恐しき通夜 (作品データ)
[青空文庫|▼Menu]
作品を読む

タイトルデータ
・作品名
  恐しき通夜
・作品名読み
  おそろしきつや
・著者名
  海野 十三 

作品データ
・初出
  「新青年」1931(昭和6)年12月号
・仮名遣い種別
  新字新仮名
・備考
  この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)

作家データ
・分類
  著者
・作家名
  海野 十三
・作家名読み
  うんの じゅうざ
・ローマ字表記
  Unno, Juza
・生年
  1897-12-26
・没年
  1949-05-17
・人物について
  1897.12.26〜1949.5.17。日本におけるSFの始祖となった小説家。本名は佐野昌一。徳島市の医家に生まれ、早稲田大学理工科で電気工学を専攻。逓信省電気試験所に勤務するかたわら、1928(昭和3)年、「新青年」に『電気風呂の怪死事件』と名付けた探偵小説を発表して小説家としてデビュー。以降、探偵小説、科学小説、加えて少年小説にも数多くの作品を残した。太平洋戦争中、軍事科学小説を量産し、海軍報道班員として従軍した海野は、敗戦に大きな衝撃を受ける。敗戦翌年の1946(昭和21)年2月、盟友小栗虫太郎の死が追い打ちをかけ、海野は戦後を失意の内に過ごす。筆名の読みは、「うんのじゅうざ」、「うんのじゅうぞう」の二通りが流布している。丘丘十郎(おか・きゅうじゅうろう)名でも作品を残し、本名では電気関係の解説書を執筆している。「海野十三

底本データ
・底本
  海野十三全集 第1巻 遺言状放送
・出版社
  三一書房
・初版発行日
  1990(平成2)年10月15日
・入力に使用
  1990(平成2)年10月15日第1版第1刷

工作員データ
・入力
  tatsuki
・校正
  ペガサス


青空文庫検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

By eucalyptus.
担当:FIRTREE