長塚 節 (著)
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[青空文庫|▼Menu]
著者:長塚 節

□公開作品一覧
壱岐国勝本にて
芋掘り
鉛筆日抄
痍のあと
栗毛虫
撃剣興行
才丸行き
佐渡が島
商機
しらくちの花
白瓜と青瓜
白甜瓜
炭焼のむすめ
対州厳原港にて
太十と其犬
旅の日記
月見の夕

土浦の川口
十日間
利根川の一夜
長塚節歌集
長塚節歌集
長塚節歌集
長塚節句集
菜の花
浜の冬
菠薐草
松虫草
弥彦山
隣室の客
我が庭

□著者概要
歌人、小説家。茨城県結城郡の豪農の家に生まれ、3歳のときすでに百人一首を暗誦できたとの言い伝えがある。長じて正岡子規の門下に入り、『馬酔木』『アララギ』に多数の短歌を発表した。30代前半に東京朝日新聞に連載した小説「土」は日本の農民文学を確立した作品といわれる。結核のために37歳の若さで死去。

◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE