警察法施行規則
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[日本法令|▼Menu]
警察法施行規則
(昭和二十九年六月三十日総理府令第四十四号)

最終改正:平成二八年九月七日内閣府令第五八号


 警察法(昭和二十九年法律第百六十二号)の規定に基き、及び同法を実施するため並びに警察法施行令(昭和二十九年政令第百五十一号)附則第九項の規定に基き、警察法施行規則を次のように定める。


 
第一章 国家公安委員会の委員の服務の宣誓(第一条)
 
第二章 警察庁の組織
  
第一節 内部部局
   
第一款 長官官房(第二条―第十四条)
   
第二款 生活安全局(第十五条―第二十条)
   
第三款 刑事局(第二十一条―第三十五条)
   
第四款 交通局(第三十六条―第四十条)
   
第五款 警備局(第四十一条―第五十三条)
   
第六款 情報通信局(第五十四条―第五十八条)
   
第七款 警察庁顧問(第五十九条)
  
第二節 附属機関
   
第一款 警察大学校(第六十条―第八十六条)
   
第二款 科学警察研究所(第八十七条―第百七条)
   
第三款 皇宮警察本部(第百八条―第百二十七条)
  
第三節 地方機関
   
第一款 管区警察局(第百二十八条―第百五十四条)
   
第二款 東京都警察情報通信部及び北海道警察情報通信部(第百五十五条―第百六十四条)
 
第三章 地方警務官の階級別定員(第百六十五条)
 
附則
   
第一章 国家公安委員会の委員の服務の宣誓

第一条
 国家公安委員会の委員に任命された者の服務の宣誓は、次の様式による宣誓書に署名して、内閣総理大臣に提出するものとする。
      宣 誓 書
   私は、日本国憲法及び法律を忠実に擁護し、個人の権利と自由を保護し、及び公共の安全と秩序を維持すべき国家公安委員としての責務を深く自覚し、警察の職務に優先してその規律に従うべきことを要求する団体又は組織に加入せず、不偏不党且つ公平中正に職務を遂行することを固く誓います。
    年 月 日
                     氏      名
   
第二章 警察庁の組織
    
第一節 内部部局
     
第一款 長官官<[/a>

(政策企画官)
第二条
 長官官房総務課に、政策企画官一人を置く。

 政策企画官は、命を受け、警察庁組織令(昭和二十九年政令第百八十号。以下「令」という。)
第八条第五号及び
第六号に掲げる事務のうち重要事項に係るものの企画及び立案に参画する。

(警察行政運営企画室)
第三条
 長官官房総務課に、警察行政運営企画室を置く。

 警察行政運営企画室においては、
令第八条第五号に掲げる事務のうち警察行政の運営一般に関する事務及び
同条第七号に掲げる事務をつかさどる。

 警察行政運営企画室に、室長を置く。

 室長は、命を受け、警察行政運営企画室の事務を掌理する。

(広報室)
第四条
 長官官房総務課に、広報室を置く。

 広報室においては、
令第八条第十二号に掲げる事務をつかさどる。

 広報室に、室長を置く。

 室長は、命を受け、広報室の事務を掌理する。

(情報公開・個人情報保護室)
第五条
 長官官房総務課に、情報公開・個人情報保護室を置く。

 情報公開・個人情報保護室においては、
令第八条第十三号及び
第十四号に掲げる事務をつかさどる。

 情報公開・個人情報保護室に、室長を置く。

 室長は、命を受け、情報公開・個人情報保護室の事務を掌理する。

(留置管理室)
第六条
 長官官房総務課に、留置管理室を置く。

 留置管理室においては、
令第八条第十五号に掲げる事務をつかさどる。

 留置管理室に、室長を置く。

 室長は、命を受け、留置管理室の事務を掌理する。

(人事総括企画官)
第七条
 長官官房人事課に、人事総括企画官一人を置く。

 人事総括企画官は、命を受け、
令第九条第一号、第三号及び第五号から第七号までに掲げる事務のうち重要事項に係るものの企画及び立案に参画する。

(監察官)
第八条
 長官官房人事課に、監察官三人を置く。

 監察官は、命を受け、
令第九条第二号及び
第四号に掲げる事務をつかさどる。

(会計企画官)
第九条
 長官官房会計課に、会計企画官一人を置く。

 会計企画官は、命を受け、
令第十条第一号から
第五号まで及び
第七号に掲げる事務のうち重要事項に係るものの企画及び立案に参画する。

(監査室)
第十条
 長官官房会計課に、監査室を置く。

 監査室においては、
令第十条第六号に掲げる事務をつかさどる。

 監査室に、室長を置く。

 室長は、命を受け、監査室の事務を掌理する。

(装備室)
第十一条
 長官官房会計課に、装備室を置く。

 装備室においては、
令第十条第九号、第十号及び第十二号に掲げる事務をつかさどる。

 装備室に、室長を置く。

 室長は、命を受け、装備室の事務を掌理する。

(厚生管理室)
第十二条
 長官官房給与厚生課に、厚生管理室を置く。

 厚生管理室においては、
令第十一条第三号から

是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[日本法令検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし日本法令]
[NewsList (ja)]

Size:104 KB
出典: 『法令データ提供システム
担当:FIRTREE