[表示 : 全て 最新50 1-99 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- bbspinkのread.cgiへ]
Update time : 04/07 21:36 / Filesize : 430 KB / Number-of Response : 712
[このスレッドの書き込みを削除する]
[+板 最近立ったスレ&熱いスレ一覧 : +板 最近立ったスレ/記者別一覧] [類似スレッド一覧]


↑キャッシュ検索、類似スレ動作を修正しました、ご迷惑をお掛けしました

【マジイキ】イカされすぎ3



1 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/05(月) 09:02:39 ID:P86hSXuE]
とにかくイカされまくってもう限界なのに
執拗に責め続けられて、痙攣ビクビク、泡ブクブク

そういう小説を書くスレ

基本的には女の子が責められるスレです。
男の子が責められる作品を投下する際は注意書きをお願いします。
陵辱・リョナ・肉体改造・寝取られなど、人を選ぶ作品の場合もできるだけ
注意書きをお願いします。

前スレ:
イカされすぎて・・・2
yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1202884787/

過去ログ保管庫
green.ribbon.to/~majiiki/m/

関連スレ

イキたいのに・・・
yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1110946747/

■ものすごい絶倫キャラが女を次々壊すエロパロ■2
yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1209525712/


2 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/05(月) 11:43:33 ID:SW0iNxLQ]
>>1

いつのまにか落ちてたと思ったら前スレ 480K超えてたんだな

3 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/05(月) 17:03:04 ID:X7DNEdjy]
>>1
乙彼

4 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/05(月) 17:35:35 ID:sm+GWVmO]
>>1


5 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/07(水) 07:29:39 ID:/BCijnIO]
ちょっと遅れたけど>>1



6 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/09(金) 00:43:30 ID:UYCCvqpA]
>>1

7 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/12(月) 15:48:30 ID:y2X1pEwR]
即死しそうだな

8 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/13(火) 01:19:14 ID:JeMXhw5X]
いくらなんでもこのペースで逝ったら大変なことになりそうだな。
さすがマジイキスレ

9 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/13(火) 02:36:23 ID:Dd8kRT7Y]
女性がイカされまくる手段に制限とかないよね?

10 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/13(火) 09:40:41 ID:zQ9fiX0p]
ないと思うよ
でも陵辱・リョナ・肉体改造・寝取られなどは注意してね



11 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/14(水) 23:46:57 ID:fHZACUsu]
保管庫死んでるね・・・

12 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/15(木) 16:44:26 ID:SgIKNYIQ]
保管庫管理人です。
>>11
スレ落ち気が付きませんでしたスミマセン


13 名前:名無しさん@ピンキー [2009/10/18(日) 19:34:51 ID:O3cYmb3h]
保守

14 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/20(火) 00:24:15 ID:7EO+AdXs]
陵辱系で、一人の男にイカされ続けるんじゃなくて、
複数の男に代わる代わる犯されて連続でイカされる、ってのも、
ここに含めていいのだろうか?

15 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/20(火) 00:38:21 ID:BJrJvmhG]
いいですとも!

16 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/20(火) 18:28:47 ID:2qU25h+K]
>>14
輪姦期待

17 名前:名無しさん@ピンキー [2009/10/22(木) 02:50:11 ID:f13MdTvI]
保守

18 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/23(金) 04:24:12 ID:86hmxEmW]
イカサレノートの人は合流できないのかな?


19 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/24(土) 17:02:23 ID:7sQ/z0p3]
えーっと、合流って、ノートの人どこか他の場所で続けてるの?

20 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/25(日) 23:44:17 ID:Bvjn3QfX]
ある平和な村に突如異変が起き、
老若男女問わず逝きっぱなしになってしまう。
なぜか一人だけ無事だった見習い魔法使い♀が
その原因を突き止めるべく調査を開始した。
辺り一面村中にたちこめる淫気と、もはや獣の
咆孔に近い矯声の中、やがて彼女は村全体を囲む魔法陣に気付く。

「こ…これがみんなの精気を集めて!?」
彼女の背後から声がする

『残念だったねえ』
先程まで空虚でしかなかった
その場所に、仮面の男が立っていた。



という夢を見た。

携帯からなので、改行・誤字など
御見苦しい点は御容赦お願い致します。



21 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/27(火) 17:53:37 ID:60cJHWxX]
>>20
魔女っ娘がイかされまくるの待ってる。

22 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/10/31(土) 01:21:28 ID:wAyfpmP0]
>>20
某うさん臭い人を連想したw
続きまってる。

23 名前:名無しさん@ピンキー [2009/11/03(火) 15:58:20 ID:097+2ftV]
もうちょい

24 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/05(木) 21:54:04 ID:9jmaHbwM]
ほしし

25 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/06(金) 01:06:55 ID:dC6XvonC]
マリーさんの妹がダンジョン行ってナタリアにイカされてしまうSSを書きたい

書いて良いですか

26 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/06(金) 09:13:44 ID:3DxpbO3V]
ダメ

27 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/06(金) 19:35:46 ID:qlpZ8j7u]
いいんじゃないの。
マリーさんの作者も1回やったことあるみたいだし。

28 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/07(土) 02:32:46 ID:mVxhCqh3]
書くのは本人の許しが出てからが無難。
聞いてみれば? マリーさん、たしか、なろうでハーレムスレの作品書いてるから。

29 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/09(月) 19:43:33 ID:6SQqqrLT]
>>28
くわしく

30 名前:名無しさん@ピンキー [2009/11/09(月) 21:45:26 ID:tcxyQmRk]
>>29
ノクターンノベルズの「他人が苦手な少年の日々」が作者名違うけどマリーさんの作品



31 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/10(火) 00:26:06 ID:TDt0aTS+]
>>30
ありがとう!
今から読んでくる

32 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/10(火) 08:15:36 ID:uNqJP3du]
なんだ本人の宣伝か

33 名前:名無しさん@ピンキー [2009/11/17(火) 21:55:37 ID:J3eDbCVo]
age

34 名前:名無しさん@ピンキー [2009/11/29(日) 01:36:57 ID:xYhU+j7A]
あげ

35 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/29(日) 03:50:18 ID:4cKYua24]
このスレ好きだった

36 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/29(日) 12:34:11 ID:a1WUWkUi]
過去形かよw


37 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/11/29(日) 22:58:19 ID:L2XZ4X5T]


38 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/12/07(月) 13:46:24 ID:n9aIY99u]
保守

39 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/12/13(日) 09:37:13 ID:RxuDMI92]


40 名前:ゆっくりと上るもの mailto:sage [2009/12/13(日) 14:53:56 ID:Cq3jwFvL]
ずっと腰を振っていると、なんだかぼんやりとしてくる。
熱もないのにあちこちが火照ってきて、じんじんしてくる。
チカッ、と目の前を通りすぎる光がある。
ヘッドライトオン、オフ、オン、オフ。
光が目の中に吸い込まれていくたびに、わたしの中をゆっくりと、
裸の赤いくるぶしからはだけた胸のあたりに上ってくるものがある。
それがとても気持ちよくって、良くって、ずっと味わっていたいと思う。
そう思っているうちに、わたしの電源はすっぱりと落ちた。


*****


お粗末様でした。



41 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2009/12/14(月) 09:20:38 ID:nL3JurAq]
粗末だね

42 名前:名無しさん@ピンキー [2009/12/20(日) 17:36:42 ID:HCkO/4vR]
age

43 名前:名無しさん@ピンキー [2010/01/07(木) 09:26:39 ID:XpU2VBQZ]
アゲ

44 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/08(金) 10:38:22 ID:hhVKZ7Vj]
おお……
スレ無くなってたと思ったら、在ったんだね?

45 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/09(土) 01:05:39 ID:kQVJFYxM]
次から投下

46 名前:『イカサレノート』後編3 ◆uC4PiS7dQ6 mailto:sage [2010/01/09(土) 01:07:58 ID:kQVJFYxM]
1
 ドクンドクン、ドクン……
 長い長い、今までで一番長い射精が終わる。ボクの精液とサキちゃんの膣液が混ざったトロトロシチューは、子宮口に飲み干されて卵管の中までいっぱいいっぱい。
 他のみんなは学校で勉強してるのに、ボク達は学校でエッチしてる。バレたら退学させられるかも知れないのに、汁を飛び散らせる中出しセックス。
 小さな窓から吹き込む僅かな風に、換気が間に合わず充満する柚子(ゆず)の香り。サキちゃんの匂いでチンコはガチガチにテンプテーションされてる。
 学校の中、体育館の中、用具倉庫の中、体操マットの上で、ボクは童貞を卒業した。ずっと嫌いで、ずっと好きだった幼馴染みと。
 そんなだから、ボクが童貞だったんだから、サキちゃんも処女だっ!! なぁんて思ってた……んだけどね。

 イクのは仕方ないよ。ノートも有るけど、エッチすると気持ち良くなるように身体ができてるんだから。
 ボクだって、知らない人に突然ズボンを下げられてクチでじゅぽじゅぽされたら、時間は掛かるけどイッちゃうだろうしね。
 だからサキちゃんも、ボク以外のチンコでイッてても不思議じゃない……けどっ、けどさぁっ!!
 膣内射精が終わった後に聞こえた心の声。


(処女じゃないって、バレてねーよな? 童貞だからわからねーとか? ゆーとって、そう言うの気にしないタイプだったらいいなぁっ)


 気にするよっ!! 前からボクの事スキすきって、ボク一途だよ♪ みたいに期待させといて……誰に膜を破らせてあげたのっ!?
 きっと、

 イケメン『良いのかよ遊びで膜ヤブらせて、彼氏が居るんだろ?』
 サキちゃ『ああっ? ゆーとならキープ君だよキープ君♪ オメェが駄目だった時のなっ』

 みたいな会話があったに違いないんだ!!
 チクショウ、ちくしょう、ボクの子供産みたいって言ったばかりじゃないか!? ふざけるなっ……畜生ぉぉぉぉぉっ!!!





    『イカサレノート』後編3





「それじゃあ教えてサキちゃん? サキちゃんの初めて……ふっ! 誰に、あげたの?」

 ぎゅちゅっ、きゅきゅぅっ……

 乾いた肉の擦れる音。内臓からチンコを引き抜く音。サキちゃんが懸命に締め付けて誤魔化そうとする音。
 一瞬だけ驚いた顔して、どうしてわかったの? って顔して、それでもボクの背中に足を回し、チンコが離れるのを許さない。許さないのはボクの方だよ!!

「ふんん、あっ!? な、なに言ってんだ……イタタタタタっ、初めてのセックスってのは、やっぱ痛いもんだな? はははっ」
(うそっ、やっぱ処女膜は無いとわかるもんなのか? んっ、そうだ! みんながみんな血が出る訳じゃねーんだよな)

 やっぱり。ボクは正真正銘の初めてだったのに、サキちゃんのせいで彼女も、友達すらできなかったのに。
 サキちゃんは、他のいきずりの男と、セックスしてた。いつ、どこで、だれとっ!?
 なーにがイタタ、だよ! 細かく痙攣してるのチンコに伝わるんだよ? 頬を真っ赤にしたままイキ続けてるじゃないか!?
「そっか、血も出てないけど、サキちゃんていーっぱいケンカするから、自然に破れちゃってたんだね?」
 サキちゃんが発するであろう言い訳を先にフォロー。すると表情もパァァッと明るくなる。
「そ、そーなんだよ! だから別に気持ち良くねーぜ? イテーだけだ」
 カチリ、とスイッチ。その言葉で、ボクの心に火が着いた。男は誰でもSな部分が存在するって偉い学者が言ってたけど、たった今、Sな部分が挑発されてコンニチハ。
 絶対サキちゃんに、『これ以上イカせないでっ!!』って言わせてみせるよっ。


47 名前:『イカサレノート』後編3 ◆uC4PiS7dQ6 mailto:sage [2010/01/09(土) 01:09:14 ID:kQVJFYxM]
2
 イッてないんだって、あははははははははっ♪♪ おしっこの穴がプックリ膨れて盛り上がってるのにオカシイねっ♪♪
「そっかそっかー、痛いだけかー、ウソついてないのかー」
 バっカじゃないのっ!!? ボクのチンコ容れのクセして、誰のチンコに開封作業されてんだよっ!!
 ミルクでべっちょり汚れた手はサキちゃんの太股に戻し、きちんと抱え直してアクメ神からのアドバイスを思い出す。
 今のボクのチンコは特別で、膣内の上側をえぐる様に突けば、直接スキーン線を刺激できる。どんな女性もジョボジョボ垂れ流しながらイキまくるんだ。
 クレオパトラも、モナリザも、ジャンヌダルクも、マリリンモンローも、エリザベスも、小野小町も、ダイアナも、オードリーヘップバーンも、マリーアントワネットも、ほしのあきも、みんな、みんなっ、みんなっ!!

 ミチッ、ずちゅぢゅっ……

 先っちょ近くまで抜いていたチンコを、再びカリ首まで沈ませる。
「ぁ、ひぐっ!? ふぁっ……そっ、そうなんっ、だよっ……ほんとにぃっ、はじめてらのっ!!」
 少し動かすだけでも敏感に反応して、噛み締めなきゃ声を我慢できないのに……美味しそうに咥え込んで精子を催促してっ、どっちのクチが初めてだって言ってるんだよっ!!
 ずっ、にゅぢぢぢぢぢぢぢぢっ!!
 膣内の痙攣を楽しみながら、絡み付くヒダ壁の中をゆっくりと掻き分けて行く。
「しんっ、じろよっ、ゆーとぉっ……オレっ、ふぎぃ!? ぁあっ、イッて、ねーよっ!!」
(ダメだっ、感じたら……ゆーとのチンポを意識しちまったら、きっと、とんでもないイキ方する! 処女じゃないってバレちまうっ!!)
 あれっ、まだバレてないと思ってるんだ? でももう、限界なんでしょ?
 おしっこの穴も限界を訴えているようで、入り口のお肉さえもプルプル震え出し、つまようじか何かで突っついたら一気に漏らしそう。
 あっ、見たい。サキちゃんの、不良少女のおもらし、凄く見たい。
「じゃあ、どっちが先にイクか勝負しよっか? ボクが先にイッたら、サキちゃんは本当に初めてで気持ち良くなかった……そしたら責任とる! もちろんサキちゃんがオッケーならだけど……結婚しよっ?」
 違う、微妙に違う。サキちゃんに、ボクが、おもらしさせる。サキちゃんは、オシッコしながら中出しされるんだっ!!
 その為に、笑顔で平気で嘘を付く。ボクは信じてるよサキちゃんって。
「けっ、こん? ゆーとと? オレが? まいにち、イチャイチャすんのか?」
 ふぅっ、ふぅっ……っと、肩を上下させる荒い呼吸。赤い髪は汗によって赤い頬に、首筋にねばり、母乳はピュッピュと定期的に噴き上げる。
「そっ♪ だけど、サキちゃんがボクより先にイッたら、他の男に初めてを捧げてた……その時は、やっぱり縁を切ろう? その男とお幸せに♪」
 我慢させる追い討ちは、サキちゃんとボクとの長年の絆。サキちゃんが唯一にして普通に話せるだろう、ボクとの縁。
 きっとサキちゃんは、ボク以外と喋れないだろうから、健気にイカないよう頑張ると思う。
 あっ、ボク意外に一人居たね……サキちゃんが処女を捧げた男だよっ!!


48 名前:『イカサレノート』後編3 ◆uC4PiS7dQ6 mailto:sage [2010/01/09(土) 01:11:31 ID:kQVJFYxM]
3
 ※ノート所有者の精液を膣内に放たれると、ヒダ一つ一つの感覚がクリトリスと直結する。
 つまり今のサキちゃんは、膣壁に無数のクリトリスを埋め込まれたのと同じなんだ。
 そんな敏感な、女の子の大切な所をボクは、ボクはっ!!
「いいんでしょサキちゃん? お腹のナカ、気持ち良くて堪らないんでしょ?」
 膣内のヒダを、クリトリスを、ゴリゴリと削り抉るような角度で擦り上げる。

 ずっぢゅ! ずっぢゅ! ずっぢゅ! ずっぢゅ! ずっぢゅ!!

 チンコ全体にまとわり付く突起物は、何度カリ首で引っ掻いてイジメても、何度こそぎ落としても、ネッチョリすり寄って来て離れない。
 最初に中出ししたから少しは動き易くなってる筈なのに、それでも長くはもたないってわかる。きっとサキちゃんは……人間じゃないから。
「はっ、感じてなんか、ねぇよ……はぁっ、だからぁっ、そんなにっ、はげしくっ、奥をクチュクチュされてもぉっ、イタ、イッ、だけっ、ひうっ! ふぐっ!!」
 カワイイ。声を出さないように両手を重ねて口を塞いでる。
 頬を真っ赤にして、瞳に涙を浮かべても、眉尻は気丈に上げられたままで、絶対にイキ顔は見せないぞ! って強気な目だ。
 あん、ダメだよ。そんな目で睨まれたらボク、ボク……もっと頑張っちゃうよ!!
 良いよねサキちゃん? どーせ人間じゃないんでしょ? だってそうだよ、普通じゃないよ、気持ち良すぎるんだから……腰が、止まらないんだからっ!!
 中は熱くて、グネグネ絡み付いて、精液を搾り取る為だけの動きで蠢いて、チンコ溶けちゃいそう。もしかしたら溶けてるかも知れない。でもっ、溶けても出し入れさせたいよっ!!
「サキちゃん、サキちゃ、サキちゃっ!!」

 ばちゅん! ばちゅん! ばちゅん! ばちゅん! ばちゅん!!

 ピストンする度に、一番奥を小突く度に、サキちゃんの目は虚ろになって行く。
「ぁ……ぁっ、あきゃっ!? いっ、い゙っ、あっ」
 塞いでいた喘ぎ声も零れ始め、本当の絶頂までもう少し……だと思うんだけど、さ。
 それじゃあ、全然、物足りないよ。
「イッてるでしょサキちゃん? 気を失っても駄目だからねっ♪ ほらっ、白目もどしてコッチ見てよ♪♪」
 頬を軽く叩くと、すぐさま首が横に振られた。荒れた呼吸は胸を大きく上下させ、魚のように口をパクパク開閉させて空気を求めてる。
 ノートの効果で擬乳も噴き出して、おっぱいの先っちょら辺は制服が濡れて貼り付き凄いエロス。だらしない乳腺だなぁ、後でたっぷりと弄ってあげるから待っててね♪♪ 

「あー、ああ゙ー、イッ、くっ……ってねぇよ、ヘタクソっ!!」
(もぅ、にじゅっかいイキだよぉっ♪ ゆーとのっ、ふといのがぁっ、ごちゅんごちゅん子宮にあたるのぉっ♪♪)

 心はとっても正直なのに、言葉は未だにツンツンツン。足りない、ダメだよ。
 そう、全然、物足りない。髪の毛先から足の指先まで、その全てを屈伏させるんだ。
「強情なんだからぁ〜、じゃあさ? きりないから別なのにしよっか? ふぅっ!!」
 ぢゅぷぶぶぶぶぶぶっ……
 あーあ、フヤケちゃってるよ。自在に膣圧を変えて吸い付くヒダ肉を振りほどき、精液を掻き出しながら、チンコもズルズルと引きずり出す。
「ひぐっ!? べつ……なのっ?」
「んむっ、んぐんぐ、べぇー」
 そして胸ポケットから小さなカプセルを取り、咥えて噛み潰し、滲み出る液体を唾液と混ぜて舌から伝い垂らす。
 無色透明の特性ローションを、湯気が立つ二枚貝の口へ、皮被りなクリトリスへ。
「はあぁっ……アツ、いよ、ゆーと」
 まとわりつき、染み込み、瞬時に気化する。
 それはアクメ神から餞別代わりに貰った、女性の陰部にだけ効果が現れる媚薬。
 力が入らなくなり、クリトリスが熱を帯び、クリトリスの感度が百倍になる。
「今から三分間、『クリトリスの皮を剥いてください』って言わなかったら、サキちゃんは処女だったって、信じてあげ……るぅっ♪♪」
 言った瞬間、サキちゃんのおヘソの上に、まるでオッシコをするような勢いで射精した。
「はっ、だしすぎだぜ? そーろー」
 ばちゃばちゃと泡を作って跳ね飛び、この部屋の匂いを更に濃厚なモノへとブレンドする。
 ボクはサキちゃんよりも圧倒的に優位だって考えただけで、それだけでイッた。
 ボクをパシリにしてたこの女が、この幼馴染みが、「クリトリスの皮を剥いてください」と、泣きながらお願いするのを想像しただけで。


49 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/09(土) 01:12:52 ID:kQVJFYxM]
短いですが、今回は以上です。


50 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/09(土) 02:35:30 ID:SFSfAKJJ]
短いよ
ホントに短いよ…



51 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/09(土) 18:41:51 ID:YKqmaceB]
>>46-48
乙です。
このスレに気がついてないんじゃないかと思っていました。
ところでサキちゃんの処女破ったの誰なんだろう。
バイブで自分でやぶったという落ちかもしれないけど。

52 名前:名無しさん@ピンキー [2010/01/10(日) 14:55:05 ID:zokthII7]
まっててよかった・・
>>51
前のもそれだったから、確かに自分で破っちゃってるぽいな

53 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/10(日) 16:35:41 ID:pdC0L6/e]
>>48
gj

54 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/10(日) 19:25:06 ID:GQXR2uu8]
>>48
WOW GJ ! 

55 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/16(土) 01:52:06 ID:meJBAboA]
なあ、一つここの住人に聞きたいことがあるんだ。

ちょっとマインドコントロール入るのはセーフなんだろうか?



56 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/16(土) 15:22:55 ID:ZUzM27pl]
俺は問題ないけど嫌な人もいるだろうから投下するときに前書きで警告する必要はあると思う

57 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/17(日) 20:46:18 ID:DfDKhNwo]
>>56と同意見
MC系は読んだりもするから、コテコテのじゃなければかまわないかな



58 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/19(火) 01:34:24 ID:vhUaSFvp]
俺は大好きだから全く問題ないけど、好きじゃない人はいるから、投下前に警告は必要かな

とりあえずwktkしながら全裸待機がキツい季節なので早めに頼む

59 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/26(火) 14:40:38 ID:NMHbhRSG]
次から投下

60 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/26(火) 14:41:06 ID:NMHbhRSG]
間違えますた……



61 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/26(火) 16:05:05 ID:TazPvGML]
それは残念スグル……


62 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/01/26(火) 21:09:58 ID:NMHbhRSG]
まぁ、>>55に期待って事で

63 名前:名無しさん@ピンキー [2010/02/06(土) 02:51:55 ID:KzNc2F8G]
あげ

64 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/07(日) 01:24:42 ID:AdtjVWqz]
ここって二次はありなの?

65 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/07(日) 05:27:42 ID:U0dZx6+z]
構わないと思う>二次創作

66 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/07(日) 09:59:50 ID:VnOB4IgZ]
二次は基本無しだろ

67 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/08(月) 09:09:30 ID:9yNWUwhk]
いや、ありだろ

68 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/09(火) 02:21:08 ID:gx2tr3y0]
つか過去ログは一体いずこに?

69 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/11(木) 22:00:50 ID:Vh4kiILh]
保管庫から来てみました。

70 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/13(土) 00:36:11 ID:1MTj/vQ6]
近いうちに書いてみるかな?
見る人がいるかどうかは知らんが



71 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/13(土) 00:38:30 ID:ejMrktYn]
期待

72 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/14(日) 16:18:45 ID:Bz0xieeL]
初めて書くからどんなものになるか全くわかりません。
期待されてもこちらも読む人も満足できるかどうか全くわからないので期待しないでください。

思ったより難しいし筆が進まない…

73 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/15(月) 01:42:48 ID:fj6Z81vg]
>>72
出勤まで全裸待機しとります。

74 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/15(月) 19:10:48 ID:U2LZfa1F]
現在執筆進行中、どう運び込むかで考慮中につき投稿は大幅に遅れます。

75 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/15(月) 20:01:42 ID:wTLoGX1s]
この時期全裸で居続けるのは辛い、なるべく早く頼む

76 名前:初投稿 ◆QLQWctVzuc mailto:sage [2010/02/17(水) 20:57:34 ID:u/cS2qSe]
導入前半部分まで

ショタ(?)

全くの初なので御目汚しですが…
目的のシーンはまだできてませんがとりあえず投下します。

77 名前:初投稿 ◆QLQWctVzuc mailto:sage [2010/02/17(水) 20:58:29 ID:u/cS2qSe]
どこにでもあるような住宅地を重い足を引きずるように家路に着く細身の少年。
どこにでもいるような中学生のような外見だが、実は彼は高校生である。
成長期を見越して作られたであろう学校指定のブレザーは、残念なことに両親の期待に応えることができないようで…
 学校指定のかばんの取っ手をも覆うようにダボついた袖、裾をまくっても靴を覆い隠し、地面に触れ続けたズボンは、非常に残念なことになっている。

 はぁ…

 一つため息をついてはトボトボと歩き、二つため息をついては自分の身長にコンプレックスを感じ、どうにもならないと諦めながらも(もっと背があれば…)と愚にもつかないことを、もはや繰り返されている日常だが、繰り返し同じことを考えてしまう。

「こぉ〜らぁ〜敦矢君、そんな下ばかり見て歩かないの」

突然ふりかけられたその明るい声に、思わず顔をあげ声の主を見上げる。
「あ…朋香さん…」
「どうしたの?そんなに暗い顔をして…?」
「な、何でもないですよ…」
慌てて否定しても敦矢の顔はすでに赤く、何でもないという本人の言葉を正面から否定していることには本人は全く気が付いてない。

その様子でピーンときたのか、広瀬家の斜向かいに住む黒瀬朋香は、常日頃から弟のように可愛がっているその少年に何があったのかわかってしまった。

「ははぁ〜ん…さてはまた今日もクラスメイトにからかわれたのね?」

そう、少年、広瀬敦也は身長150cmというその身長のせいで日頃からクラスメイトにからかわれているのだ。
 本人もその身長の低さからコンプレックスを感じ、できるだけ目立たないようにしようと身を縮めているため、却って目立ってしまっていることに残念ながら気が付いていない。
 しかしながら、黒瀬朋香が予想して口にした言葉は、今日の出来事からすればまだ良いほうだったのだ。

「そうだけど、そうじゃなくて…」

うつむかせたその顔には、憧れの近所のお姉さんと話をしていることの嬉しさと自分のコンプレックスと今日の出来事が思い浮かんで複雑な表情が浮かんでいた。
 気まずい空気を感じながらも、会話を続けたいという思いと、少し慰めてほしいと思ったためか、ついついその出来事を口に出してしまっていた。

「今日は身体測定で…」

そう口にしただけで朋香は普段から弟のように可愛がっている少年にどんなことがあったのかわかってしまったのだ。

「そっか…」

ほんの少しのやり取りで全てがわかってしまったのだった。
普通ならば中学生ともなれば身長は伸びるのだが、敦矢だけはなぜか身長が伸びないのであった。いや、伸びてもほんの僅かしか伸びないため、周囲からつい可愛がられているのだが、本人からすればそれはいい迷惑でしかないのである。

そんな敦矢を見つめながら、少しばかりイタズラを思いついたような、それでいて嫌われないように微かな羞恥をその瞳に浮かべ、家に上げる口実を口にする朋香。


「まぁ、こんな所で立ち話もなんだから、ウチに上がってく?おいしいって評判のお菓子屋さんのケーキもあるし?」

 顔に浮かべた笑顔の裏側で、実はその背中に冷や汗を浮かべ、見えないように腰の後ろで握っているその手には、緊張のためか汗が滲んでいる

 目の前にいる少年と知り合って15年、本人も自覚しているその幼い顔立ち、容姿から時にはPETの様に、時には弟の様に可愛がって来たが、いつのまにかそれだけではない感覚でしか見れなくなっていた。

 一方で敦矢の方も、近所に憧れのお姉さんがいれば抱く感情は憧れには留まらず、夜コッソリと朋香の豊満な身体つきを想像して妄想でお世話になっているのは、彼女には言うことのできない秘密である。


78 名前:初投稿 ◆QLQWctVzuc mailto:sage [2010/02/17(水) 21:00:00 ID:u/cS2qSe]
筆が進み次第続きを投下します

79 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/18(木) 08:48:35 ID:UrL6s4Tj]
分かりにくすぎワラタ

80 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/18(木) 11:49:53 ID:oMua+Zp5]
続き期待。しっかりと書き上げてね。


しかしまぁ、ショタ男が人気なんだな



81 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/18(木) 17:59:58 ID:QCQNT1fF]
コピペしてそのまま投下したらこんな形になってしまいました。

次こそわかりやすい形にできたらと思います。

主人公をショタにしたのは自分の学生時代の理想と欲望を混ぜたら「なった」ということでご容赦を。

次回投稿は来週の予定です。

82 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/24(水) 03:50:14 ID:1XIm2o6X]
期待してる

83 名前:名無しさん@ピンキー [2010/02/27(土) 16:34:44 ID:cuONIvL3]
もうイけない

84 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/02/27(土) 19:53:24 ID:WtCWlBap]
まだイケるって!

85 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/01(月) 20:03:55 ID:5lKr8Ke8]
ほしゅ


86 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/04(木) 15:35:45 ID:pQ/Nz+BW]
   (  ´)`Д) )) < ハァハァ こんな所でダメェ
  /  つ つ  < 大丈夫だって,こんな過疎スレ誰も来ねえよ
(( (_(_  ノ ノ
  し∪ ∪

 Σ( ゚д゚ )゚д゚)
  /  つ つ
  (_(_  ノ ノ
  し∪ ∪

87 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/04(木) 21:57:04 ID:Xq/Q1gkX]
>>86
こっちみんなwww

88 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/05(金) 18:50:40 ID:cmNDb5Mm]
どうした 続けろ

89 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/08(月) 16:30:48 ID:F70ocveh]
保守

90 名前:肉欲の制裁 1/6 mailto:sage [2010/03/13(土) 23:50:53 ID:m+IKPSxW]
そろそろ頃合いだろうか。もう少し早く出るつもりだったのだが、何の気無しに手に取った漫画が
存外に面白く、つい最後まで読んでしまった。

漫画喫茶を出て、徒歩で10分。マンションの5階までエレベーターで上がり、ドアの鍵を開けようと
する。キーホルダーからいくつか鍵を試して、ようやく鍵が開いた。中の様子をうかがう。6時間ほ
ど放置していたが、特に異常はないようだ。
こざっぱりした部屋の中、彼女はそのままの状態でいた。胎児の体勢で横になっている彼女は、革
の拘束具で自由を奪われている。目隠しで視覚も奪われており、猿ぐつわされているため声も出な
い。服装こそすぐにでも大学のキャンパスに通えそうなものを着衣しているが、それは単に脱がす
のが面倒だっただけだ。

仕事、の準備を確認する。コンセントから伸びた電源ケーブルは、彼女のスカートの中に消えてい
る。俺は無造作にスカートをめくり、股間から生えている白い硬質の物体が細かく振動するような
音……実際にそれは振動しているのだが……を発しているのを確認し、満足する。これはまあ、要
はバイブなのだが、電池で動くその係累と異なり商用電源で動作するため、望む限りの強い出力と
、長い動作時間が実現できる。どちらかというと、電機マッサージ器に近いものだ。今も、電池式
のそれでは実現できない出力を、もう6時間ほど継続している。
もちろん、嫌がる相手に無理にこういう処置を施したところで、ただ痛がらせるだけだろう。いく
らスタンガンで意識を失わせ、その間に拘束し、膣に潤滑剤(長期戦になるので、ローションとワセ
リンを混ぜたものを使っている)を入れ、器具を挿入するまでをスムーズに出来たとしてもだ。
だが、ある種の薬剤をあらかじめ注射していたとなると、話が違ってくる。作り話に出てくるよう
な催淫剤みたいな便利なものはないが、精神的に興奮する薬剤、感覚器を敏感にする薬剤など数種
類をカクテルしたものならば用意できるし、それを絶妙な分量で注入すれば、目の前の彼女のよう
な状態になる。



91 名前:肉欲の制裁 2/6 mailto:sage [2010/03/13(土) 23:51:24 ID:m+IKPSxW]
あえて気にしないようにしていたが、彼女は先ほどからビクン! ビクン!と波打つように身体を反応
させている。拘束されているため大きな動きにはならないが、拘束具の鎖に強い張力がかかってい
るのが一目で見て解る。
股間からは洪水のような、というと陳腐な表現だが、様々な液体が全力で分泌された形跡が残って
おり、正直言ってあまり清潔な光景とは言い難くなっている。
猿ぐつわは唾液で濡れそぼっており、時折声にならない絶叫がか細く聞こえてくる。
普通はこの準備段階で2, 3時間放置するのだが、今回は長くやり過ぎてしまった。あまり性的に経
験がないらしい、というか依頼者の話によると初体験から一ヶ月も経っていないような女なのだが
、過激に過ぎただろうか。

コンセントを抜き、膣からバイブを引き抜く。その過程でまた絶頂を迎えたようだが、気にしない
。次に、目隠しと猿ぐつわを取る。
「ふぐっ、がっ、あっ……」
中学生、下手すると小学生と言っても通りそうな童顔が現れるが、人間の受容できる限界を遙かに
超える快感を長時間にわたって受け続けていた彼女からは、獣のような声しか聞こえてこない。
「ああっあっあっあっっあっ!!」
余韻で、また絶頂を迎える。硬直が解けると、また絶頂する。
「うああああ!!」
どうしても快感が止まらない彼女を尻目に、最後に足につけていたタイマ式のスタンガンを停止す
る。これは、定期的にショックを与えることで、彼女が快感のあまり気絶したままの事態になるこ
とを避けるための処置だ。
そして、彼女の様子が収まるまで、俺は次の準備を進めておく。

92 名前:肉欲の制裁 3/6 mailto:sage [2010/03/13(土) 23:51:46 ID:m+IKPSxW]
「もしもし?」
絶頂がようやく収まったであろう彼女に、声をかける。目が半分開いたような閉じたような状態で
、気絶こそしていないが意識があるとも言えない状態のようだ。軽く頬を張り、さらにスタンガン
の最弱出力で刺激を与え、ぎりぎりコミュニケーションが取れる状態にまで持っていく。
「なんでこういうことになったか、わかる?」
彼女はゆっくり首を横に振った、ようだ。
「君、ちょっと前から男と付き合いはじめたでしょ。それが、俺の依頼人には気に入らなかったん
だってよ」
そう言って、依頼人の名前を告げる。一瞬の無反応の後、怒りとも絶望ともつかない、不思議な感
情が顔に浮かんだ。
「そんなに肉欲を満たしたいんだったら思う存分楽しませてやるよ、ってのが今回の趣旨な訳だ。
わかった?」
わかるわけはないだろうが、俺はそこで話を打ち切る。

93 名前:肉欲の制裁 4/6 mailto:sage [2010/03/13(土) 23:52:07 ID:m+IKPSxW]
膣に再度、潤滑剤を入れる。彼女が多少抵抗するが、膣を少し刺激されるだけで達するため抵抗ら
しい抵抗にならない。
次に、別のバイブを挿入する。最初のものは振動で刺激するタイプのものだったが、こちらは振動
だけでなく前後動もするタイプで、特に子宮口とGスポットを重点的に刺激する複雑な形状をしてい
る。挿入するだけでもちろんイってしまうのだが、息を詰めたような絶頂がしばらく続きそうだっ
たので、その間に手早く続きの作業に着手する。

お腹の二カ所に、電極を張る。これは、それぞれGスポットと子宮口の位置に対応する。バイブにも
同様の位置に電極が設置されており、体表面と体内間で電流を流すことで振動や前後動とは異なる
強い刺激を与えることができる。通電試験をすると、それだけでまた絶頂に達した。通電する、絶
頂。通電する、絶頂。通電する、絶頂。
「っ、あ、あああああっ…………………………………………!!!」
快感はもはや声になっていない。一瞬目が合う。屠殺場の牛のような目だな、と思った。目を合わ
せたまま、再度通電。そのまま眼差しから意識が抜けていくのがわかったので、とんとんとんと小
刻みに電流を流し、無理矢理なアクメで目を覚まさせる。
ぱくぱくという口、ただ呼吸するだけのその動き。タスケテ、と動いたような気もするが、服の上
から乳房を指ではじくと、
「あぐぁっ」
快感のうめきで続きを綴れない。

気絶防止のためのスタンガンに電源を入れ、タイマを仕掛ける。
最後に、補液のための点滴を入れ、栄養補給のための点滴も入れる。長期戦になるからだ。そして
、快感を増大させる薬剤を、追加で注射する。経口摂取と違い、すぐに作用するはずだ。
準備が出来た。少し背を伸ばし、悪意有る装具で全身を固められている彼女を視野におさめる。こ
こまでされると、いったいどのような快感を得ることになるのだろうか。人間の身体はここまでの
快感を得ることを前提には設計されていないはずで、設計限界を超えた快感というのはどのような
ものなのだろうか。

94 名前:肉欲の制裁 5/6 mailto:sage [2010/03/13(土) 23:52:28 ID:m+IKPSxW]
「さて……聞いてる? また電源入れるからね」
彼女は完全に怯えた表情で俺を見ている。
「申し訳ないけど、俺の経験上さっきまでとは比べものにならないほどの快感になるはずなんだ。
身体も準備が出来てるし、あなたの中に入れたものも気持ちいいポイントを重点的に刺激する形に
なっているし、快感を増す薬も増量したし」
そこで時計を見て、次にここに来る時間を彼女に伝える。それは、8時間もの間絶頂に耐え続けろと
いう意味の言葉と同値であり、それを理解した彼女からは表情が無くなった。快感は人にここまで
の絶望を与えることができるのだな、と感心する。
「じゃあ、まぁ、思う存分気持ちよくなっててよね。一生忘れない思い出にしてくれって依頼だし


そして、バイブのスイッチと電気刺激のスイッチを同時に入れる。
とたん、拘束具のバシっという音と共に、彼女の全身の筋肉が限界まで収縮した。ぶるぶるという
小刻みな痙攣が全身を支配し、それと並行して快感から全力で逃れようとする意志が身体を突き動
かす。一度、二度、三度、何度も何度も脳のリミッタを無視したかのような力で想像の限界を超え
る強度の絶頂を表すが、その程度で表現しきれる快感では到底ありえなく、行き場のない絶頂感は
彼女の体内に蓄積し快感はさらなる高みへと積み重なっていく。
数分も経たないうちにそういった身体が暴走したような反応は消失し、寝ているかのように静まる
。これは気絶しているわけでも無感覚になっているわけでもなく、絶望的なまでの快感が身体を硬
直させている状態だ。
「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!」
声にならない声で、嬌声にならない嬌声で、快感のごく一部が漏れ聞こえる。
試しにバイブを持ち、前後に揺さぶってみる。
「ーーーーーー!」
文字では表現できないような絶叫。こうなるともはや、絶頂という言葉は意味をなさない。全ての
瞬間が絶頂であり、その絶頂の高みは通常の方法では間違っても到達できないものだ。そしてただ
暴力的な感覚は、一瞬一瞬ごとに強度を増していく。

95 名前:肉欲の制裁 6/6 mailto:sage [2010/03/13(土) 23:53:35 ID:m+IKPSxW]
じきに、全身の筋肉がそれぞれ協調せずに無秩序な動きを始める。目もすっかり白目をむいたままだが、
意識を失っているわけではなく全ての快楽をその意識下に刻んでいる。
そして、脳が正常に動作できていないことを証明するかのように、不自然な痙攣、不自然な発声、
不自然な動作が始まる。

死なないと良いな、と思った。まあ、これでしばらく休憩だ。俺はまた漫画喫茶に向かった。
なお、その8時間後に彼女が解放されたかというとそうではなく、8時間ごとに計2回の補給が行われ
、全てが終わった時には彼女を拘束した時点から30時間が経過していた。その後彼女がどうしてい
るか、俺は聞いていない。


--------------

3時間ぐらいでばーっと書き捨て。絶頂シーンの記述が少なめなのは、書くのが段々面倒になってきたからだったり。。。

96 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/14(日) 16:32:25 ID:fQEDEwrk]
GJすぎる…

97 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/14(日) 23:13:06 ID:+kXs9Ohf]
凄絶すぐるw
だが良かった

98 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/15(月) 15:34:36 ID:/+J7zMJB]
その後が気になる…

99 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/16(火) 18:39:04 ID:i+XzPIk9]
ぐっじょぶ……このあと『無事』だったと仮定して、現実に復帰できたのかが気になる。

100 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/18(木) 02:51:31 ID:id077lOP]
>>95
見事だ
久しぶりにスレタイに殉じた物を読むことが出来たよ
グットジョブ



101 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/18(木) 08:49:14 ID:8fjvAw7J]
スレタイに殉じてしまわれたのか

102 名前: ◆igZgYAm116 mailto:sage [2010/03/20(土) 02:20:15 ID:8Jqy/aYJ]
90です。
またざらっと書いてみました。2.5時間くらい。


------

行き過ぎにも限度というものが 1/4


キスだけで軽くイって、舌を首筋に這わせるとまたイって、ブラウスの上から身体の線を確かめて
いるときにも何度かイって、ブラを外すだけで恥ずかしさのあまりイって……きりがない。

教師-生徒で付き合っているのが公になるのが不味いから学校で他人行儀なのはわかるし、僕の家
で二人きりになっている時にも僕とのスキンシップを避けていたのは貞操感か羞恥心によるものだ
と思っていた。違っていた。簡単に達してしまう自分の身体を恥じていたんだ。
高校へと向かう卒業生達を送り出した今日、僕らはなんとなくしんみりしてしまった。何かと不自
由な師弟関係だが、それも後一年のことだ。この限られた時間を大切にしよう。手を握ったことも
なかったような僕たちが、初めて一つになる記念日を今日という日に刻もう……としたところ、冒
頭のようなことになってしまった。
巨乳美少女女子中学生、しかも処女で感度最高、が半裸で目の前に横たわっているのに、なんでこ
んなに残念な気持ちにならないといかんのだろうか。

苗字を何度か呼んで、半分彼方へと飛んでいた意識を取り戻す。
「……続けて大丈夫?」
一応頷いてはくれるが、その神々しいまでに大きい乳房(ちらっとブラに目をやったらH65って書い
てあった)に触れるだけでまた気をやり、体積の割に可愛い印象の乳輪を指でなぞっても同様で、
遠慮がちに勃起した乳首を舌で愛撫するとそのたびに身体が打ち震え、乳首を甘噛みしながら音を
立て吸い付いたところ、
「あぅっ!」
鼻で鳴くような甘い声ではなく、初めて大きく声を出して、そのまま身体をブリッジさせてイって
しまわれた。腰を何度か突き出すように前後しながら、
「っぁ、っぁ、……」
快感の残滓を残らず回収し、沈み込む。
今度は、名前を呼んでも反応がない。
確かに、感度が良いのは素晴らしいことだと思う。最初は、良い身体だなぁとか、うらやましいな
ぁとか、神様ありがとう!とか思っていたが。あれだ。ものには限度というものがある。乳を愛で
るまでの段階で数十回もイってしまうというのは、神様といえどもやり過ぎの感は否めない。

103 名前: ◆igZgYAm116 mailto:sage [2010/03/20(土) 02:20:44 ID:8Jqy/aYJ]
行き過ぎにも限度というものが 2/4


ため息をついて、徐々に脱がせてきた上半身を元に戻していく。ブラをつけて(でかいと装着の難
易度が高くなるということを初めて知った)、ブラウスのボタンを全て締めて、タイを結んでブレ
ザーに手を伸ばしたところで、彼女が目を覚ました。
当初ぼんやりしていた様子だったが、逡巡しているうちにここに至った経緯を思い出したようで、
半ば涙目でしがみついてきた。
「先生、私のこと嫌いにならないでください」
いやもちろん嫌いにはならないんだけど、という返答をする前に、
「最後まで、してください」
という懇願。少し見つめ合って、続行を決心する。
今度は、彼女がダウンしないように刺激を少なくして交わるよう方針を変更することにした。なる
べく相手が気持ちよくならないように努力するセックスというのもなかなかあるものではないが、
致し方ない。

上半身着衣のまま、腰を上げさせショーツだけ抜き取る。恥ずかしさでまた軽くイったようだが、
見なかったことにする。ショーツは愛液でべたべたかと思いきや、生理用品が装着されており分泌
液は全てこれに吸収されているようだ。
「え、もしかして今日生理?」
恥ずかしそうに、非常に恥ずかしそうに説明してくれたところに寄ると、僕のことを思ったり、僕
の声を聞いたりするたびにここがじゅんじゅん濡れて仕方なかったため、しばらく前から常に生理
用品を装着していたとのこと。嬉しいような気もするが、ここまでくると不憫なようにも思う。
スカートをめくりあげ、足を持ち上げる。彼女のそこは、すでに……というかここ数か月頻繁にそ
うであったように、どろどろになって僕を迎える準備を過剰なまでに整えている。本当は指や舌で
周囲をほぐし、中をほぐしてから挿入しようと思っていたのだが、そうなると間違いなく交わる前
に彼女は気を失うだろう。現に、今僕に観察されているだけでも、ぴくんぴくんと身体がはねてい
る。

初めてにもかかわらずろくに前戯をせず挿入するのは申し訳ないくらい乱暴な話だが、くるくると
避妊具を装着して、意を決する。
「いくよ?」
先端部を、開口部にあわせる。角度と体勢を調整し、手で補助しながらゆっくり彼女の中へ沈んで
いく。
流石に彼女の顔が引きつる。痛い? 頷く。少しずつ出し入れしながら侵入を試みるが、痛みが勝
ってしまうようだ。
少し考え、その体勢のままクリトリスを刺激することにした。指を唾液でぬらし、半ば陰茎が埋没
しつつある女陰の少し上、そのあたりをなぞる。
「あっ」
痛みを訴える堅い声でなく、気持ちよさから生ずる秘めやかな声。陰核の輪郭を確かめるように周
囲を何周かする。気持ちいい?とは聞かない。指の腹で陰核の先端を摩擦すると、
「はぁっ……! はぁっ……!」
そのたびに絶頂を迎える。
陰核への刺激を中断すると、ずっと緊張をしていた膣の入り口の力が抜ける。僕は、そのタイミン
グを見計らって一気に彼女を貫いた。

貫いたままの状態で、陰核の刺激を再開する。破瓜の痛みにもかかわらず、また絶頂の波が始まる。
「痛い……あ、あぁぁぁっ! たぃ……んっぅ!」
彼女が絶頂を迎えるたび、膣が締まる。それにより破れたばかりの処女が痛むようで、時折苦痛を
主張する。
挿入しながらの愛撫を続けているうちに、彼女が無意識にか腰を動かし始めた。膣からも緩やかな
快感を得だしているのだろう。僕はそれを確認して、ゆっくりと腰を引き、ずぶりと奥を突いた。

104 名前: ◆igZgYAm116 mailto:sage [2010/03/20(土) 02:21:10 ID:8Jqy/aYJ]
行き過ぎにも限度というものが 3/4


凄かった。処女を喪失して数分後の女子中学生が見せる反応ではなかった。彼女は跳ね上げるよう
に身体をのけぞらせ、獣が咆哮するかのように最大限に口をあける。が、まるで僕に聞こえない周
波数で叫んでいるかのように、彼女からは一切の声が聞こえない。完全に硬直した彼女の中で例外
的に機能している涙腺から、ぼろぼろと涙が溢れ、シーツにこぼれる。数十秒経った頃にようやく
硬直が解けるが、またすぐに次の絶頂を迎えて同様の反応を見せる。その間、僕は快感に翻弄され
る彼女をただ見ている。
二度の硬直から解放された彼女は首を横に振り、
「だめ、だめ、だめ、」
努力して快感から逃れようとして、膣から力を抜こうと浅い呼吸、深い呼吸を試している。が、何
らかの拍子に膣が締まり、それが快感を生み、その快感が呼び水になってさらなる快感につながり、
「あ、うぁ、っ!!!!!!!」
また深い絶頂に陥る。ただ入れられているだけで破滅的に気持ち良いらしく、僕は全く動いていな
いも関わらず彼女はこんな調子で何度も何度も硬直し、そして何回目かに弛緩した。

何度も言うようだが、この間一度しか突いていない。すっかり置いてけぼりである。今や彼女は泣
きはらした顔のまま、気を失っている。完全に置いてけぼりである。
悲しい気持ちになりながら、彼女の中から出ようと動き始めたそのとき、
「ぁっ!っっっっ!!!!」
かっと目が開き、手足がバタバタと動いて新しく加えられた刺激に反応し、そしておそらくアクメ
を迎えた。
殆ど意識が失われているにもかかわらず、刺激に対する反応はあるようだ。
このまま撤退しても悲しいだけだな、と思ったので、半分気絶している彼女を相手に最後まで続け
ようと決意した。
突く。
「おっ、ああああああああああ!!!」
喉の奥からの咆哮。身体全体が突っ張る。
引いて、また突く。
「!!!!!!!!!!!!!!!」
全回の絶頂が続いているその際中に膣の奥を揺さぶられ、快感の高みが未踏粋へと達する。
さらに、突く。もう声も出ない。快感はさらに加算される。
突く。突く。突く突く突く突く。
「おおおおおおおおおおおっ、ごぉおおおおおおおお!!!!!」
獣だ。
一瞬前までこれ以上はない絶頂だと思っていた感覚が、一瞬後には色あせる。これが毎瞬のように
繰り返される。
気を失うことも出来ない。既に気を失っているから。気を失い、意識が戻ったときには絶望的な絶
頂の中にあり、また気を失う。
衣服に包まれているため返ってボリューム感が出ている乳房に、手を伸ばす。両手で乳房を掴む。
みっしりとした感覚。指で乳首の位置に当たりをつけ、一気に埋没させる。
「ぁ、ああああああああっ!」
乳房を、乱暴にもみしだく。並行して子宮口をおしやり、揺さぶる前後動も繰り返す。
「ひ、は、っぁぁぁぁっ!!!!!!!!!」
涙と涎でべたべただった彼女の顔から、意志の光が消えて白目になる。学校での、控えめで、目立
たない、性的な話題からも縁遠い彼女と、目の前で快感という快感をその身体に刻み込んでいる彼
女が同一人物だとは思えない。
ブラウスとブラジャーをはぎ取る。
リズムよくぱん、ぱん、ぱんとピストン運動を行うと、それにあわせ巨大な質量が揺れる。
「はグッ、ぐ、が、」
同様に、声帯からも苦痛に近い声が漏れ出る。
乳首を指ではじくと、その乱暴な痛みに対しても、
「きぁっ」
当然のように絶頂する。もう、今なら何をやっても快感にしかならない。

105 名前: ◆igZgYAm116 mailto:sage [2010/03/20(土) 02:22:48 ID:8Jqy/aYJ]
行き過ぎにも限度というものが 4/4


そろそろ、僕の限界も近づいてきた。一端息を整え、手負いの獣のようになっている彼女に軽く口
づけると、彼女の身体を押さえ込むように固定して、短距離走のように激しく、素早い挿抜を開始
した。
「ぅおおおおおおおおおおおおおっ! ぉおおおおおおおおっ!!!!!!!」
がくがくと、最初は小刻みに、すぐに全身をふるわすような大幅な痙攣が始まった。それを強く抱
きしめて押さえ込み、突く、突く、突く。
食いしばった歯茎がむき出しになり、ぐぉぉといった声、しーという呼吸の抜ける音が直に聞こえ
る。
そろそろ僕も絶頂を迎えようかと言うとき、彼女の緊張と痙攣が解け、声が止まった。前後運動を
続けながら思わず彼女の様子を見ると、目が合う。仏像を思わせるような平安な表情で、一言、
「私、死にます」
そう言いながらぐにゃりと表情が崩れ、眼球がでたらめな方向へ独立して動きはじめる。そして、
この酷い交わりの最後にふさわしいような最後が始まった。

「ぅぉぁあああああ……あああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!」
この身体からこんな大きい声が出せるのかという位大きな声。この身体からこんな力が出せるのか
と言うくらいの強力な力で抱きしめられながら、僕はそれにあらがうように全力で前後する。
「ああああああああきゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあっぁぁ」
声帯が持たなくなったのか細い声による絶叫へと遷移するが、俺を締め付ける腕の力、膣の圧力は
身の安全に対する危機感をさえ感じさせるものだった。彼女の中はまるで俺を閉め出すかのように
狭くきつくなり、それを無理にこじ開けこじ開け、揺らし揺さぶる。
そして、僕も絶頂を迎える。僕と彼女が線対称の弓なりになり、お互いの感覚を感じながら達する。
「あああああぁああ、ああああ、ああああっ」
彼女はそれまでも、絶頂を迎えているときも、そのあとも、ずっと達し続けていた。僕が射精感に
浸っているときも彼女は絶頂し続け、僕がペニスを抜いた後も一人で焼けるような性感に翻弄され、
僕がシャワーを終えたときにもまだ吠えるように達していたのだった。

……たまになら良いけど、毎回これだと洒落にならんな……。少しずつ彼女の性感を制御し、適度
な気持ちよさの範囲で緩やかにセックスできる関係を気づいていかないといかん。そう決意したも
のの、回数をこなし身体が熟れて行くにしたがってさらに感度が増してしまい、それだけでなく快
感に味をしめた彼女から毎日のように交わりを求められるようになるとは、流石にこのときは想像
だにしなかった。


-----------------

最初は感じやすい彼女と、何回もいっちゃいながらもラブラブいちゃいちゃする話にするつもりだったのに、
勢いに任せて書いてたら酷いことになりましたぞ。

106 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/20(土) 04:45:39 ID:iUFwaLxL]
>>105
ムックさん乙。
あと改行なんとかしてくれ。

107 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/20(土) 21:03:32 ID:yIWcPvWo]
>>105
改行はまあアレだけど内容はものすごいツボった
よかったら続きも書いてください

108 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/21(日) 03:15:12 ID:oolER9yk]
悲鳴とか悶絶とかに萌えられないと大変そうだなw
イカされすぎGJ!

109 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/22(月) 23:33:36 ID:6DkgceXo]
これはいいイカされすぎ。GJ!

110 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/23(火) 00:47:53 ID:xM2witYw]
イカされすぎすぎる



111 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/23(火) 00:49:15 ID:XVSSNVJt]
イカされすぎというか勝手にイキすぎというかw

112 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/03/27(土) 12:53:44 ID:M+WIiiyD]
スレがマジ逝きしてしまう

113 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/04(日) 11:55:51 ID:IiRQW2Wj]
流石にやばいな

114 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/10(土) 03:45:38 ID:7cAF9BFx]
やっと規制解除された

115 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/10(土) 20:04:35 ID:n1tzWC/r]
俺も。お互い災難だったな

116 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/11(日) 10:36:55 ID:sVw3i8P1]
さあ好きなだけ逝ってくれたまえ

117 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/15(木) 11:00:52 ID:klzkXIUv]
イグゥ

118 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/15(木) 13:44:45 ID:GrVQKpPL]
イグアナ

119 名前:名無しさん@ピンキー mailto:age [2010/04/15(木) 17:46:00 ID:aJf3M1X6]
イグ穴の娘

120 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/15(木) 18:54:52 ID:tAQOjFGR]
なにそれエロい




121 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/15(木) 19:28:02 ID:aJf3M1X6]
「あはは、何お前はまたイッたの?バイブを少し突き込まれただけで。
 どうしようもないグズ穴ね!」
「やめてお母さん、ほどいて!!あたし達親子じゃないの!?」
「いいえ、私の娘は1人。お前なんか娘じゃないわ、こんなだらしない穴の女はね!!」
「いやっいやあっお母さんお母さんお母さん!!!」
「五月蝿い、近所迷惑よ、この売女ッ!!!」

122 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/20(火) 10:59:55 ID:GqfpiV4F]
──パリンッ!!

母「なっ、ん……だと!!?」

娘「いい夢は見れたかよ?」

123 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/20(火) 13:14:19 ID:ANpQ21uy]

母「まさか……鳳凰幻魔拳!」

娘「ジェネレーションギャップktkr」

124 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/20(火) 15:18:27 ID:Zqn850/6]
笑かすなwwwwwwwwwwwwww

125 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/21(水) 14:24:52 ID:cyG13wD6]
新番組『奥様は黄金聖闘士』

2011年放映未定!!

126 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/22(木) 05:36:57 ID:JyUXOB0x]
劇場版は『娘さんは奪還屋』だな、そんな予感がする

127 名前:名無しさん@ピンキー mailto:age [2010/04/23(金) 07:12:39 ID:I5gcBUx6]
20レスほど失礼します。

焦らしの場面がだいぶ長くなってしまうんですが、
「前戯なくして絶頂のカタルシスはありえねェ」
って親父が言ってたのでお許し下さい

128 名前:女刑事の腹の中     1/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:14:15 ID:I5gcBUx6]

「……またあんた達なの?」
不良少年達を前に、女刑事・宮北愛佳は溜息をついた。
人だかりを見つけて喧嘩の現場に来てみれば、いつもの面子がいつもの如くにやりあっている。
「げ、愛佳ちゃん!?」
少年達は敬意のない呼び方ながらも愛佳に臆し、蜘蛛の子を散らすように逃げていく。
場に残ったのは怪我で動けない3人だけだ。

愛佳は女だてらに地域の不良から恐れられていた。
柔道初段、合気道二段、剣道四段。
女と舐めて反抗した相手を鬼の如き強さで叩き伏せる、
特に棒を持った彼女には札付きが束で掛かっても敵わない。
それでも『愛佳ちゃん』などと呼ばれるのは、彼女の器量が優れている為だ。
27歳、若さと経験が溶けあう歳。
隙のないその美しさは精悍と表しても良い。
腰までの艶やかな黒髪、常時周りに気を配るくっきりとした瞳、結ばれた唇。
スタイルもなぜ警官をしているのかと疑問が出るほど美しい。
何しろ腰から下が胴の倍以上ある。
同じ身長の婦警と並ぶとその胸の下にベルトラインが来るほどだ。
そのスタイルは黒い革ジャンを着て立っているだけでも凄みがあった。

「あんた達、何がしたくてこんな事繰り返すのよ?」
愛佳は残った少年達を見下ろして問う。
髪を赤く染めた不良がペッと唾を吐いた。
「色々タマッてんだよ。鬱憤とか性欲とかがな」
愛佳は顔を顰める。
「鬱憤はスポーツでもして晴らしなさい。性欲は……1人で処理できるでしょ」
「できませーん、若いからすぐ溜まっちゃうんです」
赤髪はおどけた調子で言う。
愛佳はますます不機嫌な顔になった。
「坊や、いい加減にしなさい。出来ない訳がないでしょ!!」
すると赤髪も真顔になる。

129 名前:女刑事の腹の中     2/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:14:46 ID:I5gcBUx6]

「……マジでムラムラしてやべぇんだ、最近。それでキレやすくなってて」
赤髪は呟いた。
「お、俺もだ。自分でしたぐらいじゃどうにもなんねぇ。」
「俺も、やばいのはわかってるけどさ」
周りの少年達もそれに倣う。
「それ、またおかしなクスリ使ってるからじゃないの?」
「使ってねぇよ!! むしろ逆だ。愛佳ちゃんに絞られてクスリやめて以来、
 今度はアレの疼きが止まらねぇんだ」
赤髪は真顔のまま言った。
その瞳は輝きに乏しいが、どこか真に迫った必死さがある。

「……そ、それはでも、自業自得でしょう」
愛佳はかすかな動揺を浮かべながら言葉を返す。
数ヶ月前、確かにこの少年達にクスリに手を出さぬよう誓わせた。
良かれと思ってやった事だが、それが最近の喧騒に繋がっているのか。
「ああ、自業自得だ。だから愛佳ちゃん、もう放っといてくれよ。
 バカ同士で殴り合ってる方が、レイプよりなんぼかマシだろ。
 俺達、それだけはしねぇって決めてんだ」
赤髪が言い、周囲の少年と頷きあう。
愛佳ははっとして口を押さえた。
「あなた達……そんな事を……?」

愛佳は心の底で、この少年達は更正などしないのでは、と思う事があった。
クスリを禁じても聞きはしないだろうと。
それがクスリの禁断症状に、こうも必死に抗っている。

愛佳は己が情けなかった。


130 名前:女刑事の腹の中     3/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:15:26 ID:I5gcBUx6]

「……協力するわ」
愛佳は表情を引き締めて少年達に告げる。
「協力?」
「非番の日、あなた達の性欲処理に付き合う、という意味よ」
愛佳が言うと、少年達が喜びの顔になる。
「っマジで!?」
「た、ただし!薬を使ったり、ピアスを開けたりするのは無しよ、良いわね?」
「勿論だよ、ありがとう愛佳ちゃん!!」
「その呼び方も改めなさい。……後輩にかけあって、確実に休める日を作るわ。
 決まったらまた伝えに来るわね、どうせ毎日この辺りにいるでしょ?」
「うん、よろしく“愛佳さん”!!」
少年達の素直な態度に、愛佳は微笑みながら踵を返した。
遠ざかる姿も絵になる。
少年達はその後姿が見えなくなるまで見送り、

嘲笑った。

「……くく、マジで上手くいったぜ?バカじゃねーのあの女!」
赤髪はそう言って錠剤を口に放り込む。
覚醒剤だ。
「ま、何だかんだで優しーからな、警官さんは」
「クスリがそうスッパリ止められるとでも思ってんのかねぇ」
逃げ出した少年も何人かが戻ってくる。
「つか、タマッてるとかよく言うよね。毎日あたしとかダチ輪姦しといてさ」
中には女子高生もいるようだ。
赤髪がその少女を振り仰いだ。
「バーカ、マキ。あの女は別腹だよ。強くてプライド高くて、最高じゃねぇか。
 あれを犯せると思うだけで勃っちまうぜ」
周囲に下卑た笑いが起きる。
「……ま、どうせヤるなら1回こっきりじゃ面白くねぇ。
 この面子で一日かけて、イッてもイッても止まらねぇ身体にしてやろうぜ」
赤髪はそう語りながら錠剤を噛み砕いた。




131 名前:女刑事の腹の中     4/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:18:36 ID:I5gcBUx6]



翌週の朝、少年7人・女子高生1人の計8人があるアパートに集まっていた。
10畳一間の部屋には大きな雀卓とそれを囲む革張りの椅子、ゆったりしたソファがある。
まるで雀荘さながらの設備だ。
そこは付近の不良少年が賭け麻雀をやる隠れ家だった。
近隣に他の住民がおらず、夜中にどれほど騒いでも文句が来ない。
そもそも住民がいなくなったのは、その一帯が族の溜まり場だからなのだが、
ともあれ多人数で女を悶え狂わせるには絶好の場所というわけだ。

「……で、マキ。今のハナシちと纏めてくれ」
「うん、いい?おさらいするよ」
マキと呼ばれる女子高生が男7人に呼びかけた。
「目的は、あの女のポルチオ…つまり子宮口ね、そこを徹底的に開発する事。
 ポルチオはクリトリスやGスポットより遥かに感じる一番の性感帯なの。
 処女じゃ開発は無理だけど、愛佳ちゃんほど美人なら経験ぐらいあるでしょ」
マキの言葉に皆が頷く。
愛佳は高校はおろか警察学校ですら注目の的だったそうだから、経験の無い筈があるまい。
マキは続けた。
「ポルチオって普段はぴっちり閉じちゃってるから、開発するにはまず昂ぶらせる事。
 焦らして焦らして、コリコリになった後で一気に奥を責めまくるの。
 そうなったらもう全身性感帯みたいになって、ずっとイキっぱなしになるんだって。
 だからすぐに突っ込んじゃダメ。愛佳ちゃんがラクになっちゃうからね。いい?」
場が熱を帯びる。
「俺我慢できっかなぁ、あの身体見てて」
「なに、若えんだしドンドン射精そうぜ」
ある少年は腕に注射をし、ある少年はドリンクを飲み干す。
そして落ち着きなく愛佳の来訪を待った。

愛佳が現れたのはその20分後だ。
水色のシャツ、7部袖の灰色カーディガン、黒のロングスパッツ。
私服はシンプルながらもスポーティで、愛佳によく合っている。
愛佳は一帯を鋭く見渡しながらアパートの入り口に立った。
赤髪がドアを開けると、部屋内の大人数に一瞬驚きを見せ、すぐに厳しい顔に戻る。
非番とはいえやはりあの宮北愛佳だ。

「……こんな溜まり場があったなんてね。盲点だったわ」
愛佳はパンプスを脱ぎながら言う。
「やだ。せっかく客として呼んだのに、チクリとか止めて下さいよぉ?」
マキが赤髪の後ろに隠れながら笑った。
愛佳は眉を顰める。
「ちゃんと彼女がいるんじゃない。私は必要なのかしら」
マキはさらに笑った。
「あたし一応未成年なんですけど。それを刑事さんが淫行奨励?」
見事な返しだ、と場にも笑いが広がる。
だが愛佳は動じない。マキの前まで来たとき、突如鼻をひくつかせた。
「あら、『未成年者喫煙禁止法』違反ね。
 帰りはご一緒がお望みかしら?」
マキが青ざめて口を押さえ、周囲の者も黙り込む。
「まぁいいわ、今日は非番だからね」
愛佳は一人勝ち誇った様子で居間に向かった。
「……あ、あんの、アマッ…………!!!!」
マキが悔しげに歯を軋ませる。が、その表情はやがて笑みに変わった。

132 名前:女刑事の腹の中     5/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:19:06 ID:I5gcBUx6]

「それじゃ、早速脱いでもらうぜ?」
赤髪が愛佳のシャツに手をかける。
「何でもいいから、早く済ませなさい」
愛佳は無表情に目を瞑った。
カーディガンを脱がし、シャツを捲ると歓声が上がる。
いきなり豊かな生乳が零れ出したからだ。
「ひょお、ノーブラかよ。ヤる気満々じゃん愛佳さん!」
罵られても愛佳は答えない。
「まぁセックスさせるために来たんだし、必要ないもんな。
 にしても、こりゃでかいな」
シャツが腕から抜き去られ、白い乳房が少年達に揉みしだかれる。
「うっわ、やわらけぇ!」
「ホントだ、しかもかなり張ってるな。意外に肌が若い」
乳房は少年達の手の中で様々に形を変えた。
愛佳は目を瞑り、唇を噛み締めて恥辱に耐える。
「ほらほら、それは後!さっさと全部脱がしちゃおうよ」
1人だけ冷静なマキが言うと、少年達はようやくに乳房を解放する。

次は黒いロングスパッツが摺り下げられた。
下からシルクの白いショーツが表れる。
「へぇ、白かぁ。何か規範通りって感じだね。婦女子の見本たれ!ってやつ?」
ショーツが長い脚を通って足首から抜き去られる。
不良の1人が股布を捲りかえした。
「ちっ、新しいな。マン筋もウン筋もねぇや」
そう言いながら匂いを嗅ぎ始める。
愛佳はそれを信じられないという様子で凝視していた。
「スパッツの方はちと蒸れてるぜ。朝からいい天気だもんな、今日」
スパッツを嗅いだ少年が述べる。
「うわ、男ってこういう事するから最低。
 ま、とにかく……これで完全に丸裸だね、宮北刑事。」
マキはそう嘲笑いながら愛佳の尻を撫でた。

133 名前:あぼーん mailto:あぼーん [あぼーん]
あぼーん

134 名前:女刑事の腹の中     7/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:21:27 ID:I5gcBUx6]



愛佳は目隠しされたまま硬い腕に抱え上げられ、ふわりとした場所に下ろされる。
部屋にあったのは革張りの椅子とゆったりとしたソファ。
恐らくそのソファの方だ。
愛佳の長い脚はソファに深く腰掛けても腿の一部がはみ出てしまう。
その長い脚はゆっくりと左右に開かされた。
一糸纏わない下半身の奥まりが衆目に晒される。
「へぇ、結構剛毛だ」
そうなじられた後、秘唇の肉びらに指がかけられ、無遠慮に割り開かれた。
「……おぉ、ビラビラは黒ずんでるけど中は綺麗なもんだな」
「ホントだ、すっげぇ!」
口々に言葉が聞こえる。愛佳は唇を噛み締めた。
目隠しをされ、脚を開かされ、何人もの少年におんなの部分を覗きこまれる。
耐え難い恥辱だ。
そればかりか飢えた少年は愛佳の内腿に手をかけ、なんと割れ目の匂いを嗅ぎ始めたらしい。
荒い息がすぅはぁすぅはぁと恥毛をくすぐる。
 (やめてっ!)
愛佳はそう叫びたかった。
だが仮にも少年課の刑事、そのような弱音は吐けない。

恥辱に耐えながら秘部の匂いを嗅がれているうち、不意に腕を取られた。
腕は掴まれたままソファの背もたれ裏で押さえつけられる。
脚を広げて万歳をする格好だ。
その大きく上げた右腋に、またしても少年の鼻息が近づく。
腋の匂いを嗅がれているのだ。
 (い、いやっ!!)
愛佳は乳房を揺らして身を捩る。
今日は天気もよく蒸し暑い。愛佳はその暑さの中を一時間以上も歩き回った。
このアパートの場所が分かりづらかったからだ。
それもノースリーブなどという色めいた格好はよくないと思い、きっちりとしたシャツで。
さらには昨晩の案件が長引いたせいで腋毛の処理もできていない。
何しろ仮眠の時間も取れずに駆けつけたのだ。

これらのおかげで腋にはかなりの汗を掻き、おまけに腋毛がそれを逃がさない。
その腋を嗅ぎ回られている。
「ああすげぇ、すげぇ匂いだよ愛佳さん!!」
右腋を嗅ぐ少年は興奮気味に言い、おもむろに腋に吸い付いた。
「うあ!!」
愛佳は声が上がるのを止められなかった。
「あははっ、刑事さんなぁに今の?」
マキの馬鹿にしたような声がする。その周りでも嘲笑いが起きている。
愛佳は羞恥で頬の染まる思いだった。

135 名前:女刑事の腹の中     8/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:24:02 ID:I5gcBUx6]

ちゅぱちゅぱくちゅ、ちゅっ……
右腋を舐める音が耳に響く。
「ん、んん」
愛佳は左肩に顔を埋めるようにして羞恥に耐えていた。
「愛佳ちゃん気持ちいいんだな。首のスジすげぇ突っ張ってるぜ」
そのようになじられても、もう他が向けない。
その愛佳を追い詰めるように、今度は左腋までも誰かに吸い付かれる。
「ふくっ!!」
愛佳は思わず跳ね上がって叫んだ。
腋から流れる細い電流が繋がり、胸の辺りでざわめく。
じゅるるるっ!
両腋を同時に吸い上げられれば、ソファの背もたれに頭を沈ませ悶えるしかない。

「あ、あぁ!」
愛佳は腕を抱え上げられ、両腋に吸い付かれ、秘部を開かれて声を上げた。
顔は唇を噛み締めながら天を仰ぐ。
「おい、なんか乳首勃ってきてねぇか?」
ぼそりと呟く声がした。
 (え、う、嘘!?)
愛佳の心が波打つ。
「マジだ、尖ってきてんじゃん!」
別の声が肯定し、ますます愛佳の心は乱れた。
確かに腋を舐められるのは相当な快感だ、乳首が反応してもおかしくはない。
たがこの短時間で、しかもこんな未熟な少年に責められて反応するなど認められる筈もない。
事実を確かめたいがアイマスクで何も見えず、もどかしさだけが募る。
「へえぇ、愛佳ちゃん敏感なんだぁ」
誰かが呟いた。獲物の弱点を見つけた時の声だ、愛佳は経験からそう悟る。
その勘は正しく、次の瞬間、無数の手が愛佳に襲い掛かった。

まず右脚が持ち上げられ、足の甲を舐められた。ふくらはぎと太腿にも指が這う。
それに平行して胴にも指が這った。
乳房の先と脇腹を触れるか触れないかの絶妙な強さでさする。
「ひぅ……っ!?」
愛佳は体中に沸き起こるむず痒さに思わず叫んだ。
1度叫べば止まらない。
「あ、あ、ああ、あう、ううぅっ……!!」
ぞくぞくと身体を震わせて声が漏れていく。

136 名前:女刑事の腹の中     9/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:24:58 ID:I5gcBUx6]

何分が経っただろうか。
たかが10分ほどかもしれないし、30分は過ぎているかもしれない。
時間感覚の狂う中、愛佳の体中を舌と指が這いまわった。
両腋の少年は休まず窪みを吸い続ける。
右の足先は呆れるほど丹念に舐めしゃぶられていた。
足首から少年の唾が垂れさえしている。
指の一本一本、かかと、くるぶし、足裏、アキレス腱……
最初はくすぐったいだけだったが、時間が経つとこれが本当に気持ちいい。
あまりの快感に足首を直角に曲げ、足指を広げたままピンと張る状態が止まらなかった。
かすかに撫でられる太腿もたまらない。
強張る膝下とは対照的に腿だけが宙に浮いているようだ。
それらの快感は電流となって秘奥に集まる。
「あそこがヒクついてるぜ、愛佳さん」
股の間から声がした。最初からずっと割れ目をひらいている少年だ。
これだけ気持ちいい中でそんな事をされては恥ずかしいどころではない。
いっそうのこと素直に伝えてくれればいいのに、ヒクついているとしか言わない。
愛佳はもう何度か、身体の奥からどろりと溢れる熱さを感じているのに。

たまらないといえば乳首もそうだ。
乳を苛む少年達は、乳房を根元から丁寧にもみ上げ、
粟立つ乳輪を撫で回し、その周りを指先で囲んでソフトにさすり回す。
だが核たる乳首にだけは絶対に触れないのだ。
下半身の疼きとその執拗な焦らし。乳首が屹立しているのはもう否定しようがない。
陰唇と同じく震えているかもしれない。
だが少年達の指は淡々とその周りだけを撫でていく。
「んんん……!!」
愛佳は唇を噛み締めてもどかしさに耐えた。

「うっはぁ愛佳ちゃんきんもちよさそー、乳首ビンビンじゃない。
 若いオトコノコに群がられて、女冥利に尽きるよねぇ?」
ジュースを買うと出かけていたマキの声がする。
ああやっぱり勃っちゃってたんだ、と愛佳はぼんやり考えた。
快感と睡眠不足で、ソファに埋めた頭が溶けていきそうだ。
そろそろ逝かせてもらえるな、と甘い考えが浮かぶ。
だがマキは残酷にそれを打ち砕いた。
「でも、まだまだだね。もっともっと昂ぶらせないと」
愛佳はその言葉に息を呑んだ。

137 名前:女刑事の腹の中      10/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:25:33 ID:I5gcBUx6]

「はっ……はぁっ……、んっ、うんんっ……」
荒い息遣いに混じり、喘ぐのを必死に堪える声が漏れる。
あの愛佳がそれほどに追い詰められる体勢は、獣のような四つん這いだった。
その太腿を抱え込むようにして1人が尻を吸う。
皺の一本一本をなぞり、まだ薄い菊輪に何周も舌を這わせ、ついに穴の中へと舌をねじ入れる。
愛佳はその舌遣いを嫌がって腰をうねらせた。
それはどれほど滑稽だろう。だがそれだけ余裕がなかったのだ。
たかが排泄の穴がこれほど性感に満ちているなどとは思いも寄らなかった。
アナルセックスというものが存在する事は知識として知っていたが、これなら頷ける。
腰が砕けるほどの快感なのに達するには及ばない。
尻穴をしゃぶる少年はけっして秘部には触れてくれない。きつい生殺しだった。

それに追い討ちをかけるように他の少年が髪を撫で、うなじに吸い付き、背筋をなぞる。
 ――ゾクゾクするのよ。
マキの解説が脳裏に浮かぶ。本当だ、これは相当にくる。
身体の芯までが甘ったれてしまって横になりたくなる。男に抱かれたい想いが身を焦がす。
そのまま女になってしまいたい。
だが愛佳は不良少年に規範を示すべき警察官だ。
歯を食いしばり、肉欲を拒むようにかぶりを振る。
「頑張るなぁ、愛佳ちゃん」
そんな声が聞こえ、横から乳房を触られた。先からの愛撫でそこはすっかり火照っている。
手はゆっくりと乳首から乳輪をさすり上げ、突如しこり勃った乳首を摘んだ。
「くうっ……!!」
食い縛った愛佳の歯から声が漏れる。
ずっと望んでいた事がいきなり襲ってきた。母乳が出るなら飛沫いているところだろう。
四つん這いでコリコリと乳首を刺激されると乳牛の気分になる。
ひどく熱い。
体中の汗腺から汗が吹き出ては垂れ落ちていく。
「んん、ん……!あはっ、うんん!!」
声を殺しきれずに唇を開いて喘いでしまう。
それがよほど色っぽかったのだろうか。

138 名前:女刑事の腹の中      11/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:26:05 ID:I5gcBUx6]

「くそ、もう我慢できねぇ!!」
少年の一人が叫び、ソファに飛び乗る。
そして愛佳をむりやり膝立ちの格好にさせると、おもむろに口に逸物を捻じ込んだ。
「もぉおう!?」
愛佳は突然口に滑り込んだ異物に慌てふためく。ひどい臭さが鼻腔を抜ける。
「しっかり舐めてくれよ、刑事さんよ!!」
男は愛佳の頭を鷲掴みにして腰を突き出した。
苦悶する愛佳は手で押しのけたかったが、腕は背後で掴まれている。
舌で押し出すのも無理そうだ。
もう少年を満足させるしかない、愛佳は覚悟を決めて亀頭に舌を絡ませた。
愛佳とて元はただの女学生だ、恋人のために技を覚えたりもした。
「うお、すげぇ気持ちいい!!なんだ上手ぇじゃんかよ!」
愛佳が舌を遣い始めると、男は腰を突き出したまま歓喜を表す。
口をすぼめてカリ首を吸い、歯茎で裏筋を扱き……頭を激しく前後させられながら色々とやる。
するとたちまちに少年の逸物は極まり、口内の中ほどでどくどくと精を放った。
若い少年の濃い精液は異常なほど生臭い。
「う、えはっ…!!」
ようやくに逸物を抜かれた愛佳は白濁を吐き出しながら酸素を求める。
息が上がっていたところに今の口辱はかなり堪えた。

しかし少年達は休ませない。
「おいずるいぞ、次は俺だ!!」
すぐに別の少年が愛佳の顎を掴み、またも臭い逸物を捻じ込む。
「ま、まって、うぶっ……!!」
愛佳は急に捻じ込まれ、先ほどの精液がまだ口内でねちゃつくまま奉仕を強要される。
こちらがどくどくと大量に注ぎ込めば、すぐに次。
放たれた精が次の突き込みで喉奥に入る。
「ゃはっ……あ、かはっ……!!!」
愛佳は口からどろどろと精液を零しながら、次々に精液を飲まされた。
その間も膝立ちになった愛佳の身体は散々に弄られる。
乳房と乳首を同時に揉まれ、膣と肛門のどちらにも指が入り込む。
後ろ手に腕を引かれるため倒れる事もできず、愛佳はパニックに陥りながらただ舌を使った。

139 名前:女刑事の腹の中      12/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:26:45 ID:I5gcBUx6]



「いい格好ねぇ、刑事さん」
男達が愛佳の口を堪能した後、マキは愛佳を見下ろして言った。
愛佳は雀卓横の革張りの椅子に腰掛けている。
惨めな姿だった。
目隠しをされた顔の鼻先には白濁がかかり、唇からも半透明の精が零れる。
両の手首は背もたれの後ろで結ばれ、長い脚は大股に開いたまま肘掛けに結わえつけられている。
それゆえ愛佳は大きく股を開いたまま身を捩る事もできない。
その格好は尋問を受ける捕虜のようだ。
いや、事実今の彼女は似たようなものかもしれない。

マキは愛佳の股座に視線を落とす。
愛佳の秘部はだらしなく開き、愛液を溢れさせて物欲しそうにひくついている。
そこに指を差し入れると愛佳は小さくうめいた。
「すごい、トロットロになっちゃってる。気持ちよかったんだ?」
マキが問うが、愛佳は精悍な顔を崩さない。もっとも、その顔もすでに白濁で穢されているのだが。
「ふーん、こんなになっててもまだ頑張るんだ。……じゃ、仕方ないか」
マキはそう言って鞄から何かを取り出した。
「何だそれ?電マ?」
「そんなところ。スライヴっていう超強力な奴だよ。ほら」
マキがそのスライヴの電源を入れ、男の肩に当てる。
激しいモーター音と共に男の肩が跳ね上がった。
「うお、やべえこれ!!凄いな」
「でしょ?……これを刑事さんの“クリトリス”に当ててあげる」
マキの言葉に愛佳の顔が険しくなった。
「大丈夫だよ、イクまでやらないから。絶対に、ね」
マキは笑いながら再びスライヴの電源を入れ、愛佳の陰核に押し当てる。
愛佳の腰がびくんと跳ねた。

140 名前:女刑事の腹の中      13/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:27:17 ID:I5gcBUx6]

「んんんんん!!!ふんんんんんっっ!!!!」
部屋にはモーター音と愛佳の生々しいうめきが延々と響いていた。
同時にむわっとする匂いが充満してもいる。
愛佳から漂う汗と愛液の匂いだ。
愛佳は体中を汗でてからせ、陰核下の割れ目から愛液を溢れさせていた。
革張りの椅子から零れた愛液がフローリングに水溜りを作る。
それでも秘部が直接刺激される事はない。
「うんんんん……!!」
愛佳が唇を噛みながら太腿を震えさせた。
その震えが小刻みになったとき、マキは急にスライヴを陰核から離す。
「うっ!」
愛佳が口惜しそうな声を漏らし、大きく息を吐いた。
「イキそうになったんでしょ?ダメだからね」
マキは笑いながら愛佳の震えが収まるのを待ち、再び陰核にスライブを当てる。
「うんんんっ……!!」
愛佳はまた生々しいうめきを上げ始めた。

それをしばし眺めながら、マキは傍の男にある指示を出す。
愛佳の目隠しを取れ、と言っているらしい。
男がすばやく目隠しを取ると、覗き込んでいた一堂に笑いが起きた。
愛佳ははっとした表情になる。
マキが笑いながらスライヴを外した。
「あっはははは!!いま完っ全に白目剥いてたよね、刑事さん。
 気持ちよくって頭蕩けちゃってたんだ?」
マキの言葉に、愛佳は鋭く睨み返す。
普段なら暴力団員さえ及び腰になる眼光。
だがマキはまるで臆さない。
「あー怖い怖い。人の部屋に汗とマンコの匂い充満させといて、どうして睨めるんだろ。
 ちょっと前にあたしの口が臭いとか言ってたけど、今のあんたの万倍マシでしょ。
 クリトリスもビンビンにしちゃって、当てやすいわ」
意地悪く罵りながら再び陰核にスライヴを押し付ける。
「……絶対ラクにさせてやんないからね」
冷たく耳元で宣言され、愛佳はマキを睨んだまま眉を顰めた。



141 名前:女刑事の腹の中      14/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:28:27 ID:I5gcBUx6]

「素直になんなよ。イカせて下さい、って一言お願いするだけでいいんだから」
マキが愛佳の脇に立って言う。
スライヴを使いすぎて手が痺れたため、別の少年に交替したのだ。
ただし寸止めのタイミングを計るのはやはり彼女だ。
女ゆえに女の達するタイミングがわかるらしい。
「離して」
マキの一声で陰核からさっとスライブが離される。
「うぐうううぅっ……!!」
愛佳が低く唸った直後、ひくつく秘唇から黄金色の液が噴き出した。
液は放物線を描いて床に飛び散っていく。
「おいおい、ションベンかよ!」
「うひ、まさかあの宮北愛佳が大股開いて小便漏らすのを拝めるとはなぁ」
「人ン家でやってくれるぜ。権力の犬つーか、もう只の駄犬だな」
少年達が面白そうに囃し立てた。

もう何度、いや何十度の寸止めが続いただろう。
後ろ手に縛られ、品もなく開脚した身体は達し損ねるたびに椅子を軋ませる。
頬は赤らみ、髪は汗で貼りつき、口からは涎が垂れ落ちる。
クリトリスと乳首などはもう最初の状態を思い起こせないほどに痛々しく屹立している。
そんな状態でも愛佳はなお毅然としていた。
腹筋を引き締めて胸を張り、豊かな乳房を堂々と衆目に晒す。
瞳は前のみを睨み据える。
イキたいなどとは決して口にしない。それが少年達に屈する事を意味するからだ。
愛佳は耐え続けた。
だがどんな人間にも限界はある。
そしてそれが近いことを、同じ女であるマキは見抜いていた。

「おしっこ漏らしちゃったんだ。恥ずかしいね」
マキは尿の絡む愛佳の陰毛を優しく掻き分け、細い指を割れ目に滑り込ませた。
第二関節までを入れて臍側に少し曲げたようだ。
愛佳の目が見開いた。
「うわぁ可哀想、Gスポットがこんなに腫れ上がっちゃってる。

 ずうっと放置されててつらかっただろうね。ちょっと撫でてあげる。
 ほら、指のお腹で、ゆっくり、ゆっくりさすって……。
 激しいのは痛いだけだもんね、こういうのが一番すごいよね」
マキが割れ目の中で指を蠢かす。
すると突如愛佳の腰がびくんっ、と跳ねた。
「あははっ、なぁに今の?気持ちよかったの?」
マキは気をよくしてさらに続ける。
「んぐううう!!ふんんんっ……う!!!!」
愛佳は低い唸りをあげ、腰を艶かしくうねらせた。
「きんもちよさそー。こんなやらしい腰使い見たの初めてだよ」
マキは揺れる愛佳の視線を待ち構え、より丹念に指で嬲りまわした。

142 名前:女刑事の腹の中      15/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:28:57 ID:I5gcBUx6]

くちくちくちくち、微かな水音が漏れる。
「ぃ、ぃくっ……」
愛佳が小さく叫んだ。その瞬間にマキの指が止まる。
愛佳の瞳が震えながらマキを見た。
マキは悪魔のような笑みで訴え返す。
愛佳の目に見えない震えが収まった頃、再び指での嬲りが始まる。
それが何度も繰り返された。

愛佳は目に見えて追い詰められていた。
何度もマキに瞳で訴えかけ、拒まれ、訴えかけ、
ついには目尻から涙を零し始めた。

愛佳は耐えて、耐えて、耐え続けた。
しかし、そう、どんな人間にも限界はあるのだ。
服を脱がされてから4時間、嬲られ始めてから3時間余り。宮北愛佳は力なく呟いた。

「…………も、もうダメ……。もう、やめて………… 」

マキが面白そうに目を見開く。
「何をやめるの?」
「焦らすのはもうやめて!お願い、い…イカせてっ……!」
「イカせて下さい、でしょ?」
マキは少年からスライヴを取り、マキの秘唇に押し当てた。
「ッぐうぅう!!!い、いいイカせて下さい、イカせてくださいいっ!!!」
愛佳は椅子が壊れそうになるほど暴れ回る。
マキは満足げに笑い、スライヴを止めて愛佳の割れ目に指を差し込んだ。
奥まで差し込んで弄くる仕草をする。
触れるのはGスポットではない。その更に奥、子宮口だ。
「うん、ぷっくり膨らんでる。じゃあお待たせ。
 死ぬほどイキまくってね」
マキは愛佳の縄を解き、足腰の立たない愛佳をソファに投げ飛ばす。
「おっしゃあ、ようやくヤれるぜっ!!」
愛佳がソファに倒れ込んだ瞬間、先走り塗れの少年達が一斉に襲い掛かった。

143 名前:女刑事の腹の中      16/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:36:11 ID:I5gcBUx6]

まず愛佳を抱き上げたのは赤髪だ。
乱暴に股を開かせ、反り返った逸物を一気にねじ入れる。
その瞬間だ。
「…っ!?いやぁ、ふ、深いぃっ!!!」
愛佳が絶叫した。蕩けていた目は見開き、足先がぴんと張っている。
赤髪の方も唖然とした様子で声を絞り出した。
「すっ、すげぇ、奥の窪みが痙攣して、裏筋を押し上げてきやがる!」
興奮した様子で腰を密着させぐりぐりと抉りまわす。
愛佳の表情がさらに激変した。
「あひっ、い、イグううううぅっ!!!!」
そう叫んで天を仰ぐ。腰はガクガクと震えている。
「へぇ…。“ポルチオが目覚めたら、強めに押し込むだけで何度も逝く”
 って噂は聞いてたけど、本当だったのね」
マキは部屋の片隅で秘部を弄くりながら呟いた。
これから慰み者となる愛佳を見て愉悦に浸るつもりだろう。

「何だ、もうイッちまったのかよ。いやらしくヒクヒク締め付けやがって、よ!!」
赤髪は笑いながら腰を引き、また根元まで強く打ち付けた。
ぶちゅうっと水の潰れる音がする。
「んおおぉっ!?やっ、やめてっ、またいっちゃう、うあぁあああああ゛ッ!!!!」
パンパンと赤髪が腰を使うと愛佳は更に大声で叫びだした。
首に筋を立て、赤髪の上半身を押しやるようにして悶える。
「うおおすげぇ、締まるッ……!!」
赤髪は気持ち良さそうに叫び、さらに数度腰を打ち付けてからどくどくと精を注ぎ込んだ。
「うくっ……、あううっ……!!」
愛佳はそれを膣奥で受け止めながらまた背筋を震え上がらせる。

144 名前:女刑事の腹の中      17/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:37:18 ID:I5gcBUx6]

「どけ、次は俺だ!!」
赤髪が逸物を抜いた瞬間、色黒の少年が愛佳を押し倒す。
ソファに肘を突かせて突き出た尻を叩く。
「おら、下げろ!」
脚長の愛佳とバックでするには膝を曲げさせる必要があった。
「や、やめてぇっ、今イッたばかりなの、お願いやめてっ!!」
愛佳は懇願するが、色黒少年はむりやり愛佳に膝をつかせて背後から突き入れる。
「くぁあああうおっ!!」
愛佳はまた普段からは考えられない声を上げる。
「おう、やっぱバックだと上手く嵌るぜ。カリが締めつけられてたまんねぇ!」
色黒少年はやはり歓喜して激しく腰を使う。
ゴッゴッゴッゴッ、と白と黒の腰がぶつかり合う。
「あっ当たる、ああ当たるううっ!!いやあイグっ、イグイグイグううぅぅっっ!!!
 もうやめてぇ、もうやめてえええええええええええ!!!!!!!!」
愛佳は叫び続けた。
何度も絶頂を迎えているらしく喘ぎが酷い。
呼吸もままならないのだろう。汗と涙と鼻水と涎で、美貌が刻一刻と崩れていく。
「うへ、すげぇ顔になってるぜ愛佳ちゃん」
少年達がソファの背もたれ側から覗き込むが、もはや愛佳に余裕は無い。
「いぐいぐいぐいぐ、ああイグ、イグっ、またいぐううううっ!!!!」
歯を食い縛り下唇を震えさせて声を絞り出す。
眉の垂れ下がったその顔は、もう鬼の宮北愛佳ではない。
「もおやめてええっっ!もうイキすぎてるがらあっっ!!」
愛佳は背を仰け反らせながら叫んだ。
「おお、もうやめてやらぁ、奥に射精してな!!!」
色黒少年は愛佳の腰を強く抱えながらゴリゴリと奥を抉り、最奥で腰を止めた。
腰の震えから射精しているのがわかる。恐ろしく長い。
「あ、あ………!!!」
愛佳は口を大きく開いたまま射精を受けとめた。
ソファに突いた太腿が筋張っているのが、ひどく生々しかった。
ぎゅぷっという音で半立ちの怒張が引き抜かれると、床にぼどぼどと精液が零れる。
「はぁっ……はぁ、はひっ……ああ、う、ひいっ………!!」
愛佳はおかしな呼吸音のままソファに顔を埋めていた。

だが逸物をはち切れさせんばかりの少年はまだまだいる。
入墨をいれた腕の太い少年が愛佳の脚を抱え上げ、上下に開いた脚の間に逸物を叩き込む。
「うぐっ!ま、また……!!だめっ、さっきからずっとイキっぱなしで、息が、…っきな………!!!」
愛佳は瞳をこれ以上ないほどに見開いて抗議する。
だが入墨少年は、ただ己の快楽の為だけに無心に腰をたたきつけた。
「……ふぐうっ、う、ふぐっ、ッ!!うはおおおぉぉっっ!!!!!!」
愛佳は狂ったように叫び出す。
持ち上げられた右脚を痙攣させ、右手でソファを掻き毟ってボタンを引き千切る。

145 名前:女刑事の腹の中      18/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:38:00 ID:I5gcBUx6]

「すげぇな、あれ……もう全身が性感帯になってんじゃねえか」
射精して人心地ついた少年がマキに囁く。
目線の先には獣のように犯される愛佳がいた。
冷静になって眺めれば恐ろしい光景だ。
少年の言うとおり、愛佳は男に群がられて体中を触られながら悶える。
どこを触っても10秒以内に逝っているようだ。
例えば腕を掴むだけ、髪の毛、顔、足、尻……下腹をトントンと叩かれるだけでも。
秘部を貫かれると発狂したかのように体中がバウンドする。
無論、常に達しており、潮もいつ噴いたか分からないほどだ。
「全身性感帯……まさにその通りよ?
 クリトリスやGスポットの快感は局所的だけど、ポルチオの快感は体中に巡るの。
 何せ子宮を揺さぶってるようなものだもん。
 だからこそポルチオは最大の性感帯なの。
 ちなみに快感はすごく深くて、あの全身性感帯の状態が一時間近くも続くらしいよ」
マキは愛佳を眺めながら至福の自慰に浸る。
その目はどこか羨ましげでもあった。



すっかり日も落ちた頃、ようやく少年全てが満足げな息を吐いた。
この日を心待ちにして溜めていたのか、宮北愛佳を犯せる事に興奮したのか、
全員が少なくとも4順はしていた。
愛佳は見るも無残な姿になっている。
身体は白濁に塗れ、秘唇は肉厚に腫れ上がり、顔は人形のように動かない。
「あっちゃあ、汚いなぁ」
部屋で唯一動けるマキが愛佳を見下ろした。
その秘部からは長いペニスバンドが突き出ている。
最後のとどめで犯してやろうというのだ。
マキは愛佳の脚をとり、屈曲位でペニスバンドを押し込んだ。
開ききった割れ目には手を添える必要もなくずるりと入ってしまう。
「う………」
愛佳が枯れた声でうめいた。
さすがにもうポルチオ性感は残っていまい。
マキはそう思いながらペニスバンドを押し進めていく。
半ばほどで子宮口に達するが、子宮口はやはりもう解れていた。
「あー、もうブヨブヨ。こりこりしたのが体験したかったのになぁ」
マキが残念そうに言い、子宮口の下方にペニスバンドを押し付けた時だ。
柔らかい筋肉へめり込む感触と共に、ペニスバンドの先が更なる深みへと嵌りこんだ。
「くぁうう!?」
その途端、死んだように無反応だった愛佳が再び声を上げた。
少年達が何事かと目を向ける。
「え、すごい……」
マキはその事態をすぐに理解した。
「おいマキ、何やったんだ?」
赤髪がマキの肩を叩く。マキは興奮気味に答えた。
「子宮に入ったんだよ、今。ウテルスセックスってやつ!
 すごい、本当にできるんだ……」
愛佳の言葉に赤髪達が息を呑む。

146 名前:女刑事の腹の中      19/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:39:12 ID:I5gcBUx6]

「俺にもやらせてくれ」
赤髪が言うとマキがペニスバンドを抜き出した。
赤髪は愛佳の腰を掴んで挿入を開始する。
「こ、今度は……何なの……」
愛佳は憔悴しきった表情で結合部を見つめた。

再び硬さを取り戻した逸物がゆっくりと肉襞を掻き分けていく。
かすかに弾力を残す子宮口に当たり、赤髪は腰に力を込めた。
すると子宮口に当たった亀頭がにゅるんと奥に滑りこむ。
「うお、マジだ……入っちまった。」
赤髪が驚きの表情を見せた。愛佳も同じくだ。
「い、いやぁっ!!こ、これ何!?どこに入ってるの、いやよっ!!!」
錯乱して腰を揺らす。
「だから、お前の子宮ン中だよ。
 ああすげぇ、オマンコどころか、あの宮北愛佳の子袋かよ。
 おまえここで子供産むのか、なんか感慨深ぇな」
赤髪は一番の奥で挿入を止め、ゆっくりグリグリと亀頭を擦りつけた。
「ぐ、うくうううっ……!!」
愛佳はまたしても顔を歪めた。
もう場に居る者全てが知っている、それは快感を堪える時の表情だ。

しばらく亀頭を擦り付けているうち、不意に赤髪が声を上げた。
「うおっ!……へっ愛佳てめぇ、この淫乱女め。
 膣の奥がうねるみてぇに締め付けだしたじゃねぇか、あ?」
赤髪がなじると、愛佳は首を振って否定する。
「違う、違うの!!これ私が締め付けてるんじゃない、
 勝手にお腹の奥が動いちゃうの!!こんなのおかしいわ!!!
 あああっ、いく、逝きたくないのに、あう、かってにイッちゃううっ!!」」
自分でもどうなっているのか分からないらしい。
ただ快感だけは凄まじいらしく、背を仰け反らせながらまた何度も達していた。
「ふふ、それが中逝きよ、刑事さん。
 自分が気持ちよくなろうとって締め付けるのとは違う、勝手に筋肉が動いてくの。
 おめでとう。それを覚えこまされたらもう、二度と普通には戻れないよ」
マキが淡々と解説する。
それをバックに赤髪が腰を引き、突き込みを開始する。

147 名前:女刑事の腹の中      20/20 mailto:sage [2010/04/23(金) 07:40:28 ID:I5gcBUx6]

「うぅ、すげえ、亀頭が輪ゴムの束で扱かれてるみてぇだ!
 ポルチオの挟み込まれるのようなにも良かったけど、こりゃ段違いだぜ!!」
そう歓喜しながらずんずんと腰を遣う。
愛佳の方はたまったものではない。
先ほどまで突かれるだけで達していた子宮口を、菊輪のようにカリ首で刺激されるのだ。
「っいくいくいぐ、ああっ、またいぐうっ!!ああっ、くおあぁあああ゛ーーーっ!!!」
白目を剥き、泡さえ噴き、愛佳の思考は快感に塗りつぶされていく。
愛佳はただ目の前の灼熱の棒を有した逞しい身体にすがりつき、その背中に長い足を回した。
まるで恋人のごとくだ。
「いくぞ、いくぞ、射精すぞ!!」
赤髪が抽迭の果てに子宮奥で精を放つ。
あれほど出したというのにまだ残っていたのかという量が流れ込む。
「へへ、子宮の奥の奥でこんなに射精してんだ。こりゃあ孕んだなぁ、愛佳」
赤髪が愛佳の耳元で囁くが、もはや愛佳には聞こえていないだろう。
「おい、いい加減に離せよ。そんなに俺の子種が惜しいのか?」
「ああ……ああ、ああそこいいっ、ああうっ……!!!」
赤髪が茶化しても絶頂を迎えている愛佳は背中の足を解かない。
仕方なく数人の力尽くで引き剥がす。

赤髪がずるりと逸物を引きずり出すと、亀頭部分に細かな白い粒が付着していた。
「ん、なんだこれ?」
「あーらら、子宮のカスだね。恥垢ってやつ。まぁ子宮の中なんて洗えないしね」
マキの解説に正気を取り戻した愛佳が俯く。
だがその醜悪な事実は、かえって他の少年達の性欲を煽ったらしい。
「へへ、清く正しい愛佳刑事の子袋はそんなカスで汚れまくってるわけか。
 なら、俺達のモノでしっかりと掃除してやんねぇとな」
「ああ、汚ねぇ仕事はお任せあれだ!」
次々逸物を反り立てて迫る少年に、愛佳は目を見開く。
巨漢の少年が愛佳を押し倒し、太い剛直を深々と挿し入れた。

「い、いやあ、ここんなの続けられたら、もう私……ぐ、おぐっ!?
 お、おっき……うく、あぁ、っう、ふぁああああああぁーーーーーーーーっっ!!!!」

薄暗い部屋に絶叫が響き渡る。

かつての愛佳を知る物には聞くに堪えないその叫びは、
しかし彼女が人生で発したどんな言葉より雄弁だった。


                          END

148 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/23(金) 09:15:25 ID:NyPnR7VI]
うわ、なんかいきなり GJすぎるw

>「前戯なくして絶頂のカタルシスはありえねェ」
オヤジは良い事言ったよ!


149 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/23(金) 15:25:04 ID:TbLZVGf+]
これは本職の方ですね

150 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/23(金) 23:53:04 ID:db/0ak/5]
面白いけど怖かった!
でも凄い!GJ



151 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/24(土) 02:14:31 ID:gL75xjYF]
久しぶりにこの板の文章をオカズにしたような気がする
とても素晴らしい逝きっぷりにGJ

152 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/24(土) 03:45:04 ID:vI4TLpWH]
やっべ、大型GJきてた!!!
マジGJ!

153 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/24(土) 08:55:49 ID:C+QTQKcX]
歴史に残るGJ

154 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/24(土) 23:10:31 ID:Pncp+d1d]
これはほんとにいいな


155 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/25(日) 03:30:54 ID:CZYoDlL6]
実に変態的かつ官能的でGJだが、愛佳ちゃん頭ワリーな

156 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/25(日) 12:49:14 ID:Nxji8Uni]
子供には甘いんじゃない?
そろそろお母さんって歳だし。

157 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/26(月) 15:51:14 ID:i9sCLNlO]
GJ!こういう説得力のある作品は実用性が桁違いだな。
愛佳タンになりきってアナルオナニーする俺キモス

158 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/26(月) 16:24:29 ID:3EN7pQar]
気持ち悪いから今すぐ死ね>>157

159 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/04/27(火) 14:55:02 ID:UUz9z0pm]
>>158
カワイソス

160 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/05/08(土) 00:35:28 ID:g6hXsmq3]
保守



161 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/05/16(日) 16:24:49 ID:DQqqnsvs]
ほす

162 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/05/19(水) 22:14:46 ID:gjgzbKeh]
保守

163 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/05/29(土) 01:06:19 ID:CKzOxfVq]
愛佳=黒木メイサのイメージでok?

164 名前:名無しさん@ピンキー [2010/05/30(日) 11:04:20 ID:87u2gzI4]
保守

165 名前:名無しさん@ピンキー [2010/06/11(金) 10:00:31 ID:4yDoYq+D]
保守していぐぅ

166 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/06/20(日) 01:33:10 ID:UwLnc9TA]
理想のイキまくりシチュって皆それぞれどうなんだろうと振ってみる

167 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/06/22(火) 02:09:39 ID:0kfbwQYC]
>>166
白目 クチから泡 まともな言葉発せない
全身弛緩 痙攣

こんな感じかな?

168 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/06/22(火) 02:47:24 ID:NUH4M4Tv]
>>166
想定外の快感からのイキまくり
「え・・何?・・・なにこれ?!いやあああ!!」
みたいなシチュからが好み
性感を知らない、Hはしてるけどあまりイカない、普通にイクけどその先が
とベースはなんでも好み

169 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/06/22(火) 03:12:00 ID:RpPHoS1T]
>>166
最初はすご過ぎて快感というか痛みみたいな反応を見せた後、慣れてきて
異常な喘ぎやら暴れっぷりやら放尿をし、最終的に>>167みたいになる

そんなの読んだこと無いけど…

170 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/06/29(火) 12:13:58 ID:xw0J91dS]
>>90がそんな感じじゃね?



171 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/07/04(日) 03:09:09 ID:SIn6PFmG]
最終的には>>167のようになるとして、ラブセックスよりは拷問等の強制絶頂が好み
女のプライドが徐々に崩れていくような描写があるといいな。理性がある間は弄ばれ、最終的に>>167
だから>>128などはかなり好みだ

調教して徐々に隷従化させて行くのもいいなあ
強制絶頂で失禁したものを自分の舌で掃除しろと強制して、四つん這いで舐めさせて始末させるとか

172 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/07/16(金) 01:21:49 ID:YFlLppW1]
振ってみた本人が言うのもなんだが……皆激しいな

173 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/07/16(金) 02:38:42 ID:1Ev4K57v]
ラブセックスも好きだけどな
普段おとなしい子が最初恥じらってたのに最終的にエグいイキ方しまくってるのとかいい

174 名前:名無しさん@ピンキー [2010/07/30(金) 06:34:54 ID:hva4OkXl]
ほし

175 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/07/31(土) 15:39:11 ID:QskDwSw7]
>>173
脳内イメージわいた
舞ってろ書いてくる

176 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/07/31(土) 18:54:12 ID:WVyhKkYW]


       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・∩)   カッパッパ♪
          【( ⊃ #)    ルンパッパ♪
           し'し'


     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (∩・∀・)   カッパキザクラ♪
           (# ⊂ )】    カッパッパ♪
           `J`J


       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・,,,)   ポンピリピン♪
        ((⊂#((⊂)】    ノンジャッタ♪
           し'し'


           カパァー...
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (,,,-∀-)   チョーット♪
        ((と__つつ))  イーキモチー♪

177 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/08/21(土) 02:04:08 ID:2MdQKVLC]
保至湯

178 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/08/30(月) 12:02:10 ID:iqrrrxZs]
何だかんだでかつては隆盛を誇っていたこのスレも今ではこの有様
やはり書き手を弾こうとする奴が居ると碌な事にはならないな

179 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/09/06(月) 01:38:53 ID:w4F9ociS]
書き手弾き云々は知らんが
隆盛を誇ったっつう程盛り上がってたっけ…

180 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/09/06(月) 04:15:08 ID:R2DzTkZV]
一作一作が大作だったりするから、速度的には割と



181 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/09/14(火) 02:41:43 ID:LWlwi0Oi]
マリーさんしか記憶に無い

182 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/09/14(火) 03:25:19 ID:bZcAhrm9]
マリーさんも続きそうな終り方したにしては更新ねぇなぁ

某所の他人も長期放置だしなぁ

183 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/09/14(火) 20:09:45 ID:2d9qMK6X]
サキちゃん・・・

184 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/09/29(水) 09:06:31 ID:SEWlaw2a]
ほし

185 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/02(土) 22:29:35 ID:mXf0cP3V]


186 名前:名無しさん@ピンキー [2010/10/14(木) 23:17:49 ID:/j+cktNE]
ぬるぽ

187 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/14(木) 23:23:28 ID:kZzRjlPk]
>>186
ガッ

188 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/14(木) 23:32:01 ID:kR/P0h7J]
早いしw
いいよなぁイカされすぎ。

189 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/16(土) 19:59:35 ID:LJ6FNzgR]
ノクターンでマリーさんの人が、連載小説の続きアップしてたよ

190 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/21(木) 21:30:25 ID:BYdFY7ys]
>>189
検索するのでヒントください



191 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/22(金) 09:54:05 ID:hzRYERvs]
>>190
ちょwwwww
ノクターンでwwwwマリーさんの人がwww
ヒントになってねぇww

192 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/22(金) 19:44:46 ID:gmasUBME]
お、ホントだ情報d
ほぼ1年ぶりかwww


>>190
ノクターン 他人

193 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/24(日) 20:09:39 ID:vK8xUiSx]
グーグルで『探究』で検索すると、他のキーワードの欄に探究大都市のマリーがw
お前ら検索しすぎだろwww

194 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/28(木) 20:07:20 ID:2650p3Qm]
全然わかんない・・・・

195 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/10/29(金) 00:00:54 ID:C+acxl8f]
他人が苦手な少年の日々

196 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/03(水) 10:32:09 ID:h17Us2Ji]
マリーさんこそ真の神

197 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/15(月) 00:00:56 ID:ewrvIY+N]


198 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/15(月) 13:28:56 ID:EYNATX5a]


199 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/16(火) 02:50:53 ID:3D1zW7VO]


200 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/16(火) 13:43:50 ID:oFBnxJ/X]




201 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/17(水) 00:48:57 ID:dXXekqHW]


202 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/17(水) 09:58:12 ID:I5oIdmcf]


203 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/17(水) 10:32:51 ID:KEHQch2J]


204 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/18(木) 01:27:04 ID:Bdd+47G0]
電気マッサージ器をアソコに挿入して
女の子と電気マッサージ器どっちが先に壊れるかを比べてみたい。

205 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/18(木) 11:45:52 ID:8zhLxJxt]
入れた時点でアソコ壊れるだろ

206 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/18(木) 14:35:28 ID:+ulPnKIR]
電マにくっつけるディルド型アタッチメントがあるな
AVなんかだと電動ドライバーを改造した回転ディルドも見たことあるが、まさにドリルだ
イキすぎて潮さえ吹けない
抜いたあと時間差で大量に吹くけどどう見ても尿です

3次じゃなきゃ最高なのに

207 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/18(木) 16:57:16 ID:Y+9aQY7s]
そのAVの詳細くれ

208 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/18(木) 17:49:27 ID:+ulPnKIR]
>>207
痙攣薬漬けシリーズ
誰かは忘れた

209 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/18(木) 18:15:36 ID:Y+9aQY7s]
ありがとう

210 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/21(日) 22:51:54 ID:qjSvTSsK]
>>206
俺は回転の方より高速ピストンディルドの方が好きだな。

あとあのシリーズでツボったのが前後にローター大量挿入
一斉にスイッチ入れて中からゴリゴリゴリって音がするのがいい。



211 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/27(土) 21:31:41 ID:k0S0j1WE]
ローターって挿入するようにできてないんだよな
最近のは防水がデフォなのか?

212 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/27(土) 22:38:54 ID:0FCVSowN]
安いのは耐水性ないらしい…
ちょっとお高いのなら防水ってことらしいね。

アソコから何本ものコードが出てるのが好きだなぁ…。

女の子にローターをどんどん挿入していって
黒ひげ危機一髪のごとく(失神して意識を)飛ばしたらその人が負けとか。

213 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/27(土) 23:05:37 ID:FW7/Qxlp]
「きゃははははは!」
「いい気味ねーw」
「もう、やめて…ください…」
制服を脱がされて裸にされている少女。
それを取り囲む同じ制服を着た同世代の集団。
「あんた、むかつくのよ」
「そうそう。サッカー部のエースと親しげに話したりして!」
「あんたファンクラブあんの知ってるでしょ!? 非公認だけど」
「し、知らない! しらなかったんです! キミくんとは幼なじみでっ… でも、こんなのヒドイ!」
「ふんっ、知らないは罪だって知らないようね やりなさい」
リーダー格の少女が号令をだす。すかさず周りは裸の少女につかみかかり、
床に倒して仰向けにする。
「な、なにするんですかっ!」
「ふん、これからゲームをするのよ。みんなでこれからコレを入れて、
 逝ったときに入れた人間が負け。負けた人間はみんなにおごるって話し。単純なゲームよ」
そういって全員がポケットからピンクローターを取り出した。
−ヴィイイイイイイ!
「ひっ!?」
裸の少女が驚き、逃げようともがく。
しかし、取り押さえている状態では逃げられない。
「ふふふ、まずは入れやすいように、ローションを塗ってあげるわ♪」
「ひっ! つめたっ! ヌルヌルしてきもちわるい!」
「キモチイイ! でしょ!」
−ドガッ!
裸の少女が腹を蹴られた。
「げぅっ!」
「ふん、膣内まで注入してあげるわ。むかつくけど、親切でしょ?w」
「んにゃあああ?! 中 つめたっ、あうっ!」
「これだけのローター入れられたら、処女膜破けるかもねwww」
「「「きゃははははwww」」」
「さ、一番目はだれかしらw」
「アタシいっちばーん!♪」
−つぷっ ヴィイイイ!
「ひぎいいい!?」

こうですか?! わかりません!!!

214 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/28(日) 00:08:10 ID:ouYTHgHz]
さあ相手はいじめっ子だ…
遠慮するんじゃない。
隠し持っていた超速回転バイブ(もちろん凄いうねり付き)や
超速ピストンバイブ、超極太バイブなどで大反撃だ。(エー

215 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/11/28(日) 04:16:14 ID:A68Foz5d]
寧ろ件のサッカー部のエースがさっそうと駆けつけていじめっ子共を軒並み行かせまくって服従させた後
いじめられっ子を助けてイカせまくるべき で 最終的にはハーレム形成っと・・・

216 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/12/02(木) 21:44:47 ID:qI5krOF7]
「ほらほら! まだ3つしか入ってないよ!」
−ヴィィイイ!
−ゴリゴリゴリゴリゴリゴリ…
少女の下腹部から、唸るモーター音と固いモノが小刻みにぶつかる音が聞こえてくる。
「うぐっ! かはっ! や、やめてっ! とめてえぇ!!」
腹の底から響いてくる異物感に必死に逃げようともがき、泣き、叫び、懇願する。
…が、
「次ワタシー!」
−つぷっ ヴィイイイ!
「うぶっ?!」
少女に新たなローターが挿入される。
もう叫びを上げられず、目を見開き口をパクパクと金魚のように開き、
涙を流しながら暴れる。
「暴れても無駄よ泥棒ネコさんw ほらほらあ! まだまだいくよーwww」
ーつぷ…みぢっ!!
「ぎっ!??!?」
そのとき、哀れな少女の下腹部から聞いたことのない音が体の中を通って鼓膜に届いた。
続いてすさまじい痛みが脳に駆け上がってくる。
それに耐えられず、少女は歯を食いしばってのけぞり、失神した。
「あれ? リーダー、こいつ気絶したよ」
押さえていた女子が言う。
「リーダー、こいつ、処女膜やぶけたみたいwww 血がついちゃった、ばっちいwww」
「だらしなヤツねぇ 泥棒ネコのくせにw」
そうリーダーは言った。

===
仕事中にこの後の展開を妄想したら勃起した。
つまり、抜ける作品になれそうだ とか思った。

こうですか? わかりませんっ!

217 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/12/03(金) 10:16:48 ID:GgYunAGo]
>>216
かまわん。続けろ。

218 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/12/16(木) 14:36:39 ID:rVXMhvAp]
二穴を>>214みたいな
特殊バイブで責め捲り連続アクメを…

おっと、その前に「いじめっ娘達が『偶々もってた「いちぢく浣腸1箱(12本入り)」で腸内洗浄」
うつ伏せ膝立ちで我慢させ、大噴射する所を撮影…→

精神が砕けた処でバイブ二穴責め → 

いぢめっ娘リーダー、知り合いのヤンキーを5人〜10人呼び出し(以下、ステレオタイプの輪姦陵辱)それを撮影→

ヒロイン、快感を加えられレイプ目に成りながらも辛うじて堕ちずにいたが…
いじめっ娘リーダー、こっそりエース君を呼び出し(「ヒロインちゃんが『見せたいもの』あるって〜w」)、現場に来るエース君…

…そして、そこにあったのは…、

「全身白濁塗れで、数人のヤンキーたちに三穴を塞がれ、ヨガリ捲ってるヒロイン…」
(いじめっ娘グループは事前に身を隠し退避、隠れて見ている)

そしてヒロインはエース君に気づき…、頭の中で『何か』がプツンと切れ…
奇怪な笑い声を上げながらヤンキーたちのペニスを貪り捲るのであった…。

・・・バッドエンド。

こんな感じの続き希望w。

219 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/12/24(金) 19:46:18 ID:H1dYWQFE]


220 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/12/24(金) 23:26:56 ID:puXS2hrI]




221 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/12/25(土) 19:33:24 ID:qTfu9vMX]


222 名前:名無しさん@ピンキー [2010/12/25(土) 23:59:28 ID:dONhL9VK]
クリスマスだな

223 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/12/26(日) 11:43:48 ID:KAjy3UQW]
まあ毎年言われているネタだが…クリスマスの夜に究極の快楽をプレゼント
イキ過ぎて腰砕けで次の日女達は起きてこれません。  

みたいな…。

224 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2010/12/28(火) 23:08:28 ID:4Rw0pIhy]
>>218
んー、それ、次の瞬間ヤンキー達のを食いちぎって
「ああおいひい、エース君も食べるう?」とか言いそうだ

225 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/05(水) 06:30:11 ID:KXdGxm4j]


226 名前:名無しさん@ピンキー [2011/01/12(水) 01:56:52 ID:sTuYLmFi]


227 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/12(水) 10:15:47 ID:iImj+FnB]


228 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/12(水) 22:33:49 ID:XLjQTYJT]


229 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/13(木) 00:51:42 ID:L2RhWfr3]


230 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/13(木) 10:13:31 ID:53gxwC40]




231 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/14(金) 00:52:37 ID:AxDvouFg]


232 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/15(土) 16:48:12 ID:I4zopzRe]


233 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/16(日) 15:36:27 ID:3Ve8oKi/]
>>225->>232
イカされすぎて呂律の回らなくなった女の子の喘ぎ声なのかっ?

234 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/16(日) 20:30:25 ID:iNVB8LL5]
>233 天才じゃね? 昔妄想力全開の頃、「あいうえお」だけで喘ぎ声とエロシーンを想像していたから、
即脳内で展開できた。

しかし、文章力は>216だから推して知るべし

235 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/17(月) 09:11:16 ID:YHNxC6iQ]
「あう、あ、いあ、えんは」
「え?何だって?」ズコズコ
「ああああ!!」
「演歌がどうした?」グリグリ
「へあああ……ひあう、えんはぁ」
「喧嘩?」
「えんはぁ!」
「わかった!センターだ!」ズンッ
「ああ〜〜〜〜vvv」ビクビク
「またイっちゃったか。で、センター試験がどうしたの?」
「むー」ブンブン
「違うのか〜、じゃもう一回イったら教えて?」 パンパンパン
「んん〜v」

まで想像した

236 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/17(月) 21:17:18 ID:EP9IzZYp]
>235 自分は、一文字ずつ分解してそこからストーリーを組み立てるんだ…

薄暗い打ちっ放しクンクリの室内。
スプリングが死んでいる朽ちたパイプベッドに、
年端もいかないはかなげな少女が手錠を掛けられ、目隠しをされながら、
長いストレートな茶髪を振り乱し嬌声を上げている。
「あっ あっ! ああっ!」
ギシギシときしむベッドに乗っているのは、少女だけではなかった。
”ズッチュズッチュ”と淫靡な水音が響き、音に合わせて少女が跳ね、
ぴったりくっつくようにメタボな体型の男が少女を抱きかかえ、
極悪な黒光りするイチモツでもって、
少女の秘穴を差し貫いている。
「うっ!!」
いきなり男が動きを止め、イチモツをより深く差し込んで身震いした。
「あーーーっ♪」
少女が歓喜震えるように叫び、少女もまた、びくびくと痙攣を繰り返した。
「いったのか…?」
男は少女に問う。
少女は男にうなずきで返し、その後二人ははげしいキスをする。
舌をからませ、互いの唾液をむさぼりつつ、呼吸を忘れるほどに長い激しいキスをする。
とっさに男は少女の目隠しを取った。
「あっ…」
少女の顔は恍惚な表情を見せ、目はトロンと男を見、だらしなくよだれを垂らしながら、微笑む。
その表情に男は興奮し、深く刺さったイチモツを引き抜いた。
「えっ?」
少女は抜かれる快感に翻弄されながら、男の動向を見守る。
これ以上の快感を求めて、いまかいまかと待ち構える。
「んんーーーっ!!!」
少女は未知の体験に叫び声を上げる。
しかし、男の手が少女の口にあてがわれ、それによって遮られる。
男は、少女のアヌスを差し貫いていたのだ。
「はじめてだろアヌスは? きもちいいか?」
少女は激しい快感に翻弄され、イキながら降りてこられずにさらにまたイく。
ずっとイキっぱなしになりながら、気絶もできず気持ちよすぎて壊れることも叶わず、
さらに快感から逃れることも忘れ、ただひたすらにベッドをきしませ続けた。


こんなかんじだ。
さて… 脳内でいじめっ子をいじめてくるかな…

237 名前:>>218ほぼ準拠 (1/7) mailto:sage [2011/01/18(火) 01:03:45 ID:CuTxaqfJ]
ぶった切ります。

・なんだかこれを書かないと2010年が終わらないような気がした。後悔はしていない。
・バランス悪くてごめんなさい。
・〜3はスカ風味注意。


―――――――
「……うぅ………ん……う………………」
小さなうめき声が上がった。
ゆっくりと、少女の意識が戻ってくる。聴覚、嗅覚、次に視覚、少しずつ。
「あ、コイツやっと起きたよ。ほんとトロい奴だなぁ」
「…………うぅん…………………つっ!」
軽く身じろぎをした少女の下腹部を、鋭い痛みと強烈な異物感が襲った。
(あ、夢じゃ、ない……)
忘れてしまいたいような体験。しかし、それが本当に起こったことは、自分の身体の感覚が証明している。
軽く膨れたそこに手を当て、中に詰まったもののが擦れる嫌な感覚に身震いをする。
と、頭上から冷たい声が響いた。あのリーダーの声が。
「こら、いつまでも寝てるんじゃないのよ。まだゲームは終わってないんだから」
「え……ゲーム………?」
「ほら、あんたの中にコレを詰めてくゲーム。あんたがさっき、イく前に気絶しちゃったからまだ決着がついていないの」
「決着って、そんな」
「もう膜は破れちゃったみたいだから気絶するなんてことはないでしょうけど、もう一回こうやって先延ばしになるのは
 ワタシとしても嬉しくないのよねぇ。ということで、ルールを変更しまぁす」
少女はすっかり話についていけない。
この女子たちの腹いせは、まだ続くということだろうか。
「追加ルールとして、『たまたま』この子が持っていたコレを使いますよぉ」
リーダーが横にいた腹心の一人を指すと、その女子は後ろに隠していた箱を恭しげに取り出す。
「あんたは人のものと自分のものの区別も付かないバカなな泥棒猫だから読めないかもしれないけど、
 この箱には『いちじくカンチョー』って書いてありまぁす。これ、何だかわかる?」
その意味を理解した少女の顔が一気に青ざめる。
「……イヤ!………絶対にイヤァァァァ!」
「ちょっとうるさいね。口塞いどいて」
「………イヤッ……むぐ……ぐ………むぅぅぅぅぅ………」
「やっぱり下品なことには頭が働くのかしらねぇ。分かってるみたいだけど、これはウンチが出やすくなるオクスリでね、
 これを入れられちゃうと嫌でもお尻からウンチを噴き出しちゃうのよねぇ」
「うぅぅぅぅ!んー!んんぅぅぅ!」
「あら何言ってるのか分からないわよ。一人ずつあんたのお尻の中にこれを入れていって、途中で耐えられなくなっちゃったら
その時に入れた人がおごり。一箱で十二本入ってるからけっこうすごい量になるけど、それでもまだあんたが大丈夫だったら、
前にローターを入れていって我慢できなくなったところでおごりよ。面白いでしょう?」
「ぷはっ……………やぁ、やだぁ…………」
弱々しくなった抗議に耳を貸すものなどおらず、手早く少女は四つん這いにされる。




238 名前:(2/7) mailto:sage [2011/01/18(火) 01:07:24 ID:CuTxaqfJ]
リーダーは満面の笑みを浮かべると、歯を食いしばって俯いた少女の後ろに回る。
「最初はワタシからねぇ。あら、可愛いお尻。泥棒猫にはもったいないかもね」
「………………」
「おとなしいのも面白くないわね。まあいいわ」
プツリと、浣腸器が少女の肛門に突き立てられる。
「………つっ!?」
「あんまり力入れると痛いわよ。入らないってことはないでしょうけど」
(…………つ、冷たいいぃぃ……………)
じわっと、液体が直腸に広がっていく感覚。初めて経験するそれに、少女はたじろぐ。
「さて、これで一本終わりね。まだ楽勝でしょう? さあ、次ね」
また、硬く冷たい感触が肛門を割って入っていく。そして染みわたる冷たい液体。
(……案外、大丈夫かも………)
気持ち悪いのは確かだが、さっき膣の中で暴れ回ったローターの痛みに比べれば耐えられないものではない。
三本目、四本目と浣腸液が注入されていっても、その感想に変わりはなかった。
ただ、機械的に我慢するだけ。
このまま耐え切ることさえできれば。
しかし、それが変化したのは六本目からだった。
(…………あれ、出そう………)
浣腸器が引き抜かれるときに、括約筋の力が急に必要になった。
明らかにお腹が重い。
「……………くぅっ…………」
「あれ、どうしたのかしら? さっきまでは随分と余裕そうだったのが、急に辛そうな顔になりましたねぇ。
 浣腸が効いてきたの?」
「………く……」
悔しいが、図星だった。
入ってきた浣腸液の量と冷たさだけを気にしていれば良かったのが、そこに自らの腸の蠕動運動が加わった。
お腹が低い音で鳴るのが聞こえる。
責める側にはちょうど聞かれなかったようだが、からかいの対象になるのも時間の問題だろう。
握った形になっていた手に、力が入る。
それでも、容赦なく浣腸液は注がれ続けていく。
七本目、八本目、九本目。
(………だ、大丈夫…………大丈夫大丈夫大丈夫……)
段々と、全身が強張っていく。意識が下腹部へと集中する。
「頑張って締めてるのかな? もっと簡単に入れさせてよぅ。痛いのはあんたなんだよ?」
「でも入れてるときに噴射されたら正面から浴びちゃうよ」
「あ、そうかあー。じゃあこの子が入れるときには緩めて入りやすいようにしてあげてね」
「ええ、やめてよー」
能天気な会話。
彼女の腹が大きく鳴る度に女子たちが沸く。
罵りも、彼女の耳には入っていなかった。
ただ、漏らすことだけは避けようと、それだけを考えていた。
次の一本までの間隔がいやに長く感じる。
きっとそれは気のせいで、ただ少女の我慢が限界に近づいている、それだけだ。
もしかしたら、彼女を嬲るためにゆっくりと入れるようにしているのかもしれない。
しかし、それも今の彼女に判断することはできない。
混濁した意識は、リーダーの「さあ、十二本終わり!」という声で現実に少し引き戻された。
「予想はしていたけど、やっぱり一箱入れるとすごいものね。あんた、妊婦みたいになってるわよ」
その言葉通り彼女の腹は、四つん這いになった体勢のせいもあり、以前とは比べ物にならないほどせり出している。
全体に細身な少女の身体の中で、形の変わった腹部はグロテスクな魅力を放っていた。
「ほら、すごーい」「わー!」「ここにあれが全部入ってるのかあ」
女子たちは入れ替わり立ち替わり、彼女の大きく膨れた腹をつんつんと突いては笑っている。
腹が刺激される度に低く呻く彼女を嗤っている。
一気に圧迫すれば腸内のものが一気に噴き出すのは分かり切ったことだが、そうしないのはきっとあのリーダーの指図だろう。
そう、まだこの責めは終わっていないのだ。



239 名前:(3/7) mailto:sage [2011/01/18(火) 01:18:46 ID:CuTxaqfJ]
「あれだけ入れられて耐え切るなんて、大した根性ね。さすがは泥棒ネコの肝っ玉といった所かしらね」
愚弄されて、リーダーを睨みつける彼女だが、その目に力はない。
食いしばった歯から言葉を漏らす余裕もないのだから。
便意が少し引いたときでさえこうなのだから、次の波がやってきた時にも耐え切れるという保証などある筈もない。
「さて、ルールを覚えているかしら? 浣腸に耐え切れたら、次は……」
そう言うとリーダーは、ボタンの付いたピンクの小さな箱を取り出した。
「そう、ローターね。まず、今入っているローターのスイッチを入れないといけないけど、誰かやりたい?」
我先にと手を挙げる女子たちの中にスイッチを放り込む。
暫く話があって、一人の女子が立ち上がると少女の横に座った。排泄が掛からない位置に。
顔を下げた少女と、脇越しに目が合う。
目に懇願の表情が表われてきた少女を見つめて、無表情のままローターのスイッチを入れる。
「――――――ッ!ッ!」
膣から響くやかましい音と、少女を襲う衝撃と痛み。
一瞬意識が遠くなりかける少女だったが、肛門に意識を集中させてどうにか体勢を取り戻す。
(………ぐっ、ここで踏みとどまらないと……)
最初の衝撃を抜けてみれば、絶え間なく与えられる痛みは気力を保つために役立った。
しかし、ぶつかり合い暴れ回るローターは、膣壁越しに腸にも少しずつ刺激を与えていた。
(まずい、また波が……)
「さーて、追加を入れましょうかねぇ」
少しでも浣腸が漏れるのを避けようと、少女の腰はかなり高く持ち上がっている。
従って彼女の秘所は露わになり。
そこにまた一つ、ローターが押し込まれた。
「…………ぐぅ……」
一つ一つはさほどの大きさではないが、五つものローターがつい先程まで処女だった狭い膣内にひしめき合えば、
それは当然、少女の身体に少なくない圧迫感を与える。
そしてその圧迫と振動は、彼女の腸に排泄を促す。
(グリグリ…………されてる……暴れてる……)
そしてまた、ローターが追加される。
段々ローターの数が増えていくにつれて。
(あれ……何か……力が抜け…………)
ローターの激しい運動は彼女の痛覚を多少麻痺させ、しかも彼女の分泌した粘液で膣内の運動はスムーズになっていた。
そして、痛みの薄れた少女は膣内に甘い感覚を感じ始めていた。
(この感じ……何?…………)
絞り出すような脂汗は、もう全身を光らすほどだった。
今までの強引にこじ開けるようなものとは違う刺激に、身体を支えている腕と足が震え始める。
「もう一つ!」
(……うっ…………駄目、このままじゃ…………)
と、急にローターの動きが一斉に止まった。
「あれ? 何かスイッチの調子が悪いみたいねぇ。うーん……」
(助かった……)
「ちょっと待って、調子見てるからその間に残り詰めこんでおいて」
その言葉を待っていたかのように、一斉に手が伸びる。
(ちょっと……なか……擦れてる……痺れる…………)
「これじゃ、こっち側も中ずいぶん広がってるんじゃない?」
「うーん、もうさすがに入らないかもなあ」
「あ、治ったかも。動かすぞ」
(え……今……スイッチ入れられたら……私……………)
カチッ。
「あぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
強烈な振動が背骨を走って脳まで揺さぶる。
全身の力が抜ける。腕が、足が支えを失い、床に崩れ落ちた。
そして、肛門からは。
浣腸液と排泄物の混じった薄い液体が勢いよく噴出する。
「うぁぁぁぁぁぁ! 見ないでぇ! 見ないでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」
「見ない訳がないって。それに、右見なよ」
言われて彼女は右に首を回す。
そこでは、ビデオカメラを構えた女子が口元に笑みを浮かべていた。
「ぁ―――――――――――――――――――――――!」
ほとんど声にならない叫び声を上げて、彼女は排泄を続けながら床に突っ伏した。


240 名前:(4/7) mailto:sage [2011/01/18(火) 01:22:48 ID:CuTxaqfJ]
「シャワーで流せるところで本当に良かったわねぇ。そうじゃなかったらあんた、今ごろ拭き掃除よ」
「やぁ…………ごめん、なさいぃ………」
「やっと謝る気になったの? でもね」
力なく横たわる少女の顎をくい、と持ち上げて。
「ごめんで済んだら、わざわざこんなことしてないわよ。あんたにはね、もっと恥ずかしいことをしてもらわなきゃいけないんだから」
「……ぅ………え?……え、ちょっと? 何? やだ!」
女子たちが乱暴に彼女の手足を縛っていく。かなり手慣れた様子で、あっというまに彼女は身動きが取れなくなる。
腕は後ろで固く縛り付けられ、脚はM字型に開いたままの状態で固定された。
そのまま壁に凭れて座った形で放置された彼女は、全てをさらけ出している。
恥ずかしさに紅潮した優しい顔も、未だ膨らみきっていない小ぶりな胸も。
中に詰め込まれたローターのせいでわずかに口を開き、中のきれいな色が見えているそこも。彼女にはどこも隠すことはできない。
「さぁて、と。まずは邪魔なものを抜いて」
そう言うと、リーダーはローターにつながった紐をまとめて握り、一気に引き抜く。
集まってゴツゴツした塊になったそれが中を擦り上げ、入口を通過する痛みに「あぅん!」と声が出てしまう。
「案外広がらないものね……」覗きこみながら残念そうにリーダーは言う。
顔を近づけてしげしげと見られ、彼女は一生懸命に逃げようとするが入念に縛られた身体はびくともしない。
「まあいいわ。これから存分に広がるでしょうから」
無造作に中指を中に入れ、激しく掻き回す。
「あれぇ? ずいぶんヌルヌルしてるみたいだけど、どうしたの? まさかあんなに突っ込まれて感じてたとか……」
その言葉の通り、指が動くたびにニチュニチュと水音が響く。彼女は顔を赤くするだけで答えることもできない。
もちろん、快感を感じていなくても異物が挿入されることで愛液が分泌されることはある。
しかし今、荒っぽい指使いで腹側をこすり上げられた彼女は、明らかに快感を得ている。
リーダーがそこまで理解して指を使っているかどうかは分からない。
しかし先程からの責めでほぐされ徐々に痛みが無くなっていくため、彼女に与えられるのは快感のみになっていく。
(……だめ…………気づかないで……)
リーダーの嘲りに変化はない。幸運にも、本当に感じていることには気づかれていないようだ。
俯いているのも、ただ恥ずかしさからだと思われている。
しかし、単調な責めは確実に彼女を追い立てていく。
「これからもっと太いのが入るんだからねぇ」指の本数が増える。快感も増す。
限界が近づいてくる。
集中しまいと思えば思うほど、勝手に脚に力が入ってしまう。内腿が少しずつ震え始める。
(………なんか…きちゃう…………)
リーダーの様子を伺うと、指は動かしながらも、他の女子たちの方を向いて馬鹿笑いをしている。
(……今なら気づかれない、かも……?)
彼女は決心して、快感に身を任せる。目をつむり、指が擦っているところに意識を向ける。
間もなく、甘い痺れがそこから全身に広がっていく。その中に意識を沈めていくと、一層強い快感が湧き上がってくる。
歯を食いしばって、声が出ないように。顎を引いて、顔が見られないように。気づかれないように。
そうして、間もなくやってくるだろう絶頂の準備をする。
目を閉じていて暗かった視界が、白く染まっていく。
全ての感覚が快感を迎えるべく動き出す。
「それ、感じてるの? 他のとこも触ってみれば?」
(………え?)
親指が、突起を軽く擦り上げる。
鋭い電流が脳を直撃して。
「あ、あぁぁぁぁ――――!」
全身を大きく痙攣させて、彼女は達した。
目と口は大きく見開かれ、虚空に向けられている。
まだ挿し込まれたままの指は強烈に締めあげられ、噴き出した液体が掌を濡らす。
「あらぁ、派手なイキ方しちゃって。いつの間にそんなに気持ちよくなってたの?
 こんなにドロドロのビショビショになったなら、もう入るでしょうねえ……」




241 名前:(5/7) mailto:sage [2011/01/18(火) 01:26:36 ID:CuTxaqfJ]
最初、彼女には何が起こったか分からなった。
絶頂を与えられたばかりの彼女の下腹部を、強烈な圧迫感が襲う。
恐る恐るそこを見てみると、彼女の手首ほどの太さのバイブが深々と突き刺さっていた。
「………い、いや………こんな…………やだ……………………」
「そんなこと言って、嫌がるわりにはすんなり入ったけど? こんな太いのにねぇ。あ、もしかして初めてじゃあないの?」
そう嗤いながら、バイブのスイッチが入れられる。
「あぐっ、っ、ふうぁあああああああ!いやぁあああああああああああ―――!」
「おー、すごいすごい」
膣全体を揺さぶる強烈な振動。息がつまる程の衝撃の後には、爆発的な快感が身体を襲う。
先程の指とは桁違いの、まさに非人間的な愛撫。
普通なら痛いぐらいの猛烈な振動で膣内を擦り上げられても、イったばかりの彼女の身体は全て快感として受け入れる。
膣から出た先端を握って掻き回されるとさらに強いうねりが襲って、彼女は達する。
「――――――――――っ!っ!っぁあああああああっ!」
縄を引きちぎらんばかりの勢いで彼女の身体は痙攣する。
「そういえばこのバイブ、中だけじゃなくて外に当てるところもあるのよねぇ」
「ふゃぁぁぁぁぁっ……あぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
敏感な突起にも、無慈悲な振動が襲う。
脳に直接突き抜ける、限界ギリギリの感覚。もしかしたらすでに限界を超えているかもしれない。
腰を突き出し、全身の筋肉を強張らせて絶頂する。
「ふぐぅあああああぁぁぁぁ――――――――………………」
長く伸びた叫び声の終わりは、喉が耐え切れなくなったかのように掠れて消えた。
力なく壁に凭れかかる彼女に、間髪を入れずに声が掛けられる。
「ずいぶん気持ち良さそうだわねぇ。そんな欲張りな子にはおしりにもあげましょうね」
「……!…やぁ!………やぁぁ………………」
度重なる絶頂で下半身に力は入らず、アナル用のバイブも彼女は楽に飲み込んでいく。
「あらぁ。おしりも経験済みなのかしら? これ、ずいぶん太いんだけどねぇ」
「うぐ………ふぅ…………………うぐぅぅぅぅ!……んふぇぇ………」
「んふふ。今は前は動かしてないわよ。おしりでそんなに感じられるなんて、やっぱり色ボケのエロ娘は違うわねぇ」
「ちがっ!っぁぁぁぁあうぅぅぅぅ……」
「ここ? それともここ? どこが気持ちいいのか教えてよ?」
「……んむ……ぐぅ……………んあぇぇぇぇぇぇぁぁぁっぁぁぁぁ!」
「ここが良いのね。どう?子宮を裏側から揺さぶられるのは? ヤミツキになるでしょう?」
「んいぃぃぃっ!いいいいぃっ!ああああぁぁぁぁぁぁっ!」
「聞いてないみたいね……」
「ぁぁぁっ!んんんんっ……―――――――――――――んおおおおおおおぉぉぉぉぉっ!」
排泄の穴からの刺激で、初めての絶頂を迎えた。
今までの絶頂を更に越えた快感を受けているようで、目は完全に見開かれ、全身を小刻みな痙攣が襲っている。
「……あ"っ…………あ"っ………………ぁっ……………」
「どう? 子宮でイっちゃったら、もう戻ってはこれないわよ……
さぁて、前と後ろ、両方スイッチを入れたらどうなっちゃうのかしらねぇ……?」
彼女は焦点の定まらない目で懸命に許しを求めるが、まだヒクつきの止まらない
下半身と共に責める側の加虐心を煽る結果にしかならない。
「スイッチ、オン!」
「お"ぁぁぁぁぁぁぁっ!うぐぁぁぁぁっ!こすれっ、こすれてへぇぇぇぇぇぇっ!」
前を激しく掻き回され、突起には強い振動を直に与えられ、後ろからは腸壁をこ
すり上げられ、子宮を揺さぶられ。
彼女の受ける性感は限りなく苦痛に近くなっている。
「そういえばこれ、こういう機能も……」
「えぁぁぁぁぁぁぁぁっ!お"ぐ、お"ぐぅぅぅぅぅぅぅぅっ!」
前に入っていたバイブが、高速のピストン運動を始める。
子宮に叩きこまれるような動きが背骨を通って全身を支配する。
今まで味わったことのない感覚を矢継ぎ早に打ち込まれ、彼女は成す術もなく絶頂する。
「あ――――――――――――――――――っ、っ、ぁぁぁっ、うぁぁぁっ、んぁぁぁぁぁぁあああああっ!」
バイブは止められることはない。もう敏感になり切った身体が絶頂に達したその次の瞬間、また絶頂がやってくる。
気を失うこともできないような快楽地獄の中で、彼女の時間感覚は溶けていった。


242 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/18(火) 01:37:31 ID:PN5Xebwa]
すまん 秋田モー寝る

243 名前:(6/7) mailto:sage [2011/01/18(火) 01:38:03 ID:CuTxaqfJ]
いつの間にか責めは止まっていた。
縛めは解かれていないが、五感が戻り、周りの様子を伺う余裕もできる…………
「ふぅー。狭かったー」
「やっぱお前やるなあ。こんなんもできるんだな」
「こいつむちゃくちゃエロいな。声だけでバキバキだよ」
「ほんとに処女だったのぉー?」
(……?)
うるさく喋る少年たちが彼女を取り囲んでいる。全員が髪を染め制服を着崩した、不良を体現したような外見。
その目は全て、彼女の身体の上をいやらしく這い回っていた。
興奮して屹立するものを隠そうとする者はおらず、気が早いことにもうズボンを下ろそうとしている少年もいる。
「やっと戻ってこれたかしら。お待ちかねのメインディッシュですよぉ。
もう準備はできてるから、ミナサマ、この子で存分に遊んであげてくださいねぇ」
リーダーの声はますます冷たくなり、暗い喜びを満杯に湛えている。
少女はやっと理解した。
自分の身は、徹底的に汚されるのだと。
「オレ行っちゃっていいすかねぇ?」
「お前ならちょうどいいいや。最初にオレが行ったらガバガバになっちまうからな」
「うるせえっ」
軽薄そうな短髪が少年たちの群れから抜け出し、慌てた様子でズボンを脱いでいく。
その股間に視線を向けて、少女は目を見開く。
先程のバイブには及ばないとはいえ、彼女を怯えさせるほどの長さと太さを持ったものが、少年の腹を叩かんばかりに存在を主張している。
少年自身もいささか自信があるようで、見せつけるようにしながら彼女に近づいていく。
少女のうめき声も気にせずまだくわえ込まれていたバイブを抜き去ると、自身のものの先を彼女の中に少しめり込ませる。
「へへ、抜いたらすぐに穴が閉じたぜ。これは締まりに期待ができるなぁ」
少女は目を瞑る。
(初めて、キミくんにあげられなかったなぁ……)と思う間もなく。
ゴン、と音がしそうな勢いで少年が最奥まで侵入した。
「っ!―――――――――かはぁっ!――――っ!っ!」
「……うへぇ、もうイッたのかよ。こりゃ、完全にキマってるな――ふんっ!」
「やぁぁっ、やめぇっ―――っ!?――んぅ―――――あぁぁぁぁ――――――――っ!」
「こいつはイイもん持ってるな。イくたびにグニュグニュ動いて搾り出しにかかってやがる」
女にはそれなりに慣れているのだろう、少年の動きは的確極まる。
全身に響くように奥を突き上げたかと思えば、引きずり出すようにして壁を削り上げていく。
その動きに少女は完全に翻弄され、イく間隔はどんどん短くなっていく。
「おい、後ろも使えるんだよな?」
そして突き込まれた先はそのまま子宮を直撃し、彼女は失神しそうな絶頂を経験する。
「口開けよ。そのままにしてりゃいいから」
それは彼女の耳には届いていなかったが、少し口が開いたのを見計らった一人が長いものをねじ込んできた。
喉に異物を挿入される苦しみに、モノ扱いされる悲しみに、涙を滲ませながらも彼女は絶頂に押し上げられ続ける。
もはや、少年たちによる突き上げは必要ではない。
絶頂に達して収縮する粘膜が少年たちのものをしごき上げ、圧迫されてまた絶頂が襲う。
快感にのけ反った動きで中が擦れ、震えが体中に伝わる。
「やべ。もうイく――」
「おー。トリプルで中出しか」
(なか……だし………っ!)
「――くっ!」
熱い滾りが、彼女の身体の最も深いところを直撃する。
「――――――――――――――――――――――――――――――――っ!」
絞り出すような絶叫が、部屋中に響き渡った。
それで力を使い果たしたように、下に寝そべる男の上に倒れかかる。
しかし、休息は与えられない。
それまで自分でものをしごきながら遠巻きにしていた少年が圧しかかり、深々と挿入する。
少女は意識を回復すると同時に、達する。
口からは白濁液の混じった涎が垂れ流される。
脳はほぼ焼き切れ、判断能力など残っていない。
しかし、彼女は全くの絶望の中にいるわけではなかった。
この責めもそのうち終わる。そうすればまた。
(そう、私にはキミくんがいるから……)


244 名前:(7/7) mailto:sage [2011/01/18(火) 01:43:02 ID:CuTxaqfJ]
―――
「いったいアイツ、何考えてるんだ……」
話したこともない女子たちのリーダーがいきなり近寄ってきて、「あの子から伝言。五時になったらここに来いって」と
地図を書いた紙を押しつけていった。
「アイツ、あんな乱暴な奴と付き合いあったのか? 聞いたことないぞ」
それでも、生まれて五ヶ月のときからの付き合い。少々分からないことがあっても応じない訳がない。
会ったらどうやって問いただそうかと考えながら、目的地に至る。
重そうな、幅の広い扉が立ちはだかっている。
把手に指をかけた彼は、怪訝な顔になった。
耳を澄ますまでもなく、扉越しに叫び声が聞こえる。
「ん"ぐぅぅぅぅぅぅぅぅっ! ん"お"お"お"ぉぉぉぉぉっ! む"――――――――!」
「何だ?この声……」
首を傾げながら静かに戸を開け、覗き込む。
正面奥に――
前後を二人の少年に挟まれ、代わる代わる腰を打ちつけられている彼女。
限界ぎりぎりの太さのものを口に根元まで突き込まれている彼女。
白濁した液体を髪から足先までまとわり付かせている彼女。
指が周りきらないほどのものを両手に握り締め、ぎこちない動きでそれをしごき上げている彼女。
全身の力が抜け、少年たちの動きのままに揺さぶられている彼女。
突かれるたびに股間から液体を噴出する彼女。
全身の痙攣を止めることのできない彼女。
意味をなさない、獣のような叫び声を上げ続けている彼女。
いたぶられて、明らかに快感を得ている彼女。
「あーらぁ。あなたのオサナナジミって、マワされてヨガりまくるド変態だったのぉ!?」
気づかないうちにリーダーが背後に立っていて、頓狂な声を上げる。
何か声を掛けようと、問い正そうと、彼が足を踏み出すと。
苦しげに細められた目が、彼を捕えた。
目が合った、とは言えないかもしれない。
しかし、少女の目から光が失われるのを、彼ははっきりと見届けた。


「あ、キミくんだぁぁぁぁ! わたしいまねおちんちんだいしゅきなんら、おちんちんってしゅっごくきもちよくてすてきなんらよじゅこじゅこするんらよ、
わたしがおちんちんできもひよくなるとみんなもよろこんでびゅくびゅくってしてくれるんらよキミくんのおちんちんもきもちよくしたいなあしゅこしゅこしてさ、
ほらこっちきてよキミくんにはじめてあげられなかったけどわたしのおまんこいろんなひとにつかってもらってみんなきもひいいきもひいいってほめてくれるんらよ、
ほらキミくんおくひでもおまんこでもおしりでもどこでもきもひよくしゃしぇてあえるからびゅくびゅくできるからこっちきておひんひんらしてよ、ねえキミくんだいしゅきらから」

―了―


245 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/18(火) 11:46:23 ID:fEf0b7Uk]
よし。

246 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/18(火) 20:38:05 ID:7awNMd4Z]
うぐ、trueENDとHAPPYENDはまだかっ

247 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/19(水) 23:36:13 ID:dYokm1ni]
>>246
>trueENDとHAPPYEND

…ふと気が付くと自分は男達に弄られ交合っている…
良く見ると…何故か自分を貪ってる男達が全員『キミくん』であった…

「あ…私…キミくんたちとまぐわってる…、そっか…さっきのはちょっと変な悪い夢なんだね…
え?、ううん、何でもないの…キミくんたちに私の全部あげられて嬉しいの…もうずっと離さないでね?
うん、私も…」








「オイ、こいつさっきから何ブツブツ抜かしてんだ?」
「ギャハハ…、イキ捲っておかしくなったんでね?」


trueENDとHAPPYEND…と見せてやはり…w

248 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/01/27(木) 16:14:49 ID:QtjfzjNo]
ほす

249 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/02/03(木) 15:27:46 ID:KTSt/cj1]
侵略!侵略!侵略!侵略!侵略!侵略!イカされ娘!

キラキラな海と風 人気ない岩陰
みんなで集まって
はじめましょ はじめましょ

ホラホラそこのキミ、気丈な態度で
我慢してるけれど イクんでしょ? イクんでしょ?

ほんとはもっと深い快感
待ってるでしょう あなたも
お口の奥も 胸の突起も
アソコも アナルも 子宮さえ 犯します!うーさんはいっ

イーカンジ☆ムゲンに☆アクメ
イーカンジ☆ムジャキに☆アクメ
子宮の奥 突いたら 白目で泡吹き 大絶頂!
イーカンジ☆ムボーに☆ススメ
イーカンジ☆ムチューに☆アクメ
犯されただ嬉しい このまま自分を捨てなイカ?
侵略 攻略 計画 性交!
侵略 攻略 イカされ娘 !!

250 名前:保守 [2011/02/06(日) 21:50:38 ID:dmE9qF/8]
    ∧_//⌒ヽ       /∞))Λ
  _( * ´/ / |      <_` * ∬
 ̄    、/__/|  |──-- ⌒  ヽ `∬
__ ヽ___,ノ 、___ と __ )



251 名前:Happy End (1/2) mailto:sage [2011/02/07(月) 06:08:54 ID:UXmH7h8J]
遅ればせながら、別エンド二つ投下します。


(>>241続き)

―――
「彼」は、腑に落ちないような顔をしていた。
幼なじみにわざわざ人づてに呼び出されただけでもおかしな事だが。
(確かに、言われたよりも早く来てしまったけど……)
指定された建物の中からは、何人もの女子たちの話し声がざわざわと聞こえてくる。
中でもよく通る声で汚い言葉を吐いているのは、メッセージを渡しに来た女子たちのリーダーではないか?
(先客がいたのか……?)
首をひねりながらその場を離れようとした彼の耳に、自分の名前が入ってくる。
(……ん?)
確かに、中の話し声からだった。
そう思って聞いてみると、会話の端々で自分について触れているのが分かる。
気を引かれた彼は、足を戻す。
扉をゆっくり、細く開けて、静かに中を覗いた。
最初は何があるのかよく分からないが、薄暗さに眼が慣れるに従ってだんだん中の様子が分かるようになってくる。
目に入るのはあの、いつも群れている女子たちのグループ。
彼女たちは円を描くように立ち、言葉を交わしている。
その中心、床の上には。
(…………!)
こちらを向いて突っ伏した少女の裸身。
心なしか震えているように見える。
白い肌が目を打つ。
少女は誰か。
その髪の長さから推して――。
意を決した彼は、扉を大きく開け放って中へ踏み込んでいった。

―――
壁に凭れていた彼が、呆れたように声を掛けた。
「……なあ、そこまでする必要はあるのか?」
「同じことしてるだけ! キミくんだって手伝ってくれたくせに!」
「……お前がやりたいなら止めないけど」腕を組んで溜息をつく。
辺りを見渡すと、彼の闖入に異変を察して飛び出してきた男たちは、一人残らず殴り倒されて隅に転がされている。
取り巻きの女子たちが一人ずつ、ローターを当てられた状態で縛り上げられている。
中心に立った彼女がリモコンを操作する度に、甘い呻きが室内を満たす。
そしてリーダーの女子は彼女と対峙している、いや狙われている。
「さぁて、アナタにもわたしとオナジコトをしてあげましょうかしらねぇ……」
「いいの? そ、そんなの入れたぐらいで、あたしがへばる訳、な、ないじゃない」
「へえぇ……本当かしら?」
会話の途中にも、手に持った醜悪な形をしたもののスイッチを入り切りし続ける。
それがモーター音を響かせる度に、縛られて目隠しをされた女子が身を震わせる。
振動させたまま、鼻先に突きつけて。
「これで、気持ち良ぉくさせてあげますからねー。大丈夫、ちゃんとローション使ってあげるから」
「それじゃ、仕返しにならないって。あ、あんたみたいなウブなのとは、違うんだから」
そうは言いながらも、無理矢理浮かべた笑みは明らかに強張っている。
「ちがーう。アナタには散々気持ちよくさせてもらったから、そのお礼がしたいだけ。ね? いいでしょう?」



252 名前:(2/2) mailto:sage [2011/02/07(月) 06:09:38 ID:UXmH7h8J]
入口にあてがって軽く掻き回すと、ローションの音がいやらしく響く。
「……やるなら、早く済ませなさいよ」
狙いを定め、軽く体重をかけると、ゆっくりと、丁寧に進めていく。
「そんなに硬くなることないのに。歯食いしばったりなんてしなくてもいいんですよ?」
「…………ぁ……くぅぅん…………あぅぁ………………」
巨大な異物が中を拡げ、擦り上げていく感触に呻きが漏れる。
挿入自体はスムーズだったが、あくまでも少しずつ、じりじりと進む。中がゆっくりと、慣らされていく。
「さすが、ああいう不良と付き合ってるような子はこんなのもすんなり入るのねぇ。
これ動かしたら、すぐ気持ちよくなれるんでしょう? うらやましいなぁ!」
カチッと音を立てて、スイッチを動かす。
強度は最弱。
しかし、最奥部と中の腹側、外の突起に当たるように差し込まれたバイブは、三つの敏感な個所を同時に襲う。
「あぁぁっ、ふぁぁぁぁぁぁ……ぁ…………」
「あんまり気持ちよくないの? じゃあお胸にローターも追加、っと」
「ふんっ。な、生ぬるいなあ。随分、怒ってた、み、みたいだけど、こ、こ、この程度、なの……?」
と、言葉とは裏腹に快感に蕩け崩れはじめた顔で強がる。
「…………こんなの、ぜ、全然、よ。まだまだ、ものたりな、ぁぁっ!?」
「お礼だからね、一緒にしてあげないと」もう一つの穴をゆっくりとこじ開けながら少女は笑う。
「なに、これぇっ……きゅうってなって、もっとひびくぅぅっ…………」
「このバイブってほんとうに高性能だよね。グラインドを足してあげますからねぇ……」
「ふぅぅ………………んぁっ!……っ! っ!……んぅぅぅ…………」
「あれぇ、イっちゃったの?」
「ちがぁうぅ…………んふぅぅぅ…………もう、いい、でしょ……とめてぇ…………」
「気持ちよさそうねぇ。じゃあ」
「!?」
胸に当てたローター、前と後ろに入ったバイブが一気に最大の振動になった。
突き抜けるような快感の爆発が全力で襲い掛かる。
何も分からないままに、体験したことのない絶頂に押し上げられる。
理性の最後の留め金が、弾け飛ぶ。
「ぐうっ……んふぅぅぅぁぁぁぁ! えぐぁぁっ! がぁっ! くぅぅぅぅぅぅ………………んぁぁぁ―――――っ!
やっ! やあぁっ! こんらにぃっ! イきらくな――――ぁ――――――――っ! っ! っはぁぁぁっ!
あへぇぁぁ……………ひぃぁぁぁっ! やらのにぃっ、イっひゃうぅぅ…………っ――――――! くふぅぅぅ……っ!
ゆるひてぇっ、なんでもしゅるからぁぁぁっ! きもひいいのもうやらぁぁぁぁぁぁっ! ……ぅぁあぁぁぁぁぁ!
――――っ、んぁぁぁぁぁぁぁっ! またイっへる、イっへるの――――っ! んぅぅぅあぁぁぁぁぁぁ――――――っ!
ぁぐぅぁぁぁ……………………っ…………っ!……ん"っ!……んぐあ"ぁぁっ! お"ぉぉぉぉ――――っ! お"ぁぁっ!」
痴態をまじまじと見ていた少女は立ち上がって、ぼうっと一部始終を見ていた彼のところに歩いていく。
「あの子は置いて、もう行っちゃおうか」
「……いいのか?」
「なんで今さら。あれだけみっともないのを見たら気は済んだし」
「……まあ、どうにかなるか。誰かに見付かるか、男の誰かが目を覚ますか」
「どっちでもいいけどね。でも」
扉の手前で立ち止まる。
「これじゃ、もしかしたら」
小さく振り返って、髪を振り乱して叫び続ける女子に冷たい視線をやって。
「仕返しに、なってないかもね……」

……次の日の昼休み。
「リーダー」を替えた女子たち(元リーダーを含む)に追い回されながら、こそこそと弁当を食べる場所を探す二人の姿があった。

―了―


253 名前:True End (1/2) mailto:sage [2011/02/07(月) 06:10:38 ID:UXmH7h8J]
(>>243続き)

―――
彼は転びそうになって、慌てて姿勢を立て直す。
約束の時間からはもう一時間も遅れている。
彼の責任ではないとはいえ、これだけ遅れれば相手が何も思わないはずはない。
(アイツのことだから、待ってるような気がするけど…… それにしても)
なぜ電話に出なかったのかが心に引っかかる。メールも返ってこない。
何となく不安な気分になりながら、約束の場所に着く。
走り慣れた彼でもさすがに息が切れている。
体重を掛けて重い戸を開ける。
正面に彼女が――座り込んでいた。
涙の跡を残したまま、放心したような顔をして。
身に付けた制服はよく見るとあちこちが乱れ、破れているところもいくつかある。
慌てて駆け寄ろうとする彼の足を、弱々しい視線が止める。
「キミくん……ごめんね、電話出れなくて」
「それよりお前、どうしたんだよ、それ……」
「……大丈夫だから。でも、できたら……昔、してくれてたみたいに……手、にぎって」
軽く頷くと、ゆっくりと歩き寄って隣に腰を下ろした。
手を繋ぐ。
微かに握り返してくる感触は、ひどく頼りない。
落ち着かない気持ちでいると、「……怒らないで、ね」と前置きして、彼女は話し始めた。
彼女が経験した、全部を。
告白の間、彼は一言も挟めなかった。
掛ける言葉が見付からなかったからだし、訥々と話す彼女に圧倒されていたからだった。
「――それで、わたし……イっ、ちゃって……何人も男のひとに、されて、変な声、たくさん出して……
だから、キミくんが遅れてきて、よかったと思うんだ。あんな姿見られたら、わたし、狂っちゃってたかも――」
照れくさそうに。
「キミくんのこと、好きだから」
「……うん」
意外なことではない。
いつからか分からないくらいずっと、こっちだって同じ気持ちだったのだから。
この手の汗で、伝わっている、はず。
「……ごめんね。初めては、キミくんとって決めてたのに、あげられなくなっちゃった」
どうして、そんなことを。
「……いいって。悪いことなんか、してないんだから……」
「ありがとう……早く、忘れたいんだ……そういうことをされてたのも、反応しちゃった私の身体も、とっても、嫌だったから……」
うつむいたまま、呟き続けていたのが。
「だから」
声に力が戻ってくる。
顔を上げて、前を見据えて。
「キミくんに、気持ちよくしてもらいたいんだけど、嫌……かな?」
握った手の力が、強くなる。
「…………いい、よ」
さらに強く握り返して応えた。


254 名前:(2/2) mailto:sage [2011/02/07(月) 06:11:12 ID:UXmH7h8J]
壁にもたれた彼に体を預けて、後ろから耳を念入りに舐められている。
初めてのキスでは上あごを舌でくすぐられ、舌を絡ませ合って。
身体の力が入らない。
「ふぁ……ふやぁぁぁ……やだ……キミくん、じょう、ず……」
「ありがとう……初めて、だけどな」
耳への愛撫と並行して、胸にも手が差し入れられ、快感を増幅させていく。
先程とはまったく違う優しい愛撫に、嬉しさで胸が締め付けられたようになる。
「ん。ちょっと、仰向けになって」
恥じらいながら、床に横たわると。
すでに潤いを取り戻したそこに、舌が這う。
「ちゃんと、ん、濡らして、あげないと」
「やあぁっ…………恥ずかし……もう、大丈夫、だってぇ…………んっ……んんっ! ふぅぅぅっ!」
舌が潜り込んできて、軽く、達した。頭の中に火花が散る。
明らかに、段違いに体が敏感になっているのが分かる。快感を受け入れる準備が出来ている。
期待と恐れが、入り混じった気持ちで。
「入れる、ぞ……」
「うん、来てぇ……」
すでに色々なものを受け入れてきたそこは、すんなりと飲みこんでいく。
新しく、中がその形に合わせて作り変えられていくような感覚。
気を遣っているのか、いやにゆっくりな挿入が徐々に奥へと進んでいって――
先がいちばん奥を突いたとき、絶頂がやって来た。
無理矢理与えられたものとは違う、全身に沁み渡るような快感の頂点。
口を半開きにしただらしない顔で、体じゅうを痙攣させて頭が焼き切れそうな快感に耐える。
中も激しくうねって、入ってきたものを揉みしだく。
「ふやぁぁぁぁっ……っ……っ…………しゅごいの、きたぁぁぁっ……いれた、だけで、なんれ、こんなにぃぃ……」
涙をぽろぽろと零しながら身体を震わせる。
「……おい、大丈夫か?」
「だい、じょうぶぅ……キミくんとつながりぇたの、うれひくて……きもひよくひぇ……」
突然強く抱き寄せると、火がついたように抽挿を始める。
「あはぁぁっ!?」
「ごめっ……! でも、中、気持ちよすぎて、止まらな……っ!」
「やぁぁぁぁぁぁっ! ――あああっ! んんぅぅ…………ひあぁぁぁぁぁぁぁぁっ!……あああっ!……っ!……っ!」
立て続けの絶頂は、快感と共に歓びを倍加させていく。
耐え切れずに、涎が垂れるのにも構わず、声の限りに叫ぶ。
「んうっ!? 何だ?」
突然妙な声を出して、動きが止まった。
――散々突かれてきた最奥部が、突破された。
本当の一番奥で、繋がれた。
足の震えが止まらない。
「いちばん、おくぅ……あかちゃんの、ところ、だよぉ…………」
慌てて抜こうと動いた腰を、意外なほどの力で掴んだ。
「だめぇ、そのままぁぁ…………う、うごいてへぇ、いい、よぉ……」
喉仏が動くのが見えて。
「うぐぁぁぁぁぁっ! おぐぉぉっ! ふにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ――――っ!」
子宮口を、擦り上げられる。中のものが出入りする度に、意識が飛びそうな快感が襲う。
髪を振り乱し、喉からは人間のものでないような叫びも漏れる。
「――んお"ぉぉぉぉっ! イった、イっひゃのぉっ、うごいひゃ、だめぇぇっ、ん、だめひゃない! ん"ぅぅぅぅぅっ! 
やめないれっ! えへぇぇぇぇぇぇっ! またぁ、またイ"ぐぅぅっ! あ"―――――――――っはぁぁぁっ!」
「もう、ダメだっ……イクぞ!」
「うん、なかで、イってへぇっ! わたひも、んっ、イきゅ、イっひゃうぅぅぅぅ――んああぁぁぁぁぁぁぁっ!」
熱さ、を感じた。
猛烈な締め付けをものともせず、子宮を満たさんばかりの射精が打ち付ける。
視界が真っ白になり、背中に回した指がいっそう強く食い込む。
彼女の痙攣を治めようとするように、二人は固く抱き合っていた。
――呼吸が落ち着いてきたのを見て、入っていたものが全体を現す。
抜いてすぐに閉じたそこから、白濁が滲んでくる。
「はひぇぁぁぁぁ……しゃわせぇぇ……キミ、くぅん、だいしゅきぃ……」
身体を離したあとも、二人の手はしっかりと繋がれていた。

―了―

255 名前:名無しさん@ピンキー [2011/02/10(木) 23:11:29 ID:OGb0WM6B]
おお、来てる。
乙乙

256 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/02/13(日) 18:13:10 ID:43fOV7X1]
>>254

お疲れ。久しぶりに来てみたら、久しぶりに投稿がきていたから、嬉しい。

それにしても、ここはすっかり寂れてしまったみたいだね。
起爆剤がわりに、マリーの設定を使った別の話でも投稿しようかな。
また、ここが賑わってほしいしね。

257 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/02/15(火) 23:46:20 ID:yjOb+cL+]
>256
『探求大都市』の設定はあの話数には広すぎるくらいな気が・・・
他の作品もコソーリ期待してます。

258 名前:名無しさん@ピンキー [2011/02/22(火) 03:09:02.02 ID:C/xa8fpx]
保守

259 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/02/24(木) 08:48:06 ID:gpusTESA]
職人さんを待つ間、皆さんのオススメのイカされすぎ作品を教えてはくれまいか…?
有料でも無料でも、マンガでもAVでもなんでもいいからさ…
自分じゃ全然見つけられないよ…。

260 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/02/26(土) 10:58:20.64 ID:oq/pfanp]
>>259
漫画だと月野定規(『♭37℃』『星の王子サマ』とか)とフクダーダ(『ハニーブロンド』とか)が俺の中で二強
最近出てきた人だと坂崎ふれでぃ(『にく☆じる』)とか新堂エル(『晒し愛』)とか





261 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/02/27(日) 09:35:14.31 ID:K97OHNnE]
情報ありがたや…!月野定規は大好物です。自分は♭38がかなり好み。
下の二つは知らなかったので本当ありがたいです

誰でも知ってる有名なのしか出せないんですが、自分もせめていくつかイカされすぎ作品を挙げときます…
ネット小説だと『牝喰伝』、『キツネ日和』
漫画だと『女教師 恥辱の鎖1』とか、柚木N’の『アナザー・ワールド』とか

262 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/02/27(日) 11:36:20.61 ID:yC4YlI6l]
>>259
ttp://www.baby-baby-baby.cc/sys/indextop.jsp
器具系の基本


263 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/03/11(金) 06:06:52.73 ID:VCdeUYue]
保守

264 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/03/25(金) 20:38:53.80 ID:bQklIv+a]
保守

265 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/04/11(月) 21:35:14.15 ID:+FYrifdl]
保守

266 名前:名無しさん@ピンキー [2011/04/19(火) 22:53:05.86 ID:3R4Zzd2F]
保守

267 名前:名無しさん@ピンキー [2011/04/29(金) 19:55:48.14 ID:gzgebEjL]
保守

268 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/11(水) 02:35:09.24 ID:ufoJilQo]
保守

269 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 14:28:15.61 ID:YPBa2VRr]
某スレの保守子ネタが面白くて、書いてみた。今は反省してる。
初めて投下します、変な所があったらすいません。

270 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 14:30:48.02 ID:YPBa2VRr]
「はあ、あ、あく、あん、あ、あ、あー」
(にゃ、にゃんで、こんにゃ事に)
「んぎ、ぃ、いク、イク!、イクウウウ―!! 、、う、はっ、はあ」
(あたしは、た、ただ保守しにきただけにゃのに……)


保守するだけの簡単な仕事です。
そんな、怪しい話に手を出すほど,困っていたあたしは、
指示された部屋で、先にいた少年に、衣服をすべて奪われ、
さらに後手に縛られ、そのまま後背位で犯された。




271 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 14:32:53.89 ID:YPBa2VRr]

「イグウウウ!!!」
もはや何度目かもわからぬ、絶頂の叫びを上げる。
あれから、少年は、いくつも体位を変え、その細い体に似合わぬ
、太く長い、肉棒で延々とあたしを、イカせ続けていた。
グチュ       グチュ          ズチュ  ズチュ   ズチュ! ズチュ! ズチュ!
「 みゃ、みゃって、 イ! あた、しは、保守を、 ク! イク!い、いや、イク、イクウーー!」
「わか、ってるよ、お姉ちゃん♪、だから、スレに、あわせ、た、保守を、しないとね♪」
(?、!、こ、ここは!、…しょ、しょんな、ましゃかじゅっと…)

272 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 14:35:01.48 ID:YPBa2VRr]
「イグウウウ  あつい!!だめ!またイク!イっちゃう!イックウウ〜〜!」
                         :
                         :
「はあああ  ち! ちきゅび!乳首だめ!こね回しちゃだめ―!あ――乳首イクウウ――!」
                         :
                         :
「んがああ! ク!クリトリスしごかないで!イってる!オマンコイってるのに、クリトリスも一緒にイクウウウウーーー!!!」
                         :
                         :  
「止まんにゃい!イクの止まんにゃい !マンコが!!乳首が!!クリが!!イクウ!!イってるウウ! イグの止まんにゃイイイ!!!」
                         : 
                         :
「イやああ!もうイキたくない!おわんにゃいいイ!イク!イク!イクウウー!イってるウウウー!イってるのにイクウウ――!!」
                         :
                         :
「んあ!  いぎ!  はひ!  ひひ!  へっへ! イ!!  イイ!! イギュウウウ!!!」

273 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 14:36:09.79 ID:YPBa2VRr]
「出るよ! 出すからね! お姉ちゃんの中に全部出すからね! 保守しちゃうからね!」
「イギイイ! だぢで! だぢで!保守してエエエエ! イヒイイイイ、イグウウウウ!!!!」

「ああああ・・・・・・んおおおお・・・・・・は〜ん・・・・・・はあ、あ〜〜・・・・・・」
(んん、でてりゅ、お腹にいっぱい出てりゅう・・・保守うう、気持ちいい〜♪)


あたしは、少年の灼熱の保守を体の奥に感じながら、これで終わった、保守できたと思い、安堵の吐息を漏らした。しかし



274 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 14:37:23.74 ID:YPBa2VRr]
「(ズズ)?…(ズズズズ)!ぁ、ぁ・・・(ズズズズズリ!)ぁぁ、あっあ (ズズズ、ズリュ!)ああああ!」
   ズチュ! ズチュ! ズチュ! ズチュ! 
「や、やめて!、と、とめて!動かないデー!イカセナイでー!イ!イッイ!イックウウーー」
「保守は、これからが本番だよ♪」
「新しい人が現れるまで、がんばって保守しようね、お姉ちゃん♪」
「イ、イヤ、イヤアアア――、 ! イ! イク! イク!! イクウウウウ!!!」


275 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 14:39:22.45 ID:YPBa2VRr]
なんか、いろいろすまん……OTL

276 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 15:20:17.57 ID:nkZdvkoL]
>>275
いいんだぜ、頑張るんだぜ

277 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 16:09:51.38 ID:iMSxdLu7]
>>275
あんなのが面白いとは世も末だなぁ、
……いや、ありがとう。
まだまだ保守している保守子の代わりにお礼申し上げます。

278 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/14(土) 17:09:36.66 ID:0cMCd9VL]
普段過疎りすぎ・・・
エロパロ板そのものが緩やかに死につつあるな

279 名前: ◆5QXHO4/GJY mailto:sage [2011/05/14(土) 21:18:09.61 ID:Aj6bSR2M]
ノクタに移籍しました。
コテハンそのまんまです。

280 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/28(土) 21:53:16.74 ID:wrjtIjb+]
過疎だな……
また保守子に頑張ってもらうか。



281 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 mailto:sage [2011/05/29(日) 03:13:40.68 ID:cLWjUm4f]
イカされすぎて、終わったあとも完全に色情狂になってしまうのと、
行為が終わったあと、傍目からはあまり変化がないように見えて、頭の中では悶々としてるのと、
行為が終わったあと、意識が薄れてきた頃にフラッシュバックしてしまうのと、
みんなはどれが好みかね。おれはどれも捨てがたい。

282 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/29(日) 03:56:31.91 ID:nwrg6pVF]
和姦だったらこう、終わって息を整えてるところを後ろから抱きしめて
ちょっとした拍子に肌がこすれて、イキすぎて敏感になってるものだから
それだけでも「ひぁ」とか「ん、」なんて軽い悲鳴があがって
ちっとも呼吸が落ち着かなくて汗ダクの肌がぴちゃ、なんて音を立てたりして
「もぉ、どろどろ…シャワー、浴びたいようぅ」
なんてはぁはぁ言いながらぼやかれてホールドした腕を放しても
ずっと隣でごそごそしてる女の子に
「シャワー行かないの?」
とか何とか(純真に)訊ねたら
ちょっとふてた感じでそっぽを向いて
「腰が抜けて立てないんだよぅ」
ってちっさい声で呟かれたらもう1ラウンドいける。

283 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/05/29(日) 07:49:00.55 ID:PZO+LU2r]
イカされすぎて腰が抜けて動けないとか…いいよねぇ。

284 名前:!omikuji! つ mailto:sage [2011/06/01(水) 23:04:54.47 ID:TYpzhF3E]
test

285 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:31:58.21 ID:tLPXwSfF]
練習やら確認やらを兼ねて、保守子ネタの続きを投下します。
未だ不慣れなので、おかしい所があるかもしれません。

保守子リターンズ 


どことも知れぬ部屋の中、少年が女を組み伏せ保守していた。
二人とも全身に汗をまとい、女はその他にも,性器や肛門、
口から愛液や唾液と混じって白濁液を滴り落としていた。

少年の肉棒は、十をこえる精を放ち、その十数倍の数、
女を絶頂させながら,いまだ衰えることなく、女の中を往復して絶頂させ、
さらに奥を突いて、絶頂に押し上げていた。

「あ、あひいいい、イッテルイッテルのおお、気持ちいいいい……」

すでに後ろ手の縛めは解かれていたが、数え切れぬほど絶頂を繰り返した体は、
力なく横たわり少年にされるがままになっていた。

「フ、ウン、ん、ん、んん、ンア!……」

少年は、声を荒げ彼女の奥にたたきつけるように、突き上げ、
そのまま灼熱の精を放つ

「あ、ひぃ!、あっあっ!!ああああーー………」

新たな熱を感じ、体をふるわしのけぞらせて果てる、
肉棒に蹂躙され屈服し征服されたオマンコは、女を裏切り、
少年の腰に従って快楽を生み出し、絶頂の階段を昇っていた。
もはやオマンコの主は少年だった。

286 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:33:33.74 ID:tLPXwSfF]

「んー、は、ハア、ハア、ふー、一休みしようかお姉ちゃん」

そしてそのまま、目の焦点すら定まらない女に口付けた。
口の中を愛撫する少年の舌。 ゆっくりと歯茎を舐め、
歯の一本一本丁寧に舌でくすぐり、女の舌を捕え、こねまわし、吸いあげる。

「んん、むちゅ・・・はぷ・・・ん・・・んん、ん〜〜!」

絶頂の余韻が残る体は、その刺激で軽くイってしまう。

「んちゅ・・・むちゅ・・・ぷはっ、すっかり、クチマンコでイけるようになったねお姉ちゃん♪」
「んく・・・んちゅ・・・んん・・・はふっ、はあ、はあ、え、ち、ちが、ん、んむ、んくう・・・」

言葉の途中で、挿入された人差し指を出し入され、反射的に唇をすぼめ舌を絡めなめしゃぶる、
絶頂の続く快楽地獄の中、何度もやらされ、しつけられ、覚えこまされた動きだった。
さらに、中指を加え二本の指で舌をはさみ、こすり、口内が蹂躙される。

「・・・くちゅ・・・むん・・・ん・・・うむ・・・じゅる・・・むちゅ・・・んちゅ・・・んっ、んんーー!!」

女の言葉と思いを裏切るように体はいとも簡単に燃え上がり絶頂する、
何度となく舌で、指で、肉棒で犯され征服された口は、少年の言葉通り
、一つの性器・クチマンコとなり、快感を生み出していた。

287 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:37:26.98 ID:tLPXwSfF]

「ほらキュッとした♪…そんなうそつきお姉ちゃんには……」
指を引き抜き、唇をなぞった後、両手であご、首筋を下り、
幾つもの歯形がついた乳房を這い上がりその頂点の突起に行き着く。

「ひい!、い、いや、乳首イやあ!やめてえ、お願い……」
「お仕置きが必要だね♪」
ギュッ 
言葉とともに、胸の先端がつままれ、こね回され、押しつぶされ、好き勝手に嬲られる、
二つの突起から発する快感というには強すぎる刺激が頭を駆け巡り、絶頂にと導く

「あは、イッテル、イッテル、お姉ちゃんのオマンコ、キュッキュッしてるよ」
「んああ!イク!イクウ!乳首イやああ!!イキタクナイ!!やめてえ!!イクウウウウウウ!!!」

背をのけぞらせ、頭を振り、絶頂の叫びを上げる女、
白く染まり始めた脳裏には、少年に受けた責めが駆け巡り、
白く染まっていく視界の中意識の手綱を手放し、そのまま深く沈んでいった。


288 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:39:03.27 ID:tLPXwSfF]

         ***********************
クチュ、、ムチュ、ズリ、ズッ、ズッ、ズチュ!
「あ、ふう、うく、ん、イ、イク、イクウウウ」
「お姉ちゃんのオマンコすっかり素直になったね」

少年の責めは二週目に入っていた。
女の口に、性器に、肛門に何度も射精し、全身に精液を浴びせ、
失神と覚醒を何十回も繰り返し、絶頂地獄に叩き込んだのが 一周目。
二週目からは手口を変え、各性感帯を重点的に責め始め、
もともと敏感だったクリトリスが最初に脱落し、次いでオマンコが堕ちていた。

「ふふ、次はオッパイが素直になろうね」

次の標的をオッパイに定め、乳首をしごき、乳房を揉み始める、その責めは執拗で狡猾だった。
征服したオマンコで、絶頂の寸前まで高め、最後を胸だけでイカせる。

「ん、く、ふう、はっ、イ、イクウ、イク!おっぱいイクウ!」

それを何度も行い、イキ癖がついた後、
オマンコとオッパイで与える快感の比率を変えていき、
ついには、オッパイへの愛撫だけでイケるようにする。

「だいぶ素直になったね、でもまだまだ」
「や、やめて、もうやめて、ん、あ、はふ、う」

両手で右の乳房を優しく揉みしだき、
乳首を口に含んで舐め、吸い、しゃぶり高みに導こうとする。

「無理、ん、は、そんなの無理よ、ん、あ、ああ」
「んむ、ちゅく、ふぅ、そんな事ないよ、お姉ちゃんの淫乱オッパイならイケルよ、んむ」

289 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:42:20.65 ID:tLPXwSfF]
5 
「ん、ん、あ、ああ、イ、いや、ちが、うそ、イ、イク、オッパイイクウ」
「じゅ、じゅる、ん、んちゅ、ぷは、ふー、ちゃんとイケたね、えらいえらい」

頭をなでながら、もう片手で右の胸をなでながら褒めるそして残された片割れに向かう
せめてもの抵抗と固く目を瞑り歯を食いしばり、その愛撫に耐え
(これ以上好きにさせない、もうイクもんか!)
と決意するが、次の瞬間訪れたものは快感とは逆のものだった。

「!イ!痛い!いた!いた、いたい!な、何!つ!いたああああ!!」

あまりの痛みに目を見開き視線を向けた先には、乳房を握り潰さんとするかのように、
力をこめて揉む両手と、歯を剥き出しにして乳首に噛み付く少年の口があった。
何とか逃れようと、後ろ手に縛られた不自由な上体を起こし、そらせ、左右に振り、
振りほどこうとするが、むしろ離れまいとより力を込められる為、
痛みを増すだけだったが、それでも暴れずにはいられなかった。
頭を駆け巡る痛みの中にそれ以外のもの、官能が含まれていたから…



290 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:44:15.96 ID:tLPXwSfF]

「イー!いた!ぎっ!イタ!イク!イタ!イックウウウ!!」
(アー!うそうそよ、こんなの何かの間違いよ!)

信じられなかった、こんな事をされてイクなんて信じたくなかった
自分が変わってしまったことを思い知った瞬間だった。
そんな放心状態の彼女に

「イッたね、お姉ちゃん、やっぱり淫乱オッパイだ」

残酷な宣告が下り

「こんな、淫乱オッパイじゃかわいそうだから、僕がもらってあげる」

地獄が始まった
両手で、片手で、片方づつ、もしくは両方いっぺんに乳房と乳首を優しくなぶり、
あるいは荒々しく揉みしだき、乳房に、乳首に歯形が残るほど噛んだかと思えば、
優しく舌で愛撫して”胸に手と口”をなじませていく、
片方に、あるいは両胸に手口を変え、パターンを変え何度も何度も繰り返し執拗に行われる責めに幾度も絶頂し、
覚えこまされてイキ、程なくしてクリトリス、オマンコに続いて屈服した。

「んがああ!乳首だめ!イク!イタ!イキュ!痛!はああああ!!!」
    ***********************



291 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:45:24.28 ID:tLPXwSfF]

 ズ!  ズ!   ズズ!    ズン!!!
「ア……ア!……あっあ!……アガ!!!」

体の奥を貫く、衝撃に強制的に覚醒する。失神している間に、
少年があたしの体をうつぶせにし、膝を立たせ、お尻を高く突き出した格好で、
その奥の最後の砦に剛直を突き立てていた。

「あ!……あ!………が!……がぎ!…はあ!…………」

すでに十分にほぐされ、何度も受け入れてきたとはいえ、
その圧倒的存在感に、言葉にならずただ口をパクパクとさせ、悶絶する。

「休みは終わりだよ、お尻が、ケツマンコになるまで頑張ろうね、お姉ちゃん♪」

宣言と共に激しく腰を動かし始める、それは女の肛門を躾け、屈服させ、隷属させる動きだった。
それがどれ程の地獄を生み出すか想像し嗚咽を漏らす女、
しかし、少年はまったく気にせず女をイカせる。

快楽と絶頂地獄が再び始まった。


292 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:46:30.33 ID:tLPXwSfF]

 グボ! ズボ! ズク! ゴボ! グッグ! グズ! グボ! ズボ!
「や!やめて!いや!イや!お尻イカせないでエエエ!!ああ!イクウウウ!!!」
:               
  :
「んぎ!アぐ!あっア!お、オ尻壊れる、壊れるウウ!イクウウウウ!!」
:
                   :
「ひ!でてりゅ!お!お尻の中出てりゅうう!あつイクウウウウ!!」
                   :
                   :
「アガ、が八、ク、苦し、おなか、いっぱい…の、に…いい、イク、イクウ!」
                   :
                   :
「イク!イクウ!お尻イクウ!!!いい!気持ちいいい!!!ケツマンコ!イキュウウ!!!」
                   :
                   :
「してええ!もっとケツマンコ!ズボズボしてええ!!ケツマンコ!ケツマンコ!イクウウ!!」
 グボ! グボ! ズク! ゴボ! グッグ! グズ! ズボ! ズボ!


293 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:47:44.41 ID:tLPXwSfF]

自分の体が作り変えられていく恐怖と絶望の涙は…
「イクウ!いくウウ!してえ!もっとイカせてえ!!」
                    :                   
                    :
「イイ!全部!全部!気持ちイイ!オッパイも、クリトリスも、オマンコも、ケツマンコもイイのおおおーーー!!!」
                    :
                    :
「全びゅ、幸せ!幸せでいっぱいになるウウ!!!たきゅさんイキュウウウ!!!」
自分の心が生まれ変る至福と歓喜の涙に変わっていた…


                     :
                 :
「んんん!いい!してええ!!!もっと保守してエエエエ!!!ああー!!!」
「するよ!いっぱい、いっぱい保守するからね!!お姉ちゃんの中全部保守するからね!!!」
                 :
                  : 


保守するだけの簡単な仕事

確かにそのとおり、とても簡単だ、むずかしい事などない。
そう、口を蹂躙され、胸を嬲られ、クリトリスを玩ばれ、肛門を狂わされ、オマンコを犯され、ただ、イキ続けていればいいのだから……


「イクゥ!……イックゥゥゥゥゥ!!!……イキュ!……イギュウ!……イギュウウウ!!!……」



                    《おわり》

294 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 06:49:13.36 ID:tLPXwSfF]
終わった…
やっぱり、投下は大変だな…

295 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/06/04(土) 08:32:20.88 ID:vgbGULYK]
GJですっっ!GJすぎる。

296 名前:名無しさん@自治スレで設定変更議論中 mailto:sage [2011/06/09(木) 22:17:24.93 ID:qDe87jMO]
>>294 GJ。良いね。

297 名前:名無しさん@自治スレで設定変更議論中 mailto:sage [2011/06/20(月) 02:34:05.80 ID:1lUw+UZr]
保守

298 名前:名無しさん@自治スレで設定変更議論中 mailto:sage [2011/06/24(金) 23:44:10.74 ID:/qcRQw9R]
【保守中】
       , ノ)          , ノ)
       ノ)ノ,(ノi         ノ)ノ,(ノi
 ___ (    (ノし ___ (    (ノし ___
/ || ̄ ̄||) ∧,∧  ノ/ || ̄ ̄||) ∧,∧  ノ/ || ̄ ̄||  ∧∧
|  ||__||( ( ....:::::::) ( |  ||__||( ( ....:::::::) ( |  ||__|| (´・ω・`)
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄7 )| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄7 )| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄7
|      | ( /   /ノ |      | ( /   /ノ |      | ( /   /
|___| U ̄工´.  |___| U ̄工´.  |___| U ̄工´
               ∧,,∧
              (´・ω・)           シュッ!!   ∧,,∧
              ( っ(⌒)   ◯三二≡=─  ⊂(・ω・`)、
               `u-u'                  ヽ  と)
                                    `u-u'

299 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/07/11(月) 08:10:40.80 ID:biLPf0Pr]
【保守中】

 ___         ___         ___
/ || ̄ ̄||  ∧,,∧  / || ̄ ̄||       / || ̄ ̄||
|  ||__|| (´・ω・) |  ||__||       |  ||__||
| ̄ ̄\三(⊃ ̄∪7 | ̄ ̄\三/ ̄ ̄7    | ̄ ̄\三/ ̄ ̄7
|      | ( /   / |      | /   /    |      | /   /
|___| U ̄工´ . |___|  ̄工´   .  |___|  ̄工´
                          _
             ∧,,∧     ∧,,∧ / /                     ∧,,∧
            (´・ω・)    (   ,,)/ / ミ  シュッ!!  ∧,,∧         (・ω・`)
            ( っ(⌒)◯三二≡‐ っ/ ミ      ⊂(・ω・`)、       (⌒)と )
            `u-u'     `u-u'            ヽ  と)         `u-u'
                                     `u-u'

300 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/07/27(水) 06:01:14.18 ID:JoOcF7et]
保守



301 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/08/12(金) 19:23:30.76 ID:jS7K0DSm]


302 名前: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 mailto:sage [2011/08/21(日) 13:13:26.69 ID:01aQG4dW]
ほす

303 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/08/22(月) 14:18:15.84 ID:asNAPA2X]
>>95


304 名前:名無しさん@ピンキー [2011/08/30(火) 02:40:00.75 ID:kMzOAQn4]
保守

305 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/09/19(月) 21:10:25.56 ID:Ivl3UyIA]


306 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/09/20(火) 15:57:09.56 ID:PDNSYAcW]


307 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/09/20(火) 23:05:38.25 ID:Scixib32]


308 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/09/20(火) 23:09:32.54 ID:V1mrfvqh]


309 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/09/21(水) 08:15:35.84 ID:p/AgnFhS]



310 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/09/21(水) 11:52:23.82 ID:XIEiDPnm]
ホタルNOVA

夏の夜に幻想的な光を瞬かせながら飛び回るホタル
だがそれはつがいを探すためだった
メスを虜にするべく明滅させる原理を人間へ応用し
特定の点滅状態を一定時間継続して認識させることで
女性を興奮状態へと移行させる研究が行われた
研究は成功した
10分間の予備認識で女体は高感度状態へと移行し
以降継続して明滅を認識させつづけることで
3分半おきの強制絶頂が可能となった
そのあまりの快感強度と被験者の「爆発しつづけるようだ」
というコメントと、開発の参考になったホタルから
ホタルノヴァと命名された。


#と、書いておいてなんだけどそういう点滅光で興奮させる漫画ってあった気がする



311 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/09/21(水) 15:21:03.31 ID:aHkXw5eY]
なんかね声出して笑いそうになったんだけど
ふと我に返ったら、その創作能力の高さに物凄く感心した。

312 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 mailto:sage [2011/09/21(水) 17:18:20.64 ID:s5Aw8c64]
ロマンがあるね。


でもNOVAって書くと、何か某駅前留学を連想してしまうな

313 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/09/26(月) 15:01:52.60 ID:HyaxS5EA]
潰れたとこだっけ?

314 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/10/15(土) 06:49:23.05 ID:4aDOEaek]
イカサレノートの続編をずっと待ち続けてるけど来る気がしなくなってきた

315 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/03(木) 00:46:31.05 ID:diWoiENN]


316 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/11(金) 11:19:09.05 ID:OMefZBlB]


317 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/11(金) 11:35:21.84 ID:jCaRghtJ]


318 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/11(金) 12:17:04.59 ID:fQUtVH8K]


319 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/14(月) 03:40:33.49 ID:R4/AhLqH]
無数の触手で宙吊りにされて、抵抗もできずにイカされまくってもう限界なのに
回復魔法で強制的に体力回復させられてなおしつこくイカされまくるのか。

よく考えればエロエロだな、ホイミスライム。

320 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/21(月) 23:50:47.25 ID:eB4FUllS]
べホイミスライムやベホマスライムは更にハードでエロエロなのか



321 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/29(火) 03:00:57.17 ID:CxyH1RiT]
すっかり誰も居ないね……
女刑事の作者さんまた来てくれないかなー。もう何度お世話になったか

俺の見てるスレ、のきなみ過疎ってるんだよなあ。ニッチな嗜好なのかエロパロ板自体が衰退気味なのか
もっとイカされすぎ作品見たいよ……

322 名前:名無しさん@ピンキー [2011/11/29(火) 17:42:39.32 ID:Y+CH6zZy]
保守

323 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/29(火) 20:57:58.27 ID:UvmzFIUo]
自分でカイてもいいんじゃよ

324 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/30(水) 13:37:32.07 ID:tJLsRB1G]
うっ



ふぅ

325 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/11/30(水) 22:40:45.97 ID:3c5lnxyG]
皆ここ以外だと、どこ見たりしてるの?外部の投稿サイトとか見てるのか?

326 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/12/01(木) 18:26:02.53 ID:2AR7PoBx]
ぐーぐる様々ですわ

327 名前:名無しさん@ピンキー [2011/12/02(金) 06:10:27.91 ID:vCXu3jG0]
なんかこんな感じのヤツ書いたことあるなーってHDDを探してみたら
全く逆の「イカせなさすぎ」っていうのを見つけた。
な、なにを言ってるのかわけわかんねーと思うけど、
どこかに投下して喜ばそうとか、どこかに応募して本に載ったらいいなとか、そういう理由は一切ねぇ。ただ衝動的に書いたというのは覚えている…





なんか無駄に長いんですけども、イイですかねェ〜ッ?!(4レス以上はイきそう)

328 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/12/02(金) 09:10:34.94 ID:6QBHueND]
>>327
そういうのはこっちでしょう

イキたいのに・・・
pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1110946747/l50


329 名前:名無しさん@ピンキー [2011/12/03(土) 03:10:37.02 ID:WhPmDo3Z]
>>328
ありがとうございます。
こっちもこっちでわぁいなことに…

330 名前:名無しさん@ピンキー [2011/12/03(土) 15:47:50.54 ID:WhPmDo3Z]
だれか四肢拘束されてクリさんに媚薬注射されたけどまんまんとお尻とB地区だけを責められてクリさん触ってくださいって懇願しても拒否されて絶望の中イかされ続けて失神
つん、とクリさんをつつかれただけで覚醒するほど鋭敏になって大きくなった所にイボイボがたくさんびっしりとならんでるバイブ機能放電機能付きクリオナホを突っ込んで失神と覚醒を繰り返しながらイき狂う様
をみてみたいなー(チラッ



331 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2011/12/03(土) 17:23:17.13 ID:rUj8hWrd]
欲望詰め込みすぎて一行が長くなってるぞw

332 名前:名無しさん@ピンキー [2012/01/01(日) 03:08:50.78 ID:eWFHHFG1]
あけましておめでとうってか

333 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/02(月) 23:06:03.54 ID:v/Gzkh1I]
イカされすぎてアソコが閉じなくなって…ってことか

334 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/03(火) 20:39:45.88 ID:0tmnJjY4]
マリーさん、別の奴書いてくれないかな……

335 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/04(水) 08:00:18.74 ID:ZnT1O0/E]
女刑事の作者さんは素晴らしかったねえ。焦らし→陥落→イカされ過ぎの流れが非常に完成度高かった
次は美女アスリートや美女格闘家なんか希望。外では強くて床ではMみたいな
俺にあの人ほどのものが書けるのなら自ら書くのだが、あいにく筆力が追いつかん上に本番に至る前にオナニーして賢者になってしまう

336 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/06(金) 23:46:16.00 ID:IOgw2sug]
まだあったのかこのスレ
マリーさんとか懐かしいな
何年前だ

337 名前:美月      1/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:08:29.16 ID:lkdTfYzj]

今になって思えば、妻の美月は私には過ぎた女性でした。

初めて彼女を見かけたのは、幼稚園で保母をしていた姿です。
子供ひとりひとりに分け隔てなく穏やかな笑みで接し、しかし甘やかすばかりでなく、
必要とあらばしっかりと叱りもする。
ちょうど結婚を考えている頃だった私は、その慈しみに満ちた母親像に、つい見惚れてしまったものです。
この女性に、私との子供を育てて欲しい。
自分でも驚くほど積極的にアタックし、いざ彼女との同棲を始めてから、その想いはますます強まりました。

美月の人徳は、私の物差しでは測ることのできない域にありました。
近所の子供が怪我をし、入院した時には、自分の子でもないのに夜一睡もせずに心配してしまったり。
着払いの荷物を頼んだ時などは、どの配送業者も、美月が払ったお金を確認もせずに仕舞います。
「確認しなくても大丈夫なんですか?」
美月が心配して訊くと、彼らはみな良い笑顔で答えるものです。
「いえ。西原さんのお宅は、大丈夫だと信じていますから。」
彼らドライバーにとって、美月は最上のお客なのです。
「そんな……。そう仰られると、ますます気をつけて用意しないと」
そう恥ずかしそうに笑う妻を見れば、それも当然の事だと思えてしまうのですが。

その優れた人格が滲み出るかのように、美月は器量にも恵まれています。

瞳はやや垂れぎみで、整形をしたかのように綺麗な一重です。
なんとも優しげな目尻をしており、目線を合わせて話をしているうち、
かなり気難しい保護者でさえ自然に笑顔になっていくほどでした。
鼻は正面から見るとあるかないか、控えめな鼻梁がわずかに影を作る程度ですが、
下から見上げれば実に整った三角形をしているのが解ります。
その下にはやや上唇の薄めな口があり、こちらも微かに微笑んでいるかのよう。
輪郭も顎のすっきりした美人型。
腰の辺りまで伸ばした髪も若々しく、歩く後ろ姿はよく私服の女子高生に間違われるそうです。

贔屓目に見ずとも優れたルックスなのは、彼女が朝すっぴんでゴミ出しをしているとき、
出勤途中のサラリーマンが何人も振り返っていくことからも解ります。
そんな彼女と契りを交わせたのは、私の人生で最も喜ばしい出来事と言えました。


338 名前:美月      2/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:09:06.85 ID:lkdTfYzj]

私は美月にとって、できるだけ良い夫であろうと努めました。
休みができればデートに誘い、共に晩酌をしたり、料理を作ったりする機会をなるべく多く取りました。
その甲斐あり、夫婦仲は良好だったと自負しています。

……ただ、ひとつだけ、私には彼女の力になれない事がありました。
私はセックスが苦手なのです。
それに気付いたのは、恥ずかしながら彼女との初夜を迎えた時でした。
肝心な時に勃起しないのです。初めは緊張からかと思いましたが、どうやらそれだけではありません。
極めて勃起力が弱く、美月の懸命な口奉仕でようやく勃ったとしても、挿入時には柔らかくなってしまう。
性欲がない訳ではありませんが、不能に近いと言わざるを得ませんでした。
笑うしかない話です。
自分の子を育てて欲しい、と美月に求婚した男が不能とは。
私は己を恥じ、営みが上手くいかないごとに美月に『もう別れよう』と訴えたものです。
しかし、心優しい美月が見捨てる筈はありません。
大丈夫、どんな風でも愛している、気長にいきましょうと、言葉を尽くして励ましてくれました。

しかしながら、美月は内心では欲求不満であったようです。
今になって解る事なのですが、彼女はどちらかといえば性に貪欲な方です。
当時の私がそれに気付いたのは、彼女の寝室の枕元に隠されていた、一冊の教養本がきっかけでした。
『女がほんとうに気持ちよくなる瞬間』
本の題にはそうありました。

いざ本文を追うと、そこには私の知らない様々な性知識が溢れています。
そこには『夫に元気がない時』という項目もあり、そこには健気なほどのマーカーが引かれていましたが、
本の折り目の強さからいって本命はそこではありません。
もっとも頻繁に開かれていると思しきページは、
『クリトリス、Gスポット、ポルチオ性感の違いとその開発方法』
でした。
そこは明らかに何度も繰り返し読み込まれており、また注意深く見れば、本の横、
ちょうど指を添えるあたりに濡れて乾いた跡があります。
これは何か。私はしばし考え、気付きました。
恐らく美月はこれを参考に、自らの指でクリトリスやGスポットを刺激していたのでしょう。
そうして愛液にまみれた指でこの本を参照したとき、端が濡れたに違いありません。


339 名前:美月      3/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:09:42.05 ID:lkdTfYzj]

思えばそれも当然の事です。
夫である私は頻繁に肌を合わせはするものの、いざ良い雰囲気になった時に不能。
女性にも、男ほど頻繁ではないにせよ性欲が溜まる事はあるといいますし、
また彼女と普段付き合いのある若妻達の定番の話題といえば、やはり夫とのセックス体験です。
そもそも美月は今年で26。
20代半ばのちょうど熟れつつある身体を持て余すのは、さぞかしつらいでしょう。
それらが重なり合って、欲求不満が募らない方がおかしいのです。

私は悩みました。
教養本を見つけた夜から、意識して彼女を愛撫するようにしましたが、明らかに足りません。
やはり性行為とは子作りの為のものである以上、挿入がなければ完全たりえないのです。
美月を本当に満足させるためには、挿入が必要でした。
私も時おりできる事はありますし、美月の初めてを奪ったのも私ですが、
今の彼女にはもっと渇きを癒しきるほど、けだもののように突ける雄が必要なのです。

スワッピング、つまり他のカップルの男に美月を抱かせる事も最初は考えました。
しかし、やはりそれは許せません。
何者とも知らない男に美月が抱かれた、と明確に意識してしまうからです。
では他にないのかと様々に捜し求めた末に、私はそれを見つけました。

アダルトビデオ撮影のリハーサル、です。

私も多少は触れて知っていますが、今やアダルトビデオ業界の競争は苛烈で、
少々見目のいい女優を使ったりハードなプレイをするぐらいでは、さして売り上げは伸びません。
しかしその中でも社の垣根を越えて好調なのが、『ポルチオ開発もの』です。
近年になってようやく知られ始めたこの性感プレイは、まさにブームの渦中といえます。
ゆえに資金力のある大手ビデオメーカーは、こぞってポルチオ責めのための独自の機械を製作しています。

しかしそうした機械が完成したとしても、いきなり実用とはいきません。
何しろ未知の機械であり、どれほどの強度でどれだけ運用するべきか、どの角度から撮れば映えるのか、
それらを撮影前に下調べしておく必要があるそうです。
そこで募られるのが、素人の女性被験者に謝礼を払ってのテストプレイ。
私はこれに惹かれました。

テストプレイは実際の撮影とほぼ同じように撮影されるといいます。
すなわち、美月をAV男優という本職中の本職とセックスさせる事ができ、さらにお金まで貰えるのです。
無論これとて、妻を他の男に抱かせる事には違いありません。
しかし、どこの馬の骨とも知れない男にさせるよりは、その道で金を稼いでいるプロに、
ビジネスとして抱かせる方が随分とましに思えたのです。


340 名前:美月      4/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:10:14.55 ID:lkdTfYzj]

『湯けむり若女将、煉獄イカせ4時間』
それが撮影予定のビデオのタイトルだと、スキンヘッドの監督は言いました。もちろん社外秘だと付け加えて。

「……しかし、直に拝見すると本当に若々しく見えますね。
 写真に騙されてばかりのこの業界ですが、ひとつ価値観が覆りましたよ」
彼は満足げに美月を眺め回します。
美月は恥ずかしそうに俯きながら、控えめにその視線を受け止めていました。

美月ははじめ、この出演にかなり難色を示したものです。
それは当然ですし、むしろ嬉しくもありましたが、私は根気強く説き伏せました。
ふとした弾みで美月が枕元に隠していた本を見てしまったこと。
自分でも欲求不満になって当然の状況だと思うこと。
美月にも、一度くらい我慢せずに女の喜びというものに浸ってもらいたいこと。
それらを告げると、美月は次第に反論を控えるようになりました。
その言葉は紛れもなく私の本心なのですから、それなりの重みがあったのだろうと思います。

応募の方もつつがなく進みました。
応募方法は、ビデオ会社宛に応募女性の全身写真、性病検査の結果、略歴を郵送するというもの。
返事はかなり早かったのを覚えています。
会社帰りに電話が鳴り、広報担当だという男が意外に丁寧な口調で結果を述べました。
素人女性相手という事で士気を下げていた男優達が、総員一致で美月を指名している、是非にお願いしたい。
そんな内容だったように思います。
それを伝えた時の美月の顔は、困ったような、しかしもう覚悟を決めたような、不思議な表情でした。
私自身が妻の美しさを認められた事に相当舞い上がっており、もはや何を言っても無駄だ、と思ったのかもしれません。

かくして美月はテストプレイに参加することとなり、監督との面談と誓約書への署名を経て、
いよいよ車で撮影現場へと向かいます。
ビデオの題名に湯けむり〜とあるだけあって、撮影は会社所有の小さな温泉宿で行うようです。
「ささ、旦那さんもどうぞ」
配偶者である私にも特別に撮影現場への同行が許可されました。
私は、あくまで傍観者であるにもかかわらず、まるで主演のごとく緊張して車に乗り込みます。
別の車に乗りこむ美月の表情はよくは見えませんでしたが、私よりは落ち着いていたような気がしました。




341 名前:美月      5/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:11:00.41 ID:lkdTfYzj]



現場に着いた後、美月は専属のメイクに連れられて控え室へと姿を消します。
次に現れたときには、その顔には薄く化粧がなされ、服は着物に変わっていました。
物語の舞台が温泉宿なので、若女将といった所でしょう。
着物と言っても本格的なものではなく、あくまで撮影用の安価で脱がせやすい代物ですが、
美月自身の穏やかな表情が装いに格調を与えます。
「おお……!!!」
男優達が着物姿の美月を見て感嘆の声を上げました。

男優は3人おり、いずれも鍛え上げた逞しい身体つきと、ムラなく小麦色に焼けた肌をしています。
全国へ流通するビデオへ『映るための』身体。間近で見れば、その事がよく実感されます。
強面で女慣れしていそうな彼らは、気のせいか色白痩身な私を見下しているようにも見受けられました。

「奥さんとは、結構ヤッてるんスか?」
一人が私に対してぶしつけに尋ねます。
私は愛撫などはよくする事、しかし肝心な部分が上手くいかず、美月の経験は少なめである事を説明しました。
すると彼は、コップの水と共にいくつかの錠剤を美月へ渡します。
ひとつが経口避妊薬……いわゆるピルである事は解りましたが、もう一種は見慣れません。
「ちょっとした強壮剤っす。変なのじゃないっすよ」
男はそう笑いました。

しかし今では、この独特の形状をした薬をネットで調べ、男の言葉が嘘であった事が解っています。
それは女性を妊娠しやすくする薬でした。
強い興奮作用と共に、子宮の入口が妊娠時のようにふっくらと解れる効果があるといいます。
避妊薬を同時に服用したとはいえ、そのような薬を併用するのは危険です。
しかし無知な私はその時、何の疑問も抱けませんでした。

342 名前:美月      6/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:11:38.66 ID:lkdTfYzj]

男優の位置取りや女優の座らせ方を検証する意味もあり、撮影は本番さながらに進みます。
『経営難からの借金に苦しむ若女将』を演じる美月は、脱衣所で3人の男優に着物を剥ぎ取られました。
「い、いや!やめてぇっ!!」
帯を取られ、乳房を零れさせながら叫ぶ美月。
女優にありがちな演技めいた悲鳴ではなく、かなり真に迫って聴こえます。
その初々しい反応は、男優達をよく焚きつけたようでした。
男達は上機嫌で着物を取り去り、裸を露わにした美月を浴室に連れ込みます。
そして洗い場にて、いやらしく触れながらその裸体を泡まみれにしはじめました。

「うへぇ、すげえな。乳プリップリじゃん!女子大生みてえ」
「ほんとこの身体つきはヤバイわ。ホントに26の人妻か?
 胸はでかいけど、腹回りは肉が垂れてるどころか、膝立ちになったら腰骨浮くレベルじゃん。
 スレンダーだぜスレンダー。やべぇ、超好みなんだけど」
「マジすげぇな。あのよ、りさちーいんじゃん、あの元芸能人で売ってる『秋原りさ』。
 なんか身体あれクラスなんだけど。しかも粗食で案外肌荒れてるあっちと違って、
 こっちはお肌もっちもちだぜ。マジで年齢詐称だろこれ」

男優達は口々に驚きの言葉を発しながら、美月の身体を触りたくります。
「あっ、はっ……!!」
美月は、もともとかなり敏感なほうです、その手つきにビクビクと細かな反応を示していました。
やがて泡が流され、美月は男の1人と湯船の中に入ります。
その湯の中でもさらに後ろから抱え込むように弄られたあと、男は美月を浴槽の淵に掛けさせました。
当然、男へ向けて股を開く格好で。
「指入れるぞ」
男は短くそう告げ、美月の恥じらいの部分へと手を触れます。
「んっ……!!」
美月は小さく呻きました。その声と同時に、男の太い指が白い脚の間へと隠れていきます。
「お、やっぱ人妻はエロいなー。見た目とかいかにも清楚真面目ですって感じなのに、
 いきなり2本呑み込みやがる」
男は嬉しげにそう囁き、そのまま潤みの中で指を蠢かしはじめました。
ぬるっ、ぬるっと見るからにいやらしい指の動きです。

「うん、……っあ、んんんっ……!!!」
美月は後方に手をついてそれに耐え、かすかに声を漏らしていました。
恥ずかしいのか、顔は横を向いています。
すると、男はその美月の頭に手を置き、力づくで自分の方を向かせました。
「こっち見てなよ。本番でもそう撮るんだから」
男はさも大事なことのように言いますが、本心は美月の恥じ入る顔を見たいだけでしょう。
しかし美月は、男の方を向くしかありません。
男は美月の前髪を軽く握り、顔を覗きこみながら秘部に指を差しては抜きます。
「み……見ないで、ください……」
美月は、顔を男から遠ざけるかのごとく、少しずつ少しずつ、身体を斜めに倒していました。
しかしそれは、指での嬲りをより深く受けることにもなるのです。

はじめ無音だった股座の指は、いつしかにちゃにちゃと水っぽい音を立てるようになっていました。
「…………っ!!」
美月の頬が微かに染まっています。
「へーえ。あんたみたいな清楚さんも、やっぱりこうすると濡れてきちゃうんだ?
 腰を変に動かしだした辺りから、こうなっちゃうの解ってたんだよねぇ」
男はいよいよわざとらしく水音を立て、美月の瞳を覗き込んで笑いました。


343 名前:美月      7/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:12:24.25 ID:lkdTfYzj]

そこで一旦場面は切り替わり、撮影の場所はサウナルームに映ります。
サウナルームへは美月と男優3人、そしてカメラが入るだけで精一杯で、
私達部外者は別室のモニターから撮影中のライブ映像を見ることとなりました。

サウナらしく、黄金色に煌めく怪しげな室内で撮影が開始されます。
美月は腰にタオルを巻いた男優達に囲まれ、両腋を晒したまま手を頭後ろに組む格好を取らされました。
隠すものもなく、前へと零れるように突き出す乳房がエロチックです。
男優からしてもそれは同じなのでしょう。
一人が背後からその乳房を鷲掴みにし、形が変わるほどに強く揉みしだきます。
「ふぁうぐっ!?」
美月が息を噛み潰したような悲鳴を上げました。
私は驚きます。それは普段、私が丹念に愛撫を尽くした最後の方でようやくに漏れる声。
その声がもう美月の口から出てしまっているのです。

「ほうーらどうだ美月?オッパイの下側が、えらく無防備じゃねえか。
 解されてねぇなあ。あんまこのやり方でチチ揉まれる事ないのかよ、え?」
男優はあろう事か私の妻の名を呼び捨てにし、下劣な言葉を囁きます。
「あの馬鹿……。すいませんね、撮影で女の名前呼ぶのがクセになってるんですよ」
監督がそうフォローを入れるが、正直心のざわつきは止まりません。
私は嫉妬しているのです。背後から荒々しく乳房を揉みしだき、美月の身体を揺らす若い男に。

乳房を揉む男がいる一方で、正面の男は美月の顔を蹂躙します。
頬を掴んで両側から押し込み、鼻の穴を親指で押し潰して豚のようにへし曲げさせ。
それは元の造りがいいからこそ、異様に興奮する絵面でした。
普段おっとりとして見える美月が、苦しみに目を細めながら相手を見上げる様は、
一瞬とても妖艶で意地の悪い女に見え、また時には幼い少女のようにも映り、そのギャップが堪りません。
AVパッケージのキャプチャに優先的に選ばれそうな部分だと感じました。
特に後半、口に侵入した男優の2本指が美月の舌を挟み出し、光る唾液に塗れていく様は、
下手なフェラチオシーンよりも遥かに官能的に映ります。
えあっ、ええああっ、という舌足らずな美月の呻きも、その美貌と相まって異常にそそるものがありました。

乳房と顔だけではありません。それ以外の様々な場所にも、残る一人が舌を這わせていました。
掲げた腋の下、長い髪を掻きあげた下のうなじ、緩やかなカーブを描く腰に、その下の剥き卵のような尻たぶ。
美月はそのたび、当該箇所に繋がる筋肉を震えさせて悶えます。
そうやって嬲り者にされるうち、当然ながらその肌にはうっすらと汗が浮き始めていました。
つるりと汗の流れ落ちる動きから、改めて美月の肌の若々しさが見て取れます。
「ほーら、熱くなってきたでしょう。体中が汗でヌルヌルになってますよ。
 下のほうはもっとすごいですけど」
男が美月の片脚を抱え上げ、その秘部に指を差し込みました。
じゅちっ、と鳴った粘り気のある音が、その言葉を全面的に肯定します。
「ああ……。」
美月は細めた瞳に恥じらいを浮かべながらも、ただ男達に導かれるまま、室内の段差へと腰掛けていきました。


344 名前:美月      8/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:12:54.54 ID:lkdTfYzj]

美月は、最上段に座った男によって両の手首を掴み上げられ、正面に膝を突いた男に脚を開かされます。
そして秘部へと容赦なく指を捻じ込まれました。
先ほどは正面から2本指で中をくじられる浅いものでしたが、今回は大陰唇を手の平全体で覆うようにし、
直角に曲げた人指し・中・薬指の3本指で中を掻き回す深いもの。
AV用語で言うなら、『手マン』と称されるものです。
当然、愛液はだだ漏れになっていきました。

「あああああっ!!!はああうっ、ふあう、ううあああああふぁううぐううううっっ!!!!!」
美月は恥じらいを飛ばしたかのように大きな声で喘ぎ、太腿を痙攣させます。
吐息を噛み殺すような例の感じ声も、幾つも織り交ぜられています。
それも仕方のない反応でした。
もともと半端な熟れ方のまま身体を持て余していた美月が、小さく音がなるほど湿らされていたのです。
『ああああいやっ、あああいやあっ!!!!!」
美月はあまりの激しさに暴れ、何度も内股に脚を閉じようとします。
しかしそれを、背後から乳を揉む男、前から秘部をくじる男に片腿ずつ押さえつけられて阻まれていました。

「ほぅら気持ちいいんすかオバサン?気持ちイイっすよね。
 完全に膨れたGスポットキャッチできたんで、好きなだけコリコリコリコリしててあげますよ。
 サウナの熱気で頭ぼーっとしてるとこにコレやられちゃ、堪んないっスよねえ。
 ……あ、旦那さんも見てる事ですし、やっぱ無理に言わなくてもいいっす。
 オレ昔ホストやってたからこういうの慣れてて、大体解っちゃうんすよね。
 フトモモの強張りとか指先のGスポットの感覚とかで、どれくらいキテんのかなって。
 オバサンは余計な事考えずに、そのかわいー顔でただ感じまくってて下さい」

まだあどけなさの残るその若い男は、美月をオバサン呼ばわりしながら指を繰り続けます。
女性を罵って興奮させるタイプのサディストでしょう。
性格はともあれ、その技術は同じ男としても目を見張るばかりでした。
「あああっ!!!はあああああっっ!!!」
声を上げ続ける美月の秘裂から透明な雫が溢れ、男の手首を血管と平走するように流れていきます。
その手は一段上の男に掴みあげられたまま、たまらなそうに小指を握りこむばかりです。
ぷしっ、ぷしっと何度も飛沫を上げているのが見て取れました。


345 名前:美月      9/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:13:30.46 ID:lkdTfYzj]

「オバサン結構わかりやすいっすね。もう堪んないよーって顔してるじゃないスか。
 ね、今で何回ぐらいイッてるんすか?」
男は美月を見上げたまま問います。
美月は答えづらそうにしていましたが、手を休めない男に折れる形で口を開きました。
「あっ……は……8回、くらい…………」
驚くべき数字でした。
「えっマジ8回っすか!?オレてっきり5回だと思ってたんすけど。
 じゃあひょっとしてあれだ、今みたいに足の裏がヒクンッ!って横向くのが全部、イッたって合図なんだ。
 すげえなぁ、思った以上にエロエロじゃん。いや可愛いなー美月さん」
男はいよいよ気をよくして指を蠢かします。
それに操られるように、美月の腰つきもいやらしいものになっていきました。

「でさ、美月さん。お愉しみ中悪いんだけど、そろそろ潮でも噴いてくんないかな。
 このシーンって、女優が潮噴いて終わりってシナリオになってっからさ」
背後から胸を揉みしだく男が囁きかけます。
どうやら潮噴きを強いているようです。しかし、今まで美月はそんな体験がないはず。
教養本のおかげで知識としてはあるはずですが、出せと言われて出せるものではありません。
「んー、この格好じゃ出しづらいかもな。ちょっとポーズ変えようぜ」
腕を掴みあげる男が言い、美月を床に降ろします。
壁に手をついたまま膝立ちになる格好へ。

「うひ、やっぱりスレンダーな娘はこの格好が最高だな。腹筋に腰骨に繁み、細いけど強張った太腿。
 エロすぎるラインだぜ」
「ああ。でもこりゃ別格だ。キレーな黒髪と白い肌でやたら清楚っぽいし、顔なんて典型的なお嬢様タイプじゃん。
 さっきから触りまくっててなんだけど、いつお偉いさんのSPとかが飛び込んでくるかってスリルすら感じるわ」

男達は口々に言いながら、膝立ちになった美月の秘部を嬲り始めます。
「はっあ、いや……あ……こんな格好…………!!」
3本の手で代わる代わる秘唇の中をまさぐられる感覚に、美月は艶かしく腰を前後させるばかりでした。
それがどれほど続いたのか。やがて男達の指の繰りが激しくなり、美月の腰が上下に揺れ始めます。
「あっ……あうッく、ああ、あああ゛あ゛、んあああああっあーーーーーーっっ!!!!!」
その美月の凄絶な叫びと共に、木床をも抉ろうかというほど踏みしめられていた膝から力が抜けました。
筋張っていた太腿が曲線に戻り、ゆったりと腰が浮きながら、小水のような潮を床に飛び散らせていきます。

「おー出た出た、すごい勢い。なんか美形の女優って勢いある潮吹きしやすいイメージあるよな」
「ホントすげぇ。美月さん今まで潮吹きってしたことある?これが初だよね?
 そうやって『信じられない』っていうだらしなーい顔してるって事はさ」
「完全に誘ってるよな、この唇とか。あーもうそろそろ勃起しすぎてチンポいてーわ」

秘裂から粘液まみれの指を抜いた男達は、天を仰ぐ美月を見下ろし、勝ち誇ったように笑い合っていました。
その笑いは、目の前の美月とモニター前の私、果たしてどちらに向けられたものだったのでしょうか。


346 名前:美月      10/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:14:09.11 ID:lkdTfYzj]

執拗な『手マン』シーンも終わりを迎え、次は構成上、いよいよ『カラミ』のシーンです。
男達は腰のタオルを取り去り、勃起しきった逸物を露わにしました。
不能の傷を抉られる気がして、今まであえて目を向けないようにしてきましたが、驚くべき大きさです。
プロのセックス男優なのですから当然ですが、私が奇跡的に勃起した時より、さらに2周りは上とみて間違いありません。
3人それぞれ大きさは違いますが、そのうち最大のものは、今まで銭湯などで見かけたどれにも劣らぬ立派さでした。
美月も布団の上でその剛直に囲まれ、明らかな狼狽を見せています。

「本来ならこの間に化粧直しの時間が取られますが、今回はその必要なしとの事で省略します」
監督がメガホンを手にそう告げました。
しかし、それは建前です。本音はといえば、すでに勃起しきっている男優に早くセックスをさせるためでしょう。
美月はメイクに着物を渡され、ごく簡単に身なりを整えます。
浴衣の帯をはだけ、白い足袋をつけただけの格好。
本番での浴衣や足袋の滑りやすさ・肌の隠し具合を確認するためにのみ着せられたのでしょう。

3人の中で一番逸物の小さい――とはいっても人並み以上はありますが――男優が、布団の上に寝そべります。
そして膝を突く美月をに向けて、自らの腰を叩いて見せました。
「しゃぶってくれ」
男が告げます。美月は一瞬だけ躊躇いましたが、今さら拒むわけにもいきません。
浴衣の前をはだけた格好のまま男の足の間へ屈みこみ、赤黒い逸物を掴みます。
「おおー気持ちいい……」
美月が逸物の先を咥え込むと同時に、男優が声を上げます。
同じ男である私には、よほど限界近くまで溜まっていたのだろうと理解できました。

一方の美月はといえば、今まで口に含んだことのない大きさに大苦戦です。
慣れ親しんだ私のものは、粗末な上に柔らかく、舌の中で容易に転がせる程度であったのだから無理もありません。
「ぐっ、あう゛……!!」
眉を顰め、唇を斜めにへし曲げてでも剛直を口の中へ押し込もうとする様は健気です。
それはまるで、すでに満腹な子供が、なお親に怒られてステーキを口へ押し込んでいるかのようでした。
「もっと深く」
男優が容赦なく命じます。
美月はその男の方を上目遣いに伺いながら、逸物の根元を握り、口を縦に開いて呑み込みはじめました。
角度が上手くいったのか、今度はなんとか極太も口の中へ入っていきます。
「んっ……んんっ……ふむう、んっ…………」
妙に艶かしい、口の中に籠もるような声で行われる口戯。
頬をへこませて逸物に吸い付く顔は、美しいとはいえませんが、変にそそるものがあります。

美月の後ろへ回り込んだ男優が、彼女の美しい横髪を掻き上げ始めました。
耳を隠さないようにうなじで髪を纏められると、少々野暮ったい印象のあった俯き顔が一気に垢抜けます。
田舎娘から都会の美少女へ、という所でしょうか。
アダルトビデオとしては明らかに実用性が増しており、細かな印象の違いを気にかけるそのプロ意識には、
少々悔しいながらも舌を巻くばかりです。


347 名前:美月      11/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:14:53.21 ID:lkdTfYzj]

しかし男優がやりたかった事は、ただ髪を後ろに纏める事だけではありません。
彼はそのまま美月の後頭部を押さえつけ、力づくで逸物へと押し込み始めたのです。
「おう゛っ!?う゛っ、おお、お゛……!!あっ、あはっあ、ゴっ……お゛あ!!!」
美月の喉奥からはっきりと苦しげな声が漏れ始めます。
私は驚いて隣の監督を見ましたが、彼はごく自然なことのように場を眺めていました。

「おーっ、すげぇ。先っちょが喉の奥に入り込んでら。気ん持ちいいー!」
男優は上機嫌で、腹筋をするように身を起こしながら美月の様子を眺めていました。
美月は背後の男優に頭を掴まれたまま、されるがままに首を上下させています。
尋常でなく苦しいのでしょうが、それを無理矢理にでも拒めないのが彼女らしくもあります。

整った顔で大きく口を開け、その中で赤黒い怒張が唾液で濡れ光っている。
それははっきりいえば、かなり淫靡な光景に見えました。
やはり鼻の形の整っているハーフめいた顔ならば、ああした『イラマチオ』でも絵になるのだ。
私は自分の妻の問題でありながら、不謹慎にもそのように考えてしまいます。
それほどに官能的だったのです。

1人が美月の口腔奉仕に酔いしれ、1人がそれに被虐美を加えている頃、もう1人も動きを見せていました。
浴衣をはだけた美月の足元に屈みこみ、その秘部へ触れ始めたのです。
「ん、んうんんっ!!!」
男の姿はちょうどカメラから美月を隔てた所にあり、何をしているのかはおおよそにしかわかりません。
しかし美月のトーンの違う呻きを聞けば、ちょうどその瞬間に指を入れられたのだと想像できます。
「へへ、もうすっかりドロドロになってやがる。
 素直でいいねぇ。ぶっといの咥えさせられて濡らすのは、女の本能だぜ」
男はそう言いながらやや上方へと指を滑らせ、どこかに押し当てて沈み込ませました。
その瞬間、美月の腰が跳ね上がります。
「い、いやっ!!そっちは違いますっ、お願いやめて!!!」
咥えていた怒張を吐き出して乞う様は必死でした。
男が笑います。

「尻の穴はイヤか。ぴっちりと閉じて桜色してるが、まだ一度もやった事ないのか?
 なんならこの撮影後にでも俺が開発してやってもいいが、どうだい。
 浣腸で中身を全部出しきったあと、3時間ばかりかけてこってりと指入れして拡げてやる。
 ものすげぇぜ?特にあんたみたいに本音を内に押し留めるタイプほど、どっぷりハマっちまう」
「……おい。私語が過ぎるぜ」
図に乗って話し続ける男を、さすがに監督が制します。
私は安堵しました。これ以上あの言葉を続けられては、気分を害するどころではありません。

348 名前:美月      12/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:15:28.64 ID:lkdTfYzj]

男は、口を閉じた代わりに自ら逸物を扱きはじめました。
「あーもう限界だ。はじめっぞ」
そう短く告げるや否や、美月の腰を上げさせて逸物を押し当てました。
「っあ!!!」
美月が口の怒張を吐き出し、口の端から唾の線を垂らしながら叫びます。
「ああああっ!!!」
私の妻が苦しげに眉を顰めるまさに今、極太の逸物がその割れ目の奥へと入り込んでいるのです。
「うう、すっげぇ……蕩けた襞が、奥から入り口まで満遍なく締め付けてきやがる……。
 くそ、もう何もかも限界だ、このナカぶっ壊すぞ!!!」
男は吼えるように叫び、強く美月の尻肉を掴んで腰を打ちつけはじめました。
ぶちゅっぶちゅっと凄まじい粘りの音がします。
そうしていよいよ、“けだもの”と美月とのセックスが始まりました。

「ああうっ、お、大きっ……!!!くぁあああううっ!!!!」
美月はバックスタイルで突かれながら、布団に手を突いて身体を揺らします。
私自身も試みた事はあるものの、外から見るのは初めての美月の後背位。

これほど美月の太腿が素晴らしいとは、私はもう随分と感じた事がありませんでした。
波打つほどの無駄な肉がなく、健康的に引き締まった太腿。
極太の挿入がよほど凄いのか、地面に足がつっぱり、大腿部を膨らませています。
その足の開きはがに股で、抱かれている体位からしてそれ以外に動けないのでしょうが、
それは清楚な見目である彼女にあって異常なほどいやらしく映ります。
音もそれは凄まじいもので、ぶちゅう、ぶちゅうっと何ともいえないものが断続的に続きます。

美月はそれでも耐えているようでした。
引き抜かれるごとに目を疑うような剛直を叩き込まれながら、歯を食いしばって。
「ふーっ、ふーーっ……!!」
目元は髪に隠れて見えませんが、口元は険しく引き締まり、時に細い息を吐いてはフェラチオの名残である唾の線を垂らします。
今までにみたことのない必死な表情。
なぜそんな顔をするのでしょうか。私が見ている前だからなのでしょうか。
それは健気ではありますが、痛々しくもあり、また決壊する事が解りきっているほど儚いもの。
事実、男がほくそ笑みながら美月の腰を掴み、自らの局部へと叩きつけるようにしはじめたとき、
喰いしばられた口は簡単に開いてしまいました。

カメラがその崩壊の瞬間を捉えるべく下へ潜り込みます。
モニターにはしっかりと映し出されました。
男の手で腰を掴まれ、一分の隙もないほど腰を密着させられたまま、喰いしばった口を歪ませる美貌。
その状態のまま、さらにぐぽっぐぽっぐぽっと3度ほど音が立つると、薄い桜色の唇は空気を求めるように開かれます。
風邪を引いた少女が、粥を求めるような顔。
頬は赤らみ、目は力なく閉じられ、この上なく性的です。
「ぁぁ、ぁ、おくで……すごく奥で、イッちゃ………た……………」
零れでた声は掠れたように小さなものではありましたが、だからこそ真に迫っていました。
結合部から下のほう、すなわちモニターに映る映像のレンズへと数滴の雫が滴ります。
かすかに白く濁ったその液は、より解りやすく美月の状態を私達に伝えてきます。


349 名前:美月      13/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:15:55.95 ID:lkdTfYzj]

一流の男優達による、まるで容赦のないセックス。
それは息を呑むほどの激しさをもって、休む事もなく続けられました。

今は2人目が正常位を行っています。
この男もやはり残酷でした。両の足首を掴み、美月の自由を奪っていい様に貫いているのです。
美月が膣の下側を突かれるのを嫌がっていると見れば、美月の脚を閉じ気味にさせ、
掴んだ足の裏を自分の腹部へと付けさせながら、狭くなった秘裂を下向きに抉りこむ。
上側を嫌がっていると思えば、今度は逆に蛙の様に大股を開かせたまま、無防備になった膣を臍側へと突き上げる。
こんな事をされては、耐え凌げようはずもありません。

「いやあああっ!!!やあっ、イグッ!!やめてぇっ、今そっち側はやめてくださいぃっ!!
 どうして、どうして私が今一番嫌なところがわかってるんですか……ああああっ!!!!
 せ、せめて、その足首掴むのだけでもやめてくださいっ!!
 それされるとっ、膣が勝手に一番ひどいほうに沿って……うあああああ、だめええっっ!!!!!!」

美月が哀願する間にも、男は彼女に胡坐を組ませるように足裏同士を重ねさせ、
相当な強張りの見える内腿の中央部へと極太を叩き込んでいきます。

「はあああっ、いぐっ、いぐいぐいぐっ……!!どうして、今度は物凄い奥に来るっ……!!
 こ、これが子宮が下がるってこと?……ああああダメっ、もうこれ、耐えられないっ……!!!」

胡坐をかく格好のまま、頭の下の枕を堪らず腕でかきむしる美月。
男はその美月を面白そうに眺めながら、さらに体位を変えます。
掴んだ足首を美月の胸の遥か上にまで押し上げての結合……屈曲位という形です。
右肩へ美月の両足首を重ねて乗せ、その表情を楽しみながら、力強く腰を浮き沈みさせはじめます。

「あぐ、うううああっ……!!!ふ、深すぎ、る……!!」
「そうだろ。しかも脚を閉じて膣ん中がぎゅうっと締まってる状態だ、俺の太さが嫌ってほど感じられるよな」

美月はすでに涙を流してしまっており、淑やかそうな瞳の下辺に溜まった雫が鼻梁を伝って唇へ。
その唇からは顎にかけて幾筋もの涎の線が走っており、喘ぎに口を開くたび、唾液の線が口内に光ってもいます。
突かれるたびにぶるりと上下する乳房も汗にまみれ、
震源地と呼ぶべき結合部などは、くとっくとっと粘土が圧縮されるような何ともいえない音をさせる始末。
並みのアダルトビデオであればもうクライマックスと呼んでいい乱れようですが、
これがまだ地獄の一丁目だというのが何とも末恐ろしい。
美月は、その有り余る快感を何とか受け流そうとするように、髪の下で弾む枕を強く強く握りしめていました。


350 名前:美月      14/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:16:20.42 ID:lkdTfYzj]

セックスはそこから、時おり男を変えながら、側位、再びの後背位へと続いていきます。

突かれるごとに湯気の立ちそうな熱い息と、あ゛っ、あ゛っという押し殺した声をあげるものの、
それでも美月はよく耐えている方だと言えました。
やはりこういう時にだらしがないのは男で、男優は逸物を彼女に叩き込みながら、
うあああ、ああああ、と耳障りな声を上げはじめています。
その声と狂ったような腰の動きは、彼がどれほど快感に浸っているのかを物語ると同時に、
美月の受けている快感の凄みさえも解りやすく代弁する事にもなりました。

もはや見ている私でさえ夢か現実かの区別がつかなくなり、モニターから離れてふらりと撮影現場へ赴きます。
誰も止める人間はいませんでした。
むせ返るような雄と雌の匂いにまみれ、乱れきった妻の姿はありました。

その時の男優は、騎乗位で、美月の脚を自分の開脚へ絡めるようにして限界まで開かせ、
さらに後ろで掴んだ腕を引いて、美月の背を弓なりにさせていました。
ただでさえ蕩けに蕩けきっていた所へ、開脚と弓なりという不自然な姿勢での挿入。
こうなると、もはや美月も如何ともしがたかったのでしょう。

「あ゛ーーーーっ、んあああああ゛ーーーーーーーーっっ!!!!
 いくいくイクいぐ、いぐいくいくいくいっぱいイッてるうううううーーーーーーっ!!!!!」

美月は天を仰ぐようにした口を何度も大きく開き、それまでが嘘のような大声で叫び続けていました。
その声と、カメラの真正面で踊り狂う餅のような乳房は実に映像栄えし、
また怒張が奥を突く度に引き締まる腹筋や、結合部を中心に筋張る内股は、
彼女が何度となく絶頂に達している事を窺わせます。

夫としては恥ずべきことながら、私はその彼女を、怖い……と思ってしまいました。
もはや人の言葉が通じないかもしれない。私とは別種の生物かもしれない。
一瞬そのように考えた事は事実です。




351 名前:美月      15/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:17:52.71 ID:lkdTfYzj]

ゆうに十を超える体位を完遂したのち、ようやくにセックスは終わりを告げます。
美月はぴたりと折り重ねられた両脚をくの字に曲げ、その股の間から大量の白濁液を溢れさせていました。
私はひどく疲れきった気分で、彼女を助け起こそうと近づきます。
しかしそれを、監督が遮りました。
「ちょっと。まだ撮影は終わってないですよ」

……私は、そこで気がつきました。
この企画は本来、ポルチオ責めの機械のテストプレイが主目的であったはず。
つまり今までのセックスは、あくまで慣らしにすぎないのだ、と。
「まあ、どうしてもやりたくないってんなら考えるけど……どうします」
監督はスキンヘッドを撫で回しながら訊いた。
私にではなく、美月に。

私は、美月ならば当然これ以上を拒否すると思っていました。
先ほどあれほどにやめて、と叫んでいたのは他ならぬ彼女です。
しかしその美月は続行の意思を問われ、言葉を選んでいました。
「美月?」
私の呼びかけに、やや脅えたような視線を向けます。
そこへ男優の1人が言葉を重ねました。

「もうやめちゃうんですか?ここからが本当に凄い所なのに……。
 さっきまでの堪らないって感覚を、今度こそ突き抜けられるんですよ。
 イキすぎてイキすぎて、窒息しそうに苦しいのに頭が蕩けて仕方ない。
 そんなの体験できる機会、もう二度と無いとおもうけどなぁ」

男優が美月の肩を撫でながらそう囁いたとき、その身体が震え上がったのを私は見逃しませんでした。
恐怖に、ではありません。彼女は明らかに期待をしているのです。
本を見て憧れたポルチオ開発が、自分の指ではどうしても敵わなかった夢が、実現しつつある。
好きなだけその極感に浸れるチャンスにある。

「美月……お前まさか、まだ…………?」
私は、自分の声が震えているような気がしました。
そんな、まさか。そういう答えを期待している自分がいました。
しかし。

「・・・・・・・・ごめんなさい。」

美月は紛れもなく彼女自身の穏やかな瞳で私を見つめ、はっきりと告げます。
それはおそらく結婚して以来初めてになる、彼女自身の願望です。
彼女は私が思っていた以上に快感に飢えていたのです。
「……だ、そうだ。もうしばらく待ってくださいよ、旦那さん」
監督に力強く肩を叩かれ、私はただ、男優に抱き寄せられる美月を呆然と見守るしかありませんでした。


352 名前:美月      16/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:18:15.09 ID:lkdTfYzj]



一度男優と美月が混浴で汗を流した後、湯上りに撮影が再開されました。
設定は変わらず、借金を抱えた若女将が得意客に嬲られるというものです。

「次、右足 緑!」
先ほどの寝室の隣にある和室では今、丸裸の美月がツイスターゲームをさせられています。
「う……!!」
美月は腰を捻る不安定な格好のまま、必死に何かに耐えていました。
浴衣姿の男達に囲まれてのこの遊びは、ただのツイスターゲームではありません。

美月の腰にはカボチャパンツのような、金属製の巨大な貞操帯が嵌められています。
中から響くのは、機械独特の重々しい駆動音。
美月はツイスターゲームで様々なポーズを取りながら、その機械責めに耐えているのでした。
駆動音と共に見られる腰のうねりから察するに、かなりきついのは明らかです。
「次、左手 赤ね」
またスピナーが回され、美月は体勢変更を余儀なくされていました。
今度は両手両脚を広げたまま、ブリッジをするような格好。
待っていたとばかりに男優達の視線が美月の股座へ集中します。

「おおすげぇ、もう愛液で腿の内側濡れまくってんぞ。
 へへ、しかも見ろ。でかい一筋が背中の方にまですーって垂れていってらぁ」
「うわホントだ、やらしー。腰がすっげーヒクヒクしてっけど、ああ見えて結構強力なのか?」
「強度は5段階中の3だぞ。まぁどのくらい凄いかなんて、女になってあのベルト嵌めてみないと解らんけどな。
 ただ音は中々容赦ないんじゃないか?ギシュッギシュッて、ベルト越しにでもロボットが歩くみたいな音してっし」

男達はブリッジの姿勢で秘部を見せ付ける格好の美月を見世物にしていました。
美月の顔は苦しそうに歪みます。
「……は、はやく、はやく次の指示をください…………」
「ん、なんで?早くしなかったらどうなっちゃうの?」
男優達は意地悪く罵ります。
そのままブリッジ状態での駆動音がしばし続いた後。
「うんんっ!!」
小さなうめきと共に、美月の土踏まずがシートから離れます。

「あー、イッちゃったイッちゃった」
「おいおい、まだゲーム始まってそんなに経ってないぜ?
 もうイッてたら、これからいきっ放しになってつらいよぉー?」
男達が口々に囃したてる中、美月はブリッジの頭で大きく口を開けて目を見開いていました。
ひょっとすると相当に深く逝ってしまったのでしょうか。
何しろ得体の知れない機械による絶頂ですから、どのようなものかはそれこそ本人にしか解りません。


353 名前:美月      17/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:18:45.72 ID:lkdTfYzj]

「ほれ、じゃあ望みどおりさっさと次いくぞー。左足 青!……うわー遠いねぇ、頑張れ〜」
男達はろくに休む間も与えず、またしても美月の体勢を変えます。
「うっ……く、うう……あ」
美月は呻きを上げていました。青を踏みにいくのが体勢的にきついのもありますが、
それ以上に逝ったばかりの身体で崩れないようにするのに必死なのでしょう。
「あうああっ!!」
そしていざ青に到達しても、やはり地獄でした。
まるで股割きのように大きく脚を開かされた状態で、秘部を機械に突き上げられる羽目になったのです。
両手は後ろ側についているので、またしても男達に見せ付ける格好。

「あっ、あうあっ、これ、つらい…………あ、あ、あああっ……!!!」
「おい、イク時はちゃんと言うんだぞ」
「う、うっ……!!い、イきまっ……す、あ、あ、やだまた、またイっ……ああ、はああああっ!!!」
「もう言えてねーじゃんかよ。でもカウントできないくらい細かに逝ってるみてーだし、しゃあねえか。
 俺ら人間と違って機械って容赦ねえから、イッてる最中の膣奥でも思いっきり突きやがるだろうしな」
「ああ……にしても、股の辺すんげぇ匂いになってきたなぁオイ。風呂入ったのが完全にパーだ。
 顎の辺りも涎で光ってるし、舌出してハァハァハァハァ喘ぐとか、アレほとんど犬だろ」

男優達は、今まさに絶頂の渦中にいる美月を好きに罵りながら、またスピナーを回転させます。
「ほーら次の指示出てんぞー、右足 赤!さっさとしろー」
残酷なその指示に、美月は瞳を潤ませます。しかし男優達に容赦などありません。
「ほら、10秒以内に動かないとキッツイ罰ゲームさせっぞー。いーち、にーい」
そのカウントを聞き、美月は震え上がる脚をなんとか上げて赤を探します。
すでに美月の視界はしとどな汗で遮られているのか、うまく探せていないようです。

何とか時間内に赤へ右足を置いても、状況が改善するはずもありません。
今度はしゃがみこむような姿勢での機械責めに遭います。
「あっあ、いやこれいやっ!お尻まで震えて、はやく、はやくつぎ……っく、ああ、あっは……あう!!」
虚ろな視線を上向きに投げ出し、絶頂を見せる美月。
絶え間なく滴る愛液が、シートのあちこちを濃い色に染め、
不安定な姿勢のまま秘部を責められて痙攣する脚が、シートを煩く鳴らしてもいます。
すでに両脚の内側は、しとどな愛液で足首までが濡れ光っている有り様です。

「じゃあ次、左手 緑!」
次の指示が出たときには、すでに美月は限界だったのでしょう。
左手を遠くへ放り出したまま、感じすぎて力が入らないという風にシートへ倒れこみます。
「オイオイ終わりかよー、ツイスター最低記録じゃねーの?……罰だなこりゃ」
男優達はそう言い、美月の膣内に入った機械の操作盤を弄くります。
その瞬間、美月の腰が跳ね上がりました。
「あっ、うあああああああうあーーーーっ!!!!や、やめて、これ許して!!
 腰が、腰がバラバラに……だめっ、いい、イクううううううううううっ!!!!!」
いきなり機械の強さが二段階上げられ、這い蹲ったまま腰を跳ね上げて絶頂を迎え続ける美月。
やがてその腰から黄色いせせらぎが漏れ始め、シートを流れていきます。

「くっさーい。なに、幼稚園のガキでもいんの?」

その時、場に唐突に女性の声がしました。美月ではありません。
彼女の事は一応は聞いています。実際にこの撮影を行う本物の女優、豊杉あいりです。
ルックスは近くで見ても掛け値無しにアイドル級ですが、底意地の悪さが透けて見えるようでもありました。
「お、お疲れっす……」
先ほどまで威勢のよかった男優達が頭を低くしている事も、彼女の特異性が際立たせます。

354 名前:美月      18/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:19:12.09 ID:lkdTfYzj]

実際に本番を撮影する女優もようやく到着し、ついに責めは最期に入ります。
すでに涙や鼻水にまみれ、目も虚ろとなっている美月が今、その仕掛けの上に移されました。
ソファの中心からディルドーが覗いている形の責め具です。

「うわぁー、なぁにこれ?滅茶苦茶太いし、長いし、それでいてこのカリ首と幹の反りって……。
 これ作ったの絶対女でしょ?あたし解るもん。滅茶苦茶性格悪い女が、女壊すために作ったようなディルドーだよこれ」

豊杉あいりは、これから使用されるディルドーを間近で眺めて顔を顰めました。
それほどに女からみておぞましい逸品なのでしょう。
それが今から、私の妻に対して使用されるのですが……。

「ほら、しゃんとしろよ」
美月はソファの背もたれに手を突き、両の足を真横に広げて肘掛けへ乗せる形にされます。
その両足首が肘掛けのベルトで固定されると、ソファの上で尻を突き出す格好が出来上がりました。
そのまま、秘部を降ろしてディルドーを呑み込むよう指示が出されます。
「う、うんん……はっ、く……」
美月はかなり恥じらいながらも、言われた通りにします。
秘部がディルドーを飲み込んだのを確認し、今度は両脚の付け根がディルドー脇のベルトで座部に括りつけられました。
「え、そんな……!!」
これには流石の美月も狼狽します。
しかし、男優達が今さら慈悲をかける筈もありません。
「ほらいくぞ、天国に行ってみろ」
機械の始動スイッチは、呆れるほどに軽く押されました。

「う゛ああ、ひあ゛あああぁッ!!!!いや、いやいや、もうこんなに奥いやっ!!!!
 たすけて、とめて!!何秒かでいいから止めてくださいっ!!!
 おくが、奥が何度もつぶされてて、もぉだめっ!!!すごいの、すごいの来るうううッッ!!!!
 あああああああああああああああまた凄いのきちゃうううううううううっっっ!!!!!!」

凄まじい勢いでソファが揺れます。
その中心部分では、私の妻が獣のように狂乱していました。
「ヤバ、ほんとにすっごぉ……。グッポグッポいいながら、あのでっかいのがほとんど根元までいってるし……」
豊杉あいりが、美月の中へディルドーが入り込む瞬間を間近で見上げつつ呟きます。


355 名前:美月      19/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:19:35.35 ID:lkdTfYzj]

「あああああぇぇっ、きた、きらぁあああっ!!!!!いくっ、イくいくいくイクイクいくうううっ!!!!!
 アアアあぁああ、あッあっあ、くううあーーーーーーッ!!!!!!
 こんなの、あっアタマが、頭がほんとにおかしくなっちゃううーーーっ!!!」

その狂乱振りに、かつての淑やかな美月の影はありませんでした。
全身を痙攣させ、汗を振り乱し、おそらくは女性が受けうる最大の快感に呑み込まれています。
私は当然、言いようもない危機感の渦中にいました。この状況はいけない、と思っていました。
それでも、あまりに異常が大きすぎるとき、人は身動きができなくなる事もあるのです。
監督も男優も、ただその破滅への一大芸術に見惚れています。

滅茶苦茶になっている美月の前に、豊杉あいりが回り込みました。
そして美月の顔を覗きこみながら口を開きます。
「ねーぇ、今どんな感じなのぉ?あんたモニターなんだから、ちゃんとどんな風かあたしに伝えてよ」
その口調は、まさに真性のサディストのものでした。
今の状態の美月にそんな質問をするなど、まともな神経ではできません。

「ふあぁあっ、凄い、凄いです、あそこの奥がゴリゴリ突かれて、
 おまんこの奥が、無理矢理押し込まれて、もぉ……たまんないっ!!!
 ああまた、おなかに、おなかのおくにずんずんくるっ。
 これイヤ、いやな電気が頭に走り続けてて、もぉ、もぉまともでいられな……!!!!」
その美月の答えを聞き、女優はぞっとしたように肩を竦めます。
「ねー、こいつ何言ってるのかよくわかんないんだけど。アタマおかしくなってんじゃないの?
 よーしじゃどうせならぁ、徹底的にオカシクなっちゃう美人の姿見せてよ」
豊杉あいりは冷ややかな視線のまま、ソファの背もたれに掛けられた美月の手を持ち上げました。
「あ、いやあああっ!!」
美月が目を見開きます。
「いやあ、じゃないでしょ、期待してるんでしょ、こんなとこ来るエセ清純の変態女!
 ほーらソファから手が離れちゃったぁー。もうその極太を、おまんこの奥だけで支えなきゃいけないねぇ。
 あんたについた肉の重さ分だけ、お腹の奥に堪らないのがきちゃうんだぞぉー。
 あはっ、すっごい。お臍の辺りがゴンゴン突かれてるのがちょっとだけ浮いて見えてる。
 さすが痩せてるだけあるねー、永久保存版だねこりゃ」


356 名前:美月      20/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:20:02.82 ID:lkdTfYzj]

豊杉あいりに追い詰められ、美月の様子は刻一刻と変わっていきました。
顔は涙と涎、鼻水で無残に汚れ、また顔自体もほぼ常に白目を剥いて大口を開ける危険なものとなっています。
ソファの座部がしとどな愛液で水をこぼしたようになっている事も、異常性に拍車をかけました。
さらには、ぶすっ、という音と共に、美月の桜色の蕾から空気が漏れもします。

「あははっ、何いまの、オナラ?AV女優のアタシでも撮影中にオナラなんてしたことないよ。
 あんた昔はちっちゃい子供を教育する保母さんだったんでしょ?
 今のオナラばっちり撮られちゃってたけど、それでいいの?」
豊杉あいりは美月に恨みでもあるのか、口汚く罵ります。
やがて彼女も同じ責めにかけられ、あるいは同じような状況になるかもしれないというのに。

ソファの肘掛けの上で、快感に堪りかねた美月の足指が蠢くと、
「あーらお上手ね、いつもお遊戯会じゃ、足の指でピアノ引いてるの?
 足でピアノ弾いて屁ひりだして、これは大物な保母さんねぇ。
 普段は淑やかそうで通ってるんだろうけど、本性でちゃったねえ」
そのように罵ります。
その他、惨めな格好の美月のあらゆる言動をあげつらっては貶め続け、美月に涙を流させました。

「ああああぁもう、おかしくなっちゃうううううっ!!!!イッてる、今いってる最中に、またっ!!!
 ああいく、イっくううっ!!!、もぉ、あたまのなかぐちゃぐちゃで、わけ……わかんな…………
 あ゛っ、あッあッ……うんんんあああああああああ゛あ”ぁぁ゛ーーーーーーーーっ!!!」

美月は部屋に響き渡るほどの絶叫を最期に、がくりと首を垂れます。
もはや顔を見るまでもなく、完全に失神しているようでした。



357 名前:美月      21/21 mailto:sage [2012/01/09(月) 23:26:22.29 ID:lkdTfYzj]


まさしく狂乱と呼ぶに相応しい撮影の後、私は予定通りの謝礼を受け取りました。
美月は、さすがに直後は集中力の無い時期が続いていましたが、今では特別には以前と変わらない、
優しくて穏やかな妻でいます。
しかし……変わらない訳がないのは、私とてどこかでは解っていました。

ここ最近になって、妻と共同で使用しているパソコンに謎のメールが来る事がたまにあります。
メールは美月宛で、パスワードが掛かっており私では見れませんが、どうやら裏の関係らしいことは解りました。
美月に訊いてもはぐらかされるばかりで、私自身も真実を知る事を恐れてあえて追及はしません。
しかし先日、ふとしたことで会社の同僚が、その送られてくるメール元と同じサイトを利用している事が発覚しました。
躊躇った末にそのサイトにログインしてもらい、サイトに隠されていた動画を見た瞬間……
私は真実を知ってしまいました。

あの調教以来、美月は時おりビデオ撮影を行い、その動画は小さな会員制動画サイトで期間限定で公開されていたようです。
登録されている女優の中でも飛びぬけてルックスのいい美月にはかなりのファンがおり、
私の同僚も新作がアップされるのを日々心待ちにしていたクチだといいます。

動画は様々なものがありました。
浣腸を施された後、様々な格好を取りながら3時間という時間一杯に指で肛門をくじりまわされ、
腸液を滴らせながら緩やかな絶頂状態にあり続ける動画。
大柄な黒人に2穴を犯され続け、白目を剥いて前後不覚に陥りながら絶頂を極め続ける動画。
スローセックスという、二枚目の男優と濃厚なキスをしながら延々と肌を触れあわせ、
何十分もかけてゆっくりと挿入し、美月が勝手に腰を動かすまで何時間でも動かずに性器の深くで繋がりあい、
やがては男優が逸物を抜くたびに潮噴きが起きるまでにされてしまう動画……。

私はそれらの動画をひとつひとつ鑑賞しながら、泣くことも出来ずにいました。
私のせいですべてが変わってしまったのは事実です。
しかし今の状況が美月にとっていい事なのか悪いことなのか、それは私には解りません。
美月自身に尋ねても、答えが得られることはないでしょう。

私達は、おそらくそれぞれの墓場にまで、この不明瞭な迷いを持ち込むのだろうと思います。



                      終わり

358 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/10(火) 01:02:56.47 ID:W4gZKt3x]
ねこの人かしら
とにかく乙!最高

359 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/10(火) 05:12:24.14 ID:j+q0nnSg]
女刑事の人かな?
ともあれ、素晴らしい! 乙!!

360 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/10(火) 18:20:04.81 ID:V4RiNdqT]
エロい すげぇ



361 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/11(水) 03:10:42.31 ID:XxqdfN+3]
なんという実用性だ

362 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/13(金) 12:25:31.39 ID:WS17lyJo]
すごいがNTR注意ぐらいは書いて欲しかったな
鬱勃起してまった

363 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/13(金) 12:38:21.09 ID:+oYGj/Yk]
そこから更に寝取り返す展開もいいかなって

364 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/14(土) 05:11:37.54 ID:KtM2zLjY]
超GJGJGJ!!!
エロくて最高、プロみたい。
またクリ物もよろしくお願いします。

365 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/01/14(土) 12:41:03.14 ID:spUy3h3d]
久しぶりにエロいのktkr
マジGJ!!

366 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/02/03(金) 23:17:34.03 ID:PQFO7L1q]
エロいな、ひたすらエロいな

367 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/02/12(日) 19:14:02.14 ID:i3MZFOO2]
いい、素晴らしい。
このままでも十分だが、もし、一読者のアンケートとして聞いてくれるのならば、
快楽とプライドを蹂躙される被虐によって、雌奴隷になった「その後」も見てみたい


368 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/02/17(金) 00:14:14.23 ID:VgNPd2dz]
念のため保守

369 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/03/04(日) 01:10:29.56 ID:s51sRPq4]
まだーまだー

370 名前:名無しさん@ピンキー [2012/03/22(木) 22:54:15.87 ID:QpraHhl5]
ほしゅうぅぅ



371 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/03/26(月) 18:42:45.28 ID:tbDlT3OX]
吉村VSスフの試合、予想以上にスフが頑張っててビックリ。
今11対6でスフがとったぞ!     え?スレチ?  いいじゃん過疎ってるんだしさぁ

372 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/03/27(火) 04:30:14.96 ID:vMfj7atx]
氏ね

373 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/03/27(火) 04:44:46.86 ID:PpF6MtL8]
何の話だよ

374 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/03/27(火) 17:28:58.79 ID:NsiWXYTj]
どうやら卓球のようだが…。

よし>>371ちゃんのオマンコにピンポン玉入れて>>373ちゃんが責める。
イってピンポン玉を出しちゃったら>>371ちゃんの負け
出さずに我慢できたら>>373ちゃんの負けな…。

375 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/04/01(日) 13:57:40.58 ID:LYnLYi0a]
「とか>>374が言ってるんだけど」
「うぐっ……あひっ!も、う……許しああああっ!!」
「氏ね」
「あぐぅっ!……あぎッ!?」
「うわー容赦ないね」
「意識を失う程度に氏ね」
「それリアルに死ぬよ?」
「くぁっ!うあああああぁぁぁんっ!!」
「疲れた」
「じゃあ機能だけ保守してご飯にしますか」
「うん」
「まっ、待っ……はああぁっ!!!」

376 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/04/09(月) 20:17:12.85 ID:qfxcBO7G]
アク○菌と戦う

377 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/04/22(日) 17:58:09.69 ID:gRp3VTaP]
アクメ菌に冒された少女達を救う方法…
それはただ一つ
アクメ菌の与える以上の快楽を与えてやること…。
とは言え簡単な事ではない。

アクメ菌に発症したこの子…
体をくねらせ何とかして快楽を貪ろうとしている。
腕を拘束していなければ、自分のヴァギナに手を突っ込み膣内を掻き回しているだろう。


378 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/05/22(火) 12:19:35.69 ID:S+qHHtuN]
保守

379 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/05/26(土) 01:16:39.61 ID:N73naGrF]
「欲しいって言ったのはキミじゃないか」
「しんひゃうっうううんんんんんっ!!(ビクンビクン)、ぁ、ぁ、ああイってまひゅからもうゆゆひひぇ、ひぁっ…ああああぁぁぁ」
「ゆっくりしていってね」
「しろいぃまっしろまっしろぉやぁぁわかんなぁ、っっっっっっ!」
「天国に行ったっきりにはならないよう、ちゃんと止めてあげるから安心していいよ、フフ」

380 名前:名無しさん@ピンキー [2012/06/24(日) 17:34:51.93 ID:Lxr973Iy]
ほし



381 名前:名無しさん@ピンキー [2012/07/06(金) 04:34:05.29 ID:erzZ/BcU]


382 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/09(月) 19:53:52.18 ID:fkkz4LBF]
暇があったのでちょっと書いてみました。
頭の悪い文章ですがよろしければどうぞ

383 名前:侵略者をエロで返り討ち 1 mailto:sage [2012/07/09(月) 19:54:43.77 ID:fkkz4LBF]
20XX年、地球は、外宇宙からの侵略者によって滅亡の危機にあった!
彼らはたった50人という数でありながら、地球人類の想像も及ばぬ物理法則すら超えた技術を擁し、
地球人類の兵器は彼らに全く効果がなかった!
地球人類はこれに対し世界各国が手を取り合って対抗するも、大敗北を喫してしまう!
もはや人類に抵抗する手段はないかに見えた―

―侵略者の拠点―
「―今回の作戦は、この星の最後の希望の芽を摘むことになるものである」
薄暗い部屋に、何人かの人影が見える。しかし、身にまとうライダースーツのような服は地球のものではありえないような不可思議な光沢を放っている。
彼ら、いや、彼女らこそ侵略者。地球人の女性とほとんど変わらぬ―いや、むしろ大半の女性よりも美しい―容姿を持ってはいるが
その実生身で核弾頭の直撃を受けても傷一つ負わない驚異の生命体なのである。
「希望?これは驚きだ。この星の原生生物などにまだそんなものがあったとはな」
部屋のあちこちから失笑と嘲笑が漏れる。
「静粛に。―まあ諸君らの考えも当然だ。だが、一つだけイレギュラーが発生したのだ」
司令官らしき女がモニターに表示されたある一点を指し示す。
「…コンピューターの観測結果によれば、昨晩この地点で微弱ながら我らと近いタイプのエネルギーを持つ生命体が観測されたそうだ」
ざわり、と部屋がどよめく。
「バカな!」「選ばれし我らと同様の能力だと、ばかばかしい」「以前の予想では、われらと同じ力を持つものが生まれる確率は100兆分の1以下のはず」
「我ら自身を誤認したのではないのか?」「いや、しかしもし真実だった場合大変なことに」

「―静粛に!」
ぴしゃり、と司令官が喝を入れると、部屋は一瞬でしんと静まり返る。
それもそのはず、彼女こそこの驚異の侵略者たちのなかでも頂点に立つ力を持つ存在なのである。

司令官は静粛になったことを確認して言葉を続ける。
「…これについての対処だが。―私が、直接向かうことにした」
途端、先ほどまで以上のざわめきが巻き起こる。
「なんと!」「貴女様が直接!?」「そ、そのような脅威とはとても思えません!」
「貴女のお手を煩わせるまでもない、ここは私めが」「下等生物どもごときにそのようなことは必要ないかと!」


「……貴様ら。先ほどから暇さえあればピーチクパーチクと。―永久に口をきけぬようにしてやろうか…?」

―ぞくり。
司令から発せられた殺気は、驚異の侵略者たちをして震え上がらせるに足るものであった。
「ひっ―」
誰かが悲鳴を上げたことを咎める者はいない。我らの支配者は、それほどまでに恐ろしいのだから。
おそらく彼女以外の全員が束になったところで、彼女にかかれば片手でかけらも残さず消し飛ばされてしまうだろう。

「…さて、一応聞いておくが、私の決定に異論があるものは…?」

……。

「いないようだな。ではさっそく出向くとしよう。―ああ、それと」
司令は、瞬間移動で姿を消す前に、邪悪に笑いながらこう言い残していった。
「―なぜ私が出向くかだが。…なんのことはない、ただの、『暇つぶし』にすぎんのだよ、これは」



どうもこんにちは、僕は土井ミツル。どこにでもいる普通の大学生。
彼女いない歴=年齢。
そんな僕は今とっても不思議な体験をしています。

「貴様が、そうか」

―い、今起こったことをありのまま話すぜ!
「休みの夜だからオナニーしてたらいきなり目の前に美女が現れた」
な、なにをいってるかわからねーと思うが、僕も何が起こったかわからなかった…!
催眠術だとか超スピードだとか、そんなちゃちなもんじゃ断じてねえ、もっと恐ろしいこれなんてエロゲの片鱗を味わったぜ…!


384 名前:侵略者をエロで返り討ち 2 mailto:sage [2012/07/09(月) 19:56:06.63 ID:fkkz4LBF]
し、しかし美人だ。
顔…目がつりあがっててちょっときつい印象を受けるが、それを例えマイナスとしても「絶世の」という表現がぴったりの超美人だ。
髪の色は染めているのか銀髪で、肩のあたりまでふわりと流している。…本当に染めているんだろうか、あまりにも自然な色過ぎるような。
背は…僕と同じくらいか?でも、よくわからないがまとっている雰囲気的なもので実際より大きく見える気がする。
胸…メロン?…え、メロン?
おなか…きゅっとくびれている。
おしり…見た目からしてむっちり。もっちり。
―パーフェクトすぎるんですが。ほんと何この人、というかむしろ人間?

「む?貴様、なぜ下半身を露出しているのだ…?」
「え、えとこれは、その」
いえねえ。オナってましたとかいえるわけがねえ。
「しかも、なんだこの見慣れん突起物は。この星の知的生命体は我らと大差ない身体構造をしているとデータにあったはずだが…」
そういうとその美女はいきなり僕の勃起したペニスを鷲掴みにして―
ってちょっと待った、フィニッシュ寸前だったところにそんなことされたら―!
「で、でちゃっ―!」
どぴゅっ。ぷぴゅっ。びゅうぅぅぅ…。
「―っなぁ!?こ、これはなんだ、体液か!?」
「…あーあーあー…」
やってしまった。誰だか知らないが、初対面の女性の顔にもろにかけてしまった。
目の前の女性は何が起こったかわからないようで、目を白黒させている。
…これは通報→留置所→社会の敵 コースまっしぐらだろう。

そんな風に絶望していると、
「貴っ様ぁ…下等生物ごときが、舐めた真似をしてくれたものだなあ…?」
謎の女性が怒り心頭、といった形でこちらを睨みつけてきた。
…こころなしか、「ゴゴゴゴゴゴ」とかいう感じのオーラが見える気がする。正直ちびりそう。
「あ、あの、ご、ごめんなさっ…」
謝ろうとするが、うまく口が回らない。
そうこうやっているうちに、彼女が腕を振り上げ、僕を思い切り殴りつけ―

「粉微塵に―(ずくん)―は、ひゃん…!?」
―ようとしたところで、いきなりエロい声をだして崩れ落ちた。

「は?―あ、ええと、大丈夫ですか?」
「っく、さわるなぁ(どくん)ぁひゃぅうううう…!」
心配になって肩を貸そうとしたら、体に触れた瞬間またへにゃへにゃと崩れ落ちてしまった。
な、なにがどうなってるんだ?

「っはぁ、っはぁあっ…。なん、だ、ぁ、これはぁ。―そ、そうか、この体液の匂いのせいで…!」
「あの、本当に大丈夫ですか?…と、取りあえず顔拭かないと」
なんかよくわからないが、まずは精液を拭き取らないといけないだろう。
「あ、や、やめろ、やめ(ごしごし)〜〜〜〜〜っ♪」
彼女は、顔にタオルを当てて精液を拭き取っただけで、びくんびくんと体を痙攣させた。
ライダースーツのような服の股間は、傍目から見てもはっきりわかるほどに変色し、彼女がイっているのだとわかる。
「あ、ぁひ、ゃめ、やめぇ、そのえきたいを、すりこむなぁあ…っか、は、から、からだが、おかひっ、おかひく、なるぅうう…」
「…う、わぁ…」
彼女はもう完全に出来上がっている様子で、その完璧すぎる程の肉体をくねらせている。顔は紅潮し、瞳も理性の光を徐々に失ってきており、
そして体全体から何とも言えない甘い匂いを発している。

「あ、ぁあ、におい、とれないぃ…おぼれるぅ、においでぇ、おぼれぅぅうう…」
正直、理性が持つはずもないわけで。

「…っく、先に謝っておきます…すいませんっ!」
「ん、んはぁ、んぁあ…あ?―え、きゃぁあああっ!?」
僕は彼女を押し倒し、一気にその服を破き捨てた。(見た目より簡単に破けたので拍子抜けした)
「っば、ばかなぁ、わたしは外装解除の承認などしては―あひゃぃぃいいいいっ!?」


385 名前:侵略者をエロで返り討ち 3 mailto:sage [2012/07/09(月) 19:56:59.70 ID:fkkz4LBF]
「うわぁ。むね、でっか…あ、んむ」
「ぃひ、ぎひゃあああああぅぅううううっ…」
まずはそのメロンのような大きな胸にむしゃぶりつく。
乳首を口に含んだ瞬間、彼女はさらに大きな嬌声を放ち、
「―んにゃ、あっ!?」
―びゅー…
「んむぅ!?…こく、こく、こく…ちゅぅ、ちゅうう…」
…なんと、両乳首から勢いよく母乳を噴きだしはじめた。
口の中に流れ込んでくるそれはまさに甘露といっていい味わいで、僕はしばし赤子のように一心不乱に乳首を吸い続けた。

「こく、こくん、ちゅぅう、ちゅぅううう…」
「あひっ!…ひぃい、やめぇ!もぉ、ちゅーちゅーらめぇ!…んああぁぁぁ!」
いやーいくら飲んでも出てくるし、飽きも来ないし最高かもねこれ。

――――――



「こく…んぐ…げふぅ」
「ぁ…けひゅっ。ひぃ、ひっ、はひぃ、ひー…」
あれから大分飲んだだろうか。そろそろおなかもいっぱいなので解放してあげよう。

「―ぷはっ」
「―んぁっ。…かは…ぁ。…ひゅーっ…ひゅー…っ」
彼女も途中まではすごい声を上げてよがり狂っていたのだが、途中からびくんびくんと痙攣するだけになってしまった。
今ではすでに呼吸すらまともにできないほど上り詰めてしまっている。

―さて。もちろん、おっぱいだけで終わりなんて思ってもらっては困るわけで。

「ひゅーっ、ひゅー、…っは、はあ、はっ、はふうぅぅっ。…すー、はー」
うつろな目で呼吸を整えている彼女の眼前に、先走りのにじんだペニスを突き出してやる。

「すー…はー…(ずいっ)すー…っ!?んんにゃあああああああああ…!?」
おやおや、これだけでこんなに感じてくれるとは。今ちょっと白目向いてましたよ?

「き、きしゃまぁ…そのにおいはらめらってぇ、いってるらろぉ…っ」
もうまともに呂律もまわりませんか。
じゃあ、とどめを刺してあげるとしましょう。

「それでは、股を開いて仰向けになってください」
「な、なにを、このわらしに、めーれいなんれ」
まだそんな口がきけますか。―あ、そういえばキスがまだでしたね。

「はいはい、さっさとのーみそとろけていい子になりましょうねー。…ん、ちゅ」
「ふむぅ!?―むぅぅぅううう〜〜〜…。ぅむ、む、むぃぃぃ…」
彼女の唇に舌を差し込み、舌と舌とをからめあう。
じゅぱじゅぱと口内を蹂躙し、とどめに舌を思い切り吸い上げて、と。
「んちゅうぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜…ちゅぽっ」
「ぉあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…んろぉっ♪…ぉっ♪…ぉひっ♪」

あーあー、間抜けに舌をだらーんと垂らしちゃって。よだれもだらだらたれ放題じゃないですか。
まあ、今度は聞いてもらえるかな。

386 名前:侵略者をエロで返り討ち 4 mailto:sage [2012/07/09(月) 19:59:44.47 ID:fkkz4LBF]
「もう一度お願いしますけど。股を開いて、仰向けになってください」
「んにぃ…ぅあいぃ…」

彼女は舌をだらんとたらして濁った眼をした完全に理性が消し飛んだようなだらしない表情のまま、のたのたと仰向けになって大きく足を開いた。

「…これぇ、いぃれうかぁ…?」
「お、おおお…!」

生まれてから初めて見た女性のアソコはほこほこと湯気が上がるのが見えそうなくらい熱を持って
上の口と同様にだらだらといやらしいよだれを垂らしており、くぱあ、といやらしく開き、挿入をせがんでいるように見えた。

「は、はい、よくできました。ご褒美上げますからそのままでいてくださいね?」
「ごほぉびぃ…?―っあ」

彼女のアソコに、僕のペニスを近づける。
―その途端、とろけきっていた彼女の顔に、ほんの少しだけ理性の光が戻った。

「―ま、まて、それはだめだ!なぜかわからないが、それだけはダメなんだ!」
「はぁ…?どうしたんですか急に」
「た、たのむ、やめてくれぇ!それされたらわたしはぁ、わたしはああぁぁ…!」
目に涙を浮かべ必死に懇願する彼女。

―でもね。
「…本当にいやなら逃げればいいのに、なんで足を開いたままなんですか?」

「―え、ぁ、ええ…?」
彼女は、本当に不思議そうに自分の体を眺める。
「…あれ…?」
―先ほどと、まったく変わらない、男を誘い込んでいるとしか思えない、姿勢。
「…あれぇ…?…なんでぇ?なんれぇ?なんれ、わらひのからだ、うごかないのぉ…?」
「はいはい、いいこですねー」
「ねぇ、なんれなのぉ?ねぇ、おしえてぇ」
再び理性を失っていく彼女の問いかけは無視。
「じゃ、いきますよー。…僕も遠慮できませんけど、そっちも思う存分ばかになっちゃっていいですからね?」
「ねぇ、ねぇ〜、なんれぇ、なん」

―ずぶり。

「れ、ぁぇ―――あきゃ、きゃぅううううううん♪」
「っくぅ…!これ、はぁ…っ!」
そ、想像以上に気持ちいい…っ!なかの襞襞が、全部別の生き物みたいにペニスに絡みついて…っ
「っぐ、ぁ、でる、でるぅ…っ!」
どぶ、どぶどぶどぶどびゅぅぅぅう―――!

「きゃん♪きゃいぃ、―ん゛の゛お゛ぉおおおおおぉぉぉぉぉぉおおぉ!?」
な、なんだこれ!?しゃ、射精が、とまらなっ…!?

どくんどくんどぶどぶどぶどぶどぶどびゅどびゅびゅびゅ―…!

「う、ぁああああ!す、すご、あああああ!?」
「お゛!?お゛ぉ!ぉぉお、ぉ、おおうぅぅ、お゛あああああぁぁぁ…」

――――

…10分ほど後。
―とくん、とくん、とくっ。

「ぅ、ふぅううううううう…はぁあああああ…」
や、やっと射精が収まったぁ。これ、一生分くらい出たんじゃないかな?
彼女のなかに入りきらなかった分が床にたまってるよ…。

387 名前:侵略者をエロで返り討ち 5 mailto:sage [2012/07/09(月) 20:00:14.80 ID:fkkz4LBF]
―っと、そういえば彼女は大丈夫かなあ?挿入したあたりから声が獣みたいになってすっごいびっくんびっくんのたうちまわってたけど。

「―きゃぃい…おぁ♪…いひぃいぃ…♪」
…うっわぁ…これはダメかもしれんね。
白目は剥いてないけど瞳がそれぞれ変な方向に向いてるし、舌はたれっぱなしの鼻水よだれ涙垂れ流し状態だし。
乳首からは触ってもいないのに母乳がぴゅっ、ぴゅっ、って断続的に噴出してるし。
股間は言わずもがな。満タンになった精液がごぽごぽ音を立てて少しずつ漏れてきている。
…というかこの精液の白いのに混じった微妙な黄色は…まさか、いつの間にやら失禁までしてたとは…。
もうまともな言葉もしゃべれないみたいだし…どうしよう。

「きゃぅぅ…♪あひ、ひぃ…♪」
―それにしても、エロいな。喘ぎ声とか、からだとか。

「あひ、きゅひぃいいい…♪」
―あ、やば、またなんか勃起してきた。

「ふひぃぃぃぃいいい…♪」
―よし、この際もう何度かヤッテおこう。

―ずぶん、っと。
「―ぁお、お゛ひぃぃぃいいいいいいいっ♪」


――――――



―それから一週間後、侵略者の拠点―

「…………」
部屋は、重苦しい空気に包まれていた。
部屋にいるどの人影も口を開こうとはせず、ただモニターに表示される動画のみに意識を囚われている。

そこに映っていたのは。

『あの…シレイさん?さ、さすがに街中でそんなにくっつかれると…』
何の変哲もなさそうなこの星の原生物と、

『し、しかたないだろぉ…き、貴様の体臭をかぐと、私は、はぁ、がまんできなく、なって、ぁああ…っ』
我らの偉大なる司令官が、恒星すら素手の一撃で粉微塵にできるといわれる最強の存在が、

『だ、だからって!…ほら、もう少しでアパートですから。…ついたら朝まで…ね?』
『ぁ…♪…うん、わかったぁ…がまん、すりゅ…んふぅ♪」
『今日も思う存分のうみそぶっこわれてだいじょうぶですからねー』
『っ、な!?ば、ばかにするなぁ!わたしだって貴様ごときにそう何度も(ぞぶり)―んにぃぃいいいっ♪ぉ、おひりぃ、ゆびぃれぇ、らめらのぉおおおぉん♪』
『あ、やっば、ちょっと深くいれ過ぎたかな…?―あーあ、完全に出来上がっちゃったよ…アパートまで急がないとなあ』
『へひゅっ、へひゅ。まっれぇ…ぃひ、おねがひ、ここれいいからぁ、はやく―(ずぶん)―う゛ぁああああぎだああぁぁああ♪』
なんかいちゃこらねちょねちょしている光景だった。

動画が終わり静寂が戻ってしばらくして、司令に次ぐ立場にある一人が乾いた声で発言する。
「……い、以上になりますけど…ち、地球人、怖いですね…はは、ははは…は…」
彼女は無理に笑おうとして何とも言えないひきつった顔になりながらも言葉を続ける。

「―えーと…この星から撤退したほうが、いいと思う人〜…?」


彼女たちは全員一致でその日のうちに撤退し、かくして地球の平和は守られた。

388 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/09(月) 20:02:09.57 ID:fkkz4LBF]
以上になります。
いろいろと拙くて済みません…

389 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/09(月) 23:23:10.82 ID:/kRyBZro]
後に「白い悪魔」と呼ばれる主人公の逆侵攻マダー?

390 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/10(火) 17:44:53.28 ID:WGqChMLn]
GJ!




391 名前:道端の四十八手   1/8 mailto:sage [2012/07/11(水) 01:11:14.80 ID:h8uDr/Xd]

道端に捨ててあるエロ本なんぞ、いい年をして普段は見もしないものだが、
『それ』だけは妙に目を引いた。
裸の男と女が絡み合っているオーソドックスな写真の本ではあるが、
その体位が異常に豊富なのだ。

表紙を見れば、納得できた。
『四十八手完全マニュアル』と記されている。
どうやらセックスにおける四十八手を、事細かに解説しているマニュアル本のようだ。
改めて本の中身を見てみると、確かにそれはマニュアル本らしくあった。
均整の取れた身体つきの男と女が、殺風景な部屋の中、やや無機質に体位を実践している。
女性が見てもさほど抵抗はないような淡白さだ。
しかしそれゆえに、一般的なエロ本にはない妙な興奮があるのも事実。

男優も女優も、いわゆるAVに出てくるようなタイプではなく、
まるで運転免許の教則ビデオに出てくるような真面目そうなタイプだった。
特に女優の方は、性格だけでなくそれなりに育ちもよさそうな顔つきをしている。
そんな女が素っ裸で四十八手を行っているというのだから、これは大した拾い物だ。
俺は俄然その本に興味が湧き、周囲に人がいない事を確認して家に持ち帰った。

帰宅して改めて表紙を見ると、一見全くいやらしい本には見えない。
まるで参考書のようなお堅い表紙。
付録として、撮影の様子を記録したDVDが付属している事だけが記されている。
DVD。俺は興味をそちらに半ば以上奪われながらも、本の写真にざっと眼を通す。
本当の楽しみは、こうして多少の『タメ』でも作ったほうが盛り上がるというものだ。

よく観れば、写真は女の方は全て同じ女優だが、男優は複数人を使い分けているようだった。
体位によって使用する筋量や、行いやすい体格が違うからだろうか。
男優は複数で、女優は一人。
このせいで、四十八手の後ろへいくにつれ、男優と女優の疲弊の度合いが明らかに違っている。
最初の一枚『岩清水』では、男女共にマネキンのように無表情を作っているが、
例えば四十枚目『帆かけ茶臼』などになると、男優は軽く汗を掻く程度なのに対し、
女優はしなびた前髪を額に貼りつけ、薄く開いた唇からだらしなく涎を垂らすという有り様だ。
顔といわず胸といわず、体中が汗で濡れ光っているのも生々しい。

どうやらこれら一連の写真は、ぶっ通しで撮影されたもののようだ。
となれば、その崩落の過程が知りたくなってくるのが男のサガ。
俺は付録のDVDを手に取り、軽く興奮で震えながらデッキに差し込んだ。


392 名前:道端の四十八手   2/8 mailto:sage [2012/07/11(水) 01:11:48.54 ID:h8uDr/Xd]



見覚えのない書店のロゴが表示された後、映像が始まる。
マニュアル本だけあって、AVのようなインタビューは一切ない。

『第一手 岩清水
 
 岩清水とは、クンニリングスの一種である。
 仰向けに寝た男性の顔に、女性が腰を下ろした状態で秘部への愛撫を受ける。
 上になった女性の局所から、愛液が湧き出す様が岩清水に例えられる』

堅い説明が表示された後、画面が切り替わって裸の男女が映し出される。
本にあった写真の一枚目と同じだ。
横になったまま秘部を舐める男も、その男の顔に跨って愛撫を受ける女も、
マネキンのような無表情を保っている。
唯一、腰が動くたびに揺れる女優の乳房だけが人間らしい。

マニュアル本ではあるが、プレイの内容は模擬ではなく実演だ。
男の下は間違いなく女優の膣の中に入っており、また繁みを舐め上げている。
作り物では決してない、クンニし始めの頃の音も聴こえてくる。
それでも女優は品のある顔つきを崩さず、ピンと背筋を伸ばしたまま前だけを見つめていた。
一見すれば何でもなさそうだが、実際に秘部を舐められて全くの無反応もないだろう。
となれば、次の1シーンにも期待が掛かろうというものだ。

第二手は『浮き橋』。
男が横向きに寝ている女を膝の上に乗せ、後ろから挿入する体位だ。
男の膝の上でグラグラと揺れる女体が『浮き橋』に似ている事が由来らしい。
尻側からほぼ直角に挿入することになるため、相当な摩擦が生まれると解説にはある。
そしてそれは、実際に女優によって“実演”された。

女優は肘をついて横たわったまま、男の腰に尻を乗せて片膝をシーツに下ろす格好だった。
そうしてしばらくはゆらゆらと揺れていたのだが、やがて膝をついた片脚に変化が起きる。
男が挿入するたびに、内腿にはっきりとした溝が浮き上がるのだ。
女優の顔は肘をついた影になってよく解らないが、特に乱れているようには見えない。
体勢も変わってはいないのに、片脚の内腿部分だけが、明らかに挿入に対して反応している。
いかにも清楚で真面目そうな女のその変化は、男女問わず観る者を興奮させるに十分だ。


393 名前:道端の四十八手   3/8 mailto:sage [2012/07/11(水) 01:12:16.94 ID:h8uDr/Xd]

そうして徐々に、徐々に、女優は『変化』していった。
男優の方は体位ごとに入れ代わっているにも関わらず、女優の身体にのみ変化が蓄積する。
体位一つごとに役者と体勢が変わり、それに伴う小休止が入ってはいるようだ。
しかし数分だけ責めては放置し、全く違う体位で責め立てる、というサイクルでは慣れが生じない。
結果としてそれが、効率よく女優を昂ぶらせる事につながっているらしかった。

その積み重ねが初めて弾けたのは、第十手。
『こたつ隠れ』という、向かい合って炬燵に入った状態でのセックスだ。
ビデオでは実際に炬燵が用意され、その双方で裸の男女が状態を蠢かす、という図だった。
しかし流石というべきか、その本来映さない場面でさえ、結合は行われていたらしい。

「うっ……!!あっ、っあ!!」

こたつ隠れの実演に入った時点で、すでに女優は声を殺せなくなっていた。
炬燵布団に隠れているとはいえ、おおよその体位の想像はつく。
男優はしっかりと女優の脚を掴み、炬燵の熱の中で深々と貫いているのだろう。
炬燵の天板に手を突いたまま悶え、腰を引こうとして失敗する女優を見ていれば容易に思い浮かぶ。
その果てについに、女優は歯を食いしばって天板を抱き寄せた。
丸まった背中が細かに痙攣し、最後に額から流れた汗が天板に落ちる。
ああイッたな、とあからさまに解った。
そして俺のその心の声に応えるかのように、画面が暗転してテロップが入る。

『この時点で女優が絶頂に達した為、一時撮影中断』

無機質なその記述が、今は何とも残酷だ。
四十八手を丁寧に行えば、僅か十手でこれほどに昂ぶるんですよ、という風に捉えられなくもない。
実際、ここまでを見たカップルは双方共に、かなり心拍数が上がっていることだろう。
しかし俺にしてみれば、ただの良い興奮材料だ。


394 名前:道端の四十八手   4/8 mailto:sage [2012/07/11(水) 01:12:36.55 ID:h8uDr/Xd]

やや暗転が続いた後、何事もなかったかのように第十一手が始まる。
しかしその十一手は、よりにもよって『理非知らず』。
女性の両手両腿を紐で縛り、完全に自由を奪った上で陵辱するように犯すプレイだ。
イッたばかりの女優にとっては、最も不味い。

「あっ、ああっ、あ、ああああううっ!!!!!」

女優はもう声を殺す事もままならなかった。
膣内深く挿入され、子宮入口周辺をペニスで突かれているのだろう。
大柄な男優が腰を打ち付けるたび、腰を気持ち良さそうにうねらせている。
縛られた姿がまた扇情的だ。
そしてその結合部からは、ついににちゃにちゃと水音がしはじめていた。
女優としての演技などではなく、一人の女としてしっかりと濡れてしまっているようだ。

そこからの数手でも同様だった。
交わる中でたまに覗く秘部はドロドロで、相当に気持ちがいいのだと解る。
「いっ、いくっ、いく!!」
上下前後、様々な角度から愛され、布団の上で乱れながら女優はメスの声を上げていた。
クポクポという、水気のあるものが空気を抱き込んでかき回される音がマイクに拾われてもいた。

「はああああっ!!ああ、あ、いやああっ、ふあああああはああああああっ!!!!!!」

三十手を超えた頃にはもう達し続けとなっており、揺れる女優の身体からは、
汗と愛液が光りながら飛び散った。
写真でも見たとおり、艶やかな黒髪が次第に海草のようにしなびていく様子は見物だった。

男優にしても容赦はなく、第四十六手『椋鳥』、
つまり男が上のシックスナインにおいても手を抜かない。
すでに蕩けきっている秘部を徹底的に舐め上げながら、自らのいきり立った逸物を喉奥深く咥え込ませる。
女優が苦しがって逃げようとしても、膝で巧みに頭の逃げ道を塞いで咥えさせる。
その太いものを無理矢理咥えさせられる瞬間、大股開きの脚が暴れるわけだが、
なまじ秘部が蕩けているだけに、それがまた何とも気持ち良さそうに見えてしまうのだ。


395 名前:道端の四十八手   5/8 mailto:sage [2012/07/11(水) 01:13:01.53 ID:h8uDr/Xd]

続く第四十七手、実質の最後は『流鏑馬』。
男の首に紐をかけ、それを手綱として女が腰を振る、実に珍しい女主導の体位だ。
けれどもそのせっかくの主導も、さんざん達させられた女優にはつらいものでしかない。
まるで初めて馬に乗った姫君のように、右へふらり、左へふらりと傾いでは、
疲弊しきった顔を歪めながら達してしまう。

悠に十分以上も流鏑馬が続いたところで、女優は力尽きたように布団へ倒れ込む。
最後の一手、『寄り添い』では字の如く、倒れた女優に男優が寄り添い、
限界を迎えた女体を指と舌でさらに燻らせる後戯となった。

「ん、んん……」

すでに拒絶する事もままならない状況で、眉を顰めて艶かしく喘ぐ女優は実に官能的だ。
その様子をしばし映した後、画面は完全に暗転する。

終わったか。
俺は若干の寂しさを覚えながらDVDを取り出し、元の本に戻そうとする。
けれどもその瞬間、俺は見落としていた新たな事実に気がついた。
この一枚目のDVDは、元の所有者が予め袋とじを破いていたために発見は容易だった。
しかしその破かれた下……まるで二重底のようにして、もう一枚、厚紙の袋とじがある。
俺は急いで厚紙を破り去った。

『おまけ 実践編』

相も変わらず無機質な字体で、そう記されたDVDがある。
題名の下には、小さな字で<本編と異なる作風の為、注意>と但し書きがあった。
だがともあれ、あの女優は出ているのだろう。
であれば、そちらのセックスも是非とも見ておきたい。
俺は迷わず隠されたDVDを取り出し、デッキへと差し込んだ。


396 名前:道端の四十八手   6/8 mailto:sage [2012/07/11(水) 01:13:21.88 ID:h8uDr/Xd]



それは男優と女優、そして監督らしき男が素を出して後日談に花を咲かせているDVDだった。
女優は前の映像でのクールな雰囲気と一変し、まるで現役の女子高生のような幼さを見せている。
しばしのビデオ撮影の苦労話。
しかし実践編とあったこのビデオが、それで終わるはずもない。

『テスト!女優は散々学んだ体位を、いくつ覚えているのか!?』

急にポップな文体となったテロップが表示され、女優の引き攣ったような笑みが映される。

「え、えっ……!?」

何も聞かされていない、と言いたげな様子のまま服を取り去られる女優。
男優が取り囲む中で布団に寝かされ、半ば強制的に四十八手の『復習』が始まった。
様々な体位を男優が取らせ、これは何かと質問する形式だ。
クイズ番組のように、視聴者にだけはテロップであらかじめ答えが表示されている。
女優が正解すれば小休止を挟んで次に移り、間違えたならば10分の『勉強』。
以前の地獄が脳裏をよぎるのか、女優は表面的には人懐こい笑みを浮かべながらも、
ふとした時の表情は真剣そのものだった。

とはいえこの女優、中々に覚えはいいらしく、初めのうちは余裕だった。
Sっ気さえ覗かせ、腰を捻って男優を責める様子さえ見せた。
男優を早く射精に導いておくことが、後々自分を楽にすると踏んだのかもしれない。
しかし、数をこなしていくとそうもいかなくなる。
気丈だった女優も次第に疲れ、問いに悩むようになりはじめる。
男優の方も強かだ。

「ああ、すっげぇな。今の顔すっげぇかわいいよ」
横たわったまま背後から抱きしめるような体位で、男優が耳元に囁きかける。
すると女優は困ったように眼を細めた。
「やめてよ……そういう事言われると、すぐ濡れちゃうから」
そうしたやり取りを数多く経て、次第に、次第に、女優は追い詰められていく。
そして、ついに。

「あっ、これ、何だったかな……だめ、いくっ!!!」

女優は現在の体位……第三十五手『百閉』を答えられず、代わりに絶頂を宣言する。
彼女はもう湯上りのように興奮しきっていた。
乱れた前髪が顔にかかり、いやらしい。
それはきっちりとして清楚そうだった女優が乱れた事実を、端的に表している。
「おーお、ついに不正解だ。10分じっくり責めてやるよ」
監督らしき男が嬉しげに言い、相手をしていた男優も嬉々として女優を抱き始める。

「ん、ぐんんんっ……!!!」

女優は指を噛み、必死にその10分を耐え忍んでいた。
しかし耐えられても、しっかりと昂ぶらされる事には違いない。
状況は刻一刻と、女優にとって厳しくなっていた。


397 名前:道端の四十八手   7/8 mailto:sage [2012/07/11(水) 01:13:45.65 ID:h8uDr/Xd]

そこからまた何度も女優は正解し、そして何度も答えを外した。
四十八手というものは、男と女のどちらが上か、物に手をついているかいないか、
それだけで名称が全く違ってしまうものだ。
快感に襲われてふわりとした意識で、それを全て冷静に正解など出来るはずもない。

間違えるたびに施される、10分の『教育』。
それは着実に女優を昂ぶらせ、また絶頂に導いていった。
特に2連続で不正解となった暁には、実質ぶっ通しで都合20分の責めとなる。
こうなっては女優も脚をぴんと伸ばし、布団を握りしめながら大声を上げてしまうしかない。
この番外編のビデオは一枚目とそう日を隔ててはいないのか、
女優はしっかりと子宮を開発された状態を保っているように見受けられた。
乱れさせられ、次第に女優は焦る。
蟻地獄で足掻くように、深みに嵌まっていく。

男優は女優に胡坐を掻くように脚を組ませ、顔を見合わせる形で挿入する。
「さて、この体位は何だ?」
「ひっ……き、きつい……!!
 座禅転がし……じゃない、ああ、何だっけ、何だっけこれ!
 やだこれっ、もうされたくない!」
女優は戸惑いを露わに首を振った。

答えられないのも無理はない。
その体位は『洞入り本手』といい、四十八手には違いないが、
彼女が教わったものには含まれていないものだ。
しかし似たような体位ならばあるので、その体位が存在しなかったと断じる事もできない。
中々に意地の悪い問いだ。

「いやああああっ、やめて、やめてぇ!!
 これ、これ凄く締まっちゃうから、
 ひどいくらい変な感じ方しちゃうからあああっ!!
 ああああっ、やだああっ、足首絡まって、抜けない、逃げらんないいいっ!!!」

汗まみれで目を見開き、首を起こして結合部を無理矢理見ようとする女優。
そうするのも無理はない。
濡れきった結合部からは、じゅぷっ、ぎゅぷうっと只事ではない音が立ち始めているからだ。

そしてこれは、音だけが派手という“見せ掛けの”体位ではない。
脚を絡めて複雑に締まった膣を、無理矢理に蹂躙される。
それを受ける女優の生脚は、胡坐を組んだ状態のまま腿と脛の筋肉を脈動させ、快感を訴えていた。
一瞬開いた足指の間から汗が流れ、足の裏を伝っていく映像が異常なほどいやらしい。
女優の表情もまた、深く皺の入った本気そのものの官能顔だ。
息ははぁは、はぁは、ふうっ、はは、はっ、はぁは、というハイペースで荒いもの。
ちょうどマラソンで息が切れた時に、人はそういう呼吸になる。


398 名前:道端の四十八手   8/8 mailto:sage [2012/07/11(水) 01:14:26.58 ID:h8uDr/Xd]

「これ、ふかいあらぁあっ、ものすごくふかくはいっちゃうからぁっ!!
 足がとれそうれ、奥が、きゅんきゅんしれうううっ!!
 ひょ、ひょっとやすむらほうらいいあらぁ、あ、やぁっ!!
 ふむ゛ううぅううんんあああああはぁあああっっっ!!」

息の切れた状態で訴えるため、哀願も全く言葉の体を為していない。
女優が相当に“キテいる”事を理解しながらも、男優は責めの手を緩めない。
監督共々、生粋のサディストだろう。

「これは?」

男優は、オーソドックスな後背位を試みながら問う。
テロップには後櫓とある。

「ああああ、わ、わかんあいいっ!!
 ……ら、らにが、らんのたいいが、あっらっけ……。
 せ、せっくす、おまんこ!!おまんこ、してます、こ、こえで、かんべんしれえっ……!!」

「おいおい、こんなの基本中の基本だぞ。っつうか、最初はちゃんと答えてたじゃねえか。
 お前、苛めて欲しくって、わざと間違えてるんじゃねえか?

「ちがううううっ!!!!
 いっ、いきすぎて、酸素、たんなくてぇ……もぉ考えが、まとまんあいいい……!!
 子宮ぐちが、おりてるのほぉ、突かれると、も、イくしかなぐってぇ、あひゅいいよおっ!!!
 もぉ、もぉうぜんぜん、耐えられてなひぃいい……っっ!!!!
 お、ぉねがひぃ、み、みんな、か、顔、見ないで……!!よ、涎、止まんらくて。
 わ、わらひ、びじんでとおってるのに、こ、こんなの撮っちゃ、だめえぇっっっ……!!!」

もはや鳴き声とも嬌声とも取れない声をしばし張り上げ続け、女優は気絶した。
それとほぼ同時に、入り込んだままの逸物の根元へ向けて水が噴き出される。
潮吹きか、あるいは失禁なのかは判別がつかない。ただいずれにしても相当な量だ。
おーい、おーい、と男優他数人が声を掛けても、女優が眼を覚ます気配はない。
男優が閉じた瞼を開くと、見事なほど白目を剥いた瞳が露わになった。

どうやら完全に気を失っているようだ。
四十八手はまだ三十手も終わっていないが、これ以上の続行は無理だろう。
横たわったまま片膝を立てる格好になった女優の脚を、男優が横に倒す。
そして晒されるがままになった秘部を接写。
俺はそれを見て、思わず雑誌にある初めの頃の写真を見返した。
その最初に比べれば、別物と見紛うばかりに拡がってしまっている。
そしてそのしおれた花びらに縁取られた暗がりからあふれ出すほのかに白い愛液は、
まるで女優の身体の中にあった淫靡な血汗が溶け出したかのようだ。

そこで長い映像の終わりを迎え、最後に白いテロップが映し出される。
その言葉が、なぜか妙に俺の記憶に残っていた。



『 四十八手とは、男女の野生を引き出す、究極にして根源の法である 』




                                            終わり

399 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/11(水) 02:26:26.43 ID:dHa4Rzym]
GJ!
ちょちょちょっとその指南書買ってくる

400 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/11(水) 22:53:04.03 ID:neQ+uUla]
GJ!
もしかして>>337さん?



401 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/11(水) 22:54:17.82 ID:D3lAFDfO]
GJです、最後あたりの出来上がってきた女性がとてもよろしかったです

…一つだけ贅沢を言わせてもらうなら、気絶しようが四十八手最後までやってほし(ry

402 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/18(水) 06:53:40.08 ID:6+XoZIWw]
おおお、知らん間に何本も新作が投下されていた
gjだ、作者さん達

403 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/26(木) 01:14:50.15 ID:vmMg2WaS]
>>387
馬鹿馬鹿しいけど面白くてこういうの好きだわw
>>398
エロい

404 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/07/27(金) 01:30:04.58 ID:Yr/jx9+7]
保管庫はごく稀に覗いてたけどまさか普通に現存してて作品が投下され続けてるとは思わなかった……
わりと好きなスレだから嬉しい

405 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/08/12(日) 21:00:47.23 ID:F1zK5l1N]
小ネタを投下。
女性一人称、設定はややカオスです。

406 名前:ビッチ語り mailto:sage [2012/08/12(日) 21:01:34.42 ID:F1zK5l1N]

……どんなセックスが一番凄かったか、って?
100人以上とやった中で、それを思い出せって言うの?

ま、意地悪は抜きにして、一番はやっぱりドラッグセックス。
自分からやった訳じゃなくて、友達に凄い所あるらしいよって紹介されて、
いざ行ってみたら皆キメてた。
あーこりゃヤバイなって思って逃げようとはしたんだけど、私だけ腕掴まれた。
それで輪姦だよ。
自分で言うのもアレだけど、私って結構男好きするルックスでしょ。
おばあちゃんがイギリス人なお陰で、こんな自然な二重に、キレイな鼻筋だし。
アンタ自身もさっきから、私のオッパイと脚、見まくってるじゃん。
だからあのパーティーでも、集中的に狙われたんだよね。

ドラッグって凄いよ。
決めてからベッドにボーッと座って、目の前の乱交眺めてるうちに、
まず景色がキラキラ輝いてくるんだよ。
シャンデリアの中にいるみたいに。
それから信じられないくらいに気分が軽くなって、同時に神経が研ぎ澄まされる。
空気が肌を撫でるだけで感じる。
そんな状態で突っ込まれたら、もう頭ん中真っ白だよ。
訳わかんないこと叫びながら感じて、前に入れられながら初めての二穴されても、
気持ち良いとしか感じなかった。
前からも顎掴まれて三穴になったけど、涎垂らしまくりながら奉仕した。

それで、世間で言われてるように、あっさり中毒になっちゃったんだよね。
今はもうスッパリやめてるけど、その時はクスリ無しじゃ不安になって、
週に二度はパーティーへ行くようになった。
っていっても5回目で、会場が警察に踏み込まれたんだけどね。
外が騒がしくなって警官がなだれ込んできた時も、普通にやってたよ。
立たされて手錠かけられる寸前まで、男の上で腰振ってた。
で、連行されちゃったわけ。


407 名前:ビッチ語り mailto:sage [2012/08/12(日) 21:01:59.97 ID:F1zK5l1N]

塀の中に入ってからも、続けて変わった経験したな。
『新米警察官へ向けた、ドラッグセックスの異常性を示すビデオ』の撮影協力。
協力すれば刑期が短くなるって話だったから出てみたけど、異常だよね。
表向きは女優を使ってる事になってたらしいけど。
他にもクスリ使って服役してる子は何人もいたのに、わざわざ私とか。
絶対顔で選んでるよ。

あの撮影は今でも忘れられないな。
怖い顔した警察官が何人もいる中で、全裸のまま椅子に腰掛けた。
カメラとかレフ板とか、やたら本格的な設備の前で。
しばらくして撮影が始まると、1人が錠剤とコップ入りの水を渡してくる。
錠剤は本物のMDMAだって事前に聞かされてた。
すでに汚染されてる薬物患者に、あえて本物を使って実験サンプルにするとか。

効果は数分もしないうちに出た。
目の前がキラキラしてきて、感覚が研ぎ澄まされて、興奮して。
その変化していく様子を、眼を開いてペンライトで照らされたりしながら記録される。
記録が終わると、次は後ろから腕が伸びてきて、私の胸を刺激しだす。
ゴム手袋を嵌めた手で、いかにも事務的って感じで揉んで、申し訳程度に乳首を転がす。
正直そんな責めで感じるかって、最初は無表情保ってたんだけど、やっぱクスリって凄いね。
時間が経つにつれて、その単調な責めでもジワジワと興奮してきた。

乳房が張ってくる感覚がまずあって、乳首を指で挟まれる度に、勃ってきてるのが解った。
実際、視界の下の方にはすっかり赤らんで尖ってる乳首が見えてたしね。
腋の下にすごい汗が出て、息が上がって、あっ、あっ、って喘いでる自分の声が聴こえてた。
鎖骨に水滴が落ちる感じで、涎が垂れてるのもわかった。
身体の横へ自然に垂らしておくように、って指示された手も、握りしめたり、太腿を掴んだり。
明らかに自分が発情してきてる様子を淡々と撮影されるのは、すんごい恥ずかしかったよ。


408 名前:あぼーん mailto:あぼーん [あぼーん]
あぼーん

409 名前:ビッチ語り mailto:sage [2012/08/12(日) 21:03:09.47 ID:F1zK5l1N]

“ドラッグセックスの異常性を認知させる”ってコンセプトは成功したと思う。
あの時の私を見れば、誰でも異常だと思うよ。
よく鍛えた逞しい男に正常位で抱かれながら、ビデオの中の私は感じまくってた。
実際の私の感覚としては、ただ快感を貪りたいばっかりで、よく覚えてないんだけど。
男に抱きついた時の筋肉質な感じは、珍しいなって思った記憶がうっすらあるけど。
基本的には気持ちよくなろうとするばっかりだった。

腰を上下に揺さぶって、相手の腰に無意識に足を絡めて繋がった。
常に大口を開けて、何か聞き取れない事を叫んでた。
映像を見ると相手の男も歯を喰いしばってるから、相当強く締まってたんだろうね。
でも私自身も余裕なんてなくって、そのうちベッドのシーツに後頭部打ち付けるようにし始めて。
いくいくいくいくって叫んでるのと、足元のシーツがどんどん濡れてったのは覚えてる。

正常位で散々やったら、次はバック。
白目剥いたまま頭ガクガク揺らして、吐く寸前みたいな顔で感じちゃって。
そうかと思えばだらしなく口開いて、甘ったれた女に嫌われそうな眼して感じもしてた。
後からビデオ見ても、自分の顔だって解らないくらいに乱れてた。
何度も何度も潮噴いて、音が割れるくらいに絶叫して、脚を震わせ続けてた。
何時間もね。

それが、今までで一番凄かったセックスかな。
参考になった?

…………あ、もうこんな時間かぁ。
ごめん、もう次の撮影始まっちゃうから、ここで切り上げ。
じゃあーね、今度の新作もヨロシクー!



                                    終わり

410 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/08/13(月) 01:12:49.26 ID:3H8VilOA]
GJ!
ドラッグの描写が細かくてゾクっとした



411 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/08/13(月) 01:21:53.15 ID:yUP/tN+R]
GJ!
冷めた語りが逆にエロいな

412 名前:名無しさん@ピンキー [2012/08/19(日) 01:58:40.57 ID:eVYYsMBb]
保守ぬるぽ

413 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/08/21(火) 13:56:30.32 ID:3DnUOH8Z]
遅れたけどガッ
ラブエロ難しい…

414 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/09/10(月) 23:03:12.99 ID:32mokE0F]
イカされ娘

415 名前:名無しさん@ピンキー [2012/09/18(火) 16:45:56.17 ID:t90NGrex]
保守 保守子ちゃんはそろそろ全身が屈服している頃か

416 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/09/19(水) 23:08:02.13 ID:Xwti1S+N]
「や、やだっ、保守しすぎだからあっ、もう、やめ、や、いやあああああ!!」
「保守されたか。だが、これで終わると思ったか?お前は保守されつづけるんだ、永遠にな」
「ふぁ、やだぁっでも気持ちいいのお!保守、もっと保守してぇ!
わたしの、ほしゅこのスレにでっかい保守ぶちこんでくらさい!!」
「よく言えました」
こうですか分かりません、保守

417 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/09/28(金) 01:57:12.61 ID:4HH8ZrjE]
そのうち保守子まとめとかできそうだな

418 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/10/07(日) 03:03:52.79 ID:3+S+icf+]
アナルでイカされまくってアヘ顔ダブルピース調教される男

419 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/10/08(月) 02:15:37.53 ID:aO1zaxqe]
淫魔とかそういう感じのエロに自信満々なおねえさんがショタをアヘ顔さらさせようとして襲ってみたけど
ショタの想像以上の絶倫っぷりに逆にアヘ顔さらすどころか指一本動かせないレベルまで消耗しても解放してもらえなくてとか


「やっ、やだぁ!やめ、やぇてえええ!おねえ、ちゃ、ひぃいああああ!?」
「んっふっふー?坊やすっごいかわいいわよ…。このまま脳みそどろっどろにして奴隷にしてあげちゃうわね♪」
「あ、ああああ、あひぃいいーーー!!」
「はい一発目―♪でも若いからまだまだ行くわよー?ふふふ、壊れないでね?」


―――3時間後。

「はっ…はっ…はぁっ…!」
ぱんぱんぱんぱんぱん…!
「……ぁ……っ、…ひ……ぃあ………」
「でるぅ…また、でるよぉ…ぁ」
「ひぃ…、あぁ…ああ……。…らぇえ……。もぉ、らぇ……はいりゃ、にゃ……んにぃいい…!」
どぶん、どぶん…
「あ、はふ、はっ…。えへぇ…きもちいよぉ、おねえちゃぁ…」
「いっ、いひ、ぴっ……………ぐぎぇ……え゛…ぇ……」
びくん、びくん…びくっ…びくっ…
「おねえちゃん…?う、うわ…白目、むいてる…」
「え゛……お゛え…ぇ……。ひゅー…。…こひゅ…」
むくむく…
「…あ、またたっちゃった…」
「………………んにゅぅ…?―――え、うそ、また、なかで」
「お、おねえちゃん…も、もういっかい…いい?」
「ひ、っ……………」
――いやぁあああああああ、――あっ!?ぎぇえぅう!?ぐぎゅ、んちゅ、むぅう…ぅ…
(あ、もう、あたし、からだ、こころ、おれ、ら、もどれ、な)



翌日。
「お、おねえちゃん、ぼくと結婚してください!」
「ふ、ふひゅひゅ…、ふぁーい♪よろこんれぇ…♪あらひのしきゅー、あならのおちんちんけーしゅになっらかりゃ♪うひ、うひひっ!」
「や、やったあ!じゃあ、また今からエッチしていい?」
「いいろぉ♪あらひにちんちんずっぽんずっぽんしれぇ♪――ぴぎぃいいいまらきりゃぁあーーー♪…ひぉ…お゛……ぐぴぃ…」
「…あれ、おねえちゃん?起きたばっかりなのにまた寝ちゃったのかな?」


みたいなのが読みたい。

420 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/10/12(金) 02:58:49.76 ID:xURlt8jh]
そして二人の間に出来た娘も反抗期に父親の精を絞ってやろうと襲い掛かるも返り討ちにあい…



421 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/10/12(金) 20:45:35.08 ID:eSRJAIIV]
>>420

妻「うふ、うふふふ…!アナタ、今日という今日こそは無様にアヘ顔さらして奴隷宣言してもらうわよ!」
夫「それ、いつも君がやってることのような…ん?」
娘「いつもいつもおかーさんをいじめてくれちゃって!今日は二人がかりでぐちゃぐちゃにしちゃうんだから!」
夫「え、っちょ、いやこれは、流石に」
妻「ふふん、怖気づいたのかしら?」
夫「いや、あの…。…君に似て美人だったから手を出すのを必死で我慢してたんだけど」
妻「え゛っ」
娘「え、えっ///」
夫「OKが出たなら遠慮はいらないんだよね?…あ、やばい今日いつもよりたぎってきた」
妻「」
娘「…///」




娘「ごぼ…お、ぼぇ…。…ぜ、え゛ぎ、おぼ、ぇ…」たっぽんたっぽん
夫「やっぱり体が小さいと入る量も少ないかぁ…」
娘「だじゅ、おかぁしゃ、たしゅきぇ」
妻「ぅ………ぴぃ………」ぴく…ぴく…
夫「お母さんは最初に僕に抱かれて、ついさっき泡吹いて動かなくなっちゃったからね」
娘「お………かぁ………ぁぁぁ……」
夫「大丈夫大丈夫、すぐに『おなじところ』へ送ってあげる―――からっ!!」
ごりゅっ
娘「!?!?っ、―――ぴぎぃいいいいいいいぃゃあやあああああ――――!!!」
どぶん、どぶん、どくん
娘「ああーーー!し、きゅ、ちゅー、のーみしょ、せーえき、うにゅ、―――ぴぃ♪」
かくん。
夫「…あれ、限界かな?おーい」
ゆさゆさ。
娘「ぴぃ…♪ぴぎぃ…♪」
夫「あー、ダメっぽいな…。じゃあ、狸寝入りしてる君でいいや」
妻「(びくっ!!)」
夫「ばれてるからねー。まったく、子供をおとりにしようなんて考えるダメな母親には、たーっぷりおしおきしてあげないと♪」
妻(――――――さようなら、私の正気)



のちに寝室から出てきた二人の女は、「○○さま専用」と油性マジックで書かれたボテ腹を虚ろな瞳で嬉しそうに撫でていたという。
娘「えへ、えへへへ、おとーさんだいすき、えへへへへ」
妻「あうぁ…うへ、あなたぁ、おちんちんくだしゃい、おっぱいしぼってくだしゃいぃ…」
夫「やりすぎたかな…。まあ、大体今までも次の日になれば治ってたし大丈夫か」

422 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/10/15(月) 20:13:43.07 ID:LKXd7Ibj]
そして妻と娘から新たに生まれた子供達も反抗期になると…

423 名前:名無しさん@ピンキー [2012/10/16(火) 18:15:48.64 ID:d3SzIAWz]
しゅ

424 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/10/17(水) 00:19:31.77 ID:2Q5HutRX]
有限実行三世代!パパ!ママ!娘!孫娘!

425 名前:名無しさん@ピンキー [2012/10/31(水) 03:20:06.69 ID:npd+pRii]
ある日妻の友人の淫魔がやってきて…

426 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/01(木) 00:37:32.79 ID:ZZOJB11h]
気が付いたら娘が襲われていた

427 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/01(木) 02:04:18.74 ID:IrX5RFE2]
せっかくだから一緒に襲うことにした

428 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/02(金) 00:25:51.18 ID:yNCigtj6]
上にある「オーガスト総合」ってスレが「オーガズム総合」に見えた
吊ってくる

429 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/02(金) 00:54:00.33 ID:T5XTNVY+]
オーガズム総合
├現実に即してイクよ派
│├乳首イキは実在するよ派
│├クリイキこそ基本だよ派
│├ちつこそ女ならでは悦びだよ派
│├アナル快楽は蜜の味だよ派
│├ちちしりふとももー!
│└─機械姦ロマンでイクよ派
│   ├低周波治療器で健康的電気責めだよ派
│   └ボタンヘッドで脳内麻薬イイィ派
├エロはファンタジーだよメルヘンなんだよ派
│├ふたなり派→別冊参照
│├射乳なら射精の倍の快感描写びゅーだよ派
│├陣痛イイッ!派
│├アヘ顔ダブルピースの仕草で条件反射イキするよ派
│├魔斗量子姦派
│└─万能触手粘液漬けこそ至高だよ派
│   ├執拗な単一箇所責めこそフェティッシュだよ派
│   ├左右あるいは前後あるいは上下で一緒になんてらめぇ派
│   ├三点掛けで悦楽トライアングルだよ派
│   ├1、2、3、たくさん!たくさん!たくさん!派
│   └頭部だけで7つも穴があるんだよなゴクリ派


430 名前:名無しさん@ピンキー [2012/11/02(金) 03:32:27.66 ID:+Oxcl3vD]
>>429
続きが気になる



431 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/02(金) 11:11:06.72 ID:EpRj/KBc]
別冊が気になる

432 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/03(土) 22:14:39.23 ID:UCSl3QJ1]
魔斗量子姦てなに?

433 名前:名無しさん@ピンキー [2012/11/03(土) 22:32:18.96 ID:VXq48VwA]
>>432
読みはマトリョーシ姦だ、ぐぐれば出てくる
人によってはグロに相当するから自己責任で

434 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/03(土) 22:44:34.97 ID:UCSl3QJ1]
>>433
さんくす

(´・ω・`)

(´・ω:;.:...

(´:;....::;.:. :::;.. .....

435 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/10(土) 23:37:56.58 ID:zTMBXKRb]
hosyu

436 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/14(水) 20:07:23.25 ID:sKITftij]
>頭部だけで7つも穴があるんだよなゴクリ派

…七孔噴血?

437 名前:名無しさん@ピンキー [2012/11/15(木) 13:34:17.54 ID:BI2jbyNe]
んほおおおおぉぉぉぉぉしゅうううううぅぅぅぅぅ!!

438 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/16(金) 23:57:18.58 ID:XexmL/qK]
保守子かわいい

439 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/17(土) 05:32:45.73 ID:pdM907FR]
犬「イクの!?これ、イクの!?ねぇ!奥!奥でイク!?」
飼い主「あぁ、イクんだよ」
犬「本当!?大丈夫なの!?死んじゃったりしない!?」
飼い主「あぁ、気持ちいいだけだから大丈夫だよ」
犬「そうかぁ!わたし犬だから!ご主人様の犬だからよくわかんないから!」
飼い主「そうだね。わからないね」
犬「うん!でも気持ちいいだけなんだ!そうなんだぁ!じゃぁイっていいんだよね!」
飼い主「そうだよ。イっていいんだよ」
犬「よかったぁ!じゃぁイこうね!一番奥でイこう!」
飼い主「うん、イこうね」
犬「あぁ!奥まで届いているからすぐにイけるね!ね、ご主人様!」
飼い主「うん。僕の目を見てて……くっ」
犬「あぁーご主人様とわたしは今同時にイってるよー!幸せだねぇー!」

440 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/17(土) 13:38:04.39 ID:uheDYTyl]
>>439
やめろwww



441 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/17(土) 21:00:53.98 ID:QEdZLlRp]
これ思い出した
普通に張るのももったいないから改変しといたぜ(ドヤァ

「おかねちょうだい」
「お金?いくら?」
「さんぜんえん」
「いいよ。はいどうぞ」
「固いのがほしい」
「おちんちんのこと?全部入るかな」
「奥でイける?」
「ポルチオ。いっぱいイける」
「そっか。でももう一人いるよ?アナルに入る?」
「…いける」
「服は汚れちゃうから脱いでおこうよ。後で帰る前に着ればいいから」
「うん」

「奥でいっぱいイケてよかったね」
「…イク」
「イってるでしょ?子宮口柔らかくなって降りてきてるよ?」
「…イってるの」
「腰が動いちゃう?好きなだけイけばいいじゃん」
「…イク」

「ふとももピンとしてるよ?イクの?」
「・・・」
「イク?」
「・・・イってる」

442 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/11/28(水) 16:56:59.06 ID:UxdDL2XN]
ふとももピンがツボ

443 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/14(金) 09:01:20.04 ID:/VDWkoDh]
─軒並びに色美しき姉妹二人あり。
妹者は至って信心者、姉者は色を好み、日のあるうちはかぐわしきほとで男衆と乱れに乱れ、諸人交合に来り、
枕代山の如くに集まりければ、
隣の妹の焼餅をやき夜中忍び入り姉のさねを吸い舐め手指にて勘所をすりたて果てさす。
かくて姉者昼よる休まず気をやるが、色艶かさねてなお男のこらも大勢きたる。
又焼餅の妹者の来りいつの間にか尻のすぼまりを優しく開け広げこぶしにて蕩けさせすれば、
他のだれよりも姉者に気をやらせる妹者ここにありと皆に広く聞かすれば、
男衆なお大勢来たり、姉者のほととしりに猛るもの突きねぶりて果てさせることかぎりなし。
たれともなく妹者を誉めにけり
「妹者の思い強きこと天晴れなリ、いっそともに耽り珍宝の突き比べたく存ずる」
かくしてあねいもうとともに日の昇りてから落ちるまで休まるひまなく男衆入れ替わり、
股二穴つねに肉棒出入りし、穴しとどに濡れ乾くことなく気をやり、悦びの尽きるを知らず。

444 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/14(金) 12:17:46.39 ID:B224GcFY]
>>443
妹は最後まで信心深ければ好きだったのに(´・ω・`)

445 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/14(金) 19:18:56.98 ID:MBd6oKMA]
素晴らしい…

446 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/14(金) 23:34:57.14 ID:/VDWkoDh]
すまんコピペ改変続いていたから、ふと思いついて頭山を改変してみたらちょっと見落としがあったようだ
頭山って落語のアレな、さくらんぼ種ごとくってたら桜の木が生えちゃったってやつ

447 名前:446 mailto:sage [2012/12/15(土) 00:12:22.74 ID:cKadUvmU]
>>444
えーと、ほら、ナんだアレだ
妹者は姉者の観音様が大好きだったんだよ

448 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/15(土) 13:58:02.13 ID:urcR/jzg]
ふと時そばネタで「○回イかせる」
みたいな約束をしておいてえんえんと
なんて思いついたが俺には文才がなかった残念

449 名前:淫月記 mailto:sage [2012/12/18(火) 22:58:39.15 ID:exzLji1M]
 唐の袁サンという役人が勅使として嶺南に赴いたときの話である。
 仕事を急ぐため、まだ暗いうちから出立しようとした袁サンを、駅吏が止めて言った。
「ここより先には触手の怪物がでます」
「なんと、触手の怪物?」
「蛇にも蚯蚓にも似たおぞましい塊で、女、とくにまだ幼い娘を襲う姿がたびたび目撃されています」
 白昼になれば安全なので、それまで待てという駅吏だったが、袁サンは一行が多勢なのを恃みに出発することにした。
 ところが月明かりを頼りに林のなかの草地を通り抜けようとした際、果たして一回の形容しがたい塊が草むらから躍り出た。
 その塊はぬめぬめと動き回り、やがて大きく広がろうとするかに見えたが、やにわに鞠のように弾むや、もとの草むらに隠れた。
 草むらのなかからは「危ないところだった」と繰り返しつぶやく二色の声が聞こえてきた。まるで大人の男と幼い娘が声を合わせておなじ言葉を話しているかのような不思議な声の、しかし男の一方に、袁サンは覚えがあった。
 驚愕のなかにも、彼はとっさに声をあげた。
「その声は、李徴ではないか」
 李徴とは、袁サンの友人の名だった。生来より気位が高く、それゆえに職場での人間関係に問題を起こし、役不足の閑職に甘んじざるを得ない男である。
 絵炉派路という文芸に志をたて、しかして夢破れ、近年においてはついに発狂して消息を絶ったと伝え聞く男だった。
 草むらのなかからは、しばらく返事がなかった。しのび泣きと思われる鼻をすする音が聞こえるだけである。だが、ややあって肯定の旨を伝える声、やはり男女二色の声が聞こえてきた。
 ともあれ、袁サンにとっては懐かしい友である。旧交を温めようと声をかけ、なぜ草むらから出てこないのかと質した。
 二色の声が、答えて言った。自分はすでに人ではない。どうしてかつての友のまえにこの身を晒せようか。とはいえ、このまま別れをつげるのも名残が惜しい。どうか少しの間、俺の話相手になってはくれないか。
 袁サンは了承した。李徴の声と幼い娘が入り混じった不思議な声は、語りはじめた。
 今から一年ほどまえ、旅先の夜、ふと目をさますと、誰かが俺を呼んでいるのに気づいた。声に応じて外へ出てみると、声はしきりと自分を招いてくる。思わず、俺は声を追って走り出した。
 しかし、無我夢中で走っていくうちに、いつしか自分の背丈は低くなっていた。気がつくと身の丈に合わなくなった着物は脱げおち、生白き素肌があらわになっている。すこし明るくなってから、谷川に己の姿を映してみると、すでに幼女となっていた。
 自分は最初、おのれの目を疑った。次に、これは夢に違いないと思った。だが、いつになっても目覚めぬ自分を発見し、俺は呆然となった。
 なんにせよ、この姿では生きていくこともままならない。俺は民家を探して歩いた。しかし、ようやく旅人の姿を認めたとき、突然俺のこの髪が太き肉と化した。もと髪だった肉の棒は触手となり、俺をいいように責め嬲りはじめた。その感覚に俺は狂い、自分を見失った。
 ふたたび正気を取り戻したとき、助けを求めるはずだった旅人の姿はなく、あたりには俺が快楽のただなかで垂れ流した液体が飛び散っていた。これが触手人間としての最初の経験だった。
 以来今日までどれほど浅ましい体験をしてきたのか、それは到底語るに忍びない。ただ、一日のうちの数時間は触手が嬲るのをやめ、休息をとることができる。そういうときに犯される自分の浅ましさを思うと、情けなさのあまり涙がでてくる。
 なのに、また触手がうごめきはじめると、その感覚に屈服し、隷属することを願ってしまう。
 はじめのうちは犯されることに覚悟が必要だったのに、最近では休息時に快楽が途切れることを惜しく思ってしまったことすらあった。
 もうすこししたら、自分は完全に触手の虜となり、人間としての羞恥はすっかり肉蛇どものなかに埋もれて消えてしまうだろう。肉体も、幼女の姿すら保てず、触手と同化して快楽のみをむさぼる肉塊に変じてしまうかもしれない。俺にはこのことがたまらなく恐ろしい。

450 名前:淫月記 mailto:sage [2012/12/18(火) 23:03:40.23 ID:exzLji1M]
 李徴の二色の声は、男側に寄ったり女側に寄ったりしながらも、切々と続いていく。やがて李徴は自分の絵炉派路を聞いてほしいと袁サンに申し出た。
 かつて破れた夢の残滓。しかし、それをすこしでも世に出しておきたい。そう願う李徴の言葉を受け入れ、袁サンはとものものに筆を用意させた。李徴の声は草むらから朗々と響いた。
 長いもの、短いもの、あわせて三十編。格調高く、文芸的深みもあり、実用性も十分と、一聴して作者の才の非凡さを感じさせるものばかりである。
 しかし、袁サンは驚嘆しつつも漠然と感じるものがあった。なるほど、彼の才能がすばらしいものであることに疑いはない。だが、この作品群は、それだけでは傑作とまでは言い切れないのではないか。
 すべて語り終えると、李徴の声に自嘲的なものが混じりはじめた。二色だった声の男の部分は薄れ、いまやすっかりと幼い娘のかわいらしいものになっていた。
 このような浅ましくも怪異な運命におとされた理由を、俺は知りようもない。だが、漠然と想像することがある。
 人だったころ、俺は他者との交わりを避けていた。人々は俺を尊大だと言ったが、じつはそれが羞恥心であることを誰も知らなかった。もちろん、かつて故郷において鬼才と評された自分に、自尊心を感じないでもなかったが、それは臆病な自尊心というべきものだった。
 絵炉派路で身を立てようと志しながら、読者の批評もあおがず、他作者と交わろうともしなかったのは、尊大な羞恥心と臆病な自尊心のためである。
 自分の才能がないことを恐れるあまりあえて努力しようとせず、また自分の才能をなかば信じるがゆえに平凡な生き方を選ぶこともできなかった。俺は次第に世間から離れ、自分の殻に閉じこもるうち、ますます己の臆病な自尊心を太らせることになった。
 そして、その臆病な自尊心が形をとったものこそが、この触手だったのだ。俺はこの触手に犯され、屈服し、隷属した。
 自分自身の尊大な羞恥心に負け、浅ましい快楽に堕ちて流される間にわずかばかり持っていたかもしれない才能を空費していったのだ。
 そして、そのことに気づいたいまとなっては全てが遅いのだ……。
 朝が近づいているようだった。夜明けを告げる角笛の音が聞こえる。
 別れを告げなければならないと、李徴が言った。触手がうごめきはじめている。いまから自分はこの触手に犯されることになる。そうなったら最後、人としての理性はなくなる。自分が狂うだけならいいが、怪物の近くにいるものの安全を保障できない。
 そうして李徴は残された妻子の面倒を袁サンに頼んだあと、ふと思い出したように
「一家の大黒柱だったおれを失い、おなかをすかせている妻や子よりもこんな絵炉派路なんかを気にかけるような男だから、魔に身を落としちゃったのよね」
 と自嘲の声をあげた。
 それから李徴は袁サンに、帰りはこの道を通らないでほしいとも付け加えた。理性のある状態だから話もできたけど、自分はもうすでに魔で、次回あったとき、あなたに害を加るかもしれないから。
「あとひとつ、お願いがあるの。ほら、あっちのほうに丘があるよね。あの上に行ったら、こちらを振り返って見て欲しいの」
 たどたどしい声だと、李徴は思った。なぜと問うと、どこか震えた声が返ってきた。
「もう、一度すがたをみ、見せて……あなたがここ、に、来ようという気をおっ、おこさせ、……じ、時間がないのぉ! いそいでえっ」
 袁サンは旧友の運命を哀れに思いつつも、その言に従うことにした。すばやく馬に乗ると、その瞬間から草むらの中で幼女のか細い悲鳴が上がり始めたが、あえて気にしないことにした。
 後ろ髪を引かれる思いで馬を進めつつ、一行が丘の上についた。言われたとおりに振り返り、先ほどの林間の草地をながめた。たちまち、茂みのなか道のうえに、なにかぬめぬめと蠢くおぞましい塊が躍り出たのを彼らは見た。
 触手の球体。その中心、浮かびあがるように幼女の姿が見て取れる。
 両手両足を黒ぐろとした肉の海に埋もれさせ、孔という孔を犯し尽くされながら、ただひたすら痙攣を繰り返すその白い肉は、一度大きくのけぞって陰部から噴水のような潮を噴き上げると、また草むらのなかに躍り入って再びその姿を見なかった。



451 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/18(火) 23:12:57.95 ID:dBaBG73d]
中島先生GJでございます!

452 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/19(水) 00:47:29.11 ID:1PjBsllx]
>実用性も十分と
ワロタ

453 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/19(水) 10:43:57.30 ID:rZzgbF/W]
山月記w

454 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/19(水) 15:23:00.42 ID:gCa/Digq]
この発想はなかったwww

455 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/19(水) 17:26:02.84 ID:JbD0caAm]
山月記懐かしいなw

456 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/19(水) 20:05:14.00 ID:WU6rTtdj]
ワロタwwww

457 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/20(木) 12:55:08.59 ID:zwMZxbLC]
ttp://sssvip.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

こういうのはどうなのみんな

458 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/20(木) 23:48:21.46 ID:JLhDS+e+]
台本だし男だし、どうと聞かれればだめと答えるほかない

459 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/21(金) 00:12:15.37 ID:suIBVXva]
台本が全て駄目とは言わんが、台詞オンリーだと、イキっぷりを含む視覚的描写がどうしても甘くなる
かといって視覚的描写を台詞に盛り込むとシュールだしな

460 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/22(土) 03:38:37.81 ID:jOS7L/jZ]
そんなキャラなにかで見たことあるな、こんあ感じかw

「あっ、ああぁぁぁぁ・・・・も、もうイキます、
 イカせてくださいお願いしますぅぅ・・・。
 私はアヘ顔でそう言ったぁぁぁ・・・」



461 名前:あぼーん mailto:あぼーん [あぼーん]
あぼーん

462 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/28(金) 22:18:51.40 ID:WZKSHy5i]
保管庫の人ってまだココ見ているのかな?

463 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/30(日) 15:52:57.18 ID:8zsccU+q]
必ずや、かの邪知淫虐の王を除かねばならぬと

464 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/30(日) 18:34:11.57 ID:QOsHeXjE]
メロスが戻るまで、セリヌンティウス(女)をイカせ続ける王様

465 名前:名無しさん@ピンキー [2012/12/30(日) 19:59:18.44 ID:ZrTms9YP]
この世のありとあらゆる煩悩のから生まれた妖魔。
その妖魔に捕らわれた対魔師は絶望した。妖魔から
解放される条件は只一つ、108通りの責めを108回ずつ
その身に受けて108回ずつ絶頂することそれだけである。

対魔師の少女が今受けている責めはまだ108通りの責めの内のたった一つを
一度だけ受けているだけである。クリトリスを人類には不可能な360度の角度
から責められるという妖魔にとっては前戯にも満たないただ挨拶しているだけというもの。
それだけで少女は涙を流し人とは思えない叫びをあげながらただ快楽を受けるしかなかった。
妖魔からの責めを受けている間は少女に快楽による発狂、時間による寿命、自害による死という
救いなど与えられる筈もなく。ただ快楽を享受する肉人形となるしかなかった…

ちゃんとした描写を誰か書いてください!オナシャス!携帯からでは書きにくいし読みにくいしこれが限界なんです!何でもしますから!

466 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/30(日) 21:41:02.85 ID:dxSENyMv]
メモ帳開くんだよ、おぅあくしろよ

とりあえずフタナリ娘にポルチオ責めされるのを期待

467 名前:名無しさん@ピンキー [2012/12/30(日) 23:44:57.09 ID:xelXuEDo]
108の三乗ということは125万9712回イけば解放されるわけか。
まあ頑張ってほしいもんだな(ゲス顔)

468 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/31(月) 01:25:41.07 ID:cKmyBsY2]
>>465を書き込んだ奴だけど、マジで期待しないでくれ。今年は勿論のこと、来年の一月中旬まではメモすら出来そうに無いんだ。
もしメモだけでも書ける予定が出来たとしても、完全なる思いつきだから前後の事は一切考えていなかったから、そもそも完成するかどうかすら、わかったもんじゃねえ。
だからこの設定とかで書いてくれたら、むしろ狂喜乱舞するぐらい嬉しいし、バッチコイと考えているんだ。だから期待する以前に頭の隅に留める必要すらないからな。こんな他力本願の奴のもんなんて。
まあ書こうとはするかもしんないけどな。もし待とうとしてたなら、すまんな。じゃあの

469 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/31(月) 13:10:52.92 ID:KtHx3I8E]
25秒に1回ずつイけば1年で済むのか…。有情だなぁ…。

除夜の鐘を撞きに行ったら女の子を拾ってしまって…。
その子はその年の妖魔に全ての責めを受けさせられた娘なんだな。

イかされた記憶とかも全て消されてはいるが…

470 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2012/12/31(月) 18:55:34.13 ID:q2ybK3ix]
なんかハノイの塔を思い出した



471 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/01(火) 03:13:15.28 ID:iHwZ1Afy]
>>462
スレ変わったらまとめるつもりなんじゃないかと

472 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/01(火) 14:07:37.49 ID:Wudb2Bk1]
百合スレにイカされすぎ作品きてた

473 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/02(水) 21:03:30.88 ID:RQFN6Wc1]
なんというか月並みかもしれないが、「全自動イカされマシーン」みたいなのどうだろう。
こう、ベッドに女性を拘束してCTスキャンの機械みたいなのにいれると
なかでなんかすごい粘着質な水音とか機械音とか絶叫とかが聞こえてきて
しばらくして機械から出てくると痙攣すらしなくなっていろいろ垂れ流し状態の女性一丁上がり
目を覚ましても完全に体中開発されつくして堕ちきっちゃってるような感じの
…ありきたりか。

474 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/02(水) 21:05:41.07 ID:ULByLGIb]
>>473
需要があるから書かれ続けてありきたりになるんだ
さあ、早く執筆作業に移りたまえ

475 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/03(木) 02:11:47.57 ID:OIemz8wD]
何というかネタは豊富だけどありきたりにしかかけないんだよな
しかも気付けばどこかでみたような表現の繰り返しになる

誰か文章力をくれ

476 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/03(木) 02:27:55.70 ID:30dn6PMi]
博士「さあ助手君、ワシの開発した全自動イカされまっすぃーんを体験してみてくれ」
助手「あのー、これって、今まで使ったエロ発明全部入ってるわけですか、まさかとは思いますが」
博士「うむ、察しが良いな、これまで開発した性感開発マシンの集大成といえよう」
助手「じゅ、10分!、10分でちゃんと止めてくださいよ?約束ですからね!」
博士「(ニヤニヤ)もちろんじゃ、さあてポチッとな、可能な範囲でレポートしとくれよ」
助手「ん?シャワー?あ、暖かいけどローションだ、んっおっぱいに筒がかぶさってきた」
博士「そのローションは潤滑目的のためだけで変なものは入っとらんから安心したまえ」
助手「2本の筒でおっぱい両方すわれてる、あっ右側、だけなんかもまれてる、ひゃっ、左いきなり乳首ぃ〜」
博士「そろそろ下半身も行くぞー」
助手「おっぱいぬるぬるもまれてランダムに乳首ぬるっときてて私好みですぅ、あっ、膝広げられてる」
博士「(うむ、内部カメラを付けて置いて正解じゃったわい)」
助手「お臍まわりなでられるのちょっといいかも、っ、もう入ってけど細めのが…ん、ぐりぐりねじれながらピストンしてて」
博士「ノーマルローションすり込みと被験者の内部を確認して最適サイズを選ぶんじゃ」
助手「あっ、大きめのきたぁ(でもちょっと物足りないかなぁ)、っておしっ、さっきの細いのそっちまで?」
博士「(ムフフ、こっちの開発はあまり進んでおらんかったが今日からやみつき確定じゃv)」
助手「前のそここすられていいのに、うしろ一緒とかちょっあああ、長いっ、あああ、ぁっ、ぬけ、あ」
博士「まずは二穴」
助手「前のはカリも低いしそんな太くなかったのにっ、後ろっ、パール?ちゅぷんちゅぷん出入りぃぃ」
博士「5分経過じゃ、あと半分頑張れよー」
助手「は、はいぃ、ああおっぱいまた揉みかたかわったぁ、乳首だけしょりしょりこすられてますっ
    んんんぅっ、あ、やだ両方すわれ…ひあぁっ、おしりっさっきよりおっきぃそれうそっしかも深っ
    止まっんん、おまんこもきたぁきちゃったぁおっきぃそれそれだめぇっ」
博士「残り1分」
助手「ひぁっあぅっあああ、あああああ、おくこつんこつんうっあっ、後ろの中からも、ああまたまえとぉ」
博士「よし、終了じゃ、どうだったかの」
助手「え、あぅ、あ、あ、はぁーはぁー、よかったですぅ、えーと、それでぇ・・・」
博士「しょうがないの、こんどは何分してみるんじゃそうじゃな30分くらいどうじゃ、15分後からはクリ責めもあるぞ」
助手「1時間!1時間ぐらいずっとしてくださいぃお願いしますぅ!どうせまたじらすつもりでしょうだからっ!」
博士「わかっとるじゃないか、だが君の協力なしには完成できんかったわけじゃし、今回はじっくり楽しんでくれたまえ」
助手「はやくっはやくっ」
博士「うむ、ポチッとな」
助手「ああっきたぁ!これぇこれっあっんっんんんんんっ!!んはぁっやだぁとまんないぃもっとぉ」
博士「せっかくだから強にしておくかの、たまらんのお」
助手「おごぉっおしりぃそれげんかいぃぃああっおっぱいぜんぶ乳首みたくなっちゃうなんでぇ、いぎっクリひきょおぉぉ
    おおおおお腰びくびくじぶんのじゃないみたいに跳ねちゃうぅぅうう、うっ?がっちり固定さ
    そこぉちがぁぁぅぅ、おしっこのにゅるにゅるひぃぁっあっぁぁああああ」

# こうですかわかりません!

477 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/03(木) 23:26:46.06 ID:imClE6Cv]
いいな…機械姦。

478 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/04(金) 12:07:01.42 ID:8FVfWIHy]
>>476
うむ、いい機械姦だ。

479 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/05(土) 02:19:17.34 ID:926n11E7]
非常にいい機械姦だが、イカされすぎというスレタイにはまだイキっぷりが足りない

480 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/06(日) 00:15:33.23 ID:vI0pcFQi]
喘ぎ声って難しくね?



481 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/06(日) 01:18:33.96 ID:tlUdznEx]
弱ければ物足りないと言われ強ければギャグと言われ

482 名前:名無しさん@ピンキー [2013/01/06(日) 07:41:22.87 ID:jiFpGmfP]
もう…喘ぎ声上げられない程までイカせ続けたら良いんじゃね?
猿轡から漏れる喘ぎも良いですけど。

483 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/06(日) 20:31:43.02 ID:0zSaYW9V]
筋肉ビクビク+顔真っ赤+身動き取れない+涙=俺得
問題は詰め込み過ぎてギトギトしてる

484 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/07(月) 00:57:25.24 ID:aeJQ8Dq5]
水槽のなかの脳に電極を差して、とか
肉体を封じられて精神体だけを、みたいな
体力が続かなくなる心配をしなくていいので文字通り自我が崩壊するまでイカされ続ける

485 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/08(火) 23:06:22.70 ID:cLgQ0p0O]
一作投下ロボだよ。
浣腸はあるけどスカはない、すごいやつだよ。

486 名前:ドリーミィ・カプセル  1/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:07:27.57 ID:cLgQ0p0O]
  
『ドリーミィ・カプセル』とネット検索して、真っ先に出てくるのが宏尚(ひろなお)の店だ。
書面上は彼の祖父が経営者という事になってはいる。
しかし研究と物造りにしか興味を示さない祖父が、接客業などする筈もない。
ゆえに大学生である孫息子の宏尚が、アルバイトという名目で店を切り盛りしている。

ドリーミィ・カプセルとは、巨大な日焼けマシンのような形をした女性用性感マシンだ。
元はカプセルの中に入れた人間へ多様な電磁波を浴びせる、医療用機械として開発されていた。
しかしその研究が佳境に入った時点で、世間では電磁波が人体に与える悪影響が騒がれ始めた。
放射能の恐怖がもたらす余波だ。
結果、研究は途半ばにして急遽中止され、それに憤った宏尚の祖父は、あろうことかその医療用マシンを性感マシンとして作り変える。
それは融通の利かない上層部への当てつけだったに違いないと、開発に携わるメカニックは評していた。

世界初の女性用性感マシン『ドリーミィ・カプセル』は、当初こそ無名だったが、宏尚の宣伝によって瞬く間にその名を広める。
八年ほど前に人気を博した、悪く言えば旬を過ぎたドラマ女優を安値でモデルに起用し、ネットで機械のCMを流したのだ。
旬を過ぎたとはいえ女優を知るものは多く、CMのプレビュー数はかなりの数に上った。
そしてその皆が目撃したのだ。
日焼けマシンを思わせる巨大な卵形の機械へ女優が入り、スイッチを入れれば、やがて艶かしい喘ぎ声が漏れてくる様を。
試運転が終わり、バスタオルに包まれてマシンから下ろされた女優は、ぐったりとしながらも明らかに発情しきった顔をしていた。

「す、すご……い……。こ、こんあの、人間相手じゃ……絶対、むり…………」

女優は虚ろな瞳でそう呟く。
彼女が幾度も幾度も、機械によって絶頂を迎えさせられた事は、CMを観る同性の者には殊更によく解った。

そうなれば、予約殺到だ。
宏尚は、世にはこれほどに未知の快感に飢えている女性が多いのかと仰天した。
マシンは一台しかないので、当然に店は完全予約制となった。
圧倒的な売り手市場であるため、細かな規則はすべて店の意見一つで決まる。
さすがに料金は一律にするが、営業時間も、一日の予約数も、実際には宏尚の気分次第だ。
キャンセルは一切受け付けない、という強気な態度もその一つだった。
基本的に時間帯区切りの貸切利用となるため、予約キャンセルで穴が開くと大きな利益損失が出るという理由からだ。

忙しくはあったが、その分湯水のように稼ぎも入り、宏尚の“バイト”は充実していた。
予想外の客が訪れたのは、そんなある日の事だ。

487 名前:ドリーミィ・カプセル  2/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:07:59.12 ID:cLgQ0p0O]
  
店に足を踏み入れた瞬間、その女性は宏尚を見て目を丸めた。

「げっ……モ、モジャブタ…………!?」
「久しぶり、安西さん」

宏尚は落ち着いて答える。
女性は、宏尚の高校時代のクラスメートだ。
安西 翔子といい、宏尚が知る限り、高校で一番モテていた少女だった。
理由はといえば、一にも二にもルックスがいい。それだけだ。
しかしながら、それだけで並み居る性格美人を押しのけて男子人気を独占するだけの物がある。

シャンプーのCMに出ればいいと噂された、毛というより最上級の織物のような長い黒髪。
サドの気を隠す事もしない、猫のようにくっきりと開いた吊り気味の瞳。
スペイン系クオーターゆえの、整形を疑われる完璧すぎる鼻筋。
思わず見惚れる、艶のあるふっくらとした唇。
スタイルは見事な八頭身で、制服のミニスカートを翻して歩けば、その日常的ならざる脚線に常に五・六人の視線が釘付けにされていた。
しかしそのスレンダー体系に似合わず、バストサイズは相当なもので、体育の時間に脱ぎ去られたブラウスは胸部にかなりの皺が寄っていた。
苦しいからと大抵胸の第二ボタンまでを開けており、教師陣に視線を彷徨わせつつ注意されていたものだ。
彼女を特別視していた男性教師は一人や二人では済むまい。
事実、彼らは翔子のいるクラスで授業をする時にはほとんど黒板から振り向かず、問いを投げるのも翔子が座っていない列に限られていた。

そのように教師すら惑わす美貌の翔子は、実質的に男子のほとんどを自分の駒としていた。
性格が曲がっている事は誰もが知っていたが、それでも翔子に気に入られたいという下心が勝るのだ。
運動部のエースや学年の番長格といった力ある生徒も例外ではなく、翔子はそれらの駒を使って学年を牛耳っていた。
気に入らない生徒を苛めるのも、好みの生徒を特別扱いするのも、翔子の命令一つだった。
宏尚は、その苛めを受けていた方だ。
冴えない見た目をからかわれ、モジャブタという蔑称を付けられた。面白半分に金を巻き上げられた事もある。
それが、安西 翔子という女だ。

488 名前:ドリーミィ・カプセル  3/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:08:32.97 ID:cLgQ0p0O]
  
「な……なんでアンタがここに居るのよ!」
「何でって、店員だから」

翔子が苦々しい顔で叫ぶ一方で、宏尚は余裕の表情を崩さない。

彼は、彼女が店を訪れる事をあらかじめ知っていた。
この店では予約を受ける際に、WEB上でのアンケートに回答させる。
年齢や体型、怪我・病気の経験、普段の性生活などを事前に把握する事で、最適なプランを算出する事が目的だ。
そのアンケートは当然、翔子も記載していた。
本名や年齢、体型、初体験はわずか十一歳のときであること……。
その情報を目にした時、宏尚はすぐにそれがかつてのクラスメートである事に気づいた。
同姓同名というだけなら他に有り得るとしても、初体験を十一歳でしてしまう女などそうは居ない。
小学生時代からすでにモデル体型であり、雑誌の取材を受け、大人の世界に片足を突っ込んでいた翔子ならではの経歴だ。
昔、自分を苛めた元締めが来る。
宏尚はそれを知り、今日この時を焦がれるように待ち望んだものだ。

「……帰るわ」

翔子は不機嫌に顔を歪め、入り口に向けて踵を返した。しかし、宏尚がその手を掴む。

「ちょっと、気安く触んないでくれる!? モジャブタ菌が付くんだけど」

翔子が荒々しく手を振り払うが、宏尚の余裕は崩れない。

「残念だけど、帰せないよ。WEBの注意事項に、赤字で大きく書いてたよね。
 『キャンセルは一切受け付けない』って。
 ここって時間帯の貸切だからさ、そこに穴開ける事になったら、かなりの額の弁済金貰うよ?
 知ってるだろうけど、ここの人気って今凄いんだよね。ずっと順番待ちなわけ。
 何もせず帰ったにしては、到底割に合わない金額になると思うなぁ」

宏尚がそう強気に告げると、翔子の顔が引き攣った。
論の正当性は宏尚にある。それにこの待ち焦がれた獲物を逃すまいという、決死の気迫もある。

「…………っ!!!」

さすがの翔子も自らの分の悪さに気づいたのか、苦々しい顔をしつつもバッグを放り捨てた。

逃げだす心配の無くなった翔子の姿を、宏尚は改めてじっくりと観察する。
むちむちと瑞々しい肢体はそのままに、ますます目の醒めるようなスタイルになったようだ。
小学生の頃から小遣い稼ぎに読者モデルをしていたという彼女も、今ではそこそこ名の売れたスーパーモデル。
欧州のファッションショーに呼ばれる事も多いと、同窓会では噂が持ちきりだった。
その相手を好きに嬲れる。
宏尚は、歓喜の叫びでも上げたいほどだった。

489 名前:ドリーミィ・カプセル  4/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:09:07.96 ID:cLgQ0p0O]
  
「んじゃ、始めっぞ。中入って」

宏尚は顎でマシンを示しながら、シャワーを浴びてバスローブ姿となった翔子に告げる。
『〜するぞ』などと高校時代に言おうものなら、たちまち翔子の逆鱗に触れ、屈強な運動部員を動員してリンチされた事だろう。
しかし今は、宏尚の方が主導権を握っている。
彼の手には、性感コースを選択する電子パネルがあった。料理店で客の注文を入力する機械と似たようなものだ。
本来それは、客に逐一可否の確認を取りながらコースを組み立てていく。
ただ今回はそれがない。宏尚が自らの煮えたぎる欲望のままに入力していく。
翔子はそれを恨めしげに睨みつつも、プライドが邪魔をするのか何も尋ねず機械に入り、バスローブを脱いで扉を閉じた。

卵形の『ドリーミィ・カプセル』は完全に翔子を包み込み、外からは一切内部が伺えない。
防音性も完璧で、中でどれだけの大声を上げても外には漏れないようになっている。
……ただし、それは一般的な人間の場合。
実のところ、宏尚とその祖父に限っては、開発者特権として機械の設定そのものを弄る事ができた。
複数のプレートから成る外装の各部位を、マジックミラーの要領で外から透けさせる事もできる。
内蔵スピーカーを操作し、中の声を機械外部へ向けて発する事もできる。
無論というべきか、内部にはカメラも秘蔵されており、その録画映像をモニタールームで鑑賞することも可能だ。
薄暗く精密な機械内部にそれらの仕掛けがあったとて、第三者が気付く由もない。

今までも、見目のいい客が訪れるたび、宏尚は密かにその恩恵に与っていた。
若い女が快感の極地に至った際の反応は、およそ見飽きたと言ってもいい。
ただ、その相手が知り合いとなればまるで話は別だ。
特にあの小憎らしく、魔性とすら思えるほどのルックスを誇る安西 翔子ならば。

「……さぁ、特上コースでいくぜ。スゲェ声、聴かせてくれよな」

宏尚は数ある昨日のうち、あえてスピーカーからの音漏れだけを操作した。
映像は後のお愉しみだ。
内部から漏れ聞こえる声と、機械のモード表示だけを元に、翔子の現状を想像する。
その愉しみ方は、今しかできない。

490 名前:ドリーミィ・カプセル  5/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:09:40.47 ID:cLgQ0p0O]
  
機械外部のモニターが緑色の光に包まれ、正常作動を告げる。
『 カンチョウエキ チュウニュウ 』
責めの第一として、そうカナ表示がなされた。
浣腸だ。快感責めのあまり脱糞する女性は実際に多く、衛生面や機械への影響から、まず便を出す事は重要だ。
無論嫌がる女性も多いのだが、哀れにも翔子には強制である。

「あっ、ちょ、何よ!!どこに何、塗ってるの!!」

『ゼリー塗布』の表示と共に、翔子の叫びが響いた。表示は中にいる彼女にも同じく示されているはずだ。
つまりは全く状況が解らないのではなく、単にそれを受け入れられないでいるのだろう。
宏尚が笑いを噛み殺す中で、表示はさらに『 ノズル ソウニュウ 』へと変わる。
直後、ぐうっという呻き声が響き、宏尚の笑いを後押しした。
ノズルは浣腸液を注ぎ込む為のものだ。
ごく柔らかな先端が直腸内部にまで入り込んだ後、菊輪のちょうど前後で円状の膨らみができ、固定される。
薬液は相当に浸透圧が高く、つまりは『きつい』もの。
それを一定量流し込み、栓をした状態である程度我慢させた後に吸い上げる。
やり様によっては相当な快感を伴うようだ。
事実、恋人とのアナルセックス経験があるという24歳の女性は、この浣腸だけで軽く逝きかけたと宏尚に告げた事がある。
浣腸液には多少の強壮剤や興奮剤も入っている上、ノズルそのものも不定期に振動して栓ごと菊輪を刺激するのだから、有り得ない話でもない。

ただ、翔子の場合はどうだろうか。宏尚はほくそ笑む。
彼女には、恨みを込めて容赦のない設定にしてある。
薬液の濃さは濃い目、量は初心者としてはかなり多い700ml、耐える時間は5分。
これは、グリセリンに慣れた浣腸中級者でもウンウンと唸るような内容だった。

「…………や、だっ…………まだ、入ってくるの……!? もう、くるしい、ったら…………!!」

本人は独り言のつもりだろう呻きが、宏尚の耳に届いた。
やがてダプンッという薬液タンクが閉まる音がし、表示が切り替わる。

『 シバラク オマチクダサイ ...About 5 minutes. 』

無機質なそのカナ表示に、息を呑む音が続いた。冗談でしょ、と消え入るように呟いている。
本当だぜ、と宏尚は心の中で答えた。



491 名前:ドリーミィ・カプセル  6/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:10:21.44 ID:cLgQ0p0O]
  
音だけでも、かなりの情報が手に入るものだ。
凄まじい腹鳴りの音、刻一刻と荒くなっていく呼吸音、喉をすり抜けるような甲高い呻き。
それらは全て、翔子の苦しみぶりを表す記号だった。

「はっ、はっ……何よ、これっ…………全然、抜け……な……い…………!!
 うんち、したいのに…………これのせいで、でな…………!!!」

翔子は必死に肛門栓をひり出そうとしているようだ。しかし、人間の腹圧如きで抜けるようには出来ていない。
宏尚はその焦りを愉しみながら、同時に翔子の荒い呼吸に聞き入っていた。
いつも他人を使うばかりで、自分自身が息を切らせることなどまるでなかった翔子。
宏尚は彼女に虐げられてはいたが、同時に他の男子と同じようにその色香に当てられてもいたため、
翔子が男と交わって喘ぐさまを夢想して自慰に耽る事も多かった。
その様々に夢想した答えが、いま彼の耳に流れ込んできている。
何も特別ではない。
見目は淫魔か何かかと思うほどに際立つ彼女も、排便を我慢する今の喘ぎは、他の女と変わらない。
へひっへひっという短い喘ぎも、ぐぅぅっという苦しげな呻きも。
しかしその生々しい“普通さ”は、返って強烈ないやらしさを伴って宏尚を昂ぶらせる。
後で録画映像を見れば、バスタオルさえ脱ぎ去った真裸な翔子が、生脚をうねらせながら浣腸に耐える姿があるのか。
そう考えると、いよいよはっきりと逸物の先がジーンズを盛り上げる。

宏尚は一息つき、パネルを操作した。
『キュウイン カイシ』と機械本体の表示が変わる。
五分経過にはまだ少し早いが、どのみち翔子には正確な時間など解らないだろう。
喘ぎ声も堪能したことだ、いい頃合で次に移ろう。宏尚はそう考えている。

「あ、あっ! す、吸われて、るっ……!! な、に、この感覚…………ッん、うんんんんっっ……!!!」

室内に響く翔子の声は、明らかに初々しい肛門性感が目覚め始めた時のものだ。
今までに何人も、アナルは経験がないが一応、と浣腸を受けた女性達が同じ反応を示した。
ガクガクと腰を揺らし、人にもよるが涎を垂らす。そうした反応を伴って。

「ああぁぁ…………っ!!!!」

吸引の後半、ノズルから液体以外のものが通る音がし始めた頃、翔子は喉を開いて声を上げる。
それは浣腸に好意的な感想を述べた娘達と、よく似通った兆候だった。

492 名前:ドリーミィ・カプセル  7/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:10:53.81 ID:cLgQ0p0O]
  
浣腸用ノズルが抜け、荒い息を吐くばかりの翔子をよそに、宏尚は再び電子パネルを操作する。

「……次は、そのデカイ乳を善くさせてやるよ」

宏尚の指先が動くと、機械のモニター表示も『 バスト マッサージ 』へと変化した。
胸への刺激の方法は、幾度も録画で見てきた為に手に取るように解る。
吸盤のついた電極を乳房の各部と胸板に取り付け、電気マッサージの要領で揉みほぐす。
計算されつくしたその刺激は、一流マッサージ師が行う施術と何ら遜色の無いものだ。

また、乳頭への刺激に限っては明確に人間のそれを超える。
肉眼では到底捉えられない、髪の毛の1/20の細さしかない端子が無数に乳頭に取り付き、乳腺へと入り込む。
その感覚は、受けた女性から『胸の中を直接揉まれているよう』だと評価されていた。
二日程度しか日を置かずにこの乳頭責めを五回受けた若妻は、出産経験がないにも拘らず折に触れて母乳が零れるようになり、夫から訝しがられたという。
続ければ母乳が出るほどの責めなのだから、当然女にとっては尋常でなく心地良いはずだ。
翔子もまた、臀部の下に突き出た突起へ腰を下ろしたまま、その極上の乳房責めに浸っているようだった。

「あ、あっ……ああ、はぁっ……あ、あっ……あぁっ…………」

素直な喘ぎ声が響き渡る。
浣腸の時の様な苦しみはなく、ただ純粋な心地よさばかりが読み取れた。
何者をも警戒せず、無邪気に喘ぐ声。
その喘ぎを聞く時、宏尚はふと機械内部の女性に愛らしさを感じる。
部屋を訪れた時にはどれほどツンと澄ましたキャリアウーマンでも、この瞬間には童女のような声を出す。

宏尚はしばし翔子の愛らしさに聞き入ったのち、再び電子パネルを手に取った。
『 バスト マッサージ 』の表示はそのままに、ひとつ下の行で番号を選択する。

『 ニョウドウ 垢トリ 』

新たなメッセージが緑モニターに現れ、一秒の後、機械の中から叫びが響いた。
両の太腿半ばに拘束用のベルトが巻かれたのだろう。そうして機械の力で大股を開かされる所がはじまりだ。

「や、な、何その棒……まさか、ニョウドウって、あの……まさか、え!?」

困惑しきった声が響く。その直後、うううぅ、と中々に悲痛な呻きが続いた。
尿道に極細のノズルが入り込んだのだろう。ノズルはカテーテルよりも細く、先端にはキシロカインゼリーも付いている。
痛みはそれほど無いだろうが、尿道に挿入を受けた瞬間は、まず十人いれば十人ともが声を上げた。
それだけ異様な感覚であるという事だろう。
若干の固さがあり、表面に凹凸もあるノズルは、そのまま尿道の中で前後に揺れるようにして刺激を始める。
女はみな必死に逃れようとするが、腿の拘束ベルトがあっては足を閉じることすら叶わない。
それでも反射的に身を捩ろうとし、女の太腿に深い筋が浮く瞬間は、何ともエロティックで宏尚のお気に入りだった。

493 名前:ドリーミィ・カプセル  8/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:11:26.30 ID:cLgQ0p0O]
  
尿道を扱きたてられている間は、女性の喘ぎ声というものはおおよそ似通っている。
ああ、ああ、と不安からか細く声を上げるのが大半だ。
ただ、翔子は違った。喘ぐ代わりによく喋った。

「何よこれ、そこ、おしっこの穴じゃない! やめてよっ、垂れ流しになっちゃう!!
 あ、敦美の言ってた通り、これ、すごい深くまで……来る…………。
 …………やだ、もぉ…………
 なんで、感じるの…………おしっこ漏れてるのに、何でそれが、いいの…………?」

どうやら翔子は、友人からここの尿道責めの心地よさをあらかじめ聞き及んでいたらしい。
その時の反応は目に浮かぶ。猫のようなサド気のある瞳で、やだ変態じゃないの、などとからかった事だろう。
それがまさか、自分も尿道で感じてしまうとは思わなかったに違いない。
無論、彼女とその友人が特別なのではない。
この尿道用のノズルは、女性の尿道の形を統計的に算出し、抜き差しに無理のないよう設計されていた。
幹の僅かな凹凸も絶妙に刺激を増す。
また、ごく小さい球であるノズルの先端部からは定期的に鎮痛剤が奥へ浴びせられ、痛みを和らげると共に擬似排尿を強いる。

何より尿道を抉る動きそのものも、最大限の快感を与えるよう計算し尽くされたものだ。
尿道の快感とは、狭い入り口を擦る動きと、尿道奥にある『陰核の根』への薄皮越しの刺激に集約される。
それを徹底的に教え込むようなストロークは、中毒性が高い。
この尿道責めを受けた女性の中には、もうそれまでのように陰核をこね回すだけでは到底満足できず、
尿道に深く綿棒を押し込んだまま、その末端を指でトントンと打ちながらではないとエクスタシーに至れなくなった女子大生もいる。

「……い、いい、良い、いいっ…………!! やだ、クリ……すごい勃っちゃっ、た…………」

翔子はいよいよ激しく喘ぎながら、自らの状態を実況した。
その言葉が、宏尚を次の行動に移らせる。

「へへ、覚悟しとけ。こっからはちと、地獄らしいぜ」

彼がパネルに入力した次の責め、それは『 クリトリス ブラッシング 』。ただしその文字表示は点滅している。
これは寸止めを示す表現だ。宏尚の口端が、歪に吊り上がった。

494 名前:ドリーミィ・カプセル  9/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:12:00.53 ID:cLgQ0p0O]
  
「ふむんぐううううっっっ!!!!」

機械内部から漏れる声は、多分なもどかしさを孕んでいた。
翔子の陰核はいま、ごく小さいながらも強力なマッサージ器の振動に晒されている。
さらにそのマッサージ器の周囲には、極上の筆先を思わせる繊毛が約700本も密集しており、
触れるか触れないかという絶妙な具合で陰核の表面を撫ぜてもいるだろう。
それらの責めは、尿道責めで性感を目覚めさせられた陰核をいよいよ固くしこり立たせ、打ち震えさせていく。
しかし、決して絶頂には至らしめない。

料理のフルコースで言えば、前菜の後にスープが供されるようなこの段階に於いて、
被験者の頭にはカチューシャ状の脳波測定器が取り付けられている。
その測定器は常に被験者の脳波を探り、絶頂に至る寸前の所で機械の動きを和らげる。
マッサージ器は全神経を集中させなければその振動が感じられないようになり、繊毛は風に揺らぐ程度の動きしかしない。
そうして性感の波が引きはじめた頃を見計らって、再び絶頂の際まで追い込むのだ。
幾度も幾度も、性感という雫を縁のギリギリまで満たされ、零れる寸前で放置され、また満たされ、放置される。
それは女の地獄と言えた。

「あ、くうっ……!? ……な、何で……焦らすのよぉ、バカっ! 
 あとほんの二秒くらいで、イけたのに……今イケてたら、すっごい気持ちよかったのに……。
 あ、ふあ、あっ…………な、何でいつまでも表面ばっかり、そんな、弱く…………」

焦らし始めから、何分が経っているだろうか。
翔子はおそらく無意味とは知りつつも、唯一の対話相手である機械へ向けて罵倒を繰り返していた。
これは強気な女性の殆どがそうだ。罵倒をもってマシンプログラムを服従させようとする。
しかし機械だけに、そのような情に訴えかけるやり方は聞き入れられない。
幾度も幾度も、幾度も幾度も高圧的に命じ、それを黙殺され、やがてはプライドが折れて涙声で哀願するに至る。
宏尚はその瞬間が堪らなく好きだった。
その歪んだ性癖の元となったのも、いま機械の中で焦らされている元いじめっ子が原因なのだ。

「うううう、ふぅうぅんうううううっっ!!!」

昂ぶらされているのか、焦らされているのか。機械から聴こえる翔子は、苦しげな呻きを漏らしている。
宏尚はそれを聞きながらパネルを操作し、機械のモニター表示を変えた。

『 頭部カバー カイホウ 』

その表示が出た瞬間、機械から息を呑む音が聞こえた。同時に、それまで繰り返されていた喘ぎがなくなる。
カバーが開き、宏尚に顔を見られる事が解ったのだろう。
宏尚はミネラルウォーターをガラスコップに注ぎ、それを片手にパネルを操作した。
マシン上部のカバーが観音開きに開放される。

495 名前:ドリーミィ・カプセル  10/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:12:34.42 ID:cLgQ0p0O]
  
「よう、汗掻いて喉が渇いてきたろ。水でも飲めよ」

宏尚は顔全体に下卑た笑みを浮かべながら、翔子に告げた。
翔子の顔は尋常でない汗に塗れている。機械内部も、甘いような酸いような、彼女の汗の匂いで蒸れ上がっていた。
何時間もその空間にいれば、やがて自分の汗の匂いが発情のスイッチになる事もあるというが、第三者には汗臭いばかりだ。
宏尚はわざと鼻をひくつかせてその臭気を吸い込みながら、機械内部に目線を落とす。

そこには、初めて目にする翔子の裸体があった。制服に包まれていない、バスローブすら羽織っていない、なまの裸だ。
宝石か何かのように肌が美しい。
見るからに張りがあり、くすみなどどこを探しても見当たらず、全体に薄桃色をしている。
たまにこの店を訪れる現役の女子高生以上に、その肌は若々しいように思えた。
さすがは世界を舞台にする東洋系スーパーモデルだ。

バストも、爽快なほどに大きい。
宏尚が手の平を目一杯に広げても、せいぜいその半分ほどしか掴むことができないだろう。確実にFはあると宏尚は見た。
また大きいばかりでなく、その乳房は充分すぎる張りを保ち、釣鐘型をしているのが壮観だった。
乳首の色も鮮やかな薄紅で、ヌード写真でも出そうものなら、何万の男が熱狂するだろう。
そして面白いのは、その素晴らしい乳房は今でもなお乳房責めを受けており、電極の刺激によって本当に人の手で揉まれるように動いている事だった。
先端の蕾にしても、見えこそしないが無数の端子を束ねるパイプが間近にあり、やはり責めを受けていると解る。
そして左の乳首には、驚くべきことに一筋の母乳が零れてもいた。
乳腺のうちの一つだけが異常に活性化させられたらしく、同じ箇所から純白の球が浮き、つうっ、つうっ、とバストラインに沿って伝っていく。
それは理屈など抜きにして、何とも心地よさそうな情景だった。

ただ惜しむらくは、その豊かすぎる乳肉が邪魔をして、翔子の下半身がよく見えない。
しかし太腿の半ばに拘束ベルトが巻かれている事と、その開かれた股の合間に複数の器具が蠢いている事は解る。
ウィウィ、サリサリと音を立てるのが陰核責め。独特の水音を立てているのが尿道責めだろう。

「最低ねモジャブタ、じろじろ見すぎ。いつまでも職権濫用してないで、さっさと水よこしなさいよ」

翔子は恨めしげな瞳で宏尚を睨む。彼がコップを口に近づけると、すぐにそれを飲み始めた。
水分が無ければ危険な状態であることは、彼女自身が一番理解しているのだろう。
白い喉が蠢き、水を嚥下していく。
コップが空になると、その顔はすっかり澄ましたものに戻っていた。
しかし、あくまでそれは強情を張っているだけだ。
よくよく見れば、時折り彼女の身体がぶるりと小さく震える。おそらくその震えは、陰核から上ってきているのだろう。

「感じてるのか?」
「…………別に。噂で聞いたより、随分とぬるいわ」

宏尚が問うと、必死に平静を装うのが面白い。

496 名前:ドリーミィ・カプセル  11/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:13:03.97 ID:cLgQ0p0O]
  
やがて翔子は、ふいに刺すような鋭い視線を宏尚に向ける。薄く開いた唇から息が漏れ、次いで下唇が噛みしめられた。

「いつまで、そうやって覗いてるつもり?もう満足でしょ」

かろうじてそう言い終えた後、艶やかな後ろ髪を機械内部のクッションへ沈み込ませ、顎を小刻みに震えさせる。
まず間違いなく、陰核を苛烈に責め嬲られて絶頂の際へ追い込まれている最中なのだろう。
いい加減にやせ我慢も限界といった様子だ。
宏尚はその様子を今しばらく愉しんだ後に、へいへい、と嘲るように扉を閉めた。
そして、一旦切っていた機械のマイクを再度入れる。その瞬間。

「…………ッあああぁぁあっ!!!つ、つらいっ、つらいぃっ!!い、イカせて、もぉイカせてよ!!
 クリがっ、た、勃ちすぎて痛い………あそこの奥が、ヒクヒクして止まんないの!!
 どうなれば、次に移るの? もう三十分ぐらい焦らしてばっかで、もう本当に…………!!!」

堰を切ったように、翔子の叫びが溢れる。
実際に小一時間ばかりも寸止めを続けられており、蔑んでいた男の前で意地を張った疲労も加わって、その声は哀願の色に染まっていた。

「……イカせて、イかせて!逝かせていかせて、逝かせて、いかせてっ!!!お願いイかせてよぉおおおおッッ!!!!!」

哀願が何度も繰り返される。宏尚は機械に寄り掛かってそれを耳にしながら、嗜虐の悦に入る。
そしてとうとうその叫びが声でなくなった頃、ようやくにして彼の手が動いた。

「へへへ、すげぇ金切り声。……なぁ安西 翔子ちゃんよ。今おまえ、マシンの中でどんな風になってんだろうなぁ。
 浣腸で軽く感じて、乳責めで気分出させられて、挙げ句に尿道責めでしこり勃ったクリトリスを三十分も嬲り抜かれたんだ。
 焦らされて焦らされて、焦らされて焦らされて。
 俺らが散々憧れたそのマンコも、もうグチョグチョになってんだろう。
 子宮口もふっくらほぐれて、下りてきてるんだよなぁ、このコースだと皆そうなるからよ。
 ……さって、んじゃあ本番だ。
 おまえも所詮、そこらを歩いてる平凡な女と何も変わらない、メスだって事を教えてやる」

宏尚の指が荒々しく電子パネルの表面をなぞり、設定を入力する。
『 シセイ:チョクリツ / ディルドウサイズ:XL(カリ ゴクブト) / ストローク:サイダイ / バイブレーション:MAX / シンジュ:オオツブ 14コ /
サドウジカン セイゲン: -  』
思いつく限り、最大限に凶悪な設定を仕込む。今までのどの客にも、ここまで酷い設定にはしたことが無い。

「…………さぁ、地獄のはじまりだ」

そして宏尚の親指は、開始ボタンを力強く押し込んだ。

497 名前:ドリーミィ・カプセル  12/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:13:38.61 ID:cLgQ0p0O]
  
「くああああああっ、ッあああああぁああっ、ああは……ああああああっっ!!!!」

絶叫が響き渡っていた。
普段翔子が出す声よりも一オクターブは高い声が、間断なく響き渡っている。
さらにはクッションがギシギシと軋む音や、水気のあるものを攪拌する音もはっきりと聴き取れる。

「すごい、凄っ、凄ひいぃっっ!!! こ、こんな太いの、骨盤が……壊れ……ちゃ……う!!!
 抜けるだけで……っ真珠も、くっ……擦れて、奥っ……子宮、潰され…………っ!!!」

翔子は、その常に強気な気質からすれば意外な事だが、自分の痴情を自ら実況して悦に入るタイプなのだろうか。
彼女はその身に受ける快感を、声色の全てで表していた。
もっとも、この店にくるような女は、まず間違いなく並以上の被虐欲を持っている。翔子とて同種だ。
ここに来る客達がアンケートで述べた、『自分にとって最も恥ずかしいこと』は、彼女にもそのまま当て嵌まるに違いない。
宏尚はそう確信を得ながら、凶悪な点滅を繰り返す電子パネルを手に取った。
一度表示された文字より、さらにアブノーマルな位置に配置されたボタンを押す。

『 頭部 オヨビ マシン前面カバー カイホウ 』

そのメッセージが表示されると同時に、マシン前面部に緑色の光が走る。
そしてその光の縁から割れるようにして、厚いプレートは左右へと移動を始めた。
LEDが淡く輝く機械内部の様子が、徐々に露わになっていく。
前面カバーが開ききるのに要する時間は五秒。中にいる人間が、晒される覚悟を決めるのに充分な時間だ。
カバーが開ききり、満を持して宏尚が中を覗くと、翔子もやはり『平然を装う』準備を終えていた。

改めて、凄まじい格好で拘束されている、と宏尚は驚く。
直立姿勢であるその拘束形態には、腰を掛けられる座部は存在しない。
両腋を晒す格好で上部拘束具に手首を固定され、宙吊りに近い格好で急角度の板に背を預ける。
脚は腿の半ばに依然として拘束ベルトが巻かれ、下半身の動きを著しく制限していた。
容赦がないことには、足の裏にさえ足場のようなものはなく、踏ん張りが利かないために機械の突き込みを直に膣奥で味わう事となる。
この姿勢は、上級者向けと言うべき最も過酷なものだ。

さらに膣へ入り込んでいるディルドウそのものも、極悪な逸品だった。
人間のペニスをリアルに再現した、しかし悪夢のような大きさだ。
ストローク幅を最大としているため、突く際には長大な本体がほぼ全て膣内に隠れ、抜かれる際には“雁首”までが露わになる。
その“雁首”の太さたるや、500ml入りのペットボトルと大差がない。
およそ日本人に使用するべきものではなく、ハードプレイに慣れた欧米女性用のジョーク的なサイズだ。
幹の方となると凶悪な直径がやや細まるとはいえ、こちらはこちらで大粒の真珠がそこここに突起を作っている。
コマシを生業とするヤクザでも、ここまで真珠を埋め込むことは物理的に不可能だろう。
そして彼らヤクザが女を虜とする目的で真珠を入れる事からも明白なように、この突起というものは多いほど刺激が凄まじい。
挙句には機械の特権とばかりに、容赦のないバイブレーションまで加わっている始末だ。

突き込みそのものも実に女泣かせで、いわゆる『九浅一深、右三左三』を基本にしながらも、けして慣れないよう不規則にタイミングを変えている。
すなわち、鋭く突き込んでからあえて時間をかけて引き抜いたり、その逆をしたり、
ド、ド、ドと立て続けに三度奥を貫いたり、一番の奥を貫いたままでグリグリとさらに押し付けるようにしたりする。
そうやって蕩けた膣奥を無慈悲に責め立てるのだ。
さらにこれらの運動は、測定した女の脳波に基づいて最適なものを選択しているため、受ける女側としては堪らない。

498 名前:ドリーミィ・カプセル  13/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:16:04.67 ID:cLgQ0p0O]
  
翔子も例外ではなく、間違いなくその責め立てで感じ入っている筈だった。
実際、機械が密閉されていた間の彼女はマイクを通じ、その狂おしいほどの快感を訴えていた。
しかし、カバーの開いた今は違う。
ここが翔子という女の意地のあるところで、宏尚の視線の先で何食わぬ顔を保っている。
無論、頬は赤らんでいるし、発汗もかなりのものだ。
しかしそうした物理的にどうしようもない部分を除けば、彼女はまるで春風が吹きぬけるかのような顔をしている。
唇をかるく開き、視線を横に流して。

「へーぇ、さすがは高校の女ボス。頑張ってるじゃんか」

宏尚が皮肉めいて声を掛けても、視線を動かしすらしない。
まるで何も耳に入っていないかのように、クォーター特有の美しすぎる横顔を晒している。
ただ、宏尚にとっては彼女が反応をしようがしまいが、どちらでもいい事だった。
彼はすでに、薪を並べたところへ着火剤と火種を放り込んだ状態にある。
燃え上がる未来が確定している以上、ただ眺めるだけでいい。

まずは翔子の赤裸々な居姿を愉しむ事にする。
今や世界に誇る日本人スーパーモデルである彼女が、生まれたままの姿で拘束されている。
そもそも、それ自体が特筆に価した。
改めてその姿を眺めれば、日本人離れしたスタイルをしているものだ。腰の高さが、街を往くどの女性ともまるで違う。
汗の流れる桜色の肌艶は、いよいよ目を奪うばかりに輝かしい。

そして、視界に飛び込んでくるのはやはりその豊満なバストだ。
今は乳責めの器具がすべて取り去られているものの、開発の爪痕は依然として残っている。
乳首は見えない管に詰められたかのように、痛々しいばかりにしこり勃っている。
左の乳房にはやはり母乳の零れた跡が残っており、乳房を下って脇腹の方にまで白い飛沫を貼りつかせていた。

豊かな双乳から視線を下げれば、よく引き締まったセクシーな腹部がある。
さらに、水着撮影に備えてか几帳面に切り揃えられた茂みがあり、そこから続く形で問題の秘裂があった。
澄ました様を装い続ける顔とは違い、そこは正直なものだ。
性感のあまりか、陰唇が赤く膨らんで厚ぼったい唇のようになっている。
その唇を目一杯に押しひらく形でディルドウが出入りしているのだが、それに合わせて秘裂の奥からは夥しい蜜が溢れていた。
蜜は内腿を濡れ光らせ、彼女の爪先の下をぬるぬると濡れ光らせている。
水溜りともいうべき分泌量から見て、つい数分前に漏れ始めたという訳でもないだろう。
それは翔子の偽らざる『現状』だった。

499 名前:ドリーミィ・カプセル  14/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:16:53.10 ID:cLgQ0p0O]
  
翔子は視線を横に逸らし、唇を引き締めて、あくまで平常を装おうとしている。
宏尚はそれがどうにも可笑しく、彼女の恥じらいの場所に顔を近づけた。
茂みの毛先が鼻に当たるほどの距離。
機械の駆動に伴う若干の焦げ臭さに混じり、予想よりかなり濃厚な女の匂いが漂ってくる。
客が使用した後のマシンを清掃する時、いつも嗅ぐ匂いだ。
しかし、それがあの翔子のものだと思えば、嗅ぎ慣れた匂いもまるで違って思える。

ディルドウの動きが控えめになった瞬間を狙い、宏尚は秘裂に向かって舌を伸ばした。
ちろり、と愛液を舐め取る。
同級生の一体どれだけが、安西 翔子のこの液体を口に含む妄想に耽ったのだろう。
気のせいか甘く思えるそれを、宏尚はわざとらしく喉を鳴らして嚥下する。
視界の上方で、一瞬だけ翔子がぎょっとしたように目を見開くのが見えた。
その後の顔は、相当に憤慨している様子だ。
彼女からすれば、『モジャブタ』などと蔑称で呼んでいた冴えない男に愛蜜を舐め取られるなど、受け入れがたい屈辱だろう。
高校時代、学年でも一・二を争うような人気の男子でさえ、翔子とは浅いキスをするのが関の山であったのだから。

宏尚はそれに言いようもない優越感を覚えつつ、秘部へくまなく視線を這わせる。
散々にマッサージ器と繊毛に責め立てられた陰核は、小豆のように赤く膨らみ、ほぼ完全にフードを捲り上げていた。
剥き出しで敏感さの極みのようになっており、事実ふぅっと息を吹きかけるだけで、面白いほどに視界横の内腿が筋張る。
宏尚は嗜虐心を煽られ、ふぅっ、ふぅっ、と息を吹き続けた。
翔子の声こそ漏れなかったが、脚線はその吹きかけにしっかりと呼応して強張り、着実に追い詰めている自覚を宏尚にもたらした。

「……にしてもお前、ホントに強情なのな。今日の性感コース設定したの俺だから、解ってるんだぜ。
 焦らしに焦らされまくったせいで、もう子宮が蕩けきって下りてきてるんだろ?
 そこをこんな極太でゴリゴリやられちゃ、堪ったもんじゃねえよなぁ。愛液すっごいぜ、小便みたいに垂れ流しだ」

宏尚は感心した風を装いつつ、言葉で現状を再認識させる。
本人も無意識下で理解している事を、言葉にすることで認めさせるのは言葉責めの基本だ。
心理学を学んだ訳ではない。宏尚自身が、惨めな高校時代、翔子の言葉でその哀れすぎる身の上を自覚させられたからだ。
今度はそれを、逆の立場で味わわせる。
一歩下がり、引いたところから蔑みの視線で相手を観察するのも、かつての翔子の真似だ。
翔子はそれをされても、いつかの宏尚のように負け犬の視線を向けたりはしない。あくまでどこ吹く風の態度を取る。

しかしながら彼女は、着実に、着実に、追い詰められている。
鋼のような世界レベルのプライドも、生物の持つ根源的欲求には叶わない。
彼女の身体中を巡っている電流のような快楽は、プライドを刻一刻と削り取っていく。

500 名前:ドリーミィ・カプセル  15/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:18:12.41 ID:cLgQ0p0O]
  
変化は、翔子の顎がわずかに持ち上がるところから現れた。
宏尚が見守る中、顎を浮かせた翔子は、次に引き締めていた口元を緩める。
呼吸は相当に苦しげなものになっていた。
息を吐くたびに小さく唇が震え、聞き取れないような小声を漏らしている。

「…………っく…………い、……ぃ…………っッ!!!」

その小さな声が漏れた事が、ダムの亀裂だった。
翔子の素晴らしい身体は、そのあちこちが電流を浴びたようにか細く震えた。
顎は徐々に徐々に上向いていき、奥歯が噛みしめられ、やがては目尻から一筋涙が零れる。
悪しくもその瞬間、長大なディルドウが殊更に容赦のない突き込みを繰り出した。

「……んぁああっ!!!!」

はっきりと聴こえるようなその叫びを上げ、その口の形のままに翔子は喘ぐ。
足指は内側に折れ曲がり、明らかに我慢は限界だった。
スレンダーな身体全体が、おこりに掛かったようにガクガクと激しく痙攣する。

「……っくいくいくいぐっ、んんん゛ん゛いぐううう゛う゛っっ!!!!!!」

ついに、翔子は大口を開けて絶頂を宣言した。泣き顔は童女のようだった。
絶頂に達したのは、今の今というわけでもあるまい。
彼女は、およそ今までこのマシンに乗り込んだ女性の中でも指折り数えられるほどの忍耐強さをもって、絶頂に耐え続けていたのだ。
その無理が、あふれ出した。ゆえに止まらない。
そこからの翔子は、憐れなものだった。

「いくぅぅうう、あああいぐう゛っ!!!みないでっ、み゛るな゛ぁ゛っ!!!!
 モジャブタァ゛、アンタ何ざまの……くぅっ、またいじめ゛て、ほじ……の、ぉ……んぉお゛お゛っ!!!
 やだ、やだ、やァ゛、ふか……い゛っ……!!いぐの、どまんな…………ンんん゛ぁああアアあおお゛お゛っっ!!!!」

かつて虐げていた者の前で乱れまいとする抵抗も、内から溢れる快感の津波に押し流される。
必死に身を捩って逃れようとするも、手首と腿の拘束具が冷酷にそれを阻む。
いくら抵抗すれど乳房が揺れ動くのみだ。
ディルドウが生々しい湿りの音を立てながら抽迭を繰り返している。
幾度も幾度も、幾度も幾度も穿たれる秘裂からは、感極まったような潮吹きが見られていた。
しかしそれを恥じるような余裕はもはや翔子にはない。
彼女は宏尚にその白い喉を晒し、身体中を仰け反らせるようにして快感に溺れていた。

「ほぉおおお゛お゛っ、あああう、あ゛ッ、くうう゛んおおおぉぉお゛お゛っっ!!!!
 おお゛お゛っ、おお゛っ、くぅぅうううおほおおおぉお゛お゛お゛っっっ!!!!!!!」

喘ぎの質もそれまでとまるで変わっている。
これまでに聞いたこともなく、想像とも全く違うほどに低い声。そして、快感の凝縮された声。
喉を絞りつぶすようなその喘ぎを聞き、宏尚は少々焦らしやディルドウ選択に容赦が無さすぎたようだと理解する。
しかし、止める気はない。

彼は瞬きも忘れ、元いじめっ子の変わりゆく姿を見守っていた。
酸欠から顔が赤らみ、目が充血し、涙が溢れるさまを。
下半身を初めとする運動筋肉が、びくんびくんと見たこともない痙攣をするさまを。
失禁するさまを。
口の端から、泡の含まれた涎が垂れ流れていくさまを。
瞳孔が開き、やがてぐるりと白目を剥くさまを。



501 名前:ドリーミィ・カプセル  16/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:18:43.21 ID:cLgQ0p0O]
  
やがて嬌声さえも上がらなくなり、翔子がただディルドウに突き揺られるだけの柔肉として完成した時、
ようやくにして宏尚はマシンを停止させた。
しかし、それでもなお彼の嗜虐心は止まらない。
拘束具を外し、桜色の裸体をソファに寝かせた時、宏尚の性欲はいよいよ燃え上がる。

「……へへ、今でも……夢みたいだ。アンタで、童貞喪失なんて」

彼は震える手つきでジーンズのチャックを下げ、下着もろともに脱ぎ捨てる。
そして膝立ちになり、痛いほどに勃起して先走りを滲ませた逸物を翔子の脚の間へと近づけた。
太腿を割る。奇跡のようにすべらかで、吸い付くような腿の感触に胸が高鳴る。
世界的な美脚の合間に自分がいることが、にわかには信じられない。

ずぐり、と突き入れた。
今の今までペットボトル並みの剛直で開発されていたせいか、締め付けなどほとんどない。
ただ緩々と膣の壁が逸物の表面に当たる感触と、モデル体型に挿入しているという視覚的満足がある程度だ。
ゆえに、宏尚は子宮口を突く事に専念した。
翔子の子宮はすっかりほぐれて降りてきており、平均的な宏尚の性器でも十二分に奥を突ける。
その入り口は、内臓そのものと思えるような独特の弾力を有しながらも、極めて柔らかい。
ゴツゴツと当たるようなものではなく、亀頭で押し込めば沈み込むほどに蕩けきっている。
それが気持ちいい。
宏尚は折れそうに細い翔子の腰を掴み、欲望のままに硬い滾りを打ち付けた。
やがて、あ、あ、あっと声を上げながら翔子が意識を取り戻す。

「や、ちょっと!やだ、やだやだやだ、挿れないでっ!!やぁっ、モジャブタになんか、や、嫌、嫌あっ!!!」

翔子は悲鳴を上げて逃れようとするが、散々に責め抜かれて腰も立たない。
弱弱しく美脚を蠢かし、自らの愛液で足裏を滑らせるばかりだ。
宏尚は何も構わず、欲望の限りを打ち込み続ける。そうなると、今でも燻りが消えていない身体だ、翔子の様子も変わる。
下唇を噛みしめ、腰を細かに痙攣させ。

「あ、あ、あぁ゛っ!!や、あ、こん……な……うそ、モジャブタ何かに……また、いっ、イガされ…………っっ!!!!」

言い終わりもしないうちに、翔子はぽかりと口を開いて絶頂の顔を晒す。
間近の正面で見るその顔は異様なほどに愛らしく、宏尚は時に豊かな乳房を揉みしだきながら、容赦なく責め続けた。
ドッドッドッドッという執念塗れの打ち込みが、四十回以上は続いた頃だろうか。
宏尚は、子宮口を突く逸物の先が、時折り何かに嵌りこむような感覚を覚え始めた。
はじめは子宮に沿ってできた窪みかとも思ったが、それよりはかなり狭く、輪ゴムで締め付けるかのようだ。
何だろうと宏尚が思っていると、翔子の方から答えが示された。

502 名前:ドリーミィ・カプセル  17/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:19:13.25 ID:cLgQ0p0O]
  
「ああ゛、あ゛……やだ、ぁ……!!は、嵌ってる、子宮口にっ、は、嵌ってるっっ…………!!!」

受ける側の翔子には、さすがにすぐ解ったのだろう。
彼女は眉をへの字に曲げ、唇を歪めて、まるで心臓を鷲掴みにされたかのように竦みきっていた。
そうなれば、宏尚の嗜虐心はますます燃え上がる。
全身に水を浴びたような汗まみれになり、運動不足が祟った荒い呼吸をしている彼だが、いよいよ力強く腰を打ちつけ始める。

「あああぁっ、いやああああ゛ぁ゛っっ!!!」

翔子の腰が跳ね回った。
何しろ子宮口に面白いように亀頭が嵌まり込むのだ。出産経験もない翔子には、絶望的な感覚だろう。
しかし彼女にとって本当に絶望的なのは、それによって彼女がまた絶頂の無間地獄に陥っていくことだ。

「いやよっ、こんな、の……あ、ああぁイグぅうっっっ!!ぬいでよっ、ぜめて、やずばぜで……っ!!
 ぜ、ぜったいぃ、くぁう!!……だ……めえッ!!!あ、あああ゛、ぁあああああっっ!!!!
 くる、来る、まだ、きちゃ……うぅ、ふうう゛、ッくああいぐううう゛っっ!!!!
 モ、モジャブ……あ、あ、えっと………ひ、ひろ、…………ひろ、なお!!
 止ばって…………ぜんぜんいぎ、できないがらっ…………!!
 いじめてたのも、あやまる、あやまるから、アア゛あっ、あやまらせて!!!!
 頭のおくが、ね、ずっと……いだいの……ぼやけてるの、いぎずぎて…………っ!!!
 ん、んん、んん゛ん゛っ!!あ、あ゛あ゛っ、はぁああ゛ああ、いぐいぐぎいんぐううぅう゛うう゛う゛う゛っっ!!!」

翔子の凄まじい呻きが響く。
宏尚は欲望のままに任せ、彼女を様々な体位で犯し抜いた。
初めてのセックスにして、夢にまで見た圧倒的加虐者への征服。腰は止まらない。
腰から折り曲げるようにして、脚を畳み込む格好でのセックス。犬のように四つに這わせてのセックス。
さんざん極太のディルドウでかき回されたせいか、あるいは子宮口に嵌めているせいか。
翔子との接合部からは、いつしか放屁のような音さえ水音に混じりはじめ、事の異常さを際立てる。
翔子はその羞恥さえも興奮の材料にして、艶やかな黒髪を相手に絡めながら蹂躙に狂い続けていた。

503 名前:ドリーミィ・カプセル  18/18 mailto:sage [2013/01/08(火) 23:19:47.79 ID:cLgQ0p0O]
  
 ※

やがて、『ドリーミィ・カプセル』の利用時間は終わりの時を迎える。
宏尚の裁量で、特別に長い時間設定としたが、それも永遠には続かない。

シャワーを浴び、来た時と同じ服に身を包んだ翔子は、一見するとまた不可侵の存在に立ち戻ったかのようだ。
その姿に若干の気後れを覚えた宏尚は、今さらに震えながら口を開く。

「……ま、また来いよ。あんだけ快楽の虜にされたんだ、堪らないだろう。
 嫌だって言っても、こっちはお前の弱みをたっぷりと握ってるんだぞ、解ってるよな!」

そう凄みながらも、宏尚は余裕がない。
訴えられれば終わりだろうし、それ以上にこの極上の獲物を逃すのは惜しいという思いが、焦りしか生まない。
しかし、それらの考えは杞憂だったようだ。
翔子は初めと同じように、ギラリと光る猫のような瞳で宏尚を睨んだ後、不意に下を向く。
そして、小さく唇を動かした。


「…………言われなくても………………また来るわよ」


聴こえるのが奇跡というほどの小さな声。しかし、彼女は確かにそう言った。
宏尚はそれに唖然としながら、背を向ける極上のカラダを見送った。
呆けている。
ただ、頭のどこかでは冷静に考えてもいた。

『ドリーミィ・カプセル』を、さらに強烈にしておこう。期限は、次に彼女が来るまでだ……と。




                         終わり

504 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/08(火) 23:30:14.87 ID:J1Yn1Jfj]
GJ

505 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/09(水) 00:31:38.54 ID:GyPP/U44]
素晴らしい

506 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/09(水) 01:06:04.83 ID:nZUsqrSl]
ほう…ほう…!
素晴らしい

507 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/09(水) 01:23:50.47 ID:mgooxNGc]
もしかして大樹のほとりの人かな

GJ!
読み物としても楽しめたし実用的でした

508 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/09(水) 01:24:29.16 ID:LjJU1Ihl]
GJ!

509 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/09(水) 12:33:24.18 ID:hDIg0dJ/]
力作素晴らしいわ
乳腺開発とか子宮口責めとか趣味ど真ん中で興奮が収まらんよ!

510 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/09(水) 21:53:39.54 ID:OY1l4AFS]
こんな作品がタダで読めるなんて、ありがたやありがたや



511 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/09(水) 22:59:46.04 ID:Re9wta32]
これは良いイカされすぎ

512 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/09(水) 23:44:49.54 ID:W3HJ/dGd]
設定、筆力ともに素晴らしい力作乙

強気な女の子がイカされるのは良いものだ

513 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/10(木) 03:14:31.26 ID:DxGamO6T]
ありがたやありがたや

514 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/10(木) 18:56:47.61 ID:J4xGxAWd]
GJ!
浣腸尿道搾乳ポルチオとまさにフルコース堪能しましたのう

515 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/10(木) 21:33:58.59 ID:C+CTEmAH]
機械姦かくあるべしという秀作であった
良きかな良きかな

516 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/01/22(火) 14:23:34.19 ID:z+YL5UIx]
レ、レベルたけぇ
文章力といいシチュといい大した奴だ・・・
機械姦とはあの無機質な容赦のなさこそ素晴らしい
そしてありえないシチュもまた機械姦の醍醐味よ
要するに・・・尿道姦最高でした

517 名前:快感の海     1/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:20:46.86 ID:lavmQIOM]
『優勝賞金300万円!どこまでイクのを耐えられるか!?』


そう記されたチラシを眺めながら、山辺沙喜(やまのべさき)は溜め息をついた。

「……ねぇ、あんた達さ。本気で私に、この大会へ出ろって言うの?」

沙喜は傍にいる少年達に問いかける。
まだ高校生である彼らは、純真そのものの瞳を輝かせて沙喜を見上げた。

「おお、だって300万だぜ!? クルマ買えんじゃん、やってよ!」
「そうだよ、サキねーちゃんなら優勝できるって!」
「もし断ったら、今までねーちゃんが俺達に教えたこと全部、母さん達にバラすぜ!」

一丁前に脅しまでかけて、沙喜を冒頭の大会へ出場させようとしてくる。
この少年達は、沙喜と同じ田舎町の生まれだ。
子供が少ない町であり、沙喜は4つ5つも下である彼らの姉代わりとしてよく遊んだ。
大学入学を機に上京してからも、固まった休みが取れるたびに田舎へ戻り、彼らに都会仕込みの情報を教えている。


 ――サキねーちゃん、女ってクリトリスがすっげー感じるって本当?

少年達が思春期に入ってからは、そうした性的な質問が増えた。
沙喜は、内心で教えるべきでない事とは思いつつも、結局は子供達の好奇心に押し切られ、
女の快感や都会カップルのセックス事情、『オトナの玩具』についてを説く。
そしてそれらの話でことさらに良い反応が得られた時、沙喜は妙な高揚感を覚えた。
心地いい。
元より、幼少期を少年達のボスとして過ごしてきた沙喜だ。
たとえ邪な釣ったといえど、少年達からの羨望の眼差しが堪らない。

518 名前:快感の海     2/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:21:15.68 ID:lavmQIOM]
 
それ以来、沙喜は積極的に少年達に性の話を振った。
自分があたかもセックスに慣れているかのように見栄を張り、時に想像を交えながら性体験を語った。
実際には、性経験など人並み程度にしかなく、むしろ友人から『どっかお堅いよね、沙喜は』と茶化されるほどだ。
田舎育ちらしく、黒髪の手入れを怠らない純朴そのものの素肌美人は、都会育ちの娘からすればさぞ真面目に映るのだろう。
しかし沙喜はそうした事はおくびにも出さず、少年達が憧れるままの虚像を造り続けた。
ある意味、淫靡な大会へ出るよう強いられている現状も、自業自得といえるかもしれない。

「…………はぁ……わかったわよ。出るわ、出ればいいんでしょ。優勝できるかは知らないけどさ」

沙喜はついに観念し、モノクロの粗末なチラシを折り畳む。
辺鄙な田舎での話にしても、怪しい催しもあったものだ。けれども出ると決めた以上は、優勝を目指す。
親分肌の女子大生は、気だるげな表情の裏で、密かにそう決意していた。




大会は、沙喜の故郷から四駅ほど離れた隣県で催された。
多少は栄えている街であり、駅前にたむろする若者の外見も垢抜けている。
会場はその駅前にほど近いフィットネスクラブを、閉店後の一夜貸切として設営されていた。

会場に集まった人数は、沙喜が考えていたよりも多く、40以上はいる。
300万円の為にあられもない姿を晒そうというだけあり、水商売らしい女性が多く見受けられた。
無論普通の化粧をした女性もいるが、明らかに少数派だ。
今の沙喜にとっては、そうした水商売の女性こそが難敵だった。

 (水商売とか……つまりはプロじゃん。なんか不公平…………負けたく、ないな)

沙喜は仄かに負けん気を燃やす。ガキ大将魂というものだ。
いずれにせよ、この大会の様子は録画された上でDVD化され、参加者に記念品として贈与される。
沙喜の場合はそれを子供達にも見せる約束をしており、無様な結果は残せない。

参加者が揃い、開始時間が来たところで大会主催者の挨拶が始まる。
大会には、某大手製薬会社がスポンサーとしてついているらしい。
副作用のない女性用精力剤の開発に成功したので、その治験のアルバイトを兼ねて大会を開いたのだという。
異議のある者は、参加賞として交通費を含めた金一封を出すので即時退出して構わない、
また薬自体がまだ試作段階にあるため、ここでの事はすべて口外無用とする、というのが説明の主旨だった。
無論、300万円を目当てにここまで来て、今さら退出する女性などいない。
沙喜を含む40人あまりの女達は、順にシャワーを浴びてからフロアに用意された椅子へ腰掛けた。

519 名前:快感の海     3/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:21:52.22 ID:lavmQIOM]
 
真裸のまま椅子に腰掛けるのは、たとえ周りも同じ女ばかりとはいえ気恥ずかしい。
沙喜が俯きかけると、不意に目の前に一人の男が現れた。
顔を上げると、小麦色に日焼けしたサーファータイプの男が爽やかな笑顔を見せている。

「や、俺が君の担当、健也って言うんだ。宜しくね」

健也は人懐こく歯を見せて笑った。健康的な肉体に、柔らかそうな金髪が眩しい。
アイドルグループの一員といっても通じるようなルックスだ。
癖のない万人受けするタイプの相貌で、これを生理的に嫌う女性などまず居ないだろうと思える。
辺りを見渡せば、他の女性にもそれぞれ似たような男が一人ずつ付いているようだった。
夢のように格好良い男性が、自分の為だけに奉仕してくれる。
なるほど、女性が喜びそうな事だ。

「……よ、よろしくお願いします」

沙喜は眼前の女慣れしていそうな男に、若干気後れしながら挨拶を返す。
都会に揉まれたとはいえ、未だに沙喜はそうした押しの強いタイプを警戒する傾向にあった。
恐らくはそれが、友人の言う『どこかお堅い』部分なのだろう。
しかし健也と名乗る男は、その沙喜の反応に喜ばしそうな表情を見せた。

「何か、正直こういう所来るのが意外なタイプだな。見た目すげぇ真面目そうだもん。
 なんつーか、雰囲気とかからしてカワイーしさ」

健也はそう褒めちぎりつつ、沙喜の頭頂部にカチューシャ状の器具を乗せた。
開始前の説明にあった、被験者の脳波を測定する器具だ。
女性がオーガズムを示す際、必ずある特定の脳波が検出されるらしく、それを以って絶頂の数をカウントする。
カウントされた数値は各被験者の後ろに設置された電光掲示板に表示される。
当然ながら、今は全員の電光掲示板が『0』表示になっていた。

「…………ごめん、ちょっとこれ呑んで」

頭の器具を取り付けた後、健也は袋に入った錠剤を沙喜に手渡す。
実験のメインともいえる興奮剤だ。
それは口の中に放り込んだ瞬間に溶け出し、ラムネに似た後味を舌に残す。
薬は即効性で、一分もせずに効果が出る。
健也がそう語った通り、沙喜は自分の胸が時めくように軽くなるのを感じていた。
興奮してきている。
その効果は噂に聞いたドラッグの如く劇的と思えるもので、脳裏に一抹の不安を過ぎらせる。
しかしそんな沙喜をよそに、健也は沙喜の太腿を割って秘部に口をつけ始めた。

520 名前:快感の海     4/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:22:31.66 ID:lavmQIOM]
 
やはり慣れているらしく、舌先で陰核を転がされ、陰唇をなぞられているだけで、たちまち快感が沙喜の背を駆け上る。
沙喜は唇を引き結んで声を殺すが、秘裂の内部に舌が入りこむと、つい太腿を内に閉じようとしてしまう。

「ホント、君って初々しいよね。アソコもあんまり開いてないみたいだし」
「……あ、あんまり言わないで下さい。知り合いにはエッチに慣れてるって事にしてるから……」

沙喜が若干の恥じらいを見せながら答えると、健也は物珍しそうに目を丸めた。
しかしすぐに茶目っ気のある笑みを浮かべ、舌の代わりに指を秘裂へと沈み込ませる。
早くも潤み始めた秘裂の中で、指はすぐに二本に増え、陰唇を割り開きながらGスポットを捉える。

「ああっ!!」

この時には、沙喜も堪えきれずに声を漏らしてしまった。
健也の指先は、薬によって膨らみを見せ始めたGスポットを的確に捉え、別の指で陰核を蕩けるようにやさしく捏ね回している。
それで声を殺せという方が難しかった。
健也の指が容赦せずGスポットを責め抜くたびに、沙喜は、あ、あ、と声を絞り出されてしまう。
感じつつ周りに注意を向ければ、あちらこちらでも女達が歓喜の声を上げていた。
人によって特徴があり、アダルトビデオさながらに演技じみた声を出す者もいれば、純粋な快感から叫ぶ者もいる。
それらを見るうち、沙喜は声を出すことがはしたない事に思え、下唇を噛んで再び声を殺した。

「へぇ、Gスポ責めてもそんな頑張るんだ? やっぱ何か、女の子として純粋にカワイイよな、君」

健也は嬉しそうに言い、さらに責め立てる。
その最中、不意にホイッスルが吹き鳴らされた。健也を始め、男達の動きが一瞬止まる。
休憩か、と沙喜は安堵したが、実情はまるで逆だった。

「…………わり。笛鳴ったら、容赦なく責めろって言われてんだわ。ちっと、我慢してね」

そう健也の声が聴こえた直後、膣の中の指が猛烈に動き出す。
チュクチュクチュクチュク、と鋭い水音を立てながら、膣の中を擦り回す。
陰核も押し潰され、開放され、摘み上げられ、と散々に苛まれる。

「う、ああああぁああ゛お゛お゛っ!?」

沙喜は堪らずに濃厚な快感の呻きを上げた。彼女に限らず、周りの女性達も同時に似たような声を発している。

「ああっ、あ、あああお゛っ!!イグッ、だめああ、いぐ、イグいぐいぐっ!!!や、めて、はげ……っし……!!!」

沙喜は健也の腕を無意識に掴みながら、内腿を震わせた。
視界の下方で水溜りを蹴ったような水飛沫が飛んでいる。
薬の効果で散々に昂ぶらされ、緩い刺激で表面張力のギリギリまで追い込まれた快感が、一気に押し出されていくようだ。
快感の電気が下半身の指先まで走る。
血管の中を、血の代わりに快感が走っているように思え、意思とは関係なく脚のあちこちが快感に強張る。
自分の細い脚にこれほどの筋肉があったのかと、沙喜自身が驚くほどに。



521 名前:快感の海     5/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:22:59.47 ID:lavmQIOM]
 
涙で霞む沙喜の視界に、赤い電光掲示板の光が見えた。

26 28 36 31 ・・・・・

どうやら他の女性達も、今この瞬間に次々と絶頂を重ねているらしかった。
そして、早くも脱落者が出る。

「やめてぇーっ!!もうやめてっ、やめてやめてやめてぇえええええっっーーーーーー!!!!」

そう絶叫する人間がいると、担当している男の指がぴたりと止まった。
そして彼が手を上げると、叫んだ女性の後ろにある電光掲示板が点滅しはじめる。
脱落、という事だろう。
二人、三人。三人が脱落した。

「うぐぐぐぐぐ、ぅううっぐ…………!!!」

沙喜は健也の腕を両手で握りながらも、必死に歯を食い縛って耐えていた。
あまりいい表情とは思えない。
それを異性、それもかなり好ましい美男子に見せる事は憚りがあったが、脱落するよりましだ。

そして五分ほどが経った頃。
再びホイッスルが鳴らされ、男達の指が止まる。
その瞬間、緊張しきっていた女達が一斉に椅子の腰掛けに倒れ掛かる。
誰もが荒い息を吐き、顔中に汗を垂らしていた。
沙喜もそうだ。彼女は秘裂がドロドロと蕩けるような感覚を覚えながら、大きく胸を上下させていた。

「……スゲェな、君。耐えちゃったよ」

健也の声が振ってくる。

「正直、君みたく清楚そうなタイプは大体この一回目で脱落しちゃうんだけどさ。
 途中からは声まで我慢してたし、俺があんだけ責めても腕掴むだけで爪立てなかったしな。
 ああすると皆嫌がって、俺の腕に思いっきり爪立ててくるんだよ。それしなかったの、君がはじめて。
 優しいんだな。結構マジで興奮してきたよ、俺」

その言葉を聞きながら、沙喜は呼吸を整える。
健也の指は再び秘裂を割り開き、優しく内部を愛撫しはじめる。
しかし、それもホイッスルが鳴るまでだ。
優しく、激しく。優しく、激しく。その繰り返しが五回続けられた。
一回ごとに脱落者が現れ、鶏を絞めるときのような凄まじい快感の呻きが場に響いた。
沙喜も三度目の時点からは声を抑えきれず、鼻水さえ垂らしはじめる。
潮吹きに至ることも幾度もあり、そうした時には唇をへし曲げて極感を顔一杯に示してしまう。
何ともあられもない表情ながら、それでも健也は、その表情を愛らしいと評した。
それはリップサービスに過ぎないのか、それとも彼女にだけ耳打ちする本心なのか。
いずれにせよ、沙喜はその指先に翻弄されるばかりだった。

522 名前:快感の海     6/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:23:33.38 ID:lavmQIOM]
 
40名いた被験者も、気がつけば半分を割った18名。
そこへ来て、残った参加者達は一旦シャワーと水分補給の時間を経た後に、次の段階へと移る。
床全体にマットレスを敷いた上での、担当男性とのセックスだ。
新たに二錠の薬を追加された上で、服を脱ぎ捨てた健也が沙喜を抱き寄せる。

「挿れるよ」

しばし軽いキスを混ぜて愛撫を続けた後、彼はそう耳元に囁きかけた。
沙喜は今さら抵抗する気もなく、ただされるがままに脱力している。
慈しむようにゆっくりと脚を開かされ、固さのある亀頭が薄いゴム越しに感じられた後、
かなりの質量感を伴って熱さが入り込んでくる。

「……ふぅ……っ!!」

沙喜は小さく息を吐きながらそれに耐えた。
迎え入れた物は、男であるとはっきり感じさせるほどに逞しい。
けれども潤滑が充分すぎるゆえか、あるいは相手の技巧ゆえか、負担にはならない。
ゆっくりとした動きで熱く蕩けた膣奥を叩かれると、沙喜の腰は艶かしく動いてしまう。
次第次第にその動きが早まるにつれ、甘たるい声を絞り出されもする。

「あっ!!ああ、あくっ!!」
「あ、あ、あ、あぐううっ!!!あうやあぁあああっ!!!」

気がつけば、フロアの各所で悲鳴のような嬌声が上がっていた。
点滅していない電光掲示板は、どれもすでに60を越える数字が光っている。
巧みな男達の指で散々に蕩かされ、膣の奥までを蕩かされているのだ。
女の誰もが『絶頂に慣れた』状態にある。
そこに男達の巧みな技術が加われば、緩やかに緩やかに、断続的な絶頂地獄へと追い込まれていく。

沙喜自身も、快感のあまり子宮が下がってきている事をはっきりと自覚していた。
健也はそんな沙喜を自らの腰の上に跨らせ、騎乗位で突き上げてくる。
グチュグチュと耳を疑いたくなるほどの水音が結合部から漏れ、羞恥を煽った。
平均以上に逞しい怒張が子宮口を突き上げ、しかも熟練の技術で的確に弱点を責めてくる。
臍側の膣壁を擦られてぞくりとした瞬間、腕を引いて背を仰け反らされ、弱いとわかった臍側を丹念に扱き上げられる。
膣の左側ばかりを突かれ、右が物足りないと感じた瞬間に強く右向きに突き入れられる。
そうした動きは、“頭の中が読まれているのでは”と本気で沙喜に考えさせた。

「あうっ!あう、あ、あっ……!!は、あっ……あう、あゃ、あ……!!い……っくっ…………!!」

小さく声を漏らしながら、沙喜は絶頂に至った。
その表情を柔らかな微笑で見つめながら、健也が掴んだ腰を上下させる。うう、と桜色の唇から呻きが漏れる。

「すっげぇ締め付け、根元から先っぽまで吸い付いてくるみたいだわ。完全に名器だよ、これ。
 子宮の入り口も、先っぽではっきり感じ取れるくらいにヒクヒク閉まったり開いたりしてるし。
 クスリのせいもあんのかなぁ、こんなエロい膣の女、ほとんどないよ」

健也は、賛美とも本音ともつかない独特の口調で囁きかけた。
そうした些細な呼びかけがまた、沙喜の女の心を悦ばせてしまう。

523 名前:快感の海     7/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:24:12.71 ID:lavmQIOM]
 
果てしない性交の過程で、幾人もの女が絶頂の反復に耐え切れず脱落していく。
しかしその周りでは、変わらずに女の悩ましい喘ぎが漏れていた。
最後の一人が決するまで、この競技は続くのだ。

体力が限界となれば、汗まみれのまま、深く結合して抱き合う格好で呼吸を整える。
水を欲する者がいれば、監視する女性スタッフがスポーツドリンクのボトルを手にして向かう。
そうして小休止を挟みながら、交わりは延々と続いた。
見た目には淡々としているが、これは地獄のように辛い。

「ああ、あ、あぁあああっ!!ふぁあああぐ、あぐうぅううっっ!!!」

沙喜の耳元に、自らの苦悶の声が届いた。
彼女は開脚した膝立ちのまま、背後から腕を絡め取られるようにして健也に抱かれている。
視界に映るのは、床についた自らの細腕と、むちりとした白い太腿、それを割るように入り込む色黒の逞しい脚。
白黒二つの脚が強張る度に、沙喜の背筋を電流のような快感が走り抜ける。
かつて無かったほどの興奮度合いだ。
精神はまるで酔ったように高揚し、身体中が静電気を帯びるかのように微弱な快感の膜で覆われていた。

「どう、深いだろ?」

それを攻め立てる健也も、脱落させる事で褒賞があるのだろう、まるで容赦がない。
固い亀頭が子宮口を突き上げ、引き抜かれる際に太くエラを張ったカリ首がGスポットを擦って、また突き込まれる。
それらの動きひとつひとつで、沙喜の細い腰は震え上がった。

「あ、あ、あ、あ゛っ…………!!!!」

感じまいとすればするほど、より深い快感に囚われる。そうなれば声を抑えきれない。
溢れるのは声ばかりではなく、水滴もそうだ。
頬を流れ、顎から滴り落ちる『汗』。
喘ぐたび惨めたらしく滴る『涎』。
恥じらいの部分から刻一刻と溢れ、内腿をとろりと流れる『蜜』。
宙に煌きながらマットレスへ滴るそれらの液体を眺めていると、沙喜には視覚的に快感が実感できた。
傷口の惨状を見て痛みが増す場合と同じく、溢れた液体を見る事で、いよいよ沙喜の興奮が高まっていく。

ぶるり、と彼女が背を震わせたのを見て取ったのか。
健也はそこへ来て、後背位で繋がったまま大きく反り返るように体勢を変えた。
開脚した部分を外に晒しながら、深々と繋がる格好だ。

「あ、あ、いやっこんなの、は……恥ずかしい…………!!!」

結合部を他人に見られる羞恥から、沙喜は声を上げた。
しかしその羞恥さえもが興奮材料となり、いよいよ昂ぶっていく感覚がある。

524 名前:快感の海     8/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:25:27.48 ID:lavmQIOM]
 
「ああああ゛やめでっ、はなしでっ!!!降参、降参っ!!も゛う突かないでええ゛ぇぇっっ!!!」

まともではない声が上がり、また一人の脱落者が出る。
集団セックスが始まってから、もう二時間ほども経っているだろうか。

 (……ふん…………だらしない……)

沙喜は座位で抱かれながら思った。
すでに身体中が汗にまみれ、太腿は意思にかかわらず痙攣し続けている。
膣奥を突かれる度に背筋を快感の電流が走りぬけ、それが絶え間なく襲ってくるために、
常時絶叫マシンで駆け下っているような鳥肌の立つ感覚に支配されている。
しかし、耐えられないほどではなかった。
その薬による日常ならざる快感を、沙喜は今でもなお堪能している。

フロアでセックスを続けている『残留者』は、残すところ六人のみ。
その中でも沙喜を除く五人は、眉を顰め、歯を食い縛る決死の形相といった様子だ。
脱落は時間の問題だろう。一方で沙喜には、まだ幾分かの余裕がある。
他者よりも快感の許容量が大きい事は、もはや疑う余地もなかった。

さらに阿鼻叫喚は続き、開始から三時間近くが経った頃。

「……う、く、ぅっ…………!!も、もう、限界だ…………!!!」

顔中に苦しみを表して、健也がついに身体を離した。
逸物を引き抜くと同時にゴムの中に大量に射精し、項垂れる。
するとそれをきっかけとしたように、他の男達が沙喜を取り囲んだ。
早々に相方を果てさせ、すでに痛々しいほどの勃起力を漲らせている男達だ。

「まだまだ満足してないんだろ。俺達もだ、続けようぜ」
「え、あっ!?」

男達に腕を取られ、沙喜は易々と乱交の輪の中心に引き込まれる。
突かれ慣れた健也の物とは、また違った形のペニス。
さらに人数の利があるために、ペース配分というものも考えられない。
常に全力で沙喜を責め立てる。

「あ、ああああぐっ!!ああっ、ふぁあああっ!!!ああ、イぐっ、はぁああ゛いっぐうぅううっっ!!!!」

蕩けきった膣を力強く貫かれ、沙喜は堪らずに叫んだ。
背筋を駆け上がった電流が脳で弾ける。それも、今までよりもよほど鮮烈に。
獣のような格好で抱かれながら、沙喜は涙の滲む視界を動かした。
まさに今、別の一人が半狂乱で脱落したようだ。
残っているのは、どうやら沙喜の他にはあと一人だけ。
一見すると品があるが、水商売独特の匂いもする、恐らくはカリスマホステスとでも呼ばれる類の人間だ。
色事に通じているという自負から、この大会での優勝を狙っているのか。
彼女もまた、幾人もの男から激しく抱かれ、艶やかな黒髪を振り乱して悶え狂っていた。

525 名前:快感の海     9/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:25:56.91 ID:lavmQIOM]
 
その乱れようを視界に収めながら、沙喜の心にはそら恐ろしささえ湧き上がる。

同じ女でも見惚れるほどのスレンダーな肢体は、ただ事でなく痙攣していた。
基本は吊り目であろう瞳は、発情に潤みきって涙を零し、ときには病的に瞳孔を開きもする。
すっと通った鼻筋からは鼻水が垂れている。
桜色の唇は薄く開いたまま息を吐き、時に大きく開いて快感の呻きと共に涎を散らせる。
呻き自体も凄まじい。
お゛お゛お゛お゛お゛、という、喉の奥から搾り出すような、日常ではおよそ耳にしない女の低音。
その感情の純度たるや凄まじく、快感の槍で脊髄から脳天までを串刺しにされたように聴こえる。
と、女の瞳がぐるりと上向いた。

「ほぉおおおお゛お゛イグぅううう゛う゛っ!!!!!!」

全身を痙攣させながら、声が響き渡る。
恐ろしいのは、その現象はきっと、沙喜自身にも起こっているであろう事だ。
正常位で大きく脚を開かされ、強く腰を掴まれて逸物を叩き込まれる。
亀頭が女体最大の性感帯であるポルチオに達する。
すると、沙喜の身体は意識せず大きく背を仰け反らせた。
疲労困憊も極まった身体がなお震え上がり、喉の奥から純粋な快感の呻きが搾り出される。
瞳孔が開き、涙が零れていくのが自覚できた。
その間にも、さらに突きこみは続く。危険な快感がじわりと脳の内側へ染みこむ。

まもなく男が入れ替わり、身体を反転させて四つに這う格好で抱かれた。
太く、カリ首逞しく、熟練のテクニックでのセックス。
沙喜は両手でシーツを握り締め、太腿を強張らせる事しかできない。

「いぐ、いぐっ、イグ、いぐいぐいぐっ、ああ、いぐ、いっぐううううっっ!!!!!!」

突かれる度に叫ぶのは、無意識にそうしてしまう半分、非難の訴え半分だ。
これだけ絶頂しているのだから、リタイアこそせずとも少しは休ませて欲しい。
その気持ちから大声で絶頂を宣言しているのだが、男達が責めの手を緩める事はない。

『こんだけヤラれてんのに、すっげぇ締まり。陸上部かなこの子』
『そうそう、根元まで締まるんだよな。一生懸命感じてますって感じて、超可愛いんだよ』

そのように話の種にさえしている始末だ。
配慮されないのはもう一人の女も同じらしく、彼女は正常位で突かれながら幾度もギブアップを問われ、
蒼白な顔を振りながら耐え忍んでいる。

526 名前:快感の海     10/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:26:33.40 ID:lavmQIOM]
 
沙喜の性交は正常位から大きく脚を持ち上げられ、屈曲位に移った。
膝から滴った雫が顔にかかる。
愛液だ。後背位で抱かれていた時の愛液が膝下まで溢れ、それが滴ってきている。
屈曲位の今もやはり愛液はあふれ、会陰部を伝って背中にまで伝っていく。

沙喜の身体は、すっかり男の物に慣らされていた。
この大会に出る前は、ほとんど経験がないと言っても良いほどであったにもかかわらず、
ともすれば彼女の一生分に当たったかもしれない数のセックスを、この数時間でこなしている。
普通であれば痛むばかりで耐え難い断続的な性交を、薬の効果が可能にしていた。
際限なく膣分泌液を溢れさせ、子宮を蕩かせる。
そうなれば、快感は止め処がない。
奥への軽い一突きでも容易に達してしまい、頭の中で閃光が瞬く。
腰が淫靡に浮き上がる。

『すっごい。ねぇあの子、ストリッパーみたいに腰うねらせてる。まだ女子大生くらいだよね?
 肌ツヤ良いとエロいわー、あの腰つき』
『それより、顔だよ。最初見たとき、また真面目そうなのが来たなって思ったけど……それがあんなに……』
『もう100回以上イってるみたいだよ。大丈夫なのかな』

すでに脱落した女達が、口々に沙喜を噂する。
それらの言葉は沙喜の耳に入ってはいたが、快感で満たされた脳では処理できない。

「あっ、あっ、あーっ!!!おおおおお゛いく、いくいく、いくっ、ひっちゃうううっっ!!
 はっ、あ、ずっと……イッて……ほぉおおおあ゛あ゛ッッ!!!」

絶叫を繰り返し、痙攣する。快感の波に頭まで呑まれ、溺れていく。

『へへ、すげえ。子宮の入り口が、亀頭にきゅうきゅう吸いついてきてる。っら、奥まで突くぞ!』

抱いている男の声が遠く聴こえ、バリバリという耳鳴りに変わる。その後は鼓動しか聴こえない。
さらに男が一度強く突いて逸物を引き抜いた瞬間、沙喜はそれを追うようにして潮を噴いた。
『お』の形に開いた喉と唇から、快感に染まりきった呻きが漏れる。
その潮噴きから間を空けずに再び貫かれれば、快感はいよいよ最高潮に達した。

「いぐううううぅうっっ!!!!」

沙喜は奥歯までを噛みしめて、純粋そのものの快楽の声を出す。
自分では苦悶の表情のつもりだったが、どうやら笑みになってしまっているらしい事が、男達の反応で解る。
そうして何もかもが遠い世界で起きる事のようになった頃、一際大きな絶叫が響き渡った。

「もう、ゆるしてッ!!!もうやめッ、やめて!!あたま、があぁッ…………!!」

もう一人の残留者が陥落したようだ。
正気を保っているのか疑わしい声色で、限界を訴えている。
この瞬間、沙喜の優勝は決した。

527 名前:快感の海     11/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:27:05.29 ID:lavmQIOM]
 


沙喜は一度だけ、少年達の元に姿を現した。
そして優勝賞金である300万を渡した後、用事があると告げて姿を消す。
彼女の大学の友人も、行方を知らない。
『自分向けの、割のいいバイトを見つけた』……そう言い残した事だけは解っている。


……彼女は、大手製薬会社の臨時社員として雇われた。
その業務は、主として新薬の治験要因だ。
例の大会で優勝を果たした沙喜は、その快感への耐性を高く評価された。
そもそもにしてあの催し自体が、快感に高い耐性のある女性を探し出す為に開かれたものだ。
沙喜には、報酬として耳を疑うほどの金額が示されつつ、臨時社員の話が持ちかけられた。
しかし正直な所、沙喜を動かしたのは報酬ではない。

『もう一度、あの天国のような体験がしたくありませんか?』

その、悪魔のような誘いだ。
沙喜は一週間思い悩んだ末に、その話を受け入れた。
そして。


「…………さぁ、その位でいいだろう」

白衣を着た男の言葉で、沙喜から電動のマッサージ器が離される。
彼女は椅子に座らされ、暴れぬよう手首足首を拘束されていた。
その恥じらいの部分は、相当な時間をかけて昂ぶらされたらしく、愛液に塗れている。
その秘裂に器具が取り付けられ、冷ややかな音を立てながら開かれる。
クスコと呼ばれるその器具により、沙喜の膣の中までが晒された。
案の定内部は愛液があふれ、子宮頚部がひくつき、中心にある子宮口は息をするように僅かに開閉している。

「では、投薬するよ」

ラテックスの手袋を嵌めた一人が、トレイから錠剤をひとつ摘み上げる。
そしてクスコの奥に開閉する子宮口へ近づけ、ずぐりと差し込んだ。

「ん……!!」

沙喜は反応こそするが、痛みとは違うようだ。陶然とした色を瞳に浮かべ、何かを待っている。
じわりと新たな汗を滲ませ、唇を期待するように噛みしめて。

数分後……彼女の様子は変わった。

528 名前:快感の海     12/12 mailto:sage [2013/02/02(土) 18:27:30.96 ID:lavmQIOM]
 
「お、おお゛お゛、おお゛お゛ぉお゛お゛っ!!!!!」

快感の叫びが響き渡る。
実験に立ち会った若い研究員達は、その様子に息を呑んだ。
大股を開かされた沙喜は、その子宮口に細いバイブレーターをねじ込まれていた。
出産経験のない女性の場合、本来は小指の先ほども開かない子宮口。
それは度重なる投薬とトレーニング、そして先ほど子宮頚部に挟み込ませた錠剤によって、
指の二本ばかりを飲み込めるほどに緩みきっている。
バイブレーターは、その中に咥え込まれて前後に動かされているのだ。

「あぐぅっ!!い、いくっ……いぐいぐいぐっ!!こ、こんなっ、子宮直接ゴリゴリされてっ……!
 ぐうううぅう、はぁああぐうううんああああ゛あ゛あ゛ーーーっっ!!!!!」

細かに振動する擬似男根は、透明な蜜に塗れながら子宮入り口のさらに奥を掘り進む。
その度に沙喜の内腿に深く溝が刻まれ、足指が伸びる。
研究員達は喉を鳴らしながらも、被検体の示す反応のすべてを淡々と記録していた。

「い、イギすぎて……お、お゛…………んんんぉおおおおお゛お゛っっっ!!!!」

白目を剥き、痙攣を始める沙喜。手足の拘束帯からミシミシと音が鳴る。
しかし、研究員達は手を止めない。まだ今日の実験は始まったばかりだ。
今日はこれから、挿入する道具をさまざまに替え、延々と責め続けることになっている。

「…………あは……あはは、は…………。」

沙喜は絶叫を続けながらも、快感の海に溺れる未来を期待してか、口元に妖艶な笑みを浮かべはじめていた。




                         終わり

529 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/02(土) 21:25:11.04 ID:hIxWkDSp]
すげえええ!堪能した!
GJでした!

530 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/02(土) 23:55:41.56 ID:jfElCM24]
いいねいいね。おぼこ娘の覚醒とかどストライクだわ!



531 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/03(日) 22:18:55.80 ID:CJ8K8wat]
称賛

532 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/05(火) 00:38:18.02 ID:okUtZ5t5]
GJ過ぎる

533 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/05(火) 19:39:31.57 ID:e1PHz1uk]
小説家になろうでマリーの投稿が開始されたけど全年齢対象グギギ

534 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/05(火) 22:40:46.92 ID:AFzshWCN]
ありがたやありがたや…!
前穴オンリーってのも新鮮で良かったです。

535 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/07(木) 10:00:43.68 ID:PFq3/lvN]
>>533
ヒントくれ。
マリーで良いのか?

536 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/11(月) 15:35:18.47 ID:oKySmkul]
マリーで検索すれば出るな

537 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/19(火) 01:17:52.03 ID:F1fPIy//]
サーファー系というくだりでKBTITを思い出してしまった

538 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/19(火) 06:59:24.17 ID:/3vRsatE]
キモティカ?

539 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/19(火) 11:23:41.17 ID:DmuH8C+T]
ホモスレにしてはいけない(迫真)

540 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/19(火) 18:35:02.59 ID:s83xhf8l]
かしこまり!



541 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/02/20(水) 19:13:29.04 ID:8e5M8T2E]
>>517
ありがとナス!

542 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/03/08(金) 10:29:11.71 ID:eEJp8W9g]
ほしゅ

543 名前:名無しさん@ピンキー [2013/03/31(日) 11:21:38.85 ID:sgy8P8dq]
ほし

544 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/03/31(日) 12:37:24.15 ID:Iew/2dS/]
保守だゾ嬉しいダルルォ!?

545 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/04/11(木) 00:43:55.19 ID:zKSl0uyd]
侵略者をエロで返り討ちの続き読みたいZE☆

546 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/05/10(金) 09:04:27.24 ID:qXpW10d/]
らぶらぶあまあまのイカされすぎって……いいですよね…

547 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/05/13(月) 19:10:36.93 ID:I55SzLeI]
>>546
ええな

548 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/05/16(木) 03:34:12.19 ID:0wZl63S0]


549 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/05/19(日) 09:15:51.73 ID:S4reaUqv]
イカされすぎていろんな体液だらだら状態が良い

550 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/05/19(日) 17:25:27.56 ID:b7Xbig5j]
>>549
呂律が回らなければなお良いよな



551 名前:名無しさん@ピンキー [2013/05/29(水) 05:24:46.84 ID:Oor7ioOI]


552 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/05/30(木) 02:46:04.36 ID:aIpiaIi+]
男が女に絶頂責めにされるのは無いんですかねえ

553 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/05/30(木) 23:26:28.44 ID:vFI5xCAT]
嫌いじゃない
ショタとかじゃなく色事に長けた男女のセックスバトル的な感じで
エロい美女が気の強い男を責めぬくSSも見てみたい
途中で逆転があってもいい

でもニッチだろうな

554 名前:名無しさん@ピンキー [2013/05/31(金) 23:26:51.22 ID:tDarby0Y]
ポルチオの人すごい筆力だしエロイな。GJ
頭山と山月記もいい。こういうテクニックで書くSSに触れられるのが2ちゃんの良さだな

555 名前:名無しさん@ピンキー [2013/06/08(土) 15:52:21.85 ID:GQbGP0jo]
カップルが見たいけど、ssの書き方がわからない

556 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/06/10(月) 01:53:11.31 ID:3KPmHsLU]
迷わず書けよ、書けばわかるさ

557 名前:名無しさん@ピンキー [2013/06/13(木) 03:46:16.09 ID:xJizs5lx]


558 名前:名無しさん@ピンキー [2013/06/23(日) 01:52:07.71 ID:L1EON9wW]
彼氏に強制的にイカされる彼女もいい!

559 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/06/23(日) 15:47:40.79 ID:nuD/erMT]
>>546

560 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/07/07(日) 07:12:46.30 ID:YPEJ1mAu]
電マ直挿入



561 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/07/10(水) 11:45:41.70 ID:CmDiu3yB]
危険な力を持つショタっ子を封印しようと画策するお姉さん達。
だがそれはショタっ子の力の更なる解放を行わせたのだった。

ショタっ子に触られただけで快楽物質が大量に分泌。
失神すら生易しいイカされ地獄を知りつつも、お姉さん達の戦いは続く。

562 名前:名無しさん@ピンキー [2013/07/15(月) 11:46:26.79 ID:7J3c9S+e]
試練とか罰ゲームとか
「分かってても本人の意思でやらなきゃいけない」シチュはおいしい

563 名前:名無しさん@ピンキー [2013/07/19(金) 01:13:42.41 ID:7MLKwslv]
ふぅ…

564 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/07/21(日) 06:12:58.44 ID:C8InJrBX]
国同士の威信をかけたロボット
もしくは世界存亡の危機を救うことの出来るロボットの
エネルギー源が今さっきまで処女だった女性のイキ様による。

何故「今さっきまで」かというと、ロボットにコネクトした時点でロボットコアにより…。
1回戦闘するとその子は再コネクト出来ない仕様。

何も知らないうぶな子が、いきなり性の深淵を覗き込まされて…。
未帰還者も多いという…。

565 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/07/28(日) 18:06:20.47 ID:j6it6oNO]
ここの人って陵辱始まりとほのぼの始まりどっちが好きなの?
>>564はマジイキカイザーのハード版って感じだけど

566 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/08/13(火) 15:38:01.57 ID:ECaFYB2i]


567 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2Jy4qTX]
しゅ

568 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:9sjKu9Qz]
旨い料理を食わせて度のすぎた快楽で絶頂するも箸はとまらず食べ続けてイキっぱなし
というのをかこうとしたがどんな話か自分でも想像出来ずに断念

569 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:T+iY76+8]
えっと「食戟のソーマ」だったかな…

570 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:NLEGCPw4]
味覚淫化っていうのが人体改造系のオチの一つであったな



571 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:mYAm7641]
RPGの世界(エロ系)で魔王どころか裏ボスも余裕でイキ壊すことができる能力になった勇者
そんな勇者が今趣味にしているものは‐‐‐

「ひっ!?なにこれ!?うあああああああ!!?」

『試し切り』である

キスをするだけで絶頂。淫核を乱暴に弄られたら即気絶……からの絶頂による覚醒

禍々しさすら感じる肉棒を見た日にはその瞬間、生物としての心は打ち砕かれ奴隷にすら劣る肉オナホとしての一生を強制する

572 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:mYAm7641]
そんなモノの獣欲を受けたのなら例え純潔を司る女神だろうと即座に堕天し魂ごと淫らな存在に堕とされるだろう

それを始まりの町の雑魚淫魔に‐‐‐全身全霊をぶつけることが勇者の趣味である







ドラク○でスライムに最強技をぶつけたら少しだけ思いついた話題。

魔王を倒せる勇者の攻撃がエロ方面に向かったら実際どうなるんだろうな

規制?でなかなか書き込めなくて萎えた…

573 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:jiTip1PV]
>>572
いいからはやく続きを書くんだ!

574 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/04(水) 06:33:57.10 ID:mmzO+6pw]
イカされる為だけに乳首とクリトリスとGスポットを感度改造された女達。
そんな女達を思う存分嬲りつくしたいです。

575 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/07(土) 02:00:00.51 ID:n872Zzok]
お前らたまには三次も良いぞ
www.aknr.com/works/fset-410/

576 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/08(日) 00:19:25.51 ID:KoH/YcvM]
ただのイキ我慢だけど結局ダメだったよ的なネタじゃないですかー ヤダー

絶対にイク女vs下手な童貞君とかの方がいいです…。

577 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/13(金) 23:16:08.21 ID:LDfc/rJH]
貞操帯を付けた聖女騎士達をエロ攻撃で壊滅させたい。

578 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/13(金) 23:36:20.35 ID:FzeM6/cl]
一人は鎧の隙間から流し込まれた媚薬に体の感覚を狂わされ自慰をしようにも貞操帯が邪魔をして思うようにイケないので
最後は自ら犯してくれと懇願するも関係なく媚薬を流し込まれ風だけで絶頂する体にされたり

一人は延々とイラマチオさせられながら性感帯を弄られ、絶頂するたびに精液を喉奥に流し込まれて
最後は口を弄られながら弄られないと深イキできなくさせられたり

騎士隊長であり『聖女』と呼ばれる気高き女傑は人間に限らずありとあらゆる雄に屈服するまで犯されたことによって
相手の性別が雄であるならば見ただけで絶頂して土下座屈服してしまう『性女』にしたてあげたり

一般隊員は全て壊されるまで絶頂させられて隣国のスラム街や奴隷市場の浮浪者の肉便器にされるなんて……

く!奴らはいったい何者なんだ!的な話なのかね

579 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/14(土) 00:57:23.67 ID:bzGk8Oq9]
20分ですげえな

580 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/15(日) 08:38:50.62 ID:GfhPxlm3]
まあ貞操帯の下はイキたい盛りの肉体だろうからなぁ。
挿入は免れるかもしれないが性感は防げるわけじゃ無いだろうし。

雨に紛れて潜り込んでくる媚薬スライムに開発されてしまったりして欲しい。



581 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/15(日) 21:36:37.60 ID:w9848+hd]
スレが変わるけど昔触手スレでおいし○ぼのパロディで触手同士で至高の絶頂と究極の絶頂だか何だかでどちらがよりすぐれた絶頂をさせるか競い合うギャグSSがあったんだよ

それで気になったんだけどお前らが求めるマジイキSSでこれだけは欠かせない!的な要素って何かあるか?
俺はあまりの快楽で失神するも快楽でまた目が覚めるという無限ループ的な展開

582 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/15(日) 22:06:26.35 ID:BbP3IZuO]
マジイキを身体に「覚えさせる」ってシチュ。
普通に初めてのアクメをご馳走してあげるのでもいいし、
>>578みたく条件反射を刷り込むのでもいい。

583 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/15(日) 22:28:22.47 ID:/NO5LoKu]
是非欲しいのはイキっぱなしだな
もちろん文字通りイッてない瞬間が無くなるレベルで
時々大した状態になってないのにイキっぱなしって言葉だけ使ってるのがあるけどそういうのは好きじゃない

584 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/16(月) 03:44:59.85 ID:vgrdL2rx]
強気な性格、涙と涎と鼻水、くやビクかな

おとなしくて気弱なヒロインの場合、好みな容姿やプレイ・喘ぎだとしても反応できない
強気でプライドも精神力もあるヒロインが羞恥心や反抗心を胸に抱いたまま、
あまりの快楽にみっともない顔でイキ狂う流れが好きだ
だから完全に屈して人格崩壊(闇堕ちやビッチ化)したら即賢者になる

585 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/16(月) 04:29:50.30 ID:ECfYocPy]
無限ループいいなあ 俺も好きだよ
あとは涙とハイライトの無い目かなあ
たとえ純愛イチャラブでもイキまくらされて目から光消えてまた快感で引き戻されるとか最高

586 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/17(火) 14:44:17.18 ID:gdL0V/RI]
散々責められた状態で「○○分耐えれば終了、ただしイったらリセット」
という一回目が全てなのに全体が美味しい設定

587 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/18(水) 00:06:44.62 ID:m5OxPJhO]
ほぼ>>584に同意だが、あえて付け足すなら公開凌辱かな。
戦火でも壁尻でもNTRでもいいんだが、輪姦凌辱+羞恥が最強。

588 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/18(水) 17:51:41.70 ID:/1DP4CN2]
>>586 それ同意。まあ、何をもってイッたと判定するか難しいが。

589 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/18(水) 21:34:53.55 ID:8tPBUkIY]
よく早漏の男を揶揄して「みこすり半」と言うけれど…

逆に男がすごすぎて女が三擦りしか持たない「みこすり半」ってのがあっても良いと思う。

590 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/18(水) 22:01:27.91 ID:sthgt36h]
それはもうビクンビクンプシャーですからバレバレですよ



591 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/19(木) 22:17:17.28 ID:GhQK6DfE]
>>589
そういう病気というか、過敏症みたいなのあるらしいな
実際は服着て歩いてるだけでイクとかなんとか

592 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/21(土) 17:35:38.15 ID:RwNRdSYx]
お願いだから普通に愛してとイケメンロボットの彼氏に哀願するも、
『之ガ最モ効率的ダ』とか言って脳味噌に直接電極ぶっ刺されて快楽中枢刺激、
処女のままイキ地獄でどんどん馬鹿になっていくお嬢様

593 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/21(土) 17:57:48.87 ID:+fCD4JK1]
それ面白いな

594 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/23(月) 10:56:59.99 ID:LMpBuVrl]
>>592病んでれエンド、精神崩壊ビッチエンド、ロボ彼氏の肉オナホエンド、
夢が広がりますなぁ

595 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/26(木) 02:12:51.14 ID:B26uO2qj]
過去ログ保存庫見れない

596 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/26(木) 20:40:32.11 ID:OrXXhfSu]
未来の世界。奴隷の頭にプラグを突き刺して感度を弄ったりして遊ぶ富豪たち
歩いただけで絶頂したり、常に発狂寸前の寸止め状態にされたり

597 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/27(金) 22:51:26.16 ID:HnCxLOFE]
雨の種類に淫雨ってのがあるらしいな。まあ、ただ単にしとしとと降る普通の雨なんだけどな

催淫雨的な感じで、防ぎきれない自然現象からエロい事が起きるというシチュもありかもな

598 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/28(土) 16:58:37.73 ID:0LV0e9yN]
純愛が読みたい

599 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/28(土) 21:23:51.85 ID:5NPaP9EG]
このスレの純愛だと、彼氏にイカされすぎて、パブロフの犬のような条件反射的に、頭を撫でられたら絶頂とか
抱きしめられたら体が勝手に雌になったり、ベロチューで言葉があやしくなったりするレベルの調教をされているか

彼氏があまりにも絶倫かつテクニシャンで、普通に愛し合っているのに許容量を超えた快楽を暴力的に流し込まれるとかそんな感じになりそうだな

もしくは人外とかに犯されすぎて精神がぶっ壊れてからだったら純愛にはなるか

600 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/28(土) 21:34:02.36 ID:FxkKXClM]
> 抱きしめられたら体が勝手に雌になったり、ベロチューで言葉があやしくなったりするレベルの調教をされているか

このへんがいい
人外レベルが関わってきたりまともに社会生活を送れなくなるのもそれはそれでいいけど、
あんまり痛めつけずに余計な心配なしに読める甘いのが読みたい、「愛」「体質」でぎりぎり説明できるぐらいで
ほぼ>>102だけど



601 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/09/29(日) 13:18:34.19 ID:akhJrrKt]
感覚過敏症の女性がイキすぎて死ぬかもしれないけどそれでもイキたいってお話かも。
うなじをツツーッってやられただけで一回イキ、キスで舌絡めて呼吸を荒げ
乳首やクリトリスなんて触られようものなら「イヤイヤ」と抗う。
少しでも摩擦を和らげようとするのか一挿しごとに白く深い愛液を溢れさせる秘所。
何度、何十度、何百度「イク」と声を上げ、そのうちにその嬌声も掠れたものになる。

602 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/02(水) 22:28:31.36 ID:wMn3TMn9]
魔法の秘薬を頭に被ってしまった魔法使いの少女。見た目には変化はないし、命には別条はないが、なんと髪の毛や頭皮がクリトリス並みの性感帯になってしまったのだ

師匠に治してもらうことになったものの、完治までには三カ月は掛かると言われて、目の前が真っ暗に

少女は淫らに変化してしまった自分の髪の毛と三カ月付き合わなければならなくなったのでした……

こんなマニアックなシチュもいいよな!

603 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/06(日) 10:56:52.72 ID:Xlu7WliE]
>>602
ええな

604 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/06(日) 11:26:35.83 ID:yJQDXHN1]
マニア過ぎるぜ…髪の毛全部が性感帯なんて…。
ブラシ通しただだけでイキまくり、髪を洗うのがアソコを洗うようなモノ。

605 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/06(日) 23:41:36.74 ID:CT98eym5]
髪切ったらどうなるのっと

606 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/07(月) 00:03:58.45 ID:pSYoIKe2]
外を歩くだけで髪がなびくたびに軽くイッちゃうのか

607 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/07(月) 00:14:35.74 ID:ATCjFoVk]
断裁絶頂のクライマックスエッジ

608 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/07(月) 00:38:40.20 ID:QKWRink7]
このスレ的には髪を切られたら発狂寸前の絶頂アクメ地獄でしょ。髪を切るにも全身を拘束して舌を噛み切らないようにギャグボールを咥えさせて、防音機能付きの部屋でようやく散髪できるとかそんな感じ

609 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/07(月) 12:53:31.47 ID:aimJBbhN]
休職してそういう子の世話してあげたい
相手を信頼してるから安心してトべる、って状況が好きなのに最近気付いた

610 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/07(月) 13:41:48.30 ID:zZgPtF3a]
風呂場じゃないと散髪出来そうもないけどな、潮の吹きすぎで



611 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/07(月) 23:18:50.39 ID:QKWRink7]
俺はあえて期限ギリギリまで髪を伸ばしてあげたいな(手入れは欠かさないけど)性感帯がどんどん増えていくって良いことやん?

612 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/07(月) 23:37:55.46 ID:PXWG/h6c]
壁の隙間に髪の毛を挟んで
髪がまとめて抜けたらどうなるのっと

613 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/07(月) 23:47:06.89 ID:QKWRink7]
たぶん挟んだ時点で相当に悶えてエロい雰囲気になる。うっかり抜いてしまったらかなりのレベルでイってしまい、潮を吹きながら床に倒れると思いたい

614 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/08(火) 00:15:02.79 ID:NNzm0aFj]
伸ばした髪を叩いて人間オルガンが出来るな

615 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/08(火) 20:35:34.85 ID:Ygdy/+2n]
撫でられるとヤバいな

616 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/08(火) 22:38:59.45 ID:h209vTAy]
人間オルガンでfate/zero思い出した。

617 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/08(火) 22:39:04.34 ID:l+hTNxeb]
鬼畜にも純愛にも使える設定だな

618 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/08(火) 23:04:49.92 ID:RielYKIl]
深い信頼関係築いて、「お願い……なんだけど……恥ずかしいけどね……な、撫でて、くれるかな…………うん、そっとね……」とか言われたい

619 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/09(水) 23:02:37.17 ID:gzxkJU38]
他のイカされなら愛情は割とどっちでもいいけど
このシチュだと俺も仲良くなって撫でる方がいい気がするな

620 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/10(木) 23:38:33.32 ID:kMhYvZhG]
アイアンメイデンのような処刑器具をマジイキスレ的に改造したらどうなるんだろ

鋼鉄の処女 針の代わりにびっしりと触手が蠢いていて、少女をそこに入れると閉まる。穴どころか全身のいたるところを弄られ、絶頂に次ぐ絶頂に襲われる少女
噴出した潮や淫液は処刑器具に唯一残された底部の穴から噴出される。少女の体に傷を付けることはないが、少女が息絶えるまで凌辱は止ることは無い

ファラリスの雄牛 中に女を狂わせる淫薬や媚草を敷き詰めて、少女をその容器に入れる
熱や火傷では死なないように入念に注意しながら火を付ける。少女は中で気化した淫薬や効能を発揮した媚草による快感に襲われ続けることになる



621 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/13(日) 12:44:58.38 ID:XwQQ6C9v]
梨玉や三角木馬、鞭打ちはSMの器具としてあるしなぁ

水車、水責め、動物責め…、うーん

622 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/13(日) 17:04:13.62 ID:S31ky1l6]
器具ではないけど定期的に逝き続けないとどんな秘密でも
話してしまう強力自白剤とかはどうだろう

秘密を喋らない為に望まぬオナニーで永遠と逝きつづける少女スパイ
連続絶頂で判断能力の低下した少女に「秘密を話せば解毒剤をあげよう」と優しく囁く敵の兵士
はたして少女は来るかどうか分からない救助部隊を信じて逝き続ける事ができるのだろうか…

623 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/14(月) 05:36:37.26 ID:ry2nAWZf]
延々と

624 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/16(水) 21:49:33.38 ID:6qs5DTcY]
罪を犯した少女。バイブ付きの貞操帯を装着させられスイッチオン
貞操帯の解除のためには媚薬を許しを得るまで自分で飲まなくてはいけない
抵抗したり途中でリタイアしたら鍵はコールタールの中に入れられ使い物にならなくなる

625 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/22(火) 18:05:42.38 ID:TI83CewD]
(性的な意味で)最強の矛VS三日三晩媚薬に漬けられ全身の弱いところを弄くられたあげく、弱くないところも弱点にされてしまった最弱の盾

ファイッ!

