都市計画法
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[日本法令|▼Menu]
 都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときは、都市計画に、市街化区域と市街化調整区域との区分(以下「区域区分」という。)を定めることができる。ただし、次に掲げる都市計画区域については、区域区分を定めるものとする。

 次に掲げる土地の区域の全部又は一部を含む都市計画区域イ
 
首都圏整備法第二条第三項に規定する既成市街地又は
同条第四項に規定する近郊整備地帯

 
近畿圏整備法第二条第三項に規定する既成都市区域又は
同条第四項に規定する近郊整備区域

 
中部圏開発整備法第二条第三項に規定する都市整備区域


 前号に掲げるもののほか、大都市に係る都市計画区域として政令で定めるもの


 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域及びおおむね十年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域とする。

 市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域とする。

(都市再開発方針等)
第七条の二
 都市計画区域については、都市計画に、次に掲げる方針(以下「都市再開発方針等」という。)を定めることができる。

 都市再開発法(昭和四十四年法律第三十八号)
第二条の三第一項又は
第二項の規定による都市再開発の方針

 大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法(昭和五十年法律第六十七号)
第四条第一項の規定による住宅市街地の開発整備の方針

 地方拠点都市地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律(平成四年法律第七十六号)
第三十条の規定による拠点業務市街地の開発整備の方針

 密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律(平成九年法律第四十九号。以下「密集市街地整備法」という。)
第三条第一項の規定による防災街区整備方針


 都市計画区域について定められる都市計画(区域外都市施設に関するものを含む。)は、都市再開発方針等に即したものでなければならない。

(地域地区)
第八条
 都市計画区域については、都市計画に、次に掲げる地域、地区又は街区を定めることができる。

 第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域又は工業専用地域(以下「用途地域」と総称する。)

 特別用途地区
二の二
 特定用途制限地域
二の三
 特例容積率適用地区
二の四
 高層住居誘導地区

 高度地区又は高度利用地区

 特定街区
四の二
 都市再生特別措置法(平成十四年法律第二十二号)第三十六条第一項の規定による都市再生特別地区、同法第八十九条の規定による居住調整地域又は同法第百九条第一項の規定による特定用途誘導地区

 防火地域又は準防火地域
五の二
 
密集市街地整備法第三十一条第一項の規定による特定防災街区整備地区

 景観法(平成十六年法律第百十号)
第六十一条第一項の規定による景観地区

 風致地区

 駐車場法(昭和三十二年法律第百六号)
第三条第一項の規定による駐車場整備地区

 臨港地区

 古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法(昭和四十一年法律第一号)
第六条第一項の規定による歴史的風土特別保存地区
十一
 明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法(昭和五十五年法律第六十号)
第三条第一項の規定による第一種歴史的風土保存地区又は第二種歴史的風土保存地区
十二
 都市緑地法(昭和四十八年法律第七十二号)
第五条の規定による緑地保全地域、
同法第十二条の規定による特別緑地保全地区又は
同法第三十四条第一項の規定による緑化地域
十三
 流通業務市街地の整備に関する法律(昭和四十一年法律第百十号)第四条第一項の規定による流通業務地区
十四
 生産緑地法(昭和四十九年法律第六十八号)
第三条第一項の規定による生産緑地地区
十五
 文化財保護法(昭和二十五年法律第二百十四号)
第百四十三条第一項の規定による伝統的建造物群保存地区
十六
 特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法(昭和五十三年法律第二十六号)
第四条第一項の規定による航空機騒音障害防止地区又は航空機騒音障害防止特別地区


 準都市計画区域については、都市計画に、前項第一号から第二号の二まで、第三号(高度地区に係る部分に限る。)、第六号、第七号、第十二号(
都市緑地法第五条の規定による緑地保全地域に係る部分に限る。)又は第十五号に掲げる地域又は地区を定めることができる。

 地域地区については、都市計画に、第一号及び第二号に掲げる事項を定めるものとするとともに、第三号に掲げる事項を定めるよう努めるものとする。

 地域地区の種類(特別用途地区にあつては、その指定により実現を図るべき特別の目的を明らかにした特別用途地区の種類)、位置及び区域

 次に掲げる地域地区については、それぞれ次に定める事項
イ 用途地域 
建築基準法第五十二条第一項第一号から
第四号までに規定する建築物の容積率(延べ面積の敷地面積に対する割合をいう。以下同じ。)並びに
同法第五十三条の二第一項及び
第二項に規定する建築物の敷地面積の最低限度(建築物の敷地面積の最低限度にあつては、当該地域における市街地の環境を確保するため必要な場合に限る。)
ロ 第一種低層住居専用地域又は第二種低層住居専用地域 
建築基準法第五十三条第一項第一号に規定する建築物の建ぺい率(建築面積の敷地面積に対する割合をいう。以下同じ。)、
同法第五十四条に規定する外壁の後退距離の限度(低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため必要な場合に限る。)及び
同法第五十五条第一項に規定する建築物の高さの限度
ハ 第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、準工業地域、工業地域又は工業専用地域 
建築基準法第五十三条第一項第一号から
第三号まで又は

是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[日本法令検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし日本法令]
[NewsList (ja)]

Size:276 KB
出典: 『法令データ提供システム
担当:FIRTREE