岡本 綺堂 (著)
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu]
著者:岡本 綺堂

□公開作品一覧
麻畑の一夜

池袋の怪
異妖編
有喜世新聞の話

鰻に呪われた男
海亀
恨みの蠑螺
鴛鴦鏡
お住の霊
怪獣
影を踏まれた女
籠釣瓶
河童小僧
鐘ヶ淵

火薬庫
木曽の旅人
綺堂むかし語り
経帷子の秘密
魚妖
魚妖
蜘蛛の夢
栗の花
くろん坊

こま犬
権三と助十
慈悲心鳥
修禅寺物語
女侠伝
真鬼偽鬼
心中浪華の春雨
西瓜
水鬼
青蛙堂鬼談
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
世界怪談名作集
玉藻の前
近松半二の死
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
中国怪奇小説集
月の夜がたり
停車場の少女
停車場の少女

鳥辺山心中
廿九日の牡丹餅

白髪鬼
放し鰻
馬妖記
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
半七捕物帳
番町皿屋敷
百物語
深見夫人の死
平造とお鶴
マレー俳優の死
三浦老人昔話
箕輪心中
雪女
ゆず湯
指輪一つ
夢のお七
妖婆
寄席と芝居と
ランス紀行
離魂病
両国の秋
倫敦の一夜


□著者概要
劇作家、小説家。本名は敬二、別号に狂綺堂。イギリス公使館に勤めていた元徳川家御家人、敬之助の長男として、東京高輪に生まれる。幼くして歌舞伎に親しみ、父の影響を受けて英語も能くした。東京府立一中卒業後、1890(明治23)年に東京日日新聞に入社。以来、中央新聞社、絵入日報社などを経て、24年間を新聞記者として過ごす。この間、1896(明治29)年には処女戯曲「紫宸殿」を発表。岡鬼太郎と合作した「金鯱噂高浪(こがねのしゃちうわさのたかなみ)」は、1902(明治35)年に歌舞伎座で上演された。江戸から明治にかけて、歌舞伎の台本は劇場付きの台本作家によって書かれてきたが、明治半ばからは、坪内逍遥ら、演劇界革新の担い手に新作をあおいだ〈新歌舞伎〉が台頭する。二世市川左団次に書いた「維新前後」(1908年)、「修禅寺物語」(1911年)の成功によって、綺堂は新歌舞伎を代表する劇作家となった。1913(大正2)年以降は作家活動に専念し、生涯に196篇の戯曲を残す。コナン・ドイルのシャーロック・ホームズ物を原著でまとめて読んだのをきっかけに、江戸を舞台とした探偵小説の構想を得、1916(大正5)年からは「半七捕物帳」を書き始めた。

ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE