さいたま市
[Uncyclopedia|▼Menu]

さいたま市(さいたまし)は、彩の国さいたまの南東部に位置する市で、同国の首都である。2001年に旧首都の浦和市と大宮市・与野市が合併して誕生したさいたま唯一の政令指定都市である。2005年には領土拡張のため岩槻市を編入した。国内で最も人口が多い都市であり、唯一1000億人を突破している大都市でもある。
目次

1 概要

2 行政区

3 市民の性格

4 さいたま新都心

4.1 さいたまの名所


5 産業

6 名物

7 出身有名人

8 トリビア

9 関連項目

10 外部リンク

概要

日本の首都である東京から北に約16000hyde、関東平野のほぼ中心部にある。西にはろ川(荒川)が流れており、荒川沿いには南北に細長く連なる麻帆良自治区と接している。さいたま市はこの他に上尾市、蓮田市、白岡町、春日部市越谷市川口市蕨市戸田市朝霞市、志木市、富士見市川越市と接しており、またさいたま市自体も各地からの交通の結節点としての側面を持っている。

前述したように、さいたま市は近年になって合併で成立した都市であるのでさいたま市としての歴史はまだまだ浅い。市民の性格も各地によってバラバラであるが、基本的には出稼ぎ産業志向が高い傾向にある。
行政区

行政区については公募で決定された。だが一位の区名を採用しなかったためか、見沼区や中央区などで暴動が多数勃発。多くの死傷者を出してしまった。何の為の公募だか。まあ、えてして公募の結果はあくまで参考意見程度であるのは都営地下鉄の命名の件からも言えることだが。

旧大宮市

西区
(区内の西半分が麻帆良自治区に所属)

北区(巨大なステラタウンがある)

大宮区(国道17号より高層ビルがさっぱり消える) 

見沼区(あまり「見沼」という感じではない)

旧与野市

中央区(予定では与野区にするつもりだった)

旧浦和市

桜区

浦和区(元県庁所在地)

南区

緑区(西区の続く田舎)

旧岩槻市

岩槻区(旧・岩槻市)

市民の性格

浦和・大宮・与野の三市合併から5年以上たった現在でも、旧市の色合いはまだ深く残っており市民の心はバラバラである。しかし玉ねぎが好物なのは共通。

旧浦和市民
旧浦和市民を中心とした浦和レッズサポーターが行うマスゲームの様子。対戦相手である日本のチームに対し、「アジアへ行って日本の犯した過ちを謝罪せよ」と呼びかけている。

一言で言えば冷めた旧市民が多い。なにしろ新幹線には通過されるわ、大きな百貨店は伊勢丹ぐらいしかないわ(PARCOは百貨店ではないらしい)、そもそも「自分たちは東京都民」とのたまう住民も多く、ベッドタウン的気質が非常に高い。買い物に行くときには県下最大の商都である旧大宮市なんて見向きもせず、東京(主に池袋赤羽)へ行くなど、その性格が顕著に出ている。このことが原因で旧大宮市民の怒りを買っているため、旧大宮市民との関係は一言でいってしまえば最悪である。

浦和レッドダイヤモンズの熱狂的信者が多く、浦和駅前などでは試合終了後には「WE ARE REDS!」と叫ぶサポーターが良く見られる。これを訳すと「私たちはアカである!」といっているため「浦和には共産主義者が多い」という説がある。事実、浦和レッズの試合ではキューバ革命で活躍したチェ・ゲバラの旗や旧ソビエト連邦の国旗が、サポーターによって振られたりと裏付ける証拠が数多くある。しかし、旧浦和市時代から浦和・緑・南・桜の四区に分割された現在に至るまで共産党が政権をとったことは何故か一度もない。

旧大宮市民

前述したように、旧浦和市民との関係は一言でいってしまえば最悪である。合併前は浦和と大宮の両市は、日本韓国以上の仲の悪さと言われており合併自体がムチャと内外から散々言われ続けていた。

さいたま市合併直後には、旧浦和市偏重の政策に不満を持った旧大宮市民の過激派が、旧浦和市に置かれたさいたま市役所前で「反さいたま市合併デモ」「大宮市独立運動」が連日のように行われていた。政令指定都市になるときにもこのようなデモが断続的に派生した。旧浦和市民の過激派も対抗して「反大宮デモ」も行った。これらの騒動はデモというよりは暴動ともいえ、毎回多くの負傷者や逮捕者を出していた。現在では合併を認めていない住民もわずかしか存在せず、多くの旧大宮市民は合併に対してはなんとか受け止めている。

以上のように旧大宮市民は反浦和の色合いが強い人間が多く、浦和レッズに対抗して大宮アルディージャを応援するなど対抗意識に燃えているが、最近ではその傾向が崩れ旧大宮市に在住しながらも浦和レッズを応援する人間も増えてきており、旧市の垣根が徐々に崩れてきているといっても過言ではない。しかし湘南新宿ラインが浦和駅に停車するようになることに対しては許されざるべきこととして認識するものが多い。

旧与野市民

浦和と大宮に挟まれた旧与野市は基本的に旧浦和市に依存している生活を送っていた(京浜東北線の与野駅は旧浦和市に所在している他、位置的にも北を除く三方向が旧浦和市に囲まれていた)。この為、旧大宮市民からは「与野は浦和の植民地」と揶揄されることも多かったが、浦和や大宮のように暴動を起こすことはなかった。

だが、さいたま市が政令指定都市化し旧与野市域に『中央区』と命名された際には流石の旧与野市民も怒りをあらわにし、「与野区改称デモ」が旧与野市域のあちこちで発生。この時は浦和や大宮のデモでも発生しなかった死亡者も発生している。結局、区名は改称されることはなかったが、このことが原因で浦和・大宮は与野を過剰なまでに恐れるようになったといわれる。旧与野市民を絶対に怒らせてはいけない。

旧岩槻市民

前述した浦和・大宮・与野のいざこざとは無縁であり、穏やかな気質の人間が多い。さいたま市に吸収合併された際にも「浦和の侵略行為ニダ! 断固抵抗するニダ!」と抗議する人間もほとんどいなかったとされる。ただ、かつては浦和に首都機能を奪われたこともあり、それを恨んでいる住民がいるのも事実である。また、浦和・大宮・与野側からも彼らとは絶対にもめ事を起こそうとしない。何故ならば、旧岩槻市民は武力は三市に及ばないが、優れた人形を使う呪術師が大半を占める恐ろしい戦闘集団だからである。
さいたま新都心

さいたま市のほぼ中心部にあるさいたま新都心と呼ばれる地区は、大部分が日本政府によって占拠されている。このさいたま新都心には、何故か日本の官公庁舎が多く乱立しており、高層ビルも多く建築された。また、関東中央州(東京都埼玉県)の州都機能も官庁によって設置される(我田引衙)。

さいたま市はこの地区に600m級の「さいたまタワー」を建設し観光拠点にしようと目論んだが、日本政府に土地を差し押さえられてしまった。これに対し、さいたま政府は返還を主張している。

さいたま新都心には、何故か異常な数の監視カメラが設置されており、常に人々の動向をチェックしている。これは、一説によると、故ジョン・レノン氏に深い関わりがあるという噂がなされている。

また別名で、さいたま珍都心とも呼ばれる。一部の市民にはさいたま辛都心とも呼ばれる。さいたま新都心駅に新幹線はもとより快速や湘南新宿ラインもとまらないからであろう。一駅先の大宮の方が規模は大きいので、そちらに人が集まりやすい。だが最近はコクーンが出来たので少しは人が増えてるかも。と思ったら浦和駅東口近辺の商業施設の存在で少し危ういかも。

また、大宮高校という県共学トップ校が存在している。…だがしかし、県男子校、また県の全ての高校のトップで高校生クイズにおいていろんな意味で有名な浦和高校や、それと同列としてよく表される県女子高トップの浦和第一女子高校のせいで影がものすごく薄い。実績的には浦和>大宮>浦和第一女子だが、埼玉の中学校および塾では「浦高・一女」とひとくくりにされて大宮ははぶられる。
さいたまの名所

さいたまタワーを作る予定だったただの駐車場

日本国の行政機関及び、関東中央州の行政機関が入るさいたま新都心合同庁舎

さいたまスーパーアリーナ
を取り囲む多数の監視カメラ

メイト、メロン、祖父、ゲマズ、とらのあな、らしんばんとオタク御用達の店舗達

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は ⇒適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

産業

彩の国さいたまの主要産業は東京への出稼ぎ労働であるが、さいたま市はこの傾向が顕著である。約30万人以上の市民が隣国である日本の首都、東京への出稼ぎ労働に従事している。

腐っても首都であるのか多くのさいたまの企業がさいたま市に本社を構えているが、それ以上に日本の企業のさいたま支店が多いため、さいたまの企業の存在は影が薄いのが現状である。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は ⇒適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

名物 8015 岩槻区で生産されている人形

サッカー浦和レッドダイヤモンズ大宮アルディージャのホームタウン)

野球東京ヤクルトスワローズ二軍・千葉ロッテマリーンズ二軍)

人形(画像の様な人形を岩槻区で生産。他にもさいたま国内では鴻巣市で生産されている)

ウナギの蒲焼(浦和が起源とされているとさいたま政府が主張)

盆栽 (関東大震災後、東京から人口が流入し、大宮市に盆栽村という自治区が作られた。大宮公園駅北側に地名が現存。)

初音ミク愛用の深谷ネギ(調教するのに最も適したネギと言われている)

出身有名人

普通の有名人についてはクソ真面目が売りな百科事典による解説に任せておけば構わない。ここではhydeの身長のようになかったことにされてしまう人物を紹介する。

中浦和の星 (2ちゃんねるで二度、殺人予告をして逮捕された。)

トリビア

実はさいたま市が彩の国さいたまの首都である事は国際的には認められておらず、国際的な認識では首都は
狭山市となっている。規模についてはさいたま市の方が圧倒的である。

当初は市名を「埼玉市」にしようとしたが、10分の1の規模である行田市にストップをかけられた。さいたま市がヘタレであることを示した一例である。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さいたま市」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒さいたま市」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒さいたま市」の項目を執筆しています。

「さいたま市」の「さ」の字体(三画の「さ」と二画の「さ」)のどちらにするかで市民の一部が対立。これがかの有名な「第二次世界大戦」である。

市町村合併により「さいたま市」になることについて、「ネーミングセンスが悪い」と言った元大宮市民がいる。彼は新しい名前として「ストロベリー市」と候補にあげたが却下された。誰が言ったのかはお察し下さい

さらに拡大を目指し、上尾と侵略戦争中である。上尾陣営はもはや風前の灯に近いようだ。

領土拡大に際し川越市に対して編入を求めた際、「お前らが菓子折りもって『どうか私を川越市に編入してください』と言うなら考えないでもないが、さいたま市になれとは笑止千万」と門前払いされ「アイツ(川越市)とは付き合えない」と思ったとか思わなかったとか。

関連項目

埼玉戦争


学力低下王国

埼玉高速鉄道

さいたま新都心駅

外部リンク

大宮市亡命市役所

偽与野区役所


この項目「さいたま市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。本当にありがとうございました。彩の国さいたまに訴えられないうちにさっさと ⇒とりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)
 ・話・ ⇒・ ⇒ 彩の国さいたま

さいたま市 :岩槻区 | 浦和区 | 大宮区 | 北区 | 桜区 | 中央区 | 西区 | 緑区 | 南区 | 見沼区
その他市部 :上尾市 | 朝霞市 | 入間市 | 桶川市 | 春日部市 | 加須市 | 川口市(鳩ヶ谷市) | 川越市 | 北本市
行田市 | 久喜市(鷲宮町) | 熊谷市 | 鴻巣市 | 越谷市 | 坂戸市 | 幸手市 | 狭山市 | 志木市 | 白岡市
草加市 | 鶴ヶ島市 | 所沢市 | 戸田市 | 新座市 | 蓮田市 | 羽生市 | 飯能市 | 東松山市 | 日高市
深谷市 | 富士見市 | ふじみ野市 | 本庄市 | 三郷市 | 八潮市 | 吉川市 | 和光市 | 蕨市
入間郡 :越生町 | 三芳町 | 毛呂山町
大里郡 :寄居町
北足立郡 :伊奈町
北葛飾郡 :杉戸町 | 松伏町
児玉郡 :神川町 | 上里町 | 美里町
秩父郡 :小鹿野町 | 長瀞町 | 東秩父村 | 皆野町 | 横瀬町
比企郡 :小川町 | 川島町 | ときがわ町 | 滑川町 | 鳩山町 | 吉見町 | 嵐山町
南埼玉郡 :宮代町
自治区等 :秩父
 ・話・ ⇒・ ⇒ 日本の政令指定都市

第一世代 :大阪市 - 名古屋市 - 京都市 - 横浜市 - 神戸市
第二世代 :北九州市 - 札幌市 - 川崎市 - 福岡市 - 広島市 - 仙台市 - 千葉市 - さいたま市
第三世代 :静岡市 - 堺市 - 新潟市 - 浜松市 - 岡山市大都会) - 相模原市 - 熊本市
 ・ ⇒・ ⇒ 日本都市

北海道 : 札幌市 | 江別市 | 千歳市 | 北広島市 | 小樽市 | 函館市 | 室蘭市 | 苫小牧市 | 登別市 | 夕張市 | 岩見沢市 | 美唄市 | 三笠市 | 滝川市 | 歌志内市 | 富良野市 | 旭川市 | 留萌市 | 稚内市 | 紋別市 | 北見市 | 網走市 | 帯広市 | 釧路市 | 根室市 | 八雲町 | 長万部町 | 枝幸町 | 雄武町 | 斜里町 | 400e 神恵内村
青森県 : 青森市 | 弘前市 | 八戸市 | 黒石市 | 五所川原市 | 三沢市 | むつ市 | おいらせ町 | 新郷村 | 六ヶ所村
岩手県 : 盛岡市 | 釜石市 | 宮古市 | 花巻市 | 奥州市 | 北上市 | 平泉町 | 滝沢村| 気仙沼市
宮城県 : 仙台市 | 石巻市 | 気仙沼市 | 白石市 | 名取市 | 角田市 | 登米市 | 大崎市 | 角田市| 美里町 | 南三陸町
秋田県 : 秋田市 | 能代市 | 横手市 | 北秋田市
山形県 : 山形市 | 米沢市 | 三川町
福島県 : 福島市 | 会津若松市 | 郡山市 | いわき市 | 白河市 | 喜多方市 | 相馬市 | 本宮市 | 棚倉町 | 矢祭町 | 浪江町
茨城県 : 水戸市 | 日立市 | 土浦市 | 古河市 | 石岡市 | 龍ケ崎市 | 取手市 | 牛久市 | 鹿嶋市 | 守谷市 | かすみがうら市 | つくばみらい市 | 東海村
栃木県 : 宇都宮市 | 足利市 | 岩舟町 | 栃木市 | 佐野市 | 鹿沼市 | 日光市 | 下野市 | さくら市 | 小山市 | 真岡市 | 大田原市 | 西那須野市
群馬県 : 前橋市 | 高崎市 | 桐生市 | 伊勢崎市 | 太田市 | 沼田市 | 館林市 | 渋川市 | 富岡市 | 安中市 | 中之条町 | 草津町
埼玉県 : さいたま市 | 川越市 | 熊谷市 | 川口市 | 行田市 | 所沢市 | 飯能市 | 東松山市 | 春日部市 | 狭山市 | 草加市 | 越谷市 | 蕨市 | 入間市 | 和光市 | 新座市 | 朝霞市 | 深谷市 | 坂戸市 | 羽生市 | 久喜市 | 富士見市 | 鶴ヶ島市 | 日高市 | 三郷市 | 幸手市 | ふじみ野市 | 三芳町 | 毛呂山町 | 鳩山町 | 滑川町 | 川島町
千葉県 : 千葉市中央区 | 花見川区 | 稲毛区 | 美浜区) | 銚子市 | 市川市 | 船橋市 | 館山市 | 木更津市 | 松戸市 | 野田市 | 茂原市 | 成田市 | 佐倉市 | 東金市 | 津田沼市 | 柏市 | 市原市 | 八千代市 | 我孫子市 | 浦安市 | 匝瑳市 | 勝浦市 | 流山市 | 香取市 | 四街道市
東京都特別区 : (江戸) | 千代田区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区
東京都 : 八王子市 | 府中市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 小金井市 | 東村山市 | 国立市 | 国分寺市 | 調布市 | 狛江市 | 稲城市 | 多摩市 | 羽村市 | 西東京市 | 小平市 | 小笠原村
b565 神奈川県 : 横浜市中区) | 川崎市幸区 | 多摩区 | 麻生区 ) | 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 相模原市相模湖町) | 町田市 | 三浦市 | 厚木市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 大船市 | 葉山町 | 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町 | 愛川町
新潟県 : 新潟市 | 長岡市 | 上杉市高田市) | 三条市 | 柏崎市 | 新発田市 | 小千谷市 | 加茂市 | 十日町市 | 村上市 | 燕市 | 糸魚川市 | 妙高市 | 胎内市 | 刈羽村 | (佐渡島
富山県 : 富山市 | 高岡市 | 魚津市 | 滑川市 | 黒部市 | 砺波市 | 氷見市 | 小矢部市 | 舟橋村
石川県 : 金沢市 | 七尾市 | 小松市 | 羽咋市 | かほく市 | 白山市 | 能美市 | 野々市市 | 内灘町 | 中能登町 | 津幡町
福井県 : 福井市 | 敦賀市 | 小浜市 | 大野市 | 鯖江市 | 美浜町
山梨県 : 甲府市 | 富士吉田市 | 大月市 | 南アルプス市 | 北杜市
長野県 : 長野市 | 松本市 | 上田市 | 岡谷市 | 飯田市 | 諏訪市 | 小諸市 | 大町市 | 茅野市 | 東御市 | 伊那市 | 軽井沢町 | 松代町 | 飯綱町 | 栄村 | 白馬村
岐阜県 : 岐阜市 | 大垣市 | 高山市 | 関市 | 各務原市 | 瑞穂市 | 飛騨市 | 本巣市 | 下呂市 | 郡上市 | 雛見沢村
静岡県 : 静岡市葵区 | 駿河区 | 清水区 | 清水市) | 浜松市 | 沼津市 | 熱海市 | 三島市 | 富士宮市 | 島田市 | 富士市 | 焼津市 | 掛川市 | 藤枝市 | 裾野市 | 伊豆市 | 長泉町 | 磐田市 | 袋井市 | 御殿場市|伊東市
愛知県 : 名古屋市中川区) | 豊橋市 | 岡崎市 | 138市 | 瀬戸市 | 豊川市 | 刈谷市 | 豊田市 | 犬山市 | 蒲郡市 | 岩倉市 | 清須市春日町) | 北名古屋市 | みよし市


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:60 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE