いわき市
[Uncyclopedia|▼Menu]

クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いわき市」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒いわき市」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒いわき市」の項目を執筆しています。

いわき市(いわきし)とは、福島県浜通りにある、面積がムダに巨大な点を特徴とする市である。

市のイメージキャラクターはノブ姉こと井脇ノブ子。キャッチフレーズは「やる気、元気、いわき!」。
目次

1 概要

2 産業

3 歴史

4 地区

4.1 真のいわき市

4.1.1 平

4.1.2 四倉


4.2 小名浜市

4.2.1 小名浜

4.2.2 勿来

4.2.3 湯本



5 関連項目

5.1 関連都市

5.2 その他のムダに広い市町村


概要

面積は1200km2で、香川県の2/3もある。市の大きさとしては日本一・・・だったが、2003年には清水市との合併なんぞで姑息に面積を拡大した静岡市によって抜かされてしまった。

広いくせに政令指定都市とは違って行政区が設けられていないので、とにかく場所が非常に判り難い。そしてとにかく何事にも中途半端。広すぎる為に、後述の通り一枚岩の都市とも言い難い。

市庁舎所在地が岩城家の本拠地だった飯野平(1966年以前の平市)なので、本来なら漢字で「岩城市」と表記されるはずの所を、ムダに巨大化させて勿来まで市域に入れたために、市町村長の政治的妥協でひらがなの「いわき市」にさせられてしまった。お陰で、漢字とひらがなでは、イメージや指す場所が全く違っている。大名由来の都市名には、浜通り内でも相馬市が在るけどね。

現在のいわき市の区域は、1872年1月9日から1876年8月21日までは磐前県(いわさきけん)、1871年8月29日(廃藩置県当初)から1872年1月9日までは平県という別の県であり、1966年以前の平市が磐前県ならびに平県の県庁所在地であった。従って、福島県の中通り(福島市郡山白河など)や会津地方(会津若松、田島など)よりも、浜通り同士(広野、相馬など)や茨城県北東部(助川水戸など)や宮城県南東部(亘理、仙台など)の方が繋がりが深い。浜通り(旧磐前県)は福島県の中で仲間外れになっていた地域だが、いわき市はこの傾向が特に強い。

これは、岩城から福島市や郡山や会津に行くへは75km以上も要する上に、山岳地帯(阿武隈山地)を越えなければ行けないが、水戸や相馬や仙台へは海沿いの平野を通れば楽に行ける為である。中でも、常磐線や常磐自動車道は水戸から先に複線化された為、茨城県北部への交通の便はすこぶる良い。

福島県のテレビラジオは中通り(福島市か郡山)に立地する為、福島市中心か郡山中心の報道をしており、いわき市のみならず浜通りの情報を殆ど扱ってくれない。その為、いわき市民は、中通りのテレビやラジオよりも、浜通り内、或いは茨城県や宮城県のテレビやラジオに頼っている。

青年は以前に比べれば少なくなったとはいえ、夜になれば大抵ラジオを聞く。しかし、郡山にある福島放送が制作する番組に背を向けて、水戸にある茨城放送の番組か、仙台にあるTBCラジオの番組(例:『イキナリ!』など)を聞くか、縦え福島放送を聞いても全国ネット(東京の放送局が発信している)番組、或いは東京にある文化放送のアニラジ番組を聞いているという。

又、岩城は岩城辯の地域だが、アクセント破壊地帯としても名高い。関東東北の境界線の近く(沿岸:助川?熊川。内陸:矢板?本宮)は、アクセントが壊滅的なまで酷いと言っても過言ではない。「雨」と「飴」、「雲」と「蜘蛛」、「虹」と「二時」のアクセントが全て同じである。と言うか、「アクセントって何?」と言う位グダグダ。岩城に住んでいる内は周りもそうなので自分のアクセントのおかしさに気付かないが、大学進学などによって他県で暮らす機会があるともういい笑い者である。

あと東北のくせに、冬になっても雪が降らない。降ると言っても、山で降っている雪が風で飛んできただけ。東京で積雪が観測された日も、岩城は快晴だったりする。しかし、冬の晴れた朝は、放射冷却現象が発生して結構、否、かなり寒い。

このように、いわき市は、もはや福島県とは言えない地域だと言える。
産業

いわき市は広く、から平野から海まであるため、サービス業、工業、農業、漁業、林業、観光業、分類不能の危険な某職業まで幅広く行われている。

いわき市でスーパーと言えば「マルト」。
歴史

岩城家の本拠地だったから大名由来の「いわき市」となったが、岩城家は平泉藤原家の娘である徳姫(とくひめ)を娶って以来、佐竹家・相馬家・伊達家と睨み合いや政略結婚を繰り広げながら成長した戦国大名であった。この為、フクシマ核施設が建設されるずっと前から「岩城は佐竹の属国」「相馬伊達の属国」と呼ばれている通り、茨城県北部との繋がりが最も密接である。戦国時代の岩城家の本拠地が、現在のいわき駅や飯野八幡宮の付近であり、「飯野平」と呼ばれていた(→後述)。

関ヶ原の結果として岩城家が追放されると、岩城の「いわ」の字が変更され、戊辰戦争終結まで徳川将軍家のお友達(内藤家、安藤家など)が統治する城下町・磐城平となった。これは、徳川将軍家の血族が統治する水戸と一緒に、岩出山から仙台に遷った伊達家と、伊達家のお陰で中村に復帰できた相馬家を牽制する為であった。つまり、「岩城」は岩城家だが、「磐城」は徳川将軍家のお友達である。特に有名な藩主家門が安藤家で、茶道の家元としても知られている。

しかし、その磐城平城も、戊辰戦争では明治政府軍に砲撃されて、水戸藩は過激派(浪士や天狗党など)に引っ掻き回されてグダグダになり、皮肉にも仙台伊達家と中村相馬家に看取られながら焼け落ちた。そして、水戸や中村や仙台には「明治政府民政局」(GHQみたいな占領地政府)が設置されなかったのに、磐城平には会津と同じく「明治政府民政局」が設置された。そして、1876年8月21日には、磐城平と中村は、会津と同じ県に入れられてしまった。このため、福島県の成立は、明治政府が会津と磐城平と中村に嫌がらせする為だというのが定説である。

又、水戸藩出身の末代将軍・徳川慶喜によって、徳川家の聖地である「駿府」が「静岡」に改名されたが;これと同様に、安藤信正のお膝元である「磐城平」も、略称の一つ「平」に改名された。これらの改名の背後は、仇敵である明治政府から降った「平静になれ」という言霊が有力である。

やがて、1966年には岩城家や藩主安藤家の城下町であった「平市」を中心に大規模に近隣市町村が合併されて、漢字の「岩城市」への改名が決定したが、港町の小名浜や菊多などがダダをこねて、ひらがなの「いわき市」になってしまった。面積1200km2と、まだ自家用車も普及していないその時代にしては相当な広さを持つ市になった。

又、助川から夜ノ森までの沿岸一帯は、20世紀前半(高度経済成長以前)には炭鉱地帯としてお馴染みであった。しかし、20世紀後半(高度経済成長以後)になると、日本にも浸透しつつあったエネルギー革命(エネルギーの中心が石炭から石油に転換)の波によって炭鉱は廃止され、常磐湯本などの炭鉱労働者たちは移住を余儀なくされた。この元炭鉱住民の中には、南の助川に密集する電機企業・日立(含関連企業)に再就職した者もかなりいた。これについては、水島新司の野球漫画ドカベンで、いわき東高校の炭鉱ナインが、夏の甲子園の決勝で主人公率いる明訓高校と対戦する回で、描写されている(※本当)。ただし、「葉っぱの付いた枝をくわえてる」がトレードマークの岩城正美は、いわき東高校の炭鉱ナインではない。
地区

いわき市は広いのでムダにたくさん地区があり、成人式は13地区に分かれて行われている。実質的には、岩城家の本拠地から発展した城下町地区である北半分「真のいわき市」(別名「平市」)と、マリンタワーでおなじみ港町工業地区である南半分「小名浜市」に分かれており、「真のいわき市」が「小名浜市の観光植民地」と化してるのが実態である。

ここでは数ある地区の中から主要と思われるものだけを紹介する。
真のいわき市
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平 (いわき市)」の項目を執筆しています。

「たいら」と読む。平安時代から戦国時代まで長らく岩城家の本拠地(ただし、足利時代には、四倉を本拠地にした時期もあった)で、また飯野八幡宮の所在地で、飯野平(いいのだいら)と呼ばれていた。しかし、1600年の関ヶ原の結果として岩城家が亀田(由利本荘市北部)に追放され、代わって徳川家康のお友達である鳥居忠政が入ると、「いわ」の字が変更されて磐城平(いわきたいら)と呼ばれ、1868年の戊辰戦争で陥落するまで、徳川将軍家のお友達の城下町となった。「平」の由来は、平安時代の大名・岩城則道の奥さんである徳姫(とくひめ)が平泉藤原家の出身で、平泉に肖って中心部を「平」、郊外を「白水」と称したという説が有力である。なお、戊辰戦争で磐城平城が陥落した時にも、磐城平が略称の一つである「平」に正式に改名された(→前述)。

常磐線の「いわき駅」は、当初は「平駅」を称していた。このため、平駅へ行く列車は「平行 (へいこう)」と読まれて、「交わらない事」と混同される事が多かった為に、「いわき駅」に改名された。

2007年、いわき駅前に『Latov』という図書館とかショッピングモールとかが入った建物が出来た。

駅前にあり、本屋とかレストランが入っているからか高校生等で賑わい、地味だった駅前は賑わいを取り戻したが、改札口からすぐ入れる便利な旧駅ビル『ヤンヤン』は重機の餌となり、今では残骸が残るのみである。

しかし、本屋の『ヤマニ書房』はすぐ近くに本店があるため無駄だと思う人も少なくない。又、いわき市の若者はLatovの裏にあるアニメイトに行くので、そもそもヤマ? 7fa8 ??は無駄。

尚、日本最強の宝くじ売り場として知られた大黒屋は、2001年に倒産して消滅した。宝くじ売り場だけは、T1ビルというところの薄暗い場所に移動している。

郊外には、徳姫が建てた白水阿弥陀堂があり、紅葉の名所として有名である。偕楽園の岩城版といった所である。
四倉

いわきの最北端の港町。(え、久ノ浜って楢葉郡だろ?)台風が気象台のある小名浜付近に上陸する前後、台風情報(夜中)では、小名浜や松川浦ではなく、なぜかショボイ四倉港での中継が多い。岩城家の本拠地の一つだった長友館は、四倉駅から山側へ進んだ所にある。お猿さん生息地のひとつ。
小名浜市
小名浜ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小名浜」の項目を執筆しています。

「オナ浜」と表記してはいけない。いわき市の南にあり、いわき小名浜みなとオアシスを初め海の町として名高い。なぜか『東北の湘南』と呼ばれているが、実際呼んでいるのは根っからの小名浜っ子だけ。他県の者にそれを言うと失笑されるので注意。

なおオナ浜…もとい小名浜第二中学校の応援の際に発せられる掛け声は全国的にも非常に有名であり、行列のできる法律相談所を始めとしてバラエティー番組での下ネタでは幾度と無く取り上げられるネタである。小名浜第二中学校の生徒もこのことを嫌がってはない(むしろ喜んでいるらしい)

気象台所在地であり、天気予報では、浜通りの代表として小名浜が出される。

いわき市の中でお猿さんの生息率が高い町のひとつでもある。
勿来

「勿来」の字義は「来るな」という意味(真)。東北人の南下を防ぐ為に、畿内の貴族たちが付けたネーミングである。まあ、現在でも関東人たちから「来るな、田舎モン」と思われているだろう。実際に、2011年3月11日巨大地震フクシマ炸裂では、青ざめた永田町政治家や霞ヶ関官僚から「来るな、放射能」と思われ、勿来以北の被災地地図が載せられた一方、勿来以南の被災地地図が載せられなかった。

尚、フクシマ炸裂後は「勿来」の関が広野に建てられており、こちらフクシマ炸裂前の勿来は、当初の地名である『菊多 (きくた)』に変更される予定である。
湯本

常磐湯本温泉で年寄りの温泉旅行者にはお馴染の温泉地帯。炭田時代には常磐興産の企業城下町であった。地元の子供会では、夏に常磐ハワイアンセンター(現在名:スパリゾート・ハワイアンズ)へ行くのが習慣となっている。おみやげの定番は香料がきついパイナップル饅頭。

またこの地にある「石炭・化石館」へ小学校の遠足で行くのも習慣。そして「セキタンカセキカン」と言えない(言い誤える)同級生をバカにするバカがクラスに一人はいるのも定番。
関連項目

