宇宙尖兵
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
著者名:海野十三 

   作者より読者へ


 うれしい皇軍(こうぐん)の赫々(かっかく)たる大戦果により、なんだかちかごろこの地球というものが急に狭くなって、鼻が悶(つか)えるようでいけない。これは作者だけの感じではあるまい。そこで、もっと広々としたところを見出して、思う存分羽根を伸してみたくなって、作者はここに本篇「宇宙尖兵」を書くことに決めた。
 書き出してみると、宇宙はなるほど宏大(こうだい)であって、実はもっと先まで遠征するつもりでいたところ、ようやく月世界の手前までしか行けなかったのは笑止(しょうし)である。
 こういう小説を書くと、またどこからか、やれ荒唐無稽(こうとうむけい)じゃ何じゃと流れ弾がとんでくることであろうが、本篇の巧拙価値はまず措き、とにかくわれわれ日本民族はもっと「科学の夢」「冒険の夢」を持たないことには、今日特に緊急とせられる民族的発展は、その必要程度にまで拡ることが出来ないと信ずるが故(ゆえ)に、作者は流れ弾がとんできたら、それを掴(つか)んで投げかえす決意だ。


   競争者


 どえらいことを承諾してしまった。
「ようがす。どうせ当分ベルリンから抜けられそうもないし、それにひどく退屈しているんですから、生命の大安売、僕の体を気前よく賭けまさあね」
 と、僕はその朝リーマン博士の前で、あっさりと返答を与えたわけであるが、それから始まって、もう抜きさしならぬこととなった。途中に二三度、これはよしたがいいかもしれぬと思いはしたものの、日本人たるものが一旦引受けておいて前言(ぜんげん)を飜したのでは、怖じ気をふるったようでみっともないから、未練も逡巡(しゅんじゅん)もぐんぐん胸の奥へ嚥(の)みこんで、なんでも持っておいでなさい一切承知しましたと、リーマン博士の提案を全面的に引受けてしまったのである。
 博士の提案とは、どんなものであったか。それを今詳しく述べている暇もないし、また詳しく述べたところが、僕の初めの想像と後の事実とは相当意外な開きを見せることになるので、肝腎の契約重点だけをここに述べて置こう。
「実は、日本人と見込んで、貴方の生命をわしに譲って貰いたい。といっても今貴方を銃口の前に立たせて、どんとやるわけではなく、実はわしたちが今度非常な超冒険旅行に出るについて、主として報道員として参加してもらいたいのです。もちろん生命は十中八九危い。その代り、前代未聞の経験を貴方に提供し、それから時機到れば、すばらしい通信を許します。そのほか報酬(ほうしゅう)として……」
 リーマン博士から口説かれた内容は、まあこのくらい述べておくことにして、結局僕はそれに乗ってしまったわけである。現在の僕の生活に於ける絶望と退屈とが、まず大体の動向を決定してしまったというわけで、向うさんのいう条件をいちいち、衡器(はかり)に掛けて決定したわけではない。僕の気の短いことは誰でも知っている。その代り諦(あきら)めのいいことはまず誰にも負けないし――といってこれは余り自慢になる性格じゃないが――しょっちゅう早合点(はやがてん)をして頭を掻(か)いてばかりいるのだ。リーマン博士が、僕なら生命の安売りをするだろうと白羽(しらは)の矢をたてたのも尤(もっと)もである。しかし一体誰が僕を博士に耳うちしたのであろうか。
 さてその「非常な超冒険旅行」へのベルリン出発は、その日の真夜中午前二時だと示達(じたつ)された。あまりに早急な出発であるから、僕はいささか未練がましく延期を求めたが、博士は気の毒そうな顔で首を左右にふった。
「この機密が漏洩(ろうえい)することを極端におそれるのです。さっきも念を推しておいたが、このことは誰に対しても厳秘(げんぴ)を守っていただきたい。日本人の貴方ゆえに、充分信用してはいるが、これはわれわれの任務の成否に関する重大な岐路となるのでねえ」
「大丈夫ですよ、そんなこと……」
 僕はそういわざるを得なかった。「非常な超冒険旅行」に出るということだけではどんなことをするのか分らないのに、そのことさえも厳秘だというのである。リーマン博士のそのときの硬(こわ)ばった顔付、額にねっとりと滲(にじ)み出たその汗から見て、博士はたいへんな責任を背負っていることが分った。
 それにしても、まことに唐突(とうとつ)の出発である。いくら僕みたいな人間でも、このベルリンにあと十数時間しかいられないのだとわかると、周章(あわ)てざるを得ない。
 僕は町へ出て、生活必需品の買い集めに狂奔する決心になったが、いよいよそこで歯刷子(はブラシ)はじめ二三の品物を買うと、もうあとを買いに歩くのがいやになった。品物の方は早速もう諦め、あとはポケットをふくらませている紙幣束(さつたば)をいかにして今夜のうちに費(つか)い果(は)たすかについて頭をひねることとなった。
「そうだ、同業の魚戸(うおと)氏に挨拶していってやろう」
 魚戸氏は、僕と同じく報道員である。だが彼と僕とは、所属の会社を異(こと)にしているので、はっきりいえば競争者であり、もっとはっきりいうと敵手である。僕はまだ二十五歳だが、彼は僕より十四五歳も上の先輩だ。しかし仕事の上では同じことをやっているので、君僕の間柄だ。これまでに随分ぬいたりぬかれたりしていがみ合った仲だが、それもいよいよ今夜でおしまいだ。そう考えると、いささか感傷が起る。そこで一つ今夜は罪ほろぼしに、先生に奢(おご)ってやろうと考えたのだ。彼も近頃ますます懐中(ふところ)がぴいぴいであることは僕同然であって、同情にたえないものがある。
 僕は一町ほど先の町角に在る公衆電話までいって、そこから魚戸氏を呼び出そうと思った。
 そう思いながら、その方へ歩いていくと、ばったり魚戸氏に行き逢ってしまったではないか。
「いよう、魚戸。今夜は奢るから、一緒につきあえ」
 と、私はいきなり声をかけた。すると魚戸は立ち停って、苦笑いをしながら、
「でかい声を出すなよ、みっともない。君が奢ってくれるとは珍らしい話だが、今夜はよすよ」
「駄目だよ、今夜じゃなければ……」
「折角だが断る。このとおり連(つ)れもあるしねえ」
 初めから気はついていたが、僕も知らない顔ではないイレネを魚戸氏は連れている。
「やあ今日は、イレネさん」と帽子をとって挨拶(あいさつ)をしてから、魚戸氏に「金はちゃんと持っているんだ。君たち二人ぐらい奢っても痛痒(つうよう)は感じないんだ。だから一緒に……」
「駄目だよ、岸。ちと気をきかせやい、こっちは二人連れだというのに」
 ふん、二人連れか。勝手にしやがれだ。魚戸の奴、恥をかかせやがった。僕は吾儘(わがまま)な向っ腹を立てて歩きだした。するとうしろから魚戸の声が追駈(おいか)けてきた。
「君には、またゆっくり奢って貰う機会があるよ。それから、悪いことはいわない、今夜はあまり自暴酒(やけざけ)を呑みなさんな」
 大きなお世話だ。僕はぷんぷん腹を立てながらも、さすがに寂しさを払い落とすことができなかった。


   不覚


 その夜の集合場所は、郊外Z九号の飛行場であった。シャルンスト会堂の前から入りこんでいる地下道を下っていくと、今いったZ九号飛行場に出る。もちろんこれは地下飛行場である。
 僕は、ふらふらする足を踏みしめて、清潔に掃除の行届(ゆきとど)いている地下舗道を下りていった。すぐ改札口に出る。僕は、リーマン博士から渡された切符を見せる。
 でかい腹を持った番人が、切符に鋏(はさみ)を入れて、僕に返しながら、
「はい、よろしい。一等前の十三号という自動車に乗って下さい」
 という。
「十三号車とは、いい番号じゃないね」
「そうです。あまり使いたくない車ですが、今夜は一台足りないのでつい並べてしまったのですよ」
 十三号車は、柩車(きゅうしゃ)のように黒い姿をして、最前列の左端に停っていた。おそろしく古い型の箱型自動車だった。
 運転手が下りてきて、懐中電灯で切符を調べてから、扉をあけてくれた。乗ってみると、たしかにあまり使わない車らしく、ぷうんと黴(かび)くさかった。
 車は走りだした。
 遂に「非常な超冒険旅行」のスタートが切られたのであった。
 超冒険旅行とは一体どんな旅行か。それは多分このヨーロッパを出発し、敵軍の間を縫って遂に東洋へ達する旅行なのであろうと思う。潜水艦で渡るのか、それとも飛行機で飛ぶのか、それとも小さな汽船で行くのか。
 いや、そんなことは放って置いてもやがて自然に分ることだ。それよりも今夜は豪華なものだった。行き逢った同業者は必ず捉(とら)えて席を一緒にし、高く盃をあげてお互いの幸運を祈り合った。何十人だったか何百人だったか、よく覚えていないが、中でも日本人の同業者に対しては、ひとりひとりに無理やりに紙幣を押しつけてやった。みんな僕の顔を見て、気が変になったのじゃないかといっていたっけ、はははは。
「おう運転手君。車内が真暗(まっくら)じゃないか。電灯はつかないのかねえ」
 今になって気がついたことだが、わが十三号車は、車内は真暗のまま走っているのだ。運転台には灯がついているが、それも非常に暗い。
「ああ、すみません。旦那の倚(よ)っ懸(かか)っているところにスイッチがありまさあ。それをちょっと右へひねってくださいな」
 と、部屋の隅から声がした。高声器がつけてあるのだ。古い自動車には似合わぬ贅沢な仕掛だ。
「スイッチがあるって、ああ、これか」
 右の肱掛(ひじかけ)の少し上にスイッチがあった。それをひねれというのだ。
 僕はスイッチをぽつんと右へひねった。
 すると急に頭がじいんと痛くなった。そして胸がむかむかしてきた。これはいかんと思って、ポケットから手巾(ハンカチ)を出そうとすると、これはどういうわけか手に力がはいらない。
(失敗(しま)った……)
 と身を起そうとしたが、それも駄目であった。目の前が急に真暗になったと思うと、ぴかぴかと星のようなものが光った。それっきり後のことは憶えていない。
 どこをどう引張り廻されたのか知らない。何時間だか、何十時間だか、それとも何日間だか知らないが、とにかく相当時間が経過したあとで、ぼくは気がついた。
 僕は温い部屋の長椅子の上に長々と寝ていた。
「おや、ここは一体どこだろう」
 僕は長椅子の上に起き上った。頭を振っていると芯(しん)がまだすこし痛む。あたりを見廻す。いやに真四角な部屋だ。正六面体の部屋だ。中の調度は、小さな客間といった感じで、出入口のついている壁を除く他の三方の壁には長椅子が押しつけてあり前に細長い卓子(テーブル)が置いてある。出入口のついている壁には、大きな鏡のついた戸棚がとりつけてある。天井には、グローブ式電灯が嵌(は)め込んである。ちと無風流な部屋だ。そして一体ここは何処だか、僕の記憶にないところだ。
「目が覚(さ)めたようですね」
 いきなり話しかけられた。
「えっ」
 僕はびっくりして、声のした戸口の方をふりかえった。
 だが、そこには誰も立っていなかった。扉(ドア)はしまったままだし、鏡付の戸棚が冷く並んでいるばかりだった。
「そんなに愕(おどろ)くことはありません。私はリーマンですよ」
 姿なき者はそういった。なるほどリーマン博士の声音(こわね)にちがいなかった。僕はぎくりとしたが、同時に腹が立った。
「リーマン博士。この仕打は、あまり感心できませんね。僕に一言のことわりもなく、知覚を奪ってこんな牢獄へ引張り込むなんて……」
 僕はわざと牢獄という言葉を使った。例の箱型自動車十三号の中で僕は電灯のスイッチをひねると共に昏倒(こんとう)したことを、このときになって思い出したのだった。
「岸君。どうぞ何事も善意に解釈してください。お約束どおり、午前二時、Z九号飛行場を自動車が動き出したときに、貴方は今回の超冒険旅行の途(と)についたわけです。それからこっちは、艇長たる私が、貴方の身体も生命も共に預ったのです。極秘の旅行ですから、ちょっと睡(ねむ)って貰ったのです。もう大丈夫ですから安心してください。貴方は無事本艇の中に収容を終りました。しばらくそこで休息していてください。そのうちに、貴方の気が落付くように、誰かをそこへ迎えに行って貰います」
 博士は淀(よど)みなく陳(の)べたてた。
 箱型自動車の中で、僕は自らスイッチをひねって、麻睡瓦斯(ますいガス)を放ったことが朧気(おぼろげ)ながら確認された。博士のいう極秘の旅行だからやむを得ないことだったろうが、なんだか小馬鹿にされたようで、いい気持ではなかった。そして僕はまんまと「本艇」の中に収容されてしまったのである。
「本艇といいましたね。すると僕の今居るところは、船室なんですか」
 僕はそれを訊(たず)ねざるを得なかった。
「船室? そうですねえ、船室といってもいいでしょうね」
 博士の声は、この部屋のどこかに取付けてある拡声器(かくせいき)から流れ出てくるようだ。目の前にある戸棚のどこかに仕掛があるらしい。
「すると目的地はどこですか。もう艇内に落付いた以上、それを明かにしてくれてもいいでしょう」
 僕は、遠慮を捨てて、正面からぶつかっていった。
「まあ待ってください。いずれおいおい分って来ますから、しばらくそのことは……」
「博士。僕は報道員ですぞ。真相は一刻も早く知っていなければなりません」
「それは分っています。しかし私は貴方の健康を案ずるが故に、もう少し待って貰います」
「健康を案ずるとは何故です。僕は病人ではありませんよ。このとおり健康です。博士がいわなければ、こっちからいいましょう。われわれは、ドイツを脱出してはるばる日本へ赴(おもむ)くのでしょう。どうです、当ったでしょう」
 僕は博士の返事を待った。だが博士はそれに応(こた)えなかった。いや、博士がそのことについて返事を拒(こば)んだだけではない。その後僕がいくら喚(わめ)いてみても、博士の声は遂に戸棚からとびだしてこなかった。博士が送話器のスイッチを切ったことは確実だった。
 僕は、囚人に成り下ったような気がした。


   驚愕


 正六面体の部屋の中に幽閉された僕は、それから二時間あまりを、地獄の生活とはこんなものかと思う程のなさけない気持でもって送った。
 その間に、僕は戸口のところへいって、把手(ハンドル)を廻して押してみた。扉は錠が下りているらしく、押せども蹴れども、開きはしなかった。
 もう無体に癪(しゃく)にさわってきて、そこらにある什器(じゅうき)家具を手あたり次第にぶち壊してやろうかと思い、まず卓子(テーブル)に手をかけたのであるが、やっぱり駄目だった。卓子は、すこぶる簡単なもので、一枚板に足がついているだけのものだったが、ぶつかってみると仲々頑丈(がんじょう)で、こっちの腕が痛くなった。超ジュラルミンか何かで出来ているらしい。
 抵抗すればするほど、こっちが損をすることが分ったので、僕はもう諦(あきら)めて、どうでもなれと長椅子の上にふんぞりかえって寝ていた。そのうちに亢奮(こうふん)の疲れが出てきたのか、睡(ねむ)くなった。そのままとろとろと眠る。
 なにか物音がしたので、目がさめた。
 はっとして、目を明けて部屋を見廻すと、白い上衣を着たドイツ人の給仕が、卓子の上に食事の盆を置くところだった。
「やあ、ご苦労。もう食事の時間かね」
 僕は、坊主(ぼうず)憎(にく)ければ袈裟(けさ)までもの譬(たとえ)のとおり、この美青年の給仕を呶鳴(どな)りつけたい衝動に駆られたのを、ようやくにしてぐっと怺(こら)え、誘導訊問風に呼びかけた。
「はい、さようでございます。ご馳走はございませんが、どうぞ召上ってください」
 給仕は慇懃(いんぎん)に言葉をかえす。
 僕は卓子の上を見た。
「おや、二人分の食事じゃないか。誰か、ここへ喰べに来るのか」
 僕は意外な発見に愕(おどろ)いて、訊(たず)ねた。
「はあ、もうひとかた、ここへ来られまして食事をなさいます」
「誰だい、それは……」
「はい。そのかたは――ああ、もうお出でになりました」
 戸口が開(あ)いて入って来た者がある。その人物の顔を見て、僕は思わず呀(あ)っと声をあげた。
「魚戸じゃないか。なあんだ、きさまだったか。ひどい奴(やつ)だ、僕を散々手玉(てだま)にとりやがって……」
 僕は魚戸をぐっと睨(にら)みつけてやった。ところが、魚戸は、意気悄沈(いきしょうちん)、今にも泣き出しそうな顔をしていた。四十男のべそをかいたところは、見ちゃいられない。
「おれは一杯はめられた」
 魚戸は吐きだすように、これだけいって、僕の傍に、崩(くず)れるように腰を下ろした。魚戸の顔色はよくない。
「君は一杯はめられたというが、その君は僕を一杯はめたのじゃないかね、リーマン博士と共謀して……」
「それは君の誤解だ。だからといって、君の疑惑がすぐ融けるとは思わない。それはいずれゆっくり釈明するとして、おい岸、われわれはこれからたいへんな旅行を始めるのだぞ。知っているか」
 料理の冷えるのも気がつかない様子で、魚戸は僕の方に身体をすりよせる。
 魚戸は、よほど衝撃をうけているらしい。そうなると僕は却(かえ)って気が落付いてくるのを覚えた。
「たいへんな旅行だということは、初めから分っていたのじゃないかね。リーマン博士曰くさ、『非常な超冒険旅行』でござんすよと、初めに僕に断ったが、君にはそれをいわなかったのか」
「それは聞いたとも。しかし『非常な超冒険旅行』といっても、程度というものが有るよ。そうだろう。君は知っているかどうか、僕たちが今乗っているこの乗り物を一体何だと承知しているかね」
 僕は、魚戸の真剣な顔付を気味悪く眺めながら、
「これは潜水艦だろう」
「ちがう」
 てっきり潜水艦だと思っていたのに、魚戸は言下に否定した。今度は僕が周章(あわ)てる番だった。
「じゃあ、飛行機の中か。それとも飛行艇か」
 飛行機にしても飛行艇にしても、こんな大きな部屋を持っている筈はないと思うが、そうとでも訊(き)くより外ない。
「ちがうよ」
「汽船か。いや、分った、地下戦車か」
「ばかをいえ」
「じゃあ、なんだ、この乗物は……」
 僕は、咽喉に引懸ったような声を出した。そのとき魚戸は、大きく両眼をむいて僕の方へ顔をよせながら、声をおさえていった。
「ロケットだ。総トン数は一万トンを越える大ロケットだ」
「えっ、ロケット?」僕の心臓は大きく鼓動をうって停った。「本当かい、それは……。で、ロケットでどこへ飛ぶのか」
「分らない。どこへ行くのか。おれは知らない。しかし一万トン級のロケットを飛ばすところから考えて、地球の上の他の地点へ行くのでないことだけは確かだと思う」
「冗談じゃないぞ」
 と、僕は叫んだが、それは魚戸のいうことを否定した意味ではなかった。
 二人は、急に黙ってしまった。「非常な超冒険旅行」が何であるか、その神秘な実体がようやくヴェールを透してうっすりと見え始めたのだ。ひしひしと迫り来る真実なるものの重圧下、僕たちは頭を抱えて低く呻吟(しんぎん)するばかりだった。
 おおロケット! どうしたかリーマン博士! 彼はわれわれをこの艇内に押籠(おしこ)めて、地球を後に決然(けつぜん)大宇宙へ飛ぼうとするのだ!


   記者倶楽部(クラブ)


 正六面体の例の部屋に、「記者倶楽部」という標札が掲(かか)げられた。給仕がやってきて、戸棚と向き合った壁の上に、その札を釘づけにしたのであった。
 それがきっかけのように、この部屋へぞろぞろと記者たちが集ってきた。ドイツ人の若い記者が二人、フランケにワグナーだ。フランス人の記者が二人、ベランという中年の男と、ミミというおそろしく派手な衣裳をつけた若い女。この二人は夫婦だそうである。そのほかに僕たちが二人で総勢六人であるが、この六名の記者の面倒(めんどう)を焼くリーマン博士の部下が一人、これが例のイレネだったことが分ったので僕は苦笑を禁じ得なかった。
 イレネは、過日魚戸と一緒に歩いていたときとは別人の如き取澄(とりすま)した表情で僕たちの前に立ち、六人の記者を一人一人紹介すると、そのまま部屋を出ていこうとした。
「もし、宣伝長。ちょっと待った」
 と、僕は声をかけたのであるが、イレネは冷然と僕の方にふりかえり、
「艇長リーマン博士から命ぜられたこと以外に、お喋(しゃべ)りが出来ません。あなたがたの紹介と、ここを記者倶楽部にすることと、宣伝長のわたくしが艇長と皆さんとの連絡係であること、以上三点をお話する以外、なんにも喋れないのですから、あしからず」
 と、突放(つっぱな)して部屋から出ていった。
「あれは一体なんだい」
 僕は呆れかえって思わずそう叫んだ。するとベラン夫妻がくすくすと笑った。あとの三人は笑わなかった。
「早速(さっそく)ですが、われわれ六名の記者団に団長と副団長とを選んで、本艇の幹部との交渉その他に当らせることにしたいと思いますから、ご賛成を願います」
 フランケが、軍人らしい態度と口調とで、僕たちに図(はか)った。
「たった六名の記者じゃないですか。そんな面倒なものは不要じゃないですか」
 と僕は早速反対した。ところが、こんどは僕ひとりが孤立となって他の連中は交渉委員の必要について賛成した。
「どうぞ御勝手に……」
「では選挙しましょう。これに御投票を」
 フランケが紙を配った。
 皆が書いてしまうと早速開票した。団長はフランケに決定、副団長は魚戸に決定した。われわれは拍手を以て、その成立を承認した。フランケと魚戸は、真中まで出て、軽く頭を下げた。まことに几帳面(きちょうめん)なことである。
「では早速ですが、私は団長として、皆さんにお伺(うかが)いしますが、本艇に於ける生活について希望がありましたら、お申出下さい」
 フランケが丁寧な口調でいった。
「リーマン博士に一刻も早く会見する機会を作ってもらいたいですなあ」
 私は早速申入れた。
「はあ、そうですか。今私がお訊(たず)ねしたのは生活のことについてでしたが、リーマン博士に一刻も早く逢う件も交渉して置きましょう」
 フランケは好意に充ちた顔付で、そういった。
「われわれのための私室はあるのでしょうか」
 ベランが訊いた。
「それは大丈夫です。狭いながら、ちゃんと有ります。あなたがたの場合は、間の扉を開いて二室お使いになればよろしい」
「美粧院(びしょういん)みたいなものがありまして」
「ああ美粧院ですか。たしかにございます。その外(ほか)病院もありますし、産室もございます」
 産室! 僕はくすくすと笑った。するとフランケが、青い目玉をこっちへ向けてぐるぐる廻し、
「いやそれは本当です。本艇には現在二十五組の夫婦が乗っていますから、そういうものも当然用意してあります」
 と、大真面目でいった。僕はそれを聞くと、ちょっと揶揄(からか)ってみたくなり、
「ほほう。すると本艇にはお産日の近い御婦人も乗っているのですね」
「そうです。目下判明しているのは二人だけです。一人は縫工員(ほうこういん)のベルガア夫人で、これは妊娠九ヶ月、もう一人は宣伝長イレネ女史で同じく四ヶ月です」
「おやおや。それはどうも……」
 僕は後を振返って魚戸の顔を探した。魚戸の奴、周章(あわ)てくさって、ポケットから莨(たばこ)を出して口に啣(くわ)える。
 フランケは言葉を続けて、
「なお、本艇が予定の航程を終了するまでには、相当の出産があることでしょう。三四十人、いや四五十人はあるかもしれん」
「赤ん坊が四五十人もここで生まれるって……」
 僕は笑おうとして、ふと気がつき、笑うのを中止した。その代りフランケの前に進みより、
「フランケ君。君は本艇の全航程が何ヶ年ぐらいかかるか、それを知っているのかね」
「正式には知らんです。だが常識として、十五年はかかるでしょうな」
「十五年だって! じょ、冗談じゃない」
 僕は思わず大きな声を出した。十五ヶ年も、こんな狭い艇内に閉じ籠められ、ただ宇宙を飛び続けるのだったら、僕はその単調のために病気になってしまうだろう。恐らくフランケの外の誰もが僕と同じくさわぎたてるだろうと思い、まわりを見廻したのであるが、その予想は外(はず)れて、誰もさわがない。それには面喰(めんくら)わずにいられなかった。
「おどろいたねえ。諸君は、これから十五ヶ年も本艇に乗っていて、それで我慢が出来るのかね」
 僕はつまらんことを訊(き)いたものだと、云った後で気がついた。もちろん誰も僕に賛成しないのであった。それに、もっと面白くないことは、ベラン氏夫妻が、互いに手を取り合って、意味深長な目付をしたことであった。
「僕の惨敗だ。本艇に乗組んでいる者の中で、今度の宇宙旅行について一等何も知らない者は僕だということが今初めて分った」
 僕は長椅子の上に、どしんと腰を下ろした。
「おい岸、つまらんことで歎(なげ)くなよ。それは最も恐ろしい神経衰弱症の入口を作るからねえ」
 魚戸が傍へ来て、僕の肩を軽く叩く。
「僕のことなんか打棄(うっちゃ)っておいて呉れ。無鉄砲を嗤(わら)われる資格は充分に有るのだから……」
 本年二十五歳の僕は、十五年後には四十歳になってしまう。おお四十歳。今僕の機嫌をとってくれている魚戸が今年四十歳の筈であった。
(おお、あたらわが青春を本艇の中で鋳潰(いつぶ)してしまうのか。ああ、われはあわれな宇宙囚! 残念な……)


   大警告


 艇長リーマン博士に面接する機会は、それから一週間後に来た。
 それまでの一週間の日を、僕たちは殆んどこの艇内の生活に慣れるために費(ついや)したようなものだ。
 僕の私室は十六号であった。
 魚戸の部屋は、その斜向(はすむか)い側の十七号であった。その隣室の十八号が、宣伝長イレネ女史の寝室だった。
 魚戸は、本艇に搭乗以来、僕を煙たそうにして避けているように見えた。そういう態度は、僕にとって決して愉快なことではなかったし、一方僕は前にも述べたように、この艇内に青春を鋳潰(いつぶ)すと決ったことの悒鬱(ゆううつ)さで、機嫌はよくなかったので、魚戸と喋ることは僕の方からも避けていたといえる。
 しかし僕は魚戸に対していいたいことはいくつか持っていた。その一つは、魚戸こそ僕をリーマン博士に推薦し、僕の青春を鋳潰す計画をたてた発頭人(ほっとうにん)ではないか、それを正したかったこと、その二つは、イレネとの関係について日本人たる彼が如何なる考えを持っているのか、同胞の一人としてその所信を正して置きたかったこと、その外に、彼が今度の宇宙旅行に参加するについて如何なる見識を持っているかということであった。まさか彼魚戸ともあろうものが、単なる恋愛のことや一時の好奇心で、向う十五年の貴重な年齢を無駄費いし、五十五歳にして地球へ帰ることを承知しているとは思われない。そこには何か考えていることがあるのではなかろうか。たとえば途中にて脱走の手段などを予(あらかじ)め研究し用意してあるのではなかろうか。
 とにかく、このところ僕を悩ます最大のものは、宇宙旅行の冒険ということよりもむしろ向う十五ヶ年の空費についての悒鬱であった。
 そういう折柄、リーマン博士が、初めて僕ら新聞記者を引見するという知らせがあったのである。
 僕たちは、その日晩餐(ばんさん)の一時間前に、これまで一度も足を踏み入れたことのない艇長公室へ入っていった。そこはロケットの最前部から一つ手前の部屋で、やはり正六面体をなしていたし、広さは十坪ばかりのかなり広いところで、中二階のようになった階上がついていて、壁際(かべぎわ)の斜めに掛った細い梯子(はしご)によって、昇降ができるようになっていた。恐らく上には、ベッドその他があるのではなかろうか。僕らのはいっていったところは、大きな会社の重役室と大して変った点はなかった。
「やあ、だいぶん諸君を怒らせたことだろう。わしは先刻承知しているんだが、出発早々でどうにもしようがなかったのだ。それに、今だからいうが、本艇の出航が危(あやう)く敵国スパイに嗅ぎつけられようとしたのさ。成層圏の手前から、高度二十キロメートルのところまで、本艇を覗(うかが)っていた飛行機が十二機もあったので知れる」
 と、リーマン博士は、細長の顔によく似合う単眼鏡をきらつかせ、ときには綺麗に刈込んだ頤髯(あこひげ)を軽く引っ張ったりして、機嫌は決して悪い方ではなかった。
「一体何者ですか、十二機は」
 ワグナーが、憎々(にくにく)しげに、語尾に力をこめて艇長にきいた。
「本国へ調査を依頼したところ、返電が来て、そのうち三機はユダヤ秘密帝国に属するもの、それから二機はアメリカのもの、一機はソビエト、もう一機は残念ながら所属不明、もう五機はわがドイツ機なることが判明した」
「けしからん奴どもだ。なぜ、本艇はそいつらを撃墜してしまわなかったのです。今後の本艇の使命遂行上、彼らはきっと邪魔をするに決っていますよ」
「それは考慮した。しかしわれらの統領は成層圏を離れるまでは、如何なる場合といえども、攻撃に出でざるよう命ぜられた。わしは、その命令に忠実であった」
 このとき僕は、大きな声で叫んだ。
「艇長。われらの統領と仰有(おっしゃ)ったんですが、それは誰です。本艇とどんな関係があるのですか。どうも僕だけが、本艇についてもこんどの冒険旅行についても、予備知識が一等貧弱なのです。どんどん教えてください。そうでないと折角のお役目が勤まらないから……」
 艇長は、にっこり笑って肯(うなず)いた。
「われらの統領の名前はいえない。仮りにZ提督(ていとく)ということにして置こう。この統領Z提督が、こんどの超冒険旅行の計画者であるわけだ。わしたちは、絶えず統領から助言をうけ、命令を受取っている」
「すると、その統領なる人物は、ドイツ本国にいるのですね」
「いいえ、ドイツの占領地帯である某高山地方におられる。そこには世界一の天文台と気象台と通信所などがある。尤(もっと)も統領は、時にベルリンへ出かけて、政府の首脳部と会談することもあるが……」
「その統領は、どういう理由で、こんどの宇宙旅行を計画したのですか。これはぜひともいってもらわにゃなりませんよ」
 僕は鋭く斬込(きりこ)んだ。
「そうだ、それだ。今日わしと諸君との会見の要点も、そのことにあると思う」
 と、リーマン博士は案外にも僕の申し入れを全面的に承諾して、
「但しこのことは今後一定の時期まで、報道は禁止とするが、大事な点だから、諸君は了解して置いてもらいたい。先に要点だけをいえば、われわれが棲(す)んでいる地球は今、われら人類だけによって支配されているが、それが近頃他から脅威をうけんとしているのだ」
「他とは何者ぞや」
 僕は黙っていられなくなった。
「他とは、目下のところ何物なるや不明である。しかし今もいったように、地球上の生物――もちろんわれら人類も総括してこれを地球生物というが、それではない他の何者かである」
「火星人というのが、ひところ喧伝されましたなあ」
 ベラン氏が、はじめて口を切る。
「わしのいう他の者は、火星人の如き者かもしれない。しかしわれらの研究によると、火星人ではないように思われる節がある。いずれそのことは火星へいって取調べるつもりだが、わしだけの考えでは、もっと遠方から飛来して来た者ではないかと思う。わしは今仮りにこの油断のならぬその者を、X宇宙族という名をもって呼ぶことにしよう」
「X宇宙族。なるほど、こいつは戦慄的(せんりつてき)な名前だ」
 と、さっきから黙りこくっていた魚戸が、顔をあげて呟(つぶや)いた。
「しかしそれは合点がいかぬですなあ。一体わが太陽系では、生物が棲息(せいそく)しているのは、わが地球と、その外に若し可能ありとすると火星しかない。他の遊星には、生物の棲息できる条件がないということを聞いていますぜ。すると火星以外のどの遊星に、そのX宇宙族とやらいう生物が棲息しているのですかなあ」
 ベラン氏は、信じられないという顔付であった。
「さあ、X宇宙族が、どこから発足した生物だか、わしは今説明する材料を持って居らない。だが、今いったことは、多分間違いないものとひそかに信じているのだ」
 と、艦長リーマン博士は前言を再確認したあとで、特に言葉に力を入れて、次の如くいった。
「四十億光年の直径を持っている大宇宙に、星の数は十五億個、そして宇宙の年齢は、大体十六億年と推定される。その広大な大宇宙の中において、わが地球人類が最高の智能者だと自惚(うぬぼ)れる者があったら、その者はどうかしている。わが地球人類はわずかに今から四五十万年前に発足したものだ。われらは今、ようやくにして防衛対策に気がついたが、もしそれが遅すぎなければ、それは奇蹟中の大奇蹟という外ない」


