原 民喜 (著)
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu]
著者:原 民喜

□公開作品一覧
秋日記
悪夢
ある手紙
遺書
一匹の馬
飢ゑ
美しき死の岸に
永遠のみどり
永遠のみどり
壊滅の序曲
壊滅の序曲
ガリヴア旅行記
ガリバー旅行記
「狂気について」など
苦しく美しき夏
原子爆弾
原爆回想
原爆小景
原爆被災時のノート
氷花
五年後
災厄の日
沙漠の花
潮干狩
「屍の街」
死と愛と孤独
死について
死のなかの風景
書簡
心願の国
戦争について
小さな村
鎮魂歌
鎮魂歌
長崎の鐘
夏の花
夏の花
廃墟から
廃墟から
火の踵
火の唇
火の唇
火の子供
雲雀病院
ヒロシマの声
二つの死
冬日記
平和への意志
星のわななき
魔のひととき
魔のひととき
惨めな文学的環境

□著者概要
被爆体験を作品に刻んだ、小説家、詩人。広島市生まれ。広島高等師範学校附属中学校時代から詩作を始め、慶應義塾大学文学部予科に進んで、山本健吉らと同人誌を発行。小説にも手を染める一方、左翼運動に関わる。慶應義塾大学文学部英文科に進学し、1932(昭和7)年卒業。翌年、佐々木基一の姉、永井貞恵と結婚。1935(昭和10)年、掌編小説集「焔」を自費出版。翌年8月、「三田文学」に「貂」を掲載。以降、同誌を中心に旺盛に作品を発表していく。1939(昭和14)年、妻の体調悪化。1942(昭和17)年1月、千葉県立船橋中学校に、英語教師として週三回勤務。1944(昭和19)年3月、同中学退職。9月、妻死去。翌年1月、千葉から広島市幟町の生家に疎開。8月6日、爆心地に近いこの家で、被爆する。広島の惨状を綴った「夏の花」をこの年のうちに書き上げる。当初、1946(昭和21)年1月の「近代文学」創刊号に発表を予定していた「夏の花」は、GHQの検閲を考慮して発表が見送られる。同年4月、上京。被爆体験と妻との別れをテーマとした作品を、優れぬ体調と貧窮の中で書き続ける。1947(昭和22)年、「三田文学」6月号に「夏の花」掲載。1951(昭和26)年3月13日、中央線、吉祥寺・西荻窪間で鉄道自殺。

◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE