北村 透谷 (著)
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫|▼Menu]
著者:北村 透谷

□公開作品一覧
哀詞序
厭世詩家と女性
処女の純潔を論ず
各人心宮内の秘宮
客居偶録
頑執妄排の弊
鬼心非鬼心
「伽羅枕」及び「新葉末集」
国民と思想
山庵雑記
実行的道徳
秋窓雑記
主のつとめ
心機妙変を論ず
人生に相渉るとは何の謂ぞ
人生の意義
粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ
賤事業弁
想断々(2)
想断々(1)
楚囚之詩
他界に対する観念
罪と罰(内田不知庵訳)
「罪と罰」の殺人罪
徳川氏時代の平民的理想
内部生命論
熱意
富嶽の詩神を思ふ
復讐・戦争・自殺
「平和」発行之辞
漫言一則
三日幻境
明治文学管見
我牢獄

□著者概要
1868-1894。詩人、作家、評論家。本名、門太郎。神奈川県小田原市生まれ。1881(明治14)年に両親とともに東京に移住し、翌年、銀座の泰明小学校を卒業。透谷の名は、銀座数寄屋橋(すきやばし)の「数寄屋(すきや)」を「透谷(すきや)」にかえ、読みを「とうこく」にしたと言われる。一時期自由民権運動に深く影響されたが、のちになって政治から遠ざかり、キリスト教の信仰の世界に入る。25歳で自殺。

是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE