天津教古文書の批判
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:狩野亨吉 

      第一 緒言

 天津教古文書の批判に先だち、私は如何なる因縁で天津教の存在を知つたか、又如何なる必要あつて其古文書を批判するか、この二點に就いて説明して置きたい。
 昭和三年五月の末に、天津教信者の某々二氏が拙寓に訪れ、その寶物の寫眞を贈られ、兼てその本據地なる茨城縣磯原へ參詣を勸められた。私は寫眞を一見して、其原物の欺瞞性を感知し甚だ怪しからんことを聞くものかなと思つたが爭ふことを止めて穩に歸した。しかし主なる一人は有力なる金主であると察せられたので、同氏の將來を思ひ、直に書面を以て寫眞に對する愚見を述べ、天津教の警戒すべき所以を知らせた。其後何等の挨拶もないので、この警告が何程利いたか分らない。
 昭和五年十二月天津教關係者が警視廳の取調を受けた時、須く彼等が皇室の歴史に對して施したところの錯迷狂的加工を追究し、嚴重の處分を爲すべきものであつたと思ふが、左樣な徹底的の處置が講ぜられなかつたものと見え、其後も天津教は檢擧に懲りずして宣傳を續け、シリヤの石ころ、ピラミッド類似の山などを應援に擔出して益□病的迷妄の傳播を試みるのであつた。實に苦々しきことと思つたが、世間天津教以上に不都合な宣傳をするものも澤山あるから、一々相手にして居られない。しかるに昨年八月私は日本醫事新報から天津教古文書の歴史的價値を調べることを頼まれた。天津教古文書は莫大あるものと稱せられるが、不信者には容易に見ることは許されまいと思ひ、先づ取敢えず手元にある寫眞七枚の中の古文書に關するもの五枚の檢討に取掛つた。而してこの五枚の寫眞のみの研究により、啻にこの五枚に限らず、天津教古文書の全部は悉く最近の僞造にかゝり全く取るに足らないものであるとの判斷に到達した。そこで依頼者に此趣を返答したが、其意味は決定的であつたに係らず文句は抽象的であつた。抽象的にした譯は、凡そ追撃撲滅等の場面は人心を刺激する恐れがあり、此所でも類似の恐れを避けようとしたためである。處が間もなく私が關係してゐる或る場所で、軍人の勸誘により、思想善導の講演を遣つて貰ふと、天津教を利用した話を聞かされたものである。かうなると最早天津教を對岸の火事扱にすることは出來ない。且又最初に二人の信者を私に向けた方も海軍大將であつたことを想起し、旁□天津教の性質上これは或は軍人間に比較的多くの信者を有するに非ざるかとの疑を生じ、少しく探索して見ると果して其通りである。しかれば即ちかの狂的妄想が那邊を蠧毒するに至るや推察するに難からずで、事甚だ憂ふべきものがある。今にして其浸漸を防止せざれば、早晩健全なる思想との衝突を惹起し、其結果社會に迷惑を及ぼすことあらうと思はれる。是れ或は杞憂に過ぎないとするも、豫め天津教の眞價を知り、事に當つて迷はざるを期すべきであらう。茲に於て私は再び天津教古文書の批判を思立ち、曩に屑しとせざりし方式により精査糺明これ勉め以て一般世人をも警醒せんことを試みるのである。
