ちはやふる
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]

ちはやふる(千早振る)とは、在原業平が残した絶唱を元にした落語である。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ちはやふる」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 派生

3 漫画化

4 関連項目

概要

ちはやふるとは、在原業平が残した『ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは』という一首を元に作った落語である。三遊亭小遊三がこの演目を得意とし、自身でアレンジも行っている。小遊三のあまりあるちはやふるへの情熱に『小遊三の千早か、千早の小遊三か』などと呼ばれるようにまでなっている。なお、ちはやふるの内容に遊郭とか花魁が出てくる、最後に竜田川が罪を犯すのは小遊三のアレンジが原因だったりする。

ざっとしたあらすじを述べると、先生の名で呼ばれる隠者が知り合いの八五郎に自分も知らないちはやぶるの意味を聞かれ、すさまじい説得で嘘の解釈を伝えていく物語である。元歌がちはやぶるで始まるのに対し、演目がちはやふるであるのは、最初の五文字ちはやぶるを『千早を振る(ちはやをふる)』と解釈したためである。
派生

平安の歌に江戸の解釈を加えて完成したちはやふるは落語界で綿々と受け継がれていった。今でこそ小遊三アレンジが一番普及しているもののその派生は確認できるだけでも72に達する。そのため落語界では72のことを千早と読んだりする。その中には平安の歌に江戸の解釈をつけた落語に平成流のアレンジを加えた者も存在する。例を上げると現代ということで花魁の代わりにアイドルを出したり、竜田川が語源とされる竜田揚げの話を持ち出したり、唐紅(からくれない)を血に見立て話をサスペンス風にする派生などが存在する。
漫画化

こうした千早振るの話が講談社所属漫画化の末次由紀の眼にとまり、彼女の千早振るの解釈の一つとして『ちはやふる』という名で漫画化された。話こそ古典を題材にしているが構図・物語ともにオリジナルであることを付記しておく。

漫画『ちはやふる』は主人公綾瀬千早(あやせちはや)が想い人である神代竜(じんだいりゅう)もに振り向いてもらうため、彼が無視を決め込む田川という激流をカラクリを使わずに突破するため腹をくくる物語である。彼女の神代への想いは勢い強く世の少女漫画ファンに伝わり、まんが大賞など並みいる賞にヒットし、ついには2クールアニメ化まで果たした。ちはやふるのここまでの快進撃はまさにちはやふると言う通り神通力が伝わったのではないかと思えるほどである。

しかし、作者の末次及び漫画のファンにはある汚点が存在する。そう。近江神宮を聖地にしているが、そこがあの学校のすぐ近所だということをわかっていないという汚点が…。もしものことがあったら、現地周辺はリアル「ちはやふる」どころかリアル「八つ墓村」になるのは目に見えているのだが…。
関連項目

小倉百人一首

在原業平


更新日時:2017年12月17日(日)10:08
取得日時:2018/02/14 15:15


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:4198 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE