちゃぶ台返しという言葉は無かった。

則勝・則まさ子・則清美・則将太
人気ゲーム「超・ちゃぶ台返し!」にて、この4人家族はちゃぶ台をひっくり返している。但し、勝以外はちゃぶ台以外の何かをひっくり返している。

徳川家康
くそたわけがあああ!!!

宮本茂
任天堂株式会社専務取締役の宮本茂も多用する。ゲームの仕上がり具合が面白くない場合、ゲームの仕様を白紙化する命令が下され、「ちゃぶ台返し」として社内で恐れられているとかいないとか。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連

卓袱台

夫婦喧嘩

畳返し

倍返し

ツバメ返し

超・ちゃぶ台返し!


この項目「ちゃぶ台返し」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです。社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)


更新日時:2018年12月16日(日)21:00
取得日時:2020/04/01 16:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4815 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef