忘れ形見
若松 賤子 (著) - 暇つぶし青空文庫若松 賤子 (著)
[青空文庫|▼Menu]
著者:若松 賤子

著者概要
教師、翻訳家、作家。本名、巌本甲子(いわもと かし)。江戸末期に会津藩士の長女として生まれたが、横浜の織物商の養女となり、キダー塾へ通って英語を習得する。のち、フェリス女学校と名前の変わった母校の教師に。英語力を生かし、「小公子」「イノック・アーデン物語」などの海外文学の翻訳もした。ペンネームは故郷の会津若松にちなんだもの。「賎子」は「神のしもべ」の意味という。

青空文庫検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

By eucalyptus.
担当:FIRTREE