貧書生
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:内田魯庵 

「やい亀井、何しおる? 何ぢや、懸賞小説ぢや――ふッふッ、」と宛(さ)も馬鹿にしたやうに冷笑(せゝらわら)つたはズングリと肥つた二十四五の鬚(ひげ)□(くしや)々の書生で、垢染みて膩光(あぶらびか)りのする綿の喰出(はみだ)した褞袍(どてら)に纏(くる)まつてゴロリと肱枕をしつゝ、板のやうな掛蒲団を袷(あはせ)の上に被(かぶ)つて禿筆(ちびふで)を噛みつゝ原稿紙に対(むか)ふ日に焼けて銅(あかゞね)色をしたる頬の痩(やつ)れて顴骨(くわんこつ)の高く現れた神経質らしい仝(おな)じ年輩(としごろ)の男を冷やかに見て、「汝(きさま)も懸賞小説なんぞと吝(けち)な所為(まね)をするない。三文小説家になつて奈何(どう)する気ぢや。」
「先(ま)ア黙つてろよ。」と亀井と呼ばれた男は顧盻(ふりかへ)つて較(や)や得意らしき微笑を浮べつ、「之でも懸賞小説の方ぢやア亀之屋万年と云つて鑑定証(きはめふだ)の付いた新進作家だ。今度当選(あた)つたら君が一夜の愉快費位は寄附する。」
「はッはッ、減らず口を叩きくさる。汝の懸賞小説も久しいもんぢや。一度当選つたといふ事ぢやが、俺と交際(つきあ)つてからは猶(ま)だ当選らんぞ。第一小説が上手になつたら奈何するのぢや。文士ぢやの詩人ぢやの大家ぢやの云ふが女の生れ損ひぢや、幇間(たいこもち)の成り損ひぢや、芸人の出来損ひぢや。苟くも気骨のある丈夫(をとこ)の風上に置くもんぢやないぞ。汝も尚(ま)だ隠居して腐つて了ふ齢ぢやなし。王侯将相何ぞ種(しゆ)あらんや。平民から一躍して大臣の印綬を握(つか)む事の出来る今日ぢやぞ。なア亀井、筆なんぞは折つぺしッて焼いて了へ。恋ぢやの人情ぢやのと腐つた女郎の言草は止めて了つて、平凡(へぼ)小説を捻くる間(ひま)に少(ちつ)と政治運動をやつて見い。」
「はッはッ、僕は大に君と説が異(ちが)う。君は小説を能(よ)く知らんから一と口に戯作と言消して了うが、小説は科学と共に併行して人生の運命を……」
「措(お)いて呉れ、措いて呉れ、小説の講釈は聞飽きた、」と肱枕の書生は大欠伸(あくび)をしつゝ上目(うはめ)で眤(じつ)と瞻(みつ)めつ、「第一、汝、美が如何(どう)ぢやの人生が如何ぢやのと堕落坊主の説教染みた事を言ひくさるが一向銭(ぜに)にならんぢやないか?」
「今度は当選る、」と懸賞小説家は得意な微笑を口辺(くちもと)に湛へつ断乎たる語気で、「三月(みつき)以来(このかた)思想を錬上げたのだから確に当選る。之が当選らぬといふ理由は無い……」
「汝は自慢ばかりしおるが一度も当選つた事は無いぞ。併し当選つた処で奈何する、一年に二度や三度、十円や十五円の懸賞小説が取れたッて飯は食へんぞ。」
「勿論僕は筆で飯を喰ふ考は無い。」
「筆で飯を喰ふ考は無い? ふゥむ、夫(それ)ぢやア汝は一生涯新聞配達をする気か。跣足(はだし)で号外を飛んで売つた処で一夜の豪遊の足(たし)にならぬヮ。」
「僕は豪遊なんぞしたくない。斯(か)うして新聞配達をしながら傍(かたは)ら文学を研究してゐるが、志す所は一生に一度不朽の大作を残したいのだ。飯喰(めしくひ)の種(たね)は新聞配達でも人力車夫でも立ちん坊でも何でも厭はないのだ。」
「吝(けち)な野郎ぢやナ。一生に一度の大作を残して書籍館(しよじやくゝわん)に御厄介を掛けて奈何する気ぢや。五体満足な男一匹が女や腰抜の所為(まね)をして筆屋の御奉公をして腐れ死をして了つては国家に対する義務が済むまい。なッ亀井。俺の忠告に従つて文学三昧も好い加減に止めにして政治運動をやつて見い。奈何ぢや、牛飼君の許(とこ)から大に我々有為の青年の士を養うと云ふて遣(よこ)したが、汝、行つて見る気は無いか。牛飼君は士を待(たい)するの道を知りおる。殊に今度の次の内閣には国務大臣にならるゝ筈ぢやから牛飼君の客(かく)となるは将に大いに驥足(きそく)を伸ぶべき道ぢや。」