   航程検討


 リーマン博士との初会合が終了した後で、僕は自分の頭が張子(はりこ)ではないかと疑った。
 この世には、恐ろしく頭脳の鋭敏な人物がいるものだ。
 それにしても、なんだかうまく胡魔化(ごまか)されたようなところがあるような気がして、自分の部屋へ帰ると、リーマン博士の言葉をもう一度復習してみた。だが、その結果、ますますもって博士の着眼点の凡ならざることに感服させられたのだった。
「こいつはたいへんだ」
 僕は、そう叫ぶと、亢奮(こうふん)のあまりベッドの上に起きあがった。そして棚の底にしたたか頭をぶっつけた。
 僕は下に降りて、無暗(むやみ)に部屋の中を歩きまわった。
「こいつはたいへんだぞ」
 何十分間、歩き続けたか、僕は憶えていない。とうとう腰が痛くなって、椅子にどっかと腰を下ろしたとき、僕はようやく頗(すこぶ)る恵まれたる自分の使命に目が覚めた想いがした。
「そうだ。この艇内に十五ヶ年起き伏しすることは、そう悪くないことだぞ」
 僕はそれ以来、人が変ったように朗(ほがら)かな気持で生活することが出来るようになった。そのときは、その足で、記者倶楽部(クラブ)へ出かけていったものである。
 倶楽部は、僕の外の全員が集って、盛んに大きな声で喋(しゃべ)っていた。喋るというよりは、喚(わめ)き合っているといった方が適当であろう。
「……火星人の外の生物なんて、絶対に考えることが出来ない。艇長にもう一度警告しないでは居られぬ。警告することは、僕らの権利だからねえ」
 ベラン氏が、両手を頭の上までさし上げ、真赤(まっか)になって喚いている。その相手だと見えて、氏の前にいたフランケ青年が、端正(たんせい)な顔をあげていった。
「警告なさるのは自由だが、しかし艇長の信念を曲げさせることは出来ませんよ」
「何でもいい。僕は警告するといったら、警告するのだ。それで聴かれなければ、僕たちはこの旅行から脱退する」
「ちょいとベラン氏。あたしは脱退を決定したわけじゃありませんから、へんなこと言いっこなしよ」
 ベラン夫人ミミが、横から抗議した。それを聞いてベラン氏はまた一層赭(あか)くなって、
「愛するミミよ。間違った信念を持つ艇長に、僕たちの尊い青春を形なしにされてしまうなんて莫迦莫迦(ばかばか)しいじゃないか。今のうちなら、地球へ戻ってくれといえば、艇長も承知してくれるよ」
「今更地球へ戻ってから又出直すなんて、そんなことは出来ませんよ。あの艇長が、かねて決定しておいた航程を貴方ひとりのために変更することはあり得ませんよ」
「そんなわからん話はない。とにかく僕は掛合(かけあ)わないじゃいられない」
「ねえベラン氏、みっともないことは、もうよしたらどう。それに今更地球へ戻ってみても、あたしたちは高利貸と執達吏とに追駆(おいか)けられるばかりよ」
 ミミに痛いところを突込まれ、ベランは茹(ゆ)で蛸(だこ)のようになって、只(ただ)呻(うな)るばかりだった。
 僕が青春問題を片附けたと思ったら、こんどはベランが青春問題に煩(わずら)いだした。妙なことである。
「ミミよ。お前にちょっと話がある。部屋へ一緒にいってくれ」
 まだ諦められないらしく、ベランは愛妻ミミ女史を引立てるようにして、倶楽部を出ていった。あとでは爆笑が起った。
 爆笑の余韻が消えてしまってから、僕は一座を見廻したあとで、仲間のうちでの最強者と思われるフランケに顔を向け直した。
「ねえ、フランケ。君はリーマン博士のいったことをどの程度に信じているのかね」
「全面的に信じている。僕たちは宇宙尖兵(うちゅうせんぺい)だ。人類最高の任務についていると信じているよ」
 フランケらしい率直な返答だった。
「ふうん、そうかね。ところで君は、さっき、博士の話に出てきたX宇宙族とわれわれとが、どの地点――というか、それともどこの空間といった方がいいかもしれないが、一体どこで彼らと交渉が始まるものと予測しているのかね」
 フランケなら、きっと既に考えていると思ったので、僕はそれを訊(き)いた。フランケは両手を揉(も)みながら、一旦口をへの字に曲げて、
「火星においてだろうね」
 といったが、そういった後で、彼は自分の亢奮(こうふん)してくるのを殊更(ことさら)に抑えようと努めている風に見えた。
「火星においてか。われらが火星に到着するのは、今から何年後かね」
「多分二年はかかるだろうね」
「ふうん、二年後か。大分先が永いね。それまでに、われわれは、何もしないのか」
「いや、しないことはない。まず最近、月世界へ着陸するだろう」
「月世界へ着陸するって。月世界には空気がないから、僕たちは下りられないだろうね」
「それは心配ない。空気タンクを背負い、保温衣を着て下りていけばいい」
「なるほど、しかしわれらの究極の目的地は火星よりももっと遠方の空間に有るわけなんだろう。月世界へ寄って道草を喰うのはつまらんじゃないか」
「そうじゃないよ、岸君。月世界は地球に一等近い星だ。地球にとってはいわゆる隣組さ。月世界の役割は今後ますます重要になる。つまり月世界をまずわれら地球人類の手で固めておかなければ、今後の宇宙進攻はうまくいかない」
「月世界をわれら地球人類の前進基地として確保しなければならぬというのだね」
「そうだ。これは誰にも分る話さ。只、ぼんやりしていたのでは、それを思いつかないだけのことだ」
「なるほど」
 僕はフランケの言葉に同意しないわけにいかなかった。
「われらの月世界着陸は、最も重大なる意義があるのさ。恐らく今度の航程のうちで、最も大きな収穫が期待されているのだと思う。場合によれば、僕は月世界の残留組を志願してもいいと思っている」
 さすがにフランケは、しっかりしたことをいう。死の星である月世界なんかつまらんものだと考えていた浅薄(せんぱく)なる僕の認識は、これによって訂正せられなければならなかった。
「月世界へ着陸するのは、あと何ヶ月かね」
「何ヶ月もかからないだろう。多分あと三週間もすればいいのじゃないか」
「三週間? そんなに早いのかね。じゃあ今後三週間は、われらは退屈でしようがないというわけだろうな」
「断じて否さ。出発以後、今日で十三日目だ。退屈した日が一日でもあったかね」
「君のいうことは正しい。僕は来る日来る日を楽しみにしていよう」
「よろしい。そこで今日は配給の酒が渡る日だそうだから、僕はこれから貰ってこよう」
 フランケは笑いながら席を立った。


   ニュース


 あれ以来、ベラン氏はすっかり元気がなくなり、あまり口数をきかなくなった。倶楽部(クラブ)へ姿をあらわすことはあるが、彼は戸棚から小説本を取出して、隅っこに小さくなって頁を拡げていることが多かった。しかしそれを読み耽(ふけ)っているわけでもないらしく、時には一時間も一時間半も、同じ頁を開いたままのこともあった。
 ベラン氏にかわり、ベラン夫人ミミがのさばり出した。彼女は一家の暇のある姉娘のように、誰彼の服装について遠慮のない口をきくかと思えば、針と糸とを持ち出して、綻(ほころ)びを繕(つくろ)ったり、そうかと思うと、工作室から鉋(かんな)や鋸(のこぎり)を借りてきて、手製の額を壁にかけたりした。
「ベラン夫人。貴女は名誉家政婦に就任されたようなものですね」
 と、僕は、壁に釘をうつ美しい夫人の繊手(せんしゅ)を見上げながら声をかけた。額の中の絵は、ボナースの水彩画で、スコットランドあたりの放牧風景の絵であった。
「岸さんたら、お口の悪い。あたし、運動不足で困っているのよ」
「なるほど。室内体操場で、バスケットボールでもやったらどうですか」
「満員つづきで、とても番が廻ってきませんわ」
「旦那さまをお相手に、室内で輪投げなど如何(いかが)です」
「ああ、それはいい思いつきですわね。でもベラン氏は、あのとおり、運動嫌いですものねえ。貴方に相手をしていただこうかしら」
「いやいや、それは真平(まっぴら)です」
 ベラン氏が、僕の方をじろりと見たが、僕の目と会うと、周章(あわ)てて目を本の上に落とした。
 それがきっかけとなり、ミミは僕をつかまえて、輪投げを挑(いど)んでしかたがなかった。結局、すこし狭いけれど、倶楽部の部屋を斜めに使って、輪投げ場をこしらえた。
 最初はミミと僕だけがそれを楽しんだが、間もなくフランケやワグナーや、はては魚戸までも参加するようになった。
 それが機会となって、魚戸と僕は再び地球の上での交際をとり戻した。
 或る日、めずらしく宣伝長のイレネが、倶楽部に顔を出した。その手には、書翰綴(しょかんつづり)をもっていた。
「みなさん。出発以来、集って来たニュースの中から、本艇の行動に関係あるものを読みあげますから、聞いていただきます」
 そういってイレネは、部屋の真中に立ったが、足許に輪投げの輪が落ちていたのにつまずいて、もうすこしで足首をねじるところだった。
「誰がこんなものをここに持ち込んだのでしょう。こういうことはあたしの許可がいりますわ」
 イレネは不愉快な顔をした。
 ミミが何かいおうとして前へ出るのを、僕は後ろから引留(ひきと)めた。ニュース発表が中止されては困ると思ったからである。ミミは、僕の腕をぎゅっとつねると、イレネの方へつんと鼻を聳(そび)やかした。
「まず最初に、本艇の出発が、世界中に知れ亘(わた)ってしまったこと。この前、艇長のお話にもありましたが、本艇出発に際して、十数機の哨戒機にすれちがいましたが、その翌日のうちに、本艇出発のニュースは全世界に拡がりました。今や本艇は全世界の注視の的(まと)となっています。報道の源は、どうもユダヤ系のものと思われる節があります。その証拠として二三の新聞電報を読み上げてみましょう」
 といって、イレネは三つばかりの新聞電報を朗読した。
「次に、全世界において、本艇の行動につき、盛んなる論調が流れています。本艇の任務を壮(そう)なりとするものが十五パアセント、冷笑ないし否なりとするものが八十五パアセントです。後者について、その論旨を要約すれば、“リーマンとその後援者は気が変になったのだ。彼らは自ら宇宙塵(うちゅうじん)となるために出発したのだ”“あたら貴重なる資材と人材とを溝川(どぶがわ)の中に捨てるようなこの挙に対し、全く好意が持てない。これに許可を与えた政府要人にも重大なる責任が存する”“遊星植民に成功するまでには少くとも今後百五十年の歳月を要するのだ。今日それに成功すると思っている者があったら、それはイソップ物語に出てくる牝牛と腹の膨(ふくら)ましっこをする青蛙の類であろう”“本当に大宇宙に人間以上の高等生物が棲んでいるなら、われわれは徒(いたず)らに彼らを怒らせ刺戟させるを好まない。睡れる獅子の目を覚まして自ら喰(く)われてしまうなんて、誰でも歓迎しないであろう”“それは或る重大なる政治的狙いを秘めたる某国の謀略だと認めざるを得ない”――まあ、このくらいにして置きましょう。これによって見れば、罵言(ばげん)は一切根拠のないものですが、特に注意すべきはかかる非難の過半数がユダヤ系から出たものであることと、もうひとつはドイツ国内にも、われらのこの聖なる行動に対し公然非難をしてやまない一派があるということです。以上」
 イレネは読み終って、さっさと踵(きびす)をかえして部屋を出ていこうとする。
「宣伝長、ちょっと質問がある」
 と、魚戸がうしろから声をかけた。
「質問は禁止です」
 イレネは冷たくいって、部屋の扉を閉めた。彼女のお腹(なか)は、相当目につくようになった。
「宣伝長の役柄は大切だ。ヒステリーにさせちゃ駄目じゃないか」
 と、僕は魚戸にいった。
「ヒステリーだって。とんでもない。なんでイレネがヒステリーなものか。艇長の命令を厳格に遵守(じゅんしゅ)しているだけだよ」
 魚戸は弁解していった。
「フランケさん。リーマン艇長にはうるさい政敵があるんでしょ」
 ミミが訊(き)いた。フランケはワグナーの方へ頤(あご)をしゃくりながら、
「政治方面のことは、ワグナー君を措(お)いて論ずる資格ある者なしですよ」
「あらワグナーさんが……。お見それしていましたわ。あんまり普段温和(おとな)しくしていらっしゃるので、学芸記者かと思っていましたわ」
 と、ミミはちょっと首をかしげてみせて、
「ではワグナーさんの前にひれ伏(ふ)して、お教えを乞い上げますわ」
 ワグナーは、苦しそうな咳払いを二つ三つやってから、
「われらのリーマン艇長の敵は、むしろ国内にありといいたいのです。彼等は、表面はすこぶる手固いように見える、いわゆる自重派(じちょうは)です。だが、リーマン博士にいわせれば、彼等こそ、わが民族の躍進を拒(こば)み、人類の幸福を見遁(みのが)してしまうところの軽蔑すべき凡庸政治家(ぼんようせいじか)どもです。彼等は、リーマン博士の活躍を阻止するため、あらゆる卑劣なる手段を弄(ろう)しています。彼等が特に力を入れているのは言論です。彼等は今やわが幹部政治家をほぼ薬籠中(やくろうちゅう)のものとすることに成功しそうです。そして今わが国民をも彼等の思う色彩に塗りかえ、あらゆる進取的精神を麻痺(まひ)させるためにその用意に掛っています。本艇の冒険旅行の計画者であるZ提督が、はっきり表面に顔を出さないのも、元々そういう事情を考慮してのことです。彼等は今のところZ提督とリーマン博士との関係に気がついていないからいいようなものの、もしそれが知れたなら、非難と中傷は数倍に激化し、われわれはこの緊急なる事業を中止しなければならなくなるでしょう」
「じゃあ、悲観的なことだらけですわね」
「まずそういっていいでしょう。しかし本艇がこんどの冒険旅行でもって、国民の目を瞠(みは)らせるようなお土産を持って帰ることができれば、話はまた自ら変ってきます」
「お土産とは、どんなお土産です」
「それはリーマン博士がさきにいわれたX宇宙族を探(さが)し当て、これを生きたままで地球へ連れ込むことに成功することです。これがうまくいけば、いかなる反対者といえども、最早黙ってしまうでしょう。X宇宙族を目前に見た国民はきっと沸きあがるでしょうから、反対者はもう下手な発言が出来なくなるのです」
「今ワグナーさんから伺(うかが)ったところによれば、本艇の成功と失敗との岐路は、X宇宙族を捕えるかどうかに懸(かか)っているのね。それはまるで大洋の底に沈んだ指環を探し出すくらいの困難な仕事ですわねえ。そうお思いにならない。ワグナーさん」
「僕にはそれを判断する力はありません。一体どうなるか、博士のうしろについていくだけです」
 ワグナーは、あっさりと兜(かぶと)をぬいだ。
「ワグナーさんは、ああ仰有(おっしゃ)いますが、他のみなさんがたは、どんな風にお見込(みこ)みをなすっていらっしゃるの」
 ミミは座長のような顔をして、一座を見わたした。だが、誰も直ぐに応える者がなかった。みんなワグナーと同じ考えなんだろう。
 ただ、暫くしてフランケがいった。
「それはともかく、月世界へ着けば、もうすこし事態は明瞭度(めいりょうど)を加えるだろうと思う」


   重力平衡圏(じゅうりょくへいこうけん)


 われらの居住区は、完全な防音装置が施されており、また換気装置は理想的なもので、充分軟くされた人工空気が送り込まれ、空気イオンも至極程よき状態に保たれてあったために、天空を遥かに高く飛んでいながらも、僕たちの生活は一向地上の生活とかわらない楽なものであった。
 だが、このごろになって、すこし妙なことが起り始めた。まず第一に身体が軽くなったことである。歩くにしても、肩に翼がついていてふわふわと飛べそうな感じが加わった。第二に、腰を下すのに、従来にないほどの力が要るようになったのは、ますます妙(みょう)な感じであった。別の言葉でいえば、雲の上に起伏(きふく)しているとでもいうか、身体に風船をつけているとでもいうか、とにかく妙なことになった。
 それから第三に、卓子(テーブル)の上に置いてある灰皿だの百科辞典などが、ひとりでにするすると卓子の上を走り出すことだった。
 その揚句(あげく)、下に落ちることもあったが、見ていると、金属で拵(こしら)えてある灰皿が、まるで手巾(ハンカチ)か紙かが落ちでもするようにゆっくりと落ちていくのに気がついた。が、そのときは、頭が変になったのではないかと思ったので、別にさわぎはしなかった。
 これを異変として、はっきりおどろきの声を出したのは、いつか倶楽部の壁にミミが吊り下げた水彩画の額が、どういうわけか、九十度横に曲ったまま、元の位置にかえりもせず、じっとしているのを見付けたときであった。
「おや。僕の目はどうしたかなあ、あの額は横っちょに懸(かか)っているが……」
 僕は顔面から血の気が退いていくのが、自分でもはっきり分った。
「そうだとも。昨日から、額はあのとおり横向きになっている」
 魚戸が、僕のうしろでいった。
「誰のいたずらか。人さわがせじゃないか」
 僕は、魚戸がやったのかと思って、うしろを振返った。魚戸は、パイプをくわえて、うまそうに喫(す)っていたが、
「誰のいたずらでもない。地球の重力がどんどん小さくなっていくからだ。一週間ほど前から、本艇の速力はぐんぐんあがり、地球からの距離は急速に大きくなっていく。その距離の自乗に反比例して、重力は小さくなっていくのだ。その上に、月世界が近くなって、その方の引力が、地球の重力とは反対に目に見えて顕著(けんちょ)になり始めた。つまり一切の物体が非常に軽くなったような勘定(かんじょう)だ」
 魚戸は、科学欄を永いこと受持っていた記者だから、時にむずかしい講釈をひねくりまわすくせがあった。僕にはよく嚥(の)みこめないが、本艇は地球を遠く離れたため、今まで下へ引張りつけていた重力が弱くなったということらしい。
「変な気持だねえ。身体を持ち扱いかねる」
「そうだろう。これからは気をつけていないと、滑(すべ)ってのめるよ」
「そうかね」
「あと十日も経てば、重力平衡圏へ入る筈だ。地球出発以来、最初の難関にぶつかるわけだ」
 魚戸は、得意になって語る。
「重力平衡圏て、どんなところだ」
「本艇は今地球からも引張られ、月からも引張られている。そしてその方向は反対だ。地球の引力はだんだん弱くなりつつあるし、月の引力はだんだん加わりつつある。やがて双方(そうほう)の引力の絶対値が等しくなるところへ本艇がはいり込むのだ。そのときは、本を上へ放り上げても、下へおちてこないで、空間の或るところにじっと停ってしまう。おれたちもやろうと思えば、ベッドもない空間に横になって寝ることが出来る。参考のために、君もやってみるかね」
 奇妙なことを魚戸の奴はいいだした。
「化物屋敷だねえ、そうなると……」僕は、ぞっとしていった。自然現象の驚異に対しては、従来あまり大胆になれない僕だった。
「下手をやると、本艇はうごきがとれなくなる虞(おそ)れがある。行動の自由をうしなって、前進もならず後退もならず、宇宙に文字どおり宙ぶらりんになるのだ。力の無いものは、永遠にそこに釘づけのようになる。但し地球と月の運行によって空間を引摺られていくには相違ないが、しかしもはや地球の方へ退(さが)ることも、月の方へ進むこともできなくなるのだ。やがてなにか君を愕(おどろ)かすことがやってくるかもしれない」
「あんまり真面目くさって、僕を脅すなよ。ひとのわるい」
 僕は悪寒(おかん)に似たものを感じた。
 それから四五日すると、誰も彼もが、急に足許がわるくなったように、床の上でつるりと滑ってはつんのめることが殖(ふ)えた。僕は一日のうち七回もころんだ。壁や卓子(テーブル)に頭をぶっつけること五回に及んだ。或るとき、ころんで起き上ったところへ、ちょうど魚戸がはいってきて、僕と視線が合った。
「おい魚戸。ひどい目にあうもんだなあ。今日は瘤(こぶ)ばかりこしらえているぞ」
 と、こっちから声をかけると、魚戸は要慎(ようじん)ぶかい腰付で卓子につかまりながら、
「そういうが、君は男で倖(しあわせ)さ」
 という。
「なんだい、男で倖とは」
 僕は腰をさすりながら訊(き)いた。
「あのお腹の大きい縫工員(ほうこういん)のベルガー夫人ね。さっきころんだ拍子(ひょうし)に床の上にお産をしてしまったよ。飛び出した赤ちゃんは脳震盪(のうしんとう)を起すし、夫人は出血が停らなくて大さわぎだったよ」
 魚戸は、同情にたえないという目付で、そう語った。愛妻のイレネの身の上のことも考えているのであろう。もちろん僕も愕いた。
「で、赤ん坊はどうした」
「赤ちゃんは幸いにも生きている。しかし果して異状なしかどうだか、もうすこし生長してみないと分らないそうだ」
「そうか。気の毒だなあ。そして夫人は」
「ベルガー夫人の出血はようやく停った。絶対安静を命ぜられているが、しきりに赤ちゃんの容態(ようだい)のことを気にして、大きな声で泣いたり急に暴れだしたりするので、医局員は困っている」
「なぜ暴れるのかね」
「夫人は、掃除夫のカールが床に油を引きすぎたから、それで滑ったと思っているんだ。だから夫人は掃除夫のカールのところへ押掛けて首を絞めるのだといってきかないのだ」
「それはカールの罪じゃあるまい」
「もちろんカールには関係なしさ。もし罪を論ずるとすると、このように急に重力が減ってきたのに対し、艇長が何等の安全処置も講じなかったことにあるだろう」
「安全処置なんて、考えられることなのか」
「考えられるとも。いや、現に本艇にはその設備があるんだ。艇長がその使用開始を命じなかったのがいけないといえばいけないのだ」
「その設備というのは、どんなものか」
「人工重力装置さ。つまり人工的に、本艇に重力が強く働いていると同じ効果を与える装置なのさ。これがないと、重力や引力のない空間を航行するとき、われわれ艇員は全く生活が出来なくなるのだ。たとえば、壜(びん)の中にスープを入れたとしても、いつの間にかスープが壜の中から流れ出して雲のように空間に浮いて、ふらふら漂(ただよ)うようなことになる。室内の物品も人間も、しっかり縛(しば)っておかないかぎり、上になり下になり入乱れてごっちゃになって、仕事もなにも出来やしないだろう。だから、ぜひとも人工重力装置が入用なわけだ」
 魚戸は、新知識を僕に植えつけてくれた。聞けば聞くほど、本艇には面倒な仕掛が要(い)るのに一驚(いっきょう)した。それと共に、僕はこれまでにはそれほど深い興味を持っていなかった本艇の科学に対し新なる情熱が湧いてくるのを感じた。
 このつぎリーマン博士に会見のときは、そういう問題について質問の矢を放ってみたいと思ったことである。


   宇宙の墓地


 地球の上のことを引合いに出していうなら、ちょうど冬になってビルディングの中にスチームが通りだすのと同じように、本艇の中には人工重力の場が掛けられ始めた。
 魚戸の話によると、まだほんの僅かの人工重力しか掛っていないそうだが、それでもその効果は大したもので、滑ってころんだり卓上のものが動きだしたり、栓をするのを忘れたインキ壺(つぼ)からとびだした雲状のインキが出会い頭(がしら)に顔をインキだらけにするようなことは全くなくなった。大した力である。地球の上では、これまでに誰も重力の恩なんて考えた者はあるまいが、僕は今になって重力の恩に気がついた。
 或る日、僕たちが倶楽部で朝食を摂(と)りつつあったとき、遽(あわ)ただしくイレネが入ってきた。
「みなさん、お食事中ですが、至急おしらせして置かなければならないことがありますので、お邪魔(じゃま)に伺いました」
 と、イレネはいつになく慇懃(いんぎん)に挨拶をした。
 至急おしらせのこととは、何であろうか。僕たちはフォークとナイフを下に置いた。しかしイレネは、みなさんそのまま食事をお続け下さいともいわず、用件のことを話した。
「お気付の方もあることと思いますが、昨夜から本艇はすこし取込んでいます。艇員たちが忙しく通路を走ったり、物を搬(はこ)んでいるのをごらんになった方もあろうと思います。事の起りは、本艇の針路が一昨日あたりからだんだんと自由を失ってきたことにあります」
 イレネは、言葉を切って、唇をふるわせ、
「つまり本艇は、好まざる力によって、或る方向へ引かれつつあります。
次ページ
ページジャンプ
青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:77 KB

担当:undef