油絵新技法
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
ページジャンプ:

§:序言
従って万事は心の問題 …
ところで完全に忘却し …
ところで彼らが十二、 …
何んといっても相当の …
その画法には秘伝があ …
勿論、人間の本心は子 …
あるいは親切そうな案 …
いつか、セロの如き三 …
さように百里の先きの …
しかし、ここでいう処 …
それから、石膏よりも …
§:画架
また、日蔭(ひかげ) …
素描を研究すると同時 …
目下、油絵の基礎的技 …
初学の人はしばしばあ …
この修業を怠(おこた …
私は、ここに西洋絵画 …
全く、西洋においても …
近代の人間のあらゆる …
従ってその野人の仕事 …
その結果は、近代画家 …
野蛮人の絵画、太古の …
我国では、古来より単 …
ところで日本に発達し …
その側へ、同じ日本人 …
もし時代の如何なる影 …
私は如何に近代の絵画 …
人間が自然に各様式の …
昔は一人の親方、先生 …
自然の前で仕事する方 …
これでは旅をするにも …
昔の日本画家の例えば …
要するに近代絵画は確 …
殊に近代におけるある …
さて画家はこれら漫歩 …
昔の散髪屋とか湯屋の …
次には純粋の支那国産 …
さてそれらのガラス絵 …
(A)油絵具使用の場 …
滑稽な事には、自分の …
ここに、作画の上に注 …
学校や研究所は自分達 …
お引立てを蒙る、御愛 …
それは何しろわれわれ …
(「美術新論」昭和四 …
挿絵を試みようかとい …
それで、私は主として …
§:
最近、最も景気がよく …
§:
一台の機関車、一台の …
§:
§:
ところでその無頓着で …
またあるいは、画面の …
したがって右方ばかり …
§:真似
狐なども苦心の結果、 …
しかしながらいかに変 …
彼は起きた、モデルが …
私はどんなイズムに限 …
§:
もう一刻も猶予がなり …
絵だってその通りで、 …
その上、文明がまだ中 …
さて、これが高砂屋の …
もちろん日本画の世界 …
日曜画家という名が現 …
秋の大展覧会というも …
**** …
情けない事には、巴里 …
日本人描くところのシ …
だから安定にして統一 …
すなわち彼らは腹立ち …
ところでソファーとか …

青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:157 KB

担当:FIRTREE