元禄十三年
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:林不忘 

   問題を入れた扇箱

      一

「いや、勤まらぬことはありますまい。」
 土屋相模守は、じろりと二人を見た。
「勤まらぬといってしまえば、だれにもつとまらぬ。一生に一度のお役であるから、万事承知しておる者は、誰もないのです。みな同じく不慣れである。で、不慣れのゆえをもってこの勅使饗応役(ちょくしきょうおうやく)を御辞退なされるということは、なんら口実(こうじつ)にならんのです。御再考ありたい。」
 しかし、一、二度押し返したうえで引き受ける習慣になっていた。
 浅野事件の前年だった。
 元禄十三年三月三日に、岡部美濃守と立花出雲守が、城中の一室で土屋相模守の前に呼び出されていた。土屋相模守は老中だった。
 年に一回京都の宮廷から、公卿(くげ)が江戸に下って、将軍家に政治上の勅旨(ちょくし)を伝える例になっていた。その天奏衆(てんそうしゅう)の江戸滞在中、色いろ取持ちするのが、この饗応役だった。毎年きまったことなのに、関東では一年ごとに、諸大名が代って勤めることになっていた。
 初めてつとめるのだし、大役だしするから、天奏饗応役に当てられた諸侯は、迷惑だった。心配だった。形式的にも、一応は辞退したかった。
 饗応役には、正副二人立つのだった。この元禄十三年度の饗応役に、本役には岡部美濃守、添役(そえやく)には立花出雲守が振りあてられた、と、土屋相模守にいい渡されたとき、出雲守は顔いろを変えた。
「おそれいりますが、私は、堂上(どうじょう)方の扱いをよく存じません。それに、家来には田舎侍多く、この大切なお役をお受けして万一不都合がありましては、上へ対して申訳ありませんから、勝手ながら余人へ――。」
 これは、毎年のように、誰もが一度饗応役を辞退する時の定り文句になっていた。相模守は、聞き飽きていた。
 そして、これも、この場合、毎年繰りかえしてきた言葉だが、
「御再考ありたい。上野(こうずけ)がすべて心得おるから、あれに尋ねたなら勤まらぬことはあるまいと思われるが――。」
 と、眼を苦笑させて、ちらと岡部美濃守を見た。
 そういわれると、それでもつとまらないとはいえないのだった。
「さようならば――。」
 無理往生だった。出雲守は、仕方なしに、引き受けないわけにはいかなかった。
「身に余る栄誉――。」
 と小さな声だった。が、相模守の眼を受けた岡部美濃守は、口を歪めて、微笑していた。
「お受けいたします。なに吉良殿などに訊(き)くことはありません。私は、私一個の平常の心掛けだけでやりとおす考えです。」
 どさり、と、重く、畳に両手をついて、横を向くようなおじぎをした。

      二

 上野介(こうずけのすけ)は、無意識に、冷えた茶をふくんだのに気がついた。吐き出したかったが、吐き出すかわりに、ごくりと飲み下して眉根を寄せた。
「何だ、これは――何だと訊いておるに、なぜ返事をせんか。」
 すこし離れて、公用人の左右田(そうだ)孫三郎が、頸(くび)すじを撫でながら、主人を見上げた。
「御覧のとおり、扇箱(おうぎばこ)でございます。」
「扇箱は、見てわかっておる。その扇箱がどうしたというのだ。」
 鍛冶橋(かじばし)内の吉良(きら)の邸で、不機嫌な顔を据えた上野介の前に、扇箱が一つ、ちょこなんと置いてあった。
 年玉などに使う、八丈を貼った一本入れの、粗末なものだった。空箱で、竹串がはいっていて振るとがらがら音がした。高価(たか)く踏んで、四十五文か、精ぜい五十文の物だった。
「立花出雲は、添役じゃぞ。」吉良は、漆(うるし)のように黒く光る眼を、いそがしく瞬(またた)いた。「孫三、出雲から、何がまいったとやらいうたのう――。」
「は。天瓜冬の砂糖漬、鯛一折、その他国産色いろ――。」
「砂糖漬には――これだけとか申したな?」
 ちょっと逡巡(ためら)ったのち、上野は、人さし指を一本立てて見せた。百両(ひとつ)の意味だった。
 珍奇な、天瓜冬の砂糖菓子に小判を潜めて、賄賂(まいない)を贈る風習だった。天瓜冬の砂糖漬といえば、やるほうにも貰うほうにも、菓子のあいだに相当の現金(もの)が挾(はさ)めてある、無言の了解があった。
 孫三郎も閃めくように指一本出してうなずいた。
 扇箱を顎でさして、吉良が、呻(うめ)いていた。
「気の毒だな。添役が、そんなにせんでもええに。本役の岡部殿からは、この扇箱ひとつ――ふふふ、二重底であろう。見い。」
 孫三郎は、箱を手に取って、弄(いじく)りまわした。
「ただの扇箱で――。」
「使いの者は?」
「何とか申す用人でございました。逃ぐるように引き取りましたが――。」
「口上をきいておるのだ、口上を。」
「口上は、その、このたび、岡部美濃守様が天奏饗応役を仰せつけられましたについて、殿中よろしくお引廻しのほどを、という――。」
 骨張った吉良の額に、太い青筋がはってきて、
「よい。嘲弄(ちょうろう)する気であろう、この上野を。」
 と、口びるを白くした時、襖をあけて、平手で頭を叩いた者があった。
「へっ、殿様、御機嫌伺い。」
 お錠口御免の出入りの小間物屋だった。平野屋茂吉が、ずかずかはいってきていた。
「一大事出来(しゅったい)。平茂(ひらも)、御注進に。じつぁね、例の女の子、行火(あんか)がわりの、へへへ、賞(ほ)めてやっていただきやしょう。見ただけで、ぶるるとくるようなやつが、殿様、みつかりやしたんで。」
 平茂に、新しい妾の周旋(せわ)を頼んであったことを思い出しながら、吉良は、不愉快な感情のやり場がなくて、孫三郎をきめつけていた。
「扇箱一つで、殿中引廻し、か。虫のいい! これ、進物の額(たか)をいうのではない。が、ものには順があるぞ、順が。」
 蒼ざめた吉良の顔に、無礼を愛嬌にしている、幇間のような平茂も飽気(あっけ)に取られた。

      三

「相手が悪いから、心配するのだ。」
 辰馬(たつま)は、江戸ふうの青年だけに、めっきり浪人めいて来ていた。
 大きな胡坐(あぐら)をかいて、御用部屋の壁によりかかった。
 吉良へ扇箱を届けて帰邸(かえ)ってきた久野彦七も納戸(なんど)役人の北鏡蔵(きょうぞう)も金奉行の十寸見(ますみ)兵九郎も黙っていた。
 岡部辰馬は、岡部美濃守の弟だった。分家してぶらぶらしていたが、兄が勅使取持役を受けてからは、ほとんどこの屋敷に詰めきりだった。
「まずかったかな。」と、口をへの字にして、もう一度老人たちを見まわした。「誰が扇箱などを持って行けといったのだ。まるで、からかうようなものじゃないか。いい年寄りが多勢揃っていて――。」
 久野彦七は、汗をかいていた。
「いやはや、子供の使いでしたよ。あの扇箱を置いて、すたこら逃げて来ましたわい。まったく、あとが怖い。憎い鷹(たか)には餌をやれで、例の天瓜冬の三百か五百――先方(さき)もあてにしているんですなあ。」
「それだけ知っていて、なぜやらぬ。」
「殿様の御気性(ごきしょう)を御存じでしょう――。」
 納戸役の北が、腕組みをして溜息を吐いた。
 十寸見が、乗り出した。
「立花様のほうへ、それとなく伺ってみました。添役だから、内輪(うちわ)にして百両――だいたいそんなところだったらしい。」
「そうだろう。添役で百両(いっそく)なら、本役の当家は、やっぱり、五百という見当だ。そこを、扇箱一個(ひとつ)なんて、間抜けめ! 吉良のやつ、今ごろかんかんだぞ。」
 三人は無言だった。
「訊いてくる。」
 辰馬が、膝に手を突っ張って、起き上りかけた。
「ちょっと、お待ちを――。」
「停めるな。泉州岸和田五万三千石と、一時の下(くだ)らぬ強情(ごうじょう)と、どっちが大切か、兄貴にきいてくるのだ。」
 歩き出すと、久野が、追いすがった。
「しかし、殿様はもう、吉良殿と一喧嘩なさるおつもりで、気が立っておられますから――。」
「その前に、おれが兄貴と喧嘩する。金で円(まる)くすむのに、家のことも思わずに、何だ。おれにも考えがある。離せ!」
 振りきって、跫音が、美濃守の居間のほうへ、廊下を鳴らして曲った。


   夜の客

      一

「平茂か。進むがよい。」
 吉良の声を機(しお)に助かったように孫三郎が座を辷(すべ)ると、入れ違いに、平野屋茂吉が吉良の前にすわった。
「驚きました。達磨(だるま)は面壁(めんぺき)、殿様肝癖(かんぺき)――。」
 つるりと顔を撫でて、平伏しながら、
「何ごとかは存じませんが、平に御容赦。ほどよい女子を探しあてましたる手前の手柄に免じて、ここは一つ、お笑い下さいまし。お笑い下さいまし。」
 吉良は、穿(は)き古した草鞋(わらじ)のような感じの、細長い顔をまっすぐ立てたまま、平茂のことばは、聞こえていて聞こえていなかった。
「美濃めが――。」
 と、口の隅から、つぶやいた。
 ――高家筆頭(こうけひっとう)として、公卿堂上の取次ぎ、神仏の代参、天奏衆上下の古礼、その他有職故実(ゆうそくこじつ)に通じている吉良だった。勅使饗応を命じられた大名は、吉良の手引きがなくては、手も足も出ないのだった。自然、この役を勤める諸侯から吉良へ賄賂(わいろ)を贈ることが、毎年の例になっていて、吉良のほうでも、いつのまにか、今度は誰それがつとめるのだから、およそいくらぐらいは持って来るであろう、と、心待ちするようになっていた。吉良は、その、天瓜冬の砂糖漬に隠された現金の進物を、賄賂とは解釈していなかった。自分に教えを受けるについての、当然の謝礼――挨拶、と周囲から思わせられてきていた。
 添役立花出雲守は、奥州下手渡三万石で、それが百両もはずんだのだから、本役で五万三千石の岡部家からは、まず、五百両は動かないところ、と踏んでいた矢さきに、この扇箱ひとつだった。
「侮辱(ぶじょく)だ。立派な挑戦じゃ――。」
 また独言(ひとりごと)が出た。
「うむ。おれに訊かんでも、饗応方が勤まるという意じゃろう。面白い。勤めてみるがよい。物のたかではないぞ。この無礼な仕打ち――はじめてじゃ。」
「殿様。」平茂が、前の扇箱に眼をつけて、手を伸ばした。「酔興(すいきょう)なお品がこれに。松飾(まつ)がとれますと、扇箱のお払いものはございませんか、って、裏ぐちから顔を出しますな。あれは、買いあつめて、箱屋へ返して、来新春(らいはる)また――。」
 吉良は、黙って起った。扇箱を、うしろの違い棚へ置いて、褥(しとね)へ返った。
「よいのがあるとか申したのう。」
「現れました。」

◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[ページジャンプ]
[青空文庫の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[作品情報参照]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

Size:46 KB

担当:FIRTREE