荒雄川のほとり
或る嬰児殺しの動機
街底の熔鉱炉
街頭の偽映鏡
駈落
仮装観桜会
簡略自伝
機関車
季節の植物帳
喫煙癖
汽笛
郷愁
恐怖城
首を失った蜻蛉
熊の出る開墾地
栗の花の咲くころ
黒い地帯
錯覚の拷問室
接吻を盗む女の話
手品
都会地図の膨脹
秘密の風景画
骨を削りつつ歩む
緑の芽
指と指環
猟奇の街
佐左木 俊郎 (著) - 暇つぶし青空文庫佐左木 俊郎 (著)
[青空文庫|▼Menu]
著者:佐左木 俊郎

著者概要
明治33年宮城県生まれ。「文学時代」(新潮社)の編集長であるとともに、探偵小説作家でもあり、農民文学の作家でもあった。昭和8年死去。

青空文庫検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

By eucalyptus.
担当:FIRTREE