ぐうたら感謝の日
[Uncyclopedia|▼Menu]

ぐうたら感謝の日(-かんしゃ-ひ、Taking thanks day)とは、6月2日に定められた国民の祝日の1つである。
目次

1 歴史

2 国会成立までの経緯(建て前)

3 ぐうたら感謝の日の施行

4 参考文献

5 関連項目

歴史

1975年
に、「6月に祝日がないのはおかしい」とのび太国が制定した。制定に至るまでの過程はきわめて単純で、赤いシールをカレンダーの6月2日に貼っただけである。

また、この日を勤労感謝の日(11月23日)に対抗して「ぐうたら感謝の日」と定め、この日は国民全員が働いてはいけないとされた。

国会成立までの経緯(建て前)

のび太国国会で、「6月に祝日を作る」という法案が提出され、即時可決(投票数1、賛成1、反対0、棄権0)された。

この日はぐうたらな国民性を反映した祝日がよいと考え、「ぐうたら感謝の日」とすることが決まった。あわよくば「ぐうたらウィーク」を施行する法案も検討することになった。

ちなみに、後に悪法とまで言われることになる「“太”と“犬”の字を取り替える法」もこの日可決されたが、国民の民意を無視した採決だと批判され、解散の遠因となった。

ぐうたら感謝の日の施行

こうして、「ぐうたら感謝の日」の法律が施行された。

ところが、制定した本人がその祝日の存在を忘れており、本末転倒であった。「ぐうたら感謝の日」にふさわしく、全員がだらだらすることになった。

当然、
アンサイクロペディアの執筆および加筆編集も一切禁じられ、その結果として荒らしが横行した。

テレビも午前中は出演者が寝そべって会話をしたりしていたが、午後になってすべてのテレビ局が放送を中止した。

この日は国民全員が働いてはいけないため、店などはすべて休業、さらに公共交通機関も休業であった。また、家事をすることも許されないため、空腹の限界を国民が訴えた。

さらに電力会社なども休業したため、電気、ガス、水道がストップした。

救急センターなども休業したため、急病人の搬送や火災の通報ができなくなった。

結果、この祝日のおかげで国は麻痺し、この祝日は最初の1年限りで終了した。

その後まもなく、のび太は死刑になった。

よって、現在生きているのび太はX代目もしくは影武者である。

参考文献

ドラえもん第14巻『ぐうたらの日』(てんとう虫コミックス)

関連項目

安息日
 ・話・ ⇒・ ⇒ ドラえもん(カテゴリ)

主要キャラ :ドラえもん (最新型) (中国版) | 野比のび太 | 源静香 | ジャイアン (きれいなほう) | 骨川スネ夫
脇キャラ :小池さん | スネ夫のママ | スネ吉 | ジャイ子 | セワシ | ドラミ | ミニドラ | 野比玉子 | 野比のび助 | 友人の少年
3次元キャラ :大山のぶ代 | 藤子・F・不二雄 | 水田わさび
企業・団体 :剛田商店 | ジャイアンズ | スネ夫スタジオ | のび太消毒社 | ノビタレコード | ワンニャン国| のび太鉄道
用語 :129.3 | ぐうたら感謝の日 | 心の友 | ジャイアニズム | ジャイアニズム宣言 | ドラえもんが何とかしてくれると思った | ドラグラム | ドラメートル | のび太菌 | 飛行石 | パチえもん
秘密道具 :空気砲 | 地球破壊爆弾 | どくさいスイッチ | タケコプター | 時限バカ弾| 味のもとのもと
問題 :アルファがベータをカッパらったらイプシロンした。なぜだろう。 | 栗まんじゅう問題 | セワシ君問題 | 無人島家出問題 | リサイタル問題 | のび太の0点答案問題
宣伝媒体 :コロコロコミック | 小学館 | テレビ朝日 | 映画 | ドラベース ドラえもん超野球外伝
 ・話・ ⇒・ ⇒ 国民の祝日

1月2月3月 :元日 - 成人の日 - 建国記念の日 - 春分の日
4月・5月・6月 :昭和の日 - 憲法記念日 - みどりの日 - こどもの日
7月・8月・9月 :海の日 - 山の日 - 敬老の日 - 秋分の日
10月・11月・12月 :体育の日 - 文化の日 - 勤労感謝の日 - 天皇誕生日
その他の休日 :国民の休日 - 振替休日
廃止 :ぐうたら感謝の日

悪いなのび太。この「ぐうたら感謝の日」は3人までしか見れないんだ。 ま、のび太は ⇒ドラえもんに頼むのがお似合いだけどね。 (Portal:スタブ)


更新日時:2016年2月8日(月)21:35
取得日時:2018/08/10 16:08


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE