たい焼き茶漬け
[Uncyclopedia|▼Menu]
たい焼き茶漬け

たい焼き茶漬け(たいやきちゃづけ)は明治時代から食べられている日本料理で、米飯にたい焼きを乗せ茶をかけたもの。白いたい焼きを乗せたものは白いたい焼き茶漬けという。
たい焼き茶漬けの作り方 たい焼きの腹部に茶を直接かけてしまうと食べる気がしなくなる
冷や飯の上に冷たい焼きを乗せる。

熱い煎茶かほうじ茶をかける。ほうじ茶での味は保障しない。このとき、茶はたい焼きのまわりにかけるようにする。

ほどよくほぐれたたい焼きを箸で崩して食べる。

たいやき茶漬けにまつわる儀礼 おかわりは要求しない

たい焼きの腹部に茶を直接かけてしまうとたいのワタが熱で膨張して溢れ出し、白米に「味噌がつき」見た目が悪くなってしまうため注意を要する。

たい焼き茶漬けを出されたらめでたいものなので全部食べること。例えほうじ茶をかけられていたとしても。

関連項目

お茶漬け

饅頭茶漬け

ねこまんま


更新日時:2010年7月31日(土)22:25
取得日時:2020/02/19 22:51


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2577 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef