蠅男
[青空文庫|▼Menu|JUMP]
ページジャンプ:

§:発端
煤煙(ばいえん)の臥 …
東京のビジネス・セン …
帆村は「行っておいで …
と、制服の外套の襟( …
「ウン、見える見える …
灰色の部厚いコンクリ …
「さあ、お前ら三名、 …
たいへん曲りくねって …
と大川部長は、火かき …
「ナニ煙道の中が…… …
「ほう、これは廊下だ …
気がついて四囲(あた …
上から下まで、黒ずく …
そのうちに、窓の外か …
「さあ、――」と帆村 …
「ほう、それはどんな …
§:蠅男
総一郎は、封の切って …
「お父つぁん。 …
そのうちに、会社から …
そのころ鴨下ドクトル …
と、自信あり気(げ) …
女はすこし誇らしげに …
警官の挙手の礼をうけ …
ああ蠅男!今夜玉屋総 …
帆村は、寝衣(ねまき …
このとき村松検事はパ …
「そうかい、そういう …
「ええッ――そうでご …
そういって帆村は、そ …
「はあ、そういうとこ …
しかし、警官は、何に …
「ウム、完全完全の看 …
「ああ池谷はんだっか …
騒動の階段の下から、 …
署長は冗談だと思いな …
「はア、ほんの一寸( …
扉のまえでは、村松検 …
警官たちに遅れていた …
といって、村松検事は …
それでも父の書斎に一 …
と糸子は帆村に念を押 …
「――これは考えれば …
その実体鏡でみると、 …
§:尾行
係りの男はぶっきら棒 …
「ホホホホ、まだおひ …
池谷医師から(きょう …
そのときカーテンの端 …
押入の中か?彼はその …
その人物こそ、さっき …
「こら、何をするんや …
「モシ、樽の上のあん …
「うわッ、気が変にな …
二人は、背の丈ほども …
「ええッ、蠅男!あれ …
鴨下(かもした)ドク …
「これは、どうも自分 …
暗い山路を縫って、約 …
扉には錠が懸っている …
自分のベッドの上に長 …
「かよわい糸子さんを …
さて、それは、いかな …
警官二人を部屋の中に …
「えッ、――」 …
部屋のなかには、誰の …
「なるほどなア」と巡 …
「ハイハイ、お待ちど …
帆村はあまりの意外に …
帆村は切歯扼腕(せっ …
とにかく池谷医師の所 …
「まあ帆村さん、うち …
帆村探偵は警戒線のな …
そのとき村松検事が、 …
「誰か蠅男から脅迫状 …
正木署長はドクトルに …
そして正木署長の方を …
「村松さんはもう行っ …
帆村は安心をして電話 …
村松検事は、果して恐 …
「おおそうかい」と、 …
すると、扉のうちで、 …
「それから、ちょっと …
関係者たちに、ひとま …
「どうすれば、村松さ …
「どうだネ、帆村君。 …
急行電車に乗りこんだ …
糸子は、けさがた帆村 …
その酔漢は、まるで弁 …
お松がそれを知らせる …
夜は次第に更けるに従 …
しかるに首はスーッと …
風か雨か、はた大噴火 …
§:死闘
と蠅男の大喝(だいか …
と蠅男が鉄の爪を持っ …
帆村が続いて外に飛び …
帆村は蠅男の左腕を前 …
「どうもハッキリ覚え …
と、皺枯(しゃが)れ …
「此奴(こいつ)がッ …
帆村は死人のように青 …
「――その蠅男は、僕 …
「ええッ」 …
§:
鴨下ドクトルは、糊本 …
ただ惜しいことには、 …
ひどい者になると、小 …
「うむ、な、なるほど …
蠅男が近所に潜(ひそ …
「な、なんという大胆 …
糸子は、真剣な顔をし …
親分は二枚の入浴券を …
ただ一人、あまり上手 …
帆村は口の中で呀(あ …
帆村は全身の血を脳髄 …
と叫ぶなり、満身の力 …
「皆さん、蠅男をつか …
警官隊の手にとって抱 …
§:
若き夫婦は、感激のい …

青空文庫の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
作品情報参照
mixiチェック!
Twitterに投稿
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

Size:255 KB

担当:FIRTREE