国民健康保険法
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[日本法令|▼Menu]
国民健康保険法
(昭和三十三年十二月二十七日法律第百九十二号)

最終改正:平成二八年一二月二六日法律第一一四号
(最終改正までの未施行法令)平成二十七年五月二十九日法律第三十一号(一部未施行) 

 国民健康保険法(昭和十三年法律第六十号)の全部を改正する。


 
第一章 総則(第一条―第四条)
 
第二章 市町村(第五条―第十二条)
 
第三章 国民健康保険組合
  
第一節 通則(第十三条―第二十二条)
  
第二節 管理(第二十三条―第三十一条)
  
第三節 解散及び合併(第三十二条―第三十四条)
  
第四節 雑則(第三十五条)
 
第四章 保険給付
  
第一節 療養の給付等(第三十六条―第五十七条の三)
  
第二節 その他の給付(第五十八条)
  
第三節 保険給付の制限(第五十九条―第六十三条の二)
  
第四節 雑則(第六十四条―第六十八条)
 
第四章の二 広域化等支援方針(第六十八条の二・第六十八条の三)
 
第五章 費用の負担(第六十九条―第八十一条)
 
第五章の二 交付金事業(第八十一条の二)
 
第六章 保健事業(第八十二条)
 
第七章 国民健康保険団体連合会(第八十三条―第八十六条)
 
第八章 診療報酬審査委員会(第八十七条―第九十条)
 
第九章 審査請求(第九十一条―第百三条)
 
第九章の二 保健事業等に関する援助等(第百四条・第百五条)
 
第十章 監督(第百六条―第百九条)
 
第十一章 雑則(第百十条―第百二十条)
 
第十二章 罰則(第百二十条の二―第百二十八条)
 
附則
   
第一章 総則

(この法律の目的)
第一条
 この法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もつて社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする。

(国民健康保険)
第二条
 国民健康保険は、被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関して必要な保険給付を行うものとする。

(保険者)
第三条
 市町村及び特別区は、この法律の定めるところにより、国民健康保険を行うものとする。

 国民健康保険組合は、この法律の定めるところにより、国民健康保険を行うことができる。

(国及び都道府県の義務)
第四条
 国は、国民健康保険事業の運営が健全に行われるようにつとめなければならない。

 都道府県は、国民健康保険事業の運営が健全に行われるように、必要な指導をしなければならない。
   
第二章 市町村

(被保険者)
第五条
 市町村又は特別区(以下単に「市町村」という。)の区域内に住所を有する者は、当該市町村が行う国民健康保険の被保険者とする。

(適用除外)
第六条
 前条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する者は、市町村が行う国民健康保険の被保険者としない。

 健康保険法(大正十一年法律第七十号)の規定による被保険者。ただし、
同法第三条第二項の規定による日雇特例被保険者を除く。

 船員保険法(昭和十四年法律第七十三号)の規定による被保険者

 国家公務員共済組合法(昭和三十三年法律第百二十八号)又は地方公務員等共済組合法(昭和三十七年法律第百五十二号)に基づく共済組合の組合員

 私立学校教職員共済法(昭和二十八年法律第二百四十五号)の規定による私立学校教職員共済制度の加入者

 健康保険法の規定による被扶養者。ただし、
同法第三条第二項の規定による日雇特例被保険者の同法の規定による被扶養者を除く。

 船員保険法、国家公務員共済組合法(他の法律において準用する場合を含む。)又は地方公務員等共済組合法の規定による被扶養者

 
健康保険法第百二十六条の規定により日雇特例被保険者手帳の交付を受け、その手帳に健康保険印紙をはり付けるべき余白がなくなるに至るまでの間にある者及び同法の規定によるその者の被扶養者。ただし、
同法第三条第二項ただし書の規定による承認を受けて
同項の規定による日雇特例被保険者とならない期間内にある者及び
同法第百二十六条第三項の規定により当該日雇特例被保険者手帳を返納した者並びに同法の規定によるその者の被扶養者を除く。

 高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年法律第八十号)の規定による被保険者

 生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)による保護を受けている世帯(その保護を停止されている世帯を除く。)に属する者

 国民健康保険組合の被保険者
十一
 その他特別の理由がある者で厚生労働省令で定めるもの

(資格取得の時期)
第七条
 市町村が行う国民健康保険の被保険者は、当該市町村の区域内に住所を有するに至つた日又は前条各号のいずれにも該当しなくなつた日から、その資格を取得する。

(資格喪失の時期)
第八条
 市町村が行う国民健康保険の被保険者は、当該市町村の区域内に住所を有しなくなつた日の翌日又は第六条各号(第九号及び第十号を除く。)のいずれかに該当するに至つた日の翌日から、その資格を喪失する。ただし、当該市町村の区域内に住所を有しなくなつた日に他の市町村の区域内に住所を有するに至つたときは、その日から、その資格を喪失する。

 市町村が行う国民健康保険の被保険者は、第六条第九号又は第十号に該当するに至つた日から、その資格を喪失する。

(届出等)
第九条
 被保険者の属する世帯の世帯主(以下単に「世帯主」という。)は、厚生労働省令の定めるところにより、その世帯に属する被保険者の資格の取得及び喪失に関する事項その他必要な事項を市町村に届け出なければならない。

 世帯主は、市町村に対し、その世帯に属するすべての被保険者に係る被保険者証の交付を求めることができる。

 市町村は、保険料(地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)の規定による国民健康保険税を含む。以下この項、第七項、第六十三条の二、第六十八条の二第二項第四号、附則第七条第一項第三号並びに附則第二十一条第三項第三号及び第四項第三号において同じ。)を滞納している世帯主(その世帯に属するすべての被保険者が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成六年法律第百十七号)による一般疾病医療費の支給その他厚生労働省令で定める医療に関する給付(第六項及び第八項において「原爆一般疾病医療費の支給等」という。)を受けることができる世帯主を除く。)が、当該保険料の納期限から厚生労働省令で定める期間が経過するまでの間に当該保険料を納付しない場合においては、当該保険料の滞納につき災害その他の政令で定める特別の事情があると認められる場合を除き、厚生労働省令で定めるところにより、当該世帯主に対し被保険者証の返還を求めるものとする。

 市町村は、前項に規定する厚生労働省令で定める期間が経過しない場合においても、同項に規定する世帯主に対し被保険者証の返還を求めることができる。ただし、同項に規定する政令で定める特別の事情があると認められるときは、この限りでない。

 前二項の規定により被保険者証の返還を求められた世帯主は、市町村に当該被保険者証を返還しなければならない。
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[日本法令検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし日本法令]
[NewsList (ja)]

Size:343 KB
出典: 『法令データ提供システム
担当:FIRTREE