「僕は政治家は嫌ひぢや。」
「なにッ、政治家は嫌ひぢや、」と呆れたやうに眼を□(みは)つて、「汝は能く/\な腰抜けぢやナ。天下の権を握つて四海に号令するは男子の大愉快ぢやないか……」
「それはナ天下の権を握つたら愉快だらうが、」と懸賞小説家は流盻(ながしめ)に冷笑しつ。「君等(きみたち)のやうな壮士の仲間入りは感服しないナ。」
「何ぢや、失敬な事吐(ぬ)かす、」と肱枕君は勃(むつく)と起直りて故(わざ)とらしく拳を固め、「伊勢武熊は壮士の腐つたのぢやないぞ。青年団体の牛耳を握りおる当今の国士ぢや、」と言掛けたが俄に張合抜けしたやうに拳を緩めて、「そぢやが汝のやうな腰抜には我々燕趙悲歌(えんてうひか)の士の心事が解りおるまい。斯うして汝等と同じ安泊(やすどまり)に煤(くす)ぶりおるが、伊勢武熊は牛飼君の股肱(ここう)ぢやぞ。牛飼君が内閣を組織した暁は伊勢武熊も一足飛に青雲に攀ぢて駟馬(しば)に鞭(むちう)つ事が出来る身ぢや。白竜(はくりゆう)魚服(ぎよふく)すれば予且(よしよ)に苦めらる。暫らく、志を得ないで汝のやうな小説家志願の新聞配達と膝組(ひざぐみ)で交際ひおるが……」
「ふッふッふッ。」
「何笑ひおる、」と伊勢武熊は真摯(まじめ)に力味(りきみ)返つて、「功名(こうみやう)咄(ばなし)をするやうぢやがナ、此前(このぜん)牛飼君が内閣の椅子を占められた時、警部長の内命を受けたが、大丈夫豈(あに)田舎侍を甘んぜんや。己(おれ)は首を掉(ふ)つて受けなかつた。牛飼君も大いに心配してナ、それから警保局長ならと略(ほ)ぼ相談が纏まつた処が、内閣は俄然瓦解しおつた……」
「呀(おや)/\ッ!」
「機一髪を仕損じたが、区々たる俗吏は丈夫の望む処で無い。官を棄つる事弊履の如しで……」
「尚だ官に就かんのぢやないか。」
「能く交(ま)ぜ返す奴ぢや。小説家志願だけに口の減らぬ男ぢやナ。併し汝が瘠肱を張つて力んでも小説家ぢやア銭が儲からんぞ。」
「政治家でも銭が儲からんぞ。」
「馬鹿を云へ。衆議院議員は追付(おつゝ)け歳費三千円になる、大臣の年俸は一万二千円になる筈ぢや。」
「其時は小説の原稿料が一部一万円位になる。」
「懸賞小説は矢張十円ぢやらう。」
「壮士の日当は一円だ。」
「はッはッはッ、新聞配達が何云ひくさる……」
「ごろつき壮士が……。」
「何ぢやと……。」
と鉄拳将に飛ばんとする時、隅の方に蹌(うづく)まつた抱巻(かひまき)がムク/\と持上つて、面長な薄髯の生へた愛嬌のある顔が大欠伸をした。
「両君、相変らず詰らない喧嘩をしますナ……」
と伸(のび)をした手で腕を撫(さず)りながら、「銭が儲かるの儲からんのと政治家や文学者を気取る先生方が俗な事を仰(おつ)しやる。銭が儲けたいなら僕の所為(まね)をし給へ。君達は理窟を云ふが失敬ながら猶だ社会を知つておらんやうだ。先ア僕の説を聞給へ。斯う見えて僕は故郷(くに)に在(ゐ)た時分は秀才と云はれて度々新聞雑誌に投書をして褒美を貰つた事もある。四五年前の雑誌を見給へ、駿州有渡郡(うどごほり)田子の浦在(ざい)駿河不二郎の名がチヨク/\見えるよ。それだから故郷を出る時は矢張(やつぱり)人並に学若し成らずんば死すとも帰らずと力んだが、さア東京へ来て見ると迚(とて)も満足な学費が無くては碌な学問は出来ない。新聞や牛乳の配達をして相間(あひま)に勉強しやうてのは、(亀井君は現にやつておるが子)、実は中々忙がしくて、片手間の勉強で成効しやうてのは百年黄河の澄むを待(まつ)やうなもんだ。所で僕は発身(ほつしん)して商人(あきんど)と宗旨を換え、初めは資本(もとで)が無いから河渫ひの人足に傭はれた事もある。点灯会社に住込んで脚達(きやたつ)を担(かつい)で飛んだ事もある、一杯五厘のアイスクリームを売つた事もある。西瓜の切売をした事もある、とゞの結局(つまり)が縁日商人となつて九星(きうせい)独(ひとり)判断(はんだん)、英語独稽古から初めて此頃では瞞着(まやかし)の化粧品と小間物を売つてマゴ/\しておるが君、金を儲けるのは商人だよ。殊に縁日商人位泡沫(あぶく)銭の儲かる者は無い。僅か二両か三両の資本(もと)で十両位浮く事がある。尤も雨降のアブレもある。品物のロウズも出るから儲かるほどに金は残らんが子、なにしろ独立の商人でお客様の外は頭を下げずに太平楽を云つて、定(きま)つた給金と違つて不意の所得(まうけ)の入る処が面白い。君だから内幕を話すが二銭に三箇(みつゝ)の石鹸(シヤボン)ナ。あれは一百(いつそく)一貫の品だ。一と晩に一百売ると五貫余儲かる、夏向になると二百や三百は瞬く間に売れる。一番高い六銭の石鹸ナ、あれは一グロス二両と四貫だ。あの品が躰裁が妙(おつ)に出来てるんで素人(しろうと)が惚込んで三ダースや四ダースは直ぐ売れる。それから歯磨ナ、あれは子コになつてる歯磨を升(ます)で買つて来て竜脳(りゆうなう)を些(ちつ)とばかり交ぜて箱詰にして一と晩置くとプンと好い香がする、そいつをオンタケ散とか豚印とか好い加減な名を付けた袋へ入れて一と袋一銭五厘に売るんだ。奈何だい、商人の楽屋は驚いたもんだらう。尤も僕の商売は夏向で冬は閑な方だが、こゝ君達に一つ秘策を授けやうかナ。懸賞小説を書いたり政治家の尻馬に乗るより余程(よつぽど)気楽に儲けることが出来る。斯ういふ商売だ。牛込や神田には向かんが本所、下谷、小石川の場末、千住(せんじゆ)、板橋辺(あたり)で滅法売れる、胼(ひゞ)あかぎれ霜傷(しもやけ)の妙薬鶴の脂、膃肭臍(おつとせい)の脂、此奴(こいつ)が馬鹿に儲かるんだ。なアに鶴や膃肭臍が滅多に取れるものか。豚の脂や仙台鮪(まぐら)の脂肪肉(あぶらみ)で好いのだ。脂でさへあれば胼あかぎれには確に効く。此奴を一貝(ひとかひ)一銭に売るんだが二貫か三貫か資本(もと)で一晩二両三両の商売(あきなひ)になる。詐偽も糞もあるもんか。商人は儲けさへすりやア些と位人に迷惑を掛けても関(かま)はんのだ。今の大頭株(あほあたまかぶ)を見給へ、紳商面をして澄ましてやがるが、成立(なりたち)は悉皆(みんな)僕等と仝じ事だ。今でも猶だ其根性が失せないから大きな詐偽や賭博(ばくち)の欺瞞(いかさま)をやつて実業家だと仰しやいますヮ……」と滔々(たう/\)と縁日の口上口調で饒舌(しやべ)り立てる大気焔に政治家君も文学者君も呆気(あつけ)に取られて眼ばかりパチクリさせてゐた。処へ案内もなく障子をガラリと開けて、方面(はうめん)無髯(むぜん)の毬栗(いがぐり)頭がぬうッと顔を出した。
「やア、片岡、奈何(どち)じやい?」と政治家は第一に口を切つた。
「ふゥむ、」と得意らしく小鼻を揺(うご)めかしながら毬栗頭は褪(は)げチヨロケた黒木綿の紋付羽織をリウとしごいて無図(むづ)と座つた。
「首尾よく落第かナ?」
「勿論及第しおつた、」と毬栗君は大得意で有つた。
「君、及第しましたか?」と新聞配達の小説家は眼を□つた。
「諸君、最(も)う馬鹿にし給ふな、片岡禅吉は最早托鉢坊主ぢやないよ、明日辞令を請取(うけと)れば台湾総督府の巡査片岡禅吉ぢや。大いに新領土の経営をして日本国家に報ゆる覚悟ぢや。」
「壮快々々。一番片岡君の為(た)め祝宴を開いて万歳(まんざい)を称へやう、」と伊勢武熊は傲然として命令するやうに、「そこで会場は横町の牛店として駿河君は実業家ぢやから会費の半分を負担し、亀井君は懸賞小説が当選るさうぢやから登用人材の片岡君と共に残る半額を負担すべし。処で俺は当分志を得んから諸君の御馳走になるのぢや。あッはッはッ……。」




ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:9766 Bytes

担当:undef