井戸の底に埃の溜つた話
淫売婦
海に生くる人々
運動会の風景
工場の窓より
セメント樽の中の手紙
氷雨
万福追想
遺言文学
葉山 嘉樹 (著) - 暇つぶし青空文庫葉山 嘉樹 (著)
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[青空文庫|▼Menu]
著者:葉山 嘉樹

著者概要
福岡県京都郡豊津村生まれ。1924(大正13)年、最初の小説『牢獄の半日』が「文芸戦線」に掲載。この短編はさして話題にのぼらなかったが、1925年に『淫売婦』、1926年に『セメント樽の中の手紙』が、同じく「文芸戦線」に掲載され、一躍注目されるようになった。さらに長編『海に生くる人々』を発表。日本プロレタリア文学の記念碑的な傑作と絶賛された。

◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

青空文庫検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

By eucalyptus.
担当:FIRTREE