お花畑
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…否定的な用例の盛衰[編集]しかし、革命が相次ぐご時世になるとお花畑という言葉は徐々に怠惰で退廃的な貴族女性の象徴として扱われるようになった。これが決定的になったのがリアリズムの台頭で、お花畑はヨーロッパ中で気違い妄想癖のあること、そして時代錯誤の象徴となった。しかしそれも長くは続かなかった。国民主義の気運が高まると、上述する故事と同時に、ばら戦争による国内分裂を想起させるこのお花畑の用法は、一部のアナーキストやニヒリストを除いて忌避されることとなった。かくしてこの否定的な語法はヨーロッパでは近代初期から帝国主義の到来直前にかけての一時にしか使われない語法となった。
日本での利用

日本において最初にこの言葉を訳したのが夏目漱石である。当時上述した用例が全く使われなくなっていた時代にも関わらず、夏目は自身の臨死体験からこの用例に親近感を覚えた。そしてこの語は夏目の手で「お花畑」と訳され、広く人々の耳に入る語となった。第二次世界大戦後は一旦忘れ去られたが、1980年代頃からサブカルチャーの普及とともに再び広がり、公の単語としての地位を復活しつつある。
注意事項

一方でエーデルワイスは、皇帝に心酔する者、ひいてはオーストリアの象徴となった。よってオーストリアではこの「お花畑」を上述のような意味合いで使用することは、一般的に使用されていた時期であっても禁則事項とされ、利用した者は禁錮3ヶ月の刑とされた。現在でもお花畑という語を否定的な意味で用いると軽度の国家反逆罪が適用されるが、罰則はない。
関連項目

脳内お花畑

故事


更新日時:2018年12月16日(日)21:02
取得日時:2020/07/08 11:10


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6156 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef