旧聞日本橋
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:三上於菟吉 URL:../../index_pages/person726

   序文

 長谷川時雨(しぐれ)は、生粋(きっすい)の江戸ッ子ということが出来なければ、生(はえ)抜きの東京女だとは言えるであろう。彼女の明治初期の首都の中心日本橋油町(あぶらちょう)に法律家を父として生れて、最も東京風な家庭教育の下に育って来た女だ。彼女は寺小屋風が多分に遺(のこ)った小学校に学んだり、三味線、二絃琴(にげんきん)の師匠にも其処(そこ)で就いた。時雨は現在では、さまざまの思想と生活との推移から複雑な人になっているが、内心にはいつも過去の日本橋ッ子としての気魄(きはく)が残映して、微妙にその感情を操作しているように見える。
 とにかく、この『旧聞日本橋』は、きわめて素直に、少女期以来彼女が見聞した、過ぎし日の現象に関する記録である。人文史的に見るも意義なしとせぬと思う。
昭和十年一月
三上於菟吉(みかみおときち)[#改丁]

   自序

 ここにまとめた『日本橋』は、『女人芸術』に載せた分だけで、その書きはじめには、こんなことが記してあります。
――事実談がはやるからの思いつきでもない。といって半自叙伝というものだとも思っていない。あまりに日本橋といえばいなせに、有福(ゆうふく)に、立派な伝統を語られている。が、ものには裏がある。私の知る日本橋区内住居者は――いわゆる江戸ッ児は、美化されて伝わったそんな小意気(こいき)なものでもなければ、洗練された模範的都会人でもない。かなりみじめなプロレタリヤが多い。というよりも、ほろびゆく江戸の滓(かす)でそれがあったのかも知れない。私はただ忠実に、私の幼少な眼にうつった町の人を記して見るにすぎない。もとより、その生活の内部を知っているものではないし、面白くもなんともないかもしれないが、信実に生(いき)ていた一面で、決して作ったものではないというだけはいえる――
 打明けていえば、『女人芸術』の頁数の都合で、いつも締切りすぎに短時間で書き、二枚五枚と工場へはこび、しかも編輯(へんしゅう)の都合で伸縮自在のうきめにあったもので、そのために一層ありのままで文飾などありません。私の生れたうまや新道、または、小伝馬町(こでんまちょう)、大伝馬(おおでんま)町、馬喰(ばくろ)町、鞍掛橋(くらかけばし)、旅籠(はたご)町などは、旧江戸宿(しゅく)の伝馬(てんま)駅送に関係がある名です。文中にもある馬込(まごめ)氏は、江戸宿の里長馬込勘解由(かげゆ)の家柄で、徳川氏が江戸に来たとき、駄馬人夫を率いて迎えた名望家で、下平河の宝田村――現在の丸の内――から土地替に伝馬町へ移され名主となった由緒があるのです。大伝馬町の大丸の下男が、旅籠町となったのをかなしんで、町札をはがしたことも書きましたが、旅籠町とはずっと昔にも一度つけてあった町名で、旅籠とは、馬の食を盛る籠(かご)、馬飼(うまかい)の籠から、旅人の食物を入れる器(うつわ)となり、やがて旅人の食事まかないとなり、客舎となり、駅つぎの伝馬旅舎として縁のふかい名であり、うまや新道の名も、厩(うまや)も、小伝馬町大牢(たいろう)の御用のようにばかり書きましたが、それも幼時の感じを申述(もうしの)べただけです。
 伝馬町大牢は明治八年まで在存し、牢屋の原の各寺院は、明治十五年ごろから出来たことを、文中には書洩(かきもら)しましたからここに記入いたしおきます。
 我見(がけん)『日本橋』は、まだもっと書きつづけるつもりでおりますが、この集には、近親のものが重に書かれたため、したがって挿入した写真など、親(しん)に厚ききらいがありますが、これは当時の風俗を知るため、手許(てもと)にあって、年月に間違いのないものゆえに、私事を捨てて入れました。挿絵(さしえ)は天保(てんぽう)十四年に生れた故父渓石深造(けいせきしんぞう)が六歳のころから明治四年までの見聞を「実見画録」として百五十図書残しおいてくれましたなかから、すこしばかり選び入れました。装幀(そうてい)は烏丸光康卿(からすまみつやすきょう)『後撰集(ごせんしゅう)』表紙裏のうつし、見返しは朱が赤すぎましたが、古画中直垂紋(ひたたれもん)であります。
 この書は書肆(しょし)の熱意にて、極めて速(すみやか)に出来、ふりがなを一度失いしためにあるいは校正の麁洩(そせつ)もあらんかとそれのみをおそれます。
昭和十年一月十四日
時雨



ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:3706 Bytes

担当:FIRTREE