坂口 安吾 (著)
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu]
著者:坂口 安吾

□公開作品一覧
諦めている子供たち
足のない男と首のない男
新らしき性格感情
新らしき文学
雨宮紅庵
アンゴウ
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾巷談
安吾下田外史
家康
囲碁修業
石の思ひ
一家言を排す
『異邦人』に就いて
裏切り
エゴイズム小論
お喋り競争
織田信長
お奈良さま
おみな
オモチャ箱
女占師の前にて
温浴
外套と青空
我鬼
咢堂小論
“歌笑”文化
風と光と二十の私と
風博士
蟹の泡
閑山
感想家の生れでるために
気候と郷愁
北と南
教祖の文学
ぐうたら戦記
芸道地に堕つ
桂馬の幻想
現実主義者
現代とは?
現代の詐術
巷談師
講談先生
ゴルフと「悪い仲間」
今後の寺院生活に対する私考
今日の感想
桜の森の満開の下
思想と文学
出家物語
勝負師
処女作前後の思ひ出
白井明先生に捧ぐる言葉
ジロリの女
新人へ
人生案内
推理小説論
スタンダアルの文体
青春論
禅僧
続戦争と一人の女
続堕落論
堕落論
探偵小説とは
地方文化の確立について
茶番に寄せて
通俗作家 荷風
通俗と変貌と
机と布団と女
土の中からの話
露の答
D・D・Tと万年床
帝銀事件を論ず
デカダン文学論
手紙雑談
天皇小論
天皇陛下にさゝぐる言葉
特攻隊に捧ぐ
長島の死
南風譜
新潟の酒
肉体自体が思考する
二合五勺に関する愛国的考察
二十一
日映の思い出
日本精神
日本文化私観
二流の人
能面の秘密
白痴
花咲ける石
花田清輝論
「花」の確立
母の上京
母を殺した少年
反スタイルの記
ピエロ伝道者
悲願に就て
投手殺人事件
百万人の文学
便乗型の暴力
ヒンセザレバドンス
不可解な失恋に就て
不良少年とキリスト
ふるさとに寄する讃歌
フロオべエル雑感
文学のふるさと
文化祭
勉強記
朴水の婚礼
保久呂天皇
本郷の並木道
牧野さんの祭典によせて
牧野さんの死
街はふるさと
「街はふるさと」作者の言葉
水鳥亭
未来のために
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物
明治開化 安吾捕物帖
もう軍備はいらない
模範少年に疑義あり
モンアサクサ
矢田津世子宛書簡
ヤミ論語
幽霊と文学
由起しげ子よエゴイストになれ
欲望について
予告殺人事件
夜長姫と耳男
淪落の青春
流浪の追憶
歴史と事実
老嫗面
狼園
わが思想の息吹
我が人生観
我が人生観
我が人生観
我が人生観
我が人生観
我が人生観
我が人生観
我が人生観
わが血を追ふ人々
私の探偵小説
私は海をだきしめてゐたい

□著者概要
小説家。本名は炳五(へいご)。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926(大正15)年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930(昭和5)年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊、翌年6月に発表した「風博士」を牧野信一に絶賛され、文壇の注目を浴びる。その後、「紫大納言」(1939年)などの佳作を発表する一方、世評的には不遇の時代が続いたが、1946(昭和21)年、戦後の本質を鋭く把握洞察した「堕落論」、「白痴」の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955(昭和30)年2月17日、脳溢血により急死。享年48歳。小説の代表作は「紫大納言」「真珠」「白痴」「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」など。エッセイの代表作は「FARCEに就て」「文学のふるさと」「日本文化私観」「堕落論」「教祖の文学」など。(J.M)

是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE