「味の素」発明の動機 (作品データ)
[青空文庫|▼Menu]
作品を読む

タイトルデータ
・作品名
  「味の素」発明の動機
・作品名読み
  あじのもとはつめいのどうき
・著者名
  池田 菊苗 

作品データ
・初出
  「人生化学」龜高徳平著、丁未出版社、1933(昭和8)年3月
・仮名遣い種別
  新字旧仮名

作家データ
・分類
  著者
・作家名
  池田 菊苗
・作家名読み
  いけだ きくなえ
・ローマ字表記
  Ikeda, Kikunae
・生年
  1864
・没年
  1936-05-03
・人物について
  元治元年、京都に父池田春苗の次男に生まれる。幼名完二郎。 1896(明治29)年、帝国大学理科大学助教授となる。 1899(明治32)年7月、ドイツライプチヒ大学のオストワルド教授の研究室に1年半滞在する。帰国後、東京帝国大学理科大学教授に任ぜられる。 1917(大正6)年、財団法人理化学研究所の創立に参加し化学部長となる。 1936(昭和11)年、腸閉塞のため急逝。雑司ヶ谷霊園に埋葬される。 氏は調味料「味の素」の発明で有名だが、その特許は1908(明治41)年7月取得の「グルタミン酸塩を主成分とする調味料製造法」である。片山正夫の追想文「池田菊苗先生の思出」によると、後年理化学研究所の同僚となる鈴木梅太郎は「池田さんの仕事は自分の方でやるべき性質のものであるが、洒落では無いがうまくやられた。グルタミン酸はなめた事はあるが、塩はなめなかつた」と話したらしい。(小林 徹)「池田菊苗

底本データ
・底本
  池田菊苗博士追憶録
・出版社
  池田菊苗博士追憶会
・初版発行日
  1956(昭和31)年10月1日
・入力に使用
  1956(昭和31)年10月1日
・校正に使用
  1956(昭和31)年10月1日
・備考
  非売品

工作員データ
・入力
  小林徹
・入力
  小林聡美
・校正
  富田倫生


青空文庫検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

By eucalyptus.
担当:FIRTREE