お花畑
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…日本での利用[編集]日本において最初にこの言葉を訳したのが夏目漱石である。当時上述した用例が全く使われなくなっていた時代にも関わらず、夏目は自身の臨死体験からこの用例に親近感を覚えた。そしてこの語は夏目の手で「お花畑」と訳され、広く人々の耳に入る語となった。第二次世界大戦後は一旦忘れ去られたが、1980年代頃からサブカルチャーの普及とともに再び広がり、公の単語としての地位を復活しつつある。
注意事項

一方でエーデルワイスは、皇帝に心酔する者、ひいてはオーストリアの象徴となった。よってオーストリアではこの「お花畑」を上述のような意味合いで使用することは、一般的に使用されていた時期であっても禁則事項とされ、利用した者は禁錮3ヶ月の刑とされた。現在でもお花畑という語を否定的な意味で用いると軽度の国家反逆罪が適用されるが、罰則はない。
関連項目

脳内お花畑

故事


更新日時:2018年12月16日(日)21:02
取得日時:2020/07/08 11:10


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6156 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef