電子記録債権法
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[日本法令|▼Menu]
電子記録債権法
(平成十九年六月二十七日法律第百二号)

最終改正:平成二八年六月三日法律第六二号
(最終改正までの未施行法令)平成二十八年六月三日法律第六十二号(未施行) 

 
第一章 総則(第一条・第二条)
 
第二章 電子記録債権の発生、譲渡等
  
第一節 通則
   
第一款 電子記録(第三条―第十一条)
   
第二款 電子記録債権に係る意思表示等(第十二条―第十四条)
  
第二節 発生(第十五条・第十六条)
  
第三節 譲渡(第十七条―第二十条)
  
第四節 消滅(第二十一条―第二十五条)
  
第五節 記録事項の変更(第二十六条―第三十条)
  
第六節 電子記録保証(第三十一条―第三十五条)
  
第七節 質権(第三十六条―第四十二条)
  
第八節 分割(第四十三条―第四十七条)
  
第九節 雑則(第四十八条―第五十条)
 
第三章 電子債権記録機関
  
第一節 通則(第五十一条―第五十五条)
  
第二節 業務(第五十六条―第六十一条)
  
第三節 口座間送金決済等に係る措置(第六十二条―第六十六条)
  
第四節 監督(第六十七条―第七十七条)
  
第五節 合併、分割及び事業の譲渡(第七十八条―第八十一条)
  
第六節 解散等(第八十二条―第八十五条)
 
第四章 雑則(第八十六条―第九十二条)
 
第五章 罰則(第九十三条―第百条)
 
附則
   
第一章 総則

(趣旨)
第一条
 この法律は、電子記録債権の発生、譲渡等について定めるとともに、電子記録債権に係る電子記録を行う電子債権記録機関の業務、監督等について必要な事項を定めるものとする。

(定義)
第二条
 この法律において「電子記録債権」とは、その発生又は譲渡についてこの法律の規定による電子記録(以下単に「電子記録」という。)を要件とする金銭債権をいう。

 この法律において「電子債権記録機関」とは、第五十一条第一項の規定により主務大臣の指定を受けた株式会社をいう。

 この法律において「記録原簿」とは、債権記録が記録される帳簿であって、磁気ディスク(これに準ずる方法により一定の事項を確実に記録することができる物として主務省令で定めるものを含む。)をもって電子債権記録機関が調製するものをいう。

 この法律において「債権記録」とは、発生記録により発生する電子記録債権又は電子記録債権から第四十三条第一項に規定する分割をする電子記録債権ごとに作成される電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)をいう。

 この法律において「記録事項」とは、この法律の規定に基づき債権記録に記録すべき事項をいう。

 この法律において「電子記録名義人」とは、債権記録に電子記録債権の債権者又は質権者として記録されている者をいう。

 この法律において「電子記録権利者」とは、電子記録をすることにより、電子記録上、直接に利益を受ける者をいい、間接に利益を受ける者を除く。

 この法律において「電子記録義務者」とは、電子記録をすることにより、電子記録上、直接に不利益を受ける者をいい、間接に不利益を受ける者を除く。

 この法律において「電子記録保証」とは、電子記録債権に係る債務を主たる債務とする保証であって、保証記録をしたものをいう。
   
第二章 電子記録債権の発生、譲渡等
    
第一節 通則
     
第一款 電子記録

(電子記録の方法)
第三条
 電子記録は、電子債権記録機関が記録原簿に記録事項を記録することによって行う。

(当事者の請求又は官公署の嘱託による電子記録)
第四条
 電子記録は、法令に別段の定めがある場合を除き、当事者の請求又は官庁若しくは公署の嘱託がなければ、することができない。

 請求による電子記録の手続に関するこの法律の規定は、法令に別段の定めがある場合を除き、官庁又は公署の嘱託による電子記録の手続について準用する。

(請求の当事者)
第五条
 電子記録の請求は、法令に別段の定めがある場合を除き、電子記録権利者及び電子記録義務者(これらの者について相続その他の一般承継があったときは、その相続人その他の一般承継人。第三項において同じ。)双方がしなければならない。

 電子記録権利者又は電子記録義務者(これらの者について相続その他の一般承継があったときは、その相続人その他の一般承継人。以下この項において同じ。)に電子記録の請求をすべきことを命ずる確定判決による電子記録は、当該請求をしなければならない他の電子記録権利者又は電子記録義務者だけで請求することができる。

 電子記録権利者及び電子記録義務者が電子記録の請求を共同してしない場合における電子記録の請求は、これらの者のすべてが電子記録の請求をした時に、その効力を生ずる。

(請求の方法)
第六条
 電子記録の請求は、請求者の氏名又は名称及び住所その他の電子記録の請求に必要な情報として政令で定めるものを電子債権記録機関に提供してしなければならない。

(電子債権記録機関による電子記録)
第七条
 電子債権記録機関は、この法律又はこの法律に基づく命令の規定による電子記録の請求があったときは、遅滞なく、当該請求に係る電子記録をしなければならない。

 電子債権記録機関は、第五十一条第一項第五号に規定する業務規程(以下この章において単に「業務規程」という。)の定めるところにより、保証記録、質権設定記録若しくは分割記録をしないこととし、又はこれらの電子記録若しくは譲渡記録について回数の制限その他の制限をすることができる。この場合において、電子債権記録機関が第十六条第二項第十五号に掲げる事項を債権記録に記録していないときは、何人も、当該業務規程の定めの効力を主張することができない。

(電子記録の順序)
第八条
 電子債権記録機関は、同一の電子記録債権に関し二以上の電子記録の請求があったときは、当該請求の順序に従って電子記録をしなければならない。

 同一の電子記録債権に関し同時に二以上の電子記録が請求された場合において、請求に係る電子記録の内容が相互に矛盾するときは、前条第一項の規定にかかわらず、電子債権記録機関は、いずれの請求に基づく電子記録もしてはならない。

 同一の電子記録債権に関し二以上の電子記録が請求された場合において、その前後が明らかでないときは、これらの請求は、同時にされたものとみなす。

(電子記録の効力)
第九条
 電子記録債権の内容は、債権記録の記録により定まるものとする。

 電子記録名義人は、電子記録に係る電子記録債権についての権利を適法に有するものと推定する。

(電子記録の訂正等)
第十条
 電子債権記録機関は、次に掲げる場合には、電子記録の訂正をしなければならない。ただし、電子記録上の利害関係を有する第三者がある場合にあっては、当該第三者の承諾があるときに限る。

 電子記録の請求に当たって電子債権記録機関に提供された情報の内容と異なる内容の記録がされている場合

 請求がなければすることができない電子記録が、請求がないのにされている場合

 電子債権記録機関が自らの権限により記録すべき記録事項について、記録すべき内容と異なる内容の記録がされている場合

 電子債権記録機関が自らの権限により記録すべき記録事項について、その記録がされていない場合(一の電子記録の記録事項の全部が記録されていないときを除く。)


 電子債権記録機関は、第八十六条各号に掲げる期間のうちのいずれかが経過する日までに電子記録が消去されたときは、当該電子記録の回復をしなければならない。
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[日本法令検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし日本法令]
[NewsList (ja)]

Size:93 KB
出典: 『法令データ提供システム
担当:FIRTREE