風ばか
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:豊島与志雄 

     一

 ――皆(みな)さんは、人間の身体(からだ)は右と左とまったく同じだと、思っていますでしょう。右と左とにそれぞれ、眼(め)が一つ、耳が一つ、鼻(はな)が半分、口が半分、手が一つ、足が一つ……。まんなかから切ってみると、右と左とは、まったく同じように見えます。ところが、よくしらべてみると、ずいぶんちがっています。いくら神様(かみさま)でも、生きた人間の身体(からだ)を、右と左とまったく同じにこさえることは、おできにならなかったのでしょう。自分の顔(かお)やひとの顔(かお)を、よく見てごらんなさい。眼(め)でも耳でも、右と左では、その大きさや形がみなちがっています。右と左と同じなものは、けっしてありません。手なんか、大きさも長さもちがうし、力もちがいます。ことに、胸(むね)の中や腹(はら)の中になると、右と左とはひどくちがってるものです。それですから、たとえば、目かくしをして、広いところを、歩いてみてごらんなさい。けっしてまっすぐに歩けるものではありません。自然(しぜん)に、右か左かにまがってしまいます。人間は、どんなりっぱな身体(からだ)のひとでも、右と左とはかたわです……。
 そういう話を、先生がなさいました。
 なるほど、よく見ると、眼(め)でも耳でも、右と左とは同じ形ではありません。
 おかしいな、と子供たちは思いました。
 が、なおおかしいのは、目かくしをしてまっすぐに歩けないことでした。自分ではまっすぐに歩いてるつもりでも、いつのまにか少しずつ、右か左かへまがってしまいます。
「みんなかたわだ」
「なに、かたわなもんか」
「じゃあ、野原にいってやってみよう」
「ようし。みんなこいよ」

     二

 広いたいらな野原でした。春さきのことで、日がうららかにてっています。芝草(しばくさ)が青々とのびだしています。蝶(ちょう)がとんでいます。空には高く、雲雀(ひばり)がないています。
 みんなでじゃんけんをして、勝(か)ったものが一番先(さき)に、ハンケチで目かくしをして、まっすぐに歩きだしました。ほかの者は立って見ています。
 目かくしをした者は、まっすぐに歩いてるつもりですが、やがて、右か左かに少しずつまがっていきます。それを見ると、みんなはわっとはやしたてました。けれど、笑(わら)った者もみな、自分の番になると、やはりまっすぐには歩けませんでした。
「こんどは僕(ぼく)だ、見ておれよ」
 元気よくそういって、マサちゃんという子供が、目かくしをして、歩きだしました。
 広い野原の中です。オイチニ、オイチニ……と調子(ちょうし)をとってまっすぐに歩いていきます。
 遠(とお)くなるにつれてだんだん小さく、帽子(ぼうし)の下に白いハンケチの目かくしをしたその後姿(うしろすがた)が、まるで人形のようで……そしてふしぎにも、まっすぐに歩いていきます。
 だいぶ行ってから、くるりと向(む)きなおって、目かくしを取って、
「どうだい」
 見ていた子供たちは、はじめびっくりして、ぼんやりして、それから急(きゅう)に手をたたいてほめました。
 マサちゃんはもどってきました。
「君(きみ)たちは、ただまっすぐに歩こうとばかりしてるからだめだ。自分のくせを知って、練習(れんしゅう)しなくちゃいけないよ」
 そこでみんなは、マサちゃんに教(おそ)わって、まっすぐに歩く練習(れんしゅう)をしました。まず、自分は右か左かに、どのくらいまがるくせがあるか、それをたしかめて、それから目かくしをした時は、それだけ逆(ぎゃく)にまがる気持(きもち)で歩(ある)く……。ところが、それがじっさいはひどくむずかしくて、なかなかうまくいきませんでした。

     三

 日が西にかたむいて、森のかげがうすぐらくなりはじめました。風がでてきました。
「今日(きょう)はこれだけにしておこう。僕(ぼく)がも一度(ど)歩いてみせるから、よく見ておけよ」
 マサちゃんは目かくしをして、さいごにも一度(ど)見せてやるというようすで、歩きだしました。
 それが、どうしたのか、少しいってまがりだしました。
 一かたまりになって見ていた者たちは、すぐに声をたてました。
「まがった、まがった……」
 マサちゃんは目かくしを取りました。
「ほんとにまがったのかい」
「まがったとも。いばってたくせに、なーんだい」
 マサちゃんはくやしがりました。そしてまたやりなおしましたが、やはりうまくいきません。
「ああわかった。風が吹(ふ)いてるからいけないんだ。よし、こんどはうまくやってみせる」
 だんだんひどくなって、横(よこ)から吹(ふ)きつけてくる風を、マサちゃんは不平(ふへい)そうにながめて、それから決心して、目かくしをして歩きだしました。
 自分の足のくせと、横(よこ)から吹(ふ)いてくる風の力とを、マサちゃんは頭(あたま)において、けんめいにまっすぐに歩こうとしました。風は時をおいてさーっと吹(ふ)きつけてきました。
 ――風にまけてなるものか。
 マサちゃんは歯(は)をくいしばって、進(すす)んでいきました。
「ばかー……」
 おや、と思ったが、気のせいのようでした。けれど、またさーっと吹(ふ)いてくる風が、顔(かお)をなでて、目かくしのハンケチの下の耳もとで、
「ばかー、ばかー……」
 マサちゃんはがまんしました。
 それでも風は、また吹(ふ)きつけてきて、耳もとで声をたてました。
 もうしんぼうができませんでした。いきなりどなり返(かえ)してやりました。
「ばか、ばかー」
 風もどなりました。
「ばかー、ばかー」
 マサちゃんも声をはりあげてどなりました。
「ばか、ばかー」
 見ていた子供たちはびっくりしました。かけていって、マサちゃんをひきとめました。が、マサちゃんは、目かくしを取られても、風が吹(ふ)いてくると、その方へ向(む)いてどなりました。
「ばかー、ばかー」
 みんな心配(しんぱい)しました。マサちゃんが気狂(きちがい)になったのだと思いました。そしてむりに、家(うち)へ連(つ)れかえりました。途中(とちゅう)でも、マサちゃんは風に向(むか)って、「ばか、ばかー」とどなっていました。

     四

 家にかえって、しずかな室(へや)の中におちつくと、マサちゃんはもうどなりもせず、夢(ゆめ)からさめたように、きょとんとしていました。
 お父さんとお母さんとが、心配(しんぱい)そうにマサちゃんの様子(ようす)をながめました。
「どうしたんですか」とお母さんがたずねました。
 マサちゃんは、目かくしをしてまっすぐに、歩きっこをしたことを、話しました。それから風のこと――。
「風が、ばかー、ばかー――とわるくちをいうから、僕(ぼく)も、ばかー……といい返(かえ)してやったんです」
 お父さんは笑(わら)いました。
「それは、お前の方がばかだよ。風にさからってもつまらない。風というものは、強(つよ)くなったり弱(よわ)くなったり、息(いき)をついて吹(ふ)くから、その中をまっすぐに歩くのはむずかしいよ。木の葉(は)だって、まっすぐに落(お)ちたり、ななめに吹(ふ)きとばされたりしてるじゃないか」
 硝子戸(ガラスど)の外には、まだ風が吹(ふ)いていました。庭(にわ)のすみにある椎(しい)の木の古葉(ふるは)が、一つ二つ散(ち)っていました。風に吹(ふ)かれて横(よこ)にとんでるかと思うと、風がちょっと息(いき)をする間(あいだ)、まっすぐに落(お)ちます。かと思うと、またさーっと風がきて、葉(は)はひらひらと吹(ふ)きとばされます……。
「風って、息(いき)をするんですか」とマサちゃんはいいました。
「うむ、息(いき)をするよ。息(いき)をするというより、風は息(いき)なんだよ」
「なんの息(いき)?」
「なんの息(いき)って……。どういったらいいかなあ、空気(くうき)の息(いき)、神様(かみさま)の息(いき)、いろんなものの息(いき)……ただ息(いき)だよ」
「ただ、息(いき)だけ?」
「息(いき)だけだよ」
「ばかな奴(やつ)だな」
 お父さんは声たかく笑(わら)いました。マサちゃんもお母さんもいっしょに笑(わら)いました。
 硝子戸(ガラスど)の外には、椎(しい)の葉(は)がときどき散(ち)っています。小鳥が鳴(な)いています。夕方の赤い日が空にさしています。そして風は、息(いき)をついてはさーッさーッと吹(ふ)いています……。
「ばかな風だな」
 マサちゃんははればれと笑(わら)いました。




ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:7452 Bytes

担当:FIRTREE