田舎から東京を見る
渦巻ける烏の群
海賊と遍路
砂糖泥棒
前哨
チチハルまで
電報
豚群
二銭銅貨
窃む女
農民文学の問題
パルチザン・ウォルコフ
反戦文学論
氷河
武装せる市街
浮動する地価
防備隊
まかないの棒
名勝地帯
土鼠と落盤
「紋」
雪のシベリア
老夫婦
黒島 伝治 (著) - 暇つぶし青空文庫黒島 伝治 (著)
[青空文庫|▼Menu]
著者:黒島 伝治

著者概要
1898(明治31)年12月12日、香川県小豆島の貧しい農家に生まれる。1917(大正6)年、文学を志し上京、1919(大正8)年に早稲田大学予科に入学するが、徴兵を受け、シベリアに派兵。胸を患い、帰国。『文芸戦線』同人となり農民小説、反戦小説を執筆。代表作は、シベリア出兵を題材にした『渦巻ける烏の群』、済南事件に取材した『武装せる市街』など。1943(昭和18)年10月17日、郷里小豆島で病死。(大野 裕)

青空文庫検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

By eucalyptus.
担当:FIRTREE