即興詩人 (作品データ)
[青空文庫|▼Menu]
作品を読む

タイトルデータ
・作品名
  即興詩人
・作品名読み
  そっきょうしじん
・著者名
  アンデルセン ハンス・クリスチャン 

作品データ
・作品について
  「即興詩人
・仮名遣い種別
  旧字旧仮名
・備考
  この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)

作家データ
・分類
  著者
・作家名
  アンデルセン ハンス・クリスチャン
・作家名読み
  アンデルセン ハンス・クリスチャン
・ローマ字表記
  Andersen, Hans Christian
・生年
  1805-04-02
・没年
  1875-08-04
・人物について
  デンマークの国民的文学者。オーデンセの貧しい靴直し屋に生まれ、幼少の頃から父にアラビアンナイトなどの物語を読み聞かされ育った。その父が早くに亡くなったため学校を中退せざるをえず、俳優を志してコペンハーゲンへ行くものの、途中で挫折する。苦しい生活の後、政治家コリンの援助もあり大学を卒業する。国外を遊学し、その際のイタリアでの印象と体験より「即興詩人」を著す。1835年「童話集(お話と物語)」を発表し、以後死ぬまでの四十年で一五〇余編の童話を書いた。グリムと童話文学の始祖として並び称されるが、グリムと違い、創作童話の多さが特徴的である。他の代表作 「絵のない絵本」「わが生涯の物語」(大久保ゆう)「ハンス・クリスチャン・アンデルセン
・分類
  翻訳者
・作家名
  森 鴎外
・作家名読み
  もり おうがい
・ローマ字表記
  Mori, Ogai
・生年
  1862-02-17
・没年
  1922-07-09
・人物について
  本名林太郎。石見国鹿足郡津和野町(現・島根県鹿足郡津和野町)生まれ。代々津和野藩亀井家の典医の家柄で、鴎外もその影響から第一大学区医学校(現・東大医学部)予科に入学。そして、両親の意に従い陸軍軍医となる。1884(明治17)年から5年間ドイツに留学し衛生学などを学ぶ。「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」「大発見」「ヰタ・セクスアリス」などに、そのドイツ時代の鴎外を見て取ることができる。その後、陸軍軍医総監へと地位を上り詰めるが、創作への意欲は衰えず、「高瀬舟」「阿部一族」などの代表作を発表する。「森鴎外

底本データ
・底本
  定本限定版 現代日本文學全集 13 森鴎外集(二)
・出版社
  筑摩書房
・初版発行日
  1967(昭和42)年11月20日
・入力に使用
  1967(昭和42)年11月20日

工作員データ
・入力
  三州生桑
・校正
  松永正敏


青空文庫検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

By eucalyptus.
担当:undef