馬鹿七
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:沖野岩三郎 

ゑて、元の通りの森にするのです。」
「こんな小い苗を植ゑて、元の森にする? 何年後に大きな森になると思ふ?」
「さうさなア、三百年も経(た)てば……。」
「はゝゝゝは、」と智慧蔵は笑ひました。皆なも一度に笑ひました。そして又太鼓を打(たた)いて踊り始めたのです。けれども馬鹿七は、さつさと山へ上つて行きました。そして土を掘つて叮嚀(ていねい)に、其(その)杉苗を植ゑました。それから二十日もたつて馬鹿七が、山を下りて来た時、村の人達は、矢張り雨乞踊りを踊つてゐました。
 馬鹿七は小高い所から、ぢつとその踊りを眺(なが)めてゐましたが、不思議にも村の人達が、皆(みん)な狸に見えるのです。
「あすこで狸が踊つてゐる? 狸が腹鼓を打つてゐる? いゝや、あれは人間ぢや、村の馬鹿な人達ぢやらう? いゝや狸だらう? はてな……」と頻(しき)りに頭を傾(かし)げて考へてゐました。そこで段々と近寄つて見ましたがどうしても、智慧蔵を始め皆なが、毛むくぢやらな、腹の大きい狸に見えるのです。
「おうい/\、お前達は皆(みん)な狸なのか、此村で本当の人間は俺(おれ)一人なのか……」と云つて馬鹿七は、おい/\と大声をあげて泣いたさうです。

 それから何百年もたつて、狸山は又元の通りの、大きな森になりました。馬鹿七の植ゑた杉苗が、もう幾抱(いくかか)えもある大きなものになつて、高く聳(そび)えてゐます。そして此村は、五日目に風が吹き、十日目に雨が降り、田畑の作物が大変よく実ります。毎年秋の末に村の人達が木の刀を腰にさして、狸山へ上つて、其所(そこ)で太鼓を打いて、狸の仮面(めん)を被つて踊ります。森の中にはお宮があつて、そのお宮を「馬鹿七権現(ごんげん)」と申します。そして村人の被る狸の仮面(めん)を「智慧蔵仮面(めん)」と申します。しかし村人の誰(た)れもその由来を知つたものはありません。




ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:9836 Bytes

担当:FIRTREE