市川九女八
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:長谷川時雨 

       一

 若い女が、キャッと声を立てて、バタバタと、草履(ぞうり)を蹴(け)とばして、楽屋の入口の間へ駈(か)けこんだが、身を縮めて壁にくっついていると、
「どうしたんだ、見っともねえ。」
 部屋のあるじは苦々(にがにが)しげにいった。渋い、透(とお)った声だ。
 奈落の暗闇(くらやみ)で、男に抱きつかれたといったら、も一度此処(ここ)でも、肝(きも)を冷されるほど叱(しか)られるにきまっているから、弟子(でし)娘は乳房(ちぶさ)を抱(かか)えて、息を殺している。
「しようがねえ奴らだな。じてえ、お前たちが、ばかな真似(まね)をされるように、呆(ぼん)やりしてるからだ。」
 舞台と平時(ふだん)との区別もなく白く塗りたてて、芸に色気が出ないで、ただの時は、いやに色っぽい、女役者の悪いところだけ真似るのを嫌(いや)がっている九女八(くめはち)は、銀のべの煙管(キセル)をおいて、鏡台へむかったが、小むずかしい顔をしている渋面が鏡に写ったので、ふと、口をつぐんだ。
 七十になる彼女は、中幕(なかまく)の所作事(しょさごと)「浅妻船(あさづまぶね)」の若い女に扮(ふん)そうとしているところだった。
「お師匠さん、ごめんなすって下さい。華紅(かこう)さんが、他(よそ)のお弟子さんと間違えられたのですよ。」
「静(しい)ちゃん、その娘(こ)に、ばかな目に逢わないように、言いきかせておくれよ。」
 九女八は、襟白粉(えりおしろい)の刷毛(はけ)を、手伝いに来てくれた、鏡のなかにうつる静枝にいった。根岸の家にも一緒にいる内弟子の静枝は、他のものとちがって並々の器量(うつわ)でないことを知っているので、
「静(しい)ちゃん、あすこの引抜きを、今日は巧(うま)くやっておくれ。引きぬきなんざ、一度覚えればコツはおんなじだ。自分が演(や)るときもそうだよ。」
 静枝は――後に藤蔭(ふじかげ)流の家元(いえもと)となるだけに、身にしみて年をとった師匠の舞台の世話を見ている。
 名人と呼ばれ、女団十郎と呼ばれ、九代目市川団十郎の、たった一人の女弟子で、九女八という名をもらっている師匠が、歌舞伎座のような大舞台を踏まずに、この立派な芸を、小芝居(こしばい)や、素人(しろうと)まじりの改良文士劇や、女役者の一座の中で衰えさせてしまうのかと、その人の芸が惜(おし)くって、静枝は思わず涙ぐんだ。
 鏡へうつる眼のなかのうるみを、見られまいとしてうつむくとたんに、九女八づきの狂言方(かた)、藤台助(ふじだいすけ)が入口の暖簾(のれん)を頭でわけてぬっと室(へや)へはいって来た。
「どうしたんだ、叱られでもしたのか。」
 そういうのへ、九女八は審(いぶか)しそうに顔を向けた。静枝へいっているのではないと思ったからだった。
「ははァ、からかったのはお前さんか。」
 九女八は、若い女(もの)へ調戯(からかい)たがる台助のくせを知っているので、口へは出さないが、腹の中でそう思っている。
「師匠、この次興行、浅草へ出てくれないかというのだが――」
 静枝は、台助の顔を、睨(にら)むつもりではなかったが、そう見えるほど厳しく下から見上げた。今もいま、師匠のかけがえのない好(い)い芸を、心の中で惜んでいたのに、このお爺(じい)さんは見世(みせ)ものの中へ出すのか――と思ったからだ。
「なんだ。二人とも、妙な面(つら)あするんだな。」
 座頭(ざがしら)へむかって、仮にも、狂言方が、そんな、いけぞんざいな言葉がいえるはずはないのだが、台助は九女八の夫で、しかも、九女八に惚(ほ)れ込んで、大問屋の旦那が、家も子も女房も捨て、小芝居の楽屋へ転(ころ)がり込んだという、前身が贔屓(ひいき)筋ではあるし、今も守住(もりずみ)さんで通っている亭主だったのだ。
「考えておきましょうよ。」
 女房の九女八は、女団洲(だんしゅう)で通る素帳面(きちょうめん)な、楽屋でも家庭(うち)でも、芸一方の、言葉つきは男のようだが、気質のさっぱりした、書や画をよくした、教養のある人柄だった。
 馴(な)れてるとはいいながら、九女八の扮装は手早かった。水刷毛(みずばけ)をすると、眉(まゆ)は墨をチョンと打って指で引っぱる。唇(くちびる)の紅は、ちょいとつけて墨をさして、すッと吸っておくばかりだ。
 それでもう、生々(いきいき)した娘の顔になっている。子供のときから、御狂言師で叩(たた)き込んでいるので踊のおさらいのような、けばけばしい鏡台前ではなかった。筆は一本兎(うさぎ)の足が一ツという簡素さだ。お茶とかき餅(もち)がすきなので、それだけは、いつも傍(かたわ)らにある。
「桂(かつら)がさきへ帰るからね、晩御飯に、さんま食べるって――浅漬(あさづけ)もとっといておくれ。」
 湯呑(ゆの)みと手鏡を持って、舞台裏まで附いてゆく静枝にいいつけた。

 根岸の家(うち)は茶座敷などもあって、庭一ぱいの鷺草(さぎそう)が、夏のはじめには水のように這(は)う、青い庭へ、白い小花を飛ばしていた。
 そんな日の午前(あさ)、紫の竜紋(りゅうもん)の袷(あわせ)の被衣(ひふ)を脱いで、茶筌(ちゃせん)のさきを二ツに割っただけの、鬘下地(かつらしたじ)に結(ゆ)った、面長(おもなが)な、下ぶくれの、品の好い彼女は、好い恰好(かっこう)をした、高い鼻をうつむけて、そのころ趣味をもった、サビタや、メションや琥珀(こはく)のパイプを、並べて磨いている。
 養女の菊子に、台助が、意味をもった眼づかいをして、何か小用を、甘ッたるく言いつけているのを後にきいて、軽く眉をひそめていたが、台助が外出した気配にホッとしたようで、
「静枝さんは、依田(よだ)先生のところへいったかい。」
「ええ、丁度、今帰りました。坂本の栄泉堂(おかの)へお菓子を買いにいったら、帰りが一緒になりましたの。」
と、内弟子の華代子(かよこ)が、餅菓子を好い陶器(やきもの)の鉢(はち)へ入れて持って来ていった。
 二人の内弟子のうち、華代子は他のものにはきらわれたが気に入りなので、師匠の小間使いをしている。静枝には海老茶袴(えびちゃばかま)をはかせて玄関番をさせ、神田小川町の依田百川(ひゃくせん)――学海(がくかい)翁のところへ漢学をならわせにやるのだった。
「女役者だって、学問があって、絵が描けなければだめだよ。」
 彼女も、用がなければ、サビタのパイプを弄(いじ)る前には、絵筆を捻(ひね)っているのだった。
 けれど彼女に、守住月華(げっか)という雅号のような名があるのは、絵を描くためではなくって、明治十一年ごろからはじまった、演劇改良会の流れで、演劇改良論者の仲間であった学海が、明治廿四年浅草公園裏の吾妻(あづま)座(後の宮戸座)で、伊井蓉峰(いいようほう)をはじめ男女合同学生演劇済美館の旗上げをした時、芳町(よしちょう)の芸妓米八(よねはち)には千歳米波(ちとせべいは)と名乗らせた時分だったか、もすこし後(あと)で、川上貞奴(さだやっこ)を援助(たすけ)に出た時だかに、彼女にも守住の本姓に月華という名を与えたのだった。
 岩井粂八(くめはち)といった時分の弟子には、紀久八(きくはち)たちがあるが、月華になってからは、かつらとか、名古屋の源氏節から来た女にも、華紅(かこう)とか、華代子とかいう名をつけた。新しい弟子の静枝も、学海居士(こじ)が名づけたのだった。
 彼女は、好物な甘いもので、苦(にが)いお茶を飲んで、閑(しず)かな日が、気持ちよげだった。
「こんやは一ツ、静(しい)ちゃんに『舌出し三番』でも教えるか。」
といったが、古い日のことを思出したのであろう、お前の踊の師匠だった、おとねさんは、しどいよ、と言った。
 おとねさんという名をきくと、静枝は故郷の新潟(にいがた)の花柳界(さかりば)を思いだした。静枝の踊の師匠は、市川の名取りで、九代目団十郎の妹のお成(なる)さんという浅草聖天町(しょうてんちょう)にいた人の弟子だった。
「そういえば、お師匠さんが新潟へお出(いで)になった時、あたしはまだ小(ち)っぽけでした。お揃(そろ)いの浴衣(ゆかた)を着て、川蒸気船の着く、万代(ばんだい)橋の川っぱたまで、お迎えに出ていましたっけ。」
「うん、そんなこともあったっけね。」
 九女八は凝(じっ)と、庭の鷺草を見つめた。
 新潟の花街(さかりば)で名うての、庄内屋の養女だった静枝までが、船着き場へ迎いに並んだほど、九女八の乗り込みは人気があったのだが、それも、会津屋(あいづや)おあいといった芸妓が、市川流の踊りの師匠で、市川とねと名のっていたから、同門の誼(よし)みで、華々しく迎えたのだった。
 土地の顔役で、江戸生れのお爺さん、江戸鮨(えどずし)の孫娘に生れた静枝は、直江津(なおえつ)までしか汽車のなかった時分の、偉い女役者が乗込んで来た日の幼かった自分の事も、あの、日本海の荒海から流れ込んでくる、万代橋の下の水の色とともに目にうかべ、思い出していた。
「出しものは道成寺(どうじょうじ)だ。勧進帳(かんじんちょう)を出したのは、興行師(ざかた)らから、断わりきれない頼みだったんだ。そのこたあ、おとねだって知ってたのに。」
 それがもとで、市川升之丞(ますのじょう)の名を取り上げられ、九代目団十郎から破門され、また岩井粂八の名にかえって、暫(しばら)く蟄伏(ちっぷく)しなければならなかった、嫌な思出と、若かった日のことなども、それからそれへと、九女八も思いうかべている。
「お師匠さんは、新潟へ入(い)らしった時から、九女八だったとばっかり思ってました。あたし、ちいさい時でしたから。」
「市川升之丞さ。」
 九女八は、莨(タバコ)の脂(やに)の流れた筋が、飴(あめ)色に透通(すきとお)るようになった、琥珀(こはく)のパイプを透(すか)して眺めて、
「あたしは、一番はじめの、踊の名取りが阪東桂八(ばんどうけいはち)さ。それから、女役者になって岩井粂八、それから市川升之丞、守住月華、市川九女八さ。」
 随分とりかえたものさねと、自分のことではないような、淡々としたふうにいって、
「だが、師匠運は、ばかに好いのさ。阪東三津江(みつえ)というお狂言師は、永木(えいき)三津五郎という名人の弟子で、まあ、ちょっとない名人だよ、高名なものさ。岩井半四郎は、大杜若(おおとじゃく)と呼ばれた人の孫だったかで、好い容貌(きりょう)の女形(おやま)だった。けれど、なんといったって、市川宗家(つきじ)ほどの役者の、門弟(でし)になったなあ、あたしの名誉さ。」
 ほんとに、団十郎の芸には心酔している言いぶりだった。

ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:24 KB

担当:FIRTREE