葛西 善蔵 (著)
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫|▼Menu]
著者:葛西 善蔵

□公開作品一覧
哀しき父
椎の若葉
浮浪

□著者概要
葛西善蔵(かさい ぜんぞう) 1887(明治20)年1月16日〜1928(昭和3)年7月23日。青森県弘前市松森町に生まれる。幼少の時、一家での北海道、青森・五所川原や南津軽郡碇ヶ関村などに転居した。碇ヶ関尋常小学校補修科を卒業後、15歳で単身上京するもその後帰郷、北海道で鉄道車掌、営林署勤務などをした。1905(明治38)年に再び上京、哲学館(現東洋大学)で聴講生となるが、1908(明治41)年、徳田秋声に師事した。郷里で結婚したが単身上京して、作家を目指した。大正元年、広津和郎や谷崎精二らと同人雑誌「奇蹟」を創刊し、葛西歌棄の名で処女作『哀しき父』を発表した。生活苦などのためその後も別居・同居(東京・郷里の往復)を繰り返した。葛西は「自己小説」と呼んで、「生活の破産、人間の破産、そこから僕の芸術生活が始まる」とする私小説の文学像を追求した。『雪をんな』(大正6)の執筆までが初期で、肉親の苦労や犠牲の上に自己の文学を築こうとする苦悶を冷静に客観的に描いたといわれる。中期が『贋物』(大正6)から大正11年頃までで、同7年の『子をつれて』が評判となり、この頃が最も全盛期となった。後期作品には、『椎の若葉』や『湖畔手記』(いずれも大正13)など詩情とともに哀愁味ある心境に達した作品がある。借金、酒浸り、病苦のあげく、家庭を捨て芸術至上へと向かう破滅型の自己小説の題材は狭く、自己や他者に対する苛烈さがあるが、その飄逸さも捨てがたい魅力となっている。一時、鎌倉の建長寺塔頭宝珠院に身を寄せ、『おせい』(大正12)のモデルと言われる浅見ハナと交際し、震災後、本郷の西城館に同棲した。結核のため体調は悪化し、1928(昭和3)年7月23日、世田谷三宿で41歳で死去した。嘉村磯多らとも親交があった。葛西善蔵全集全5巻(改造社)ほかがある。(林田清明)

是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE