東京市騒擾中の釣
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:石井研堂 

 騒擾と違警罪

 明治三十八年九月五日の、国民大会より、「警察焼打」といふ意外の結果を来(きた)せしかば、市内は俄(にわか)に無警察の状態に陥り、これ見よといふ風に、態々(わざわざ)袒(かたぬ)ぎて大道を濶歩するもの、自慢げに跣足(すあし)にて横行するもの、無提灯にて車を曳(ひ)くものなど、違警罪(いけいざい)者街上に充ち、転(うた)た寒心(かんしん)すべきこと多かりし。
 されば、人心恟々(きょうきょう)として、安き心も無く、後日、釣船の宿にて聴く所によれば、騒擾(そうじょう)の三日間ばかりは、釣に出づる者とては絶えて無く、全く休業同様なりしといふ。左(さ)もあるべし。然るに、此の騒々しきどさくさ紛れを利用して、平日殺生禁断の池に釣垂れて、霊地を汚し、一時の快を貪りし賤民(せんみん)の多かりしは、嘆かはしきの至りなりし。当時、漁史の見聞せし一二事を摘録(てきろく)して、後日の記念とせんか。

 釣竿、奇禍(きか)を買はんとす

 六日の昼、来客の話に「僕は昨日、危く災難を蒙る所であッたが、想へば、ぞッとする」といふ。「国民大会見物にでも出掛けて……」と問へば、「否(いな)深川へおぼこ釣に出かけ、日暮方、例の如く釣竿を担(かつ)ぎ魚籃(びく)を提(さ)げて、尾張町四丁目の角から、有楽町に入ると、只事ならぬ騒らしい。変だとは思ッたが、ぶら/″\電車の路に従(つ)いて進むと、愈(いよいよ)混雑を極めてたが、突然後方(うしろ)から、僕の背をつゝく者が有ッた。振り返ッて見ると、四十ばかりの商人体(あきんどてい)の男が、『彼方(あなた)、其様(そん)な刀の様な物を担いで通ッたら、飛んだ目に逢ひませう』と注意された。『何か有るのですか』と聞いたら、『今しも、内務大臣官邸はこれ/\で、』と、官民斬りつ斬られつの修羅(しゅら)を話された。『では、袋を外し、竿剥(む)き出しにして、往きませう』と言ふと、『それが好(い)いでせう』と、賛成してくれるので、篤(あつ)く礼を述べて別れ、それから、竿の袋を剥き、魚籃を通して担ぎ、百雷の様な吶喊(とっかん)の声、暗夜の磯の怒濤(どとう)の様な闘錚(とうじょう)の声を、遠く聞きながら無難に過ぎることが出来た。若(も)し、奇特者の忠告無く、前の様で、うッかり通ッたもんなら、何様(どん)な奇禍を買ッたか知れなかッたが」と言へり。危(あやう)かりしことかな。

 浅草公園の公開? 釣堀

 六日の夜は、流言の如く、又焼打の騒ぎあり、翌七日には、市内全く無警察の象(しょう)を現はしけるが、浅草公園の池にては、咎むる者の無きを機(き)とし、鯉(こい)釣大繁昌との報を得たり。釣道(つりどう)の記念に、一見せざるべからずとなし、昼飯後直ちに、入谷(いりや)光月町を通り、十二階下より、公園第六区の池の端(はた)に、漫歩遊観(まんぽゆうかん)を試みたり。
 到り観れば、話しに勝(まさ)る大繁昌にて、池の周囲には、立錐の余地だに無く、黒山の人垣を築けり。常には、見世物場の間に散在して営業する所の「引懸釣」、それさへ見物人は、店内に充溢するに、増して、昨日一昨日(おととい)までは礫一つ打つことならざしり泉水(せんすい)の、尺余の鯉を、思ふまゝに釣り勝ち取り勝ちし得べき、公開? 釣堀と変りたることなれは、数(す)百の釣手、数(す)千の見物の、蟻集麕至(ぎしゅうくんし)せしも、素(もと)より無理ならぬことにて、たゞ、盛なりといふべき光景なるに呆れたり。

 竿持てる人々

 中島に橋、常に、焼麩(やきふ)商ふ人の居し辺は、全く往来止めの群衆にて、漁史は、一寸(ちょッと)覗きかけしも足を進むべき由なく、其のまゝ廻りて、交番の焼け跡の方に到り、つま立てゝ望む。
 東西南北より、池の心(しん)さして出でたる竿は、幾百といふ数を知らず、継竿、丸竿、蜻蛉(とんぼ)釣りの竿其のまゝ、凧(たこ)の糸付けしも少からず見えし。片手を岸なる松柳にかけたるもの、足を団石(だんせき)の上に進め、猿臂(えんぴ)を伸ばせる者、蹲踞(そんきょ)して煙草を吹く者、全く釣堀の光景其(そ)のまゝなり。
 竿持てる者には、腹がけに切絆天(しるしばんてん)、盲縞(めくらじま)の股引したる連中多く、むさぐるしき白髪の老翁の、手細工に花漆をかけたという風の、竹帽子を被れるも見え、子供も三四分一は居たりしならん。獲物の獲物だけに、普通の小魚籃(こびく)にては、役に立たざる為めか、或は、一時の酔興に過ぎざる為めか、魚籃の用意あるは少かりし。たヾ、二尺五六寸有らんかと思はれし、棕櫚縄(しゅろなわ)つきの生担(いけたご)を、座右に備へし男も有りしが、これ等は、一時の出来心とも言ひ難く、罪深き部類の一人なりしなるべし。

 万歳の声

 平日、焼麩(やきふ)一つ投ずれば、折重りて群れを成し、□□(けんぐう)の集団を波際に形作る程に飼ひ馴らせる鯉なれば、之を釣り挙ぐるに、術も手練も要すべき筈なく、岩丈(がんじょう)の仕掛にて、力ッこに挙げさへすれば、寝子(ねこ)も赤子(しゃくし)も釣り得べきなり。目の前なる、三十歳近くの、蕎麦屋の出前持らしき風体(ふうてい)の男、水際にて引きつ引かれつ相闘ひし上、二尺許(ばかり)のを一本挙げたりしが、観衆忽(たちま)ち百雷の轟く如き声して「万歳」を叫べり。
 続きて、対ふ岸にて又一本挙げしが、又「万歳」の声起れり。一本を挙ぐる毎に、この歓声を放つ例なるべしと思ひき。
 この衆(おお)き釣師、見物人の外に、一種異りたる者の奔走するを見る。長柄(ながえ)の玉網(たま)を手にし、釣り上ぐる者を見る毎(ごと)に、即ち馳せて其の人に近寄り、抄(すく)ひて手伝ふを仕事とする、奇特者(きとくしゃ)? なり。狂態も是(ここ)に至りて極まれり。

 釣師の偵察隊

 彼方(かなた)此方(こなた)にて、一本を挙ぐる毎に「万歳」の叫びを聴きしが、此時、誰の口よりか「来た/\」といふ声響く。一同は、竿を挙げて故(ことさ)らに他方を向き、相知らざる様を粧ひたり。何事ぞと思ひしに、巡査の来れるなりし。偵察隊より「巡査見ゆ」との信号を受け、一時釣を休めしものと知られたり。さて其の過ぎ行くに及び、又忽(たちま)ち池を取り囲みて鈎(はり)をおろせしは、前の如し。哨兵(しょうへい)つきの釣とは、一生に再び見ること能はざるべし。
 間も無く、「万歳」声裡(せいり)に、又一本を挙げたる者ありしが、少しも喜べる色なく、「何だ緋鯉か。誰にかやらう」といふ声の下より、十歳許(ばかり)の小児、「伯父さん私に頂戴」と乞ふ。「なァに食べられないことは無いよ。肉(み)が少し柔いが……。」と、之を外し与ふれば、小児は裾に包み、一走(ひたはし)りに走り去れり。
 此の男、又一本釣り挙げしが、「型が気に喰はぬ」とて、亦(また)、傍(かたわら)に見物せる男に与へたり。普通の釣師は、三日四日の辛抱にて、「跳ッ返り」一本挙げてさへ、尺璧(せきへき)の喜びにて、幾たびか魚籃(びく)の内を覗き愛賞(あいしょう)措(お)かざるに、尺余の鯉を、吝気(おしげ)もなく与へて、だぼ沙魚(はぜ)一疋(ぴき)程にも思はざるは、西行法師の洒脱にも似たる贅沢無慾の釣師かなと感じき。聴けば、一人にて、七八本を貰ひたる者も少からずといふ。

 鯉の当り年か

 歩を移し、対ふ岸に立ちて観ける内、目の前なる老人、其の隣りなる釣り手に向ひ「随分の釣手(つりて)だね。釣堀も、此位に繁昌すれば大中(あた)りだが」と言ひけるに、「此れだけの大中(あた)りを占められたら、開業二三日で破産しませうよ。其処(そこ)な小僧奴なんざ、朝から十六七本挙げやがッたから、慥(たし)かに三四円の働きは為(し)てますわ」とて、指させる小僧を見れば、膝きりのシャツ一枚着たる、十二三歳の少年なりし。想ふに、此の界隈の家々、此処二三日の総菜(そうざい)ものは鯉づくめの料理なりしなるべし。彼(か)のお鯉御前は、大臣のお目に留り、氏(うじ)無(な)くして玉の馬車に乗り、此の公園の鯉は、罪無くして弥次馬の錆鈎(さびはり)に懸り、貧民窟のチャブ台を賑はす。真に今歳は、鯉の当り年なるかななど、詰(つま)らぬ空想を馳せて見物す。

 放生池の小亀

 たとひ自らは、竿を執らざるにせよ、快き気もせざれば、間もなく此処を去りしが、観音堂手前に到りて、亦(また)一の狼籍(ろうぜき)たる様を目撃せり。即ち、淡島(あわしま)さま前なる小池は、田圃に於ける掻堀(かいぼり)同様、泥まみれの老若入り乱れてこね廻し居けり。されば、常に、水の面(めん)、石の上に、群を成して遊べる放生(ほうじょう)の石亀(いしかめ)は、絶えて其の影だに無く、今争ひ捜せる人々も、目的は石亀に在りしや明(あきらか)なりし。中には、「捕ても構(かめ)えねいだが、捕りたくも亀は居ねいのだ」など高笑ひの声も聴ゆ。
 三時過ぎ、家(うち)に帰りけるが、後に聞く所によれば、此日、市ヶ谷見付辺(へん)の濠渠(ほり)も、夥(おびただ)しき釣客(ちょうかく)なりしとぞ。戒厳令布かれたる号外売る鈴の音喧(かまびすし)き裡に在りて、泰然釣を垂れ、世事(せじ)を一笑に附し去りて顧みず。釣者誠に仙客(せんかく)なるかな仙客なるかな。




ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:7830 Bytes

担当:FIRTREE