あそこ
[Uncyclopedia|▼Menu]


あそことは、少し遠いところを表す言葉である。
裏の意味

あれと同じような意味。

カタカナで「アソコ」と書くと、とてもあれな印象を受ける。

所有格をつけて「彼のアソコ」と書くと、もうあれのこととしか考えられない。男が使う言葉ではない。

「が」のあとに動詞を続ける、たとえば「アソコが感じる」というと、社会的地位が間違いなく下がるので注意が必要である。

英語の"there"にはそんな意味はない。英語でHis there is very big.などと言っても、意味がわからない。
言語学的解釈

あそことは、上記のように少し遠い場所を指す語である。「彼のアソコ」と言う場合、それは第三人称であるために違和感がないが、「私のアソコ」とした場合、それは極めて近い場所を指すために言語学的な意味の不一致が生じる。また「あなたのアソコ」とした場合でも、多くの場合は第二人称たるあなたと私は接近していることがほとんどであり、これも正しくないように思われる。

言語学者の銀田二冬彦は専門雑誌『言語』に「アソコの用法?距離との不一致性の解釈?」という論文で上記の指摘を行っているが、これに対して早くから2つの反論があった。すわなち、アソコは男の場合あれであり女の場合はあれであるが、思考の主体である男女の頭部から距離があっても接触していたいという強い愛情表現から変化したという説である。もう1つは、あれは思考とは離れたところで勝手に活動することから、そこに距離間を感じているとする説である。

近年ではアソコを無視することが流行しているため、もはやあれとは距離を置くという意味でアソコと称する場合も多いようである。一方で、 3d85 アソコを使う人たちは、あまりアソコとは言わないという説もある。

なお、銀田二は第二人称では「ソコ」と言うのが適切だと指摘している。現在でも、自分と第二人称たる相手が接触している場合には、「ソコ」という表現もよく使われるようである。実際、アソコという語も「あ?、ソコソコ」から来ているのではないかという指摘もある。
関連項目

柏原芳恵

あれ


更新日時:2017年3月18日(土)23:53
取得日時:2019/12/07 09:41


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2966 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef