たねの効用
[Uncyclopedia|▼Menu]

たねの効用とは、星新一の短編小説。
あらすじ

地方都市に住む少年が、外見50歳ほどの中年男性から、を教えてくれたお礼に、たねを貰う。中年は言う、このたねを植えて育てて、葉っぱをお湯に入れてお茶のように飲めば、超人になって人生イージーモードになるよ、と。

少年は半信半疑だったが、早速たねを育ててみた。種は芽をだし幹となり立派に育った。しかし、疑わしいので最初少年は近所に住む知的障害者にこれを飲ませて毒味させた。知的障害者は飲んだ前も飲んだ後も変わらず「あうあうあー」と奇声を発して奇行に励むばかり。よし、これなら俺が飲んでも大丈夫だ、そう思った少年は、自分でその葉っぱを飲んだ。

天にも昇る恍惚感が得られた。しかし、何やら幻覚が見え始め、学校の成績が落ちた。流石にちょっとまずくないか、無闇にあの葉っぱをオッサンの言う通り飲んだのがヤバかった、そう後悔した少年は、庭に植えたたねから育った植物を始末しようとした。そして掘り返すと、球根が分裂して黄金の塊になっていた。驚いた少年は、この植物の研究をすることを決意し、「大学にはいかずにこの植物の栽培を職業にします」と周囲に語った。周囲は驚いたが、まあ君がそう望むならいいんじゃないのと許可した。

少年は黄金をつける植物の栽培を売買する仕事を始め、そこそこ成長したが、なんだか幻覚や幻聴が起こる頻度が高くなって、風俗通いを毎日するなど生活も荒れ、借金を作った。しかし、植物の栽培で得た利益で借金をチャラにした。

その後もあり谷ありの人生を送りながら、元少年は中年になり年寄りとなり、植物の栽培を生業にまあそれなりに幸せな一生を過ごした。
結論

なんでこんな作品が公開されてるんだ。
関連項目

麻薬

ハーブ

LSD

ヒロポン

コカイン

マリファナ

大麻


更新日時:2016年3月17日(木)11:58
取得日時:2019/07/19 00:17


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2462 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef