奇怪な再会
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:芥川竜之介 

        一

 お蓮(れん)が本所(ほんじょ)の横網(よこあみ)に囲われたのは、明治二十八年の初冬(はつふゆ)だった。
 妾宅は御蔵橋(おくらばし)の川に臨んだ、極(ご)く手狭な平家(ひらや)だった。ただ庭先から川向うを見ると、今は両国停車場(りょうごくていしゃじょう)になっている御竹倉(おたけぐら)一帯の藪(やぶ)や林が、時雨勝(しぐれがち)な空を遮っていたから、比較的町中(まちなか)らしくない、閑静な眺めには乏しくなかった。が、それだけにまた旦那(だんな)が来ない夜(よ)なぞは寂し過ぎる事も度々あった。
「婆や、あれは何の声だろう?」
「あれでございますか? あれは五位鷺(ごいさぎ)でございますよ。」
 お蓮は眼の悪い傭(やと)い婆さんとランプの火を守りながら、気味悪そうにこんな会話を交換する事もないではなかった。
 旦那の牧野(まきの)は三日にあげず、昼間でも役所の帰り途に、陸軍一等主計(りくぐんいっとうしゅけい)の軍服を着た、逞(たくま)しい姿を運んで来た。勿論(もちろん)日が暮れてから、厩橋(うまやばし)向うの本宅を抜けて来る事も稀ではなかった。牧野はもう女房ばかりか、男女(なんにょ)二人の子持ちでもあった。
 この頃丸髷(まるまげ)に結(ゆ)ったお蓮は、ほとんど宵毎(よいごと)に長火鉢を隔てながら、牧野の酒の相手をした。二人の間の茶ぶ台には、大抵(たいてい)からすみや海鼠腸(このわた)が、小綺麗な皿小鉢を並べていた。
 そう云う時には過去の生活が、とかくお蓮の頭の中に、はっきり浮んで来勝ちだった。彼女はあの賑やかな家や朋輩(ほうばい)たちの顔を思い出すと、遠い他国へ流れて来た彼女自身の便りなさが、一層心に沁(し)みるような気がした。それからまた以前よりも、ますます肥(ふと)って来た牧野の体が、不意に妙な憎悪(ぞうお)の念を燃え立たせる事も時々あった。
 牧野は始終愉快そうに、ちびちび杯(さかずき)を嘗(な)めていた。そうして何か冗談(じょうだん)を云っては、お蓮の顔を覗(のぞ)きこむと、突然大声に笑い出すのが、この男の酒癖(さけくせ)の一つだった。
「いかがですな。お蓮の方(かた)、東京も満更(まんざら)じゃありますまい。」
 お蓮は牧野にこう云われても、大抵は微笑を洩(も)らしたまま、酒の燗(かん)などに気をつけていた。
 役所の勤めを抱えていた牧野は、滅多(めった)に泊って行かなかった。枕もとに置いた時計の針が、十二時近くなったのを見ると、彼はすぐにメリヤスの襯衣(シャツ)へ、太い腕を通し始めた。お蓮は自堕落(じだらく)な立て膝をしたなり、いつもただぼんやりと、せわしなそうな牧野の帰り仕度へ、懶(ものう)い流し眼を送っていた。
「おい、羽織をとってくれ。」
 牧野は夜中(よなか)のランプの光に、脂(あぶら)の浮いた顔を照させながら、もどかしそうな声を出す事もあった。
 お蓮は彼を送り出すと、ほとんど毎夜の事ながら、気疲れを感ぜずにはいられなかった。と同時にまた独りになった事が、多少は寂しくも思われるのだった。
 雨が降っても、風が吹いても、川一つ隔てた藪や林は、心細い響を立て易かった。お蓮は酒臭い夜着(よぎ)の襟に、冷たい頬(ほお)を埋(うず)めながら、じっとその響に聞き入っていた。こうしている内に彼女の眼には、いつか涙が一ぱいに漂って来る事があった。しかしふだんは重苦しい眠が、――それ自身悪夢のような眠が、間(ま)もなく彼女の心の上へ、昏々(こんこん)と下(くだ)って来るのだった。

        二

「どうしたんですよ? その傷は。」
 ある静かな雨降りの夜(よ)、お蓮(れん)は牧野(まきの)の酌(しゃく)をしながら、彼の右の頬へ眼をやった。そこには青い剃痕(そりあと)の中に、大きな蚯蚓脹(みみずばれ)が出来ていた。
「これか? これは嚊(かかあ)に引っ掻(か)かれたのさ。」
 牧野は冗談かと思うほど、顔色(かおいろ)も声もけろりとしていた。
「まあ、嫌な御新造(ごしんぞ)だ。どうしてまたそんな事をしたんです?」
「どうしてもこうしてもあるものか。御定(おさだま)りの角(つの)をはやしたのさ。おれでさえこのくらいだから、お前なぞが遇(あ)って見ろ。たちまち喉笛(のどぶえ)へ噛みつかれるぜ。まず早い話が満洲犬(まんしゅうけん)さ。」
 お蓮はくすくす笑い出した。
「笑い事じゃないぜ。ここにいる事が知れた日にゃ、明日(あした)にも押しかけて来ないものじゃない。」
 牧野の言葉には思いのほか、真面目(まじめ)そうな調子も交(まじ)っていた。
「そうしたら、その時の事ですわ。」
「へええ、ひどくまた度胸(どきょう)が好(い)いな。」
「度胸が好い訳じゃないんです。私(わたし)の国の人間は、――」
 お蓮は考え深そうに、長火鉢の炭火(すみび)へ眼を落した。
「私の国の人間は、みんな諦(あきら)めが好いんです。」
「じゃお前は焼かないと云う訳か?」
 牧野の眼にはちょいとの間(あいだ)、狡猾(こうかつ)そうな表情が浮んだ。
「おれの国の人間は、みんな焼くよ。就中(なかんずく)おれなんぞは、――」
 そこへ婆さんが勝手から、あつらえ物の蒲焼(かばやき)を運んで来た。
 その晩牧野は久しぶりに、妾宅へ泊って行く事になった。
 雨は彼等が床(とこ)へはいってから、霙(みぞれ)の音に変り出した。お蓮は牧野が寝入った後(のち)、何故(なぜ)かいつまでも眠られなかった。彼女の冴(さ)えた眼の底には、見た事のない牧野の妻が、いろいろな姿を浮べたりした。が、彼女は同情は勿論、憎悪(ぞうお)も嫉妬(しっと)も感じなかった。ただその想像に伴うのは、多少の好奇心ばかりだった。どう云う夫婦喧嘩をするのかしら。――お蓮は戸の外の藪や林が、霙にざわめくのを気にしながら、真面目にそんな事も考えて見た。
 それでも二時を聞いてしまうと、ようやく眠気(ねむけ)がきざして来た。――お蓮はいつか大勢(おおぜい)の旅客と、薄暗い船室に乗り合っている。円い窓から外を見ると、黒い波の重(かさ)なった向うに、月だか太陽だか判然しない、妙に赤光(あかびかり)のする球(たま)があった。乗合いの連中はどうした訳か、皆影の中に坐ったまま、一人も口を開くものがない。お蓮はだんだんこの沈黙が、恐しいような気がし出した。その内に誰かが彼女の後(うしろ)へ、歩み寄ったらしいけはいがする。彼女は思わず振り向いた。すると後には別れた男が、悲しそうな微笑を浮べながら、じっと彼女を見下している。………
「金(きん)さん。」
 お蓮は彼女自身の声に、明(あ)け方の眠から覚まされた。牧野はやはり彼女の隣に、静かな呼吸を続けていたが、こちらへ背中を向けた彼が、実際寝入っていたのかどうか、それはお蓮にはわからなかった。

        三

 お蓮(れん)に男のあった事は、牧野(まきの)も気がついてはいたらしかった。が、彼はそう云う事には、頓着(とんちゃく)する気色(けしき)も見せなかった。また実際男の方でも、牧野が彼女にのぼせ出すと同時に、ぱったり遠のいてしまったから、彼が嫉妬(しっと)を感じなかったのも、自然と云えば自然だった。
 しかしお蓮の頭の中には、始終男の事があった。それは恋しいと云うよりも、もっと残酷(ざんこく)な感情だった。何故(なぜ)男が彼女の所へ、突然足踏みもしなくなったか、――その訳が彼女には呑みこめなかった。勿論お蓮は何度となく、変り易い世間の男心に、一切の原因を見出そうとした。が、男の来なくなった前後の事情を考えると、あながちそうばかりも、思われなかった。と云って何か男の方(ほう)に、やむを得ない事情が起ったとしても、それも知らさずに別れるには、彼等二人の間柄は、余りに深い馴染(なじ)みだった。では男の身の上に、不慮の大変でも襲(おそ)って来たのか、――お蓮はこう想像するのが、恐しくもあれば望ましくもあった。………
 男の夢を見た二三日後(のち)、お蓮は銭湯(せんとう)に行った帰りに、ふと「身上判断(みのうえはんだん)、玄象道人(げんしょうどうじん)」と云う旗が、ある格子戸造(こうしどづく)りの家に出してあるのが眼に止まった。その旗は算木(さんぎ)を染め出す代りに、赤い穴銭(あなせん)の形を描(か)いた、余り見慣れない代物(しろもの)だった。が、お蓮はそこを通りかかると、急にこの玄象道人に、男が昨今どうしているか、占(うらな)って貰おうと云う気になった。
 案内に応じて通されたのは、日当りの好(い)い座敷だった。その上主人が風流なのか、支那(シナ)の書棚だの蘭(らん)の鉢だの、煎茶家(せんちゃか)めいた装飾があるのも、居心(いごころ)の好(よ)い空気をつくっていた。
 玄象道人は頭を剃(そ)った、恰幅(かっぷく)の好(い)い老人だった。が、金歯(きんば)を嵌(は)めていたり、巻煙草をすぱすぱやる所は、一向道人らしくもない、下品な風采(ふうさい)を具えていた。お蓮はこの老人の前に、彼女には去年行方(ゆくえ)知れずになった親戚のものが一人ある、その行方を占って頂きたいと云った。
 すると老人は座敷の隅から、早速二人のまん中へ、紫檀(したん)の小机を持ち出した。そうしてその机の上へ、恭(うやうや)しそうに青磁(せいじ)の香炉(こうろ)や金襴(きんらん)の袋を並べ立てた。
「その御親戚は御幾(おいく)つですな?」
 お蓮は男の年を答えた。
「ははあ、まだ御若いな、御若い内はとかく間違いが起りたがる。手前(てまえ)のような老爺(おやじ)になっては、――」
 玄象道人はじろりとお蓮を見ると、二三度下(げ)びた笑い声を出した。
「御生れ年も御存知かな? いや、よろしい、卯(う)の一白(いっぱく)になります。」
 老人は金襴の袋から、穴銭(あなせん)を三枚取り出した。穴銭は皆一枚ずつ、薄赤い絹に包んであった。
「私の占いは擲銭卜(てきせんぼく)と云います。擲銭卜は昔漢(かん)の京房(けいぼう)が、始めて筮(ぜい)に代えて行ったとある。御承知でもあろうが、筮と云う物は、一爻(いっこう)に三変の次第があり、一卦(いっけ)に十八変の法があるから、容易に吉凶を判じ難い。そこはこの擲銭卜の長所でな、……」
 そう云う内に香炉からは、道人の燻(く)べた香(こう)の煙が、明(あかる)い座敷の中に上(のぼ)り始めた。

        四

 道人(どうじん)は薄赤い絹を解いて、香炉(こうろ)の煙に一枚ずつ、中の穴銭(あなせん)を燻(くん)じた後(のち)、今度は床(とこ)に懸けた軸(じく)の前へ、丁寧に円い頭を下げた。
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:50 KB

担当:FIRTREE