626 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/22(火) 22:48:27.85 ID:EBFigpID]
勝負になっていないんだよなあ

627 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/23(水) 17:44:14.56 ID:NfvauU60]
それがいいんじゃないか

628 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/23(水) 17:59:34.05 ID:SpDM58RL]
盾は生き残ることが出来るか?
という闘い

629 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/23(水) 22:50:06.79 ID:8DkJY5Y0]
イキ残りなど一切ないよう、しっかりと念を入れて責め続けます
もう正気を保てなくなった、そこからが本番です

630 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/25(金) 22:50:05.45 ID:6jgSZ9GS]
小ネタが有る分、保守で埋まっているスレよりは良いんだけど、やっぱり投下が無いと寂しいな



631 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/26(土) 12:34:09.95 ID:lXQUFEt6]
もうすぐ9ヶ月になるのか

632 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/26(土) 14:36:33.57 ID:G6xhmO63]
作品が投下されてから9ヶ月か
時間経つの早いわ
まだ数ヶ月くらいかと

633 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/26(土) 22:37:32.24 ID:pUcCIW7K]
書いてるけど二次創作だからなー
無理矢理オリジナルに変える手もあるが

634 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/26(土) 23:00:02.59 ID:lXQUFEt6]
>>633
リンク貼ってくれてもいいのよ

635 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/27(日) 00:47:00.82 ID:ST8PA7YS]
風呂から出てきた>>630の様子がおかしいことに気付いたときには、もう彼女は床にくずおれていた。

「○○……くぅ、ん……ぁ…ぅ……たす…けてぇぇ………」
「おい、どうした!?」
「ごめ、ん、……あれ…せん、たくき……の、なか、のぉ………」
「……ちっ」

何回注意しても洗濯物から下着を引っ張り出してくるから、毎日脱いですぐ洗っていたのだけど。
あれほど用心していたのに、なんで今日に限って。
彼女が立ち上がろうと身じろぎをする度に、鋭い吐息とともにぐちゅり、と水音がしてへたり込む。

「○○くんの、においだぁ、ってぇ………すうぅぅぅ、って……」
「したらそうなるんだから、やめとけって言ったのに。……動けるか?」
「っあ、…ねぇ、しよぉ……? きゅうかげつぅ、ちゅーだけで、がまん、ぅぅ……したん、だから………」
「そんな事言ったってなあ……お前キスしただけで」
「あー! あー! あー! ―――っ、っふぅぅぅ………うぅ……」
「大声出したら響くって、自分で言ってたろ……今さら恥ずかしがることか。
ともかくその、セックスなんてしたら、お前明日何もできないだろ?」

そうなのだ。
まあ薄々分かるかもしれないが、こいつはとんでもない敏感体質だ。……俺専用の。
俺の声、俺の匂い、俺の肌……全てに反応して、発情してしまうらしい。
医者に行っても原因は分からず、「……まあ、体質でしょうね。悪いことではないはずです」とごまかされた。
良くもない。
俺たちが一緒に外出するのは珍しい。もしあっても、恋人らしくイチャイチャを見せつけることはまずない。
どうしてもスキンシップが少なくなるから寂しいときもあるが、それも難しい話だ。
話しているだけでも目に見えて顔が赤くなるのだ。頭を何十秒か撫でていたら訴えるような目になって、肩を震わせてイってしまう。
こいつが抱きついてきて、舌を絡ませただけで二ケタはイく。
前戯、後戯付きの本格的なセックスなどしたら、翌日どころではない、二、三日は日常生活に帰ってこれない。
……改めて、こんな奴と付き合っている俺も俺だ。
2月頭、期末試験が終わったお祝いにしてからなかなか機会がなかったのも、仕方がないことだった。

「もう、いい、の………○○くん、ほしいか、らぁ………んっ!………っ……」

自分の想像や、大胆な言葉でも効き目はあるらしい。食いしばった歯から涎を垂らしながら達する。
巻き付けたバスタオルから、吸収し切れない液体が浸み出している。
俺が立ち上がるとそれだけで、投げ出された脚がひくっ、と動く。

「ちょっと我慢してろ」
「ぁ――――あっああぁぁぁっ! んあぁぁぁ! んぅぅぅぅぇぁああ! っは、あぁぁっ!」

なるべく刺激を与えないように、なるべく素早く済むように抱き上げるが、一つ一つの動きに反応して跳ね回る。
耳元で叫ぶのはやめてほしいのだけど。

とりあえずソファに寝かせて落ち着くのを待とうと、したら。
残っている力を振り絞ったのか、俺ごと倒れ込むように突き倒された。

636 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/27(日) 00:47:36.69 ID:ST8PA7YS]
「いいよね、ねぇ、いれるよ、いれていいよね、ん、きもちいの、ねぇ、えへへぇ、おちんちん………」

俺の上に跨って、脚をがくがくと震わせながら(俺のものと対面したときにも大波が来ていたようだ)股間を擦りつけている。
擦りつける気はないのだろうが、一回擦れるごとに達するから、腰を振るようになってしまっている。
まだ挿れてもいないのに、ものは既に液体でどろどろになっている。

俺たちがするときは「ん、くっつい、たら、……っ、きもち、よすぎちゃう、からぁ………」とのことなので
正常位が基本(その他はだいたい姿勢が保てない)だったのだけど、そんなことを考える余裕もないらしい。
ついに脚の力が完全に抜けてしまったのか、それとも耐えられなくなったのか、がくっと膝が折れて、腰が一気に落ちる。
ずぷぅ、と空気が吐き出される音がして、一瞬で奥まで入り込んだ。

「―――――っは、が、ぁ――――――、っ、ぁ、ぁ、――――っ、ふっ、ぁ……んぁ――――」

抱き止めた体を、激しい痙攣が襲う。
出ない声を絞り出しながら、目を白黒させて、耐えている。
俺を包み込んだところも、ぐにぐにと緊張と弛緩を繰り返して、止むことのない絶頂を表現してくる。
すっかり力の抜けた指が、俺の背中を弱々しく引っかく。

体のこわばりが解けてきても、目の焦点は合っておらず、口はわなないている。
細められた目から、つう、と涙が伝う。
「……落ち着いた?」
「っ、ぁ……ぁ、…………う、ん………ぁ、りが、と…ぁ、まだ、イっ、て…」
「…………ごめん」
「……ふぇ…、………?」
「出る」

欲求不満は俺だってそうだった。
お前のようには感じられないから。
それじゃ愛が足りないみたいで、悔しいけど。

前に夢精したときからだから、何ヶ月ぶりか?
……どうでもいいか。
溜めていたものを、奥の奥で放った。

時間が止まったようだった。
頭を限界まで反らして、筋という筋が全て浮き出ている。
指が食い込んだ背中が痛い。
口だけが空気を求めて、ぱくぱくと動いている。

「――――――――す、」

き、という前に酸素が無くなったのか、くた、と倒れかかってきた。
大きく引きつる体を、できるだけ優しく抱きしめる。
意識は失っていても、あちこちが少し擦れる度に、微かに体が震える。
それも愛おしかった。

……痙攣が落ち着くのを見て、意識を取り戻させるため、首筋に口付ける。

「っふぅっ! っは……ぁ…へぁ……ん、ぇ、あぁっ…………」

夜はまだ、終わらないのだから。

――了――


「ムシャクシャしてやった。一回保守SSというのを書いてみたかった。>>630には申し訳ないと思っている」と供述しており

637 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/27(日) 05:21:18.43 ID:dU6+VBzh]
犠牲になった630への敬礼と、GJを捧ぐ

638 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/27(日) 06:28:32.78 ID:6s4NmuzO]
寂しがりやの630さんが満たされたと聞いてきましたGJ

639 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/27(日) 11:16:25.69 ID:SdH5TKpn]
これは素晴らしいラブラブイかされGJ

640 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/27(日) 12:25:43.92 ID:EMDeR4qf]
むふー、これは大満足だわ。



641 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/27(日) 13:02:52.65 ID:elMYQCTA]
よっしゃ!ひさしぶりのSS乙

642 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/27(日) 13:33:03.40 ID:UnI6iIrW]
過去ログ保管庫消えたか

643 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/28(月) 16:04:44.58 ID:wdUepLd5]
普通に見られるが。

644 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/28(月) 20:39:44.80 ID:NHa3pzzR]
消えてる
見れるのはキャッシュが残ってるからじゃないか

645 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/29(火) 04:45:31.54 ID:hqUNlqGN]
消えてるな

646 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/29(火) 22:04:41.65 ID:6nq/EfyP]
鯖がイっちゃったのか

647 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/30(水) 02:50:52.07 ID:FlmvJ8dd]
鯖「そんなにリクエストを一気にキューイングしちゃらめぇぇぇぇぇ!!!」

648 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/10/31(木) 20:07:13.76 ID:kORFtQRN]
持続性性喚起障害なんてのがあるのか
これで実際に悩んでいる方には申し訳ないがシチュとしては素晴らしいな

649 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/01(金) 07:17:55.51 ID:tVdzw8ge]
性欲と関係ないのがなあ

650 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/01(金) 10:26:25.63 ID:T7bAjE/h]
実際に何かシないとイけない(場合もある)っていうのもちょっとね
どうも実際の病気の話は辛くてよくない

萌えるように改変するなら、性欲と連動させて、溜まった性欲を体が勝手に満たそうとイってしまう、とかかな
薬とかで抑えることもできるけど、そのぶん後で何回かまとめた絶頂が襲ってくるとか



651 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/02(土) 21:53:49.27 ID:JMZi7wBi]
萌えるように改変した結果が全身性感帯か

652 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/03(日) 23:03:22.23 ID:NOD3Sucy]
>>647
F5アタックされてたりしてテンポってるときはイカされすぎて痙攣してるのか

653 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/04(月) 00:28:08.79 ID:Tk+91kEx]
機械娘がエロいデータを大量に送り込まれてショート寸前……あると思います

654 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/05(火) 21:56:04.32 ID:MAabfQXS]
チキチキは素晴らしい

655 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/06(水) 01:41:22.94 ID:5FWBa3mD]
ブルーバックはイキすぎて失神

656 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/15(金) 00:21:32.80 ID:qGVMEYDN]
イく時に必ず頭を撫でてあげるようにして調教し続ける
最後には頭を撫でられたら身体が絶頂したと勘違いしてイってしまうような
パブロフの犬のような状態にまで少女を調教してあげたい

657 名前:書いてみた (1/2) mailto:sage [2013/11/15(金) 20:00:58.20 ID:rGP4b2Ad]
「あはは。それはひどいよー。そういえば私もね――」

今日はこの後、少し遊んでから帰る予定です。
――でも、最近の下校は安心できません。
楽しそうに話しながら歩いてくるカップルが目に入ります。
彼氏がぽす、と頭に手を置くと彼女の方は顔を赤らめて、彼氏のほうを叩いています。
私にもいつか、あんな彼氏ができて――

その向こうにそいつの姿を見て、悪寒が走りました。
たぶん世間では魅力的なのだろう笑顔を浮かべながら、小さく手を振っています。

「あの、ごめん、ちょっとトイレ行きたいから、先に行っててくれる?」
「ん、分かった。じゃ、いつものとこでね。遅かったら先注文しちゃうから」

そいつがビルのトイレの前の、人の来ないところへと歩いていきます。
せめてもの嫌がらせとして、できるだけゆっくり行ってやります。

最初はどうでもいい秘密でした。
だけど、それをダシに誘い込まれた家で襲われ、証拠を残されて話は変わりました。
毎日のように犯されて、望んでもいない快感と絶頂を体に覚えさせられました。
自分が放出することより、私の体の反応にだけ興味があるふうなのが不気味でした。
でも、最近はこいつの家やホテルに連れ込まれることはずいぶん少なくなりました。
その代わり、こうやって、街中に連れ出されて。

658 名前:(2/2) mailto:sage [2013/11/15(金) 20:01:58.53 ID:rGP4b2Ad]
――なぜかは自分でも分かりません。
わたしが達するとき、毎回さも恋人かのように頭を撫で回されていたからかもしれません。

わたしが来ると案の定、手を頭に伸ばしてきます。
とっさに逃げようとしますが、こいつはやけに腕が長いので届いてしまいます。
すっ、すっ、と撫でられると、お腹のほうが疼いて、体が熱くなってきて――
「――――っ、ぁ……………ぁ、――んぅっ………ふ、ぅ………」
視界が白くなって、頭のなかで何かが弾けます。
本当はビル中に響くような叫び声を上げたいのに、込み上げてくる声を、必死に押し戻します。
すごくイヤです。
それでも、体は反応してしまいます。
涼しくなってきた季節なのに、背中が汗でじっとりとしてきます。
「…………ぁ―――ぃ、はあぁぁぁ…………ぐ、ぅ、ぁ―――」
振りはらおうにも、腕に力が入りません。
こいつの腰でもなんでも、何か掴んでないとみっともない声が出てしまいます。
唇を合わせてきたり、体を触ってきたりしたら、人を呼ぶこともできるのに。
これでは、相手を求めているのが私のようです。
絶頂が続いて、膝が勝手に折れるようになってきても、撫でるのは止まりません。
壁に倒れかかった私が一回強く震えるたびに、幸せそうな、低い笑い声が聞こえます。
顔だけは見せないように俯いても、く、と顎を持ち上げられます。
「大丈夫。その顔、見たいだけだから」
何が大丈夫ですか。
たぶん、目尻が下がって、口がぱくぱくとして、涎が顎をつたって、ひどい顔です。
どれだけ信頼できる人にも見せたくない顔です。
こいつに見られているかと思うと、情けなくて泣きたくなります。
「声出せないと、そんな顔になるんだもんなぁ……気付くのが遅かったよ」
うるさいうるさい。
精一杯睨みつけようと思っても、この顔では興奮させるだけなのは分かっています。

「ありがとう……じゃ、また」
あの後で、なんでこんな普通の挨拶ができるのでしょうか。
毎回、いくらかのお金を押し付けてくるのも腹が立つところです。
絶対に、自分のためには使わないようにしていますが。

なるべく平然と立ち去ろうと思いますが、足にまだうまく力が入らないので用心が必要です。
「あと」
足が止まります。
「顔、洗ってったほうがいいと思うよ」
ぐちゃどろの顔で出てったらみんなびっくりしちゃうから、と平然とした声で言います。
「………………っさい」


(あー、可愛かったなあ………次は手をつないだら、イくように……遊園地デート、とか、ふふ)

659 名前:ラブラブでもいいと思う (1/2) mailto:sage [2013/11/15(金) 20:03:02.73 ID:rGP4b2Ad]
「買ってきましたよーぅ」
くるくると回転せんばかりのステップで彼女が料理を持ってきた。
「ありがと。満喫してるなあ……オジサンはもう疲れてるよ」
「若さナメないでくださいよー! 聞いたんですけど、次行くならあれが良いって……」
夜通し愛し合った翌日だっていうのに。
「ねえねえ、聞いて下さいよ、さっきそこで、キミ一人で来てるのって声掛けられたんですよ」
「ふん。良かったな」
「あれ、怒ってます? 大丈夫ですよ、かっこいい彼氏があそこにいますからってちゃんと言いましたから」
「……そいつ、笑わなかったよな?」
「……気にしないでくださいよー」
見た目で勝負する気はないとはいえ、それはないんじゃないか。

やはり若さはすごい。合わせて僕の二倍近い料理をもりもりと消化していく。
「あれ。生のタマネギ、食べれるの」
「えへ。最近、辛いのがんばって食べるようにしてるんです」
「偉いじゃないか」
その頭に手を伸ばす。
褒めてあげるために。
警戒されても構わずに、わしゃわしゃ、と撫でる。
これは、ただ褒めたくなっただけだ。
きょう一日の、愛しさが溢れてしまっただけだ。
少し意地悪な期待があったのは、否定しないが。

660 名前:(2/2) mailto:sage [2013/11/15(金) 20:03:45.69 ID:rGP4b2Ad]
「うぅ―――、っ、ふ………んぅ……っう………」
唇を噛んで、声を出すのを我慢している。
そうしたら、もっと腰が震えてしまうのは分かっているだろうに。
手にしたフォークが、かたかた、と揺れる。
やっぱり、イっている。
セックスのとき、イくのが怖い、と言い募って涙まで流すので安心させようといつも頭を撫でていたら、
いつの間にか頭を撫でられるのと絶頂が結びついてしまったらしい。
人前でやって何回も怒られているけど、つい。

きつく睨まれる。その目が潤んでいた。
口を開いてもまず、ぁ、と余韻の声が小さく漏れてくる。
その姿を見て、もっと愛しさが込み上げてくる。
「約束したじゃ、っ、ないですか」
「ごめん、な」
「家で抱っこしてもらって、撫でてもらうのはすごく……気持ちいいですし、しあわせですけど、
外は、恥ずかしいし、こわいです」
上気した顔で切々と言う。
「でもほら、もっとくっついてるカップルいるだろ。頭ぐらい撫でたって何でもないって」
「意地悪ですよぅ……こんな感じになってる人、いるわけないですよ」
「あの、手つなぎながら食べてる人たちとか、もしかしたら」
「馬鹿ですか」
「う、………」
「もう、そんなことするから、もっと頭撫でてほしくなっちゃったじゃないですか……」
乱れた髪を撫でつけて。
「今日も、伺っていいですか」
もちろん、と答えて伸ばした手はひっぱたかれてしまった。けっこう痛かった。



661 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/15(金) 22:40:48.17 ID:lh9UPgb0]
投下乙!前者は気づいたら取り返しのつかない調教されてるとこがいい!
後者もいちゃラブの結果がこうなるのも良いね

662 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/15(金) 23:07:34.80 ID:h4Njzc+r]
自分の体がそうなってるのに気付いた瞬間とか想像するとグヘへだな

663 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/15(金) 23:39:28.28 ID:209vLZL7]
これはいいね!
心がイカされてるって感じがしてたまらない。

664 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/16(土) 00:47:58.01 ID:lfA7vTfB]
素晴らしい




素晴らしい

665 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/16(土) 17:53:09.02 ID:geM9jMk4]
素晴らしいな

666 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/16(土) 19:26:31.37 ID:9JWhYyJ8]
これは良いものだ……。

667 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/17(日) 07:17:33.18 ID:pwY5CdSY]
パブロフねた、ノクターンのどっかでも見たな。
いいシチュだよね。

668 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/18(月) 16:26:58.25 ID:/b1dXC4L]
https://twitter.com/franceshoin1985/status/399896344011485184
https://twitter.com/franceshoin1985/status/399900581739114496

669 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/22(金) 03:44:14.55 ID:qY332vHe]
媚薬使って目隠し拘束したあとバイブで二穴突きながらクリ電マな話が読みたい

670 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/23(土) 05:19:55.19 ID:pRJBdIwo]
二穴に電マ挿ししたら発狂イキさせられるかな?
更に尿道にカテーテル差し込んで媚薬ローションを膀胱に流し込んでは排出させながら。
体は産婦人科椅子にがっちり拘束。目隠し、舌噛むとヤだから猿轡?
服はそのまま、…ナース服とか制服系が良いかな?



671 名前:ソフトでも、ハードでも (1/5) mailto:sage [2013/11/23(土) 19:24:42.49 ID:U5L7uc2D]
>>657-658の二人

>>669>>586>>662に感謝



――携帯が震えました。

友達に断って席を立ちます。
廊下を歩きながら相手の名前を確認して、舌打ちが出てしまいます。
こんなに見計らったように電話を掛けてくる奴は何人もいないけれど。

トイレに入ってから、電話を受けます。いちおう学校に携帯は持込禁止だから。

「――――何」
「やあ、元気だった? あ、三日……四日前に会ったばっかりか。それでも体調には気を付けなよ。
この前も叫び過ぎて、腰も抜けて、ずいぶん疲れていたようだったし。さてそれはそうと、今日も、ね?」
待ちくたびれていた、という訳でもないのでしょうけど。上機嫌に話し始めます。
あいつが連絡してくるときは大体電話です。「履歴は消しやすいんじゃないか?」とか言って。
おおかた、私が周りを窺ってから電話を取るのを想像して楽しんでいるとか、そういうことでしょうけど。
「……どこ」
今は街の中心部から外れてしまっている、あまり流行っていないファッションビルの名前を言ってきました。
「三階でね」
それを聞くとすぐに電話を切りました。
続けていれば、よろしくね、また君の可愛い顔が見れるかと思うと嬉しくて待ちきれないよ、とか何とか言うのでしょうが、
あいつと関わりを持つ時間は少しでも短くしたいんです。
逢瀬――あいつはこう呼んでいました――も、なるべくなら短く。

当たり前になった憂鬱な午後を過ごして、放課後。
もういちいち行くか迷ったりはしないけど、それでもビルが視界に入ると足は重くなります。

今日は、何をされるのでしょうか。
何をされたとしても、私が徹底的に嬲られ、絶頂を極めさせられるのは変わらないのだけど。
この前は――

672 名前:(2/7) mailto:sage 連番修正 [2013/11/23(土) 19:27:07.74 ID:U5L7uc2D]
私は視界を奪われました。

目隠しをされるのは初めてではないのですが、あいつの持ってきたスカーフのようなもので目を塞がれたのは特別でした。
普通に目隠しをすると隙間ができて下が覗けるらしいのですが、そこも布を折り返して塞がれました。
(「君みたいに綺麗な鼻をしている子は、特にね」)

私はそのまま服も脱がされ、何も見えないままホテルのベッドに横たえられていました。
不安に思っているところに、あいつの体温が近づいてきた、かと思ったら。
唇を塞がれました。
そのまま、舌がぬるりと私の口の中に滑り込んできます。
必死に押し戻そうとするけど、喉に届くかと思うほど長い舌が、口のあちこちを擦り上げてきました。
流し込まれてくる唾液が気持ち悪いのに、口の粘膜からの刺激が脳に響きます。
舌を引っ込めてせめても抵抗しようとするけど、あいつの舌がそれをほぐして、ねっとりと絡めてきます。
何か硬いものが押し込まれたと気付いた時には、私はもうあいつの唾液と一緒にそれを飲み込んでしまっていました。

「なっ……! 何、今の!」
「……媚薬? 大丈夫だよ、軽いのだからすぐ抜けるし、依存性もないって」
「そういう問題じゃ……っ!」
声の方向に飛びかかろうとした私は、すぐにベッドに押し倒されました。
私の両腕も掴まれて、頭の上に押し付けられています。
でもそれよりも、私の動きを止めたのは。
私の下着に差し入れられた手から、ずくっ、と水音がしたことでした。
「は。さすがにまだ媚薬は効かないから、キスだけでこんなになっちゃったのかな? ……でもね、僕は今日、ローションを持ってきてる。
だから、君を騙してその気にさせるために、先に指に付けといてて音を立てたのかもね。さあ、どっちだろうかね?」
「嘘……っ、ぅ、つき……ん、いぃっ!」
声が跳ねたのは、指に付いたぬるぬる――あいつは絶対に嘘をついています――が、私の後ろに塗り込められたからでした。

673 名前:(3/7) mailto:sage [2013/11/23(土) 19:28:05.32 ID:U5L7uc2D]
あいつの指は私の後ろを丹念にくじって、揉み解しながら、折にふれて少しずつ指の関節を埋め込んでいきます。
顔は私の股間に埋めてしつこく舌を這わせ、派手な音を立てて唾をすすり上げて、私を恥ずかしがらせようとします。
私の中にも舌は潜り込んできて、あちこちを解しつつやわやわと掻き回してきます。
「あっ、は……ぁ………んぅ、あ、ぇぁあ…………ん、ぅ――ふうぅぅ…………」
当然だけれど、視界が奪われていると、自分が何をされているのかが見えません。
後ろへの責めを我慢しようと集中していると、急に乳首を捻り上げられて、子犬のような情けない声を上げることになります。
クリトリスを舌先で擦り上げる強烈な責めも、突然襲ってきて、何も分からないまま絶頂の波に押し上げられます。
あいつの中指が付け根まで後ろに入ったときには、私は声を抑えようと努力することも、イった回数を数えるのも、止めていました。

指を抜かれると、っぷ、とはしたない音がしました。あいつが離れる気配がします。
しかしすぐに戻ってくると、冷たいものが押し当てられて、そのまま私のそこを大きく広げながら入ってきます。
「あぁ、う、ぅ………ぁ………………」
圧迫感にすぐにまた息を荒くしていると、後ろにも同じぐらいの太さのものが入ってきました。
前後の存在感にはたまらないものがありますが、快感よりも不快さが強くて、耐えられないほどではありません。
あいつの手元のあたりから、ウイィン、と何かが振動する音が聞こえます。
まだ何かあるのか、と思う間もなく。
前後のものが強烈に震え、私の中を大胆に掻き回し始めました。
「あ―――――、っ、っふ、……にゃ、に、っ、んぅぅ、これぇぇっ! っはぁぁっ! ――――っあ、ぇぁあぁっ!」
爆発的な快感。
それまでのねっとりとした、細かい愛撫とは全く違う、無慈悲な振動が快感となって、全身を襲います。
私はもう思考の能力を手放しています。なにも分からないまま、上り詰めていきます。
そのまま――
私のクリトリスに何かが押し当てられ、猛烈な振動が襲ってきました。
「っ、が――――――あ"、っ、っぐ、う"、えぁ、ぁ――――――っ、っ、っうっ、……ひ、ぃ、ああぁ―――、ぁ……」
一瞬で全身が突っ張り、すぐに弛緩しようとします――が、終わらない振動のせいでそれができません。
絶頂から降りることができないまま、ただ快感だけが一方的に与えられ、積み重なっていきます。
許容できる量をずっと越えた快感をどうにか逃がそうと、ただ跳ね回ることしかできません。
後で確認したら体のあちこちに打ち身があったけど、その時はそんなことを考える余裕もありませんでしたた。
結局この責めは、私が数えきれないほど意識を失って、身体が完全に反応を返さなくなるまで続いた、らしいです。

あいつも、私の手足が当たっていくつも痣を作っていたけど、気味の悪いことに誇らしそうな笑顔を見せていました。

あるいは、それよりも前には――

674 名前:(4/7) mailto:sage [2013/11/23(土) 19:29:54.64 ID:U5L7uc2D]
私は「チャンス」を与えられました。

「え? どういうこと?」
あいつの家のソファにに向かい合って座って、私は頓狂な声を上げます。
「だから、10分、君がイカないで耐えたら、今日は解散。もしイっちゃっても、そこからまた10分耐えられたときに終了。
ほら最近、日が短くなってきたから、早く帰れたほうがいいんじゃないかと思ってね」
しれっと言う。
もうとっくに犯罪者なのに。
何の思惑があるのかと疑うけど、こういう時に限って、こいつの眼からは何の感情も読み取れません。
「……いいよ。毎回毎回気持ち悪い奴と長い時間いるの、うんざりしてたから」

私をソファに倒すと、私の眼のあたりをじっくりと見ながら、ブラウスをゆっくりとはだけて、スカートの下に手を這わせていきます。
いつも通り――慣れている自分が嫌だ――です。
何か汚い手を使う、わけではないようです。

そういえば、あいつが責めに自分の身体以外を使うことは少ないです。
何回か前に、「仲間」を作って参加させるつもりはないのか、と嫌がらせのつもりで聞いたことがありましたが、
「君のその顔を見るのは、僕だけじゃないと嫌だから」と、縋るような真剣な目で言われました。
ああ嫌だ。

乳首を口に含んで転がしたり、時折軽く噛んだりしながら、指は私のスカートの下、大事なところの周りを軽く這っています。
「………っ…………ふ、う……………ん……っ、んん、………」
一番感じるところにはなかなか責めを届かせないのがこいつのいやらしい所です。
それでも私の身体はこいつに知られてしまっていて。
どんなに嫌でも、責めに反応して固く尖っていってしまいます。
そうなったら、悔しいですが、向こうのペースになってしまうのも直ぐです。
乳首を舌で強く押し込みながら私の中に指が侵入り込んできたときには、思わず「っひっ」と声が出てしまいました。

675 名前:(5/7) mailto:sage [2013/11/23(土) 19:33:19.84 ID:U5L7uc2D]
追い詰められるのは、思ったより早かったです。
舌は胸だけでなくて、鎖骨、首筋、肩と方々を蕩かして、私に力が入らないようにしています。
私の弱いところ、中の上壁は容赦なく擦り上げられています。
声を我慢すれば快感が体の中から逃げてくれず、声を出せばなぜか自分が昂ってしまいます。
懸命にシーツを掴んで耐えますが、その手にも力が入らなくなってきています。
自分でも分からないままに、腰が浮き上がってきて。
何とかしてあいつの指を抜いてしまいたいのに、勝手に指を迎え入れるような動きをしてしまって。
糸が切れるときが来ました。
一瞬、呼吸ができなくなったかと思うと。
反り返っていた背中の力が、一気に抜けて。
熱いものがなにか噴き出していきます。
「………………7分、22秒。遅いな」
私の喉から、短い悲鳴が漏れました。

二回目の限界は、もっと早くにやってきました。
あいつが私の股間に顔を埋めてから、三分と持たなかった、ようです。
でも、あんなにしつこくクリトリスを舐めしゃぶられて、耐えられる女の子はいないでしょう。
舌先を叩きつけるようにされたかと思えば、舌全部を使ってゆっくりと舐め上げられたり、巻き付けて吸い出したり。
鋭い絶頂が突き抜けていった後は、もうぱんぱんに充血してしまって、不用意に触れれば痛いくらいになっています。

息を整えていると、ベルトを外す音が聞こえました。
ずっ、と何の引っかかりもなく、一気に挿れてきます。
あいつが唾で散々濡らした、せいです。
「くっ、うぅぅぅ…………ん、っは、うぅ…………ん………」
まだ、根元までは入らないところで止まりました。
私が少し身じろぎをすれば亀頭が子宮口に擦れそうな、絶妙な位置。
絶対に分かってやっているはずです。そうでなければこんな、女の子の理性を試すような挿れ方にはなりません。
私は必死に体に力を入れて、腰が動かないように抑え付けます。
でもあいつの先が、ご、と当たって、私の奥の奥を押しつぶして――
「っ―――――ぁ―――………っ、――――っ、……っあ、っ」
あいつは「引き寄せられた」と言うでしょうが、あんな嘘つきの言うことは信用できません。
……あんな、女の子を狂わせて愉しむような抜き挿しをする男は。
「あっ、あ、あ、あ、あ、っあぁっ、」
絶頂で融けた子宮は、少し手前のところを念入りに小突かれて、また発情していきます。我慢できなくなったところで押し込まれ――
「っくうぅぅぅっ…………んぅぅぅ……………、ぁ――」
堕ちていきます。

676 名前:(6/7) mailto:sage [2013/11/23(土) 19:33:55.49 ID:U5L7uc2D]
そして、今日です。

あいつは雑貨屋の前で何かを見ていました。
怪しみながら近付いていきます。
いつも手に提げている、私の着替えを持っていません。
ホテルやあいつの家に人目に付かずに入るための。
恐ろしく、私の体に合った。
まさか、何もしないなんてことはないだろうけど。

いつも以上にヘラヘラしたあいつが私を連れていったのは、テナントが少ないフロアの物陰でした。
確かに、平日にこんな所に来る人はずいぶん少ないでしょうけれど。
「ちょっと、こっちに」
「嫌」
拒絶の意志ははっきりと。
「いいだろ、こんなとこで何もできないのは分かってるだろう?」
それも確かなのです。
私が声を上げれば、すぐに人が来るはずです。
私くらいの年齢の女の子を連れているだけでも既にかなり危ないのです。
警戒しながらですが、近づいていきます。
私が顔を上げないと眼が見えないくらいまで歩み寄ったら、あいつは手を持ち上げました。
予感に首をすくめます。
抱きすくめられるか、それともどこか変なところを触られるか、と警戒しましたが。
あいつは、す、と私の頭に手を伸ばして。
そのまま、頭を撫でさすってきました。

…………え?
変なところはどこも触られていないのに、背筋に痺れが走ります。
こいつがいやらしく舌を這わせたときのように、体の強ばりが抜けていきます。
心から想った人に頭を撫でられると、こんなこともあるとは聞いたことがあるけど――
そんなはずがありません。
余裕たっぷりに話し出す顔を見て、自分がこいつを心底嫌いなことを確認します。

「この前、僕の家でした時だな、君に全身の力が入らないようになってもらったときに――」
――薬を飲まされて、こいつも私の下でぴくりとも動かなくて。
入れられたものの存在感だけで私の頭の中が甘く崩れていったとき。
あとはこいつが一つ動く度に、痺れるような快感が全身を融かしていったとき。

「君が急にかわいく震えてイったから、少しびっくりしたんだよ。
もう少し焦らして子宮を蕩ろかそうと思ってたのに。君の弱いところは全部知ってるつもりだったからね。
上側のザラザラを掻き出す動き、子宮口を左寄りに突いたとき、右耳の少し下のところ、肩甲骨の間のところ……」
間違っては、いません。
こいつがこと細かに言うたびに、私のお腹の奥の方が、きゅ、と反応しています。
全く忌々しい。

だけど、どうして私の足はこんなに震えているのでしょうか。
どうして、この口はだらしなく開いていって、吐息を漏らしているのでしょうか。
どうして、身体が段々熱くなって、汗が滲み出しているのでしょうか。
どうして――

677 名前:(7/7) mailto:sage [2013/11/23(土) 19:37:18.96 ID:U5L7uc2D]
「不思議だったから、他のところでも試して、反応を見たんだ。
そしたら、五回イキぐらいで気付いたんだよ」
私が諦めて、身を任せたころでしょうか。
「要するに――
君は、頭を撫でてあげたら、イっちゃうんだって」

少し力を込めて撫でられて、ざり、と髪が擦れます。

「――――――っ! っ、く…ぅ―――――――ぁ―――――っ、う、ぁ――」

急に視界が狭まって、身体の中で、何かが爆発しました。
訳が分かりませんでした。
なんで、こんな――
痙攣が解けると、足を熱いものが伝うのが分かります。

「パブロフの犬、ってやつ?
僕が、たくさん愛してあげたからかな。
最初は、身体が出来上がっちゃってからのひと押しなのかな、と思ったんだけど。
頭を撫でられるだけで、直結してるんだね。
僕が何もしなくても、身体が気持ち良いのを思い出してるんだ。
今日試してみて、よかったよ」

何を、言っているのでしょうか。
女の子が、やめて、と言っているのに。
もっと強く言わないと。
「っふ、やぁぁぁぁ………やめ、っ、や、―――――――っ! っ! っう…っ!」
なんで、こんな声が。
あいつが興奮するだけなのに。

「声、出せないよね? 別に叫んでもらってもいいんだけどさ。本当に、可愛い……」
声を飲み込む度に、快感が背筋を突き抜けていきます。
自分の歯の、ぎりぎり、という音が聞こえてきます。
握りしめた手には、血が滲みそうなくらいに爪が食い込んでいます。
こんなの、おかしいのに。
望んでないのに。
一回撫でられるごとに、こいつに、中で、後ろで、首で、耳で、胸で、口で、イカされた記憶を身体が思い出しています。
何百回と与えられた、まぎれもない快感を。
納得が、できません。
腰が一段と強く震えて、のけぞった頭が、がつ、と壁に当たりました。

私がずるずると床にへたり込んで、完全に放心するまで、あいつは私の頭を撫でさすり続けていました。
自分も腰を落として目線を合わせて、満足そうな顔で。

地獄の門が開いたのは、あの時だったのかもしれません。

――了――



お粗末さまでした
やっぱり俺は鬼畜にはなれないんだぜ

678 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/23(土) 21:53:28.41 ID:8420E8Cb]
素晴らしい 素晴らしい

679 名前:名無しさん@ピンキー [2013/11/23(土) 23:44:58.91 ID:anxozhXS]
神と呼んで差し支えない

680 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/23(土) 23:47:33.74 ID:5GGrJmhq]
GJ!
女の子がじりじり堕ちていくのと、男のねちっこさがたまらないです。



681 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/24(日) 02:56:09.95 ID:AUVxvjeZ]
すばら

682 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/26(火) 18:17:06.32 ID:oVfdbJdk]
しい!!1!!!!111!!!!!!!

683 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/30(土) 10:02:08.53 ID:5WDgpzMH]
気位の高いツン(×n)デレなお嬢様との初えっちで、一晩じっくりイカせ続けてどこで素直になってくれるか見たい
やっと結ばれた男に優しくイカされたり意地悪に焦らされたりエンドレスで甘い言葉ささやかれたりで、
正直幸せすぎてやばいけどプライドのせいで高飛車な物言いを止められないとかそういう
理想は、どんなに脳までとろかされてもなかなか言葉はデレないで、中出しされてやっと
「わらし……およめひゃん、…えへ、しゃわせぇぇ………びゅーしてぇ、もっと、もっろ、きもひいのぉ……」ってなる感じで

女騎士とかキャリアウーマンとかそういうのでも可

684 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/11/30(土) 17:01:06.59 ID:RpLJ6rRK]
はよ

685 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/12/13(金) 23:38:23.30 ID:EhnFZ7Ru]
ひさびさに保守

686 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2013/12/20(金) 12:54:35.18 ID:IOLOJ2tu]
電マの10倍の振動効果の超振動剣で敵をエロ倒していくRPGできないかなぁ。

687 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/01/01(水) 07:58:17.48 ID:l669FRVX]
煩悩除去のため108回イキ狂わされる女性。
まあその前に人間として壊れる可能性も

688 名前:名無しさん@ピンキー [2014/01/21(火) 23:21:43.48 ID:LmSptaOW]
鬼娘たちが豆を責められ続けて壊れるイベントまでもう少しだな

689 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/01/25(土) 21:03:33.85 ID:OCMIpxja]
鬼に豆をぶつけると、鬼は焼けたように感じるんだとか


鬼娘の豆に炒り豆をぶつけたらどうなるのか…

690 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/01/26(日) 11:16:35.92 ID:NSigygbK]
鬼娘のアソコに炒り豆を入れるたびに軽くイクので
虎パンツの脇から1粒づつ押し込んでいく。
膣内で炒り豆がふやけ豆になるころには
鬼娘もイキまくってふにゃけ鬼娘になってるはず。



691 名前:名無しさん@ピンキー [2014/01/27(月) 01:32:28.92 ID:ZhK6oBKU]
>>690
この発想はあった

692 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/01/27(月) 02:08:48.88 ID:PYlJsHGx]
>>691
じゃあ頼んだ

693 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/01/31(金) 18:27:59.23 ID:IUzphZOv]
いちゃラブでイクか鬼畜にイかせるか。マジイキ道に終わりはない

694 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/02/02(日) 01:21:40.20 ID:LVk0WvlV]
鬼娘を鬼畜にイカせまくりとか…
ああ鬼娘がメロメロになるから鬼畜なのか。

695 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/02/04(火) 16:46:25.44 ID:h8h5+Zq3]
市立鬼が島女子高。
普段は女生徒がかしましい教室に、今はうめき声と喘ぎ声が満ちていた。

闖入者は突然現れた。豆をもった男が、門を守る守衛を打倒し、校内に侵入したのだ。
侵入が報ぜられる間もなく、男は校舎2階の一般教室に押し入った。
カラリと開かれるドア。女教師が目を向けるや否や、男の懐からは豆が取り出され、女教師を無慈悲に襲う。
男は良心の呵責を欠片も感じさせない勢いで、豆をぶつけられ教壇にうち伏せた女教師に何度も何度も豆をぶつける。
大声で「鬼は外!」と叫ぶ男の肉迫した勢いに、女生徒たちはすくみ上り席を立つことも叶わなかった。

5度、6度と豆をぶつけられ、女教師は倒れたまま失神してしまったようだ。
女教師の失禁が床を濡らすが、身体はぴくりとも動かない。
男の目が、すくみ上った女生徒たちをとらえる。女生徒たちは目を潤ませ震える他、何もできない。
男が教壇を下りる。女生徒たちは目を伏せ、声をあげて泣き出すものもいた。
しかし男は、女生徒達には目もくれずに教室の最後方の、廊下へと出るもう一つのドアへと向かった。
出て行くのか。女生徒たちは目で追いながら、やや安堵の心を抱いたその時だった。

あろうことか、男は懐からイワシの頭とヒイラギの葉を一串にまとめたものを取り出すと、
ドアの下方にテープで貼りつけたのだ。
いち早く立ち上がり、男にとびかかった二人の女生徒がいた。
しかし、その手が男にかかる前に、振り向きざま男が撒いた豆によって二人は昏倒した。
いともたやすく気絶させられた二人に、男はなおも執拗に豆をぶつける。


こっからどうしよう。

696 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/02/04(火) 16:57:19.94 ID:dgzEJvcr]
鬼退治(陰語)

そういう作用だったのか……
じゃあ昨日の夜は運悪く豆に当たった鬼が朦朧としながら歩いてたんじゃん
捕まえときゃよかったー

697 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/02/11(火) 01:43:34.74 ID:X6kF2xjF]
健康的に痩せる方法としてセックスが人気のダイエット法に。更に絶頂の震度が深ければ深いほど良い
そんなマヌケな話に騙された娘がとある有名性感エステの店に行って…的なシチュが出せそうで出ねえ

698 名前:>>690描いてみた [2014/02/16(日) 04:56:32.79 ID:NxSM9HSr]
ずいぶん季節外れになっちまったがな……まあ、こういうの書くのは初めてなんだ
おまいらもぬるい気持ちで見てくれ

***

短い呼吸音が連続していた。
2月4日夕暮れ時、一般に節分と呼ばれるその日。とある山の中腹にある、目立つところのないような山村のはずれに、ひとつの人影が座り込んでいた。
村の中でも昼の仕事時以外では人の立ち入らないような、主に家畜を世話する小屋や雪隠や、そういうものが集められた一角。
人が立ち入らないというよりは、匂いや衛生的な意味であまり人が好んで寄ることのしないような、そんな場所に、その人影はあった。
艶やかな、若さを象徴するかのような肌と、金色の短く切った髪。見た目で言えば13、4つといったところだろうか、それくらいの美しい少女だ。
否、少女と呼ぶには、そこにはいささか間違いが生じるかもしれない。
なぜなら彼女の左右にわけた髪の間から見える額には、両の眉の上あたりに一つずつ、赤黒い角が生えているからだ。
鬼。
彼女は所謂、そう呼ばれる種族だった。
「はぁっ…はぁっ………、はぁぁッ……!」
サラシと虎柄のパンツだけを身につけた彼女は、時折体を震わせて深く息をつく。寒いわけではない。ひんやりとした空気を肌で感じ取ってはいるが、鬼という種族は気温に大きく左右されない。
当然のことながらその理由――つまり彼女がどうしてここに今こうして居るのか、或いはどうしてこうなっているのかというその理由も、しっかりある。
2月の4日。先述のとおり、節分の日だ。
節分といえば、もう簡単に推測できるだろうが、豆まきという慣習がある。厄を鬼として、炒り豆を撒いて払う、例のそれである。どんな辺境な山の中であろうと文化が極端に遅れているわけではなく、当然、この村にもその慣習があった。
そして、これは人間の知る由もないことだが、鬼はその厄としての役を、その日一日中全うするという妖としての決まりがあった。つまり「鬼は外」の鬼である。そして今年、それに鬼の中で選ばれたのがたまたま彼女だったのだ。
だが人間より遥か長い年月を生きる鬼とて子供の時代はある。
まだ生まれて数十年の彼女など鬼の中では青二才で、人間のならわしや、ましてや生活や性など知るわけもない。鬼の里から背中を蹴飛ばされるように出て来て、迷い迷いやっとこの村にたどり着いたのだ。
とは言えど何をしていいかもわからずふらふらと村を歩きいているところを村人に見つかり、更に鬼であるということまでバレて炒り豆の礫をしこたま食らった。
そのうえ豆まきという行事に興じて騒ぎながら追ってくる人間から家屋や馬や牛を蹴散らしながら逃げたのがますます人間の癇に障ったらしく、鬼の形相で追ってくる村人をやっと撒いてこの区画にたどり着いた、というわけだ。
あちらへこちらへ走り回ったため方角もわからず帰り道も忘れ、途方にくれてひとまず隠れているのである。
ところで。
彼女が踞っているのは主にそういう理由だが、実は他にも理由がある。
「―――はぁっ、あうっ…っ!」
また体を跳ね上げて眉を寄せる、鬼の少女。その体を襲っているのは空腹でも披露でも痛みでもなく、快楽だ。炒った豆は鬼の体に当たると、特に女の鬼の場合には性感として、豆のぶつかったところが激感に襲われるというのだ。
まだ鬼として成熟していない、若い鬼の少女の肌は、村の人間に豆を散々ぶつけられたせいで所々にその跡が残っている。
見る者が見れば、僅かな跡ではあるが、痛々しいと感じる者もいなくもないだろう。しかし彼女が感じているのはその真逆なのだ。
即ち、跡を引くような、疼くような、ぴりぴりとした快感。
性感帯でない所から、快楽がじわりと沸くように彼女の脳を刺激するのだ。
「はーっ、はーっ、はぁーっ……」
そうこうするうちに日は沈み、辺りは薄い月明かりだけになる。寒さは感じない彼女だが、それでも知らない場所に一人でいるのは、そこはかとない心細さを彼女に与えた。

エロなし

699 名前:>>690描いてみた [2014/02/16(日) 05:00:37.67 ID:NxSM9HSr]
(…なんとかして帰らなくちゃ)
帰り道もわからないが、じっとしていても始まらない。歩けば何か思い出すかもしれない。決意を決め、家畜小屋の影を出る。
山中の村といっても村である以上人が住んでいるわけだから、見つかってはいけない。夜だから通りに出ている人こそいないものの、ふとした拍子に自分がいることがばれてしまうかもしれない。
慎重に慎重に、音をたてないように通りを歩く。
歩く、つもりだった。
が。
ズッ!! と。
踏み出した足が、地面を捉え損ねた。
「ひゃっ……!?」
それは至極単純な落とし穴だった。昼間、彼女を追っていた連中のうちの誰かが、冗談半分で仕掛けたものだろう。作りも穴に布と土をかけただけと雑で、普通ならぱっと見て見抜けたに違いない。
しかし、今は夜で、通りの土面よりも民家や道角のほうに集中してしまった。ばれないようにと必死になるあまり、己の足下への注意を怠ってしまった。
そして彼女にとってさらに悪いことに。
落とし穴の底には、丁寧にも炒り豆が敷き詰められていて。
それを認識まではしたものの、あまりにも唐突な出来事に体はとっさに反応できずに。
嬌声と悲鳴の入り交じった悲鳴が響いた。

「…っしゃ、これでいいだろ」
男が膝に手をついて立ち上がると、他の集まっていた男達がにやりと笑った。
場所は廃れた物置小屋。ついさっきまで、鬼の少女が隠れていた場所のすぐ近くだ。
その男達の中心。
柱に両手を結わえつけられ、両足を木の某の両端に括られ、いわゆる『人』の字に縛められた鬼の少女は、うっすらと涙のにじむ目で男達を力一杯に睨め付けた。
辺りは積もっていたであろう埃や置いてあった桶等の道具が吹き飛ばされ、かなり強い力で彼女が暴れたのが見て取れた。
が、それでも彼女をの拘束は緩まず、彼女の端麗な四肢を露にさせていた。
彼女の両手足を縛っている縄はただの縄ではない。彼女とて人ならざる者、普通の縄では腕力だけで引きちぎって逃げてしまう。そこで男達が用いたのは『注連縄』だった。
それこそ鬼のような、化物を拒絶するためのものだが、それゆえに鬼の彼女では縄に影響を与えることができない――つまり、逃げられない。
最初こそ激しく抵抗した鬼の少女だが、一度縛られてしまえばあとは人間たちが優勢で、もう彼女には口と目で訴えるしか手がなくなってしまったのだった。

700 名前:>>690描いてみた3 [2014/02/16(日) 05:01:53.42 ID:NxSM9HSr]
男はそんな彼女を満足げに見下ろすと、
「さて、昼間はよくも俺の家と馬を八つ裂きにしてくれたじゃねえか。せっかくこうしてもう一回会えたっていうんだ…お返しいこうじゃねえか、なあ?」
そう言って男は袂から、炒り豆の入った袋を取り出した。
それを見たとたん、少女の顔が引きつる。
昼間さんざんあれに打たれ、その影響で夕暮れまで延々と悶えることになったのだ。既に炒り豆による攻撃は彼女の中でトラウマとしての位置につきつつあった。
男が炒り豆を掴んで、取り出す。それに続くようにして他の男達も皆、炒り豆を取り出して見せつけるようにつかみ取る。見ていることしかできない鬼の少女は、それでも必死に体を捩って逃れようとしたが、
「鬼はー外ッ!!!」
一人の男が叫ぶのをきっかけにして、全員が、炒り豆を少女にぶつけた。
瞬間、
「っっ――っふあぁッ!!? ひッ、あおおおおおおォォォォ――――――――ッッッ!!!!」
少女の体がガグンっ!! と飛び跳ね、海老反りになった。その細い喉から、女の子とは思えないような、必死の色を湛えた絶叫ともつかぬ嬌声が、物置小屋中に響き渡った。
驚いたのはむしろ男達である。
鬼に豆をぶつけようとしたのは行き過ぎたいたずら心からであって、ここまで本気で悲鳴をあげるとは思わなかったのだ――しかも快感による悲鳴とは。
男達が唖然としている間も、鬼の少女は散らばった豆やその前の豆の余韻で善がり、何度も何度も絶頂を迎える。反った背がもとにもどらないまま、腰を突き上げるかのような格好でただただ強すぎる快楽に悶えのたうち回る。
穿いていた虎柄のパンツは、あれよあれよという間にびしょびしょになり、その吸水機能の限界を超えて少女の太ももにまで淫靡な液体が垂れるしまつだ。
ところで男はよく下半身でものを考えると言われるが、目の前のその壮絶で艶やかな光景に、呆気に取られていた男達もいよいよ気を取り戻しつつあった。
のみならず。
その胸に大小の嗜虐心が、目の前の見た目13、4の少女に対してふつふつと沸いてくるのを誰もが感じていた。
その時も未だ激しい絶頂の波に揉まれて悲鳴をあげていた少女は、男の一人が近づいてくるのに全く気付かなかった。
男は手で豆を人掴みとると、そのまま少女の発育途中の薄い胸に押し付けた。



701 名前:>>690描いてみた4 [2014/02/16(日) 05:02:58.86 ID:NxSM9HSr]
「ひ、ぎぃああああああっ!!? ッッグ、イグイグイグぅぅあああ―――――――――――ッッッ!!!!」
突如として胸に再び訪れた激しすぎる官能の嵐。
乳首のみならず胸全体がまるで燃えているかのようなカッとした熱につつまれ、直後にすべてが快楽へと変わる。叩き付けられるような、暴力に近い快感に、少女の四肢は暴れ回るが、注連縄はそれをがっちりと縛り付けて離さない。
男はそのまま、少女の薄い脂肪を確かめるかのように胸を揉む。ゆっくりとしかし力を込めて男が手を動かす度にぐにぐにと胸もその形を僅かに変えていく。その間も身を焼くような絶頂の嵐は止まない。
そのうえただ投げるだけの豆と違って常に胸と炒り豆とが接触する形になるため、一瞬一瞬が信じられないような快感を産む。
「イっっクぅぅぅううううッッ!!! やだやだやだああああ!!! じぬっ、もうやめっ、――――ッッ!!? そんな、こりこりしちゃだめえええええええッ!!!! はっ、ひぃぃぃッ!!! うああああああああああああああああああッッッ!!!!」
まだ熟れていない、幼さを残した躯が快感にうち震える。電流を流されたかのようにビクンッ!! と跳ね、その度に潮を噴き散らす。胸を揉まれるだけで、限界と思えるような快感が脳を突き抜ける。
ぱしゃぱしゃと股から液体が床に垂れる。潮というよりも殆ど尿に近い――というか実際彼女は、あまりの快感にすでに尿も漏らしているのだが。
その痴態に触発されたかのように、他の男達も皆、炒り豆を手に鬼の少女の躯に殺到した。
少女の悲鳴のトーンがさらに上がる。
胸だけだった快感の発生源が、それこそ全身に現れたのだ。
鬼の少女の目がカッと見開き、焦点の定まらない瞳が悲哀の涙を湛えて虚空を見る。胸でさえあれだけ善がり狂っていたのだ。それが全身となっては、もはや抵抗することすら出来る筈もなかった。
「ごえんなさッ、いぃ、家ッ、壊してごめんなさいいいいぃぃぃっっ!!! あやまるよぉ、あやまりまずがらぁぁぁぁぁぁッッ!! はひっ、うがああああイッグぅぅぅぅぅ!!!? もう許じでえええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!!!!!」
イキ狂い悶えのたうち回りながら、ごめんなさい、許してと哀願する少女だが、既に鬼以上に鬼となった村の男達は彼女の声など聞いてはいない。聞いてはいるが嬌声としか受け取っていない。
少女が何を言おうが、何を謝ろうが、そんなものは全て男達を興奮させる材料にしかならないのだ。

702 名前:>>690描いてみた4 [2014/02/16(日) 05:04:34.89 ID:NxSM9HSr]
10分、20分と時が過ぎる。
30分を超したあたりで、ようやっと、男たちが少女の体から手を引いた。
…とはいえそれだけで少女の快楽がすぐに収まるはずもなく、少女はまだ気の狂うような快楽の渦の中にいるのだが。
勿論、男達が手を引いたのはそんな少女に情けをかけたわけではない。
そんな慈悲の心があるのならば、はじめからこんな虐待はしない。
「なあ…そろそろさあ、もういいんじゃねえか、なぁ?」
一人の男が、もう待ちきれないというように、堅く怒張した自身を露にしながら言う。
「いいよな……なぁ、いいだろッ!! 一番手は貰うぜ!!」
そう、つまり。
男達はこれから、いよいよ、本番に移ろうというわけだった。少女の状態がどうかなんて関係ない、ただ自分の欲を満たすためだけに。
男のソレが、少女の恥部に押当てられる。豆をさんざん躯に押当てられた鬼の少女のそこはもはや雨の降ったあとの地面のようにぐちゃぐちゃで、白い粘質の液体にまみれている。
そして。
ついに男は、少女の中へと侵入を果たした。
そして、
「っっっっぎゃああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッ!!?!?!!?」
挿入の次の瞬間。
絶叫が、物置小屋の隅々まで響き渡った――ただしそれは、村の男達が予想した叫びとはまるで違っていた。
男の絶叫。
少女の中に自らのイチモツを突き込んだまま、その突き込んだ側の男のほうが、喉が張り裂けるのではないかという絶叫をあげたのだ。


ギャグ回

703 名前:>>690描いてみた6 [2014/02/16(日) 05:06:23.29 ID:NxSM9HSr]
もちろん少女も、敏感になっていた自らの大事なところをこすり上げられる快楽に悲痛な叫びを上げているのだが、男の絶叫はそのさらに上の上をいっている。
何が起こったのかさっぱりわからずぽかんとしていた男達だったが男の叫びが徐々に弱まり、泡を吹いて失神し、慌てて助けようと少女と男を引き離そうとした段階で、そこで他の男達は気付いた。
引き離せない。
というか、抜けない。
そう。
つまりはこういうことだった――少女は注連縄で拘束され、炒り豆で何度も何度も激しい絶頂に晒され、すでに息も絶え絶えで今拘束を解いた所でなんの危険性もないくらいの状態だったが、それでも彼女は鬼の一族。
つまりはわざわざ注連縄を使わないと、普通の縄が千切れ飛ぶような腕力の持ち主だ。
そして当然のことながら、腕力だけが強いわけではない。腹筋や背筋も、脚力も。そして同じように人間と比べ物にならない力を持っているのは、膣であっても例外ではない。
要するに、男のソレは少女の膣内に突き込んだ瞬間、少女の人外の膣圧によって見るも無惨に潰されてしまったのだった。
「………………………………………!!!!!!」
さすがに男達もすくみ上がる。もし己が入れていたなら、今頃は…と想像してしまった者のうち、貧弱な者などはその場で尿を漏らしはじめていた。
…が、なんと言うべきかこの男達の性欲は、そんな凄惨な場面を見てもまだ潰えなかった。
褒めるべきか阿呆と言うべきか、そんなことはわからないし、そんなことを言う者もその場には残念ながら誰もいなかったが。
とにかく彼等は考え、そして妥協と共に一策を講じる。
男達は痙攣する少女の躯を再び縛り上げ、脚を大きく広げさせた。そして未だつけたままだった少女の虎柄のパンツをぐっとずらす。ひくひくと露になった性器が震え、まだ絶頂の収まらないそこから時折ぷしゃっと潮が吹き出す。
すぐにでもそこにぶち込みたい衝動をぐっと抑え、指でそれを広げる。
強力な膣圧でなかなか広がらなかったものの、立て続けに訪れていた絶頂が少し収まって来たらしい少女の躯から力が抜けていったため、奥まで見えるまでに開くことができた。
男達は。
そんな鬼の少女の膣内へと、容赦なく炒り豆を流し込んだ。

704 名前:>>690描いてみた6 [2014/02/16(日) 05:07:35.97 ID:NxSM9HSr]
「…――――――――――〜〜〜〜〜〜〜ッッッ!!?!? ッッ!!!!!!!!!」
その瞬間、少女の息が止まった。
死んだのではない。ただあまりの快感に頭が追いつかず、息をするのを忘れてしまっただけだ。
だが悲しいかな、鬼である少女はそれ故に回復も早く、すぐにその人間なら誰だってとっくにイキ死んでいるであろう快感を認識する。認識、してしまう。
「おおおおおお”お”お”お”お”お”お”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ッッ!!!!!???!? っグ、イグイグイグイグゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥぅぅッ――――――っはあああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぅぁぁぁああああああああッッッ!!!!!!!!!!!」
それまでの快感が、ただの前戯に思えるほどの快感だった。
躯がどうなっているのかわからない。自分の手足がとこにあるのか知覚できない。今見えているのが何色なのかも理解できない。自分というそれが何者であるのか、とか、今何をされているのか、とか、そんなことを考えることすら、脳をぶん殴るようなその快感が許さない。
ただ絶頂する――否、絶頂し続ける。
人間以上の圧を持つ膣がマイナスに働いて、中に詰まった豆を吐き出す事すらできない。
どころかもう、豆がどうとかそういう次元を超えていた。
叫び疲れて顎が開きっぱなしになり、喉も掠れてヒューヒューという細い息ともつかぬ声しか出なくなっても、それでも男達は少女を責める手を止めない。
ある者は少女に自分のモノを握らせ、ある者は未発達な胸に自身を擦り付け、ある者は髪を使い、ある者は咥えさせ、ある者は脇で挟み込ませ、ある者はふともも、ある者は脚の裏へ、各々で好き勝手に少女の体を弄んでは、白い液体をぶっかける。
もちろん少女はそれに気付いてなどいない。激しい絶頂が全身の感覚すらあやふやにさせているのだ。
体が絶頂感と共に溶けていくような。
このまま絶頂感の渦に消えてしまいそうな。
「あぅあぁぁぁぁぁ………………イック、まらぁ………イグの、もう、いやら…ぁ………ひっ、んぶぅッ…………………イク、またぁ、イクぅ……ッ!」
痙攣すら、今の鬼の少女は起こしていない。
常に筋肉が収縮し、頭が力のコントロールを放棄しているのだ。既に少女は





あきた
誰か続きたのむ

705 名前:お粗末様。 [2014/02/16(日) 05:09:18.72 ID:NxSM9HSr]
あんまエロくならなかったなあと反省
まあ言った通り何しろ始めてなものでなあ…いやすまぬすまぬ

706 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/02/16(日) 12:14:25.17 ID:tXg8MuUh]
おういいねいいね
イワシの頭バージョンだとどうなるだろうか

707 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/02/17(月) 23:24:25.15 ID:zxGZdU67]
良かったぜ

708 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/02/17(月) 23:56:04.91 ID:cjG3helH]
いい話だった!

709 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/02/19(水) 12:27:19.00 ID:v3zCc+HA]
>>705
鬼GJ!気が向いたらまたなんか書いておくれ!!

710 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/03/14(金) 14:26:10.01 ID:6Vf1gwtm]
保守



711 名前:名無しさん@ピンキー mailto:sage [2014/04/02(水) 20:42:08.07 ID:tT6tinxK]
やり始めて既に二ヶ月・・・
2日に1人以上の確立ですよ!!!

mt4-fx.com/live4/42.jpg

熟読者はウハウハ!!!






[ 新着レスの取得/表示 (agate) ] / [ 携帯版 ]

前100 次100 最新50 [ このスレをブックマーク! 携帯に送る ] 2chのread.cgiへ
[+板 最近立ったスレ&熱いスレ一覧 : +板 最近立ったスレ/記者別一覧](;´∀`)<430KB

read.cgi ver5.27 [feat.BBS2 +1.6] / e.0.2 (02/09/03) / eucaly.net products.
担当:Oak-3