 就いては天津教の何物なるかを知らない人もあると想ふから、其性質を一瞥して見る。
 天津教は現に磯原に住する竹内氏が守るところの皇祖皇太神宮を中心として宣傳せられる思想の系統である。その主張を聞けば、武内宿禰の子孫は後ち竹内と稱し連綿千九百年、皇祖皇太神宮を奉戴して以つて今日に及び、其間あらゆる困難と迫害とを經て、尚ほよく神代より傳はつた皇室關係の古文書及び古器物を守護保存してゐると云ふのである。此主張以外に今の所は病氣治癒の保證を附けたり、男女交際の便宜を計つたり、心靈現象の所作を見せたり、乃至財物勸進の強要を行つたりする樣なことを聞かない。此點普通の宗教とは違つてゐる。内部の組織も簡單で、未だ伏魔殿式施設を見ない。外部への宣傳方法も穩かで惡辣でない。故に風教上から視て此教派ほど無難なものは珍しい。此の如く所謂宗教的施設に關しては何等注意すべきものなきも、其代りに古器物古文書を證據として神代百億萬年の歴史を展開し以て皇室の規模を莊嚴するに勉める。此所苟も批判を許さない態度を取つてゐる。如何にも其遣方が地味とも見られ、凡そ紅粉と縁遠きため、君子も近くべからしめ以て知識階級に呼懸ける神社神道を想はしめるものがある。
 以上は勿論表面觀察に寫るところであるが一歩深入して研究して見ると、勿論挾む所あつての仕事で、其目的を隱すために皇威を藉り人を幻惑させようとする仕組が浮出して來る。類似の企圖はよくある手で、鎌倉時代にも徳川時代にも明治時代にも現れたことがあり、專門家には珍しくはない。天津教其物は此種類の最も新しいものであり乍ら、矢張全然齒牙にかけるに足らない素物であることは一見明白である。しかし確な證據を捉へて止めを刺すには第一に研究を要し第二に力を要する。故に官署から命令あらば骨折つて鑑定するのも面白いが、大概の場合には此種の勞して效なき事項は駄目であるの一言で早速逃げるのが賢いのである。しかしさうした具合に賢かつた大學の博士達は天津教側から首音の濁つた陰口言はれてゐるから、私は又どんな怨を受けるか測知り難い。
 偖て彌□批判に取掛るが、其材料は前申した如く古文書の寫眞五枚である。僅に五枚、實に天津教文書の片鱗に過ぎない。故に片鱗を以て全體を見ることは出來ないとの反駁あらば認めることを躊躇しない。しかしながら同時に又生命を取るには一箇の致命傷にて足ることを心得なければならぬ。抑もこの五つの文書は單なる片鱗ではない。片鱗と雖も代表的寶物として寫眞に撮られ誇示されたものである。之を又軍陣に喩ふれば天津教の精鋭を統率する將軍と見るべきで、英姿颯々威風堂々たるを想はしめる底のものである。もし吾人の張る研究の爲めに此等將軍が一々致命傷を蒙ることあらば、其結果知るべきで、率ゐる所の全軍は土崩瓦解してあはれ潰滅の路を辿る外ないであらう。
 檢討に附するに當り文書の順序は新しきより古きに遡る。

      第二 長慶太神宮御由來

 第一の文書は寫眞の標記に長慶太神宮御由來とあり、文字が細かい上に汚染のため不明な所もあるが、之を擴大して見れば一字を除き間違なく讀める。即ち左の通りである。
掛卷毛恐伎應永二乙亥年十月十四日越中國神明棟梁
皇祖皇太神宮境内に長慶太神宮奉勸請祭神皇王九十八代
長慶寛成天皇神靈歴代皇靈神御帝河内交野私市師師
窟寺に敵の爲に元中九年閏十月十五日夜御壽四十九歳御崩百重
原に葬神靈神體天皇詔して御名を石に形假名にて堀付る御頭毛
□瓶に十六菊紋附十六菊紋袈裟御宸筆歌鈴を神體に祭る
攝社秋葉位明神總大將殉死紀氏竹内越中守正四位惟
眞壽七十三歳の神靈竹内信治五十七歳神靈竹内日座定介改め
惟尚神靈天皇の忠心勸王者竹内一族百五十名天皇前後の
敵に隱れ敬護し勸王家元中九年八月十三日窟寺に安着の時
九十七名居る道中の難戰に討死の者岩崎彌助前田又藏關屋
次郎若槻禮太郎關谷和吉牧野助之丞粕谷十郎倉富
利秋板垣七之助東郷八右ヱ門黒田清兵衞澁澤隆榮高橋
門次澁谷安右ヱ門眞鍋武利楠次郎正幸清浦善次郎平田
東右ヱ門野村惣三郎中田清次郎安田作右ヱ門岡崎藤助井上
次郎淺野長義松井藏之助櫻井左ヱ門赤井幾右ヱ門一條助
隆二條利義中條春完三條信義四條隆次五條清信六條
助信八條信弘芝信義小村安五郎武藤清右ヱ門新保八郎小山
三郎杉政次郎右ヱ門高道治助高柳利治藤田小三郎野尻善右ヱ門
稻垣角之進草野清利蛭田甚左ヱ門木村常陸之助結城三左ヱ門
斯波左ヱ門白川政利長井吉兵衞の神靈を同日奉勸請毎年
十月十四日を祭日に定
 應永二年十月十四日五日印之
  祭主棟梁皇祖皇太神宮神主
      紀氏竹内宗義謹(華押)
      紀氏竹内惟義謹(華押)
 長慶太神宮祕藏
 此縁起文の大要を述ぶれば、應永二年十月に越中國高祖皇太神宮境内に長慶太神宮を設け、主神として長慶天皇を祭り、攝社として秋葉位神社を建て、之には長慶天皇御崩御の際の殉死者竹内惟眞外二名及び同志の戰死者岩崎彌助以下五十三名を合祀すると云ふのである。
 第一、文體に就いて吟味するに、初めの文句は掛卷毛恐伎で、如何にも神社の縁起にふさはしいと聞えたが二の句が續かず、忽ち凡俗の口調に變じ、奇妙な熟語や當字を使つてゐる。熟語の例は第二行に皇王(人皇と云ふべき所)、第四行に御崩(崩御)があり、當字の例は第五行に形假名(片假名)堀付(彫付)、第九行に忠心(忠臣)、第十行に敬護(警護)、第二十三行に印(記)がある。而して形假名と印とは後に取扱ふ平群眞鳥の文書にも既に現れてゐるから、天津教傳來の語法と取つて差支ない譯で、千年も變らずにかうした文字を使つてゐるのは甚だ頑強な所がある。其所には何か特別な理由が存在するものと見られるが、是は後に研究することにする。用語の穩かならぬものに第五行の初に「百重原に葬」がある、此所は葬の唯の一字で滿足すべきでなく宜しく敬語の形とすべきである。最も大體成つてゐない文章であるから、敬語の用法などを責むるは無理かも知れぬ。第十行の「敵に隱れ敬護し勸王家云々」は多々論議すべき所を持つてゐるが、今は唯警護せしと云ふべきを其中から「せ」の一字を脱した所に注意を呼んで置くに止める。それから勸王家は勿論勤王家の誤であらうが、どうも新しい響がする。又徳川以前には所有格を示す「の」字は大抵「之」字を使つたのであるが、此文には悉く「の」字を用ゐてゐるのも亦新しく見える。第二十三行の「印之」は之を記すと讀まなければ意味が通じない。即ち印は記の當字である。此用例は平群眞鳥にも出てゐる。第二十五、二十六行署名の下に書とか記とか或は之に代る動詞があるべき所に、普通此等の字に副詞として添へられる謹の一字を置き其下に華押を書添へてゐる。此形式は又平群眞鳥の場合に現はれるから所謂頑強の第二例となる。最後に此文の最も不都合なる點は第七行の「紀氏竹内越中守正四位云々」と書下した所に存ずるのであるが、史實に關するものであるから後□にして、今は唯此文は典故を知らない人の作つたものであることを言つて置く。
 以上文體の考察を約言すれば、此文は文法も知らず典故も知らずして書いたもので、且つ全體の調子より察して比較的近頃の人の作と思はせられる。
 第二、書體に就いて吟味するに、字形は大體唐樣と取るべきもので、御家流の影響は微弱である。而して一見菱湖の影響を肯定出來る。筆致を考へるに器用の質であるが未だ修練を積まない。故に無理が出來たり誤字が現れたりする。前者の例として第二行其他にある「宮」第四行「夜」第六行「歌」等の行體を擧げ得る。後者の例としては第四行「窟」第六行「裟」第九、十行「勤」第十一行「難」第十四行「次」とすべき所に無理な形或は全く別字を用ゐてゐる。此外に許すべき範圍に入る特異の字形が頗る多い。其中二三を擧げると皇、靈、義、隱、信等の文字が得られる。他は必要もないから省くことにする。
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:55 KB

担当:FIRTREE