強い賢い王様の話
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:豊島与志雄 

 むかし印度(いんど)のある国に、一人の王子がありました。国王からは大事(だいじ)に育(そだ)てられ、国民からは慕(した)われて、ゆくゆくは立派(りっぱ)な王様になられるに違(ちが)いないと、皆(みな)から望(のぞ)みをかけられていました。
 ところが、この王子に一つの癖(くせ)がありました。それは、むやみに高い所へあがるということでした。庭(にわ)で遊(あそ)んでいると、大きな庭石(にわいし)の上に登(のぼ)って喜(よろこ)んでいますし、室(へや)の中にいると、机(つくえ)や卓子(テイブル)の上に座(すわ)りこんでいます。そういう癖(くせ)がひどくなると、しまいには、後庭(こうてい)の大きな木によじ登(のぼ)ったり、城壁(じょうへき)の上に登(のぼ)ったりするようになりました。国王や家来(けらい)たちは心配(しんぱい)しまして、もし高いところから落(お)ちて怪我(けが)でもされるとたいへんだというので、いろいろいってきかせましたが、王子は平気でした。ある時なんかは、城(しろ)の中に飼(か)ってある象(ぞう)の背中(せなか)に乗(の)って、裏門(うらもん)から町へでて行こうとまでしました。その象(ぞう)がまた、平素(へいそ)はごく荒(あら)っぽいのに、その時ばかりは、王子を背(せ)にのせたまま、おとなしくのそりのそりと歩いているのではありませんか。
 国王はひどく心配(しんぱい)しまして、なにか面白(おもしろ)い遊(あそ)びごとをすすめて、王子の気を散(ち)らさせるにかぎると思いました。それで、多くの学者(がくしゃ)たちが集って、いろんな面白(おもしろ)い遊(あそ)びごとを考えだしては王子に勧(すす)めました。すると王子はこう答(こた)えました。
「高いところからまわりを見おろすのが一番面白(おもしろ)い。世の中にこれほど面白(おもしろ)いことはない」
 どうにも仕方(しかた)がありませんでした。それで皆(みな)は相談(そうだん)して、その癖(くせ)が止(や)むまでしばらくの間(あいだ)、王子を広い庭(にわ)に閉(と)じこめることになりました。庭(にわ)には木も石もなく、ただ平(たい)らな地面(じめん)が高い壁(かべ)に取り巻(ま)かれてるきりでした。王子は朝から夕方まで、この庭(にわ)の中に閉(と)じこめられまして、どこを見ても、自分があがれるような高いものは、なに一つありませんでした。そして、とうてい登(のぼ)れないほどの高い壁(かべ)が四方にあるだけ、なおさらつまらなくなりました。いろんな遊(あそ)びごとを皆(みな)から勧(すす)められても、王子は見向(む)きもしませんでした。芝生(しばふ)の上に寝(ね)ころんで、ぼんやり日を過(すご)しました。
 ある日も、王子は芝生(しばふ)の上に寝(ね)ころんで、向(むこ)うの高い壁(かべ)をぼんやり眺(なが)めていました。壁(かべ)の向(むこ)うには、青々とした山の頂(いただき)が覗(のぞ)いていました。その山の上には白い雲(くも)が浮(うか)んでいて、さらにその上遠(とお)くに、大空が円(まる)くかぶさっていました。
「あの壁(かべ)の上にあがったら……、あの山にあがったら……、あの雲(くも)にあがったら……、そしてあの空の天井(てんじょう)の上に……」
 王子は一人で空想(くうそう)にふけりながら、大空を眺(なが)めてるうちに、いつか、うっとりした気持(きもち)になって、うつらうつら眠(ねむ)りかけました。
 誰(だれ)かが自分を呼(よ)ぶようなので、王子はふと眼(め)を開(ひら)きました。見ると、すぐ前に一人の老人(ろうじん)が立っていました。真黒(まっくろ)な帽子(ぼうし)をかぶり、真黒(まっくろ)な服(ふく)をつけ、真黒(まっくろ)な靴(くつ)をはき、手に曲(まが)りくねった杖(つえ)を持(も)っていました。顔(かお)には真白(まっしろ)な髯(ひげ)が生(は)えて、その間(あいだ)から大きな眼(め)が光っていました。
 王子が眼(め)を覚(さま)したのを見て、老人(ろうじん)はハハハと声高(こわだか)く笑(わら)いました。王子は恐(おそ)れもしないで尋(たず)ねました。
「お前は誰(だれ)だ?」
 老人(ろうじん)はまた笑(わら)っていいました。
「誰(だれ)でもいい。お前をためしにきた者だ。……わしがお前を高いところへつれて行ってやろう。わしと一緒(しょ)にくるがいい」
「本当(ほんとう)に高い所へつれていってくれるのか、僕(ぼく)が望(のぞ)むだけ高いところへ?」
「うむ、どんな高いところへでも連(つ)れていってやる。そのかわり、また下へおりようといっても、それはわしは知らない。それでよかったらわしと一緒(しょ)にくるがいい」
「行こう」
 そういって王子は立ちあがりました。
「しかし、下へおりたくなったからといっても、もうわしは助(たす)けてやらないよ」と老人(ろうじん)はいいました。
「高いところへあがれさえすれば、下へなんかはおりなくてもよい」と王子は答(こた)えました。
「それでは行こう」
 老人(ろうじん)は王子の手を取って、杖(つえ)を一振(ひとふ)り振(ふ)ったかと思うと、二人はもう高い壁(かべ)の上にあがっていました。王子はびっくりしました。この老人(ろうじん)は魔法使(まほうつか)いに違(ちが)いない、と思いました。しかし恐(こわ)がることがあるものか、と思いなおしました。見ると、自分が今まで居(い)た庭(にわ)や城外(じょうがい)の町などはずっと、下の方に見おろされました。往(い)き来(き)してる人間が、豆粒(まめつぶ)のように小さく見えました。王子は嬉(うれ)しくてたまりませんでした。そして、城(しろ)の高い塔(とう)を指(さ)して老人(ろうじん)にいいました。
「こんどはあの塔(とう)の上に行こう」
 老人(ろうじん)が杖(つえ)を振(ふ)ると、二人は一番高い塔(とう)の屋根(やね)にあがりました。王子はまだこんな高いところへあがったことがありませんでした。足下(あしもと)には、広い城(しろ)が玩具(おもちゃ)のように小さくなって、一足(ひとあし)に跨(また)げそうでした。庭(にわ)や森(もり)や城壁(じょうへき)や堀(ほり)などが、一目(ひとめ)に見て取れて、練兵場(れんぺいじょう)の兵士(へいし)たちが、蟻(あり)の行列(ぎょうれつ)くらいにしか思われませんでした。城(しろ)のまわりには、小石を並(なら)べたような町並(なみ)が、遠(とお)くまで続(つづ)いていました。その末(すえ)は広々とした野(の)になって、一面(めん)に、ぼうと霞(かす)んでいました。王子はただうっとりと眺(なが)めていました。
「まだ高いところへあがりたいか」と老人(ろうじん)はいいました。
 王子は我(われ)に返(かえ)って老人(ろうじん)の顔(かお)を見あげました。それから、向(むこ)うの高い山の頂(いただき)を指(さ)しました。
「あの山の上へ行こう」
 老人(ろうじん)が杖(つえ)を振(ふ)ると、二人は宙(ちゅう)を飛(と)んで、すぐにその高い山の上にきました。王子はそこの岩(いわ)の上に立って眺(なが)めました。城(しろ)や町はもうひとつの点(てん)ぐらいにしか見えませんでした。土饅頭(どまんじゅう)ぐらいな、なだらかな丘(おか)が起伏(きふく)して、その先(さき)は広い平(たい)らな野となり、緑(みどり)の毛氈(もうせん)をひろげたような中に、森や林が黒(くろ)い点(てん)を落(おと)していて、日の光りに輝(かがや)いてる一筋(ひとすじ)の大河が、帯(おび)のようにうねっていました。
「もうこれきりにしようか」と老人(ろうじん)がいいました。
 王子はまた夢(ゆめ)からさめたような気持(きもち)で、老人(ろうじん)の顔(かお)を眺(なが)めました。それから、うしろの方の一番高い山の頂(いただき)を指(さ)しました。
「あの山の上へ行こう」
 老人(ろうじん)が杖(つえ)を振(ふ)ると、二人はまた宙(ちゅう)を飛(と)んでその山の上へ行きました。
 王子はびっくりしました。その山が一番高いのかと思っていましたのに、きてみると、さらに高い山が向(むこ)うに聳(そび)えています。王子はいいました。
「あの山の上へ行こう」
 老人(ろうじん)と王子とはまたその山の頂(いただき)へ行きました。すると、さらに高い山がまた向(むこ)うにでてきました。もう下の方を見廻(まわ)しても、積(つ)み重(かさな)った山や遠(とお)い野が少し見えるきりで、初めのような美(うつく)しい景色(けしき)は眼(め)にはいりませんでした。薄黒(うすぐろ)い雲(くも)がすぐ前を飛(と)んで行きました。
「あの山の上へ行こう」と王子は向(むこ)うの高い山を指(さ)していいました。
「望(のぞ)むならつれていってもいい」と老人(ろうじん)は答(こた)えました。
「しかし帰(かえ)りはお前一人だぞ。城(しろ)の庭(にわ)へおろしてくれといっても、わしは知らないが、それでもいいのか」
 王子は少し心細(ぼそ)くなってきましたが、それでも構(かま)わないと答(こた)えました。そして二人は向(むこ)うの山の上へ行きました。もう、なんにも見えませんでした。薄黒(うすぐろ)い雲(くも)が足下(あしもと)に一面(めん)にひろがっていて、遠(とお)くの下の方で雷(かみなり)が鳴(な)るような音がしていました。雲(くも)よりも高い山だったのでした。それでも、向(むこ)うにはさらに高い山がつき立っていました。
「あの山へ行こう」と王子はいいました。
 王子はただ高いところへあがって行くことよりほかには、なにも考えてはいませんでした。この老人(ろうじん)に負(ま)けてなるものか、どんな高いところへでもあがってやる、という気でいっぱいになっていました。そして二、三度高い方の山へと、老人(ろうじん)につれられてあがってゆきました。
 ある山の上にくると、老人(ろうじん)はそこにとんと杖(つえ)をついていいました。
「お前の強情(ごうじょう)なのにはわしも呆(あき)れた。これが世界で一番高い山だ。もう世界中でこれより高いところはない。ここまでくればお前も本望(ほんもう)だろう。これからまた下へおりて行くがいい。はじめからの約束(やくそく)だから、わしはもう知らない。これでお別(わか)れだ」
 王子が眼(め)をあげて見ると、もう老人(ろうじん)の姿(すがた)は消(き)えてしまっていました。王子はぼんやりあたりを見廻(まわ)しました。頭(あたま)の上には、澄(す)みきった大空と太陽(たいよう)とがあるばかりでした。立っているところは、つき立った岩の上で、眼(め)もくらむほど下の方に、白雲(しろくも)と黒雲(くろくも)とが湧(わ)き立って、なにも見えませんでした。冷(つめ)たい風が吹(ふ)きつけてきて、今にも大嵐(おおあらし)になりそうでした。王子は腕(うで)を組(く)んで、岩(いわ)の上に座(すわ)りました。いつまでもじっと我慢(がまん)していました。しかし、そのうちに、だんだん恐(おそろ)しくなってきました。風が激(はげ)しくなり、足下(あしもと)の雲(くも)がむくむくと湧(わ)き立って、遙(はる)か下の方に雷(かみなり)の音まで響(ひび)きました。王子はそっと下の方を覗(のぞ)いてみました。
 屏風(びょうぶ)のようにつき立った断崖(きりぎし)で、匐(は)いおりて行くなどということはとうていできませんでした。
 王子は立ちあがりました。そして考えました。
「あの老人(ろうじん)に助(たす)けを求(もと)めたくはない。なあに、命(いのち)がけでおりてみせる。僕(ぼく)が死(し)ぬか、それとも、うち勝(か)つかだ」
 王子は石を一つ拾(ひろ)って、それを力まかせに投(な)げてみました。石は遙(はる)か下の方の雲(くも)に巻(ま)きこまれたまま、なんの響(ひび)きも返(かえ)しませんでした。
「よしッ!」
 と王子はいいました。
 そして、岩(いわ)の上から真逆(まっさか)さまに、むくむくとしてる雲(くも)のなかをめがけて、力一ぱいに飛(と)びおりました。
 ……………………………………………………
 王子は、はっとして我(われ)に返(かえ)りました。
 見ると、自分は城(しろ)の庭(にわ)の芝生(しばふ)の上に寝(ね)ころんでるのでした。からだ中汗(あせ)ぐっしょりになって胸(むね)が高く動悸(どうき)していました。
 しかし、いくら考えてみても、さっきまでのことが夢(ゆめ)であるかまたは本当(ほんとう)であるか、どうもはっきりしませんでした。本当(ほんとう)だとするには、あまり不思議(ふしぎ)きわまることでしたし、夢(ゆめ)だとするには、あまりはっきりしすぎていました。
「どちらでも構(かま)うものか」と王子は考えました。そしてまたこう考えました。「高いところへあがるには、まず第(だい)一に、また下へおりられるような道(みち)をこしらえておかなければいけない」
 王子はそのことを国王へ話しました。
 国王はたいへん喜(よろこ)んで、それからは王子を自由にさせました。
 王子はやはり高いところへあがるのがすきでしたが、ちゃんとその下(お)り道(みち)をこしらえてからあがるので、少しも危(あぶな)いことはありませんでした。
 ……………………………………………………
 この王子は後(のち)に、世界で一番強(つよ)い、一番賢(かしこ)い王様になりました。
 なぜなら、どんな高いところへあがっても平気なほどしっかりした気象(きしょう)でしたから、一番強(つよ)かったのですし、またちゃんと下(お)り道(みち)をこしらえておくほど用心深(ようじんぶか)かったから、一番賢(かしこ)いのでした。
 そして王子は一生のあいだ、あの黒(くろ)い着物(きもの)の白髯(はくぜん)の老人(ろうじん)を、自分の守護神(まもりがみ)として祭(まつ)りました。




ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:11 KB

担当:FIRTREE