岩城常隆
- 戦国時代の浜通り夜ノ森以南に点在した「IWK48」のプロデューサー。

岩城貞隆 - 関ヶ原当時の岩城家の当主。

久保姫 - 岩城重隆の娘。政争の具となり、政略結婚で岩城家から伊達家に嫁いだ。

安藤信正 - 磐城平藩主から徳川幕府に入閣し、戊辰戦争では奥羽越列藩同盟(反明治政府の同盟)の急先鋒になった。

大黒屋

常磐炭田

関連都市
茨城県


日立市 - 常磐炭田の南限。2011年に「コクラ」になった。

東海村 - 核銀座で、1999年に「ヒロシマ」に、2011年に「コクラ」になった。

水戸市 - 関ヶ原以前の佐竹家の本拠地。今やいわき市の「宗主」。

石岡市 - 岩城家の発祥地で、旧称は「常陸府中」。

浜通り


大熊町 - 常磐炭田の北限。2011年に「ナガサキ」になった。

相馬市 - 相馬家の本拠地だった所で、城下町名は「中村」。常磐線沿線では、いわき市や水戸市や仙台市と列ぶ大名城下町。

宮城県


仙台市 - 伊達家の本拠地だった所。岩城家は伊達家とも政略結婚を行ったが、天正時代には伊達家と敵対した。しかし、戊辰戦争では安藤家は伊達家と同盟した。

その他の地域


平泉町(姻族都市)

延岡市(兄弟都市)

由利本荘市(親子都市) - 岩城家が追放され移住した地で、北部の「亀田」が岩城家の本拠地。1955年から2005年まで50年間、堂々と「岩城町」を名乗っていた。

岐阜市(親子都市) - 安藤信正の先祖の居住地。徳川王朝が立てられると、織田家の影響を消す為に、「岐阜」から「加納」に改名された。

舞鶴市:引き揚げ桟橋の所在地区名が「平」。「平桟橋」「平工業団地」の所在地。



その他のムダに広い市町村

高山市 - 現在、日本で最も広い市は高山市である。市なのに香川県大阪府よりも広く、東京都の面積とほぼ同じ。

浜松市 - 政令指定都市なのに過疎指定地域もある。山の奥まで広げすぎである。

日光市北見市静岡市
 ・話・ ⇒・ ⇒ 福島県

五大都市 :福島市 | 郡山市 | 白河市 | 会津若松市 | いわき市
伊達 :伊達市 | 桑折町 | 国見町 | 川俣町
安達 :二本松市 | 本宮市 | 大玉村
田村 :田村市 | 三春町 | 小野町
岩瀬 :須賀川市 | 鏡石町 | 天栄村
西白河 :西郷村 | 泉崎村 | 中島村 | 矢吹町
石川 :石川町 | 玉川村 | 平田村 | 浅川町 | 古殿町
東白川 :棚倉町 | 矢祭町 | 塙町 | 鮫川村
北会津 :喜多方市 | 北塩原村 | 西会津町 | 磐梯町 | 猪苗代町
中会津 :会津坂下町 | 湯川村 | 柳津町 | 三島町 | 金山町 | 昭和村 | 会津美里町
南会津 :田島町 | 下郷町 | 檜枝岐村 | 只見町
相馬 :相馬市 | 南相馬市 | 新地町 | 飯舘村 | 浪江町DASH村) | 双葉町 | 大熊町(フクシマ) | 葛尾村
岩城 :富岡町 | 楢葉町 | 広野町 | 川内村
 ・ ⇒・ ⇒ 日本都市

北海道 : 札幌市 | 江別市 | 千歳市 | 北広島市 | 小樽市 | 函館市 | 室蘭市 | 苫小牧市 | 登別市 | 夕張市 | 岩見沢市 | 美唄市 | 三笠市 | 滝川市 | 歌志内市 | 富良野市 | 旭川市 | 留萌市 | 稚内市 | 紋別市 | 北見市 | 網走市 | 帯広市 | 釧路市 | 根室市 | 八雲町 | 長万部町 | 枝幸町 | 雄武町 | 斜里町 | 神恵内村
青森県 : 青森市 | 弘前市 | 八戸市 | 黒石市 | 五所川原市 | 三沢市 | むつ市 | おいらせ町 | 新郷村 | 六ヶ所村
岩手県 : 盛岡市 | 釜石市 | 宮古市 | 花巻市 | 奥州市 | 北上市 | 平泉町 | 滝沢村| 気仙沼市
宮城県 : 仙台市 | 石巻市 | 気仙沼市 | 白石市 | 名取市 | 角田市 | 登米市 | 大崎市 | 角田市| 美里町 | 4034 南三陸町
秋田県 : 秋田市 | 能代市 | 横手市 | 北秋田市
山形県 : 山形市 | 米沢市 | 三川町
福島県 : 福島市 | 会津若松市 | 郡山市 | いわき市 | 白河市 | 喜多方市 | 相馬市 | 本宮市 | 棚倉町 | 矢祭町 | 浪江町
茨城県 : 水戸市 | 日立市 | 土浦市 | 古河市 | 石岡市 | 龍ケ崎市 | 取手市 | 牛久市 | 鹿嶋市 | 守谷市 | かすみがうら市 | つくばみらい市 | 東海村
栃木県 : 宇都宮市 | 足利市 | 岩舟町 | 栃木市 | 佐野市 | 鹿沼市 | 日光市 | 下野市 | さくら市 | 小山市 | 真岡市 | 大田原市 | 西那須野市
群馬県 : 前橋市 | 高崎市 | 桐生市 | 伊勢崎市 | 太田市 | 沼田市 | 館林市 | 渋川市 | 富岡市 | 安中市 | 中之条町 | 草津町
埼玉県 : さいたま市 | 川越市 | 熊谷市 | 川口市 | 行田市 | 所沢市 | 飯能市 | 東松山市 | 春日部市 | 狭山市 | 草加市 | 越谷市 | 蕨市 | 入間市 | 和光市 | 新座市 | 朝霞市 | 深谷市 | 坂戸市 | 羽生市 | 久喜市 | 富士見市 | 鶴ヶ島市 | 日高市 | 三郷市 | 幸手市 | ふじみ野市 | 三芳町 | 毛呂山町 | 鳩山町 | 滑川町 | 川島町
千葉県 : 千葉市中央区 | 花見川区 | 稲毛区 | 美浜区) | 銚子市 | 市川市 | 船橋市 | 館山市 | 木更津市 | 松戸市 | 野田市 | 茂原市 | 成田市 | 佐倉市 | 東金市 | 津田沼市 | 柏市 | 市原市 | 八千代市 | 我孫子市 | 浦安市 | 匝瑳市 | 勝浦市 | 流山市 | 香取市 | 四街道市
東京都特別区 : (江戸) | 千代田区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区
東京都 : 八王子市 | 府中市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 小金井市 | 東村山市 | 国立市 | 国分寺市 | 調布市 | 狛江市 | 稲城市 | 多摩市 | 羽村市 | 西東京市 | 小平市 | 小笠原村
神奈川県 : 横浜市中区) | 川崎市幸区 | 多摩区 | 麻生区 ) | 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 相模原市相模湖町) | 町田市 | 三浦市 | 厚木市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 大船市 | 葉山町 | 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町 | 愛川町
新潟県 : 新潟市 | 長岡市 | 上杉市高田市) | 三条市 | 柏崎市 | 7fe2 新発田市 | 小千谷市 | 加茂市 | 十日町市 | 村上市 | 燕市 | 糸魚川市 | 妙高市 | 胎内市 | 刈羽村 | (佐渡島
富山県 : 富山市 | 高岡市 | 魚津市 | 滑川市 | 黒部市 | 砺波市 | 氷見市 | 小矢部市 | 舟橋村
石川県 : 金沢市 | 七尾市 | 小松市 | 羽咋市 | かほく市 | 白山市 | 能美市 | 野々市市 | 内灘町 | 中能登町 | 津幡町
福井県 : 福井市 | 敦賀市 | 小浜市 | 大野市 | 鯖江市 | 美浜町
山梨県 : 甲府市 | 富士吉田市 | 大月市 | 南アルプス市 | 北杜市
長野県 : 長野市 | 松本市 | 上田市 | 岡谷市 | 飯田市 | 諏訪市 | 小諸市 | 大町市 | 茅野市 | 東御市 | 伊那市 | 軽井沢町 | 松代町 | 飯綱町 | 栄村 | 白馬村
岐阜県 : 岐阜市 | 大垣市 | 高山市 | 関市 | 各務原市 | 瑞穂市 | 飛騨市 | 本巣市 | 下呂市 | 郡上市 | 雛見沢村
静岡県 : 静岡市葵区 | 駿河区 | 清水区 | 清水市) | 浜松市 | 沼津市 | 熱海市 | 三島市 | 富士宮市 | 島田市 | 富士市 | 焼津市 | 掛川市 | 藤枝市 | 裾野市 | 伊豆市 | 長泉町 | 磐田市 | 袋井市 | 御殿場市|伊東市
愛知県 : 名古屋市中川区) | 豊橋市 | 岡崎市 | 138市 | 瀬戸市 | 豊川市 | 刈谷市 | 豊田市 | 犬山市 | 蒲郡市 | 岩倉市 | 清須市春日町) | 北名古屋市 | みよし市


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:60 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE