大菩薩峠
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
ページジャンプ:

§:
それのみではない、こ …
§:
弁信法師が、有縁則住 …
§:
「それからお前、一度 …
§:
だが、こちらもさるも …
「その通りでございま …
§:
「その通りでございま …
「提灯なんざあ要らね …
そこで米友が、腰にく …
§:
米友は、そこに暫く立 …
と言ったのは、弁信に …
§:
それに頓着をしない弁 …
§:
そこへ来て見ると、何 …
§:
してみれば、二人をま …
鍋の蓋(ふた)を取っ …
§:
お銀様の経机に向った …
「あ、これがお話に承 …
「別に細かい話はあり …
§:十一
「無論、わたくしに異 …
「その次に、財産の話 …
§:十二
「あなた様のお名前を …
「その与八さんとやら …
「ええ、強い犬がいま …
§:十三
「まあ、待ち給え、逃 …
§:十四
「あっ!」 …
一見したばっかりの米 …
§:十五
「なるほど、君は愛犬 …
不破の関守氏は、その …
§:十六
「何も昨晩、この門前 …
「なんにしても、どち …
「まあ、お聞きなせえ …
「胆吹御殿へ向っての …
§:十七
「そういう次第で、天 …
「左様、いったんは大 …
§:十八
「それですから、ここ …
不破の関守氏が、つま …
「拙者の本志もそこに …
§:十九
今までは自分の小使銭 …
§:二十
この村正が、角屋の新 …
「でも、化け物に取っ …
「いやとは言わせぬよ …
当座の運命の神様の手 …
村正のおじさんは、に …
「そんなはずはないよ …
「村正のおじさん、腰 …
「戸惑いをなされたな …
招き寄せて、その先頭 …
右の種類に属する程度 …
「そのたあいのないこ …
前後不覚に酔いしれて …
この酔客は前に言う通 …
壁際に身を引きずると …
それをみると、村正ど …
さすがに村正(むらま …
そこで、まず御座つき …
白旗を掲げたけれども …
この、いよいよ嵩(こ …
いい汐合(しおあ)い …
はっ!と何かに打たれ …
中堂寺の町筋へ来ると …
「ではございましょう …
送り狼もどきの頬かむ …
§:三十
「いえ、どう致しまし …
「ここは三条大橋でご …
「女房ではございませ …
橋の上からは、物の二 …
だが、送られて来た覆 …
且つまた、橋の上に取 …
「そうだ、この趣味が …
「大燈とか、大応とか …
これは昔、この川の岸 …
こうして二人は河原を …
橋の上の一方に待たし …
ははあ、こいつら、穴 …
かくて轟の源松が再び …
「これは、近藤に頼ん …
斎藤一は、声涙共に下 …
と、ここに斎藤もわず …
斎藤一の口吻は、近藤 …
「偽物説――それも聞 …
獣のうちの最も人に愛 …
「美い女――君にはど …
かくの如く、斎藤一が …
§:四十
竜之助は、思わずこん …
それには思わず立ちす …
さればこそ、この当人 …
「近ごろは、あちらこ …
「ええ、何と仰せられ …
してみると、あの忙し …
「実は、拙者も、つい …
二人は、その運命の怖 …
「それはもはや疾(と …
庫裡(くり)へ帰れば …
そうして、うっすらと …
昔、北面の武士に兵部 …
破産者の笑いそのもの …
そうして置いて、その …
途端に、よろよろして …
ここに竜之助なる人間 …
そこで、右の三人が、 …
その比較に取られた池 …
前に言う如く、この夜 …
鴨川の川べりから、三 …
誰かが高らかに笑いま …
「なるほど、細目をあ …
北山は、南条の頭のよ …
「まず、長州か」 …
とさしはさむものがあ …
「ところが、存外、そ …
「ところが、存外、痴 …
「たとえばだ、君たち …
「維新とか、革新とか …
「多分、そうだろうと …
「どうだ、お前の面( …
「いえ、猿と申しまし …
「わかっておりますよ …
§:五十
轟の源松は、人を食い …
「でございましても、 …
源松は追註(おいちゅ …
それをも、源松は暫く …
「はい、左様でござい …
いま聞いた発端だけに …
とはいえ、極楽へ行こ …
「三国、いいところで …
福松の、そわそわとし …
宇津木兵馬になると、 …
その時に、宇津木兵馬 …
「あら、そんなはずで …
「いけないわ、いけな …
「今晩一晩だけ、泊っ …
道中での思わせぶりは …
兵馬は、これはたしか …
「そういうわけだから …
別れを惜しんでいると …
兵馬は、そんなことは …
一代雄風冠大倭(一代 …
北陸の鎮(しずめ)が …
「あなたは、女の情合 …
兵馬が待つ心地で立っ …
「胆吹山で、少し働い …
とたずねました。 …
§:六十
「実は、福井の堺町と …
「いや、結構です、君 …
「ここです、この場所 …
ここで二人は、近江と …
よく世間には、偽らず …
「オレガ思ウニハ、コ …
「ソレカラ遠州ノ掛川 …
「ソレカラ色々工夫ヲ …
「翌日、拝領屋敷ヘ行 …
ここで勝の小吉が親父 …
「コノ年、親父ヤ兄ニ …
「天野ガ地面ニイルウ …
「コノ年十月、本所猿 …
「イケません、せっか …
「かくの通り、衣食足 …
仰々しく取り上げて、 …
「黙れ黙れ!言語道断 …
「これ、ここへ出ろ、 …
「アル時、橋本庄右衛 …
「毎日毎日来テ、イロ …
「或日、小倉主税ノ宅 …
「地主ニ代官ヲ先代ヨ …
「地主ガ小高デ貧乏故 …
「御代官ニナッタラ五 …
「ソノ時ハ、花町ノ仕 …
「親類ノ牧野長門守ガ …
それそれ、見たことか …
「ソレカラ或晩、地主 …
「日ニ三度ズツ水行ヲ …
「剣術ノ仲間デハ、諸 …
「通リ町ノチチブ屋三 …
「二番目ノ兄ガ御代官 …
二番目の兄というのは …
「此暮ニ松坂三右衛門 …
「亀沢町ヘ行ッタラ兄 …
「此年、男谷カラ呼ビ …
「姉ニ云ウニハ、段々 …
「三男ノ正之助ガ放蕩 …
「ソレカラ思イツイテ …
§:七十
「或日、息子ガ柔術ノ …
島田虎之助が当時での …
この女だけが、親爺の …
「あのねえ、駒井能登 …
「何が惜しいんだよ」 …
「では、おれの名前で …
「何だい、また人別( …
「そんなことがあるも …
「まあお聞きなさい、 …
七十三 …
神尾が、しばし眼をつ …
「オレガ山口ニ居タ時 …
浅草市デ、多羅尾七郎 …
ソノ外ニモ、イロイロ …
ここに群がる子供たち …
横に一本書いて、縦か …
この超経済の奇篤人の …
この子供は素姓の優れ …
「与八、お前は貧乏に …
等でありまして、裏面 …
右の外、点出せられた …

青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:393 KB

担当:FIRTREE